VIO脱毛Iゾーンの処理

この記事は14分で読めます

Iゾーン(アイゾーン)の処理方法【エステ・脱毛器】

確実に、安全に、安心に、綺麗にアイゾーンの脱毛を行いたいのであれば、やっぱり「脱毛専門エステ」での処理をオススメしたいと思うのです。
自己処理と違って綺麗に仕上がりますし、薬剤による肌トラブル等も自己処理と違って格段に少なくなると思います。
お金や時間はそれなりにかかると思いますが、それでもいいと言う方は是非脱毛エステ、脱毛サロンにて処理してもらうと良いでしょう。
しかしやっぱりアイゾーンは人に普段見せない場所を、プロとは言え他人に見せる訳ですから抵抗が有ると思います。
デリケートゾーンだけにコンプレックスを持っている方も多い事でしょう。
そうした事も充分に踏まえた上で、大丈夫と言う方は是非行ってみると良いと思いますよ。
それでもやっぱりエステやサロン等で人に処理してもらうのが恥ずかしいと言う方は「家庭用脱毛器」を使って自己処理をすると言うのはどうでしょうか。
脱毛器の中にはアイゾーンを含むデリケートゾーンを処理できる物も有り、1台有るだけで全身のムダ毛を処理できると言う優れものも有ります。
また最近はフラッシュ脱毛と言う光を当てて脱毛できる機械が多い為、痛みも少なく仕上がりも綺麗に出来るとして評判です。
確かに値段的には少し値が張るとは思いますが、エステに行くよりは手頃な値段で出来ると思いますし、自分で好きな時間に出来ると言うメリットも有ります。
アイゾーンの脱毛方法には色々有りますが、ご自身に合った方法を見つけてみて処理する様にしてくださいね。

スポンサードリンク

Iゾーン(アイゾーン)の黒ずみ対策

普段は隠れて見えないデリケートゾーン。
いざ誰かに見せなくてはならなくなった時、黒ずみが有ったとしたら嫌ですよね。
特に黒ずみが目立つ場所はVゾーンとIゾーン(アイゾーン)だと思います。
こうしたIゾーン(アイゾーン)等の黒ずみは女性ならではの悩みだと思いますので、普段からしっかりお手入れ等、処理をしておく事が大切になります。

【刺激を与えない】
黒ずみは刺激を加える事で出来てしまいます。
特にVゾーンやIゾーン(アイゾーン)等は常に下着を着けていますので、摩擦が起こりやすく黒ずみが出来やすい場所であるとも言えます。
ですから普段身に着ける下着を考える事で、摩擦を少なくして刺激を和らげる事が出来ると言う事になると思うのです。
素材をシルクやコットン等、肌に優しい物にしてみる、通気性が良い生地にしてみる、サイズが身体に合っていて小さすぎない下着を着けると言った配慮が必要だと思うのです。
アイゾーン等は脱毛処理をし過ぎても量が少なすぎると直接肌に下着が触れやすくなってしまうので、黒ずみが出来やすくなってしまいます。
脱毛方法を考えたり、肌に刺激が加わり過ぎない様にしたり等、気を付ける様にしましょう。

【ホワイトニング】
次にVゾーンやIゾーン(アイゾーン)用のホワイトニングクリームを塗ると言う事も有効的です。
肌が黒ずみやすいデリケートゾーンは直ぐに効果が現れにくい為、根気強く長い目でホワイトニングクリームを塗って行く様にすると良いでしょう。
直ぐに効果は現れないかもしれませんが、継続的に対策して行く事で徐々に黒ずみ対策の効果が出てくる様になると思いますよ。

Iゾーン(アイゾーン)の処理方法と注意点

粘膜部分に近く、自己処理もしずらく、一番自己処理に向いていない部位がIゾーン(アイゾーン)です。
出来れば専門の所で施術してもらうのが良いのですが、自己処理でも正しい知識を持って行う事で、肌トラブルリスクを減らす事が出来ます。
アイゾーンを自己処理で行う前に、先ずは抜いたり剃ったりしないで長さを揃えるだけで済むかどうか検討してみましょう。
どうしても綺麗にしたいと言うのであれば、肌に負担が少なくオススメなのが電気シェーバーを使う事ですので検討してみましょう。
自己処理方法についてですが、先ずはどの部分を処理するのか、着用する下着や水着等を着てみて確認していきます。
その上で短く切る部分、シェーバーで剃る部分を確認していきます。
シェーバーを使う前に事前に毛を短く切っておくと、剃りやすいと思います。
先ずは肌を保護する為にワセリンを塗っておきます。
そしてホットタオルを当てて、毛を柔らかく、毛穴を開く様にします。
そして電気シェーバーを使って必要な部分を剃っていきます。
処理が終わったら、再度ワセリンを塗って角質や肌の保護をします。
剃った後のチクチクが気になる場合は熱で毛をカットしてくれるタイプのシェーバーを使うと毛先を丸くしてカットしてくれるのでオススメです。
全部終わったら、鏡などで見てきちんと処理がされているかどうか確認して下さい。
面倒かもしれませんが、こうした手順できちんと行う事で埋没毛、肌の黒ずみや炎症を防ぐ事が出来ると思います。

デリケートゾーンの脱毛について

夏が近付いてくると脱毛を考える女性が増えてくると思います。
脱毛と言うと脇、脚、手が主流となっている感じがしますが、実はデリケートゾーンの脱毛をする人も結構いるのです。
デリケートゾーンは「Vゾーン(ブイゾーン)」「Iゾーン(アイゾーン)」「Oゾーン(オーゾーン)」の3箇所の事を指していて、これを「VIO」と呼んでいます。
「Vゾーン」はビキニラインの事で、デリケートゾーンの上部と言う位置付けとなっています。
Vゾーンの脱毛は下着、水着等のショーツのラインからアンダーヘアがはみ出さない様に処理をします。
「Iゾーン(アイゾーン)」はVゾーンの下部、陰部の両側と言う位置付けとなっています。
Iゾーンの脱毛をする事で、雑菌の繁殖が抑えられて、清潔さを保てたり、生理中の不快感を軽減させたり、臭いを軽減させたりする効果が期待出来ます。
「Oゾーン」は肛門の周りと言う位置付けとなっています。
効果的にはIゾーンと同様と言って良いと思います。
どちらかと言うとVゾーンの脱毛はおしゃれ的な要素が有り、Iゾーン、Oゾーンは衛生的な要素で脱毛処理をすると言う意味合いが強い様です。
これらのデリケートゾーンはデリケートな部分と言う事も有って、なかなか人には相談する事が難しい場所だと思います。
しかし処理を間違えてしまうと炎症等、大変な事になる可能性も有りますので、専門の所でしっかりと相談をして処理してもらう様にすると良いでしょう。

デリケートゾーンの脱毛について【メリット】

脱毛の種類の中にデリケートゾーンの脱毛と言うのが有ります。
デリケートゾーンとはVゾーン、Iゾーン(アイゾーン)、Oゾーン(オーゾーン)の3箇所の事を指しています。
デリケートゾーンの脱毛については特にIゾーン(アイゾーン)とOゾーン(オーゾーン)は自分で処理をするのが難しいと思われる為、脱毛サロンで行ってもらう人が増えていると言います。
そこまでしてデリケートゾーンの脱毛をするメリットとはどんな事が挙げられるのでしょうか。
一番のメリットとは「お手入れが楽になる」と言う事ではないでしょうか。
夏になると水着になる機会が増えてくる様になります。
その際、毎回毎回処理をしているとデリケートな部分だけに肌への負担がかかってしまい、思わぬ肌トラブルを招く危険性が有ります。
一度脱毛処理を行うと、処理回数が極端に少なくなり、お手入れが格段に楽になる他、肌への負担も少なくなると言うメリットが挙げられると思います。
次に毛の量が少なくなる為、皮脂や汗が溜まりにくくなる様にもなります。
その分清潔さを保ちやすくなり、下着や生理中の蒸れも軽減される様になると言うメリットが挙げられます。
また、専門のサロンで処理をしておくと、自己処理による肌への負担が格段に軽減される為、デリケートゾーンを守る事にも繋がります。
デリケートゾーンは足や腕、脇の脱毛とは少し違ったメリットが挙げられます。
メリット・デメリットをよく把握した上で脱毛を行う様にしましょう。

脱毛サロンで脱毛をする事のメリット

自己処理で行う脱毛と、脱毛サロンで行う脱毛とどちらが良いのか迷いますよね。
コストと手軽さと言う点で見ると断然的に自己処理で行う脱毛の方が良いと思いますが、肌へのダメージや綺麗さと言う点で置いては断然的に脱毛サロンでの脱毛の方が良いと思います。
更に自分では脱毛がしずらいIゾーン(アイゾーン)やOゾーン(オーゾーン)の脱毛等も脱毛サロンで行う方が綺麗に出来ると思います。
特にIゾーン(アイゾーン)やOゾーン(オーゾーン)は粘膜部分に近い為、自己処理で行うと炎症を引き起こしやすくなるので脱毛をする際には、処理方法をしっかりと検討する必要が有ると思うのです。
一般的に脱毛を行う事で肌のトーンが明るくなる様な感じになり、夏場で肌の露出が多い季節なんかは肌が明るく見えて良いと思います。
またサロンで脱毛を行うと、直接毛根に働きかける効果が期待出来るので、脱毛を行うたびに毛が生えにくい状況になる場合も多い様です。
そして脱毛回数が自己処理に比べて少なくなる為、肌への負担と手間がかからなくて済む様になります。
最近は脱毛サロンでも低価格で施術出来る所が増えてきたため、結果的に自己処理で行うより安価で出来る場合も多くなってきてると思います。
脱毛サロンのデメリットは、行く手間と費用と言う点だと思いますが、肌への負担や仕上がり等、色々と比較して、自分に合う様なサロンや脱毛クリニックを探していくと良いと思いますよ。

Iゾーン(アイゾーン)の脱毛について

女性が脱毛をする目的は色々有ります。
大体は常に綺麗でいたいと言う目的が主ではないでしょうか。
そんな女性の美意識は留まる所を知らず、デリケートゾーンに対しても綺麗でいたいと言う考えを持つ人が増えていると言います。
基本的に脱毛と言うとツルツルな状態をイメージすると思います。
腕、脚、脇なんかはその代表的な物ですよね。
しかしデリケートゾーンに関しては脱毛に関する考え方が人それぞれで悩むと思うのです。
「デリケートゾーンはどの位脱毛したら良いのか?」
「ツルツルにしたら良いのか?」
「残したら良いのか?」
等、迷いますよね。
Vゾーンに関しては下着からムダ毛がはみ出さない様にすれば良いと言うのが基本的だと思うのですが、Iゾーン(アイゾーン)に関してはどの位処理したら良いのか分からないと言うのが実際の所ではないでしょうか。
何を目的とするかは人それぞれですが、どの様な形とか、毛量の残し方にしても「清潔感」が有る様に処理する事が一番ではないかと思うのです。
例えば「排泄物が毛に付いている」「臭いが出ている」「毛量が多すぎてムレている感じがする」と言ったデリケートゾーンでは清潔感が感じられませんよね。
こうした事に注意して、清潔感を保つ様にすれば、Iゾーン(アイゾーン)の毛が有っても無くてもどんな形にしても良いと思うのです。
こうした事に気を使わなくてはならない女性はとても大変だとは思いますが、アイゾーンを含むデリケートゾーンの脱毛については自分なりの定義を持っておくと良いかもしれませんね。

Iゾーン(アイゾーン)の処理方法【シェーバー】

デリケートゾーンには「Vゾーン」「Iゾーン(アイゾーン)」「Oゾーン(オーゾーン)」と3箇所有ります。
その中でも一番処理が難しいとされているのが「アイゾーン」だと言われています。
基本的にはアイゾーンの処理は脱毛専門サロンで施術をしてもらう方が綺麗で安全に処理してくれると思うのですが、やっぱりそれなりにお金もかかる事だと思います。
お金をかけたくない、専門サロンでも処理をしてもらうのはやっぱり恥ずかしいと言う場合には、自己処理をすると良いと思います。
アイゾーンの自己処理に関しては、しっかりとした知識を持っておくと良いでしょう。
ここではアイゾーンの脱毛処理方法について挙げてみたいと思います。
先ずは「シェーバー」による脱毛処理方法です。
手軽に脱毛をすると言う場合、シェーバーやカミソリを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。
シェーバー自体は比較的安価で売られている事が多いので、手軽に取り入れやすい方法ではないかと思います。
アイゾーンでも使用出来るシェーバーが売られていますので、そうした物を使う様にすると良いでしょう。
最近のシェーバーはヒートシェーバーと言う物が出ています。
毛を処理する時に熱を発して処理する為、毛先を丸めて処理してくれます。
剃った後のチクチクとした不快感や埋没毛の軽減にもなる様です。
アイゾーン用のシェーバーは小型な物が多く、使いやすい為、急に処理しなくてはならない状況になったと言う時でも便利だと思います。

デリケートゾーンの自己処理の注意点

デリケートゾーン(Vゾーン、Iゾーン(アイゾーン)、Oゾーン(オーゾーン)を自宅で自己処理する方法はいくつか有ります。
シェーバーを使用したり、脱毛クリーム、脱毛器を使ったり、毛抜きを使用したりと色々有ります。
しかしデリケートゾーンの脱毛をする場合に、手軽に出来るからと言って雑に処理してしまうと、肌を傷付けてしまったり、黒ずみを起こしてしまったり、薬剤によるかぶれや痒みが起きてしまったりと、肌トラブルを引き起こす事に繋がってしまいます。
特にアイゾーンはデリケートゾーンの中でも一番処理が難しいと言われている部位になりますので、処理には特に注意が必要になります。
そこでここではデリケートゾーンを自己処理する際の注意点について挙げてみたいと思います。
先ずは「毛抜き」です。
毛抜きは毛根から抜いてくれるので仕上がり自体はキレイに見えますが、アイゾーン等の場所的に抜かれた後の毛穴に雑菌が入ったり、膿が出たり、発疹を起こしたり、抜いた後の肌が鳥肌状態になったりと肌トラブルを引き起こす可能性が有りますので注意が必要です。
次に「脱毛剤・脱色剤」です。
タンパク質に働きかけて処理をしてくれる薬剤ですが、肌自体もタンパク質で構成されている為、薬剤に反応して肌が炎症を起こす可能性が有りますので注意してください。
次に「カミソリ」です。
特に入浴中のカミソリ処理には注意が必要で、雑菌が繁殖しやすい環境下で肌を傷付けてしまった場合に雑菌が入り込む危険性が有ります。
その為、入浴中のカミソリ処理は控える様にした方が良いのです。

デリケートゾーンのお手入れ【保湿】

一年中と言って良い程デリケートゾーンの脱毛は行われていると思います。
最近はVゾーンだけでなく、アイゾーン、オーゾーンの脱毛をする人も増えていると思います。
特に夏場は脱毛処理をする機会が増える為、肌荒れ等のトラブルも発生しやすくなります。
腕や脚、脇と言った部分もそうですが、脱毛処理以外にも普段からのお手入れがとても大切になるのです。
そこでここではデリケートゾーンのお手入れ、中でも保湿について挙げてみたいと思います。
先ずはデリケートゾーンをしっかりとお風呂場で洗いましょう。
保湿はその後です。
専用の石鹸で丁寧に、しっかりと、擦らずに洗って、しっかりと洗い流す様にしてください。
特にアイゾーンやオーゾーンは粘膜が近くに有るので、丁寧に洗い流す事が大切です。
洗った後は保湿になります。
デリケートゾーンは角質層が薄くて乾燥しやすい場所でも有ります。
特に洗った直後は乾燥しやすい状態となっています。
デリケートゾーン専用の保湿用品がたくさん売られています。
クリーム、化粧水、パック等、様々なタイプの保湿用品が有ります。
自分の好みに合った保湿用品でお手入れをする様にしましょう。
この時、アイゾーンやオーゾーンには使用するのは控えた方が良いと思います。
周りの皮膚に付ける分には良いのですが、粘膜に付けてしまうと炎症の原因になってしまう可能性が有りますので、デリケートゾーン専用の保湿用品であっても控えた方が良いでしょう。
この様にデリケートゾーンは常に清潔な状態を保っていた方が良いので、正しいケアをする様にしていきましょう。

デリケートゾーンのお手入れ【洗う】

アイゾーンを含めたデリケートゾーンの脱毛処理をしていたとしても、普段のお手入れがきちんとされていなければ意味が無いと思います。
そこでここではデリケートゾーンを洗う際の注意事項について挙げてみたいと思います。
先ずは「専用の石鹸を使う」と言う事です。
通常は身体を洗っているボディソープ等でそのままデリケートゾーンを洗うと思うのですが、デリケートゾーンの特にアイゾーンやオーゾーンは粘膜部分の近くに有ります。
この部分は皮膚自体も薄く、粘膜も有るので肌に優しいタイプの石鹸を使って優しく洗います。
デリケートゾーンは毛も密集していて、粘膜も有る事から、垢や汚れが溜まりやすい部分でも有ります。
この部分をきちんと洗ってあげなくてはならない為、石鹸をよく泡立てて指の腹を使って優しく、丁寧に、傷を付けない様に洗う様にしましょう。
洗う順番としては、Vゾーン、Iゾーン(アイゾーン)、Oゾーン(オーゾーン)の順で洗ってあげると良いと思います。
汚れが溜まりやすい部分は特に丁寧に洗いましょう。
この時、膣内まで洗う必要はありません。
膣内には殺菌機能が元々有り、雑菌の侵入を防いだりする機能が有ります。
この膣内を洗ってしまうと逆にこの機能が低下してしまう可能性が出てきますので、注意する様にしてください。
洗い終わったら石鹸が残らない様に、よく洗い流してください。
こうしてきちんと洗う事で脱毛処理等を行っても、清潔感が保たれているデリケートゾーンになると思います。

ムダ毛を自己処理する事のリスクについて

今では女性の身だしなみの1つとも言われている「ムダ毛処理」。
経験した事が無い方はいないのではないかと言う位、多くの女性が経験あるのではないかと思います。
腕や脚、脇の自己処理の他にも、Vゾーン、Iゾーン(アイゾーン)、Oゾーン(オーゾーン)と言ったデリケートゾーンの脱毛をする方も増えていると言います。
そして手軽に自己処理が出来る方法として、カミソリを使用している方も多い様です。
手軽に、そして安く出来るので結構利用している方は多いと思うのですが、カミソリによる自己処理のリスクがどれだけ有るかご存知でしょうか。
カミソリや毛抜きを使用して自己処理を行う場合、その場はとても綺麗に仕上がると思います。
しかし長い間継続的にその処理方法を使用していると、肌が黒ずんできたり、角質層が剥がれて乾燥しやすくなってしまったり、毛が皮膚の中に埋没する様な状態になってしまったりと、自己処理が原因となって起こる肌トラブルが多くなってくると思います。
また、自己処理で行うムダ毛処理の多くは皮膚表面の毛を除去するだけになってしまい、直ぐに毛が生えてきてしまいやすいので、頻繁にムダ毛処理を行わなくてはならなくなると言うデメリットも有ります。
頻繁に処理をすると肌の傷付け具合も多くなりますのでちゅいが必要になります。
更にIゾーン(アイゾーン)やOゾーン(オーゾーン)といったデリケートゾーンも、粘膜があって弱い部分だけに自己処理を行う事で傷付けやすくなってしまうと言うデメリットが有ります。
この様に自己処理に関しては注意して行う必要が有るのです。

デリケートゾーンの脱毛の進め方について

水着を着る季節が近付いてくると、どうしても気になるのがデリケートゾーンのムダ毛ではないでしょうか。
この時期になると脱毛をしようと言う方が増えると思うのですが、デリケートゾーンの脱毛はどの様に進めていったら良いのでしょうか。
先ず初めに「ビキニラインのバランスを考える」と言う事が挙げられます。
デリケートゾーンは「Vゾーン」「Iゾーン(アイゾーン)」「Oゾーン(オーゾーン)」と3箇所に分けられます。
この中でバランスを考えると言う点で言うと、VゾーンとIゾーン(アイゾーン)の2箇所についてバランスを考えると良いと思うのです。
最近はハイジニーナ脱毛と言う、毛を全て脱毛してしまう様な処理方法を有る様ですが、日本人には少し抵抗が有るかもしれません。
ですから全て毛を無くしてしまうと言う脱毛処理ではなく、毛をキレイにバランスよく残して脱毛すると言う処理方法にした方が良いと思うのです。
正面から見た形を考えてみたり、ビキニラインの形を考えてみたり、ショーツからはみ出さない様にしてみたりと、自分が良いと思う毛量やデザインのバランスを考えていくと良いのです。
また、少しずつ形を整えて行く事で、いかにも脱毛しましたと言うのではなく、自然に整えられましたと言う感じのビキニラインが出来上がります。
毛の量や形もVゾーンからIゾーン(アイゾーン)にかけて、自然な感じで繋がる様にしていくと見た目も良いと思います。
せっかくデリケートゾーンの脱毛をするのであれば、やっぱり綺麗にしたいですものね。

脱毛をするなら寒い時期

「脱毛」と言うと夏前に始めると言うイメージが有ります。
しかし脱毛に適している時期と言うのは秋から冬にかけての寒い時期なのです。
寒い時期と言うと長袖にジーンズ、スカートであってもタイツを履く等、肌を比較的見せない時期でも有りますよね。
寒い時期こそムダ毛処理から解放されると言う感じですが、実はこの時期こそが脱毛にとても良いのです。
とは言ってもこの時期が良いと言うのは足や腕、脇と言った部位の事で、Iゾーン(アイゾーン)等のデリケートゾーンとはまた違った意味になります。
アイゾーン等のデリケートゾーンの脱毛に関しては、1年中脱毛時期と言って良いと思います。
では何故寒い時期が脱毛時期なのかと言うと、「夏場までに綺麗になれる」と言うのが一番のメリットではないかと思います。
夏前に慌てて脱毛すると言っても脱毛にはそれなりに時間がかかります。
綺麗にエステなどで処理してもらうにはそれなりに時間がかかりますので、寒い時期から始めていくと調度良いのではないかと思うのです。
次に「ムダ毛を隠す事が出来る」と言うメリットも有ります。
ムダ毛を処理する際、処理する為に少し伸ばさなくてはいけない時期が有ります。
寒い時期だと洋服などで隠す事が出来る為、気兼ねなく伸ばす事が出来ると言うメリットが有るのです。
次に「肌の為に良い」と言うメリットも有ります。
寒い時期は紫外線が少ない為、脱毛時に生じる肌への負担が少なくて済むと言うメリットが挙げられるのです。
こうしたメリットが有る為、脱毛は寒い時期に行うのが良いと言われているのです。

ハイジニーナ脱毛について

「清潔」と言う意味を持っている「Hygiene」(ハイジーン)と言う言葉から来ている脱毛を「ハイジニーナ脱毛」と呼んでいます。
デリケートゾーンの清潔さを目的とした脱毛処理で、海外では基本的にはデリケートゾーンの毛を全て脱毛してしまうと言う処理方法になっている様です。
しかし、日本では温泉等、人に裸を見せる機会が多いと言う事も有り、アンダーヘアの全てを脱毛する事に抵抗を感じる人も多い事から、適度にバランス良く毛を残して脱毛すると言うハイジニーナ脱毛を取り入れているサロンが多い様です。
全くアンダーヘアが無くなってしまうと、常に衛生的であると言うメリットが有る反面、肌トラブルを引き起こしやすくなると言うデメリットも有りますので、行う前にじっくりと考えていくと良いでしょう。
では何故ハイジニーナ脱毛が必要なのでしょうか。
それはデリケートゾーンはデリケートな部分なので、常に清潔にしておかなくてはいけないと言う理由からなのです。
デリケートゾーンは身体の他の部位と比較して弱い部分になります。
特にIゾーン(アイゾーン)やOゾーン(オーゾーン)は粘膜が有る事から、更に弱い部分となっており、ちょっとした刺激でも肌に負担がかかる事が有る為に、清潔さを保つ必要が出てきます。
更にアンダーヘアが有ると月経中の経血が付着しやすくなると言う事も有ると思います。
Iゾーン(アイゾーン)やOゾーン(オーゾーン)は自分で処理する事が非常に難しい為、ハイジニーナ脱毛が効果的になると思うのです。

デリケートゾーンの各部位の脱毛の痛みについて

脱毛部位、脱毛処理方法によって感じる痛みは違いますし、人によって感じる痛さはバラバラです。
しかし痛みが有っても綺麗になりたいと言う美意識からデリケートゾーンの脱毛をする人が多いのも事実です。
水着を着る機会が増えるとVゾーン、Iゾーン(アイゾーン)、Oゾーン(オーゾーン)の3箇所をハイジニーナ脱毛をしたいと言う方も増えてきます。
デリケートゾーンは皮膚が薄い部分となる為、腕等の他の部位と比較して痛みを感じやすいと言う事は覚えておきましょう。
Vゾーンはデリケートゾーンの中でも脱毛をする人が多い部位です。
アイゾーン、オーゾーンは脱毛しなくても、Vゾーンだけはすると言う人は多いです。
しかしこのVゾーン、毛の形を整える位であればそんなに痛みは強くありませんが、毛が密集している部分を脱毛する場合には、毛が太くて濃いので痛みを感じやすい部位となります。
またデリケートゾーンの中でもアイゾーンは一番痛みを感じる部位だと言われています。
粘膜が近くにある事、敏感な場場所である事等がその原因だと言われています。
しかし最初にアイゾーンは痛いと言う事を覚悟していくと、2回目以降位になればその痛みにも慣れたと言う方が多いのも事実の様です。
しかしIゾーンを処理する事で、毛の密集率が少なくなり、通気性も良くなり、蒸れる事が少なくなり、衛生的な状態を保つ事がしやすくなります。
オーゾーンはとても痛みに個人差が出る所で、毛の濃さによって差が出やすいです。
この様に、デリケートゾーンは毛が密集している所、粘膜に近い部分が痛みが感じやすいと言う事がお分かりいただけるでしょう。

デリケートゾーンの脱毛の痛みについて

脱毛の季節になるとデリケートゾーンの脱毛処理をしてみようと思う方が多いと思います。
デリケートゾーンでもアイゾーンなど、普段自分で出来ない部位の脱毛処理をしようと思う方も多いと思いますが、実際デリケートゾーンの脱毛って痛みはどの位あるのか気になりますよね。
まず最初に言う事は「痛みには個人差がある」と言う事です。
他の人が大丈夫でも自分は痛いと言う場合も良く有ります。
更にデリケートゾーンの脱毛は足や腕の脱毛と比べて毛量が多い為、痛みを感じやすいと言うデメリットが有ります。
毛量が多いと言う事はレーザー照射が反応しやすいと言う事でも有ります。
メラニン色素が多いと言う事で、毛が濃い部分には反応しやすくなり、それに伴って痛みも多くなると言う訳です。
更にアイゾーンやオーゾーンは脱毛の反応が良いと言う事、皮膚が弱いと言う事も有り、痛みを感じやすい部分でも有ります。
デリケートゾーンに関しては、医療用脱毛の強い効果よりエステサロンの比較的弱い効果の脱毛の方が痛みが少ないと言う人もいます。
もちろん痛みを我慢して脱毛を行うと言う方もいますが、我慢しすぎずに出力を調整してもらって痛みを軽減させつつ脱毛をしていくと言う方法も有ります。
痛みには個人差が有り、全く痛くないと言う人もいる為、一概に言えませんが、施術している人に相談をして処理内容を少しずつ変えて行ってもらうと言う方法も有ります。
クリニックで脱毛をする場合には笑気麻酔ををして痛みを抑えると言う方法も有りますので相談してみると良いでしょう。

デリケートゾーンの永久脱毛について

デリケートゾーンの永久脱毛って出来るのか考えた事が有るでしょうか。
そもそも「永久脱毛」と言うのは処理をしたからと言って一生ムダ毛が生えて来ないと言う物では有りません。
「永久脱毛」とは脱毛処理後、ムダ毛の再生率が1ヶ月で2割以下と言う定義が有るのです。
ですから永久脱毛とは言っても少しはムダ毛が生えてくる可能性が有ると言う事になります。
デリケートゾーンは身体の中でも特にデリケートな部位になります。
特にアイゾーンやオーゾーンは粘膜が近くに有る事から自己処理は難しい場所であるとも認識されています。
その為、多少時間やお金がかかっても脱毛サロンやクリニックで永久脱毛をしたいと言う方が多いのです。
デリケートゾーンを脱毛サロンで処理してもらって効果を感じるまでは、大体5?6回は必要だと言われていて、その後処理をしなくても良いと言う状態になるにはその倍は必要ではないかと言われています。
しかしアイゾーンなどのデリケートゾーンは色素沈着も多い部位であることから痛みを感じる事も多く、値段も高い為に少し敷居が高いのではないかと感じる人も多い様です。
痛みに関していうと、デリケートゾーンの脱毛に関しては脱毛威力が低い脱毛サロンで処理してもらう方が綺麗に、しかも痛みが少なくて済むと言われています。
永久脱毛をしてもらうとその後の処理は格段に少なくて済む様になりますが、ある程度の期間、費用を考慮しつつ行う様にする必要が有るのです。

Iゾーン(アイゾーン)の処理方法【ワックス・脱毛クリーム】

Iゾーン(アイゾーン)の脱毛を自己処理にて行う方法はいくつか有ります。
自分に合った処理方法を見つけて綺麗に脱毛する様にしましょう。
そこでいくつかアイゾーンの脱毛方法を挙げてみたいと思いますので参考にしてみてください。
先ずは「ワックス」です。
特に「ブラジリアンワックス」と言う方法がアンダーヘアの脱毛に適している為、アイゾーンにも適しているのではないかと思われます。
アイゾーンの脱毛をあまりお金をかけずに行いたいと言う人にオススメです。
メリットとしては、毛根からしっかり脱毛出来ますので、仕上がりが綺麗と言うメリットが挙げられます。
逆に毛根から脱毛できると言う事は、ワックスを剥がす時に痛みを伴うと言う事にもなりますので、使用する前に腕等で事前テストを行ってからアイゾーンの処理をすると良いでしょう。
特に敏感肌の人、痛みに弱いと言う人は直ぐにアイゾーンで処理するのではなく、他の部位で試してみる事をオススメします。
次に「脱毛クリーム」です。
脱毛したい部分に塗って時間を置いて流すだけで綺麗になっていると言う脱毛処理方法です。
ワックスやシェーバーと違って、広い面積に塗る事が出来る為、自己処理で行うにはムラが少なくなるのではないかと言うメリットが有ります。
但し脱毛クリーム自体は肌に負担がかかりやす為、アイゾーンに使う時には注意が必要になります。
間違った脱毛クリームを使用すると、陰部に炎症を起こす危険性も出てきます。
その為、脚や腕用のクリームを使うのではなく、アイゾーン専用の脱毛クリームを使う様に注意する事が大切なのです。

デリケートゾーンの脱毛について【デメリット】

季節が春から夏に変わってくる頃、洋服も肌の露出が多くなってくる様になります。
そんな時に気になるのが身体のムダ毛ではないでしょうか。
この時期は脱毛の広告等が増え、色んな脱毛用品も売り出されてきます。
脚や腕、脇と言った目に見えやすい場所はもちろんですが、Vゾーン、Iゾーン(アイゾーン)、Oゾーン(オーゾーン)と言ったデリケートゾーンの脱毛にも興味が出てくると思います。
特にアイゾーンやオーゾーンは自己処理と言うよりは、サロンで行う方が綺麗に肌への負担も少なくできると思いますので、用途、部位によって脱毛方法を変えていくと良いでしょう。
そんなデリケートゾーンを脱毛する事のデメリットについて挙げてみたいと思います。
そもそも体毛と言うのは身体の部位の中でも弱い部分を守る為に生えていると言われています。
体毛で皮膚を保護してくれたり、乾燥から守ってくれたりしているのです。
特にデリケートゾーンに対しては、雑菌の侵入を防ぐと言う役割も持っています。
そんなデリケートゾーンのムダ毛を処理すると言うのは、こうした役割が無くなってしまうと言う事にも繋がるデメリットが有るのです。
体毛が無くなる事で雑菌が侵入しやすくなったり、直接肌が下着に触れる様になる為、肌トラブルが増えたりする可能性が出てきます。
こうしたデメリットを踏まえつつ、ムダ毛が持っている役割も考慮しつつ、バランスよくデリケートゾーンの脱毛処理をする事が重要になってくると思うのです。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 05.13

    膝の黒ずみ

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ