藤井聡太四段データブック

この記事は14分で読めます

藤井聡太四段について

藤井聡太四段と聞けば、今では日本中の多くの人が知っている中学生となりましたが、少し前までは将棋界の人以外は知らなかったのです。
既にご存知かもしれませんが、藤井聡太四段のこれまでの活躍を紹介しましょう。
2016年12月24日の加藤一二三との公式戦で勝利してから、公式戦で29連勝を記録し、将棋の連勝記録を67年ぶりに塗り替えた中学生として注目されている時の人なのです。
もちろん、将棋に限らず、連勝記録はいずれ破れてしまうのですが、若手の台頭が多くの子どもたちに注目されるようになりました。
子どもを持つ親は藤井聡太四段を見習い、将棋を習わせようと考えているのかもしれません。
もちろん、連勝する前から将棋界では注目された若手でした。
小学生の将棋大会で優勝するなど、その時点で将来が有望視されていました。
その後、最年少でプロ入りを果たして、四段になってから公式戦で大記録を打ち立てたのです。
現代の若者の多くはスマートフォンやパソコンなどを使用して、過去の将譜をしっかりと頭に入れていると言われていますが、将棋盤を前にして、そのことを思い出して最適な手を打てるかどうかが勝敗を分けるのかもしれません。
もちろん、将棋は1手ですべてが決まるほど単純なゲームではありませんし、状況によって形勢が逆転することも少なくありません。
藤井聡太四段の場合は、その時点での最適な手をしっかりと考えており、ミスが少ないと言われています。
それが結果的に勝利につながるのでしょう。

スポンサードリンク

藤井聡太四段の特徴

現在、日本で最も注目されている中学生は藤井聡太四段でしょう。
もちろん、将棋界の若きポープですし、67年ぶりに公式戦連勝記録を更新しました。
ただ、いきなり大記録を打ち立てたわけではなく、小学生の頃から注目されていました。
将棋に関心がない人には情報が伝わっていなかっただけです。
小学生の時には関東地区で開かれていた全国大会の低学年の部で見事優勝しています。
幼少の時から続けてきた将棋が現代の藤井聡太四段を作っていると言っても間違いないでしょう。
藤井聡太四段の将棋はこれからも変わっていくかもしれませんが、現時点での特徴を紹介しましょう。
これもいろいろなサイトや将棋雑誌に掲載されています。
得意は居飛車ですが、相手によって柔軟な対応をしますし、悪手の少なさが結果的に勝利につながっていると言われています。
将棋にはいくつかのパターンがありますが、序盤、中盤と手堅く攻守のバランスを取りながら、最後には一気に攻める技が得意です。
もちろん、これまでの多くの将士の技を見てきていますから、柔軟な対応を可能とする手厚い将棋が得意なのでしょう。
藤井聡太四段については、これまでのいろいろなエピソード情報がありますが、まだまだこれから活躍していく若手ですから、現時点で将棋の型が完成されていると見るべきではありません。
今後の活躍を期待するとともに、今の小学生、中学生が将棋に関心を持ってもらいたいと関係者は願っていることでしょう。

藤井聡太四段の人気

藤井聡太四段の人気は将棋に関心がなかった人をも巻き込んで日本中に広がっています。
もちろん、小学生の子どもを持っているお母さんたちは藤井聡太四段にあやかって子どもたちに将棋を習わせようと考えているかもしれません。
ただ、将棋のルールは誰でもわかるとしても、プロになれるのはごくわずかですし、人気が出るほど注目されるのはさらに少なく、数年に一人と言われています。
将棋のプロにならなくてもいいですが、将棋を指すことでじっくりと落ち着いて考える習慣を付けることができるでしょう。
つまり、教育の一環として将棋を取り入れたいと思うのです。
学校でも同じことを考えているようで、将棋クラブが注目されています。
藤井聡太四段の人気は子どもをプロ将士にさせたいと言うことではなく、じっくりと考える時間を提供して、スマートフォンでゲームばかりをしている生活を変えることができるのではないかと期待しているのでしょう。
もちろん、スマートフォンでも将棋ゲームが注目されるようになりましたから、他のゲームをやるよりもいい傾向でしょう。
芸能人の人気と将士の人気は全く別物と考えなければなりません。
藤井聡太四段の追っかけなどあり得ないからです。
ただ、子どもたちが憧れて将棋に興味を持ってくれることは決して悪いことではありません。
家庭でも学校でも大歓迎でしょう。
将棋はどこででも気軽にできるゲームです。
今年の夏休みは日本中で将棋大会が開かれることでしょう。

藤井聡太四段の実力

67年ぶりに公式戦連勝記録を更新した藤井聡太四段ですが、その実力はどのくらいなのでしょうか。
将棋の場合、公式戦での勝率が直接段数に関係するわけではありません。
ただ、これからの藤井聡太四段の活躍により、上位になることは間違いないでしょう。
中学生で記録を塗り替えたのですから、これからの活躍が大いに期待されるところです。
もちろん、藤井聡太四段がいつまでも注目されるわけではなく、いずれは新しい若手が登場することでしょう。
しかし、将棋界への注目を集める機会を作った功績は見逃すことはできません。
今後の活躍を多くの人が見守っていますし、それだけの実力を持っていると評価されています。
将棋界では若い世代が活躍するシーンが少なくありません。
これまでも藤井聡太四段のように注目された人たちがいます。
その度に子どもたちだけではなく親も将棋を始めていたことでしょう。
将棋のルールはわかっても、強くなれるのは一部の人だけですが、楽しい将棋ができることを教えたいものです。
それぞれの地域では子どもや高齢者など、年齢に関係なく将棋大会が開かれています。
そこに出場できないとしても、観客として関心を持つことが地域活性化につながるのです。
将棋だけが交流の機会ではなく、一つのきっかけと考えましょう。
それ以外のいろいろなゲームやイベントを楽しむことで、子どもから大人まで一緒に楽しむ場所を提供することができます。
そのチャンスを藤井聡太四段が提供していると見ることもできます。

藤井聡太四段の戦績

将棋の公式戦連勝記録として歴代最多の29連勝を上げた藤井聡太四段のことは日本中の人が知っているでしょう。
もちろん、将棋の詳しいことは知らなくても、藤井聡太四段が中学生として多くの人の期待に応えてくれていることに感激しているのです。
さて、29連勝をした具体的な戦績を振り返ってみましょう。
初戦は2016年12月24日の竜王戦で加藤一二三九段との対決でした。
この勝利はプロ公式戦初勝利となりました。
その後は様々な公式戦で連勝を続けました。
プロ将士になると年齢は関係ありませんから、藤井聡太四段よりも多くの経験をしてきた人たちばかりです。
それでもしっかりと落ち着いて自分の将棋を貫くことができたことで、連勝を続けていけたのでしょう。
最後は佐々木勇気五段に敗れてしまいましたが、いずれ、連勝は止まるのですから、記録を更新したことだけでも十分だったのでしょう。
まだ、14歳と言う年齢ですから、これからの活躍が大いに期待されるところです。
同じ年代の中学生や小学生も藤井翔太四段を目標として、将棋を始める人もいるでしょう。
もちろん。将棋だけではなく自分がやりたいスポーツや勉強を頑張ればいいのです。
これまでは無名だった中学生が一気に日本中の注目を集めていますが、数年毎に将棋の新しい若手が登場しています。
それが今年は藤井翔太四段だっただけだと考えることもできます。
将棋に関心がある人は、これからもプロ将士の活躍に目が離せないことでしょう。

藤井聡太四段の幼少期

日本中の注目を集めている藤井聡太四段について、いろいろな情報があります。
その中には幼少期はどのような子どもだったのかと言う話題もあります。
もちろん、それに関心があるのは同じ年代の子どもを持っている親でしょう。
自分の子どもをプロ将士にしたいと考えているわけではなく、藤井聡太四段を子育ての参考にしたいと思ってしまうからです。
このような話は将棋だけではなくスポーツや芸術などいろいろな分野の話があります。
それぞれ、親や祖父母から幼少期に手ほどきを受けて、メキメキと上達していったのです。
もちろん、本人の才能だけではなく努力や周りの人の協力がなければ成し遂げられないことがたくさんあります。
幼少期の情報を読んでいる人は、自分の子どもをプロ将士にしたいと考えているわけではなく、そのような生き方を参考にしているだけです。
テレビなどで注目されている人は全体から見ればごくわずかであり、その中に自分の子どもを見つけたいは思いません。
ただ、将棋はじっくりと考えるゲームですから、落ち着きのない子どもには教えたいと思うことでしょう。
そのためのヒントとして幼少期の生活があるのです。
生まれた時から才能を持っている人がいるのではなく、幼少期の生活が大きく影響していることは多くの人が証明しています。
ただ、自分の子どもはプロにならなくてもいいから、時には父親とじっくり将棋を指したりしてほしいと思っているお母さんは少なくないでしょう。

藤井聡太四段と将棋人気

藤井聡太四段が公式戦連勝記録を更新したニュースは日本中を駆け巡りました。
将棋をやっている人は当然ですが、ほとんど興味がなかった人さえ藤井聡太四段に注目するようになりました。
藤井聡太四段の連勝は29勝で終わりましたが、これで将棋人気が高まったことは間違いないでしょう。
小学生ならこれから将棋を習いたいと思っていることでしょう。
誰もが将棋が強くなるわけではありませんが、年齢と関係なく同じゲームを楽しむことができますから、家庭や学校で推薦したいゲームでしょう。
スマートフォンでよくわからないゲームばかりをやっていた子どもが将棋に興味を持ってくれるだけでも大きな期待が出てくるのです。
将棋人気は藤井聡太四段によってもたらされましたが、これまでも多く若手プロ将士の活躍で将棋が注目されることがありました。
これからも新しい若手将士が登場するでしょうから、今の子どもたちは自分ができる範囲で将棋を楽しんでほしいものです。
まずはお父さん、おじいちゃんと一緒に将棋を楽しみましょう。
プロなどの高いレベルを目指す必要はなく、将棋の楽しみを体験するだけでもいいのです。
日本ではいろいろな地域で将棋大会が開かれています。
アマとして頑張っている大人の人もたくさんいるのです。
そのような情報に関心を持ってくれることだけでもプロ将士の若手の活躍は貴重なものとなるでしょう。
ルールは誰でも知っていますが、小学校の高学年で自然消滅してしまいがちですが、これからも興味を持ってもらいたいものです。

藤井聡太四段の情報

インターネットで藤井聡太四段の情報を検索してみましょう。
将棋連盟の公式サイトにも掲載されていますが、いろいろなニュースとして連勝記録を更新するまでの将譜が掲載されています。
ただ、日本中で注目されるようになったのはごく最近のことであり、まだ中学生と言うこともあり、それほどの情報があるわけではないでしょう。
しかし、小学生の時にどのような勉強をしていたのか、どうやって将棋が強くなったのかなどを知りたいと考えている人が少なくありません。
自分の子どもも藤井聡太四段のようになってほしいと思うのでしょう。
もちろん、思うことは勝手ですが、それだけでは現実的ではありません。
多くの情報はインターネットからのものであり、その信ぴょう性は保証されているわけではありません。
藤井聡太四段の子どもの時を知っている人からの伝聞に過ぎないのです。
注目されるようになってからは、インタビューなど直接発した言葉が増えてきましたから、その話し方や話す内容から子育ての参考になることがあるかもしれません。
将棋だけが重要なのではなく、他の道に進む場合でも、そのヒントとなることがあるでしょう。
中学生でもプロ将士ですから、一般の中学生とは違う生活をしています。
その生活にあこがれたとしても、同じ道を歩むことは無理でしょう。
そのことを十分理解して、自分や自分の子どもたちの生き方への参考にすべきでしょう。
将棋に限らず、スポーツなどでも目立つ活躍をした人が注目された例はたくさんあります。

藤井聡太四段の記録

藤井聡太四段が注目されるようになった連勝記録について説明しましょう。
プロ将士になってからの連勝記録を67年ぶりに塗り替えたことが、該当する記録ですが、これは公式戦だけの連勝記録です。
将棋の世界でどのような大会が開かれているか知っている人は将棋ファンだけでしょう。
藤井聡太四段がプロ将士になったのは2016年10月で、プロとしての公式戦は12月24日の加藤一二三九段との対戦でした。
この対戦の勝利で公式戦出場と勝利の最年少記録を塗り替えています。
これまでの記録保持者が加藤一二三九段であったことで運命的なものを感じる人もいるでしょう。
最年長者と最年少者の対決から始まった29連勝だったのです。
加藤一二三九段はその後プロ将士としての生活は終わりましたが、藤井聡太四段が注目されたことでテレビ出演が増えているようです。
プロ将士となってから連勝記録はこれまで長く破られることがありませんでしたから、多くの人が注目するようになりました。
将棋の場合、1回の対戦では10時間以上に及ぶこともあり、体力的、精神的に厳しい戦いになることが少なくありません。
公式戦の連勝記録と強調されているのは、テレビ番組などで対戦しており、その時には負けているからです。
ただ、公式戦でしっかりと勝つことができている点を考えると、将棋の完成度は高いと言われています。
連勝はストップしたとしても、これからの活躍が大いに期待されるところです。
また、これを励みにして他の子どもたちも頑張りたいと思っていることでしょう。

藤井聡太四段とテレビ

藤井聡太四段の小学校からの軌跡を記録したテレビの特番が放送されました。
これは連勝記録を更新したことを受けて、急きょ決まったようですが、テレビ局では小学生の時から藤井聡太四段に注目してきたのです。
もちろん、その当時から大会などでは目立った成績を残しており、その後の成長が期待できると判断されたのでしょう。
その通り、大記録を打ち立ててくれました。
番組の担当者は感無量だったことでしょう。
藤井聡太四段の公式戦での様子は当然テレビ放送されていますが、そのような姿よりも日常生活でしょう。
日頃はどのようなことをしているのか気になるところだからです。
基本的には将棋に関するシーンが多いのですが、プロ将士に対してアドバイスをしている小学生の様子は将来の大記録が当然と思えることでしょう。
連勝記録が注目されるようになってからの行動よりも、これまでの生活が重要です。
同じ年代の子どもを持っている親にとっては、しつけの参考にしたいと考えるからです。
もちろん、自分の子どもをプロ将士にしたいと思っているわけではなく、少しでも参考になればいいと思うのでしょう。
一芸に秀でた人は多くの人の注目を集めます。
そして、その生活に密着してきた記録もテレビ番組として放送されることが少なくありません。
藤井聡太四段の連勝記録は途絶えましたが、これからの活躍が大いに期待されるのです。
そのためテレビ局のカメラはこれからも、彼を追いかけていくことでしょう。

藤井聡太四段の成績

将棋界で注目されるようになった藤井聡太四段ですが、連勝記録を更新するまでの成績もかなり優秀です。
小学生の時からテレビ局が目をつけてカメラを回してきました。
もちろん、連勝記録を作ったことだけで終わりと言うわけではありませんから、今後の活躍が期待されるところです。
さて、藤井聡太四段がプロ将士になるまでの主な成績を紹介しましょう。
私たちは紹介できるような成績があるだけでもすごいと思います。
幼稚園の時に祖父から将棋を習い、その後小学生低学年の時に全国大会で優勝しています。
この時からすでに注目されていたのですが、幼稚園の時にアマ初段となり東海研修会に入会しています。
普通に見れば、この時点で将来はプロ将士になることが運命づけられていたと考えていいでしょう。
その時は何歳でプロ将士になれるかに注目が集まっていたはずです。
中学生の14歳でプロ将士になったのですが、近年では谷川浩司、羽生善治などと比較されることが少なくありません。
それだけ中学生のプロ将士は優秀と言うことでしょう。
将棋の世界では公式戦などで一定の成績を修めると段位があがります。
そして四段になった時点でプロ将士となるのです。
もちろん、必ずプロにならなければならないわけではありませんが、これまで自分が頑張ってききたことで認められたのですから、迷わずプロ将士になったのです。
その後の連勝記録は本人も予想していなかったかもしれません。
同じ相手でも勝てない場合があるからです。

藤井聡太四段の得意技

世の中にはいろいろな競技がありますが、その中で強い人は自分の得意技を持っています。
将棋の場合も同じで、得意とする陣形があるのです。
今、一番注目されている藤井聡太四段の将棋はどうでしょうか。
得意なのは居飛車と言われていますが、連勝の将譜を見るとわかるように、悪手がほとんどなく、相手の悪手を素早く突いてくるところが特徴的です。
もちろん、それだけで勝てるほど単純な話ではありませんが、自分が攻撃しながら相手のスキを突くことができなければ連勝することは難しいのでしょう。
藤井聡太四段の連勝が止まったことで将棋への注目はさらに高まった感があります。
それは、今度はどのような将棋を見せてくれるかと言う期待があるからです。
藤井聡太四段が日本中で注目されているのは最近のことですが、将棋界ではもっと前から注目されてきました。
テレビ局も小学生の頃から記録を始めていました。
将棋は年齢とともに経験を積むことができますが、それだけでは注目を集めるほどの強さを出すことはできません。
本人の素質もありますし、プライベートでの努力が実を結んでいるはずです。
将棋の試合をテレビで見ていると晴れ舞台ばかりです。
しかし、藤井聡太四段を含めた多くの将士たちが子どもの時からの頑張りを見せているのだと考えてください。
得意技の将棋だけで連勝できるほど簡単なゲームではありませんから、相手に合わせて柔軟な対応をできるかどうかが勝敗の分かれ目なのでしょう。

藤井聡太四段への期待

将棋界では多少強くても、多くの人に注目されることは少ないでしょう。
ただ、藤井聡太四段はこれまでの記録を67年ぶりに更新したのですから、将棋界だけではなく、日本中で注目されるようになりました。
29で連勝記録は途絶えましたが、その実力は間違いないでしょうから、これからの活躍が大いに期待されるところです。
もちろん、藤井聡太四段だけではなく、これまで将棋界を支えてきた多くの先輩たちは彼に負けてはおれないと考えますし、これから登場する若手は藤井聡太四段を目標とすることでしょう。
本人が活躍するだけではなく、周りによい影響を与えていることで将棋界全体が注目を集めることになります。
テレビでは大会のライブ放送が行われるでしょうし、結果も詳しく説明されることでしょう。
これまで将棋にほとんど興味がなかった人たちが関心を持ってくれることは、非常にいい傾向です。
もちろん、いきなりハイレベルの対戦をすることは難しいですから、初心者向けの将棋教室などが各地で開かれるはずです。
ちょうど学校が夏休みになることで、1日中でも将棋をして遊ぶことができます。
藤井聡太四段はいろいろなところでテレビに出演しており、これからの一言が注目されると意識していることでしょう。
彼は間違いなく、その期待に応えられるだけの実力を持っています。
将棋の公式戦では多くの人が参戦しますが、多くの人が見てみたいと思うのです。
会場で見ることはできないとしても、テレビを間違いなく見るのです。

藤井聡太四段とテレビ

国内で注目されている出来事などはテレビで放送されることが少なくありません。
最近ではインターネットを利用したテレビ放送が多くなり、過去の番組なども放送されているはずです。
最近、連勝記録更新で注目されるようになった藤井聡太四段ですが、これまでのいろいろな対戦をじっくりと見ることができます。
一局の対戦時間が何時間にも及ぶことが少なくありませんから、リアルタイムで見るよりも終わった後にまとめられた番組を見た方が面白いでしょう。
藤井聡太四段と対戦相手がどのように考えて、それぞれの手を打っているのかを考えることで自分も強くなることができます。
藤井聡太四段を手本としようと考えている若手がたくさん見ていることでしょう。
また、対戦の実況中継だけではなく、彼の日常生活やインタビューなども放送されることがあります。
回数は限定されるとしても、将棋に対する考え方などを知る絶好の機会となることでしょう。
見逃したくないものです。
有線放送テレビではいろいろな番組を放送していますが、最近は将棋チャンネルが注目されているようです。
もちろん、藤井聡太四段の番組が多いのですが、これまでの歴史的な対戦も放送されます。
自分が見たい対戦だけではなく、いろいろな勝負を見て参考にしたいものです。
必ず参考になるはずです。
プロ将士のように強くなることはないとしても、アマ同士の対戦ではきっと役に立ちます。
それだけではありませんが、プロ野球を見るような感覚で将棋を見ているのでしょう。

藤井聡太四段の効果

藤井聡太四段が連勝記録を更新したことで、日本中の注目を集めるようになりました。
もちろん、本人が注目されるのは当然ですが、将棋界全体が注目されると言う嬉しい効果があります。
これまでも中学生でプロ将士となった人が何人かいますが、それぞれが出てきた時には同じように注目されたはずです。
将棋そのものは少しマニアックな面がありますが、最近のスマートフォンの広がりで一人でも楽しむことができるようになりました。
電車の中で中高年の人が持っているスマートフォンはきっと将棋をやっているはずです。
これも藤井聡太四段の効果と言えるでしょう。
将棋が身近なものになることで、強くなるわけではありませんが、子どもとのコミュニケーションの一つとして将棋を考えることができます。
小さい時には親が教えていたかもしれませんが、次第に親を追い越していくことでしょう。
それが成長なのだと喜ぶべきです。
単なる将棋だけにとどまらず、自分たち家族のあり方や自分の人生について考えることができます。
それが一人の中学生によってもたらされた効果であるとすれば、なんと素晴らしいことでしょう。
そこまで大げさに考えなくてもいいのですが、あなたも興味があれば一度将棋にチャレンジしてみましょう。
きっと、その面白さがわかってくるでしょう。
ただ、初心者のうちは相手に負けてばかりいて、面白さがわかる前に嫌になってしまう人もいるでしょう。
そのような人が出ることは避けられないでしょう。

藤井聡太四段の口コミ

口コミサイトにはいろいろな情報や現在注目されている話題が満載です。
当然、藤井聡太四段の情報もあります。
連勝記録を更新中の時はリアルタイムで口コミサイトも更新されていたようです。
それだけ潜在的に将棋に興味を持っている人が多いのでしょう。
男の子なら小学生の時に一度は必ず将棋をしているはずです。
もちろん、その時に負けた悔しさから続けなくなったのかもしれません。
学校の先生が将棋を教えてくれると、多くの子どもたちが集まってくるはずです。
藤井聡太四段の場合は、そのレベルではなかったのですが、基本的な感覚は同じかもしれません。
小学生が自分の興味を持っているゲームで他の人と対戦して勝つ楽しみを味わいたかったのです。
藤井聡太四段のエピソードとして、小さい時から対局で負けると、大泣きしてその場を離れなかったと言います。
それだけ将棋に情熱を傾けているのからこそ、強くなれるのでしょう。
これから将棋をやってみたいと思っている子どもたちも日本中にたくさんいるはずです。
まずは身近な人にチャレンジして、だんだんと強くなってきたら、地域の大会に出場しましょう。
将棋に限らず、プロになれるのはごく一部の人たちだけですから、趣味として一生楽しむことを考えてください。
そして、自分の子どもが生まれたら将棋を教えましょう。
家族で将棋を楽しむことができれば、いろいろな問題もいつの間にか消えてしまうことでしょう。
これからも口コミサイトをチェックしてください。

藤井聡太四段と将棋連盟

日本将棋連盟とは公益社団法人です。
基本的な働きは日本の伝統文化としての将棋を多くの人に広めていくことを使命としています。
具体的にはテレビ局と契約して対局の模様をテレビ中継したり、将棋のデータを報道機関などに提供したりすることで収益を上げています。
プロ将士は日本将棋連盟の正会員です。
藤井聡太四段も小学生の時から、日本将棋連盟の下部組織に入会して対戦を行ってきました。
プロ将士を目指している仲間の中から一人飛びぬけた成績を上げたことで注目されるようになったのです。
もちろん、藤井聡太四段の注目は日本将棋連盟としても歓迎するところであり、全面的にバックアップしていくことでしょう。
大会の模様をテレビ放送することもありますし、いろいろなところで子どもたちとの将棋イベントに参加してもらうことでしょう。
日本の将棋人口は極端に増加しているわけではなく、若手の減少とともに少しずつ少なくなっていると言われています。
これから活躍してくれる若手の育成が課題と言えるでしょう。
もちろん、藤井聡太四段のように注目されるなら、育成するまでもありません。
実力をつけることは、単なる指導だけでは達成できません。
連盟では指導者の育成にも力を入れています。
いろいろなスポーツにはそれぞれの連盟や協会がありますから、将棋だけが特別視されているわけではありません。
自分の子どもが藤井聡太四段にあこがれたとしても、プロ将士になれると思う親はいないでしょう。

藤井聡太四段の記録

藤井聡太四段の活躍は多くの人の注目を集めるようになりましたから、記録がどうなったかはよくわかっているでしょう。
少し振り返ってみましょう。
藤井聡太四段のプロ入り初の公式戦は加藤一二三九段との対局で2016年12月24日でした。
この時は竜王戦6組の対戦です。
プロ将棋界ではいろいろな対局が並行して開催されており、竜王戦が終わるまで次がないわけではありません。
ただ、公式戦と呼ばれている大会は決まっており、それ以外での負けは連勝記録から除外されています。
さて、加藤一二三九段に勝利してプロ将士としてスタートしましたが、その後1月26日に棋王戦予選で豊川孝弘七段に勝利、2月23日にはNHK杯予選で3勝を上げました。
翌月の3月1日は王将戦予選で有森浩三七段に勝利し、6月26日の竜王戦決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段を破り、29勝の連勝記録を更新しました。
その後の対戦となった7月2日の同じ竜王戦決勝トーナメントで佐々木勇気五段に負けています。
ただ、その後の公式戦ではまた、勝利が先行しており、圧倒的な強さを保持している状況です。
連勝記録はストップしたとしても、トータルでの勝率がどこまで行くのかに関心が移っています。
プロ将士の公式戦は年間でかなりの数に上りますから、そこでどれだけ勝ち星を治められるかが注目されています。
2017年の年末にはきっと藤井聡太四段の勝率が話題となっていることでしょう。
もちろん、他の将士も負けてばかりはおられませんから、奮起しているはずです。

藤井聡太四段の素顔

将棋の公式戦で見る藤井聡太四段の顔は勝負師の顔です。
それは当然なのですが、日常の素顔はどうなのでしょうか。
非常に気になるところです。
もちろん、藤井聡太四段は中学生ですから、学校にテレビが入ることはまずないでしょうし、プライベートな映像もほとんどありません。
ただ、インターネットなどを見ると、本当かどうかわからないような情報がたくさん掲載されています。
噂が噂を読んでいる状況です。
もちろん、そのような話に興味を持っている人が少なくないことは想像できますが、藤井聡太四段は将棋をやっている時の姿が本当の姿だと考えるべきでしょう。
将棋ができなければただの中学生に過ぎないのです。
頭の回転は速いかもしれませんが、ゲームがちょっとうまい程度だったかもしれません。
現代はスマートフォンが普及して、ゲームや音楽だけではなく将棋もじっくりと指すことができるようになりました。
藤井聡太四段に限らず、誰でも電車の中で将棋を楽しむことができるのです。
彼にあこがれている小学生ならゲームを止めて、オンラインの将棋対戦をやってみてはどうでしょうか。
経験することによって確実に強くなっていくのはスポーツと同じです。
将棋だけが特別なことではないのです。
もちろん、プロになるためには小さな時からしっかりと指導を受けておかなければ難しいでしょう。
ただ、地方の将棋大会なども開かれていますから、まずは小学生の部で上位入賞を果たしましょう。

藤井聡太四段の性格

藤井聡太四段の情報サイトには正確について、少し記述があります。
小さい時から負けず嫌いで、将棋の対戦で負けた時にその場で大泣きして動かなかったと言う話もあります。
もちろん、それだけ勝負にこだわっていたのでしょうが、年齢とともに勝ち負けを冷静に振り返ってみることができるようになったのではないかと推測されます。
大泣きしたところで負けの結果が変わるわけではないからです。
多くの将士は冷静に盤面を見ています。
大人であれば当然でしょうが、中学生のレベルで落ち着いて対局できる時点でレベルの高さを感じることでしょう。
藤井聡太四段のテレビ対局を見ることがあれば、その表情や姿勢をチェックしてください。
落ち着いているかどうかわかるはずです。
勝負の流れとは関係なく落ち着くことができるだけで優位に立つことができるでしょう。
そして、それが当たり前になっているからこそ、プロ将士として連勝記録を塗り替えることができたのです。
人の性格を知ったところで、それを自分に当てはめることは無理ですから、自分の性格で何が不足しているかを考えることが重要です。
それを見るために藤井聡太四段を参考にするのです。
優れた人を見れば自分の未熟さが見えてきます。
もちろん、それを素直に認めることができたら、それだけであなたも素晴らしい人物なのかもしれません。
現実には多くの人は勘違いしたまま一生を過ごしています。
その方が幸せな一生なのかもしれません。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ