顔のシミの原因

この記事は14分で読めます

シミはどうしてできるの!?シミができる原因は??

シミを取る事はもちろん大事です。
でも、極論から言えば、シミを作らない様にするっていうのが一番のポイントです。
シミ取り化粧品を使ってシミのケアが出来たとしても、これは結局シミを防げていないんですよね。
だから、消しては出来ての繰り返しになってします。
これでは、シミ関する悩みを根本から解決する事が出来ません。
理想はシミが出来る原因をなくすって事ですね。
じゃあ、どうやったらシミを防げるのでしょうか?
答えはシミが出来る原因を知って、その原因に応じて対策を施していくことです。
きちんとシミ対策が出来ていれば、シミに悩まされることも少なくなってくるでしょう。
ということで、シミができる原因について見ていきましょう。
まずは、ストレスですね。
ストレスがお肌の天敵になっているわけです。
体や心の不調があると、お顔にでてきてしまいますからね。
ストレスでシミが出来てしまう人は意外と多いらしいのです。
ストレスが溜まってくるとお肌のターンオーバーが崩れます。
また、ホルモンのバランスも崩れてしまって、お肌の健康が損なわれてしまうんですよね。
だから、シミが異常を起こしやすくなります。
その異常の一つがシミ。「最近ストレスが溜まってて・・」という時にシミは発見しやすいですよね。
ストレスは知らないうちに溜まっているので、私生活で嫌な事があったり、環境の変化があった時は意識してストレスを解消する様にしましょう♪
自分自身のストレス発散方法を知っておく必要がありますね!

スポンサードリンク

外出しなくても家の中にいてもシミ対策を・・

皆さん、毎日化粧はしていますか!?
毎日仕事に行っているという方は化粧をしていく人はもちろん多いでしょうが、私は専業主婦だから
毎日家にいるし、化粧なんて出かける時しかしない・・という人も多いでしょう。
もちろん、化粧というのは顔の毛穴をふさいでしまうので、たまには化粧をしないでお顔を休めてあげる日も
あってもいいとは思うのですが、基本的には家にいても化粧をしていた方がシミ対策にはなりますよ。
というのは、実は家の中にいても紫外線というのは入ってきてしまうからです。
もちろん雨戸も閉めて、太陽の光が入ってこないようにすればいいのですが、そういうわけにもいかないですよね。
特に窓際というのは、家の中にいても紫外線が入ってきてしまうのです。
ということは、シミになってしまう原因なんですよね。
家の中にいるから化粧はしなくてもいい・・のではなく、家の中にいても化粧をするべきなのです。
それが、少しでもシミを増やさない対策になるのですよ。
もちろん、化粧といってもただファンデーションを塗ればいいというわけではなく、
化粧下地には、UVカット成分が入っているタイプの下地が望ましいです。
冬だからUVカットタイプのものでなくてはいい、というわけでもなく、冬であってもUVカットの下地をつけて
化粧することを絶対的にオススメします。
今あるシミを消すことはとっても大変です。
今よりも良くすることも考えたいですが、それよりも先に今よりも悪くならないように
現状維持を心がけましょう。

加齢や紫外線によって出てきてしまうシミ。

皆さん、シミっていくつくらいからできはじめましたか?!
私は気づいたら26くらいからできはじめていました。
それも、ノーメイクで紫外線を浴びていたので、すぐにできてしまったのです。
本当にノーメイクって怖いですよね。
それから外出するときは必ずメイクをするようにしています。
さて、シミというのは加齢にも伴ってできてくるんです。
色々な原因がありますけど、加齢というのもその一つなんですね。
私たちは年を重ねる毎に新陳代謝が衰えてきます。
そうすると、ターンオーバーが遅れてしまいメラニン色素の生成が優先されていくのです。
加齢によるシミは防ぐのが大変ですね。
やはりトシをとることによって、お肌を元の状態に戻そうとする免疫も減ってきますので、
若いときはよかったけれど、年をとったら・・ということも多いはずです。
ということで、シミ取りのスキンケアではなく、お肌の若々しさを保つためのスキンケアが大事になってきます。
夜はしっかりと睡眠をとってターンオーバーを促すような生活環境を取ったり、肌に刺激の少ない基礎化粧品を使うのが理想ですね。
そうすれば、40代になってもシミのないお肌を作る事が出来ますよ。
もうシミができてしまっている人は、これ以上シミを作らない努力が必要になります。
紫外線を浴びないようにすることと、日々のスキンケアもとっても大事です。
年齢と共に、お肌も弱ってきていますので、低刺激のタイプを使うと良いでしょう。

顔のシミの原因は?シミの種類は?

夏になると日差しが強くなり、紫外線対策をしないと!と思う季節になりますが、
夏だけではなく、冬でも紫外線対策は必要です。
さて、紫外線によってお顔にできてしまう「シミ」。
あなたのシミ対策は万全ですか?
毎年シミに苦労している・・という方もきっと多いでしょう。
まず、お顔のシミの原因って何なんでしょうか。
「原因と結果の法則」と言う言葉をご存知ですか?
今のあなたの結果には、
必ず元となる原因が存在するという法則です。
当たり前と言えば、当たり前ですが、普段私達はこういったことを意識していません。
なので、気がついた時には時すでに遅し状態になっていたりします。
そうならないために「シミの原因」を知っておきましょう!!
そもそもシミの原因には、
?紫外線
?女性ホルモン
?ストレス
?内臓トラブル
?自律神経の乱れ
?加齢
?過剰な刺激
?食べ物
など様々な要因が考えられています。
その中でも?紫外線は最も多いパターンとされているのですね。
シミの原因って、紫外線だけだと思っていたのですが、こんなにも原因が存在するとは
少し驚きでした。
確かに体に不調が現れると、結果として顔にできものができたりしますよね。
特に顔というのは、一番目立つところでもありますので、極力トラブルは避けたいところでもあります。
シミを作らないためにも、ストレスをため込まない。
内蔵系のトラブルを起こさないように、三食きちんと栄養のあるものをとる。
など基本的な対策はすぐにでもできますね。

顔のシミの原因は紫外線だけではなかった!?

皆さん、お顔のシミで悩まされている方はいらっしゃいませんか!?
きっと年齢を重ねるたびに、シミに悩まされている方も多くいらっしゃるかと思います。
その問題のシミの原因ですが、なんだと思いますか!?
シミの原因というと、皆さん口をそろえて「紫外線」といいそうですが、もちろん紫外線が
シミの原因尾になる最も多いパターンなわけですが、紫外線以外にもシミをつくる原因があったのです。
それはというと、女性ホルモンの乱れだったり、ストレスからきたり、内臓系のトラブルからきたり、
自律神経の乱れからきたり、あとは対策のしようがないのですが、加齢からきたり、あとは食べ物から
きたりと、シミの原因といっても本当にいろいろなところに原因があったのです。
では、原因を知ったからには対策をしていかなければなりませんよね。
上記に挙げた原因でしたら、日々の生活の中で改善していこうと思えば改善していけそうな
項目ばかりです。
紫外線は、浴びないように日焼け止めを塗ったりと対策ができます。
女性ホルモンはバランスを崩さないように、冷たいものを飲みすぎないようにしたり、
暖かい格好を心がけたり、冷えをなくすようにすればまずはよいかと思います。
ストレスもなるべくためないように、常にポジティブ思考で!!
嫌なことがあったら発散することが大事です。
内臓系のトラブルは、生活習慣が原因になってくると思うので、早寝早起き、きちんと栄養を摂る!
と、これらを守っていけばシミはできないはずですよ。

シミの原因になる紫外線の仕組みって!?

紫外線により日焼けをすることによってシミができてしまいます。
では、紫外線で日焼けする仕組みってどうなっているのでしょうか。
紫外線が肌に当たることによって、メラニン色素が作り出されます。
そして、皮膚を守るためにお肌が黒くなります。
その結果肌のターンオーバーによりメラニン色素がはがれてしまうのです。
ですが、メラニン色素が過剰に作られ過ぎたり、ターンオーバーが正常に行われなかったりすると
メラニン色素が残り、シミになってしまいます。
このメラニン色素の以上産生と、ターンオーバーの乱れがシミの原因です。
シミの原因の紫外線の仕組みはこのようになっているのです。
まだまだシミの原因はありますよ。
その中でも、注目したいのが「女性ホルモン」です。
女性ホルモンは、ホルモンバランスが崩れることでシミが出来る原因の1つになります。
例えば、黄体ホルモンが多く分泌されるとシミが出来る事があります。
ホルモンバランスを崩さないようにするというのは、目に見えないことなので
なかなか難しいのかもしれませんが、美意識を高くするということも大切ではないでしょうか。
やはり女性らしさを取り戻す、女性らしさを忘れずにいるという働きかけも、女性ホルモンを
崩さないようにするための対策につながるかと思います。
また、近年では、不妊の人によく愛用されていますが、女性ホルモンを正常に保つためには
「マカ」がいいといいます。
マカといって、ドリンクタイプではなく、毎日飲みやすいタブレットがあるんですね!

お顔にできるシミの原因はストレスにもあった!?

お顔にできているシミにお悩みの方というのは多くいらっしゃるかと思います。
シミというのは、一度できてしまうと消すのが本当に大変です。
一度できてしまったら、薄くすることはできても消すことまではなかなか難しいでしょう。
さて、そのシミを作ってしまう原因ですが、多くは紫外線が原因だとされていますが、
紫外線以外にも、ストレスによってシミを引き起こしてしまうといことをご存じでしたか!?
では、なぜストレスからシミができてしまうのでしょうか・・
ストレスを溜めこんでしまうと、体にも心にも不調をきたします。
うつ病やメニエル病、円形脱毛症や過敏性腸症候群、高血圧などのさまざまな生活習慣病など。
あげればキリがないほどストレスが引き起こす病気はあとをたちません。
そして、シミにもストレスが関係してくることが明らかになっています。
ストレスを感じると体は緊張状態になって血流が悪くなり、細胞の機能が著しく低下します。
すると体は細胞を活性化させようとアドレナリンを分泌して血流を早めようとします。
しかしアドレナリンの働きを持続することができないため、長期的な働きをする
男性ホルモンが分泌されるようになります。
男性ホルモンはストレスがなくなるまで分泌されるのですが、分泌の指令を出す脳下垂体の隣りにある、中葉という部分が誤作動を起こし、メラニン色素を生成する指令を出してしまうことがあります。
つまり、ストレスを感じ続けることでメラニン色素が生成され、新陳代謝で排出されないまま表皮にとどまり、それがシミとなってしまうのです。

ストレスによるシミを防ぐ方法は!?

皆さん、日頃ストレスを発散していますか!?
ストレスを感じにくい・・なんて人もいますが、それは怖いことですよね。
本当にストレスがなければいいのですが、ストレスがない人なんていないように思います。
ストレスという言い方をしているだけであって、きっと生きていてため息をつきたくなるようなことって
どんな小さな子供でもあるように思うのです。
そのストレスをうまく発散できていればいいのですが、ストレスをため込んでしまって
鬱になってしまう人などもいますので、自分のストレスとうまく付き合っていく必要があります。
あなたにとってのストレス発散って何ですか!?
人によっては、おしゃべりが好きな人は友達とおしゃべりすることによってストレス発散になる・・
なんて人もいるかもしれませんし、カラオケにいって思う存分歌うことでストレス発散になる人、
ボーリングなどでスカッすればストレス発散になる人など、人それぞれですね。
そのストレスをうまく発散しないと、体だけではなく、お顔にも悪影響がでてきてしまうのを
ご存じでしたでしょうか。
そうです・・ストレスを感じることによって、お肌トラブルであるシミを引き起こしてしまうのです。
ストレスはたまってるなーと感じるまで放っておくのではなく、こまめに発散して解消する必要があります。
ストレスがたまっているとうことを自覚する人は少ないように思いますが、楽しいことをしているだけで
ストレスは結果的に発散されていくように思います。
自分のストレスとうまく付き合いながら、お肌も体も健康を目指しましょう!

シミってストレスでもできるって知ってましたか!?

皆さん、最近よく眠れていますか!?
布団に入ってからすぐに眠れるという人はあまり多くないのかもしれません。
何か悩み事や考え事があると、なかなか寝付けなかったりしますよね。
さて、加齢と共に出現してくる嫌なシミ・・
シミに悩んでいる方もいらっしゃるかと思いますが、実はシミというのはストレスが原因でできてしまうことも
あるって知っていましたか!?
男性ホルモンが分泌され続けることによって、皮脂分泌が増えニキビができたり体毛が濃くなったりします。
そんな体の変化を感じたら、シミが出始めるサインかもしれません。
では、ストレスによるシミはどのようにしたら予防できるのでしょうか?
まずはなんと言ってもこまめにストレスを解消することです。
ストレスが溜まっていることを自覚する方は少ないと思います。
「ストレスが溜まる」と言って買い物をしたり遊び回っている人ほど本当にストレスを発散する術を知っているのでストレスは溜まりにくいのです。
最近体がつかれている、寝つきが悪く目覚めもスッキリしない、最近運動不足気味、便秘や下痢などお腹の調子が悪い、よく胃もたれを起こす、肩コリや頭痛がひどくなった、ささいなことで気を病む、集中力が低下しているような気がする・・など、このような症状に多く当てはまる方はストレスが溜まっている証拠。
息がつまる思いをしているような場所に心当たりがある場合は、解放される時間をつくり、好きなことに打ち込めるような生活パターンをつくるようにしましょう。

シミを作らない生活とは!?

皆さんが悩んでいるシミ。
シミって一回できてしまうとなかなか消せませんよね。
できてしまったシミを薄くすることはできても、なかなか消すことは難しいことです。
ですので、これ以上シミを作らない努力をしなければなりません。
シミがお顔に一個あるのとないのとでは、見た目にもかなり影響がでてくるのです。
さて、シミはストレスが原因にもなってでてくるわけなのですが、
まずは、生活習慣を整えることから始めましょう。
職場や家庭の苦痛がそのままストレスになっているとは限りません。
毎晩飲み会続きで夜型生活になっている方や、仕事が不規則で睡眠時間や食事の時間がバラバラの方など、それだけでストレスにつながる可能性が高いのです。
生活習慣を整え、日々の行動をパターン化することでかなりストレスは軽減されます。
たまにはのみに行って帰りが遅くなってという日があっても仕方ありませんが、それが日常化されるようであると
やはり体にもお顔にも悪影響がでてくるのです。
多忙な方や子育て中の方など、なかなか生活リズムを改善することは難しいとは思いますが、
できる限り規則正しい生活を心がけましょう。
ストレスが原因といっても、メラニンが過剰に生成されて発生したシミなので、
治療方法は通常のシミとたいして変わりありません。
ストレス解消&生活習慣の改善を心がけながら、できてしまったシミへは適切なケアをしたいものです。
日頃のスキンケアというのがとっても大切になってきます
美白の化粧品などを使ってみるのもイイでしょう!

シミにも種類ってあるの!?

一言でシミといってどうやら種類があるようです。
皆さんご存じでしたか!?
シミって、本当にやっかいで、毎年暑い夏が終わると増えている気がします。
というのは、やはり夏の厳しい紫外線によりシミが増えてしまったのでしょう。
さて、シミといっても種類があるそうなんですが、なんと3種類もあるというのです。
そのうちの一つは、肝斑(かんぱん)というシミです。
なんだか美味しそうなネーミングですよね!笑
次に二つ目のシミが、聞いたことがある人も多いでしょう、ソバカスです。
ソバカスというと、小さい頃からある人が多いようなイメージです。
さて、三つ目は老人性色素斑というシミだそうです。
このうちの肝一つ目の肝斑は額や頬、目や口の周りに左右対称に出来る
褐色のシミのことです。
ハッキリとしないので、分からない人が多いのですが、左右対称で中年くらいから
できはじめるシミのことです。
二つ目のソバカスはメラノサイトという細胞が日焼けで変質することよって出来ます。
紫外線を浴び続けたりすると色が濃くなったり数が多くなったりします。
そして最後の老人性色素斑は高齢者の額から頬にかけて出来るシミで老化による皮膚
の変化が原因と言われています。
よくおばあちゃんとかを見かけると、お顔に大きなシミがあったりしますよね。
まさしくあのシミのことを、老人性色素斑と呼ぶそうです。
やはり若いうちから紫外線に気をつけていさえすれば、シミはできずにすみそうですよね。

顔のシミの原因は紫外線によるもの

加齢によってお顔に様々なトラブルがでてきます。
皆さんの一番気になるお顔のトラブルは何ですか!?
人それぞれ悩みも違うかと思いますが、代表的なところでいいますと、しみやしわ、くすみやたるみ
それから大人ニキビで悩まされている方などなど、お顔のトラブルも本当にいろいろとあります。
さて、その中でも代表的なところで言いますと、お顔のシミ・・
これに悩まされていいる方は本当に多いと思います。
シミというのは一度できてしまうと、ちょっとやそっとの手入れでは消えてなくなりません。
よくシミにはコンシーラーがいいなんて言いますが、あれは単にコンシーラーをお顔のシミの部分に塗って
シミを隠そうというアイテムなんです。
ですので、コンシーラー自体はシミを消す道具ではなく、シミを隠す道具なんですね。
確かに化粧をしてシミが隠れればいいですが、できたらすっぴん美人になりたいと願う人が多いでしょう。
化粧をすれば確かにごまかせますが、化粧をしてきれいになるよりも化粧をしなくてもきれいで入れた方がいいに決まっています。
さて、そのシミを作ってしまう原因ですが、皆さんもご存じの紫外線が原因になります。
よく紫外線は夏が多いなんていいますが、もちろん夏も紫外線は多いのですが、4月5月が一番多いなんてのも聞いたことありませんか??
というか、紫外線自体は年がら年中あるのです。
ですので、対策としては外出をするときは絶対に日焼け止めを付けるべし!これに限りますね!

お顔にできてしまうシミ。その対策は!?

ちょっと前まではなかったのに・・
いつの間にこんな所にシミができている・・という経験ある人多くはないですか?
お顔にできてしまったシミってとっても気になりますよね。
ファンデーションで隠そうとしても、なかなか消えずに隠れずに、ついつい厚塗りになってしまったりして、
嫌なことばかりになってしまいます。
そこで、顔にシミができる原因って?
これについて考えていきたいと思います。
まず、お顔にシミができてしまう原因というのは実は沢山あるのですが、その中でもよく知られているのが
紫外線による影響なんです。
紫外線を浴びることによって、メラノサイトと呼ばれる細胞が刺激を受けて、メラニン色素を作り出します。
これは本来は、紫外線からお肌を守るためにお肌の色を黒くするもので、ターンオーバーが
正常に行われていれば、元のお肌の色に戻るのです。
ただ、紫外線を大量に浴びてしまって、メラニン色素が過剰に作られてしまったり、何らかの原因で
ターンオーバーが正常に行われていなかったりすると、生成されたメラニン色素がお肌に残り、
結果シミになってしまうのです。
加齢によってお肌が老化したり、ストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れによって自律神経が
乱れることによって、ターンオーバーが正常に行われなくなって、シミへとつながってしまうのですね。
また、ニキビなどの炎症によって活性酸素が発生して、メラノサイトが反応し、メラニン色素が作り
出されます。
ですから、肌荒れやニキビなどもシミの原因になってしまうのです。

顔にシミを作らないためには!?

皆さんはお顔のシミに悩んでいませんか?!
お顔のシミは本当に厄介なもので、一度できてしまうとなかなか消せません。
お買いにシミができる原因というと、やはり「紫外線」があります。
特にシミが増えたなぁと気づくときというのは、夏が終わって秋くらいではないでしょうか。
というと、やはり夏場は紫外線が多くてシミができやすいということになります。
昔はガングロなんてのも流行った時期があったので、わざわざ日焼けするために、日焼けサロンにいったり、
海に日焼けをしに行ったりなんてこともしたこともある人もいるかもしれませんが、今考えると恐ろしいですよね。
その時はガングロが流行っていたから、黒いからイケてるなんて思っていましたが、その時はよくても
あとあとのことを何も考えていませんでしたよね。
そりゃ、若い頃はその時がよければいい!という考えの人が多かっただろうから、仕方がないといえば仕方がありません。
とはいいつつも、もうシミは一つも増やしたくありませんよね。
皆さん外出するときはいつも化粧をしていますか!?
ちょっとそこまでコンビニに行くだけだからと、無防備にもノーメイクで出かけていやしませんか!?
そのちょっとだけだからと、その少しの余裕がシミを作る原因になってしまうのです。
ちょっとだけだからというそのちょっとの積み重ねが恐るべしシミの原因なんですよ。
紫外線を受けてしまうのって、実は1分もしないうちに体が紫外線を受けてしまうらしいんですよ。

お肌の大敵シミの原因ってなに!?

お肌の大敵であるシミの原因は?と聞かれると皆さんはなんて答えますか!?
大体8割くらいの方が紫外線!と答えるでしょう。
そうです、シミの原因の8割は紫外線といっていいでしょう。
紫外線を浴びると、私たちのお肌はメラニンを分泌します。
これが過剰分泌になるのでお肌が健康でもシミが出来てしまうんですよね。
この紫外線っていうのは昔から浴び続けています。
ここ数日の話ではなく、日々の蓄積が主な理由。
だから、今頃防ごうと思っても防げないそうです。
なので、これからは紫外線を浴びないでいいように、夏場でも顔を日光にさらさないようにしていきましょう。
または、必ず日焼け止めを塗って紫外線からお肌を守るようにしましょうね。
あと、シミの原因としてはストレスがあるのです。
このストレスは自律神経に乱れを与えます。
自律神経って体でとっても大事な部分なんですよね。
だから、自律神経が乱れてくるとお肌の調子も悪くなってきます。
夜に眠れなかったり、気持ちが暗くなっている時は自律神経に何かしらの異常があると判断出来ます。
こういう時は決まって口の周りのシミになって現れます。
「あ、口周りにシミだ!」と思ったら自律神経の乱れを考えるのが良いですね。
自律神経は自分で元に戻そうとしても治らないので病院にかかるのがベストだと思います。
この問題を解決しないことには、頑張ってシミ取り化粧品を使ってもシミを治せないので気を付けて下さいね。
いくら高い化粧品を買っても、根本的な所を治していかなければシミは撃退できないのです。

シミの原因って!?シミの仕組みって!?

最近では、男性の3人に1人が顔のシミに悩んでいるそうです。
確かにシミは、肌の老化を感じさせ、老けた印象を与えてしまいます。
女性と比べて、男性はあまりスキンケアをしないので、シミができやすいのです。
シミというと女性の悩みというイメージでしたが、男性もシミに悩んでいる人が多いということですね。
紫外線を浴び続けることでできるシミが一般的ですが、食生活の乱れや睡眠不足などでも
シミを引き起こしてしまいます。
生活習慣の乱れでシミができてしまうんですね。
さて、そんなシミができる仕組みってどうなっているのでしょうか。
シミとは、皮膚内で続けられるメラニンという色素が沈着したものです。
メラニンとは、体内部を紫外線から守る働きをします。
通常メラニン色素はターンオーバー(新陳代謝)の働きで、28日間で剥がれ落ちて元の肌色に戻りますが、
そのターンオーバーがうまくいかずに、シミとなります。
また、さまざまな理由からターンオーバーが正常なサイクルを保てず、乱れてしまうと、
肌細胞そのものの質が悪くなってしまいます。
シミと同時にシワや乾燥、くすみなどの肌トラブルが起こりやすいのは、肌細胞そのものにまで紫外線などの
ダメージが影響しているためです。
28日のサイクルよりも短い周期で作られた肌細胞は、弱く乾燥しやすく、さらにダメージを受けやすくなります。
逆に、剥がれ落ちるはずの肌が28日以上たってしまうと、表面は硬くなり黒ずんでしまいます。
難しい仕組みですね。

シミができる原因の色々

シミって紫外線が原因でできてしまうのがほとんどだと思いますが、他にも原因があるんですよ。
多くのシミは、日光性黒子、老人性色素班と呼ばれる、紫外線が原因でできるものです。
シミは紫外線を受けてメラニンが活性化し、色素沈着を起こしてできます。
淡褐色から濃褐色の色素班で、顔以外にも手、背中、腕など露出部に多く目立ちます。
特に中年以降に多く見られるんですね。
また、シミは乾燥肌が原因でできてしまうこともあるのです。
肌が乾燥して潤いがなくなると、角質層が硬くなり、古い細胞が肌の表面にとどまりやすくなります。
更に角質が乱れることで、角質と角質の間に隙間ができて、肌の水分が蒸発して、
肌の乾燥が進むという悪循環になります。
肌が乾燥してコラーゲンなどが不足すると、肌細胞の生成も停滞してしまうため、
メラニン色素が肌に残りやすくなり、シミができる原因となってしまいます。
さらに、シミはニキビによっても引き起こしてしまうのです。
炎症が強くてニキビ跡になってしまったものを放っておくことで、紫外線などの影響でシミができ
どんどんと濃くなってしまうのです。
ニキビが化膿してしまった場合は炎症が肌の部分にまで達するので、
シミだけではなく肌が凸凹してしまうこともあります。
まずは、お顔にニキビを作らないことも大事ですが、ニキビができてしまったらつぶしたりせずに
優しくスキンケアをしてニキビを予防していきましょう。
できてしまったニキビを、跡にならないようにすることもとっても大事です。

シミを作らない為には正しいスキンケアを!

シミの原因というと、紫外線が影響することが第一に思い浮かびますが、紫外線が原因だけではないんですね。
シミの原因は紫外線が主とされていますが、他にも原因があるのです。
それは、間違ったスキンケアをしているとシミを引き起こしてしまうのです。
化粧水や乳液などを付けるとき、肌に浸透させようとして、こすったり、強くパッティングをする人がいますが、これらは肌の刺激になってしまいます。
パッティングをするとしても、パチパチと音を立てずに、そーっとお肌をたたくというよりは、
なじませる感じで化粧水をつけるとイイでしょう。
パチパチと強くやることによって、余計にお肌を傷つけてしまいます。
また、パッティングすることで肌をこすって角質層などが傷つくと乾燥肌が進んで、
メラニン色素が沈着しやすくなってしまいます。
肌は、刺激を受ければ受けるほど、シミやニキビなどのトラブルに繋がります。
お肌がニキビなどでトラブルを起こしているときは、なるべくお肌を触って血行をよくして
少しでも早く治したいと思いがちですが、なるべくお肌を触らないということも大事なんですね。
というのは、お肌にトラブルが起こっているときは、お肌を触りすぎることによって余計悪化してしまったりするのです。
少しでも早く治したい気持ちはわかりますが、できてしまったら、少し放っておくことも必要です。
お肌というのは、それだけ繊細だということですね。
シミを作らない為にも、今一度毎日のスキンケアを見直してみては如何ですか!?

食生活やストレスによるシミ

シミができる原因って8割方紫外線と言われているのですが、もちろん他にも原因があるんですね。
その中でも、乱れた食生活によって引き起こしてしまうシミがあるのです。
シミというと、どうしても年齢を重ねるとできてしまうトラブルというイメージが強いかと思いますが、
加齢でけではなく、食生活の乱れによる、血行不良は新陳代謝を悪くし、ターンオーバーの周期を乱してしまい、
色素沈着によるシミの原因となってしまうのです。
毎週飲みに出歩いていて、帰宅時間が遅かったり、ダイエットといって偏った食事しかしていなかったり、
好き嫌いが激しいからといって、自分の好きなものばかりを食べていて栄養が偏っていたり・・
思い当たる節はありませんか??
栄養バランスに偏りがあると、シミ対策に必要な栄養素が不足してしまうのです。
また、ストレスによってもシミはできてしまうんですよ。
強いストレスを受けることでホルモンバランスが崩れ、その結果、色素細胞の活動が活発になり
シミを増やすと言われています。
また、ストレスが溜まることで体内に身体を錆びさせる活性酸素の量も増えてしまうため、
肌の老化を促進させシミができやすくなる環境を作ってしまいます。
皆さん、ストレスをためないように日々努めていますか!?
趣味などがある人は、自分の好きなことをしているからストレスを発散できていそうですが、
特に趣味もなく、発散することもなく、ストレスをため込んでいるとシミができてしまいますよ!

睡眠不足、たばこによるシミ

就寝中も代謝は行われており、睡眠不足が続くことで就寝中の代謝がおろそかになってしまいます。
また、ホルモンの中でも細胞の生成を促す、成長ホルモンは夜の10時?2時にもっとも盛んに分泌されます。
そのため、この時間に睡眠をとっていることが、肌細胞の生成にはとても大切です。
よく「ゴールデンタイム」という言葉を聞いたことがありませんか!?
これは、まさに22時から2時の時間帯のことをいうのですね。
この時間はなるべく寝ていた方がいい時間帯なのです。
肌細胞の生成が停滞してターンオーバーが遅くなると、角質やメラニン色素が肌に残ったまま、剥がれにくくなるため色素が沈着してシミができやすくなります。
お肌の為にも体の為にも、なるべく早く寝ることに限ります。
また、たばこを吸うことによってシミを引き起こしてしまうこともあるんですね。
タバコを吸うことで、5年、10年と徐々に肌トラブルが現れます。
シミの原因であるメラニンを抑えてくれるビタミンCは、タバコを吸うことでビタミンCが減っていき、
メラニンが増えていくのです。
また、タバコに含まれている「ニコチン」が新陳代謝を衰えさせて、メラニンを外に出すことができず、
そのまま付着してシミを作ってしまいます。
また、ニコチンは肌を乾燥させたり、老化の原因になり、これがシミに繋がります。
タバコは健康だけでなく、美容にも悪影響になるのです。
タバコは吸っていていいことはありません。
せっかく摂取したビタミンCも破壊されてしまうのですから。
お肌の為にも健康の為にも、禁煙や、本数を減らす努力も必要ですね。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2015 08.14

    台風の対策

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ