iPhoneの修理について。

この記事は14分で読めます

iPhoneの修理

iPhoneは毎日触っているでしょうから、いずれは壊れてしまいます。
壊れても操作できる間は問題ないですが、早めに修理をしておくことをおすすめします。
ただ、iPhoneの修理はいろいろと考えることがあるのは多くの人が知っていることでしょう。
基本的にはアップルストアでの有料修理ですが、実際にはたくさんの業者が修理を受け付けています。
修理費用も一般の業者の方が安く設定されています。
もっと重要なことは修理にかかる時間でしょう。
その場ですぐに直してくれるなら、少しぐらい割高な修理費用であっても依頼する人の方が多いのです。
それほどiPhoneが日常生活になくてはならないアイテムになっていると言えます。
ただ、現実的には1週間修理に出したとしても、日常生活に困ることはありません。
現代の若者は高校生ぐらいからスマホに頼った生活をしてきていますから、スマホがない状況を想像できないのです。
いずれにしても、壊れてしまったら早めに修理をしなければなりませんから、日頃から修理業者をチェックしておくとすぐに依頼することできるはずです。
壊れてから慌てて探すと、怪しい業者に依頼して大失敗することになるかもしれません。
毎月の支払の中に端末代も含まれていますから、iPhoneの価格を意識しない人が少なくありませんが、修理を依頼する時にその代金の高さに気づくのです。
修理のための費用を毎月払っておくオプションもありますから、どれが一番安く済むかを検討しておきましょう。

スポンサードリンク

iPhoneの修理の費用

iPhone修理を依頼する前にいくらかかるか知っておきたいものです。
高額な費用を請求されてしまったら、借金をしなければならなくなります。
iPhone修理費用の目安となるのはアップルストアの修理代金ですが、実際にどのような壊れ方をしているかわからないケースも少なくありません。
参考程度と考えておきましょう。
さて、実際の修理費用は壊れ方によって大きく異なりますが、一番多いのは表面のガラスが割れるケースです。
多くの人は壊れたままのスマホを使い続けています。
それはひびが入った程度で修理していると、何度も修理しなければならなくなり、維持費がバカにならないからです。
それならば壊れないように大切に使えばいいだけのことですが、多くの人の取り扱いを見ているとかなり乱暴です。
ガラスが壊れても当然と言えるでしょう。
iPhoneを大切に使っていても、予想できない状況で壊れてしまうことは避けられません。
歩きスマホや自転車でのスマホは壊れても仕方ありません。
いくつかの修理費用の例を紹介しましょう。
それが高いかどうかを自分で判断しましょう。
表面パネルの割れは交換するだけですが4,500円、水没時の修理は7,800円、バッテリー交換は6,200円、ホームボタン交換は6,800円、アンテナ修理6,800円、wifi修理6,800円などとなっています。
それぞれの業者はホームページに価格表を掲載していますが、実際のところは現品を見てもらわなければわかりません。
予想外の修理費用になる場合もあります。
いずれにしても修理前に見積もりを取ることを忘れないようにしましょう。

iPhoneの修理の手順

あなたが毎日使っているiPhoneの修理をしなければならなくなった時には、どのような手順で依頼すればいいのでしょうか。
アップルストアに依頼するか一般の修理業者に依頼するかによって手順は大きく変わります。
ただ、アップルストアに依頼すると簡単なケースを除いて、多くの場合で時間がかかります。
すぐにでも修理してもらいたいと思う人は一般の業者に持ち込むことになるのです。
業者は短時間で修理することを積極的にアピールしていますから、しばらく待っていれば修理完了となるケースも少なくありません。
もちろん、待つだけですから代替機も不要ですし、手続きは料金の支払いだけで済みます。
このような便利な修理方法があるのですから、多くの人が利用することでしょう。
修理のための技術と道具があれば、どのメーカーのスマホでも修理可能です。
仕組みはわかっているのです。
壊れ方が重傷で修理までの期間がかかる場合には代替機を借りることになります。
そのためにデータを取り出すことができれば問題ありませんが、それさえできなければ修理そのものが簡単ではなくなります
内部データが読めなくなったら、それを復旧するサービスを提供している会社もあります。
お金と時間さえかければ、元の状態に戻すことができると言えるでしょう。
もちろん、修理するよりも新しい機種に乗り換えた方が安くなる可能性もあります。
また、AppleCareなどの保証オプションに加入していれば、修理費は非常に安くなります。
自分のiPhoneの使い方で壊れるか可能性を判断しなければなりません。

iPhoneの修理業者

アップルストアではiPhoneの修理を受け付けています。
その場で可能であれば修理も行ってくれます。
ただ、難しい場合には工場に送ることになります。
それらが面倒だと思うなら、一般の修理業者に依頼した方がいいでしょう。
日本全国ネットで修理店舗を運営している業者も増えてきました。
日本中にiPhoneを使用している人がいるからです。
また、修理を依頼する人もたくさんいることを示しています。
利用者が多いため、壊れる件数が増えているとも考えられますが、多くの人は取り扱い方が粗雑です。
間違って落としてしまうケースが一番多いのです。
固いコンクリートに落とせばガラスが割れますし、水の中に水没させるケースもよくあります。
1万円前後の修理費用がかかることがわかっていても、それを予防しようとしません。
歩きスマホで人にぶつかって地面に落としてしまうことなど日常茶飯事でしょう。
壊れることを始めから前提として保険に入っている人も少なくありません。
壊れた時の修理費用をどのように考えるかが重要です。
つまり、携帯費用の一部として修理代をキープしておけば、高額の修理費用を安く抑えることができますが、壊れなければキープした分は無駄となります。
高校生でも高額なスマホ代を払っていると言われていますが、その一部は修理費用に消えて行きます。
たくさんの修理業者がありますが、極端に低価格で修理してくれるところがあるわけではありません。
ほとんど横並びの価格設定となっています。

iPhoneの修理と交換

日常品となっているiPhoneが壊れた時の選択肢は修理と交換です。
もちろん、新しいハードウェアと交換するためには、それなりの費用が発生しますが、修理の程度によって、その方が安くなるケースもあるでしょう。
いずれにしても修理業者に持ち込んで判断してもらうことになります。
iPhoneの修理を依頼する人が多いと言われていますが、そのほとんどは同じパターンです。
表面のガラスが割れてしまったか、ホームボタンが利かなくなった、水没させてしまったケースです。
いつも大事に使っていれば、そのような事態は避けることができますが、現代のiPhoneだけではなくスマホ全体で扱い方が非常に雑です。
確かに丈夫に作られており、1m程度の高さから落としても何ともありません。
しかし、打ち所が悪かったり何度も落としたりしてしまうと修理が必要になるでしょう。
修理と交換のどちらを選択するかは使っている年数にもよりますが、ある程度は消耗品と考えるべきでしょう。
つまり、3年に1度程度の交換を前提として使用するのです。
バッテリーが使えなくなったら新しい機種に乗り換えている人もいますが、それはお金に余裕がある人だけでしょう。
若者の多くはiPhoneの毎月の支払いがギリギリなのです。
あなたのiPhoneはどのような状態でしょうか。
まだしっかりとしているなら、その状態が続くように大切に取り扱ってみてはどうでしょうか。
それが難しいことだと思うのであれば、使い方を間違っていると考えましょう。
ショックを与えないようなケースに入れておくのも一つの案です。

iPhoneの修理期間

iPhoneに限らず、多くのスマートフォンは雑に取り扱われています。
そのために予想もしない故障となるケースが少なくありません。
ほとんどの故障は落下によるものと言われていますが、iPhoneのホームボタンが利かなくなる症状も多い方です。
いずれにしても自分で修理できるわけではありませんから、アップルストアか修理専門業者に持ち込まなければなりません。
簡単な修理であれば1時間程度待つだけで作業が終わります。
ただ、重症の場合や原因がわからないケースでは1週間程度の期間を覚悟しなければならないでしょう。
若者だけではなく、歩きながらiPhoneを操作している人は少なくありません。
片手で持つことが当然ですから、人にぶつかって落としてしまうパターンがほとんどでしょう。
メーカーの責任ではないとしても、落としても壊れないスマートフォンがユーザーには歓迎されます。
そのための強度を確保するには材質を変更が必要となり製品の単価が高くなってしまいます。
多くのユーザーは毎月の分割払いを利用しており、通話料と一緒に請求されるため、iPhoneの単体価格に鈍感になっているのでしょう。
いずれにしてもiPhoneの内部にはたくさんの情報があり、それがないと日常生活に支障が出ると考える人が少なくありませんから、代替機を借りるとしてもデータの移行を行わなければなりません。
修理期間が長くなれば、それだけ不便な生活になってしまうでしょう。
日頃からデータをバックアップし、保護カバーを取り付けるなどの予防が大切です。

iPhoneの修理の支払い

ほとんどの人が所有しているスマートフォンですが、その中でもiPhoneは公式のアップルストアでの修理が基本となっています。
しかし、現実には一般の修理業者がたくさん開業しており、それらの業者を利用している人がどんどん増えています。
修理の内容によって費用は変わってきますが、支払いは現金でもクレジットでも可能です。
iPhoneの毎月の支払いをしている人にとっては修理の金額はあまり気にならないのかもしれません。
人によっては毎月1万円以上の支払いを続けています。
スマートフォンの毎月の支払いは一定額になるようなオプションを利用している人がほとんどであり、その金額が1割アップしてもあまり気にならないのでしょう。
iPhoneでは数年毎に機種が更新されており、古い機種の修理代金は安く設定されています。
つまり、機能がアップし強度も強くなっているため、修理に必要な補修材の費用が高くなっていると考えられます。
機能が向上し強度も増していますが、修理をしなくていいわけではありません。
落としたら壊れてしまうことを理解しているとしても、落としやすい使い方をしてしまうのです。
iPhoneの修理費用は現代人にとって避けられない生活のための経費と考えられるでしょう。
もちろん、すべての人がそう考えているわけではなく、少しでも安い業者を選ぼうと考えている人の方が多いのです。
そのため修理業者も他社よりも安く早くを競い合っています。
日頃から業者のサイトをチェックしておくことをおすすめします。

iPhoneの修理とアップルストア

アップルストアはアップル製品の販売と修理を専門的に行っています。
その中にはiPhoneも含まれているのですが、多くの人はアップルストアではない一般の修理業者を選択しています。
もちろん、修理業者の方がたくさんあることも理由となりますが、技術力の高まりによってアップルストアでなくても確実な修理が可能になってきたからです。
もちろん、部品を交換する場合にはiPhoneの純正品ではないことが多いのですが、世界中で販売されているiPhoneですから、入手はそれほど難しくありません。
カバーを交換する際の専用工具も簡単に手に入れられるのです。
このような道具と部品さえあれば、手先の器用な人ならiPhoneの修理が可能な状況と言えます。
それではアップルストアを利用するメリットはないのでしょうか。
iPhoneに限らず、アップルではAppleCareと言う保険制度を採用しています。
万が一の修理の際に費用が安くなるような制度です。
もちろん、これは他の業者では利用できませんから、AppleCareに加入している人はアップルストアを利用するでしょう。
インターネットで検索するとたくさんの修理業者があり、どこを選べばいいのか迷ってしまうことになります。
中には品質に問題がある業者もいるはずです。
そのような無用な心配をするよりもアップルストアの方が安心できると思う人は少なくありません。
いずれにしても、どの業者に修理を依頼するかは自分で決めなければなりませんが、壊れないような使い方をすることが一番でしょう。

iPhoneのバッテリー交換

頑丈な作りのiPhoneの修理で一番多いケースはバッテリー交換でしょう。
厳密な意味での修理ではありませんが、ユーザーが自分ではできないiPhoneですから修理対応となるのです。
バッテリーがどれくらい持つかは使い方によって大きく異なりますが、一般的には2年と言われています。
そのまま使い続けるとすぐにバッテリー切れになりますし、少しずつ膨らんできます。
iPhoneとして使用できなくなるのです。
ただ、新機種への乗り換えの際にオプションとしてバッテリー交換が1回までは無料となる制度もありますから、ほとんどの人が活用していることでしょう。
しかし、インターネットでiPhoneの修理業者のサイトを見ると、ガラスの割れとバッテリー交換が修理の大半を占めていることがわかります。
適切なタイミングでバッテリー交換をしていないのでしょう。
実際にiPhoneを使用している人の多くは端末のハードウェアのことをほとんど知りません。
動いている画面を見るだけなのです。
もちろん、iPhoneのコンセプトが誰にでも簡単に使えることを基本としているため、当然のことと言えるでしょう。
つまり、バッテリー交換の意味さえ理解する必要はなく、iPhoneを使ってどのような情報をやり取りするかが重要なのです。
この視点に立てば、修理業者が日本中のユーザーに対応しようとすることは当然でしょう。
眼かのことがわからないのですから、修理業者にすべてを任せるのです。
そのための費用はかかりますが、必要経費と割り切っていることでしょう。

iPhoneの液晶交換

iPhoneを硬い地面に落としてしまうと表面にひびが入ります。
保護用のガラスだけで済めばいいのですが、その下の液晶画面まで損傷を受けることも少なくありません。
もちろん、iPhoneの修理依頼をすれば液晶全体を交換することができます。
ただ、注意しなければならないのはタッチパネルの部分も損傷しており、壊れた時の状態を保存できないことです。
結論としてはあきらめるしかありません。
iPhoneの構造はシンプルですから、組み立てることもバラバラにすることも比較的簡単です。
もちろん、専用の工具が必要となりますが、インターネットで宣伝をしている業者は多くの工具を取り揃えていて、使い方も十分理解しています。
つまり、工具さえあれば誰にでも液晶交換が可能と言うことです。
もちろん、一般の人が修理をすることは何のメリットもないため、修理業者に依頼するのです。
iPhoneを購入した時に表面の保護カバーを同時に購入して貼り付けてもらう人が少なくありませんが、それだけでは十分な保護ができないのでしょう。
液晶画面が破損するのは高いところから落としたり踏みつけたりするパターンです。
落とすと言うことはそのような状況を作っているのであり、踏みつけることも同じです。
つまり、使用する時、収納する時に注意しておけばかなりの確率で予防することが可能です。
ただ、現実としては多くの修理業者がいることを考えると、破損させる人が多いと考えていいでしょう。
現代のiPhoneは大切に扱うのではなく、投げたり落としたりするボールのような道具となっています。

iPhoneの修理内容

インターネットでiPhoneの修理を検索して見るとわかるのですが、たくさんの修理業者があります。
全国展開している業者もたくさんいます。
それだけの需要があると考えていいでしょう。
それでは具体的な修理内容はどうなっているでしょうか。
iPhoneは壊れやすいのでしょうか。
実は修理の大半はバッテリー交換と表面パネルの交換です。
バッテリーは一定期間が経てば寿命ですから避けられないとしても、表面パネルは落としたり何かの下敷きになったりしなければ壊れません。
つまり、使い方に問題があると言えるでしょう。
iPhoneの生みの親であるジョブスが、iPhoneを手にして初めにやったのは水の中に落としたことです。
つまり、iPhoneは水に入れても壊れず、一度落としたりしたくらいでは壊れない商品なのです。
このコンセプトはiPhoneだけではなくスマートフォン全体に広がっており、ユーザーは平気で落としてしまうのです。
ただ、いつも無傷なわけはなく、修理が必要となるのでしょう。
つまり、修理の費用を抑えたいと考えているなら取り扱い方に注意すればいいだけです。
それだけの耐久性を持っています。
現実には多くの人が修理依頼をしていますが、どのような使い方をしているでしょうか。
いつもカバンに入れて大事にしているなら修理のことなど考えなくていいでしょう。
インターネットで検索すると修理の方法はたくさんヒットしますが、これ内容にする情報は多くないのです。
これも時代の流れであり、iPhoneの修理は必要だと考えておくべきです。

iPhoneの修理専門店

iPhoneの修理を専門的に行っている業者がたくさんありますが、元々はスマートフォンの販売店やオプション、パーツの販売店だったところが少なくありません。
修理だけで営業的に成り立つためには、iPhoneに関する知識と技術を持たなければならないからです。
もちろん、修理のポイントをしっかりと押さえておけば、アップルストアと同じレベルで作業を行うことができるでしょう。
時間を短くすることも可能です。
インターネットで修理専門店を検索すると一つの店舗ではなく、広い地域をカバーしている業者が少なくありません。
iPhoneが小さいため、店舗の作業場所も狭くても十分ですから、起業することが難しくないのでしょう。
もちろん、店舗を増やすためにはスタッフを増やさなければなりませんし、修理品質を落とすことはできません。
iPhoneを知っているだけではなく、経営者としての視点を持っておくことが重要でしょう。
修理を依頼する方としては、どのような業者を選べばいいかを考えましょう。
どこでも同じだと思っているなら、それは間違いですし、高い修理代を請求されることになります。
iPhoneの修理が必要になった時に、修理代と時間のどちらを優先するかによって、選ぶ業者が変わってくるでしょう。
まだ、修理は必要ないとしても早めに業者を選んでおくことをおすすめします。
その際にはアップルストアも選択肢に入れておかなければなりません。
意外とスムーズに修理してくれるケースもあるからです。
壊れてしまってから、慌てて探すことが一番悪いパターンでしょう。

iPhoneの修理相場

iPhoneが壊れた時の修理代金はどれくらいでしょうか。
一般の業者によって変わりますが、目安としてはアップルストアを参考にするといいでしょう。
アップルストアの場合、部品交換は純正品ですから、割高になるケースが少なくありません。
しかし、作業内容が明確にわかっていますから、修理代金が変わることはないでしょう。
修理業者の品質も高くなっており、修理後に問題が発生することはないと考えていいでしょう。
アップルストアの修理相場の例を見てみましょう。
アップルストアの場合は一種の保険制度であるAppleCareに入っているかどうかで大きく異なります。
画面損傷では3,400円と16,800円となり5倍近い価格差となります。
画面損傷以外の修理は具体的な症状によって大きく異なります。
例えば、電源が入らない場合、バッテリー交換で済むのか、内部に異常があるのかを判断しなければなりません。
電源は入っても操作ができない場合はさらに詳しく調べなければなりません。
もちろん、iPhoneの機種によっても価格は異なりますから、自分が所有している機種の修理費用を確認しておくことが大切です。
一般の修理業者に依頼する場合も多いですが、相場を知っておけばすぐに修理してもらうかどうかを判断できるでしょう。
一般の業者のサイトをチェックしてみると、バッテリー交換、液晶交換、保護ガラス交換などの費用が掲載されていますが、そこまで原因を絞り込むために時間がかかるケースもあります。
その場合は調査料金がかかる業者もありますから、事前に確認しておかなければなりません。

iPhoneの修理と保証

iPhoneはアップルが製造販売しているスマートフォンですが、その修理はアップルだけに限定されているわけではありません。
ただ、一般の業者に修理を依頼しても確実に修理できるかは信用するしかありません。
業者の方が安いと思う人が少なくありませんから、近所の業者に持ち込んでしまうのです。
ただ、iPhoneに限らず一般のスマートフォンでもメーカーによっては保証制度を充実させています。
また、携帯会社も独自にサポートプログラムを提供するケースがあります。
毎月の支払いにオプションとして追加することによって、修理が必要になった時に格安で修理を受けることができるプログラムです。
また、修理までの間は代替機を借りることもできますから、当面の生活には支障がありません。
内部のデータについては残念ながら保証されることはありません。
消えていなければ運が良かったと思わなければなりません。
パソコンなどと同じ考えで、定期的なバックアップが唯一の対策と言えるでしょう。
iPhoneだけではなく、スマートフォンを毎日使っている人がほとんどという時代になりました。
予想しないタイミングで故障してしまうリスクが高いことを考えれば、保証制度を利用すべきなのかもしれません。
ただ、内部に重要なデータを入れないようにすることも重要です。
万一、紛失したとしても問題がないような使い方をしなければなりません。
また、修理をする場合も症状が軽い時に早めに依頼しておけば、短時間で修理が終わることでしょう。

iPhoneの修理のメリット

毎日iPhoneを使っていると、ちょっとした弾みで落としてしまうことが少なくありません。
状況によっては修理を依頼しなければならないでしょう。
ただ、表面に傷やひびが入ったくらいでは多くの人は修理をしようとしません。
そうするのに支障がないですし、修理の費用がもったいないと思うからでしょう。
しかし、ひびが入ったままで使い続けると、さらに状況は悪くなっていきます。
そして、とうとう使えなくなってから修理を依頼するのです。
小さな傷であれば短時間で修理できたはずですが、動かなくなってしまうとその原因究明から始めなければなりません。
余計に修理費用がかかるのです。
修理を早めにすることのメリットをもう一度考え直してみましょう。
iPhoneを購入時にサポートプログラムであるAppleCareに加入しておけば、毎月の支払いが発生しますが、修理費用は割安になります。
合計してみればAppleCareの方が安くなるはずです。
もちろん、故障した時の状況が事前にわかるわけではありませんが、どのような修理が多いのかはインターネットで検索してみるとすぐにわかります。
表面のガラス、液晶、ボタン、バッテリーなどの部位がほとんどです。
最近のiPhoneは水没事故でも影響を受けにくくなっていますが、以前に落下させているとパネルが歪んで隙間ができていることが多いのです。
内部まで水が侵入して、高額な修理費用となってしまうことが予想されます。
このように考えれば早めの修理の大きなメリットは間違いありません。

iPhoneのガラス交換

iPhoneの修理で一番多いのは表面のガラスの交換でしょう。
手に持っていて、地面に落としてしまいガラスが割れてしまうのです。
もちろん、最近のiPhoneは頑丈にできていますから、ガラスが割れてもある程度までは使用可能です。
そのため、修理をせずにその状態のままで使い続ける人が少なくありません。
だんだんと使えなくなってきて、どうしようもなくなってからやっと修理の依頼をするのです。
ガラスが割れていますから、表面のフィルムも交換しなければなりませんし、ひどい場合は液晶パネルを交換することになります。
修理費用はどんどん高くなっていくのです。
一般の修理業者に依頼してもガラスの交換で済むなら、5,000円もかかりませんが、液晶パネルまでとなると2万円も近くになるでしょう。
iPhoneだけではありませんが、症状が軽いうちに修理をすることをおすすめします。
もちろん、落として壊れないように取り扱うことが一番ですが、どうしても避けられない場合もあるでしょう。
壊れてから修理費用を確認するのではなく、事前に確認しておけば、落とした時の修理費用がわかりますから、大事に取り扱うようになるのではないでしょうか。
特に高校生などの子どもにiPhoneを持たせているなら、そのことをしっかりと説明してください。
そして修理が必要になったら自分で払うように言っておきましょう。
きっと落とさないように注意してくれるはずです。
ガラス交換と液晶交換の場合で修理費用の差を教えておくべきです。

iPhoneの修理の種類

毎日使っているiPhoneの修理が必要になった時にどのような方法で修理を依頼するでしょうか。
その種類は三つあり、アップルストアやアップル配送センターでの完全に正規の修理、アップルが認定した正規サービスプロバイダでの修理、そして一般の修理業者による修理です。
ここで気になるのはどこに依頼した方が短時間で低価格で修理できるかでしょう。
もちろん、壊れ方によって費用は変わってきますから一概に決めることは難しいはずです。
また、ちょっとした修理なら無料で時間がかかりそうなら有料になるケースもあるでしょう。
個人的に判断することは難しいですから、業者に見てもらうことになるでしょう。
これはアップルの製品だからこそ気になることであり、androidであればどこで修理しても同じです。
費用が安くなる業者を選べばいいだけなのです。
iPhoneが現代のスマートフォンの広がりを作ったのですから、iPhoneだけが特別なことは仕方ないのかもしれません。
現代でも多くのユーザーがいるiPhoneです。
祖の修理業者の数が減少することはありません。
つまり、これからも選択肢が増えていく可能性もあるのでしょう。
もちろん、修理を依頼しなくて済むような使い方をするのが一番ですから、どのようにすれば壊れるかをチェックしておかなければなりません。
夏場の熱いところ、湿気の多いところ、簡単に落としてしまうことなどに注意しましょう。
そうすれば、初期不良以外の修理が必要になる頃は寿命と考えていいはずです。

iPhoneの修理の手数料

iPhoneの修理には部品代の他に手数料がかかります。
これは一般のパソコンや家電製品と同じですから、当たり前と考えなければなりません。
ただ、修理をしてくれる業者が増えてきましたから、できるだけ安いところに依頼したいと思うでしょう。
実際のところ、業者がどれくらいの手数料を見込んでいるかはわかりません。
ただ、保護ガラスの交換の費用全体で比べてみることをおすすめします。
アップルストア、正規サポートプロバイダー、一般の修理業者などの修理費用をチェックするのです。
もちろん、ほとんど変わらない場合もありますが、業者によって差があるでしょう。
使用する部品は完全に純正品でなくても使用可能です。
このような修理の流れができるのはiPhoneが世界中で使用されているからかもしれません。
中国などでは純正品と同じものがたくさん出回っています。
部品を安く入手できれば、必然的に修理費用は安くなります。
利益となる手数料を確保できるでしょう。
多くの修理業者がいますが、どこを選べばいいかは難しいところです。
手数料が高くても信頼できる修理をやってくれる業者を選ぶことをおすすめします。
修理をしてもまたすぐに壊れてしまうのであれば意味がないからです。
ただ、近年のスマートフォンの品質は高くなっており、構造的にも耐久性が高くなりました。
構造をシンプルにすることで胎教性を保つと同時に修理も簡単になっているのです。
これからも修理業者は増加していくことでしょう。

iPhoneの水没と修理

iPhoneを水没させてしまう人は少なくありません。
スマホが非常に身近な道具になりましたから、水があるところでも使っているからです。
しかし、iPhoneの性能が高くなったため、短時間の水没なら修理をする必要もないでしょう。
そのため、ユーザーは安心してみずの近くで使い続けるのです。
性能が高くなった分だけ修理の件数が増加していると考えられます。
メーカーにとってはそれが新たな収入源となるのですから、悪いことではありませんが、ユーザーにとってはどうなのでしょうか。
このようなことを深く考えてiPhoneを使っている人はほとんどいません。
特に若い高校生などは壊れた時の修理費用など頭にないはずです。
物を大切にしないと言うことではなく、いろいろな扱い方をしても壊れない装置なのだと言うことです。
すでに体の一部になっているのかもしれません。
しかし、落として打ち所が悪ければ、高額な修理費用を払わなければなりません。
それがもったいないため修理をしないと言う人はいません。
iPhoneがなければ生活ができないと考えてしまうのでしょう。
もちろん、電話がなくても生活はできるはずですが、iPhoneは生活の一部であり、時計を持たずに生活するような気分なのです。
水没する危険性を考慮して使用することが一番簡単な解決策です。
修理費用が高くても壊さなければいいからです。
これまでの使い方を振り返ってみて、危ない状況があったと思うならこれからはもっと大切に取り扱いましょう。
メールを読んだり、LINEをしたりするだけでは壊れません。

iPhoneの機種と修理内容

iPhoneを使っていない人にはどれも同じように見えるかもしれませんが、実際にはいくつものバージョンがあります。
もちろん、iPhoneの新しいバージョンが登場すれば古い機種は製造中止となります。
ただ修理は受け付けられますし、その費用もあまり変わりません。
新しい機種ほど、衝撃や水没に対して耐久性が高くなっていますから、修理が必要になる状況も減少することでしょう。
古い機種を使っているなら、修理をせずに新しい機種への交換を検討してみてはどうでしょうか。
もちろん、今の機種を何年間使用してきたかによって必要な代金は変わりますが、修理費用の方が高くなってしまうケースも少なくありません。
メーカーであるアップルとしても、どんどん最新機種に入れ替えてほしいと思っているはずです。
古い機種を使っている人が減らない限り、サポートを打ち切ることができないからです。
iPhoneやandroidは常に進化しており、数年で新しい機能が追加されます。
新品の単価は高くなりますが、その分だけの利用価値があると多くの人は感じています。
ちょっとした軽い修理であれば、早めにやっておくべきでしょうが、重症であれば細かく計算しておきましょう。
販売店に持っていけば、その説明を受けることになるかもしれません。
ただ、iPhoneの修理は一般の販売店では対応できませんから、正確な費用も提示できません。
調子が悪くなってきたと感じるなら、機種変更を検討してください。
若い人はすぐに新しい機種を購入したくなるようですが、中高年はいつまでも同じ機種を使い続けています。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 05.12

    激安自転車

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ