調理師の資格

この記事は14分で読めます

調理師とは

調理師とはレストランなどで料理を作る人のことです。
料理人とかシェフと言う時もありますね。
日本で調理師と言うと調理師免許を持っている人のことを指すようです。
調理師免許は国家資格です。
資格を取るためには試験を受けなければなりません。
取り方については人それぞれです。
調理師専門学校に通って資格を取ることもできますし、自宅学習でも取れます。
具体的な取り方についてはインターネットなどで調べるといいでしょう。
通信教育のサイトでも調理師の講座があります。
調理師の資格試験はペーターテストですが、高齢労働大臣が指定した調理師専門学校を卒業するだけで調理師の資格を得ることができます。
資格自体が比較的簡単に取れることから調理師の資格を持っていることのメリットはあまりありません。
飲食店を開きたいなら、食品衛生責任者の資格が必要ですし、病院などの調理をする場合栄養士の免許が必要です。
つまり、調理師の資格を持っているからと言ってできる仕事はほとんどないと言えるでしょう。
もちろん、調理師の上位の資格を取ることで仕事の面で有利になることは考えられます。
調理師の資格を手始めに、いろいろな免許を取ることが仕事の幅を広げることにつながります。
試験はそれほど難しくありません。
50代の人でも試験を受けて合格しています。
予想問題集をしっかりとやっておけばいいのです。
ただ、学校に行っていない場合、実務経験2年以上と言う条件が課せられます。
ファミレスのアルバイトなどを2年続けても条件をクリアできます。

スポンサードリンク

調理師の資格の取り方

調理師免許の取り方を紹介しましょう。
調理師の資格は比較的ポピュラーですから、難しい条件はありません。
取り方として2つのパターンがあります。
厚生労働大臣指定の調理師学校を卒業するか、調理師試験を受けて合格することです。
調理師学校の場合は卒業するだけで調理師の資格をもらうことができます。
試験そのものがありません。
社会人になってから調理師を目指す人が調理師試験を受験するようです。
難しい試験ではありませんから、事前に勉強しておけばいいだけです。
通信教育などもあります。
日本で調理師の資格を持っている人の6割程度が調理師試験を受けているようです。
ただ、調理師試験を受験するための条件として2年以上の実務経験が必要です。
飲食店や惣菜屋さんで2年以上働いていればクリアできますし、アルバイトとして週4日以上、1日6時間以上であればクリアします。
この他に細かい条件がありますが、自分が受験しようと考えているなら、事前に問合せしておくことをおすすめします。
実務経験は調理業務従事証明書を職場で発行してもらわなければなりません。
後は試験の準備をするだけです。
試験願書の受付期間は試験日の1か月前くらいですから、事前に調べておかないと期間を逃してしまうことになります。
国家試験ですから、厚生労働省のホームページなどにも掲示されていますが、過去問などのテキストに書かれていますから、確認するのは簡単です。
調理師の試験で不合格となるのは、勉強していない人だけです。
普通に勉強しておけば合格すると思っていいでしょう。

調理師の魅力

調理師の資格を持っていることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。
飲食店などで料理を作るために調理師の資格が必要なわけではありません。
医師の免許などと違う性質の資格なのです。
料理を作ることを仕事にしたいと思っているなら、調理師の資格は基本的なものと考えることができます。
つまり、周りの人や会社があなたを評価する時の一つとして調理師の資格を見ているのです。
就職や転職をする時に履歴書に書くことができますから、それだけ有利になるでしょう。
つまり、料理の基本的なことを知っていると見ることができます。
調理の資格の取り方はそれほど難しいことではありません。
取り方が難しい資格ではないからこそ、持っていて当然と見られるのです。
調理師さえ持っていない人は料理を仕事として続けていく意思がないと見られるかもしれません。
もちろん社会人となって、料理をする職場に配属されてから調理師免許を取得する人の方が多いでしょう。
資格がなくても料理はできますが、普通の人は調理師免許の試験を受けるのです。
その頑張りを周りも認めてくれると言うことです。
調理師だけではなくその上位にある栄養士や管理栄養士の資格を取ることを目指す人もいます。
管理栄養士になると仕事の範囲が広がっていきます。
転職にも有利になりますし、収入も増えると思っていいでしょう。
自分の将来を考えた時に、いろいろな資格を持っていることは必ず強みとなります。
取得のチャンスがあれば、積極的に受験しましょう。

ユーキャンの調理師講座

ユーキャンは生涯学習を目指す通信教育を提供している企業です。
様々な資格を取得するための講座を開いています。
ユーキャンの調理師講座を紹介しましょう。
調理師の取り方はユーキャンの講座を受けてみればわかります。
試験の勉強をテキストでやって、後は試験を受けるだけです。
講座の受講料は一括払いで44,000円です。
社会人なら出せない金額ではありません。
自分の仕事の幅を広げるための資格ですから、無駄になることはないでしょう。
もちろん、通信教育を受けなくても独学で勉強することも可能です。
ただ、一人で勉強していると途中で止めてしまいたくなってしまう人にはユーキャンなどの講座がおすすめでしょう。
1日60分の勉強をしていれば、合格する知識を習得できます。
社会人として昼間は忙しい人でも、1日60分の時間を確保すればいいのです。
まずは、資料請求をしてみましょう。
調理師の資格の取り方と流れが説明された資料が送られてくるでしょう。
同じ職場で働いている先輩たちの経験を参考するのもいいでしょう。
標準的な学習期間は6か月です。
試験月に合わせて受講を開始しましょう。
自分が受けようとしている都道府県の試験日を確認しておきましょう。
わからないことがあれば、気軽に質問できるのが通信教育のメリットです。
また、ユーキャンの場合、1年間は指導サービスを受けることができます。
丁寧な添削を自分が理解できるまで頑張るのです。
本番の試験は60%の正答率で合格できます。

調理師免許

調理師免許を持っていると就職先が確実になると思っている人もいるようですが、それは大きな間違いです。
レストランや飲食店ではおいしい料理を出さなければお客さんは来ません。
おいしい料理を作ることと調理師の資格は関係ないのです。
また、調理師の資格を持っていなくても料理を作ることは問題ありません。
つまり、調理師の資格は何の役にも立たないと考えている人の方が多いのでしょう。
ただ、料理の道を目指すなら調理師の資格くらいは取っておきたいものです。
実際取り方も難しくはありません。
その意欲さえあれば誰でも取れるのです。
もちろん、ある程度の勉強は必要です。
マークシート方式で60%合っていれば合格です。
過去問のテキストを十分やっておけばいいでしょう。
また、実務経験が2年以上と言う条件が付いています。
アルバイトでもいいですから、2年間頑張りましょう。
調理の資格の取り方や取った後の仕事について、インターネットで質問している人もいますが、まずは自分で調べてみましょう。
それぞれの資格でできること、できないことを理解しておけば、自分が取るべきかどうかわかるはずです。
料理人の世界は個人企業が多いですから、安定した収入をずっと確保するのは難しいかもしれません。
料理の腕がある人はそれほど多くないのです。
ラーメン店も頻繁に店の名前が変わっていると思いませんか。
気合だけで商売ができると思ってはいけません。
努力の一つの証として調理師の資格があると思いましょう。

調理師の経験

調理師の仕事は何でしょうか。
調理師の資格を持っていることで就職が有利になることはありますが、仕事に直接影響することはありません。
つまり、調理師の仕事と言うものは存在していないのです。
したがって、調理師としての経験と言う表現は調理師の資格を持ってからの経験ではなく、調理をする行為としての経験を意味しています。
学校を出てから就職に有利なようにと調理師の資格の取り方を調べている人が多いのですが、調理師の資格の意味を理解していないことが多いようです。
医師や薬剤師など資格がなければ仕事自体ができない免許と調理師は違います。
料理を作ってお客に出すことも調理師の資格が必要なわけではありません。
ただ、調理師の資格を持っていた方が、周りの人や職場に対して自分の地位を安定させる効力は間違いなくあります。
調理師の資格もないのに料理を作っていると陰口をたたかれる心配がないからです。
現代の日本における調理師の資格はこのような性格を持っていると言っていいでしょう。
つまり、料理の世界で仕事をしたいなら、調理師の資格は最低限の資質と見られているのです。
調理師の資格の取り方は難しくありません。
試験は問題集などで勉強すればいいだけです。
ただ、調理をする職場での実務経験が2年以上必要です。
飲食店のバイトでも条件さえ整えば満足できます。
時には虚偽の実務経験で申請している人もいるかもしれません。
その辺りは本人の考え方でしょう。
ちなみに、飲食店を出すためには調理師ではなく食品栄養責任者の資格が必要です。

調理師の仕事

レストランや飲食店の求人情報を見るとほとんどが調理師の資格を持っていることが条件となっています。
もちろん、調理師の資格がなくても料理はできますし、おいしい料理を作る人もいるでしょう。
しかし、求人する側としては調理師の資格を最低限の条件と見ているのです。
調理師の資格を持っていれば、栄養のことや調理の基本的なことを理解している見ることができます。
つまり、まったくの素人ではないのです。
このような事情から調理師の資格を取って、就職を有利にしておこうと考える人は少なくありません。
資格の取り方は難しくありませんから、社会人になってからの取得の方が多いようです。
職場で働きながら、調理師の勉強をするのです。
その努力は職場内で評価されることでしょう。
取り方がわからなければ問題集などを購入して読んでみればわかります。
難しくありません。
調理専門学校などを卒業した人は無条件に調理師の資格が与えられるのです。
調理師はたくさんいると思っていいでしょう。
逆に調理師の資格さえ持たない人はどうなのだと思われます。
あなたが再就職先を見つけたいと考えているなら調理師の資格を取得することを考えてください。
料理の腕を磨くことよりも重要視しなければなりません。
もちろん、実際に店で料理を作るようになると調理師の資格の有無は関係ありません。
調理師の奥さんよりも旦那さんの方がおいしい料理を作る例はよく聞く話です。
ただ、仕事として年収アップを望んでいるなら調理師の資格は避けられません。

調理師と通信教育

通信教育で資格を取った経験を持っている人は少なくないでしょう。
もちろん、資格試験は国の指定の会場で受けなければなりません。
通信教育では試験のための勉強だけです。
調理師を目指して勉強をする人は多いですが、通信教育まで利用するかどうかは本人の考え方次第です。
市販の問題集をきっちりできる人なら、通信教育にお金を払う必要はありません。
資格の取り方を知らなくても、問題集に書かれているはずです。
難しいことではありません。
願書を取り寄せて、締め切りまでに送付すればいいのです。
各県毎に調理師の試験は行われています。
どこの県で受けても構いません。
全国共通の資格です。
資格の取り方で注意が必要なのは2年の実務経験です。
飲食店に勤めている人はまず条件に合致するでしょうが、アルバイトの場合はちょっと微妙です。
週4日以上、1日6時間以上が条件となっています。
職場で実務経験証明書をもらわなければなりません。
2年連続でなくてもよく、合算して2年になればいいわけです。
条件として、それほどハードルは高くないでしょ。
試験は年に1回、各県毎に行われます。
通信教育や市販の過去問で勉強しておけば、試験は合格するでしょう。
マークシート方式で6割以上を解ければいいのです。
中学卒業以上を想定していますから、難しくないはずです。
ただ、勉強がどうしても嫌な人は通信教育などでアドバイスをもらいながら進めましょう。
自分が調理師になりたいと言う夢を持っていても、その程度の勉強ができないなら諦めた方がいいでしょう。

調理師の条件

料理をするのが好きで将来は調理関係に進みたいと思っているなら、まずは調理師の資格を取りましょう。
調理師とは国家資格であり、取り方には2種類があります。
厚生労働大臣が認定した調理師養成学校を卒業するか、国家試験に合格すればいいのです。
資格がなければ調理師を名乗ることができません。
ただし、調理師の資格を持っていなくても、調理をすることはできます。
飲食店で働くことができるのです。
中学卒業や高校卒業と同時に飲食店に就職した人が自分のレベルアップのために調理師資格を取ることが一般的と思いますが、最近は30代、40代でも調理師の資格を取る人が増えてきました。
取り方は難しくありませんから、高齢でも勉強さえできれば合格するでしょう。
結婚するまで飲食店で働いていた女性が出産して子育ても終わってから再就職を考えるために調理師の資格を取るパターンも多いですね。
調理師の資格を持っているからと言って、給料が上乗せされることはほとんどありませんが、就職できるかどうか不透明な時は有利に働くことは間違いありません。
調理師の条件は2年以上の実務経験ですが、すでに就職している人にとって楽にクリアできるでしょう。
専業主婦として仕事を辞めてしまっている人の場合は、新たにどこかでアルバイトをしなければなりません。
適当な勤め先が見つかればいいですが、簡単ではないかもしれません。
ただ、アルバイトでうどん屋さんや定食屋さんなどで働けばいいでしょう。
調理師の資格を取りたいためだけにアルバイトをしている人もいるのです。

自動車と調理師

自動車学校で車の免許を取ることは誰でも知っていますが、調理師の資格の取り方を知らない人が多いようです。
免許と資格には大きな違いがあります。
自動車免許と調理師の資格を比較してみましょう。
まず取り方の違いです。
自動車免許は自動車学校で所定の授業を受けなければなりません。
そして、試験にも合格する必要があります。
免許を取得して初めて自動車の運転ができるのです。
免許なしで運転すれば、当然警察に捕まってしまいます。
つまり、自動車の免許を持っていると言うことは運転の資格を与えられていると言うことです。
これに対して、調理師の資格はどうでしょうか。
調理師の資格がない人が飲食店で調理をした場合、逮捕されるでしょうか。
逮捕されることなどありません。
何の問題もないのです。
仮にその店で食中毒を出してしまったとしても、それは食品衛生責任者が罰せられるだけです。
もちろん、フグ料理など特別な資格が必要な調理もあります。
それでは調理師の資格とはどのような意味があるのでしょうか。
調理師の資格を持っている人は調理に関する基本的なことを知っているとみなされます。
合格するために勉強しているのですから、知識として持っています。
その上に2年以上の実務経験を積んでいます。
つまり、就職先では即戦力として活躍できる実力を持っているのです。
人を採用する時に、相手がどのようなレベルなのかわからなければ採用が難しいでしょう。
調理師の資格を持っていると聞くだけで、最低限のレベルが確保されるのです。

過去の調理師試験

調理師試験は難しくありません。
資格の取り方も説明書を読めばすぐにわかります。
このように調理師の資格が取りやすくなっている背景には、調理師の資格を取ることによって就職がしやすくなることや調理のレベルアップを図ることができるためです。
調理師の資格試験は各県毎に行われています。
マークシート方式ですから、要領さえ覚えれば一発で合格するでしょう。
各県のホームページには過去の問題が回答付きで掲載されていることが多いようです。
それをダウンロードして勉強しておけば合格間違いなしでしょう。
もちろん、実務経験も条件となっていますから、クリアすることが必要です。
あなたは調理師の資格を目指していますか。
レストランのコックを目指しているなら、調理師の資格は必須と考えてください。
調理師専門学校などに通うこともいいですが、独学で試験に合格することもできます。
後は実務経験だけですね。
過去問が掲載されているのは受験する人にぜひとも受かってほしいと思っているからです。
答えを教えてやっているのですから、しっかり覚えてきてほしいと言う気持ちでしょう。
このように調理師の資格試験の取り方は簡単なのですが、意外と知らない人が多いようでしょう。
わざわざ学校に通ったり、通信教育にお金を払ったりしています。
自分一人で地道に勉強することが苦手な人には専門学校も悪くありません。
高校を卒業して調理師専門学校に通う人も少なくありません。
ただ、将来自分がどのような料理人になるかは、自分の頑張り次第です。

調理師学校と資格

調理師学校は正しくは調理師養成学校です。
厚生労働大臣の指定によって調理師試験を免除された学校です。
卒業と同時に調理師の資格を得ることができます。
調理師の資格の取り方としては一番確実です。
この他の取り方は国家試験を受けることになります。
高校を卒業してすぐに仕事を始めた人は国家試験を受けることになります。
調理師学校を卒業することはきちんと課題を提出して、授業に出席しておけばいいわけですから、難しくないでしょう。
一般的には専門学校として2年課程となります。
卒業後は料理関係の仕事に就くことになるでしょう。
もちろん、それ以外の仕事に就く人もいます。
その時の社会の状況によって求人は変わるからです。
普通の仕事をしていた人が調理師の資格を取ろうと勉強をするケースも少なくありません。
子育てが終わって、新しい仕事を始めたいと思うお母さんたちが就職に有利なように調理師の資格を取るのです。
調理師の試験では食品関係の問題が出題されます。
難しくはありませんが、しっかりと勉強しておかなければ合格しないでしょう。
専門学校に通っていれば、授業で習うことばかりです。
どちらの取り方でも構いません。
自分が目指すやり方をすればいいのです。
食品関係の仕事と言っても、調理をしない職種もたくさんあります。
自分の働き場所を早く探しましょう。
自分の将来についてしっかりと考えてください。
その始まりに調理師の資格があるのです。
自分で飲食店を開く夢を持っている人もいます。

自分でできる調理師の勉強

独学で調理師試験に合格しようと考えるなら過去問を勉強しましょう。
基本的にはそれだけでいいはずです。
60%以上の正答率で合格します。
過去にどのような問題が出ているのでしょうか。
各県毎に問題を作成していますが、極端な差はありません。
大学の入試問題のようなイメージです。
例えば食文化概論の出題ではしば漬けを郷土料理とする県がどこかとか、ヒンズー教で食べられない食べ物は何かといったことです。
答えを知っているかどうかだけです。
勉強しておけば解けるでしょう。
回答は4択のマークシート方式ですから、当てずっぽうで記入しても25%は当たることになります。
この他に公衆衛生学、衛生法規、栄養学、食品学、食品衛生学、調理理論などの分野から出題されます。
分野名は難しく聞こえますが、問題を読めば意外と簡単だと思ってしまうでしょう。
過去問のテキストを購入して勉強してもいいですが、インターネットでも過去問を入手することができます。
調理師の試験は1年に1回ですから、それに照準を合わせて勉強するようにしましょう。
調理師専門学校を卒業すれば、無条件に調理師の資格を得ることができます。
資格の取り方としては一番確実でしょう。
他の取り方として通信教育を利用することもできますが、わざわざお金を出して勉強する必要はないでしょう。
学校を出て、時間が経っていないならば勉強することもそれほど苦痛ではないでしょう。
自分の将来のために調理師の資格を取るのですから、勉強嫌いでも頑張りましょう。

調理師関連の資格

すでに調理師の資格を持っている人はそれ以外の資格も取りたいと思うでしょう。
いろいろな資格を持っていれば、仕事の幅を広げることができますし、就職にも有利です。
調理師以外の食品関係の資格を紹介しましょう。
具体的な取り方はインターネットなどで調べてみるといいでしょう。
調理師よりも取り方が簡単な資格もあります。
調理師の資格だけでは飲食店を開くことはできませんが、食品衛生責任者がいれば店を開くことができます。
調理師の免許を持っている人は、申請だけで食品衛生責任者になることができます。
それから栄養士は病院や学校などで栄養指導を行います。
栄養士がいなければ給食を提供することができません。
また、その上位の管理栄養士もあります。
専門学校などでは調理師か栄養士のどちらかの資格だけが取得できます。
そのため卒業した後で、不足する資格を取りなおす人も少なくありません。
お菓子職人を目指す人には製菓衛生師の免許があります。
パティシエと呼ばれることもあります。
それからふぐ料理を作るつもりなら、ふぐ調理師と言う資格があります。
ふぐの場合は特別です。
一歩間違えば食べた人が死に至ってしまうからです。
実技で自信がない人はふぐ調理師を目指さない方がいいでしょう。
みんなが喜んで食べてくれる料理を作るようにしましょう。
栄養士は調理を作るのではなく献立を考えます。
栄養バランスを考えて、材料を選定するのです。
実際に作るのは調理師と言うことですね。

調理師の試験

これから調理師を目指そうと考えているなら、国家試験にパスしなければなりません。
すでに仕事をしている人の場合はこの取り方になりますが、まだ高校生以下なら調理師専門学校に行く方が簡単です。
卒業するだけで調理師の資格が取れるからです。
取り方を考える必要もありません。
調理師の試験は一般の知識があっても合格しません。
過去の問題をしっかりと勉強しておかなければなりません。
もちろん市販されている過去問題集を解いておけばいいでしょう。
各県毎に試験は実施されていますが、どこの県の試験でも受けることができます。
1年に1回しか試験はありませんから、自分の県で不合格になったら、別の県で再挑戦することも可能です。
試験が行われる月は、それぞれの県で決まっています。
例年、同じ時期に行われているはずです。
県のホームページなどに掲載されていますから、調べておくといいでしょう。
願書の提出期間は短いため、日程を確認して出し忘れがないようにしてください。
過去問のテキストには取り方が丁寧に書かれています。
他の国家試験と同じ要領です。
調理師以外の試験を受けた経験がある人なら、すぐにわかるでしょう。
わからないことがあれば、経験者に聞いてみるのが一番ですが、身近にいない時は県の担当課に問い合わせるといいでしょう。
受験資格なども規定されていますから、漏れがないようにしてください。
特に2年間の実務経験は受験の時になってから慌てて対応できることではありません。

調理師になるには

調理師になりたいと思っている人は少なくありませんが、資格の取り方はあまり知られていないようです。
取り方は特別ではありません。
国家試験に合格すればいいのです。
他の資格と同じように1年に1回試験があります。
各県毎に実施されていますから、詳しい日程などは県に問い合わせてみるといいでしょう。
インターネットで調べてもすぐに検索できるはずです。
調理師専門学校と呼ばれる学校もたくさんありますから、調理師になろうと学校に入学する人もいるでしょう。
この場合の資格の取り方はさらに簡単です。
卒業すればいいだけです。
晴れて調理師の免許を取得することができたら、その後はどうするのでしょう。
調理師の求人を調べて仕事を始めるでしょう。
レストランや飲食店、カフェなどもいいですね。
ただ、調理師の免許がなければ調理をしてはいけないわけではありません。
調理師を名乗ることができないだけです。
食品関連の仕事に就く人がほとんどですが、仕事についてから調理師の資格を取る人も少なくありません。
料理のことが好きなら、まずは調理師の資格を取っておきましょう。
普通の調理師に上位の資格として洋食専門調理師、中華専門調理師、すし専門調理師、和食専門調理師、麺専門調理師などがあります。
それぞれの道を究めた調理師に与えられます。
同じように国家試験に合格しなければなりません。
資格を取ることで周りからの評価も高くなりますし、収入アップも期待できるでしょう。

調理師とお菓子職人

調理師の資格が取れる専門学校の多くは製菓の課程もあります。
製菓の課程を卒業すると製菓衛生師の資格を取ることができます。
お菓子職人として仕事をしたいと考えているなら、ぜひ製菓衛生師を目指しませんか。
調理師とは別の課程になりますから、両方を同時に取ることは難しいでしょう。
しかし、頑張って勉強すればいいのです。
どちらも取り方は同じです。
国家試験に合格すればいいのです。
ただし、実務経験が必要です。
製菓専門学校の場合、和菓子、洋菓子、製パンと幅広く学ぶことができます。
自分で好きな分野を決めて一生懸命頑張りましょう。
卒業してから、お菓子屋さんに就職できれば最高でしょう。
もちろん、いつかは自分の店を持つことが希望でしょうか。
資格の取り方を学ぶだけではありません。
お菓子を作るためのテクニックをたくさん学ぶことができます。
お菓子は見た目だけではなく味も大きな要素です。
色やデザイン、見た目の良さなどすべてがそろって初めてプロと呼ばれることでしょう。
すぐにうまくケーキが作れるわけではありません。
しかし、学校でいろいろと経験することで卒業してすぐに仕事を始められるのです。
インターネットを調べてみると、あなたが住んでいるところにも製菓専門学校があるでしょう。
高校を卒業して、専門学校を希望する人も多いはずです。
ただ、すべての人が希望している仕事に就けるわけではありません。
それはどんな分野でも同じことです。
ただ、資格を持っていれば、いつかはチャンスが訪れるでしょう。

調理師とファミレス

ファミレスで仕事をしたいと思っている人は少なくないでしょう。
もちろん、アルバイトです。
飲食店での調理補助は調理師の免許が必要なわけではありません。
特にファミレスの食材は調理と言うよりもレンジでチンする程度です。
ただ、ファミレスでも調理実務経験の年数に数えることができます。
れっきとした調理と見ることができるのです。
調理の実務経験があれば、後は国家試験を受けて調理師の資格を得ることができます。
調理師資格の取り方はインターネットで調べるとすぐに出てきますが、実務経験がネックになるケースが少なくありません。
飲食店で本格的に働くこともいいですが、ファミレスに2年間務めましょう。
週4日以上、1日6時間以上のアルバイトなら実務と認められます。
ただ、ホールだけのアルバイトだと認められないことが多いようです。
調理師の資格を取るためにアルバイトをしていることを店長に説明すれば、調理場の仕事をさせてもらえることでしょう。
大人になった人の調理師資格の取り方はそれだけです。
もちろん、専門学校に入学すると言う方法もありますが、現実的ではありません。
ファミレスの調理手順は細かくマニュアルがあります。
要するに覚えてしまえば誰でもできるのです。
アルバイト主体ですから当然のことでしょう。
このような現実を知っている人はファミレスには決して行かないでしょう。
ただ、栄養バランスを考えたメニューも増えてきましたから、意外とおいしい料理もあります。

調理師の情報

調理師の情報と言えば、転職や就職を考えている人のための情報です。
調理師の資格を持っていることで求人情報を絞り込むことができます。
資格条件がない求人もたくさんありますが、調理師を指定している場合は、それなりのスキルを求めていると考えていいでしょう。
当然ながら給料も高くなります。
ただ、調理師の資格を持っている人は多いですから、基本的な資格と考えている店長も少なくありません。
学生のアルバイトでなければ、調理師が条件となるのです。
このような情報がありますから、調理師の資格の取り方を調べている人もいます。
1年に1度の国家試験ですから、数年後の転職を目指して調理師の資格を取ることが大切です。
取り方自体は難しくありませんが、すぐに取れるわけではないと言うことです。
調理師の資格があってもおいしい料理を作ることができるわけではありません。
しかし、基本的な調理の手順を知っていると評価されます。
まったく何も知らない人を雇うよりも、知識のある人を雇った方が仕事はスムーズに進みます。
そのために調理師の条件が付くのです。
店舗によって仕事内容は違いますが、昼食時が一番忙しいでしょう。
特に土日祝日です。
お客が入り口で順番待ちをしているお店を見ることがありますが、厨房の調理師たちはてんてこ舞いでしょう。
あなたも忙しいお店で働いてみましょう。
お客が来なくて、暇な店よりも忙しい方が楽しいはずです。
調理師の資格が役に立っていると思えるはずです。
まだ資格を持っていないなら、取り方を調べてください。

調理師資格と年齢

調理師資格を取りたいと思って、社会人になってから調理師専門学校に入学する人がいます。
もちろん、資格の取り方が一番確実ですから、その選択肢は悪くありません。
ただ、年齢的に大丈夫かと自分で心配している人がいます。
高校ではありませんから、年齢的なことは誰も気にしないのではないでしょうか。
一番気にしているのは本人のようです。
専門学校以外での資格の取り方は実務経験が必要になりますから、主婦として家庭に入ってしまうと難しくなるかもしれません。
調理師に限りませんが、専門学校には明らかな社会人がクラスに数人いることが多いようです。
あなたがこれから学校に入学するかどうか迷っているなら、一度見学に行ってみましょう。
学校毎にかなり雰囲気が違います。
自分が馴染めそうな雰囲気の学校を選べばいいのです。
調理師専門学校への入学は試験などないに等しいですから、希望すれば確実に調理師の資格を取ることができるでしょう。
自分の若いころからの夢を叶えたいと調理師になる人もいます。
いずれは自分の店を持ちたいと思っていることでしょう。
夢を実現するための第一歩として調理師の資格があるのです。
料理をすることが好きな人なら、調理師の資格などすぐに取れるでしょう。
しかし、若い人たちに対して自慢する必要はありません。
それだけ人生を長く生きてきたのですから、経験を積んでいるのです。
若い人たちと一緒に調理の勉強をすることで若さをもらうことができることでしょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ