ピアノ買い取りについてのいろんな情報

  • ピアノ買い取りについてのいろんな情報 はコメントを受け付けていません。

この記事は15分で読めます

初めてのピアノ売却で注意すべきこと

ピアノ売却をする際に、すぐにピアノ業者に売ってしまっては損をしてしまう可能性があります。
初めてピアノ売却を考えている人は、特に注意してください。

スポンサードリンク

ピアノに限ったことではないですが、何かものを売る際には、相場を知ることが大切です。
自分の売ろうとしているものの価値が分かってこそ、良い値段で売ることができます。

ピアノ買取業者はたくさんいますし、中には儲けだけを考えて、安値で買い叩こうとしてくるところも、ないわけではありません。
最近ではネットで査定見積もりなどもできるので、まずはいろいろと調べてみましょう。

ただし、ネット査定で注意すべきこともあります。
たとえば、買取費用以外でかかるお金です。

査定見積もりを申し込むと、業者が自宅までやってきてピアノを見てくれます。
業者の中には、その際に出張費を要求してくるところがあります。
そういった業者は査定をする前に、まず出張費を取ろうとするところが多いようです。
査定する前に出張費を要求されれば、あまり良い気持ちはしませんよね。

また、ネットでの見積もりは相場よりも高かったのに、実際に査定してもらうと、どんどん買取価格が下がるというところも珍しくありません。
「ここにキズがついている」「調整がちゃんとなっていない」などなど、いろいろとケチをつけて値段を下げようとしてくるところもあるので気をつけましょう。

大切なピアノですから、信頼できる業者に頼みたいものです。
比較検討するためには、ピアノ売却の一括査定サイトなどを利用してみるのもいいでしょう。

ピアノ売却する前に

ピアノ売却にあたって、まず重要なのが「しっかりと相場価格を知っておく」ということです。
これが分からないと、買取業者に安く買い叩かれてしまう可能性が出てきます。
中にはいろいろな手口で安く買い取ろうとする業者もいるので、注意が必要です。

しっかりとした相場価格を知るためには、複数の業者に査定してもらうのが一番です。
その中で、妙に安いところ、逆に妙に高いところには注意しましょう。

「高ければいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、そういったところは見積もりでは高い金額を出して、実際の査定で値段を下げてくるところが多いものです。
また、出張費などといって、別にお金を取るところもあります。

ピアノは安いものではありませんが、特にスタインウェイ、ベヒシュタインといった高級なピアノを売ろうとしている場合には、かなり買取価格に差が出てくることが予想されます。
そのため、できるだけ複数の業者に見てもらうようにしましょう。

大体の買取価格は、ネット上で簡単に調べることができます。
時期によって価格が変動することはありますが、一括査定サイトでメーカーや品番、状態などを入力すると、大まかな価格を知ることができます。

実際にピアノ売却するときには、きちんとキレイにしておきましょう。
掃除をしておくのはもちろんのこと、付属品や説明書などもしっかりと用意しておきます。
ただし、わざわざお金を支払ってまで修理したり、調律したりする必要はありません。
その分が査定に影響されるわけではないので、ムダな出費は避けた方が賢明です。

使わなくなったピアノについて

みなさんの中に、ずっと使わなくなったピアノが家に置いてあるという方はいませんか?
または、ピアノが壊れてしまってどうしたらいいか分からず、家の中に放置したままになっているという人もいるかもしれません。
そういった使わなくなったピアノは、どう処分すればいいのでしょうか。

まず考えられるのが、壊れている場合には修理を試みるということです。
楽器店などに電話して、ピアノが直せるかどうか見てもらいましょう。
しかし、見てもらった結果、修理ができないということもあります。
修理が不可能な場合は、買取業者に見てもらうという方法があります。

ピアノ売却に関わっている買取業者に査定してもらうと、場合によっては買い取ってもらえることもあります。
買い取ってもらうことはできなくても、無料で引き取ってもらえることがあるので、試してみる価値は十分にあります。

ただし、買取業者によっては、査定に来たときに出張費や引取費用を取ろうとするところもあるので注意が必要です。
無料で見てもらえるかどうかを、きちんと確認しておいた方がいいでしょう。

ピアノ売却ができないと、こちらからお金を支払って引き取ってもらうことがほとんどです。
それが嫌で、結局家に置いたままという人もいるでしょう。

とにかく無料で処分したいという時には、市や町、公共施設などに無料で引き取ってもらえるかどうかを聞いてみましょう。
多少壊れていても、まだまだ十分に使えるようなら無料で引き取ってもらえることもあります。

ピアノを売る前に

これからピアノ売却を考えている人へ、どうすればできるだけ高くピアノを売ることができるのか、いくつか参考になるアドバイスをご紹介します。

まず、基本的なことですが、買取業者に来てもらう前に、ピアノはキレイな状態にしておきましょう。
しっかりと掃除をしておき、汚れなどは落としておきましょう。
ホコリまみれのピアノだと、買取業者に悪い印象を与えてしまいます。

表面についているホコリは、柔らかい布やピアノ用の羽毛で払います。
あまり力を入れて拭こうとすると、キズが付いてしまうことがあるので注意しましょう。

鍵盤は、クロスや柔らかい布で拭き取ります。
汚れが目立つような場合には、水や石けん水を染みこませてから拭き取りましょう。
それから必ず乾いた布で拭いて下さい。
市販の洗剤を使うとヒビ割れの原因となることがあるため、できるだけ避けた方が無難です。

また、付属品がある場合は、それらも用意しておきましょう。
買い取られたピアノは、そのままリサイクルされることになるのがほとんどなので、ピアノにあった椅子やトップカバー、鍵盤の上に乗せる布などがあれば、それらも一緒に査定してもらいましょう。
必ずしも査定にプラスになるとは限りませんが、ないよりあるに越したことはありません。

そして、ピアノ売却の際にはできるだけ多くの買取業者に査定してもらうようにしましょう。
1社だけだと、その買取価格が一般的な相場より高いのか安いのかを判断することができません。
複数の業者に査定の見積もりをしてもらい、その中から条件のいいところを選びましょう。

ピアノの種類について

これからピアノを買おうと考えている人へ、意外と知られていないピアノに関する知識をいくつかご紹介します。
ぜひピアノ購入の参考にしてください。

まず、ピアノの種類です。
ピアノは大きく3種類に分けることができます。

1つ目が「アップライトピアノ」です。
家庭や学校などで広く使われており、もっとも一般的なピアノといえるでしょう。
また、スペースを取らず、グランドピアノよりも安いというメリットがあります。
ただし、本格的なクラシックを演奏するという場合には、表現力が物足りないというデメリットがあります。

2つ目が「グランドピアノ」です。
いわゆるピアノというと、こちらをイメージする人が多いでしょう。
高度な演奏技術にも十分に耐えられ、音質や響きも申し分ありません。
しかし、アップライトピアノと比べて置き場所を取るため、狭い住宅では置けないこともあります。
また、値段も高価で、調律や調整の費用も馬鹿になりません。

そして、3つ目が「電子ピアノ」です。
こちらはアコースティックピアノとはまったく構造が異なり、スピーカーから音が出ます。
コンパクトで移動しやすく、調律の必要もありません。
また、音量を調整できたり、ヘッドフォンで音を聴くこともできます。
もちろん、タッチは本物とだいぶ異なります。

また、ピアノの寿命は種類によっても大きく異なります。
最も広く使われているアップライトピアノの場合、きちんと調律や調整をしておけば40?50年はもつといわれています。

そして購入の際には、ピアノ売却についても考えておくといいでしょう。
ピアノ売却の際には付属品が必要となることがあるので、購入した時についてきたものはきちんと保存しておくことをおすすめします。

アップライトピアノを高く売るには

家で使わなくなったアップライトピアノを売ろうと考えている人はいないでしょうか。
ピアノを高く売るにはいくつかのコツがあり、何も知らないままピアノ売却をしてしまうと、損をしてしまうこともあります。

たとえば、ネットで検索してみると、ピアノの相場価格を知ることができます。
しかし、よく見みてみると「状態によって価格が変わる」といった注意書きがあります。
そのため、ほとんどの場合においてその価格までは届かないと思っていいでしょう。

キズがある、調整がきちんとできてないなどと悪い点を指摘され、査定額がどんどん下がっていくことがほとんどです。
そのため、ネット上にある金額をそのまま信用しない方がいいといえます。

できるだけ高くピアノ売却したいのなら、多くの買取業者に査定してもらうことが重要です。
売る前に、ピアノの型番、製造番号、エレベーターで運び出せることがどうかという情報を調べておきましょう。
エレベーターが小さくてピアノを乗せることができない場合はクレーンなどを使う必要があるため、運送費用がかかることがあります。

また、最近ではピアノ買取の一括査定サイトもあります。
こうしたサービスを利用すると、簡単に複数の買取業者に査定見積もりを出すことができます。

一括査定すると分かるのですが、査定額は買取業者によって大きく異なります。
一般的なアップライトピアノでも、20万円近く買取価格が違うことも珍しくありません。

もっと高く売れることができたのに、と後悔しないように、あらかじめ複数の買取業者に査定してもらうことをおすすめします。

ピアノ買取の悪徳業者とは

最近、ピアノ買取業者の数が増えてきているようです。
数が増えてくるとさまざまな業者が出てきて、その中にはあまり評判がよくないところもあります。
ひどいところだと、いわゆる悪徳業者と呼ばれるところもあります。

悪徳業者に騙されないためには、いくつか知っておいた方がいいことがあります。

買取業者にも種類があり、たとえば車やバイクの買取査定だと、まずネットや電話で査定をして、それから実際に車やバイクを見て、査定額を決めます。
車やバイクは、扱い方によって状態が異なることが多いためです。
事故歴があったりすると、当然査定額が下がってしまいます。

しかし、ピアノ売却だと、ネットで査定した額のまま買い取られるケースが多いようです。
ピアノの現物を見ずに、そのまま買い取ってしまうことも少なくありません。
これはピアノが車やバイクと違い、よほどのことがない限り、大きなキズなどがつきにくいためです。

大体は一度決めた置き場所にずっと置いておくことになるので、普通に使っている限り、物理的に損傷することはまずありません。
そのため、ピアノの買取価格はメーカーや製造番号でほとんど決まります。

しかし、買取業者の中には、もっともらしいことをいって、買取価格を下げようとしてくるところがあります。
「このキズは修理が必要」「色が少しあせている」などといって査定額を下げてきます。

こういった業者は、ネットでの見積もりは高いことが多いようです。
しかし、実際に買取段階になると、いろいろとケチをつけて他よりも安くなることが少なくありません。
ピアノ売却の際には、こういった業者に注意しましょう。

ピアノ売却の際にかかる運搬料

複数のピアノ買取業者に見積もりを出してみるとよく分かるのですが、ピアノの買取価格は、業者によってかなり変わってきます。
そのため、できるだけ多くの見積もりを取り、その中から条件のいいところ、高く買い取ってくれるところにピアノ売却するのが、高くピアノを売るためのコツです。

そこで、注意すべきことがいくつかあります。
まず、経費についてです。

いろいろな業者に見積もりを出してもらい、実際にピアノ売却となったときに、さまざまな経費がかかることがあります。
かかる経費の金額によっては、他のところで売った方が高く売れたというのもよくあることです。

経費として挙げられる主なものには、運搬料があります。
運搬料がどのくらいかかるのかというのは、その業者によって異なります。
中にはあらかじめ買取価格に含まれていて、別途運搬料はかからないところもあります。

こういった運搬料は、部屋が何階にあるのか、どういった立地条件なのか、そしてエレベーターの有無などによって変わってきます。

また、業者によってはわざと買取価格を高くしておき、そこから高額の運搬料を取るところがあります。
そうすると、当然もらえる金額が少なくなります。

場合によっては、買取価格よりも運搬料の方が高くなり、逆にお金を支払うことになったケースもあるようです。

ピアノ売却の際に運搬料がかかると言われた時には、どういう場合に、いくらくらいの運搬料がかかるのかを、あらかじめしっかりと確認しておきましょう。

古いピアノの売却について

ピアノ買取業者の中には悪徳な業者もいるため、これからピアノ売却を検討している人は、十分な注意が必要です。

一般的に、買ってから30年以上経っている古いピアノは、買取価格がつかないことがほとんどです。
これは状態の良し悪しはあまり関係なく、よほど貴重なピアノでない限り、まず買取価格がつかないと考えていいでしょう。
しかし、もう使わなくなったピアノをずっと家に置いておくとスペースを取りますし、無料でもいいから引き取ってもらいたいと考える人も多いのではないでしょうか。

ピアノ買取業者は、ピアノを買い取って再び売ることで儲けを得ます。
そのため、あまりに古いピアノは売りようがなく、処分するしかないため、買取をしてくれません。

しかしながら、そういったピアノでも買い取ってくれる業者もいます。
こういった業者は、売ることができるしっかりとしたルートを持っていたり、自社工場で修理することで利益を得ます。
そのため、古いピアノでも買取をしてくれるのです。

しかし、中にはどんなピアノでも買い取るといって、後から法外な引き取り料を取る業者もいます。
最初は相応な買取価格を提示してくるのですが、実際にピアノを見てからいろいろとケチをつけてきて、結局法外な処分料を取るのです。
こうなると買い取ってもらうどころか、費用も高くつくことになるので損をしてしまいます。

古いピアノ売却の際は、きちんと買い取ってもらえるのか、または無料で引き取ってもらえるのかを確認しておきましょう。

ピアノ買取の無料査定に注意

他のジャンルでもそうですが、ピアノ買取業者の中にもさまざまな悪徳業者がいます。
事前に査定額や経費について確認しておけば、こういった悪徳業者にも引っかからないと思いがちですが、手口も巧妙化しているのでピアノ売却を検討する際には注意を怠れません。

悪徳なピアノ買取業者が使う手口として、出張査定や見積もりでのお金の請求があります。
一般的に、ピアノの買取査定は無料で行えるものがほとんどです。
サイトなどを見ても「無料査定」と書いてあるところが大半です。

また、車などの査定の場合は電話やネットでまず事前見積もりを行い、実際に車を見てもらって査定してもらうという流れがほとんどです。
車の場合はキズがつくことも多いですし、それによって査定額が上下することも多々あります。

しかし、ピアノの場合、そこまでキズがつくものではないので、実際に現物を見ずに、そのまま買取となることが多いようです。
けれども、こういったケースだと後々トラブルが発生することも多いので、やはり実際に見てもらい査定してもらった方が安心です。

ここで注意したいのが「査定費」です。
悪徳な業者になると「出張査定費は無料だけれども、交通費や人件費はかかります」というところがあります。
また、事前の査定額よりもかなり低い金額を提示してきて、これでピアノを売却してもらえないなら交通費を取りますというところもあります。

そのため、ピアノ売却の出張査定を頼む場合は、査定費だけでなく、他の費用もすべて無料なのかどうか確認しておくことが大切です。

ピアノ売却の流れ

初めてピアノ売却をするという場合、以下のような流れになるので知っておくといいでしょう。

まずは売ろうとしているピアノの情報を調べておきます。
メーカーや機種、年代などは査定の際に必要になるので、買取業者へ連絡する前に調べておきます。
こういった情報は、メーカーによってチェックの方法が異なるので注意してください。
機種番号や製造番号は、ほとんどの場合、ピアノのフタを開けると分かるようになっています。

ピアノの情報が分かったら、今度は買取業者に連絡をします。
依頼は電話でも大丈夫ですし、最近ではほとんどの業者がネットから依頼できるようになっています。
ここでピアノの情報が必要になるので、メモを用意しておきましょう。

業者は1社ではなく、複数社に頼んだ方がいいでしょう。
ピアノの査定額は幅がありますし、業者によってかかる経費も異なります。

査定金額は高いけれど、費用を差し引くと、もらえるお金はそうでもなかったということも少なくありません。
どういった費用がかかるのかという点は、しっかり確認しておく必要があります。

どこに売るかが決まり、買取の予約をすると、今度は買取契約書が業者から送られてきます。
これに必要事項を記入し、捺印します。

これにより契約が完了すると、予約した日にピアノ買取業者がやってきます。
すべて専門のスタッフが行ってくれるので、運搬を手伝ったりする必要はありません。
玄関を通らないような場合は、クレーンなどを使って運搬してくれます。

ピアノ売却が完了すると、お金は指定口座に振り込まれることが一般的です。
業者の中には、運び出す際にそのまま現金で支払ってくれるところもあります。
一刻も早く現金を手にしたい場合は、支払い方法もあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

ピアノ売却の前に調べておくべき情報

これからピアノ売却するために、あらかじめチェックしておくべき情報があります。
電話やネットで申し込む際にもこの情報が必要になるので、査定を依頼する前にしっかりと確認しておきましょう。

ピアノ売却の際に必ず聞かれる情報は「製造メーカー」「製造番号」「ペダルの本数」の3点です。
この他に何を聞かれるかは、買取業者によって異なります。

メーター名は、そのピアノを作っているメーカーの名前です。
一般的に有名なメーカーほど評価が高くなり、人気があります。
もちろん、どんなメーカーのピアノでも買取は可能ですが、マイナーなものになると査定額の相場が安くなることが多いようです。

国内メーカーだと「カワイ」や「ヤマハ」、海外のメーカーでは「ベーゼンドルファー」や「スタインウェイ」などが高値になりやすいとされています。

次に製造番号ですが、これはピアノのフタを開けると確認できます。
製造番号というのはピアノの身分証明書のようなもので、これにより、そのピアノのグレードや製造された年代、モデルなど、さまざまな情報が分かるようになっています。

それからペダルの本数です。
ピアノには、2本か3本のペダルがついているのが普通です。
この数によっても、査定額が上下することになります。

ピアノ売却の際には、上記の3つの情報は必ず使うことになるので、申し込みをする前にきちんと調べてメモしておき、いざ申し込むとなったときに慌てないようにしましょう。
そうすることで、スムーズに査定を進めることができます。

デジタルピアノも売却できる?

自宅に使わなくなったデジタルピアノはありませんか。
ピアノは幅をとるものですから、使わないのなら思い切って売ってしまうというのもアリでしょう。
ピアノ売却にはいくつかコツがあるので、ぜひ知っておいてください。

グランドピアノやアップライトピアノなら、それほど壊れていなければピアノ買取業者に買い取ってもらえることがほとんどです。
ピアノはそれほどキズがつくようなものではありませんし、毎日しっかり手入れをしているという人も多いので、年数が経っていても大抵の場合は売れるようです。

しかし、デジタルピアノだと買い取ってもらえないだろうと思い、粗大ゴミとして捨ててしまう人がいます。
実はデジタルピアノであっても、買取の見積もりを出してくれる業者がいます。

ネットを見ると、デジタルピアノの買取をしている業者は少なくありません。
ゴミとして処分するのにもお金がかかるのですから、ダメ元で査定してもらうことをおすすめします。

ピアノ買取業者へ連絡をとると、まずは電話やネット上で簡易的な見積もりが行われます。
そして、業者によっては直接査定に来てくれます。
ピアノは壊れることも少ないので、だいたい最初の見積もり通りの価格で買い取ってもらえます。

また、ピアノ売却の際は、複数の業者に見てもらうことをおすすめします。
買取価格は業者によって異なりますし、出張費や運搬料もその業者によって、無料だったり有料だったりします。
あらかじめそういった点をよく確認しておきましょう。

中古ピアノという選択肢

楽器の中でもピアノは高価なものです。
そのため新品ではなかなか手が届かないこともあり、中古を選ぶという人も少なくありません。
また、同じ値段ならワンランク上の中古の方が品質がいいと考える人も多いようです。

そのため、人気のあるピアノは中古でも高値になることが珍しくありません。
もしあなたがピアノ売却を視野に入れているなら、人気が高いピアノを買うことをおすすめします。
そうすれば、手放す時には高い値段でピアノ売却ができます。

現在、国内で作られているピアノは、海外に生産を委託していることがほとんどです。
そのため、昔国内で作られたピアノの方が高品質の場合があります。

たとえば、「東洋ピアノ」というメーカーが製造していた「フリッツクーラー」は1970年代にとても人気があったピアノで、現在でも質の高いピアノとして人気があります。
中古価格だと20万円から50万円と、非常にお手頃な値段です。

また、同時に注意して欲しいのが、いかに高品質だといっても時間が経過していれば劣化してしまうということです。
その一例として挙げられるのが、人気の高級メーカー「スタインウェイ」でしょう。

今、国内で出回っている中古のスタインウェイは、1950年以前に製造されたものが大半です。
そのため、いくら適切な環境で保管していても、さまざまな部分を交換する必要がでてきます。
さらに使い続ければ、交換する部品も増えてくるため、結局新品を買った方が安かったということもあります。

楽器を購入する場合は、そのときの値段だけでなく、そこからかかる費用なども計算に入れて選びましょう。

休眠ピアノの再生法

ピアノ売却の前に、ピアノの手入れをしておこう。
そう考える人も多いのではないでしょうか。

実は日本は、世界でも有数のピアノ所有国です。
国内で所有されているピアノの台数は、1,000万台になるといわれています。
単純計算でいくと、4世帯に1台はピアノを持っていることになります。
また、年間で新品が5万台、中古が2万台販売されています。

ただし、その分ずっと使われていない「休眠ピアノ」も少なくありません。
一説には、7割程度が休眠ピアノになっているともいわれています。
ピアノ売却を考えている人も、ずっとピアノを使っていなかったという人が多いのではないでしょうか。

休眠ピアノを再生させるためには、まず鍵盤を分解します。
ピアノ本体から鍵盤を外し、内部を分解してから掃除します。
ゴミやホコリなどを除去しましょう。

先ほど分解した鍵盤は、一つ一つ丁寧に研磨します。
きれいにした鍵盤を再び本体に戻します。
さらにピアノの表面についた細かいキズなどは、研磨や塗装などで補修しましょう。

また、ペダルは金属でできているので錆びてしまっていることが多いものです。
丁寧に研磨して、しっかりと錆を落としましょう。
外装は、ワックスを使ってツヤを出します。

以上の工程を踏めば、ほとんどの休眠ピアノを再生することができます。
ただし、調律やタッチ調整は素人が行うにはハードルが高いので、プロに任せましょう。

使わないままでいると、どんどん劣化してしまうので、放置せずに早めに売ることが大切です。
その方が高値で売却できる確率が高まります。

ピアノ売却の際はウソをつかない

車やバイクの買取の場合、事前に査定見積もりをして、実際に現物を見てもらってから査定額が決定します。
これは車やバイクが使い方によって、状態が大きく異なるからです。
実際に現物を見てもらい、査定額が下がるということもよくあります。

それに対してピアノ売却は、電話やネットで査定をして、そのまま引き渡すことがほとんどです。
つまり、現物を見ないまま引き取ってもらうことになります。
そのため、通常ピアノ売却では、事前の買取価格が下がるようなことはありません。
これはピアノが傷ついたり、壊れたりする可能性が低いからです。

ただし、業者の中には実際にピアノを見て、査定額を下げてくるところがあります。
こういったところには注意が必要です。

現物を見ずに査定額が決まるといっても、虚偽の報告をすることはおすすめできません。
たとえば、大きなキズがあるのにないと言ったり、害虫の被害にあってピアノが使えない状態にあるという場合は、正直に申告する必要があります。
また、水没や火災に遭った場合もきちんと申告しましょう。

もし虚偽の報告をした場合、買取そのものがキャンセルになることがあります。
その場合はキャンセル料をとられるので、必ず正確な状態を伝えましょう。

トラブルを防ぐためには、査定額が上下しないことを確認し、ありのままの状態を申告することが重要です。
これができないと安く買い叩かれてしまったり、買取そのものがなかったことになってしまうこともあり得ます。

ピアノの運送費について

ピアノ売却を考えている場合、諸々の費用についても正しく知っておいたほうが良いでしょう。
中でも気になるのは、運送費ではないでしょうか。
大きくて重量もあるグランドピアノなら当然個人ではなかなか運び出せませんし、部屋から運び出すだけでもひと苦労です。
また、個人の普通乗用車で運ぶことは不可能でしょう。

ピアノ売却の契約を結ぶと、予約した日に買取業者がピアノを引き取りに来ます。
通常、運送費は査定額の中に含まれています。
そのため、引き取りに来たときに別途費用が必要になることはありません。

ピアノ運送費は、その業者によって算出の仕方が異なります。
一般的にはピアノのサイズ、建物の種類、ピアノがある階数、エレベーターが使えるかどうかによって運送費が決まってきます。

もしトラックが敷地内に入れないような場合は、スタッフが手作業である程度の距離を運び出す必要があるため、運送費が高くなることがあります。
また、エレベーターが使えない時にはクレーンが必要となることがあり、こちらも運送費が高めになります。

具体的な例を出すと、一般家屋の1階から搬出する場合は、だいたい1万円が相場となります。
後からトラブルにならないためにも、運送内容はしっかりと確認しておく方がいいでしょう。

また、ピアノ買取業者によっては、自社のトラックを使うことで運送費を無料としているところもあります。
できるだけ高くピアノ売却したい場合は、そういった業者を探してみると良いでしょう。

ヤマハのピアノ買取について

使わなくなってしまったピアノは、思い切って売ってしまった方がいい場合が多いといえます。
部屋のスペースも広くなりますし、新たに大事にしてくれる人の手に渡ることになります。

しかし、ピアノ売却は人生でそう何度も経験することではありません。
初めての場合だと、どのようにすれば良いのか分からないことも多いでしょう。

楽器メーカーの大手「ヤマハ」では、ピアノ買取を行っています。
もし、あなたがヤマハのピアノ売却を考えているのなら、ヤマハに買い取ってもらうことをおすすめします。

ピアノ売却の査定申し込みは、電話やインターネットから行うことができます。
査定自体は無料です。
そこでメーカー名、品番・製造番号、状態などを伝えると、査定価格が決まります。
それほど大きなキズでなければ修理してくれるので、安心して任せることができます。

また、ここで出された査定額には、運送費用が含まれています。
そのため、実際に運び出す段階になって別途費用が必要になることはありません。
もしピアノがタンスなどの家具にはさまれていても、運送会社で動かしてくれるので、引き取りを手伝うこともありません。

買取が決まった際は買受契約書が交わされ、そこに書かれた金額での買取が保証されます。
ピアノの代金は、引き取りが終わってから1週間か10日後に振り込まれます。
できるだけ急ぐ場合は、その旨を伝えると要求に応えてくれることもあるようなので、事前に相談してみると良いでしょう。

買い取られたピアノは再び使えるように修理され、世界の子供たちの元へと渡っていきます。

できるだけ高くピアノを売るには

せっかく売るのなら、より高い値段でピアノ売却したいですね。
高い値段でピアノを売るには、どんなことがポイントになるのでしょうか。

まず多くの人が思い浮かべるのが、できるだけ多くの買取業者に査定をしてもらう、ということでしょう。
確かにたくさんのところに見てもらえば、その中で高く買い取ってくれるところが見つかるかもしれません。

しかし、一社ずつあたって査定見積もりを依頼するのは手間がかかりますし、同じことを何度も説明するのも面倒なものです。
いくら高く売るためとはいえ、ピアノ売却にそこまで時間はかけられないというのが実際のところでしょう。

そこでおすすめしたいのが、ピアノ買取の一括査定です。
一括査定を利用することで、より高値でピアノが売れる可能性がアップします。

一括査定をおすすめする理由は、他にもあります。
たくさんの業者に査定を依頼すると、中には悪徳業者が混ざっていることもあります。
そういった業者は、一見しただけでは判断することができません。
普通の業者だと思って契約を結んだものの、いざお金を受け取る段階でトラブルになったという声も聞きます。

一括査定に参加している業者は、一定の基準をクリアしたところばかりのため、そういった悪徳業者に当たる心配がありません。

また、業者同士も一括査定だということを理解しているため、他に負けないように最初から高値を出してくる場合が多いようです。
そのため、時間をかけて交渉をしなくても最高値を引き出すことができるのです。

高値で買い取ってくれる業者の見つけ方

家具の中でも、特に大きな場所を取るのがピアノです。
比較的場所を取らないアップライトピアノであっても、あるとないとでは空間の広さがだいぶ違ってきます。
しばらくピアノを使っていないのなら、ピアノ売却を検討するのもいいでしょう。

しかし、ピアノ買取業者もさまざまで、中には悪徳と呼ばれるようなひどい業者もいます。
実際に査定にやってきて、状態が悪いからといって二束三文で買い叩こうとする業者も少なくありません。
中には、買いとるどころか逆に処分費用を要求してくるところもあります。

どうすればピアノを高く買い取ってくれる業者を見つけることができるかというと、おすすめはネットを利用した一括査定です。
これにより、高くピアノ売却できたという声もよく聞かれます。

一括査定というのは、一度の入力で複数の業者に見積もり依頼を出すことができるシステムです。
一括査定に参加できるのは、そのサービスを提供するサイトが定める基準を満たしたところに限られるため、悪徳な業者が混ざっている心配もありません。

あなたがすることは、そこで査定依頼をして一番高く買い取ってくれる業者を選ぶだけです。
面と向かって交渉をする必要もなく、簡単に最高値でピアノ売却ができます。

ピアノの買取価格は幅があり、特にグランドピアノとなると、数万円から数十万円違うことも珍しくありません。
売ってしまってから「損をした!」とならないように、まずは一括査定を試してみてはいかがでしょうか。
思いがけない高値で買い取ってくれる業者が見つかるかもしれません。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 05.13

    膝の黒ずみ

  2. 2016 07.03

    夏バテに注意

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ