バーベキューコンロのオススメと基礎知識

この記事は6分で読めます

おすすめのバーベキューコンロ

キャンプでバーベキューをしている家族は多いのですが、このバーベキューコンロにはいろいろな種類があります。始めてキャンプに出かける時に、どれを購入すればいいか迷ってしまいませんか。そこでおすすめのコンロを紹介しましょう。もちろん、通販サイトにはたくさんのバーベキューコンロが掲載されています。

スポンサードリンク

まずはサイズです。人数によってサイズは変えなければなりません。しかし、一人で複数のバーベキューコンロを購入するのは大変でしょう。おすすめは低価格の簡易的なコンロです。燃料は別売りの炭を利用します。カセットコンロなどを利用するタイプもありますが、燃料代が無視できません。

ただ、購入した後で別のタイプを購入すればよかったと思う人は少なくありません。どうしても使ってみなければわからないことがたくさんあるからです。レンタルで使用してみてから、実際に購入すると言う方法もあります。重要なポイントとして大は小を兼ねないと言うことです。大きすぎるバーベキューコンロは燃料もたくさん必要です。家族だけの少人数では邪魔になってしまうのです。子どもを連れてキャンプに出かけてお父さんの良さをアピールしたいと思っても、反面教師になってしまうかもしれませんね。あまり深く考える必要はありません。バーベキューは適当に料理してもいいからです。ちゃんと肉が焼けていれば、屋外で食べる食事は美味しいものです。家族の楽しみのための道具にすぎません。

バーベキューコンロの特徴

バーベキューコンロはキャンプでは定番の道具です。多くの人が購入しているでしょう。特徴と言っても販売されている商品によってかなり違います。それがバーベキューコンロを選ぶ時の悩みとなります。

例えば、燃料として何を使うかです。炭火、カセットボンベ、LPガスなどサイズや規模に合わせて選ぶことが重要です。燃料やサイズは購入時に決めなければなりません。購入後に変更することはできないからです。おすすめのバーベキューコンロは炭火用でしょうか。一番安上がりです。小規模のバーベキューは簡単ですね。家族のキャンプにはぜひおすすめなのです。子どもたちも喜んで手伝ってくれるでしょう。炭火を使用するコンロの場合は火を着ける時に時間がかかります。これだけはどうしようもありませんが、みんなで協力すれば問題ありません。

日常の食事と違って、キャンプでのバーベキューは特別です。それは多くの人が感じていることでしょう。家族だけではなく、大勢でキャンプをする時も各自持ち寄ったコンロが大活躍です。バーベキューだけではなく焼きそばなどにも利用できます。オプションで鉄板が付属している商品があるのです。ただサイズは悩みどころです。大きすぎると持ち運びが大変ですが、小さすぎるとあまり役に立たないのです。いずれにしてもキャンプの楽しみの一つである食事の主役道具です。通販サイトなどにはたくさんのタイプのコンロがありますから、じっくりと品定めをしましょう。

バーベキューコンロと燃料

コンロを購入する時にはその燃料のことを考えておかなければなりません。つまり、バーベキューをすることばかり考えるのではなく、コンロの使い方を知ることでおおいしいバーベキューとなるのです。おすすめの燃料は時代とともに変わってきます。できるだけ安くて効率のよい燃料が求められるでしょう。しかし、それとバーベキューの味や自然へのやさしさは違います。自分がバーベキューに対してどう考えているかが重要でしょう。

あなたはバーベキューコンロを持っていますか。それはどんな目的で購入したのでしょう。家族で楽しいキャンプファイヤーを囲みたいなら、そのためのコンロが必要です。コンロの燃料は炭や固形燃料、ボンベなどいろいろなタイプがあります。どれを利用するかによって、コンロのタイプが決まるのです。安いバーベキューコロンを購入したとしても、燃料が高ければ結果的に高くつくのです。ただ、気を付けたいのはバーベキューの固形燃料は安いことです。つまり、固形燃料の違いは深く考える必要はありません。

家族でバーベキューを食べるのはどんな時でしょうか。その時に燃料は何を使いますか。炭火を利用する場合は簡単に火が着かないことが問題となります。ただ、バーベキューだけがキャンプのおすすめメニューではありません。うどんやカレーも定番です。バーベキューコンロは子供連れの家族のキャンプで使用すると考えている人が多いのですが、実際には熟年夫婦も使用します。利用方法が違うのです。

おすすめバーベキューコンロの価格

バーベキューコンロを購入する時にはインターネットなどで価格を調べてみるでしょう。すると、かなり価格にばらつきがあることがわかります。安いコンロがおすすめなのか、高いコンロでもいいのか、判断に迷うところですね。

バーベキューをどのような形でやるかによって、必要なサイズも変わってきます。人数を把握しましょう。家族だけの少人数であれば、お父さんが焼き手になる場合が多いでしょう。子どもたちは焼けていく肉の串を時々回す程度です。バーベキューの楽しみは焼きたてを食べられることですし、食べ方が豪快ですよね。キャンプなどでは定番です。

価格を紹介しましょう。テーブルタイプでは5千円くらいから販売されています。もちろん高級品もあります。高い分だけいろいろな機能がついています。重量が軽いタイプもありますが車に乗せていきますから、あまりメリットはないかもしれません。ステンレス製は錆が発生しにくいですから、子どもが大きくなり一緒に遊ばなくなるまで使用できるでしょう。ただ、火を使いますから、どうしても傷みやすいものです。おすすめの商品を購入したとしても、5年もしないうちに買い替えることになるでしょう。安い商品を購入して、傷んだら買い替えると言うパターンもあります。バーベキューコンロの買い方に正解はありませんが、すぐに壊れてしまうような安物は避けた方がいいでしょう。怪我をしないとも限りません。昔ながらの七輪でもバーベキューはできますが、一人用と言う感じですね。2千円未満で販売されています。

バーベキューと健康

健康のために食事の内容をいろいろと考えている人は多いのですが、家族でキャンプをする時には定番のバーベキューをするのではないでしょうか。キャンプですから楽しいことばかりをすればいいのですから、あまり健康のことを考える必要はありません。

バーベキューコンロを購入して、どんどんバーベキューをしようと考えるお父さんは多いのですが、現実的にはそれほど何度もバーベキューはしません。家の庭でバーベキューをすると、どんなコンロを使っても煙が出ますし、子どもたちが大声を出すことでしょう。それは近所迷惑になりますから、気を使ってしまうのです。おすすめのコンロとして蓋付きの高級品があります。確かに使いやすいのですが、金額分の元を取ることができるかと言うと、まず無理でしょう。そもそもバーベキューは日本の食事ではありません。日本の生活にはバーベキューはマッチしていないのです。だからキャンプでバーベキューとなるのです。日ごろはできない食事を家族で楽しもうと言うことですね。そう考えるとキャンプでカレーを食べる必要はないですね。家で食べればいいのです。

日本人の家族が1年にどのくらいキャンプをするかと言いますと、多くても2回くらいでしょう。頻繁にキャンプをする人におすすめのコンロは前述したように蓋が付いたタイプです。煙が出にくいですし、きれいに焼くことができます。子どもができたらみんなで楽しいキャンプをしようとお父さんは考えるのですが、気持ちだけが空回りしないように気を付けましょう。

通販サイトのバーベキューコンロ

コンロの購入なら通販サイトでしょう。通販サイトでバーベキューコンロを探してみましょう。いろいろなおすすめのコンロが並んでいます。もちろん、高いコンロは機能が豊富です。ただ、バーベキューコンロを使用する頻度を考えることが大切です。ステンレス製の丈夫なバーベキューコンロは錆にも強く長持ちします。しかし、数回使ったら車庫の奥に押し込まれる運命のコンロがほとんどですから、結局無駄な買い物になってしまうのです。

あなたは何度バーベキューをするつもりでしょうか。子どもが大きくなったら、夫婦でバーベキューをすることはないでしょう。1年に1回すればいい方です。お母さんと子どもたちだけでバーベキューをするイメージはありませんね。父さんが火をおこしてくれなければ始まらないからです。結論から言えば、通販サイトのバーベキューコンロは安い商品で十分です。ただ、サイズだけはチェックしておきましょう。家族の人数と一緒に食べる人の数です。親の兄弟同士で一緒にキャンプをしたりすることが多ければ、その分のサイズを考慮しましょう。

始めは小さなコンロを購入しておいて、家族が増えたら買い替えると言う考えもおすすめですね。安物を購入しておけば、いずれ傷んできますから買い替える必要が出てきます。買い替える時にすでに持っているコンロの欠点を考えればいいのです。難しいことではなりません。バーベキューコンロは通販サイトでは千円台から数万円まであります。どれを購入するかじっくりと考えてください。

失敗しないーベキューコンロの選び方

失敗しないバーベキューコンロの選び方を紹介しましょう。そのためには失敗例を知ることが大切です。それらを参考にすれば、自分が購入すべきバーベキューコンロがわかってきます。まずサイズです。大きいほうがたくさん一度に焼くことができますから、人数が多ければ大きいサイズを購入することがおすすめです。ただ、家族4人でどれくらいのサイズが適切かはわかりにくいですね。最初のうちはどんどん食べていても次第にペースは落ちてきます。子どもが食べる量はそれほど多くないのです。日ごろの食事の量から、バーベキューのコンロのサイズを考えてみましょう。

それから、バーベキューコンロの収納方法です。コンパクトに折り畳めるタイプが一番おすすめです。バーベキューをする時はいいのですが、使っていない時には小さくならないと収納場所に困ってしまいます。子どもがバーベキューを楽しみにしている時は何度も出番があるのですが、だんだんと使わなくなってしまいます。蓋付きのバーベキューコンロと蓋なしではどうでしょうか。おすすめの蓋がついているタイプは料理の幅が広がります。バーベキュー以外のメニューが簡単にできます。もちろん、それなりの準備が必要です。お母さんが考えなければなりません。

ステンレス製と鋼鉄製では錆の出方が違いますが、何年使い続けるかによって違うでしょう。数年もてばいいと思うなら、材質にこだわる必要はありません。失敗しないバーベキューコンロを選ぶことは簡単ではないですから、じっくりと検討してください。

バーベキューコンロとキャンプ

キャンプにはバーベキューが定番です。そこでバーベキュー用のコンロの購入を考えることになります。もちろん、キャンプ場にはバーベキューコンロを貸し出してくれるかもしれません。しかし、自分で購入したいと思うのです。

キャンプでバーベキューをするのは、屋外で料理をしても気兼ねする必要もありません。日本の家は庭が狭いですから、庭でバーベキューをすると隣の家に煙が流れてしまいます。そのためキャンプ場でバーベキューとなるのでしょう。家族で楽しいことをするなら、家よりもテントに泊まるキャンプが魅力的と言うこともあります。特に子供たちは大喜びでしょう。子どもと一緒に食べるバーベキューは格別です。

年に1,2回だけしか使用しないバーベキューコンロですが、やはり購入しておいた方がいいのかもしれません。購入で気を付けなければならないのは、使用方法や性能ではなく、使わない時の収納です。小さく折り畳むことができるバーベキューコンロがおすすめです。インターネットの通販サイトでおすすめの商品は、性能面を強調しています。焼きそばができると言ったメリットも記載されているでしょう。しかし、オフシーズンにどこに仕舞っておけばいいかが意外と重要なのです。車庫に置いておくと車の邪魔になってしまうのです。アメリカなどでは大型のコンロがおすすめでしょうが、日本では小さく折り畳むことができるコンロがおすすめなのです。性能や機能を受け継ぎつつ、コンパクトな商品を探しましょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ