赤ちゃんにとって安全な暖房

この記事は14分で読めます

生まれたばかりの赤ちゃんの授乳にはハロゲンヒーター

段々と冬を感じさせる季節になってきましたが、今年は赤ちゃんと一緒に冬を乗り切るという方もいるでしょう。
中には、真冬に出産を控えるいるため、どうしても暖房器具が必要だという方もいるでしょう。
特に生まれたばかりの赤ちゃんは、2,3時間おきに授乳をしなければなりません。
生まれたばかりの赤ちゃんは夜昼関係なくおなかがすくと泣きますので、夜間の授乳も当たり前。
そんな夜間の授乳にもってこいの暖房器具といったらハロゲンヒーターでしょう!
赤ちゃんは夜中でもかまわずおなかがすくと泣くので、すぐに暖をとり授乳を・・・としたいところなのですが、
エアコンではすぐに暖をとれません。
石油ストーブも着火するまでに1分程度かかります。
さらに着火するときに、少々大きな音がしますのでパパが目覚めてしまいますよね。
赤ちゃんはちょっと待ったがききません。
すぐにオッパイをほしがりますので、すぐにオッパイをだして授乳をしたいのです。
電源を入れたらすぐに暖をとれるハロゲンヒーターがとってもオススメ。
夜間の授乳といっても、電気を煌々とつけるのも気がひけますので、ハロゲンの暖かさと共にちょっとした電気代わりにもなるのです。
ただ、気をつけなければならないのが、電気をつけない場合は、少々暗闇でハロゲンヒーターを使うので、
火事に気をつけなければなりません。
布団のすぐ近くで使ったり、マットレスのすぐ近くで使ったりするとあやうく焦がしてしまったり・・・
なんてことのないように、ハロゲンの近くにはものをおかない注意も必要です。

スポンサードリンク

赤ちゃんにとって安全な暖房とは!?

季節はすっかりと秋を迎え、山々には綺麗な紅葉が目立つようになりました。
11月に入り、少し昼間は暑いくらいの日もあれば日中も冬のように寒い日もあります。
朝晩はすっかりと秋めいて冬の到来を感じさせる季節になりましたね。
もう寒い冬はすぐそこまで来ています。
なんと今年の冬は極寒だという噂ですよ。
寒くなる前に暖房設備を整えておきたいものですね。
さて、冬には欠かせない暖房器具ですが、みなさんはいつもどんな暖房器具で冬を乗り切っていますか?
うちはエアコンを年中つけているというところ、うちはこたつだけで凌いでいるというところ、
うちは電気ストーブだけで凌いでいるというところ、などなど家庭によって様々だと思います。
安全な暖房器具だと判断がつく年齢なら問題ないですが、赤ちゃんのいるお宅は火の取り扱いに十分注意が必要です。
赤ちゃんがいるお宅にとって一番安全な暖房器具といったらやはり「エアコン」でしょう。
冬に限らず暑い夏も赤ちゃんにとってはエアコンが一番安全です。
なぜかというと、赤ちゃんの手の届かない所にあるからです。
夏の扇風機や、冬の電気ストーブ、石油ストーブ、こたつなどは赤ちゃんの手の届く所におく器具ですので、
使うにあたっては十分注意しなければなりません。
赤ちゃんは生まれてからは、病院の新生児室にいることになるのですが、新生児室は
常に25度から26度くらいの温度を保っています。
そのくらいの温度が赤ちゃんにとって適温なのです。
ですので、赤ちゃんがいるお宅で安全に暖房器具を使うにはエアコンに限るかと思います。

赤ちゃんには加湿機能付きのエアコンを!

最近は風も冬の風になってきて、すぐそこまで冬がやってきているのを感じます。
冬は得意という方もいらっしゃるでしょうが、やっぱり冬は暖をとって過ごしたいもの。
今年の冬は赤ちゃんと一緒に乗り切るという方も多くいらっしゃるかと思いますが、赤ちゃんがいるご家庭では
特に注意して暖房器具を使わなくてはなりません。
赤ちゃんのいるご家庭でオススメしたい暖房器具はエアコンと思いつく方がいらっしゃるでしょう。
しかし、エアコンのデメリットは設定温度を上げると電気代がかかるということと、空気が乾燥するということでしょう。
これからエアコンを購入する予定という方は、お財布と相談して加湿機能付きのエアコンの購入も視野に入れるといいでしょう。
最近は温かくしてくれるだけではなく、加湿もしてくれるという優れた機能がついているエアコンも多数あります。
やはり加湿機能もついているということで、お値段もそれなりにしますが、空気の乾燥を防げるということですので
そういったエアコンを購入する価値もあります。
加湿機能付きのエアコンを購入するか、普通に使用したら乾燥してしまうエアコンを使用するか。
普通のエアコンを使用する場合には、加湿器を併用して使えばいいのかもしれませんが、どっちにしろ
加湿器代とさらに加湿器を使う電気代もかかってしまいます。
トータル的に考えたら、加湿機能付きのエアコンを買った方が電気代も削減できますのでこちらの方がオススメと
言えるかもしれません。

赤ちゃんに安全な暖房器具「エアコン」

これからさむーい冬がやってきますね。
朝晩はずいぶんと冷え込むようになってきたので、そろそろ暖房器具を出してもいいかな?と
思うような季節になってきました。
寒くなってから暖房器具の準備をするよりも、本当に寒くなる前に準備をして冬の到来を望みたいものですね。
さて、暖房器具にも色々ありますが、赤ちゃんにとって安全な暖房器具といったらエアコンです。
エアコンは温度を設定しておくだけで、常に快適な温度に保つことができます。
特に赤ちゃんはまだ体温調節がうまくできないため、大人が快適な温度にしてあげる必要があります。
寒すぎてもいけませんし、暑すぎてもいけません。
適温の26度くらいを保つように設定しましょう。
エアコンで26度に設定してもずっと26度を保っていれたらいいですが、少し暑すぎ足りする場合は
温度を下げたりしてうまく調節をしましょう。
エアコンは夏の冷房よりも冬の暖房の方が電気代がかかるそうです。
冷やすよりも温める方が電気をくうと言われています。
ですので、冬場はできれば温度をあまり上げずに極力低い温度に設定したいものです。
設定温度が一度違うだけでも電気代も違ってきます。
エアコンや電気ストーブ、カーペットなどで、エアコンを使いつつも他の暖房器具をうまく
併用して適度な温度を保って、赤ちゃんが快適に過ごせるように配慮してあげたいものです。
電気ストーブを使うときなどは赤ちゃんから目を離さないように十分注意しなければなりません。

赤ちゃんの暖をとるにはスリーパーがオススメ♪

赤ちゃんがいるご家庭ですと暖房器具を使うに当たっても色々と気をつけなければいけないことが沢山あります。
石油ストーブを使うにあたっても、赤ちゃんが触らないような工夫が必要だったりします。
エアコンを使うにあたっても乾燥しないように注意が必要です。
暖をとるということはどうしても暖房器具を使うというイメージが高いですが、暖房器具を使わなくても暖はとれます。
暖房器具を使うということは、電気も使いますので電気代もかかります。
電気代を節約するためにも、暖房器具は極力使わないようにしたいものです。
さて、暖房器具を使わないで暖をとるにはどうしたらよいのでしょうか。
それは、簡単です。
簡単に言うと「厚着」です。
ただ、赤ちゃんはとっても汗かきなため、着せすぎにも注意です。
大体赤ちゃんは大人の着る枚数よりも一枚少なめにする方がいいということです。
とはいいつつも、暖房器具をなしにして暖をとるといったら赤ちゃんにいつもよりも多めに着せなければいけません。
そんなときに役に立つのが「スリーパー」。
特にもう動きのある赤ちゃんですと、寝返りをうったりしますので着せている服がまくれあがっちゃったり、
おズボンが抜けてしまったりなんてこともありえます。
そういった寝冷えをしないためにも、スリーパーがとってもオススメ。
赤ちゃんが冷えることなく、ママも安心して眠りにつくことができます。
季節枚数や部屋の温度を確認しながら、うまくスリーパーを使いこなしたいですね!

赤ちゃんのいるお宅での冬場の暖房器具

これからやってくる寒い冬。
冬には暖房器具は欠かせないものですよね。
地方によってもちろん気温が違いますが、過ごしやすいといわれているここ静岡でも
真冬になると、朝は家の中にいても4度とか、かなり低い気温を記録したことがあります。
特に朝日が昇る前の気温というのは、24時間のなかでも最も気温が低いときですので、
特に布団からでたあとは、体が一気に冷えますので暖房器具をうまく利用したいものです。
しかし、小さなお子さんがいるお宅では暖房器具を遣うにあたっても十分注意をしなければなりませんね。
筆者の家でも、生後8ヶ月になる赤ちゃんがいるので暖房をどう利用しようか悩んでいるところではあります。
基本的には、エアコンを20度くらいに設定するつもりなのですが、毎年20度に設定してはいるものの、
若干やはり少し肌寒いのです。
今年は赤ちゃんもいるということを考慮すると、例年よりも1,2度設定温度をあげるか、または
電気カーペットがあるので、そちらもうまく利用しようかと思っています。
生後8ヶ月ともなると、ただ寝ているだけではなく、そこら中を動き回ります。
ですので、危険物を赤ちゃんの手の届くところに置くことはできないのです。
そういったことも考えると、やはり冬場は赤ちゃんの手の届かない所に設置されているエアコンをうまく利用し
低めの設定にするエアコンで補えない部分は電気カーペットをうまく使って、赤ちゃんが寒くないように
する工夫が必要かと思っています。

赤ちゃんに安全なファンヒーターガード

11月に入り、すっかり秋めいてきましたが、さむーい冬はすぐそこまでやってきています。
なんと今年の冬は極寒だということで、例年よりも寒くなりと予想されていることを知っていますか!?
皆さんはいつもご自宅でどんな暖房器具で寒さを凌いでいますか?
各ご家庭によってそれぞれ色々な寒さ対策があるかと思います。
さて、最近赤ちゃんが生まれたよ!という家庭も多いはず。
そんな小さなお子さんがいるご家庭だと、暖房器具を使うにあたっても十分注意しなければなりません。
なぜなら、赤ちゃんは好奇心旺盛であり、目につくものすべて触りたがったりします。
特に、ファンヒーターや電気ストーブなど、赤く色がついたり、ゴーっと音が出たりするものなんかは
もっともっと赤ちゃんの好奇心をひきたてます。
ですので、ファンヒーターなどを使うにも赤ちゃんの手が届かない工夫が必要です。
そんな時に役にたつのが「ファンヒーターガード」。
赤ちゃんのいる家のみならず、家の中でねこちゃんやわんちゃんを飼っているお宅でも
使っているというお宅は多いはず。
その名の通り、ファンヒーターに近づけないように、ファンヒーターの周りをぐるっとガードできるという優れもの。
もちろん柵になっているので、温かい空気は閉じ込められることなく利用できるのです。
お値段もさほど高くはなく、Yahooショッピングなどでも4,000円弱程度で売っています。
赤ちゃんのいるお宅でしたら一つはおいてあってもいいものかもしれませんね!

ファンヒーターを安全に使える吹き出し口ガード

最近赤ちゃんが生まれたというご家庭も多いかと思いますが、そんなご家庭はどんな暖房器具を使って
この冬を乗り切ったらいいのでしょうか。
やはり安全を考えたら一番いいのはエアコンだと思いますが、中にはエアコンがないというお宅もあるかもしれません。
エアコンがないというお宅でしたら、ファンヒーターを使えばいいかと思いますが、ファンヒーターを使っている時も
使わないときも注意しなければなりません。
使っているときは、赤ちゃんが吹き出し口に指を入れてやけどをしないようにしなければなりません。
赤ちゃんは穴という穴に指を突っ込みたがってしまうのです。
ですので、そんなときはファンヒーターの熱い熱気が出てくる吹き出し口をガードする吹き出し口ガードがあります。
ファンヒーターに近づけない、ファンヒーターガードもありますが、こちらはファンヒーターをぐるっと覆うくらいの
大きさがあるので、あまりお部屋が広くないというおうちには適していません。
場所をとらずに赤ちゃんがいても安全に使えるといったら吹き出し口ガードがオススメです。
こちらは、赤ちゃん用品を売っているような販売サイトで5,000円弱程度で購入できます。
吹き出し口ガードがファンヒーターの熱気で熱くならないか心配になりますが、大体が熱くならないように
安全に設計されていますので、心配はいりません。
アパート暮らしなどの方には特にオススメしたい商品です。
この冬は安全に快適に過ごしましょう。

赤ちゃんのいるお宅が安全に利用できる暖房って!?

毎年当たり前のように使っている暖房器具。
今年は赤ちゃんがいるから暖房器具も気をつけて使わなくてはいけないというお宅も多いはずです。
ただ寝ているだけの赤ちゃんなら問題ないですが、赤ちゃんは日々成長を遂げていきますので、
どんどん動きがでてきて、首がすわり、寝返りができるようになると、ハイハイができるようになり・・・
と、赤ちゃんの行動範囲も広くなってきます。
ですので、暖房器具を使う際には赤ちゃんの手が届かない使い方が大事です。
赤ちゃんは好奇心旺盛ですので、目に入るものはなんでも触りたがります。
ボタンというボタンは押したがったりもします。
そういったことで、赤ちゃんのいるお宅での暖房器具はどんな機能がついた暖房器具が必要でしょうか。
まずは、どんな電化製品にも当たり前のようについている「チャイルドロック」。
こちらは絶対的についていてほしい機能です。
購入する際はチャイルドロックがついている暖房器具を選びましょう。
そして、もし赤ちゃんが倒してしまったり、地震などで倒れてしまっても自動的に電源がOFFになるような
機能がついているタイプを選びましょう。
倒れてしまっても電源がついているままですと、火事の恐れがあります。
あとは、赤ちゃんには新鮮な空気を提供してあげたいので、空気を汚さないタイプのものを選ぶとよいでしょう。
特に石油ストーブや石油ファンヒーターなどの石油を使った器具は、締め切った部屋で使うと
一酸化炭素中毒になる恐れがありますので、一時間に一回は十分に換気をして使うようにしましょう。

小さい子供や高齢者がいる家庭にオススメの暖房器具

寒くなってくると暖房器具を使用しようかと悩んできますよね。
でも、うちには小さい子供がいるから安全に使用できるタイプの暖房器具がいいという家庭も多いはず。
そんなご家庭にオススメしたい暖房器具が「遠赤外線パネルヒーター」です。
聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。
こちらはその名の通り、パネル式のヒーターなんです。
ですので小さなお子さんがいるご家庭や高齢者がいるご家庭でも安心して使える暖房器具です。
遠赤外線で温めるため、安全で石油ストーブと違って空気も汚しません。
さらに、空気を乾燥させることもなく、音もとっても静か、さらに薄型ですのでスペースもとらないんです。
特に赤ちゃんがいる家庭では必ずついていてほしい機能「チャイルドロック」や、傾き感知機能も
もちろんついていますので、安心安全にご利用頂けるのです。
そしてもう一つうれしい機能が、電気代もエアコンなどに比べるととってもお得。
二酸化炭素を排出しないため、環境にもとっても優しいのです。
うっかり、切り忘れたときのタイマー機能もついているため、切り忘れて出かけてしまった場合でも
安心です。
一つデメリットとしては、エアコン単体や石油ストーブ単体の使用と比べると暖かさがいまひとつ
物足りないため、エアコンの設定温度を低めにしてエアコンと併用して使用することをおすすめします。
最初はエアコンをつけて部屋を部屋全体を暖め、暖まったらパネルヒーターを使用してさらに温かさをキープ。
そしてエアコンをとめて、パネルヒーターだけで温かさをキープします。

赤ちゃんにお勧めの暖房器具とは!?

赤ちゃんがいるので、暖房器具を使うにも気をつけなければいけないという家庭も多いはずです。
いつもは普通に使っていた石油ストーブも、いつも通りに使用できないというわけです。
もし石油ストーブを使う際にも注意が必要です。
どんな注意が必要か、赤ちゃんが触らないようにガードをつけるなどの注意が必要。
締め切った部屋で使って、一酸化炭素中毒にならないように換気を十分に行う必要がある。
消してあるときでも、赤ちゃんがボタンを押して勝手につけてしまわないようにチャイルドロックをかける必要がある。
などなど、一つの暖房器具を使うに当たっても、小さいお子様がいるご家庭ですといろんな注意が必要になってきます。
ということで、安全に使用できる暖房器具といったらやはりエアコンでしょう。
エアコンは赤ちゃんの手の届かない所にあるので、触ってやけどする恐れがないというところが最大のメリットです。
さらに設定温度を低くすれば電気代の節約にもつながります。
気をつけなければならないことは、エアコンを使用することによって空気が乾燥すること。
空気が乾燥するとウイルスを発生しやすくなるので、咳がでたり風邪をひいたりしがちです。
エアコンを使用する際には、加湿器を併用したり、しめったタオルをかけておいたりと
加湿をすることも忘れずに使用したいものです。
また、頻繁に使うとフィルターも汚れますので、菌が発生しやすくなります。
エアコンを毎日使用する場合は特に、こまめに掃除をしておくことも大切です。

赤ちゃんにお勧めできない暖房器具は!?

小さなお子様がいるご家庭は暖房器具を使うにも注意が必要になります。
普段は特に気にせずに使用していた暖房器具も、使用しない方がよかったり、使用するにあたっても
注意して使用する必要があったりします。
ということで、赤ちゃんがいるご家庭ではあまりオススメできない暖房器具はいったい何があるでしょうか。
まずは、石油ストーブ。
こちらは、吹き出し口から熱気がでてくることでやけどをする恐れがあったり、締め切った部屋で使うと
一酸化炭素中毒になりますので、注意が必要。
あとは、冬場には欠かせないこたつ。
こちらも注意が必要な暖房器具の一つです。
ついついこたつで居眠り・・・なんてこともよくある話ですが、こたつで寝て起きた時にはとっても
のどが渇いている経験ある方もきっといるはず。
そうです、ついつい居眠りしてしまいがちなこたつですが、体温を奪われるためのどが渇いてしまうので、
脱水を引き起こす可能性もかなり高いのです。
赤ちゃんと一緒に、気持ちよくってついつい居眠り・・・してしまうことのないように注意が必要です。
赤ちゃんは特に大人よりも体温調節が苦手なのです。
あとは、電気カーペットも意外と安全なようで危険が潜んでいるものです。
ついついこちらも居眠りをしてしまいがちですが、こたつ同様脱水はもちろんのこと、低温やけどをする可能性があります。
さらに清潔を心がけないとダニも発生しやすくなりますので、お肌のトラブルも起こってしまいがちです。

赤ちゃんがいる家庭にオススメ!オイルヒーター

冬も近づいている今日この頃、今年はどんな器具で暖をとろうかと悩んでいる家庭も多いはず。
しかも今年は好奇心旺盛の赤ちゃんもいるため、安全に使える器具が望ましいなんて方もいるでしょう。
赤ちゃんがいても安心安全に使える暖房器具っていったい何があるのでしょうか。
エアコンももちろんオススメですが、エアコンだと頭が痛くなる・・・なんてことを訴えたりして
意外とエアコンが苦手だという人も多いでしょう。
そんなママが赤ちゃんと安心して使える暖房器具に「オイルヒーター」があります。
オイルヒーターはキャスターもついているため、持ち運びもとっても便利。
昼間はリビングで使って、就寝時には寝室に持って行って寝る前や起きた時に使用することもできます。
オイルヒーターのメリットはやっぱり温風が直接当たらないため、好奇心旺盛の赤ちゃんにも安心。
ただかなり重たいので、持ち運びに便利といっても階段を上がっての持ち運びには不向きです。
同じフロアーで持ち運びするには便利ですね。
そして重たいがゆえ、倒れる心配もないためその点は安心して使えます。
またデメリットとしては電気代がかなりかかることが難点ですが、じんわりとした暖かさのため
室温を一定保つことには優れいている暖房器具です。
うまく利用するためには、最初はエアコンで部屋を一気に暖め、そのごオイルヒーターに切り替えて使用するという
使い方がオススメです。
価格は10?13畳用で、およそ40,000円弱程度です。

赤ちゃんには安全だけど少し物足りない暖房器具とは!?

最近はすっかり昼間も寒いというくらいの気候になってきましたね。
朝晩は特に冷え込むので、そろそろ暖房器具を準備しなくてはならない季節になってまいりました。
しかし、今年は赤ちゃんと一緒に冬を乗り切らなくてはならない・・という家庭もきっとあるでしょう。
そういったご家庭では、いつも通りの暖房器具を使えばいい・・というわけではないですよね。
まだ寝ているだけの赤ちゃんだったらいいかもしれませんが、好奇心旺盛にハイハイしまくる赤ちゃんや
もう赤ちゃんではないけれど、危険物を子供の手の届く所に置いておけないという家庭もあるでしょう。
そんなご家庭に大活躍するのが遠赤外線のパネルヒーターです。
パネルヒーターご存じの通り正面がパネル式になっているので、やけどの心配がありません。
また石油ファンヒーターと違って石油を使って温めるわけではないので、石油代もかかりません。
ファンヒーターは電気代+石油代がかかってしまいますよね。
電気代を考えるとコスト的にもパネルヒーターがオススメだと言えそうです。
ただ、パネルヒーターはお部屋の空気を暖めるというわけではなく、手元や足下を温めるので
部屋全体が暖まるというわけではないのです。
やはりその点を考えると石油ファンヒーターに比べると暖かさはだいぶ劣ってしまうのが難点です。
エアコンの設定温度を低めにしてエアコンでお部屋全体を温め、パネルヒーターをうまく併用しながら
暖をとってみるというのもオススメの使用方法です。

赤ちゃんに安心の遠赤外線パネルヒーター

近年では、本当に様々な暖房器具が出回っています。
皆さんはいつもどんな暖房器具で暖をとっていますか?
新しい電化製品にはあまり知識がないという方は、エアコンやストーブ、こたつ・・なんてものしか
暖をとる方法を思いつかなかったりするのかもしれません。
さて、今年は赤ちゃんがいるので暖をとるにも悩んでしまう・・というお宅も多いはず。
そんな赤ちゃんのいるご家庭では、いつも通りの暖房器具を普通に使えばいい・・というわけではないですよね。
今年は赤ちゃんがいるから新しく暖房器具を買おうと思っているご家庭も多いでしょう。
そんな赤ちゃんのいるご家庭にオススメしたいのが、遠赤外線のパネルヒーターです。
この商品は、赤ちゃんが暖房器具に触ってやけどをするという心配がないのです。
ちょっと目を離しているすきに、危険な行動をしてしまう赤ちゃん・・
このパネルヒーターは、パネルの部分の幅が狭くしてあるので、赤ちゃんが指を突っ込んでしまうという恐れもないのです。
エアコンや石油ファンヒーターだと、すぐにお部屋があたたまるのはいいけれど、暑くなりすぎるなんてことも
結構あるのですが、パネルヒーターは部屋が暑くなりすぎないので、赤ちゃんが汗をかいて風邪をひいてしまう
なんてこともないのです。
なんといっても、電気代が安いのがメリットです。
赤ちゃんがいるご家庭ですと、なにかと経費がかかりがちですので、せめて電気代だけでも
お安く使ってみるというのもコスト削減につながりますね!!

赤ちゃんには電気代のかからないゆたんぽ

これから出産を迎えるという方や、今年は赤ちゃんと一緒に冬を乗り切るというご家庭も多いでしょう。
しかし、赤ちゃんがいるといつも通りに暖房器具を使えなかったりもするでしょう。
いつもは石油ファンヒーターを主に使っているといううちも多いと思いますが、石油ファンヒーターは
吹き出し口から熱い熱気がでますので、赤ちゃんが触れないように注意が必要です。
もし石油ファンヒーターを使うというお宅は、赤ちゃんが絶対に触らないようにガードをつけるなりして、
赤ちゃんがやけどをしなように工夫して使わなくてはいけません。
また、石油ファンヒーターは締め切った部屋で使うと一酸化炭素中毒になってしまう恐れがありますので、
一時間に一度は換気をしたりと注意も必要です。
さて、案外忘れていがちな暖房器具に、湯たんぽがあります。
昔はよく小さい頃お母さんが湯たんぽを用意してくれたなんてお宅も多いかもしれません。
寝るときに足が冷えてしまうので、湯たんぽをして寝る・・幸せな気分になれたのを思い出します。
湯たんぽは昔ながらのステンレスのタイプに温かいお湯を入れて使うものと、ジェル状の湯たんぽで
使う前にレンジで数分チンして使うものと、湯たんぽといっても色々なタイプがあるかと思います。
ご自分にあった湯たんぽを選んで見るのもイイでしょうね。
しかし、湯たんぽといえども使い方によっては低温やけどをする恐れもありますので、
特に赤ちゃんに使う際には注意して使うようにしたいものですね。

赤ちゃんがいる家庭での暖房器具の使い方

今年は赤ちゃんと一緒に冬を乗り越えなくてはならないというご家庭もあるでしょう。
ですが、赤ちゃんがいるといつも通りの生活を送ればいい・・というわけでもないんです。
寝ているだけの赤ちゃんでも、いつも通りに暖房を使えば乾燥の原因になったりしますし、ハイハイをする赤ちゃんなんかは好奇心旺盛ですので、動くもの音の出るものに触りたがります。
そもそも赤ちゃんにとって暖房というのは必要なのでしょうか。
赤ちゃんは大人よりも平熱が高いので、着せる服は大人よりも一枚少なめにと言われますが、
赤ちゃんは自分で体温を調節するのがまだ苦手です。
ですので、大人が赤ちゃんにとって適度な温度を保ってあげなければなりません。
病院で赤ちゃんを産むと、退院するまで新生児室にいることになると思いますが、その新生児室の
温度は26度くらいになっています。
看護師さんからも退院してから、自宅でも26度くらいを保つようにと言われるはずです。
ということで、26度を保つくらいの温度を設定しなければならないのですが、エアコンを使うにしても
石油ファンヒーターを使うにしても、熱くなりすぎないように、また空気も乾燥しないように
注意が必要になってきます。
さてに、石油ファンヒーターを使う際には吹き出し口に赤ちゃんが触れぬようなんらかの
対策をしなければなりません。
暖房もつけているのに赤ちゃんに厚着をさせると大人は適温だと感じても、赤ちゃんにとっては
暑く感じているかもしれません。
赤ちゃんはとても汗っかきだということも忘れずに着せる服にも注意が必要です。

赤ちゃんにとって安全な暖房の条件とは!?

今年は赤ちゃんと一緒に冬を過ごすというご家庭の方は、どんな方法で暖をとろうか悩んでいるかもしれません。
いつも通りの暖房器具をいつも通りに使えばいいというわけではありませんね。
いつも通りの暖房器具を使うにしても注意しながら使わなければなりません。
また、新しく赤ちゃんにとって安全な暖房器具を買うにしても、どんな機能がついているのかよく把握してから
購入する必要があるかと思います。
そこで、赤ちゃんがいる家庭にとって安全な暖房器具の条件とは何があるんでしょうか。
まずは、ハイハイをする好奇心旺盛な赤ちゃんには、手で触ってしまってもやけどをしないもの。
そして、もし不意に倒れてしまったとしても、電源がOFFになるような機能がついているタイプで
火事にはならないもの。
新しく赤ちゃんにとって安全な暖房器具を買おうとしているご家庭の方は、こんな注意が必要です。
まずは、その電化製品に安全な機能がついているか。
絶対的についていてほしい機能「チャイルドロック」。
そして、もちろん転倒したら電源がOFFになるという機能。
ファンヒーター系ではなくて、エアコンの購入を検討しているというご家庭の方は、加湿機能付きの
エアコンを購入すると良いでしょう。
エアコンは、空気を乾燥させてしまいますので、加湿も行える機能がついていることが望ましいです。
加湿機能がついているエアコンはお値段も跳ね上がりますが、加湿器を同時に買ったと思えば
電気代は一つですみますので、加湿機能付きのエアコンを買った方がお得かもしれません。

赤ちゃんにとって安全を第一に考える煖房器具は!?

赤ちゃんがご家庭にいると何かと身の回りを整頓しなければならなかったりしますね。
赤ちゃんは、見るものすべてに好奇心をむき出しにし、さらに手に取るものはすべて口に入れたがります。
新しいものを発見したときなんかは特に、好奇心が旺盛になりますね。
そんな赤ちゃんにとって安全を第一に考えるとしたらいったいどんな煖房器具がよいのでしょうか。
電気代なども考えずに、赤ちゃんが安全に過ごすことだけを考えるとしたら
やはり一番安全なのは、エアコンでしょう!
エアコンはただでさえ赤ちゃんの手の届かない場所にありますので、赤ちゃんが触れることはありません。
ただ、注意したいのはリモコンです。
赤ちゃんはボタンというボタンは押したがります。
エアコンのリモコンを赤ちゃんの手の届く所においておくと、ボタンを押しまくって大変なことになりかねません。
リモコンも赤ちゃんの手の届かない高い場所においておくと良いでしょう。
エアコンは設定温度が一度違うだけで電気代もかなり違ってきます。
高めの設定温度でほぼ24時間フル稼働したら電気代がとんでもないことになってしまいます。
ですので、設定温度はなるべく低めにして、それでも寒いと感じるのであれば電気毛布などもうまく
利用して、エアコンと電気毛布で暖をとるのもオススメです。
電気毛布もコンセントから電気をとりますので、赤ちゃんがコンセントに触れないような注意と
使いすぎて低温やけどをしないように注意も必要になってきます。

赤ちゃんのためなら少し高価なオイルヒーターも!

赤ちゃんが生まれると、それでなくてもベッドや洋服やおむつやミルク・・
赤ちゃんのためにかかる費用がとんでもなくかかります。
でも、そんなかわいい赤ちゃんのためならお金が少しくらい高くてもどうってことない!って家庭もあるでしょう。
そんな赤ちゃんのいるご家庭で、安全な煖房器具を買おうと思っているご家庭にオススメするのは、
オイルヒーターです。
オイルヒーターはなんといっても、本体の値段がそこそこします。
もちろん価格はピンキリですが、大体20,000円から40,000円といったところでしょう。
さらに、本体ももちろん高いのですが、使用するための電気代も高めになります。
オイルヒーターの難点といったら、価格と電気代が高いということでしょう。
ですが、赤ちゃんのためなら!と思っているご家庭の方にはとってもオススメ。
やはりなんといってもすぐに暖かくなるというのが最大のメリットです。
煖房器具は、もちろん寒いときに使いますのでいかに早く暖かくなるか・・が重要です。
オイルヒーターは体の芯から暖まりたい!という方にもオススメなんですよ。
あとオイルヒーターを使うメリットといえば、ヒーターの電源を切ったあとでも
温度の下がり方がゆっくりなので、しばらく暖かいのが続くということです。
ファンヒーターやエアコンは切った後すぐに寒くなりますよね。
その点オイルヒーターはオススメです。
またオイルヒーターはエアコンなどに比べると乾燥しにくく、空気も汚しません。
電気代を考えないのであればオススメですよ!

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ