脇の脱毛や黒ずみ対策

この記事は14分で読めます

女性にとっての脇毛

夏になると気になってくるのがムダ毛の処理だと思います。
特に多くの女性が気になるのは脇のムダ毛ではないでしょうか。
脇毛は意外と人目に付きやすい場所に有りますし、脇毛自体結構太くて黒い毛の方が多いので、脱毛などのムダ毛処理を行っている方がたくさんいると思います。
しかし脱毛も自己処理の方が多いので、どんどん肌が傷ついてきたり、黒ずみの原因になってしまったりしてしまいます。
そうなるとせっかく脱毛をしてもこうした黒ずみが気になってしまって、ノースリーブを着られなくなってしまうという事にもなりかねません。
まさに脇のムダ毛は女性の敵であると言っても良いかもしれないのです。
では脇毛の脱毛はどうすればいいのでしょうか。
キレイに脱毛をしようと思った場合、オススメは自己処理ではなくて脱毛サロンで処理する事です。
脱毛サロンでは脇だけじゃなくて、足や腕等、全身のムダ毛に関する脱毛を処理してくれます。
更に黒ずみや肌荒れ等も起こさない様に、しっかりと気を使って処理をしてくれます。
キレイに脱毛をしたいのであれば、脱毛サロンに行くと良いでしょう。
また昔は脱毛サロンで脱毛を行うと何十万円と言う高額な費用がかかりましたが、近年は価格破壊が起こっていて、かなり安価な金額で脱毛を行う事が出来ますので、一度試してみると良いと思います。
但しサロン選びを間違えてしまうと、予約が取れなかったり、最後まで脱毛が終わらなかったり、結果的に勧誘にあってしまったりする可能性が有りますので、サロン選びも良く吟味して行う様にしましょう。

スポンサードリンク

脇の黒ずみの原因

脇毛の脱毛処理をしている人はたくさんいると思います。
その中で脇の黒ずみと、脇の毛穴のブツブツで悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
せっかくキレイに脱毛をしても、黒ずみやブツブツが有ると思い切ってノースリーブを着たり、電車の中で腕を上げたり出来ないのではないでしょうか。
何故脇に黒ずみやブツブツが出来てしまうのか、その原因を探ってみると、一因として脇の脱毛の自己処理が挙げられるそうです。
脇の脱毛の自己処理と言うと、カミソリが一般的でしょうか。他には毛抜きで抜いたり、除毛クリームを使ったりする事も多いですよね。
こうした脇毛の脱毛の自己処理は、肌に大きな負担をかけてしまう為、肌が傷つきやすくなってしまいます。
一度自己処理をして暫く行わないのであればまだ良いのですが、薄着の時期になると頻繁に自己処理を繰り返してしまう様になる為、肌に大きなダメージが加わってしまいます。
こうなってしまうとメラニン色素が活性化し、色素沈着を起こしてしまう様になります。
これが脇の黒ずみの原因となってしまうのです。
自己処理を短期間で繰り返さない様にする事が、黒ずみを防ぐ方法では有りますが、薄着の時期はそうも言ってられませんよね。
こうした場合は、自己処理の方法をいつもと少し変えてみると良いと思います。
脇を清潔にした上で自己処理を行う事、こうする事で雑菌が毛穴から入る事を防ぎ、肌トラブルを防ぐことが出来ます。
更に自己処理を行ったら保湿をしっかり行う事もとても大切です。
この様にして脇の脱毛を自己処理する場合は、黒ずみ等の肌トラブルを起こさない様に自己処理の方法に気を配る様にしましょう。

アフターケアをしっかり行いましょう

ムダ毛の自己処理はアフターケアをしっかり行う事、面倒な事を後回しにしないでその場で行う事、こまめに行う事が自己処理自体を簡単に行う秘訣だと思います。
こうした細かなケアを怠ってしまう事によって、後々黒ずみ等の肌トラブルを引き起こしてしまう事になってしまいますので、注意が必要です。
面倒だと思ってもこうしたケアを常に行っておく事で、いざ脇や足や腕を見られた時に恥ずかしいと思う事も少なくなります。
肌に負担をかけない様にする為には、出来るだけ自己処理を行わない事と言うのが基本的には有ると思いますが、自己処理を行わないとムダ毛は伸びっぱなしになってしまいますよね。
脱毛サロンに行っている時間もお金もないと言う方は、細かなケアで肌のケアをしっかり行い、黒ずみ等の肌トラブルを防ぐ必要が有るのです。
特にカミソリで剃っている方は脇に限らず直ぐに生えてきてしまいますので、2?3日で1回の割合で脱毛処理を行っていれば、1回当たりの処理が少なくなりますので肌への負担も軽減される様になってきます。
また自己処理が終わった後は、しっかりと保湿をして乾燥を防ぐ事も忘れない様にしましょう。
こうした常日頃の細かなケアがいざという時キレイな肌を保つ事が出来て、困る事もなくなってくると思います。
最初の内は面倒だと思うアフターケアも、毎回行っているとそれが当たり前のケアになってきますので、面倒と思う事も少なくなってくるのではないでしょうか。
自分で脱毛の自己処理を行うのであれば、しっかりとしたアフターケアを行う様にして、自分の肌を自分で守る様にしましょう。

ムダ毛処理はやった方が良いのでしょうか

脇のムダ毛、足のムダ毛、腕のムダ毛等、ムダ毛と言うのは体中に有り、そのムダ毛を脱毛している方も大勢いると思います。
こうした体のムダ毛の脱毛は本来は必要な物ではありません。
ムダ毛とは言っていても、本当に体にとって無駄な毛は無いと思います。
ムダ毛と言われる体毛の体に対する役割と言うのは、体の弱い部分を守ってくれる為に生えていたり、体温調節や発汗調節を行う為に生えていたり、肌の摩擦防止となったり、細菌や汚れを体外へ排出したりと色々有ります。
こう考えてみると体毛は体の機能的には必要な物である事が分かります。
特に脇やデリケートゾーンは足や腕と比べて柔らかい部分となっています。その部分に生えている体毛は量も多く、色も太さも濃い毛が生えていますよね。
先ほどのムダ毛の機能と照らし合わせて考えてみると、弱い部分に生えているムダ毛こそ肌を守ってくれていると言う感じが分かると思うのです。
では何故ムダ毛を脱毛してしまう人が多いのかと言うと、それは気持ち的な問題だと思います。
特に女性の場合は肌がキレイな方が良いと言う傾向にあり、脇の毛も無い方がキレイだと言う概念が有ります。
そうした概念の中、脇などのムダ毛を脱毛する事で精神的な安定を得る事が出来る様になると思うのです。
ムダ毛の脱毛を繰り返す事で肌の黒ずみも出てきてしまう等、肌トラブルも有りますが、こうした黒ずみなどにも代えても脱毛をしたいと言う方が多いのはキレイになりたいと言う美意識からくる物ではないかと思うのです。
ですからムダ毛処理は美と言う観点から考えてみると必要と言う事になるのかもしれませんね。

脱毛の必要性

女性で自分の脇毛で悩んでいる人は多いと思います。
冬であれば長袖を着ているので多少は良いと思いますが、夏の様に薄着で脇自体が外から目につきやすい季節であれば、処理をきちんと行わなければ気になって腕を上げられないと常に脇毛で悩んでいる方も多いと思います。
また自己処理を繰り返してしまって肌の黒ずみで悩んでいる方も大勢いる事でしょう。
もちろん脱毛に関しては脇だけじゃなく足や腕に関しても悩みは尽きませんよね。
毎年薄着の季節で脇のムダ毛で悩んでいるのであれば、思い切って脱毛をしてしまった方が気持ち的にも随分楽になるのではないかと思います。
たかがムダ毛の処理でなんでそんなに悩んだり、脱毛にお金をかけたりする事を分からないと思う方もいると思いますが、脱毛をする事で精神的な安心感を得られるのであれば、ムダ毛を無くす以上に脱毛は必要性がある事になると思うのです。
基本的にムダ毛は脇に限らず、毛が生えている方向に沿って引っ張る事で簡単に抜けます。
しかしこの方向を間違えてしまうと、毛穴や肌に負担がかかる事となってしまい、毛穴の炎症を起こしてしまったり、肌に黒ずみが出来てしまったりするようになります。
特に足や腕は一定方向に基本的にはムダ毛が生えていますが、脇やビキニラインは生えている方向に一定性が無いので自己処理をしてしまうと肌に負担をかけやすくなってしまうのです。
こうした毛の流れ等も考えて脱毛をしてくれるのが専門の脱毛サロンだと思います。
脱毛をする事によって気にせず腕を上げる事が出来たり、足や腕を出す事が出来たりする様になりますので、脱毛の必要性は女性にとっては有るのではないかと感じます。

脱毛後に起こり得る肌トラブル

脇の毛の脱毛を行ったら、黒ずみ等の肌トラブルが起きない様にきちんとアフターケアを行う事が重要となります。
では脱毛後に起こる可能性が有る肌トラブルとはどの様な物が有るのか挙げてみたいと思います。

先ずは先ほども挙げた「黒ずみ」です。
所謂色素沈着になるわけですが、きちんとした脱毛処理やアフターケアを行わなかった場合、肌自体がダメージを受けてしまう事になり、肌の再生力が活発化する様になります。
こうなるとメラニン生成が過剰になる為、肌に色素沈着してしまって黒ずみとなってしまうと言う訳です。
これは主に脇の毛等の脱毛を自己処理している方に多く見られる現象ですが、乾燥肌の方、毛が濃い方、毛の量が多い方が特に黒ずみが多く見られやすいです。
こうした症状を改善する為には、脱毛を自己処理ではなくてきちんとしたサロンで行う様にする事、自己処理を行う場合でも頻度を少なくする事等行って、肌へダメージを与えすぎない様にしましょう。
次に脱毛後に多い肌トラブルは「赤み」「腫れ」になります。
自己処理を行った場合、サロンできちんと脱毛を行った場合でも肌には相当のダメージが加わっています。
特にレーザー脱毛や光脱毛等、熱を加えて脱毛処理を行う場合は、終わった後にきちんと冷却・保湿をする事が大切です。
これを行わないと赤みが出てきたり、毛穴部分が腫れてきてしまったりして、最終的には黒ずみに繋がってしまう様になりますので注意しましょう。

キレイに自己処理を行いましょう

一言で「脇のムダ毛の脱毛」と言っても、色んな脱毛方法が有ります。
自分でカミソリを使って剃る方法、脱毛クリームを使って毛を除毛してしまう方法、きちんと脱毛サロンに行ってプロに脱毛を行ってもらう方法等、色々有ります。
専門の脱毛サロンで脇のムダ毛の脱毛を行う場合、アフターケア等もしっかりと行って貰えるし、施術方法もしっかりとしているので黒ずみ等の肌トラブルも起こりにくくなりますが、自己処理の場合はそういう訳にもいきません。
雑に自己処理をしてしまう事で黒ずみ等の肌トラブルを起こしてしまう可能性が有ります。
ですから、自分で脇のムダ毛の脱毛を行う場合は、きちんとポイントを押さえておく事が重要視されるのです。
特に大切な脱毛の自己処理ポイントと言うと、毛が生えている流れに沿って脱毛を行う事、けっして毛の流れに逆らわない事が重要となります。
基本的に毛の流れに沿ってムダ毛を引っ張ってみるとスルッと抜ける事が分かります。
逆に毛の流れに逆らってムダ毛を引っ張ってみると、痛みが強くなって最悪はブチッと途中で切れてしまう事も有ります。
こうなってしまうと、毛穴から無理に抜き出そうとしている為に、毛穴が無理に広がってしまう事になり、そこから細菌が入り込んでしまう様になる為、肌が炎症を起こしてしまう事も有ります。
ですから毛の流れに沿って脱毛を行う事がとても重要になるのです。
しかし足や腕と言った毛の流れが一定方向で有る部分と違って、脇の毛は一定方向では有りません。
ですから自己処理で脱毛を行う事が難しい部位でもあるのです。
こうした事を知っておく事で自己処理を行う際に少しでも肌に負担をかけない様にしようと心掛ける様になってくると思いますので、ポイントとして覚えておくと良いでしょう。

脱毛の種類【レーザー脱毛】

「レーザー脱毛」と言う脱毛の種類が有ります。
最近は脇のムダ毛処理の方法として知られています。レーザー脱毛する事によって、肌への負担が軽減され、キレイに脱毛できるので黒ずみ等も出来にくくなると思うのです。
元々レーザー自体は脱毛と言うよりは、痣とかほくろの除去をする際に用いられていた方法なのですが、その結果としてレーザーが照射された部分に毛が生えてこなかったと言う事から、脱毛にレーザーを用いられる事となり、脱毛用のレーザーが開発されたそうです。
脱毛に用いられるレーザーは、メラニン色素に反応してその部分にだけ照射される様な仕組みとなっています。
これにより、脇であれば黒い毛にレーザーが反応し、レーザーが照射され、熱が毛根部に届いて毛根を破壊していき結果的に毛が生えてこなくなると言う事になる訳です。
レーザー脱毛のメリットと言うと、1回の照射で広範囲を処理する事が出来ると言う事、その為に短時間で処理を終える事が出来ると言う事、痛みが比較的少ないと言う事が挙げられます。
また脱毛サロンではなく、美容系の皮膚科で取り扱われている医療用のレーザーを使用する事で、元々出来ていたシミ、痣、黒ずみ等を解消させる効果が期待できると言う様にも言われています。
もちろんメリットだけではなく、個人差も有りますが赤みが出てしまったり、照射した部分が腫れてしまったりする事も有ります。
その際にはすぐに皮膚科を受診する事をオススメします。
レーザー脱毛は脇の脱毛として非常にオススメの脱毛方法ですので、検討してみてはいかがでしょうか。

脱毛の種類【針脱毛】

「針脱毛」と言う脱毛の種類が有ります。
今はレーザー脱毛と言う様な痛みが少なく短時間で処理出来るような脱毛方法が主流となっていますが、それ以前の脇などの脱毛方法として用いられていたのが「針脱毛」となります。
ニードルと呼ばれている細い針を毛穴に直接差し込み、そこに電流を流し込んで毛根を焼き切る事によってムダ毛を生えてこない様にさせていくと言う脱毛方法になります。
毛穴1つ1つに直接針を差し込んで処理をしていくので、とても時間がかかる施術方法となっています。
更に差し込むとき、電流を流す時に痛みをかなり伴う事も有る為、実際に脇などの脱毛を針で行っている人は痛さに耐えきれずに途中で止めてしまう人も結構いたそうです。
今でもレーザーで処理できない様な部分に対して用いられている脱毛方法となります。
針脱毛は直接毛穴に針を差し込むため、黒ずみ等の肌トラブルがあったとしても特に問題がなく処理をする事が出来ます。
一昔前は針脱毛でやけどをしてしまったり、それに伴う黒ずみが起きてしまったりと肌トラブルも結構有った様ですが、近年では開発も進み痛みがそこまで起きない様な工夫がされています。
更に麻酔脱毛と言う物も用いられていて、施術中は痛みを伴わない様にする工夫も行われています。
針脱毛は脇のムダ毛に対しても施術を行えます。皮膚が柔らかい所に関しては痛みが少ないですが、骨に沿った部分になると痛みを伴いやすくなると言うデメリットが有ります。
但し効果的には高い効果が期待できますので、脱毛方法の一つとして覚えておくと良いでしょう。

脱毛の種類【光脱毛】

「光脱毛」と言う脱毛の種類が有ります。
薄着の季節になり、脇毛等の脱毛を行いたいと言う方も多いと思います。
自己処理を行うと黒ずみ等の肌トラブルを招いてしまう可能性が有る為、きちんとした所でプロの施術を受ける様にした方が後々良いと思うのです。
その脇毛などの脱毛方法として挙げられるのが光脱毛になります。
脱毛方法にはこの他にもレーザー脱毛などが挙げられます。
光脱毛はレーザー脱毛と比較すると広範囲に照射する事が出来る為、1回当たりの施術は短時間で済むと言うメリットが有りますが、光の出力自体がレーザーよりは低い為、効果を得る為にはかなり回数施術を行わないと得られないと言うデメリットが挙げられます。
元々光はシミ、そばかす、黒ずみ等の肌トラブルを解消させる為に誕生した施術方法となりますが、その技術を脱毛に生かして開発された脱毛方法となります。

光脱毛は他の脱毛方法と比較すると効果が低い為、黒ずみや赤み、腫れと言った肌トラブルが無いのではないかと言う考えも有りますが、肌に対して何らかの施術を行う以上、こうした肌トラブルの危険性は常にある物と意識しておかなくてはいけません。
光脱毛は主に脱毛サロン等、医療現場でなくても出来る施術方法となっていますので、効果を得る為には時間がかかると思いますが、お値段、アフターケア、効果等をよく考慮した上で選ぶ様にすると良いと思います。
光脱毛と言う脱毛方法を脇のムダ毛の脱毛方法としてある事を覚えておくと良いでしょう。

ムダ毛処理について

サロンに行ったり、色んな手間暇かけて脇毛などの脱毛処理を行いたいと思う人は少ないと思います。
出来れば簡単に済ませたいと思っている人が多いのではないでしょうか。

GWが終わり、薄着の季節になってくると肌を露出する機会が増えてきますので脇のムダ毛、足や腕のムダ毛などを処理したいと思う人が増えてきます。
ムダ毛と言うのは処理をしても直ぐに生えてきてしまいますので、出来るだけ簡単に済ませたい、出来るだけ安く済ませたいと思っている方が多いと思うのです。
簡単に手間をかけないで、またお金をかけないで脱毛をするには自己処理を行うのが一番の方法だと思います。
自己処理の方法としてはカミソリを使って剃る、毛抜きや脱毛器を使って抜く、クリーム等を使って除毛すると言う方法が主に挙げられます。
一番に多いのはカミソリを使って剃ると言う方法ではないでしょうか。
お風呂に入ったついでに石鹸を付けてカミソリでムダ毛を剃ってしまうと言うのが一番簡単な様な感じがします。
しかし簡単な分、肌への負担も大きく黒ずみ等の原因になってしまう事も考えられます。
ムダ毛の脱毛を簡単に自己処理で行う為には、黒ずみ等の原因にならない様にしっかりと行う必要が有りますし、自己処理に関するメリット・デメリットも知っておかなくてはいけません。
この先ずっと付き合っていかなければならないムダ毛ですので、しっかりとした知識を持って処理をする。
その中で簡単に出来る方法を探していくと言うのが良いのではないでしょうか。

脱毛(自己処理)の種類

脇等のムダ毛の脱毛処理を脱毛サロンではなくて自分で自宅で自己処理で行う方も多いと思います。
自己処理を間違って行う事で黒ずみ等の肌トラブルを引き起こす危険性が有ります。
せっかくキレイにムダ毛処理を行ったのに黒ずみが起きてしまったのではとても残念ですよね。
脇などの脱毛を行う自己処理にはどの様な方法が有るのか挙げてみたいと思いますので、ご自分に合った方法を見つけてみてください。

【カミソリ】
一番手軽に出来る脱毛方法だと思います。
簡単に処理が出来ると言うメリットがある反面、肌に直接刃を当てますので肌を傷つけてしまう可能性が有り、肌トラブルを引き起こしやすいデメリットが有ります。
カミソリを使ってムダ毛処理を行う場合は、新しいカミソリを使う事、普通のカミソリではなくてムダ毛処理用の専用のカミソリを使う事、毛の流れに沿ってカミソリを使う事をオススメしたいと思います。

【毛抜き】
カミソリは肌の上に出ているムダ毛だけを剃ってしまいますが、毛抜きの場合は毛穴の中にある毛まで抜いてくれますので、次のムダ毛が生えてくるまでに時間がかかると言うメリットが有ります。
しかし毛抜きで抜く際、痛みが多少伴うと言う事、きちんと抜かないと埋没毛となってしまいやすいと言うデメリットが有ります。

【家庭用脱毛器】
近年は家電製品も物凄くレベルがアップしてきている事から、サロン並みの結果が出せる家庭用脱毛器も登場しています。
簡単に出来る、効果も他のムダ毛処理を比べて格段に上と言うメリットが有る反面、家庭用脱毛器が効果で有ると言うデメリットが有ります。

自己処理の危険性【毛抜き】

「毛抜き」で脇や足や腕のムダ毛の脱毛を自分で行うのは、ムダ毛の自己処理としては一番黒ずみ等の肌トラブルが起きやすい方法として挙げられています。
毛抜きを使って脱毛を行う場合、1本1本毛抜きでつまんで抜いて行く事になりますので、結構時間はかかるのですが、カミソリ等と違って根元から抜く事が出来るので、次に生えてくる周期が遅いとして結構行っている方が多い様です。
脇の毛を毛抜きで抜く場合は、結構見えづらい部分になりますので、間違って皮膚をつまんでしまう等してしまう事も有ります。
1本だけとかポイントだけ毛抜きを使うと言うのであれば良いと思うのですが、脇や足等広い範囲全体を毛抜きを使って抜くとなると結構肌トラブルを起こす可能性が多いです。先ずは「肌の黒ずみ」になります。
毛抜きを使う事で肌に刺激を与えます。肌の特性として刺激が加わるとメラニン色素が活性化すると言う性質が有ります。
これが黒ずみの原因となります。
次は「埋没毛」です。
毛抜きで毛をつまんで引っ張って抜く事になりますので、皮膚も一緒に引っ張られますよね。
この時毛穴は皮膚に傷がついてしまう事があり、これが目には見えませんがかさぶた状態となって毛穴が塞がれてしまうのです。
そうなると毛が毛穴から出られなくなり、肌の中に伸びてしまう事になります。
見た目も変になってしまいますし、抜く場合は皮膚を破いて取らなくてはいけなくなりますので、一番肌に負担がかかる事になってしまいます。
他にも毛穴が引っ張られる事によって毛穴がブツブツになってしまったり、でこぼこになってしまったりしてしまう事が有ります。
この様に毛抜きで脇などの脱毛を自己処理する場合は、かなり負担がかかる事になりますので注意して行う必要が有ります。

自己処理の危険性【カミソリ】

「カミソリ」で脇や足や腕のムダ毛の脱毛を自分で行うのは、ムダ毛の自己処理としてはとても簡単な方法なのですが、黒ずみ等の肌トラブルが起きやすい方法としても挙げられています。
ムダ毛の自己処理用としてドラッグストアに行くと、専用のカミソリがたくさん並べられていますよね。
カミソリを使うと脱毛と言う事では有りませんが、肌表面上のムダ毛がなくなるので、脇や足などとても簡単に処理する事が出来ます。
しかし簡単だからと言うだけでカミソリをずっと使い続けていると、肌が黒ずみを起こしたり、傷がついてしまったりするので気を付ける必要が有るのです。
カミソリを肌につけると、目に見えない傷がたくさんついてしまいます。
カミソリを使った後に肌がヒリヒリするのを感じる人も多いと思いますが、肌が傷ついてしまった為に起こる現象なのです。
カミソリを使い続けると肌に悪い、だからジェルや石鹸、ムース等を肌に塗って、少しでも肌が傷つくのを防ごうと言う考えも有りますが、多少は傷はつかないかもしれませんが、それでもやっぱり傷は付いてしまいます。
こうした事を続けていると、どうしても肌が乾燥気味になってきて、透明感がなくなってくる様になります。
これが黒ずみになったり、くすみになったりしてしまうのです。
せっかくキレイにしようとしていたのに、これでは台無しですよね。
たまに少しの範囲だけカミソリを使う分には良いと思いますが、カミソリを使ってムダ毛の脱毛をする場合は気を付けた方が良いでしょう。

自己処理の危険性【抑毛ローション】

黒ずみ等の肌トラブルを防いで脇などの脱毛を自己処理する際、カミソリや毛抜きを使わないで肌に優しいとされる「抑毛ローション」を使おうとする人は多いと思います。
抑毛ローションには脱毛効果と言う物は少なく、どちらかと言うと毛の成長を遅らせてくれると言う物になります。
ですから、抑毛ローションだけを使ってもムダ毛は無くならないと言う事になるのです。
では、何故抑毛ローションが脇などの脱毛の自己処理用グッズとして取り上げられるのかと言うと、他の自己処理方法との組み合わせをすると効果的だからだと言えます。
出来れば脱毛サロンなどできちんと脱毛処理を行ってもらった肌に対して、抑毛ローションを使う様にすると肌に負担がかからず、結果的に黒ずみ等の肌トラブルを引き起こす可能性が低くなるので良いと思います。
しかしドラッグストアで手軽に手に入れられると言う事で、カミソリや毛抜きで自己処理をした後、抑毛ローションを使って効果を出そうとする人も多いのではないでしょうか。
毛抜きやカミソリで自己処理をした肌はとても傷ついていてダメージが加わっている状態です。
そこにいくら肌に優しいとはいえ、抑毛ローションを塗ってしまうと更に肌に刺激が加わり、肌が荒れてしまったり、腫れてしまったり、黒ずみを起こしてしまうかもしれません。
家庭で自己処理をする場合、レーザー方式等、肌にダメージが加わりにくい家庭用脱毛器を使用した後に抑毛ローションを使う様にすると良いと思います。

自己処理の危険性【除毛クリーム】

「除毛クリーム」を使って脇や足や腕等の脱毛処理を行う人も多いと思います。
除毛クリームは脱毛をすると言うよりは、肌表面に生えているムダ毛を溶かして、肌表面をキレイに見せると言う物になります。
ムダ毛を溶かしてしまう位の薬剤が使われていると言う事なので、肌に相当な負担がかかる事はお分かりいただけると思います。
ムダ毛だけを溶かしてしまうのであれば良いのですが、除毛クリーム自体、肌にも付いてしまう物なので、結果的に肌にも相当なダメージが加わる事になってしまいます。
肌がかぶれてしまうとか、ポツポツとした赤みが出来てしまうとか、使い続ける事で結果的に黒ずみが起こってしまうとか、肌に出てくる肌トラブルは相当な物だと思います。
除毛クリームを使う際にはきちんと注意書きを読んでから使う様にする必要が有ります。
足や腕と言った部分に使う印象がある除毛クリームですが、脇にも使いたいと思う人も多いと思います。
しかし脇やVライン、顔と言った皮膚が薄くて柔らかい部分には使用しない方が良いのです。
皮膚が薄くて柔らかいと言う事は、黒ずみ等の肌トラブルが起きやすいと言う事でもあります。
その部分に強力な薬剤を使用してしまうと、足や腕以上に肌に相当なダメージが加わってしまうのです。
ですからお肌の事を考えるのであれば除毛クリームは日常的に使うのではなく、あくまでも一時的に使う様に留めておいた方が良いと思います。
特に敏感肌の人は使用をやめておいた方が良いでしょう。

家庭用脱毛器について

専門の脱毛サロンに行く様な時間とお金は無いけれども、夏が近づいてくると脇や足や腕と言った肌が露出する部分の脱毛をしたいと思う人は多い事でしょう。
近年は家庭用脱毛器がたくさん登場してきていて、エステサロンに行ったのと同じような効果が期待できるとして多くの人気を集めています。
またカミソリでムダ毛を剃ると言う様な肌を傷つける事が少ない為、黒ずみ等の肌トラブルを引き起こさない為に使用する方も多い様です。
しかし家庭用脱毛器は良い物になると値段も高額になってくる為、安い脱毛器を使っている方も多いと思います。
この家庭用脱毛器の種類によっては黒ずみ等の肌トラブルを引き起こしてしまう場合が有りますので注意が必要です。
毛を抜くタイプの脱毛器、毛を熱で焼き切るタイプの脱毛器は肌トラブルを引き起こしてしまう可能性が高い脱毛機になりますので注意が必要です。
毛を抜くタイプの脱毛器は、毛抜きと同じタイプになりますので使い方によってはポツポツと赤みが出来てしまったり、埋没毛の原因になってしまったりします。
毛を熱で焼き切るタイプの脱毛器は、火傷をしてしまう危険性もあります。
どちらにしても肌に負担をかけやすい脱毛器と言えるでしょう。
家庭用脱毛器でオススメなのは、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛と言った物になります。
サロンと同じような効果が得られやすく、肌にダメージも加わりにくいです。
多少お値段は高いのが難点ですが、もし家庭用脱毛器を購入するのであれば検討してみると良いでしょう。
脇や足や腕の様なムダ毛処理は女性の悩みですよね。
肌に負担をかけずにキレイに脱毛する為にはそれ相応の知識も持っておかなくてはならないのです。

良い脱毛サロンを選ぼう

誰もが良い脱毛サロンで脱毛をしたいと思いますよね。
脱毛サロンやエステサロンと言うと一昔前はしつこい勧誘が有ったり、値段が高かったりして敷居が高いイメージが有りました。
しかし近年、脇や足の脱毛を行うのに脱毛サロンの価格破壊が起こっていて、かなり安い値段で行えるようになりました。
しかし安い分なんだか不安と言う声も上がっているのも確かです。
脱毛サロンに行くのは自己処理等で黒ずみ等の肌トラブルを起こしたくないと言う事も挙げられると思います。
ですからしっかりと良い脱毛サロンを選ぶ必要が有るのです。
先ずはそのサロンの口コミを見てみましょう。
値段はどうなのか、雰囲気はどうなのか、処理自体は効果が高いのか、勧誘は無いのか等、選ぶポイントはたくさんありますので、口コミで評判を確かめてみると良いと思います。
良い口コミ、悪い口コミ等たくさん出てくると思います。ネットだけの情報を全体的に信用するのもどうかとは思いますが、ある程度の参考にはなると思いますので、事前に調べておくと良いでしょう。
そこで良いサロンが有ったなと思ったら、体験コースを受けてみると良いかもしれません。
実際にサロンで体験する事で、雰囲気や口コミの情報が合っているのかどうなのかを確認する事が出来ますし、痛み等も経験する事が出来ますので、自分に合っているサロンかどうかを見極める事が出来ます。
脇等の自己処理で黒ずみを起こしてしまうと、結果的に見せられない肌になってしまう可能性が出てきますので、良い脱毛サロンを選んでキレイな肌を手に入れる様にしましょう。

エステの脱毛とクリニックの脱毛

脇等のムダ毛を処理したい、黒ずみ等の肌トラブルを回避したいと言う方はどこに行けば良いのか悩んでしまいますよね。
脱毛を専門のサロンで行う場合、エステで行う方法とクリニックで行う方法の大きく分けて2つになると思います。
ではこの2つ、どの様な違いが有るのでしょうか。
大きく違うのは、医療行為が出来るかどうかと言う所に有ります。
クリニックは当然病院なのですから、医療行為が出来ます。対してエステは医療行為が出来ません。
この違いが一番大きいと思うのです。
エステで使われている脱毛用器具は美容用の物になり、医療機器には該当しません。
その為、効果は医療用と比較して低くなりますし、時間もかかる様になります。
しかし近年は美容用の脱毛機器とは言っても、性能は向上していますので、効果は結構期待できるのではないかと思います。
更にお値段もエステサロンでの脱毛は安く設定されている所が増えてきましたので、手軽に受けやすくなっています。
対してクリニックでは医療用レーザーを使って脱毛が行えるので、効果はエステと比較して大幅にアップすると思います。
また痛みを伴う行為の場合、麻酔なども使う事が出来ますので安心して施術を受ける事が出来ます。
但し保険は適用しない為、全額自己負担になりますので、料金的には高くなる可能性が高いです。
脇や足や腕のムダ毛で悩んでいる方、自己処理をしすぎて肌に黒ずみを起こしてしまっている方は脱毛時期になると相当悩むと思います。
エステとクリニックの違いを理解しておくと、行く場所も選びやすくなるのではないでしょうか。

脇の黒ずみを解消しよう

脇の黒ずみで悩んでいる方は意外と多いのではないでしょうか。
脇の黒ずみの原因は色々あり、脇の脱毛の自己処理を自分で行っている場合、脇を締め付けてしまっている場合、摩擦や刺激を加えてしまった場合等が原因となっている事が多いそうです。
意外にも汗を拭き取る為の制汗シート等も脇に刺激と摩擦をを与える原因となってしまいますので、黒ずみの原因となってしまう可能性が有るそうです。
こうした脇の黒ずみを解消させる為には、黒ずみを起こしてしまう原因を行わなければ良いと言う事になります。
例えば制汗シートを使うのであれば、摩擦を起こさない様にゴシゴシと拭くのではなくてそっと脇を抑えて使う様にすると良いでしょう。
また脇毛を無くす為には自己処理で行うのではなくて、脱毛サロンで専門のケアを行う様にすると黒ずみも解消されてくる様になります。
脱毛サロンでは肌のターンオーバーや毛根の周期に合わせて脱毛を行っている為、むやみに短期間で脱毛を行わないところが多いです。
その為、脇に負担をかける回数が減りますので、刺激が加わる回数も少なくなり、黒ずみも徐々に解消されてくると言う事につながります。
また脱毛サロンで処理をする事で、徐々に脇毛も生えてこない様になってくる場合が多くなりますので、脱毛処理自体を行う回数も少なくなってくる事となります。
脇の黒ずみを解消させる為に、脇に刺激を加える回数を減らし、色素沈着を起こさない様に気を付ける様にしていきましょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ