湿気をとりたい対策方法

この記事は14分で読めます

湿気除去と対策

梅雨時期の湿気には誰でも参ってしまいます。
そこで効果的な湿気除去を探しているのです。
家電製品で湿気除去対策をすることは可能ですが、できるだけ電気を使わずに済ませたいと思う人が多いでしょう。
湿気除去のポイントを考えてみましょう。
晴れた日は喚起することが原則です。
もちろん、梅雨時は晴れた日などごくわずかです。
ただ、つかの間の晴れ間も有効に使いましょう。
それから、重曹は湿気やにおいを吸着してくれます。
安価な除湿剤として使用しましょう。
空きビンに重曹を入れて、湿気の多い部屋に置いておくだけです。
アロマ精油を混ぜるとアロマ除湿剤のできあがりです。
水分を吸った後はごみとして捨てるだけです。
簡単ですね。
新聞紙も利用もいいでしょう。
他の紙に比べると湿気を吸いやすいのが新聞紙です。
新聞紙を敷いておくだけで湿気除去ができます。
安価な対策です。
洗濯物の下に敷くのも効果ありです。
保冷剤に扇風機の風を当てると水滴がつきます。
これは湿気が水滴となっているのです。
簡易エアコンですね。
水滴は容器に取って捨てましょう。
押し入れなど湿気が特に溜まっているところには扇風機の風を送りましょう。
もちろん、湿気の多い部屋の風では意味がありません。
乾いた風を送りこむのです。
お風呂は水滴がいつも溜まっています。
水滴を拭きとるようにしてください。
冷たい水をかけると乾きが早くなります。
夜は窓を開けておくといいでしょう。
室内の湿気を外に逃がす工夫をすることが対策となります。

スポンサードリンク

湿気除去のポイント

湿気除去のポイントです。
電気代を気にしないのであれば、エアコンの除湿機能を利用しましょう。
ただ、除湿は冷房と違います。
温度が下がっても、除湿を続けます。
湿気除去対策としては一番高くつきますね。
新聞紙や木炭は湿気を吸収しやすいことはよく知られています。
新聞紙ならどこの家庭にでもあるでしょうから、積極的に使用しましょう。
それから、木炭はホームセンターなどで販売されている普通の物で構いません。
ただ置いておくだけです。
半永久的に使用できます。
冷たいものを湿気の多い部屋に置くと結露します。
結露すればその分だけ空気中の水分が除去されたことになるのです。
ペットボトルに水を入れて、冷蔵庫で冷やしましょう。
これを部屋に置くだけです。
もちろん、全く電気を使わないわけではありません。
しかし、エアコンを使用するよりも確実に安上がりでしょう。
湿気対策で重要なのは、お金をかけずに除去できるかどうかです。
湿気は下の方に溜まります。
それは部屋の上の空気が暖かいからです。
衣類を収納する場合もこのことを考慮してください。
下の方の衣類が湿気を吸いやすいのです。
湿気に強い綿や麻の衣類を下の方に置きましょう。
シルクなどは湿気に弱いですから、一番上に置いてください。
湿気対策はいろいろなパターンがあります。
一つの除去方法だけで済むわけではありません。
いくつかの方法を講じることで、湿気のない生活を送ることができます。
ただ、油断すると湿気はすぐに溜まってしまいます。

湿気除去の問題

湿気除去の問題について考えてみましょう。
対策をしっかりしておかないと、カビが発生したり腐食したりすることになります。
家の中の対策だけではなく、床下の湿気対策も必要でしょう。
部屋の中は住んでいるので、湿気に気が付くのですが床下は業者に点検してもらわない限り何もしないでしょう。
床下湿気除去について考えてみましょう。
まずは施工時に行う湿気対策です。
防湿コンクリートが一般的です。
つまり、地面の中からの湿気侵入を抑えるのです。
地下水板が高い場合や田んぼだったところに家を建てる場合に使われる工法です。
床下全面に防湿シートを張り、その上にコンクリートを流し込むのです。
ただ、コンクリートの表面が結露することがあります。
その対策として、床下換気扇をつけている家庭も少なくないでしょう。
ただ、業者が定期的に点検しないと、ファンが壊れて回っていないケースが多いようです。
自分の家の点検は自分でできる範囲をやるようにしてください。
床下換気扇は北側に取り付けて、床下の空気を外に吐き出す役割をしています。適当な業者だと外の湿気を取り込むような取り付けをしている場合があります。
床下換気口に防虫網をつけている場合もありますが、これは換気量が減少しますから、できるだけつけない方がいいでしょう。
床下に虫がいても、実害はほとんどないのです。
住宅を建てる時に、床下の湿気対策についてしっかりと調べておきましょう。
後からできることはないのです。

湿気除去の効果

湿気対策は湿気の侵入を防ぐ対策と、除去があります。
どちらを重点的にするかによって、可能な対策が異なります。
両方を混同しないようにしてください。
梅雨時期は空気中の湿気が多くなっていますから、侵入を防ぐことは難しいでしょう。
室内の湿気除去を考えなければなりません。
室内も室外も湿気が高いですから、単純な換気では意味がありません。
もちろん、押し入れの奥など湿気がこもりやすいところは喚起をするだけでもかなり違ってきます。
木炭や重曹などで湿気除去ができると言われていますが、どれくらいの効果があるのでしょうか。
意味がないことをしているのではないかと疑問を持った人も少なくないでしょう。
インターネットで湿気対策を検索すると必ず出てくるからです。
木炭の吸湿効果は十分です。
ただ一つの部屋を丸ごと木炭で吸湿することは無理でしょう。
押し入れや下駄箱の中など限定的な空間の利用を考えてください。
確実な湿気除去をするのであれば、除湿器やエアコンです。
電気代がかかる分だけ効果は高いのです。
ただ、梅雨時期は湿気を除去しても、すぐに元に戻ります。
したがって、木炭のように永久的に使用できる素材がおすすめでしょう。
新聞紙が吸湿することもよく知られています。
普通の紙よりも表面の凸凹が大きいために吸湿しやすいのです。
湿気対策で悩んでいる人は、いろいろな対策を講じてください。
布団や畳がカビでダメになってしまわないように注意しましょう。
快適な部屋にしたいものです。

湿気除去のアイテム

湿気除去のアイテムを紹介しましょう。
インターネットなどで販売していますから、試してみるといいでしょう。
確実な湿気除去を考えるなら、除湿器が一番です。
ただ、電気代を気にする人が少なくありませんね。
中途半端な使用では効果が得られません。
それから窓ガラスに貼り付ける結露防止シートはどうでしょうか。
これは結露を防ぐだけであり、湿気除去とはなりませんから、注意が必要です。
冬場のアルミサッシの結露を予防するものです。
プラスチック容器に入った除湿剤の利用も気軽でいいでしょう。
湿気を溜めこんで逃がしませんから、確実な湿気除去対策と言えます。
湿気の溜まり具合が目で見える点もわかりやすいでしょう。
価格的にもおすすめのアイテムです。
靴の臭いが気になる人には靴用の除湿剤もあります。
靴の奥に入れておくだけです。
湿気対策の中でも臭いを消すアイテムが少なくありません。
湿気を完全に除去することは難しいですから、臭いを消すことを重点的にするのです。
木炭を袋に入れたアイテムもあります。
台所の下や下駄箱の中、押し入れの中などどこにでも置くことができます。
半永久的な除湿剤と考えていいでしょう。
スプレー式の消臭剤は夏場の汗の臭いを消す効果も期待できます。
生ごみの臭い消しも台所の必需品です。
梅雨時期、夏場、冬場など季節に合わせたアイテムを準備しましょう。
湿気によってカビの防止ができます。
あなたの部屋の湿気除去対策は万全でしょうか。

湿気除去と気温

湿気は気温と密接な関係があります。
冬場は乾燥していますが、夏場、特に梅雨時は高温多湿です。
空気中の水分量が多いですから、洗濯物もなかなか乾かないのです。
湿気除去は気温に注意しましょう。
温度が上がると水分が多くなり、それを冷やすと結露して湿気除去となるのです。
エアコンの除湿機能はこの原理を利用しています。
冷たいペットボトルの表面に結露するのも同じことです。
この結露を利用して、除湿することができます。
重曹を利用することもできます。
重曹は湿気を吸湿します。
つまり除湿剤ですね。
室内に洗濯物を干す時には換気よりも、室内の温度を上げましょう。
そして、結露による除湿を行うのです。
新聞紙をペットボトルの下に敷きましょう。
梅雨時でも十分な効果が高いのです。
もちろん、除湿器を使用すれば一番効果は高いでしょう。
家の中のどの部分の湿気を除去したいかによって、対策内容は変わります。
インターネットで調べるといろいろな方法があります。
ただ、面倒な方法はすぐに嫌になりますから、現実的ではないですね。
自分で気軽にできる方法を探してください。
湿気でカビが生えたら、取り除くのは容易ではありません。
早目の湿気対策が重要でしょう。
衣類にカビが生えたら、もう着ることができません。
畳やカーペットも同じです。
湿気は体感的に嫌だと言うことよりも、日常生活に支障が出るのです。
お金をかけても湿気除去をしなければならない場合もあります。
木造住宅の湿気除去は業者に依頼すべきでしょう。

湿気除去の相談

湿気除去について、誰に相談しましょうか。
部屋の中の湿気除去であれば、インターネットで調べてみるだけで十分でしょう。
それよりも、家全体の湿気対策を考えてみませんか。
特に床下や押し入れの中です。
床下の湿気は通常はわかりません。
長期間でだんだんとカビが生えてきて、木造住宅の屋台骨が崩れていくのです。
湿気除去をしておくことで確実に長持ちします。
相談するなら専門の業者でしょう。
自分でできると考えている人もいますが、慣れないことは大変です。
適当にやっても効果が得られないからです。
家を建てる時に湿気対策をしておくことが基本ですが、すべての住宅が対策されているわけではありません。
床下に防水性のビニールシートを敷いて、その上にコンクリートを流し込むのです。
もちろん、これだけで完全ではありません。
床下換気扇を取り付けることで、床下の湿気を外に排出できるのです。
ただ、費用を聞いてみると気軽にできるわけではありません。
まずは見積もりを取ってください。
できれば複数の業者に依頼しましょう。
白アリ対策を同時にやるのも悪くありません。
トータルで見れば、安上がりになるでしょう。
多くの人が考えています。
ただ、最近の湿気除去技術は進んでおり、これから家を建てようと考えている人は、じっくりと検討しましょう。
費用がかかったとしても、湿気対策を抜くわけにはいかないのです。
工事業者によっては、質の悪い作業をすることもあります。
業者の選び方が重要なのです。

湿気除去とカビ

湿気で気になるのがカビです。
カビが生えてしまうと、取り除くことはかなり難しいと思えるでしょう。
家の中や衣類など、どこにでもカビが生えます。
その対策として湿気除去をしっかりとやっておくことが大切です。
具体的な対策を考えてみましょう。
除湿剤や木炭などが思い浮かぶかもしれませんが、それは一時しのぎにすぎません。
ただ、日本の梅雨が限られた期間ですから、その間だけ湿気除去ができればいいと言う考え方もあるでしょう。
何もしなければ湿気で部屋が臭くなるかもしれません。
除湿器を使用することで、効率のよい湿気除去ができるでしょう。
もちろん、電気代はかかります。
確実な対策を考えてください。
壁に生えたカビは取り除くことは難しいでしょう。
木部ならサンドペーパーで磨くことで表面のカビを取り除くことができます。
衣類の場合、カビは取り除けません。
タンスになおしておいた服にカビが生えたらがっくりでしょう。
ただ、タンスの中の湿気除去は簡単ではありません。
除湿器を使い続けるわけにはいかないからです。
そこでやはり木炭や除湿剤が有効になるでしょう。
つまり、どこを除湿するかによってアイテムは変えなければならないのです。
それぞれに適した利用方法があります。
できるだけ湿気の少ない場所に物を置くようにしましょう。
湿気がこもりやすい場所は風通しを良くすることが基本です。
大げさなことをする必要はありません。
インターネットにたくさんの知恵が詰まっています。

布団の湿気対策

布団の湿気は気になりますね。
カビやダニの原因となります。
気持ちの良い睡眠を確保するためには布団の湿気除去を考えてください。
畳ではなくフローリングに布団を敷いている場合は、布団の下がしっとりとしていることがありませんか。
布団の暖かさとフローリングの冷たさで湿気が溜まりやすくなるのです。
布団の下に断熱シートを敷くといいでしょう。
ホームセンターなどで販売されています。
毎日布団を上げて、シートを干しておきましょう。
もちろん、天気のいい日は布団を外に干してください。
ただ、梅雨の時期は外に干すことができませんから、布団乾燥機の使用をおすすめします。
布団は人の体から出る水分を吸収します。
湿気が入ることは避けられないのです。
夜の間に吸った湿気をどうやって除去するかが重要な対策となります。
布団の下に断熱シートや新聞紙、ござを敷くこともいいでしょう。
新聞の場合は毎回使用するたびに捨てなければなりませんから、それが面倒なら断熱シートかござですね。
バスタオルもいいですね。
布団と床の間に熱を通さないものを挟むこといいのです。
その点ベッドは床との間に空間がありますから、湿気は入り込みにくいでしょう。
梅雨の時期と夏だけではありません。
冬でも布団が湿っぽくなることが少なくありません。
床の冷たさで結露しているのです。
湿気を除去することは確実にできるわけではありませんが、こまめに対策をすることが肝心です。
布団の材質を選ぶことも大切です。

風呂の湿気対策

風呂は湿気のたまり場です。
湿気除去をしても、それが十分な対策になることはありません。
ただ、何もしないと風呂の壁がカビだらけになります。
カビを取ることも大切ですが、湿気除去をうまくやることでカビの発生を抑えることができるのです。
一番簡単なのは風呂上りに冷水で壁を冷やすことです。
余裕があれば、窓ふきのモップで湿気を取り除きましょう。
乾いた布で拭き上げれば完璧です。
問題なのは面倒なことです。
とても毎日できることではありません。
ただ、1週間に1回でもやれば違います。
カビの発生を抑えることができるのです。
そして、ふろで重要なのは換気扇です。
換気扇を回した時の空気の流れを考えてください。
換気扇は外に空気を吐き出しますが、どこから空気が入ってくるのでしょう。
足元の換気口です。
換気口が足元にあるのは、冷たい空気を取り入れるためです。
湿気を含んだ湯気が高いところに上るのですから、それを換気扇で吸い出します。
冷たく乾いた空気が足元から入ってきます。
マンションなどでは窓のない風呂も少なくありません。
こまめに換気扇を回しておかないと、すぐにカビが発生するでしょう。
毎日、掃除をすることができればいいのですが、大変ですから続けられません。
ただ、風呂場は閉め切ったスペースですから、湿気除去も難しくありません。
しっかりとカビの対策をしておきましょう。
石鹸カスがカビの発生の原因と言われています。
こまめな掃除をすることが重要ですね。

カビ取りと湿気除去

カビ取りは湿気除去が重要です。
カビ取りの基本について紹介しましょう。
まず、カビが発生する原因を考えてみましょう。
湿気と埃などの汚れと気温30度の条件がそろうとカビが発生します。
乾燥の対策である加湿器の使用によって冬場でもカビが発生することがあります。
エアコンをしばらく使用していないとカビの臭いがすることがあります。
エアコンの中にカビが発生しているのです。
エアコンを使い始める前にカビ取りをおすすめします。
カビの発生によりアレルギーやアトピーなど病気を誘発することもあります。
特に小さなお子さんや高齢者は中飛が必要でしょう。
カビが発生しやすい場所は決まっています。
台所、風呂場、洗面所などの水周り、窓ガラスのゴム部分、エアコン内部、押し入れの中、家具の裏側、絨毯を敷いた部屋などです。
カビ対策は湿気除去が基本です。
風呂場をバスタオルで毎日拭いている人もいます。
ただ、湿気除去は毎日のことです。
永久に終わりません。
そこで木炭や除湿剤など置いておけばいいだけのアイテムの利用がいいでしょう。
押し入れなどでは防湿シートを下に敷いておくと大きな効果が期待できます。
カビキラーなどの洗剤を使用してカビを除去することもできます。
注意しなければならないのは酸性洗剤を混ぜないことです。
有毒な塩素ガスが発生してしまいます。
アルコールや薄めた酢で拭くのもいいでしょう。
カビに塗ってからしばらく時間をおきます。
その後刷毛でしっかりとこすりましょう。
カビを取り除いた後は、しっかり乾燥させてください。

湿気除去と除湿機

除湿器を使えば効果的な湿気除去が可能です。
しかし除湿器だけでどれくらいの効果が期待できるのでしょう。
対策の効果よりも除湿器の音がうるさいとか電気代がかかりすぎると思っている人もいます。
ただ、実際の電気代は極端に高くなるわけではありません。
エアコンもつけるでしょうから、無視できる程度なのです。
除湿器を使用する場合の注意事項として、閉め切った部屋で使用することです。
外気が入ってくると、いくら湿気除去をしても部屋の湿気は減少しないからです。
押し入れなどの狭い空間を除湿する方が一番効果的です。
エアコンの風が届かないからです。
衣類を乾燥させるために除湿器を使用している主婦もいます。
確かに梅雨の時期には洗濯物が乾きません。
除湿器によって洗濯物が乾くでしょう。
半日程度除湿器を動かしておけば、すっきりとします。
除湿器にはいくつかの種類があります。
サイズが大きいほうが除湿機能は高いですから、少し大きめのサイズを購入してください。
カタログに書かれている数字通りの効果は期待しない方がいいでしょう。
部屋全体の湿気除去の対策を考えているなら、エアコンの除湿機能でも十分です。
わざわざ除湿器を購入するのは無駄でしょう。
空気の温度を上げて除湿するタイプと温度を下げて除湿するタイプがあります。
夏場は温度が上がるため、ちょっと暑すぎるかもしれません。
実際には電気打がどれくらいかはわかりにくいでしょう。
エアコンよりも少ないことだけは間違いありません。
気にする必要はありません。

梅雨の湿気対策

湿気対策は梅雨時だけではありません。
しかし、うっとうしい梅雨を快適に過ごす湿気除去方法があれば知りたいと思うでしょう。
一般的には木炭や重曹、除湿器の利用です。
それ以上のことができるのでしょうか。
日本の梅雨は高温多湿ですから、換気をしても意味がありません。
外の空気が中に入ってくるだけです。
逆に換気をしない方がいい場合もあるのです。
部屋の中だけを乾燥させるのです。
浴室全体を乾燥させて、洗濯物を干せるようにしている人もいるでしょう。
ただ、それは浴室を作る時に考えておかなければならないことです。
湿気除去は一時的には可能ですが、毎日やるのは大変です。
それでも浴室の結露を毎日拭いている人もいるのです。
手軽で楽な方法を考えましょう。
除湿器やエアコンは電気の力を使いますが、それでも何もしないよりもいいでしょう。
電気代が高くつくと気にしている主婦はいますが、それが文明の利器です。
家計を圧迫するほどのことはありません。
庶民的なアイデアで梅雨を乗り切るか、エアコンに依存するかはどうでもいいのです。
部屋の湿気や洗濯物の乾き具合も重要でしょうが、食品にも注意が必要です。
湿気除去は押し入れの中だけではないのです。
効率よく湿気除去をしたいと思っても、空気全体に含まれている水分量が多いですから、簡単ではありません。
部屋を閉め切って、外出している間に湿気除去をすることが一番効率的です。
対策をしっかりとしておけば、梅雨時も快適に過ごすことが可能です。

湿気除去の方法

湿気除去はどうしていますか。
梅雨時はもちろんですが、日本の夏は湿気対策が重要となります。
除湿器を使うこともできるでしょうが、できることなら電気を使わない方法を考えたいと思うのです。
エコが基本だからでしょう。
ちょっとしたアイデアで湿気対策をやってみませんか。
まずは新聞紙です。
洗濯物下に新聞紙を敷きます。
新聞紙はくしゃくしゃにしておくのです。
湿度が10%くらい違うと言われています。
ただ、片づけるのが面倒かもしれません。
毎日仕事に出かける一人暮らしの人にはちょっと無理かもしれません。
専業主婦のアイデアです。
それから、木炭です。
木炭はホームセンターなどで販売されている普通の木炭です。
木炭の湿気除去の効果は高いですから1年中使用することを考えておきます。
そこで置き方を工夫するのです。
木炭とドライフラワーを籠の中にいれましょう。
ちょっとかわいく飾るのです。
インテリアとしてもいいですね。
赤ちゃんがいる場合は、おむつを利用しているお母さんもいます。
おむつの水分吸収力は高いですから、効果抜群なのです。
ただ、空気中の水分を吸収することは難しいですから、窓に結露した湿気を取り除くために利用するのです。
何も使わずに湿気除去をするなら、換気です。
1か所の窓だけを開けるのではなく、部屋の空気の流れを考えましょう。
南側と北側の窓を開けて、空気を通り抜けさせるのです。
家を建てる時にそこまで考えておくといいでしょう。
この他にもいろいろなアイテムを使用して湿気対策をしてください。

除湿アイテム

除湿のために利用できるアイテムを紹介しましょう。
安上がりな除湿対策に利用してみませんか。
炭草花は炭を利用した除湿アイテムです。
ハンガータイプやクローゼットに収納できるタイプなどが販売されています。
湿気除去と消臭効果で一年中利用できます。
購入したら、押し入れや洋服ダンスに入れておくだけですから、簡単ですね。
価格はちょっと高くてハンガータイプで1600円です。
気軽に利用できますから、リーズナブルな価格と言えるのではないでしょうか。
玄関にも利用できます。
靴に中に押し込めるタイプ、ブーツ用に長くなったタイプがあります。
いろいろと考えられているのです。
中に入っている炭は同じものです。
クローゼット用もあります。
通販サイトで注目されている商品です。
木炭はどれでも同じと思っている人もいるでしょう。
しかし、ホームセンターで販売されている普通の木炭は湿気除去対策として作られているわけではありません。
炭草花は吸着力を高めた作り方をしていますから、普通の木炭よりも湿気除去ができるのです。
インテリアとして利用できるスミボウもあります。
高温炭化木炭を特殊不織布で包んだ商品が炭草花です。
通販サイトで検索して見ましょう。
今年の夏の湿気対策に利用してください。
部屋の湿気だけではなく、靴の中の湿気を気にしている女性は少なくありません。
靴の中が臭くなるからです。
炭草花ですっきりとした足元にしたいのです。
この他にも湿気対策アイテムを探してみましょう。

湿気の影響

湿気があると嫌だなと思うのは誰でも同じですが、気分的なことよりも実害について考えてみましょう。
湿気が多いとカビが発生します。
壁や床、衣類、布団などいろいろなところにカビが発生します。
発生したカビを取り除くことは容易ではありません。
したがって除去よりもカビが活性しない対策を打っておくことが大切です。
お風呂の壁などは漂白剤などを利用して束子でごしごしとやればいいでしょう。
ただ、カビが発生しないようにするにはどうすればいいのでしょうか。
家中に湿気対策をすることは無理です。
したがって、湿気がこもりやすくカビが発生しそうなところだけを重点的に対策するのです。
水周りは一年中湿気があります。
こまめな対策が必要でしょう。
押し入れの中などは木炭や除湿剤を置いておくだけでかなりの効果が期待できます。
除湿剤は水分が溜まったかどうかを定期的にチェックすることです。
できるだけお金をかけずに湿気除去をしたいと思っているかもしれませんが、便利なアイテムを購入することで、簡単で効果的な対策が可能です。
家をカビから守るために必要なお金だと考えてください。
湿気が問題になるのではなくカビの発生が問題だと言うことを理解しましょう。
ところであなたの家は大丈夫ですか。
時々チェックしておくことをおすすめします。
知らない間にたくさんのカビが生えているのです。
日頃は目につかない部分のチェックをしましょう。
押し入れの奥、タンスの後ろなど、いかにも湿気が溜まりそうです。

湿気と健康

湿気による健康被害について考えてみましょう。
梅雨時期はどうしても湿気が家の中に溜まります。
大気中の水分が多いのですから、ある程度はやむを得ないのです。
それでも健康に害が出ることは避けなければなりません。
湿気によりカビが発生し、それが子どものアトピーの症状となる例はたくさんあります。
もちろん、子どもの体質にも関係しますから、必ずアトピーになるわけではありません。
ただ、一般的に健康被害は弱者である子どもや高齢者に表れるのです。
若い夫婦だけの時には何の問題もなかったけれど、子どもができて湿気対策を真剣に考えなければならなくなることが多いのです。
その時になって家の作りを見直すことはできません。
建てる時に湿気除去を考えておかなければならないのです。
ただ、一般の人にそれを求めるのは難しいでしょう。
建築のプロである住宅メーカーなら豊富な経験を持っているはずです。
どのような作りをすれば湿気除去が効果的にできるか知っているのです。
現実はそこまで配慮された住宅は少ないでしょう。
住宅の湿気対策を紹介しましょう。
もちろん、施工時に行わなければなりません。
防湿シートを内壁と外壁の間に貼ります。
これによって、室内の結露を防ぐことができるのです。
結露を防ぐことで、住宅の壁のカビの発生を抑えることができます。
体感的な湿度よりも壁の結露を抑えることが重要なのです。
床下も同じです。
コンクリートを打つ前に防湿シートを貼ります。

間違った湿気対策

湿気除去の対策はインターネットなどでたくさん見つけることができます。
しかし、どれが本当に効果的なのか、客観的なデータがあるわけではありません。
どれも普通の人の思い付きレベルの対策のような気がします。
一番湿気が気になるのは寝具でしょう。
快適な布団でぐっすりと寝たいと思っているはずです。
湿気に関する大きな間違いは、湿気の高い空気は重いため下に溜まりやすいと言うことです。
一見すると、正しいような気がしますが、湿気を含んだ空気は冷たい空気よりも軽いのです。
そのため換気扇は天井近くについているのです。
冷たい空気は乾燥しています。
それから、ベッドの下に引き出しが付いたタイプを使用している人への注意です。
引き出しタイプは湿気が侵入しにくい。
日ごろ使わないものを入れておくのに便利と思っているはずです。
しかし、これも間違いです。
引き出しタイプと言っても密閉されているわけではありませんから、湿気はどんどん入ってくるのです。
換気をしない分だけカビが発生しやすいと言えるでしょう。
できるなら毎日使用する着替えなどを入れておきましょう。
開け閉めすることで換気となるからです。
引き出し付きのベッドを購入する時に注意が必要ですね。
このように湿気に関する間違いはたくさんあります。
常識だと思ったことでも意外と間違いがあるのです。
販売している方も勘違いしていることが多いですから、注意しましょう。
悪気があるわけではないのです。
インターネットの湿気除去の常識は当てにならないと思ってください。

湿気対策の原理

湿気対策を考える時には除湿器の原理を利用するといいでしょう。
除湿器がどのようにして空気中の水分を取っているか知っていますか。
空気が冷たいものに当たると水分が結露します。
冷たいペットボトルの外側に水滴がつくのと同じです。
そして結露した水分を容器に溜めるのです。
これが除湿器の原理です。
これと同じことを自分でやれば湿気除去が可能です。
それと湿度は違います。
空気の温度を上げると、空気中にたくさんの水分を含むことができます。
つまり、夏場と冬場で湿度が同じだとしても体感的には全く違うのです。
空気を暖めると空気中の水分量が増えますから、洗濯物を乾かしたいなら部屋を暖めればいいのです。
そして、その空気を冷やしてやれば結露してくれます。
単なる湿気除去と選択物や靴などを乾かすことは別の対策が必要になるわけです。
このように湿気の原理を理解しておけば、冷やすべきか暖めるべきかわかります。
夏場に暖房をつけることは無理がありますが、日光に当てることで洗濯物が乾くのはこの原理を使っていることになるのです。
それから、季節に関係なく湿気がある浴室などは別の対策を考えましょう。
周囲よりも湿気が多いですから、換気をするだけでもかなりの効果が期待できます。
また、湿気の多い空気は上の方にあります。
換気扇が上に取り付けられているのは、湿気を除去するためなのです。
湿気と住宅の構造も重要ですね。
これから住宅を作ろうと考えているなら、計画段階からしっかりと湿気除去を考慮してください。

湿気対策の基本

湿気対策の基本は湿気を侵入させないことと湿気を早目に除去することです。
どちらを重点的に行うかを考えてみましょう。
梅雨時は部屋の中も外も湿気だらけです。
湿気の侵入を防ぐことは現実的ではありません。
そのため湿気除去の対策となるのです。
湿気除去は空気中の水分を結露させて取り除くことです。
これは除湿器やエアコンの原理と同じです。
冷たいペットボトルを置いて、周りの結露を新聞紙などで吸い取ることでも一定の効果を得ることができます。
湿気除去の理屈を理解しておくと、どのような対策が有効なのかわかります。
インターネットで調べてみましょう。
ただ、すべてが正しいとは限りません。
間違いなのに常識となってしまっている場合もあるからです。
除湿器や除湿剤は取れた湿気が目に見えますから、どれくらいの効果があるかわかるでしょう。
何となく効果がありそうだと言うだけで、湿気対策品を購入することは避けた方がいいのかもしれません。
メーカーの宣伝に乗せられるだけです。
湿気がない部屋でゆっくりと暮らすことが一番なのでしょうが、梅雨時は湿気があるとあきらめて、病気にならないような対策を考えるのはどうでしょう。
湿気があっても快適になる方法を探すのです。
もちろん、エアコンや除湿器を使用することで、電気代は掛かりますが快適な空間を作ることができます。
毎日過ごしている部屋と押し入れなどの湿気除去対策は別と考えてください。
別の対策が必要なのです。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 08.02

    浴衣の選び方

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ