花見HANAMI 関東

この記事は14分で読めます

東京の桜の名所

関東の中でも東京は都会ですから、近代的な建物ばかりしかないと思っている人もいるかもしれません。
しかし、観光地にはたくさんの公園がありますから、桜の名所として知られている場所も少なくないのです。
もちろん、桜は日本中にあります。
名所と呼ばれている公園も多いのです。
ただ、東京に住んでいる人は東京で桜の名所を探すはずです。
近場の桜の名所があれば、それが一番いいからです。
日本人にとって桜は特別な花です。
どこに住んでいても桜がない地域はないでしょう。
当然ながら東京にも桜の名所があるのです。
具体的な関東の名所をいくつか紹介しましょう。
千鳥ヶ淵周辺はどうでしょうか。
遊歩道に沿って桜を眺めることができます。
毎年たくさんの人が訪れています。
それから、日比谷公園も桜の名所ですね。
ビジネス街の中にある日比谷公園ですが、近代的な建築と昔からの桜のコントラストが絶景となります。
桜にもいろいろな種類があります。
シダレ桜なら六義園でしょう。
一度は見てみたい桜です。
この他にも隅田公園、代々木公園、上野公園、井の頭公園、新宿御苑など、どこでも桜を見ることができます。
地方から東京に出てきた人にとって、東京は大都会のイメージばかりです。
東京で桜が見られることに驚いてしまうのです。
これまでずっと住んでいた人にとっては当り前の光景なのですが、東京に住んだことがなければ非常に違和感があるのでしょう。
ただ、毎年桜のシーズンになれば東京の桜の名所が話題となります。

スポンサードリンク

桜の名所を探す

関東の桜の名所はたくさんあります。
インターネットで調べてみるとすぐにわかります。
ただ、東京に住んでいると自分の家の近くの桜では満足できなくなるのでしょうか。
日本人にとって桜は特別な花です。
近くの公園の桜よりも、名所と呼ばれるところの桜を見たくなります。
関東の桜が特別にいいわけではありませんが、どこもたくさんの人が集まります。
桜を見ることができる期間は長くありません。
その時、どこの桜を見るかが重要な話題になるのでしょう。
今はスマホの時代となりましたから、誰かが撮った桜がネットにたくさん掲載されています。
しかし、桜の名所は自分で見ることが重要なのです。
穴場を探して、ゆっくりと桜を見たいと思うのは当然なのでしょう。
関東が特別なのは人口が多いからです。
桜が特別なのではありません。
ネットで桜の名所を検索したとしても、そこの桜をいつ見に行けるかを考えてください。
仕事が終わってから夜桜を観る人も少なくありません。
関東の桜の名所は夜遅くまでにぎわっているのです。
それぞれの地域で観る桜と関東の桜が違うと思うのは無理があります。
自分の感覚が違っていると言うことでしょう。
人生の中でじっくりと桜を見る機会はどれくらいあるでしょうか。
桜を見ながら、お酒を飲むことはあっても、本当の意味で桜を見ているのではないでしょう。
毎日のストレスから解放されるために桜があると思うことも悪くありません。
花見をしている間はすべてを忘れるのです。

おすすめの桜の名所

おすすめの桜の名所を紹介しましょう。
もちろん、地域によって桜の名所は違います。
桜は特別な花ですが、その開花している期間は長くありません。
だからこそ、名所に行ってみたいと思うのです。
日本中の桜の名所に行くことはできませんから、関東だけに限定してみてはどうでしょうか。
関東の桜の名所はたくさんありますが、いくつかおすすめを紹介しましょう。
もちろん、おすすめだけが桜の名所ではありませんし、自分が毎年見ている桜が一番と思うことでしょう。
おすすめを探すと言うことの本当の意味は、自分が何を求めているかと言うことです。
桜の名所を探すことは、桜を見ることでしばらくの間、心の安らぎを得ることができる時間を大切にしましょう。
インターネットでおすすめの桜の名所を見つけることは簡単です。
その情報にしたがって、人混みの中で桜を見ることがあなたの望みなのでしょうか。
日本中にある桜はその地域の人の心にしみる花となります。
関東の桜は関東に住んでいる人のためのものです。
遠くから関東の桜を見にくる必要はないでしょう。
ただ、桜が咲いていない桜の名所には別の意味があります。
都会のイメージが強い関東でも、広い公園が少なくありません。
公園には桜がつきものです。
そして、桜だけではなく1年中、人が集う場所となるのです。
あなたは今年の桜をどこで見るでしょうか。
日常生活の中に桜がある風景が一番理想的です。
そのような生活を送ることができれば、それだけで十分でしょう。

関東の桜の名所

関東地方の桜の名所はたくさんありますが、あなたは毎年どこの桜を見ているでしょうか。
名所を何か所も見るのは大変ですから、毎年1か所ずつ見に行くのもいいでしょう。
ただ、桜の名所を探すことよりも、その開花時期をチェックすることの方が重要かもしれません。
タイミングが遅れて葉桜見物になる場合も少なくありません。
つまり、桜の開花時期は限られているのです。
桜が毎年注目されるようになったのは、日本中の気象台に植えられるようになったからです。
それまでも公園には桜があったのですが、気象台の桜が咲いたかどうかを全国の情報として提供することで、春の訪れを知らせることになりました。
ちょうど入学式のシーズンと言うこともあり、新しい年度の始まりなのです。
日本人にとって桜が咲く4月は特別なのです。
さて、関東の名所をいくつか挙げてみましょう。
茨城県の日立市にはかみね公園があります。桜が1,000本植えられており、毎年桜祭りが開かれています。
ライトアップもされていますから、夜桜見物を楽しむ人たちも少なくありません。
かみね公園は桜の名所だけではなく、動物園やレジャーランドとしても子どもたちの人気スポットです。
栃木市には太平山があります。
山の頂上から関東平野が一望できます。
明治になってから太平山公園として整備されました。ソメイヨシノを始めとしてヤマザクラなど4,000本が植えられています。
桜祭りの期間中は周辺の道路は交通規制が行われるほどの人気です。

桜の名所と花見

桜と言えば夜桜見物、そして桜の下での宴会でしょうか。
日本人にとって桜は特別な花です。
もちろん、国の花であることもその理由ですが、ちょうど新学期が始まる時期に割くからでしょう。
会社では新入社員歓迎の桜見物が普通に行われています。
最近はインターネットの普及で、日本中の開花情報を簡単に知ることができます。
ただ、桜の開花時期は短いですから、遠くまで出かけるのではなく近所の公園の桜で花見をする方が楽しいかもしれません。
関東地方の桜の名所はたくさんありますが、都市部よりもその周辺の山間の方が広い公園が桜の名所として整備されています。
ライトアップによって夜桜見物を楽しむことができる名所も少なくありません。
市民の憩いの場所を提供しているのです。
関東の中でも群馬県前橋市では赤城南面千本桜は樹齢60年のソメイヨシノを中心として桜のトンネルが見所です。
近くには世界の桜ゾーンがありますから、合わせると15万本の桜を見ることができます。
すべてを観るのではなく、毎年一部をだけの花見で終わることでしょう。
桜の名所の多くではシーズンに合わせて桜祭りが開かれています。
たくさんの出店が並んでおり、子ども連れの家族や宴会をする人たちで大賑わいです。
日本の桜見物のシーンとしてどこでも見られる光景でしょう。
同じく群馬県の藤岡市には桜山公園があります。
この公園は桜と紅葉が植えられており、秋と春の花見を楽しむことができます。
春は山全体を桜が覆うほどの見事な景色となります。

桜の名所のサイト

桜の名所を調べるには、日本中のデータを掲載しているサイトを見るのが一番の近道です。
現代はインターネットの利用によって、誰でもが簡単に見ることができるのです。
また、それぞれの桜の名所を訪れた人が写真を撮っているので、リアルタイムに情報を提供することができるのです。
関東地方の桜の名所はたくさんありますが、どこの多くの人出ですから、交通情報などをチェックしておくことをおすすめします。
せっかくの花見が渋滞だけで終わってしまうこともあるのです。
関東地方に限定して、桜の情報を調べてみましょう。
東京は都心部であることから、高層ビルと桜の名所のバランスが面白いようです。
ビルから見る桜と言う風景でしょうか。
もしくは桜のバックにそびえるタワーでしょうか。
ビジネスマンにとっては仕事場ですから、その近くで桜見物ができればストレス解消にもつながるでしょう。
港区の東京ミッドタウンはたくさんの桜があるわけではありませんが、いろいろなイベントが開かれており、近くに住む人たちにはおすすめのスポットとなっています。
単に桜見物と言うことではなく、桜と食、アートなどを組み合わせたイベントが行われているのです。
桜の本数だけを競うのであれば東京都内は周辺の県と比べて劣ってしまいます。
そこを別の視点からカバーしているのです。
公園を管理しているスタッフのセンスが問われるところでしょう。
都内にはそのような企画をビジネスとする会社やアーティストがたくさんいますから、難しいことではないのかもしれません。

桜の名所の情報

インターネットで桜の名所を検索してください。日本全国の名所を簡単に調べることができます。
ただ、その写真や情報を見るだけで桜を見た気分になってはいけません。
桜の現物を見て、そこに集まっている人の雰囲気が重要です。
1年に1度だけでも桜を見れば、去年のことを思い浮かべることでしょう。
自分の中に湧き上がってくる感動をしっかりと感じてください。
インターネットの情報だけでは感動を得ることはできません。
あなたは桜に何を求めているのでしょうか。
桜の名所に出かけて、花を見るだけから。名所に行く必要はありません。
情報を収集して、毎年行く場所を考えてください。
関東には多くの桜の名所があります。
広いところから。狭いところ、シーズンに合わせてイベントを開いているところなどがあります。
もちろん、桜は関東だけではありませんから、自分が住んでいる地域の情報もチェックしてください。
テレビなどを見ると関東を中心とした情報が優先されてしまいます。
ただ、桜は近くの公園でも十分です。
シートを広げて家族で花見をしてみませんか。
1年の始まりを喜びで始めましょう。
桜を見ると楽しい気分になるのはどうしてでしょうか。
情報を読んでもわかりません。
実際に自分の目で見てみることが重要です。
家族と一緒の時間を過ごすことの意味もわかることでしょう。
桜を見たいのではなく家族が一緒にいることがうれしいのです。
これから新しい家族になる人もいるでしょう。
それも喜びです。

桜の名所と風景

桜の名所は日本全国ありますが、それぞれの場所で桜を取り巻く風景が違います。
だからこそ、多くの人が名所を訪ね歩くのでしょう。
関東地方でも多くの桜をみることができます。
ただ、人工が多い分だけ人混みも多くなります。
できるだけ広い桜の名所を見物したいものです。
関東で人気の桜の名所を紹介しましょう。
基本的には都心に近いところは狭くて桜の数も少なくなります。
本当に桜を楽しむには周辺の県に行かなければならないのです。
山裾になると桜公園としてかなり前から整備されてきたところがたくさんあります。
インターネットで調べてみるとすぐにわかるでしょう。
桜が咲いている期間は短く、花見をする人も集中します。
ある程度の人混みは避けられないと覚悟しましょう。
もちろん、シートを広げてお弁当を食べられるくらいのスペースは確保できますから、イベント会場のような混雑にはなりません。
桜が咲く時期に合わせて、桜祭りなどのイベントを開催しているところもあります。
バックの風景を写真に収めて記念にしましょう。
毎年、同じ公園を訪れている人もいるでしょう。
自分の姿と公園を時系列に並べてみると、そこに歴史を感じちょっとした感動を味わうこともできます。
単に桜を見るだけではなく、別の目的を考えてみるのも面白いのです。
あなたは誰と桜を見に行きますか。
どこに行くかよりも誰と行くかが重要なのかもしれません。
そして、その人数がだんだんと増えていくことを願っているでしょう。

桜の名所と見ごろ

桜の名所はたくさんありますが、重要なのは見ごろをチェックすることです。
タイミングを逃すと葉桜見物となってしまいます。
それほど、桜の開花時期は短いのです。
もちろん、インターネットで開花情報を調べることができます。
日本全国が同時に咲くのではなく、地域によって、その年の気候によって時期が異なるのです。
一般的には関東は九州よりも早く咲くことが多いようです。
ただ、関東と言ってもかなりの広さです。
地域によって見ごろがずれますから、しっかりとチェックしておきましょう。
ただ、仕事をしている人は週末に花見をするでしょうから、そのタイミングで見ごろになることを期待するはずです。
計画を立てたら、その日の桜がどのようであっても花見をするのです。
葉桜見物でも、自分たちが楽しめればそれでいいでしょう。
去年の桜と今年の桜は同じように見えます。
違うのは自分たちだけなのです。
桜の名所を訪れても、たくさんの人で混雑することが少なくありません。
ただ、花見の雰囲気を楽しみたい人は、渋滞の中でも車で出かけるのです。
子どもたちに桜を見せたいと言う親の気持ちもあります。
家族や恋人と桜見物はいいものです。
名所である必要はありません。
自分が見ている桜を一緒に誰かが見ていることが重要です。
インターネットでは桜の見ごろが詳しく掲載されています。
もちろん、そのタイミングに合わせるのが一番ですが、無理をしてスケジュールを合わせなくてもいいでしょう。
それが花見だと思えばいいのです。

桜の名所と歴史

日本には桜の名所と呼ばれるところはどこも歴史があります。
もちろん、江戸時代から桜の名所だったところは限られていますが、明治や大正のころから桜が整備されてきたところもあるのです。
関東の名所の情報をチェックする時には、これらの歴史を見比べてみるといいかもしれません。
ただ、古いところがいいと言う単純なことではありません。
古ければ、多くの人出に配慮されていない場所も少なくないため、シーズンの週末は大混雑となるからです。
それよりも都会の真ん中にある狭い公園でいろいろなイベントが行われている場合もあります。
名所とは言えないのかもしれませんが、十分に桜を楽しむことができるはずです。
茨城県にある城跡歴史公園はたくさんの桜があるわけではないのですが、城跡に桜を整備した公園となっています。
昔からあった城を感じることができるでしょう。
名所と呼ばれる場所よりも近所の人が花見をする程度のスポットの方が、ゆっくりと桜を楽しむことができるのかもしれません。
関東だけが人混みになるわけではありません。
その他の地域でも、桜のシーズンになると車で渋滞しています。
逆に地方の方が、車で行くことを前提とした作りになっていることが多いため、渋滞が激しくなるのです。
歴史を感じながら桜を見ると、同じ花でも別の見方ができるかもしれません。
毎年、自分の歳を考えながら、桜見物をしてはどうでしょうか。
若いころの桜と今の桜は同じでも、それを見る気持ちは違うのです。

桜の名所のランキング

桜の名所のランキングを見ていると、どうしても行ってみたい公園があるはずです。
しかし、自分が住んでいるところから遠いと、簡単に行けるわけではありません。
ランキングはあくまでも参考と考えるべきでしょう。
ランキング上位の場所は誰でも行こうと考えますから、当然人混みも覚悟しなければなりません。
ある程度広い公園でも関東の人が集まれば、すぐにたくさんの人になるでしょう。
ただ、関東と言っても地域は広いですから、桜の名所も各地に散らばっています。
都会のテーマパークのようにすぐに作ることができるわけではないからです。
何十年も前から少しずつ整備されてきた結果が現代の名所になっているのです。
行ってみたい桜の名所ランキングがあります。
これは実際に行ったことがある人でなければ投票できないでしょう。
つまり、自分がどこに住んでいるかが重要なポイントとなります。
目黒川は川の両岸に咲き誇るソメイヨシノが人気のポイントです。
東京都世田谷区から目黒区に広がる桜の名所です。
シートを広げて花見とはいかないですが、桜を見ながら、のんびりと歩いてみるのも悪くありません。
それが人気の秘密かもしれません。
六義円は5代将軍の徳川綱吉のころから整備されてきた公園です。
そこにあるシダレザクラは流れ落ちる滝のように素晴らしいものです。
ライトアップされたシダレザクラをぜひ見たいものです。
六義園に行くなら、夜桜見物がおすすめです。
この他にもランキング上位がありますが、それぞれ、どのような見方をすればベストなのかをチェックしておきましょう。

関東のおすすめの桜

あなたのおすすめの桜の名所はどこでしょうか。
関東に限って考えてみましょう。
もちろん、桜の名所は全国にあり、誰でも自分が行ったところが一番おすすめなのです。
関東でも東京なら隅田公園、上野恩賜公園、明治神宮外苑などはどうでしょうか。
隅田公園は徳川吉宗が作った公園として知られています。
桜は600本以上植えられており、隅田川の両岸に桜並木が続きます。
現代ではスカイツリーとのコラボレーションを楽しむこともできます。
屋形船が楽しめますから、天気のよい日は多くの人出です。
それから、上野恩賜公園は桜の名所でもありますが、動物園、美術館、博物館としても人気の高いスポットです。
桜見物だけなら大人が多いのですが、ここはたくさんの子ども連れが目立ちます。
家族で楽しみたいなら、上野恩賜公園外おすすめでしょう。
明治神宮外苑は桜並木がデートスポットとなっています。
明治神宮は桜だけではなくイチョウ並木も有名です。
また、神宮そのものも観光施設として人気ですから、桜のシーズンだけではなく1年中多くの人でにぎわっています。
千葉県の名所としては泉自然公園がおすすめです。
1,500本の桜が整備されており、自然の起伏を活かした公園となっています。
シートを広げて家族で花見を楽しんでみませんか。
日本の桜名所100選に選ばれています。
2,000本の桜が楽しめるのは清水公園です。
千葉県の桜の名所の多くは自然を生かした公園づくりになっていることが特徴でしょうか。
長い歴史を持つ公園です。

桜の名所と地域

地域の特色を見る場合、桜の名所がどのようなつくりになっているかを考えてみるのも悪くありません。
つまり、歴史を持った公園にたくさんの桜が整備されている名所は日本の桜100選に選ばれているところもあるでしょう。
関東の都心部では近年になって整備されてきたところも少なくありません。
つまり、現代的な感覚で新しい桜の名所を作ろうと企画されることもあるのです。
桜の本数では名所には勝てないとしても、多くの人が訪れる魅力を持った桜を提供することができるのです。
関東に限らず自分が住んでいる地域に密着した桜を見るのが一番いいのですが、すべての人がそのような場所に住んでいるわけではありません。
どうしても週末に桜見物に出かけなければならないのです。
デートスポットとなっているところや家族連れが楽しめる桜、ライトアップされた夜桜を見る楽しみなど、同じ桜でも見る人の立場によって、感じ方が変わってきます。
日本にはたくさんの桜があり、その整備の仕方は地域の人たちのためを考えられています。
インターネットで桜の名所を検索することはできるのですが、人気のある場所を目指すだけではなく、自分が見たい桜を考えてみてください。
きれいな桜を見たいのか、家族でハイキングを楽しみたいのかによって、出かける場所は大きく変わってきます。
どのような楽しみ方が正解と言うことではなく、自分なりの楽しみを見つけることが大切です。
毎年、桜は咲きますから、今年だけと言うことではなく、いろいろな楽しみ方を味わうのはどうでしょうか。

桜の名所の穴場

桜の名所を訪れたいと考える人は多いのですが、どこに行っても人がたくさんです。
何とかして穴場を探したいと思ってしまうのです。
関東地方では有名な桜の名所はインターネット上にたくさんの情報があり、いつ頃が開花と言うこともわかります。
その日を考慮して花見の計画を立てる人もいるでしょう。
それでは穴場はないのでしょうか。
まず、関東の桜の名所は場所が広いところもたくさんあります。
その場合は、すべての場所で人が混雑しているのではなく、ゆっくりとした時間を過ごすことができるスペースを見つけることができるのです。
ただ、残念ながらその場所で見る桜はちょっと貧弱かもしれません。
しかし、同じ桜ですからどこで見てもいいのです。
また、桜をじっと見つめる人はいません。
何となく、周りに桜が咲いている雰囲気を楽しんでいるのではないでしょうか。
関東に限らず、住宅地にも公園があります。
桜の木が植えられているはずです。
数本の桜があれば、それだけでも花見はできるのです。
日常の仕事のことを忘れて、のんびりとした時間を過ごすことを考えてみましょう。
家族や恋人との大切な時間です。
自宅のすぐ近くでもいいでしょう。
弁当を食べなくても水筒に入れたお茶でいいのです。
名所の穴場を探すと言うことは、桜の楽しみ方を考えることになります。
多くの人が行くところではないスポットで桜を楽しむためにどうすればいいかを考えるのです。
画一的な情報ではそれを知ることはできません。
自分の目と足で確かめてください。

桜の名所スポット

毎年、桜のシーズンになると名所が話題となります。
関東に限らず、それぞれの地域に桜の名所がありますから、自分が住んでいる地域で楽しむことができます。
日本の桜はいくつかの種類があるのですが、それぞれの地域の住民の目を楽しませてくれる花となっています。
もちろん、どのような花見をするかは人それぞれです。
家族で楽しむ人、恋人とデートを楽しむ人、会社の人たちと新人の歓迎会を兼ねて宴会をする人など様々でしょう。
インターネットでは桜の名所のランキングなどが掲載されていますが、それにこだわる必要はありません。
毎日のストレスを解消するために桜を見てもいいのです。
わざわざ遠くまで出かけて渋滞でくたびれるよりも、歩いていける近所の桜を見てみませんか。
それがあなたにとってのスポットとなるのです。
関東に限定しても、桜の名所はたくさんあります。
江戸時代から桜が植えられてきたところは現代でも名所として知られているのです。
ただ、都心部に新しく作られた高層ビルなどとのコントラストを楽しむこともできます。
写真を見ると、桜のバックにスカイツリーがそびえている風景も、味のあるものです。
ランキングサイトなどで上位にランクされているかどうかよりも、自分が行ける範囲にあるかどうかを考えてください。
若い時は遠くまで出かけても疲れないかもしれません。
高齢会社かとなった現代では、近所に憩いの場所を確保することが重要です。
同じ場所でずっと花見をしてもいいでしょう。

桜の名所のMAP

桜のMAPがシーズンになると天気予報と一緒に掲載されます。
どこまで桜前線が広がっているかを示す地図です。
その年の気候によって、桜の開花時期はかなり変わってきます。
また、南の九州から咲き始めるとは限りません。
関東が意外と早く咲くこともよくあります。
東京都心よりも千葉県などの方がより南側にあり、太平洋からの暖かい空気が桜の花を咲かせるのでしょう。
関東だけではなく日本全国に桜の名所が作られています。
江戸時代ごろから桜が植えられているところもありますし、明治、昭和になってから整備された名所もあります。
いずれにしても、現代人の憩いの場所となっているのです。
日本の心は桜に象徴されると言われることが多いのですが、その桜を見ている人の気持ちは様々でしょう。
それぞれの生活の一部として桜の花見があるのです。
毎年、同じ気持ちで見る人はいません。
去年と何かが違っているのです。
家族が増えたり、減ったり、新しい場所で見ることもあるでしょう。
あなたはどこで桜を見るのでしょうか。
インターネットの情報は参考にはなりますが、それがすべてではありません。
MAPを見ても、それが自分で見る桜ではないからです。
新学期、新年度が始まり、新しい気持ちにさせてくれる桜です。
自分の新しい生活を応援してくれているのでしょう。
桜を見る時には穏やかな気持ちでいたいものです。
そのために今できることをしなければなりません。
自分にとって今年がどのような年になるのかを考えてみましょう。

桜の名所の口コミ

桜を見るにはタイミングが重要です。
桜が開花する期間は短いからです。
口コミサイトなどでは桜の名所情報と併せて、今年の開花情報が口コミで投稿されています。
近所に住んでいる人の情報ですから、確実と思っていいでしょう。
関東に住んでいて桜の名所をなかなか見物できない人でも今年こそはぜひ見に行きたいと思っているなら、口コミ情報で開花時期をチェックしてください。
一番見ごろなら人混みもあるのですが、きれいな桜を見ることができます。
渋滞の中をやって来たのに葉桜になってしまっていたと言う話はよく聞きます。
しかし、現代はスマホなどの情報機器が普及しているため、誰でもが簡単に情報を発信できるようになったのです。
自分が発信する桜の情報が誰かの役に立つと思えば、より細かく写真などを撮ることでしょう。
若者が発信する情報を多くの人が活用するのです。
もちろん、それだけがすべてと言うわけではありません。
実際に自分の目で見た桜が重要です。
どのような気持ちで桜を見るかと言うことです。
日常のストレスを解消するために桜を見る人もいるでしょう。
家族の喜ぶ顔を見たくて、桜の名所を案内する人もいます。
それぞれの立場で見る桜は、違った花に見えているはずです。
桜の美しさは誰に言われなくてもわかります。
それが日本人と言うものかもしれません。
多くの人が訪れる関東の桜の名所もいいですが、近所の狭い公園に咲いた1本の桜もいいものです。
自分なりの楽しみ方を見つけてください。

桜の名所とイベント

都会で行われるイベントとは趣が違いますが、桜を見ながらのイベントも楽しいものです。
関東の桜はテレビなどで見ることが多いため、たくさんの名所があると思っているでしょう。
しかし、桜の名所は日本全国にあります。
あなたが住んでいるところにも桜の花見をする人がいるでしょう。
日本の桜をランキング付けすることで、お客を呼び込みたいと言う気持ちはわかりますが、地域を限定することには意味がありません。
美しい桜はそこだけで見られるものです。
観光地ではなく住民の憩いの場所となっているのです。
もちろん、関東には桜だけではなく秋には紅葉で彩られる名所もあります。
桜の名所100選に選ばれたことで、多くの人が桜を見に来ることが悪いわけではないでしょう。
さくらの開花に合わせて桜祭りなどのイベントが行われるところも少なくありません。
ちょっとした出店だけの場合もありますし、アートなどと組み合わせて桜以外の楽しみを提供している場合もあるのです。
都心部では新しく桜の名所を作ることは簡単ではありませんから、別の形で集客しようと試みられているのです。
桜の木は少なくても、そこで行われるイベントに参加したいと思うのでしょう。
桜の木をたくさん植えるためにはそれだけの面積を確保しなければなりません。
関東には江戸時代から整備されてきた名所があります。
それらはこれからもずっと引き継がれていくことでしょう。
そして、新しい時代を象徴するような名所を作るためにイベントを企画する人たちがいます。

桜の名所と目的

桜の名所と呼ばれるところに多くの人が訪れています。
関東なら明治神宮や隅田川です。
もちろん、その他の地域でもたくさんの名所があるでしょう。
桜を見て人は何を感じているのでしょうか。
桜がきれいだと言うだけではなく、そこに安らぎを求めているのかもしれません。
つまり、桜を見ることではなく、それを見ている自分、そして家族と置かれている状況が喜びにつながるのです。
そう考えると関東でもたくさんの桜が咲き誇っている名所だけを見る必要はありません。
近所の狭い公園でも桜は咲いているからです。
自分の家族と一緒にシートを広げてみませんか。
ごちそうを食べる必要もありません。
誰もいないなら、寝転がってみましょう。
広い空と桜のコントラストに今まで気づかなかったことを教えてくれるはずです。
インターネットで桜の名所のランキングが掲載されていますが、多くの人がいいねと言わなくても自分がそう思えばいいのです。
桜の本数の問題ではありません。
ただ、一生のうちには桜の名所を何か所か廻ってみたいでしょう。
桜が咲いている期間は長くありません。
その時期を逃してはいけないのです。
今年はあの名所、来年は別の名所と計画を立てるのも楽しいでしょう。
生きているうちにたくさんの桜を見たいものです。
遠くに行かなくても自分の近くからクリアしていきましょう。
桜の名所を訪れることが目的ではありません。
あなただけの目的を見つけてください。
そうすれば今年の桜は違って見えます。

桜の名所と公園

公園は子どもたちの遊び場でありますが、桜の季節には大人たちにとっても大切な場所となります。
桜の名所として知られている公園の多くはたくさんの人のために整備されているのです。
もちろん、昔の人が桜を愛してきた結果として現代の桜の名所があります。
近代になって公園として整備されたことで、子どもたちだけではなく若者も集まってくるようになりました。
関東では上野公園が一番ポピュラーでしょうか。
桜見物だけではなく、動物園や博物館、美術館がそろっています。
一年中何かのイベントが行われているのです。
関東地方の桜の名所を検索する場合でも、桜以外の楽しみがあるかをチェックしておくことをおすすめします。
家族で訪れる公園と恋人と訪れる公園では楽しみ方がまったく違います。
それはどちらがいいと言う話ではなく、それぞれの立場で楽しめばいいのです。
桜が咲く時期を正確に把握して、ピンポイントで花見をする人もいますし、週末に合わせて公園に行き、その時に桜が咲いていればラッキーと思う人もいるのでしょう。
日本では桜のシーズンが新学期となります。
1年の始まりなのです。
気持ちよく過ごしたいものです。
そのためには桜を見る自分の気持ちを大切にしてください。
日本中に桜の公園があります。
広いところ、小さなところなど様々でしょう。
自分がどこで桜を見るか、今年のことを考えてみましょう。
一年はすぐにやってきます。
毎年、桜を見ながら同じことを考えているのです。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2016 02.01

    京都と桜

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ