美白対策は夏前から

この記事は15分で読めます

地黒の人でも美白になれる

透き通るようなきれいな白い肌、女性なら誰もが憧れますよね?

スポンサードリンク

でも、肌の色は人によって違い、生まれつき肌が黒っぽい“地黒”という人も多いです。そのような人でも、肌が白くなるのか?と言うと、真っ白にすることはできませんが、本来の肌の白さまで美白することはできます。本来の肌の色とは、おしりなどの紫外線が当たらない部分の色で、その白さまで肌が白くなることも可能ということなのです。

地黒の人の肌は、普通肌の人に比べて、メラニン色素の量が多いです。残念ながら、その人のメラニン色素の量は、生まれた時点で決まっているので、その量を減らすことはできません。でも、正しいケアをすることで、メラニンの働きを抑えることはできます。

メラニン色素を抑えて美白を実現するためには、「ハイドロキノン」と「アルブチン・ビタミンC誘導体」といった成分を含んだ美白化粧品を使用して、正しくケアすることが大切です。特に、ハイドロキノンは、メラニンを抑えるタイプの美白成分で、他の美白成分よりも約100倍の効果があるとされています。そのため、美白化粧品を使っても効果がない、できてしまったシミやそばかすをなくしたい、もっと肌を白くしたい、と悩んでいる人はぜひ試してもらいたい美白成分です。

地黒の肌は、ダメージを受けにくく肌が強い人が多いようなので、しっかりケアをして美白を実現できれば、普通肌よりもきれいな白肌を手に入れることができるのです。

“地黒”になる原因

地黒の人は、肌が白くなるにはどうしたら良いのか?と悩んでいる人も多いでしょう。もともと肌の色が黒い“地黒”になる原因は、どのようなことが考えられるのでしょうか?

まず考えられるのが「遺伝」です。人の肌の色を決定づけるものは、メラニンの量で、生まれつきメラニンの量が少ないと色白になり、メラニンの量が多いと地黒になるのです。また、メラニンの量は遺伝するので、家族や親せきの中に地黒の人がいるならば、地黒になる場合が多いのです。

次に、地黒になる原因としては、肌の「くすみ」です。肌がくすむと肌の色が暗く見えます。顔の色が腕や脚よりも暗く見える場合は、くすみが原因の可能性があります。くすみの原因は、紫外線による刺激や血行の不良などです。くすみを改善するには、ビタミンを多く含む野菜や果物などを積極的に食べたり、顔を軽くマッサージしたりすると効果的です。

また、不規則な生活もくすみの原因になります。夜更かししないで十分に睡眠をとりましょう。さらに、メイクをしたまま寝てしまうことが多い人は、肌にかなりのダメージを与えています。化粧品にはさまざまな成分が配合されているので、それを落とさずに放置すると、毛穴に詰まって顔色のトーンを暗くしてしまうのです。毎日しっかりと化粧品を落として、正しく洗顔するように心がけましょう。

地黒になった原因を見直してみれば、今よりも肌が白くなる方法も見つかり、美しく明るい雰囲気になる可能性もあります。

地黒は日焼けの影響?

自分は子どもの頃からずっと肌が黒かい、と思っている人でも、子どもの時に外で遊ぶのが好きだったり、スポーツをよくしていたりして、日焼けを繰り返してきたことにより、実は肌が白いのに紫外線の影響でずっと肌が黒いままでいるということも考えられます。

ずっと自分は地黒だと思っていた人が、UVケアを心がけるようになったら、肌が白くなることもあるようです。紫外線が当たりにくいおしりや二の腕の内側などの肌が白い人は、その白さまで肌が白くなる可能性があるので、徹底的に日焼け対策をしましょう。また、美白対策の化粧品を使用すると、さらに効果があります。すぐに肌が白くなることはありませんが、根気よくそれらの化粧品を続けることで、徐々に白くなっていくはずです。

また、地黒の人は紫外線に強いと言われますが、その分、日焼けもしやすくなります。シミもできにくい、と思われがちですが、肌が黒いのでシミが目立たないというだけで、肌への刺激は普通肌の人と同じように受けているのです。その点からも出かけるときは、日焼け止めクリームを塗ったり日傘をさしたりして、紫外線から肌をしっかりと守りましょう。

生まれつき地黒だから、肌が白くなるはずはないし美白に力を入れても無駄、と最初からあきらめている方もいると思いますが、少しの努力を続けることで美白を実現できる方法はあるので、少しでも白い肌に憧れをもっているのなら、できる範囲で続けてみてください。

美白化粧品に含まれる成分

肌が白くなるためのケアとして「美白化粧品」があります。美白化粧品には、紫外線によってできるシミやそばかすを予防するための数種類の美白成分が配合されています。美白化粧品を有効に使って美白を実現させるには、その種類と特徴を理解する必要があります。

シミができるには、紫外線を浴びたことでメラニンを作り出すよう命令する過程、その命令によってチロシナーゼを活性化させメラニンを作り出す過程、そして、メラニン色素が皮膚の表面へ現れてターンオーバーで排出しきれないとシミとなって残る過程、この3つの過程に分かれます。

美白化粧水に配合されている美白成分は、そのどの過程に効果があるのか分かれています。そのため、ただ肌が白くなることだけを求めて、「美白化粧水」と表示されているものを適当に選ぶのではなく、どの過程に効果があるのか見極める必要があるのです。

紫外線の影響でメラニン生成の命令を出す過程に有効なのが、その命令を届かないようにする「カモミラET」と「トラネキサム酸」という成分です。これらの美白成分は、すでにできてしまったシミよりも、これ以上シミを作らないようにする効果があります。

次は、メラニンを生成する過程に有効なのが、チロシナーゼの活性化を抑え、メラニン色素の育成を防ぐ効果のある「ハイドロキノン」や「ビタミンC誘導体」「アルブチン」「プラセンタエキス」などです。また、新しい美白成分「リノール酸」と「マグノリグナン」は、メラニン色素を作り出すチロシナーゼを減らす効果があります。

メラニン色素が表皮細胞へと現れてシミになる過程に有効なのが「D-メラノTM」です。この成分は、メラニンが生成される過程で作用し、メラニン色素が表面で蓄積されるのを予防する効果があります。

まずはトライアルセットで

肌が白くなる美白化粧品は、配合されている美白成分の効果やその性質をよく理解して選ぶのが大切です。しかし、美白化粧品といっても、いろんなメーカーから数多くの種類が販売されおり、自分に一番合うのがわからず、どれを選んだら良いのか迷いますよね?実際に使った人の口コミで評判の良いものや、お友達からとても効果があると勧められたものでも、肌質は人それぞれなので、自分には合わなくて、肌トラブルを起こしてしまうこともあります。

お金に余裕があるならば、さまざまな美白化粧品を購入してそのどれも試していけば良いのですが、自分に合わないかもしれない化粧品を買うのは、お金ももったいないですし、その商品も無駄にしてしまいます。そんな時は、「トライアルセット」がおすすめです。

美白化粧品はそんなに安いものではありませんが、多くの化粧品会社では、無料や低価格で実際に化粧品を試すことができるトライアルセットが用意されています。中には、洗顔から化粧水、乳液、美容液までなど、基礎化粧品を同じブランドでそろえたライン使いで試すことができるトライアルセットもあります。

トライアルセットは、無料で提供しているものもありますが、ほとんどのものが1,000円前後で手軽に手に入れることができます。7日?14日間続けて使えるようになっているので、自分の肌に合っているか、また、肌が白くなる美白効果の兆しが現れるかなどを試せると思いますよ。

美白化粧品のおすすめのトライアルセット

美白化粧品を使いたいけど、「本当に肌が白くなるのかな?」「どれを選べば良いのか?」と迷った時におすすめなのが、トライアルセットです。それでは、プチプラで試すことができる、おすすめの美白化粧品のトライアルセットを紹介します。

「アンプール ラグジュアリーホワイトHQトライアルキット」は、皮膚科医が作った美白基礎化粧品です。さまざまな雑誌の“美白特集”に取り上げられたり、ランキングサイトでベストコスメに選ばれたりしている実力派コスメです。皮膚科などで使用されている、メラニンの生成を抑える効果のある「ハイドロキノン」が配合されており、それをホームケアで安心して使えるように作られました。実際に試した人によると、日焼け後にできたシミやニキビの跡、肝斑の改善などに効果があるようです。5日分試せるトライアルセットは1890円ですが、すべての化粧品にハイドロキノン誘導体が配合されているので、その効果は期待できるでしょう。

「ライスフォース 美白ケアトライアルセット」は、基本の3点セットのトライアルキットに、美白とUVケア対策のスペシャルアイテムがプラスされたセットです。お米由来の保湿基礎化粧品で、きめ細やかな潤いに満ちた美肌を手に入れることができます。このトライアルセットを使用した人の98%が、肌にハリが出てきたり、乾燥が改善されたり、化粧のりが良くなったり、肌に良い変化が現れたようです。美白美容液もしっとりしていて保湿力がとてもよく、使い続けることで、肌が白くなるというより、肌の内側から透明感が増して肌が明るくなったと感じられるようです。このトライアルセットは、10日分試せて1,400円です。

人気の美白化粧品のトライアル

富士フイルムの「アスタリフトホワイト」は、口コミでとても評判の良い美白化粧品として有名です。多くの方が「肌が白くなる効果がある」「肌の調子がよくなった」など、その効果に驚いているようですが、自分にも本当に効果があるか
不安な人は、1,000円で5日分試すことができる「アスタリフトホワイト 美白トライアルキット」を使ってみてください。

このトライアルセットは、優れた美白有効成分の「アルブチン」と「ビタミンC誘導体」が配合された美白化粧水と美白エッセンス、美白クリームの3つのステップで、美しく肌が白くなるためのケアを手助けします。

有効成分が肌にしっかりと届くために、富士フイルムならではの成分を極小サイズにするという技術によって、直接シミのもとに届いて働き、保湿とハリを与えます。また、美白化粧品は、肌への刺激が強かったり乾燥しがちだったりといったデメリットを心配される方も多いと思いますが、アスタリフトは、アスタキサンチンと3種類のコラーゲンによって、肌に潤いを与えて乾燥を防ぎます。

資生堂の「HAKUシリーズ」も雑誌などに何度も取り上げられている人気商品です。美白クリーム「メラノクール ホワイトソリッド」も人気のアイテムで、冷蔵庫で冷やして使うクリームなので、通販限定で販売されておりクール便で届けられます。ひんやりと冷感触で、メラニンの生成を抑制して、シミやそばかすを防ぎます。1万円以上するクリームですが、こちらも低価格で試せるトライアルがあるので、まずはそれでその効果を試してみると良いでしょう。20日分試せる「HAKU メラノクール ホワイトソリッド トライアル」は2,484円です。

高価な美白化粧品の方が効果的?

美白化粧品は、基礎化粧品の中でも値段が高いものがほとんどですが、ドラッグストアなどでお手頃な価格で売っている美白化粧品もあります。やはり値段が高いものの方が、肌が白くなる効果は高いのでしょうか?

答えを言うと、価格と効果に関係はあると思って良いでしょう。なぜなら、化粧品メーカーにとって美白化粧品は、独自のメカニズムと最先端技術を盛り込んで、研究と開発に最も力を入れる存在だからです。

化粧品に配合されている成分や開発する技術が、最先端で高度なものになればなるほど、肌が白くなる美白効果は高まりますが、それと同時に、さまざまな費用がかかり、どうしても価格が高くなってしまうのです。

しかし、安い美白化粧品でも、中にはとても良いものはあります。そのため、必ずしも、「高いものは効果も確実」とは言い切れないのです。美白化粧品を使用する場合、最も大切なのは“使い続けること”と“自分の肌に合っていること”です。どんなに高級なものを購入しても、もったいなくてちょっとずつしか使わなかったり、たまにだけ使ったりしていたら、その効果はほとんど発揮しないでしょう。また、肌が乾燥したり、肌の調子が悪くなったりすることもあるので、その場合は、その人の肌には合わないということで、高価なものだとしても使用を避けた方が良いです。

自分の肌にあった美白化粧品は、大きな変化はなくても、使ってすぐにキメが整ったり肌が明るくなったり感じるなど、良い肌の変化や気持ちの良い感触が現れるはずです。

プチプラの美白化粧品

美白化粧品は高いものが多いですが、中にはプチプラで手に入るとても良いものもあります。また、毎日たっぷりと使いたいという人にも、プチプラの美白化粧品がおすすめです。それでは、プチプラなのに効果があって、口コミで肌が白くなると話題の美白化粧品を紹介します。

「ナチュリエ スキンコンディショナーハトムギ化粧水」は、天然植物成分の“ハトムギエキス”配合で、無香料・無着色の化粧水で、美容家として有名な佐伯チズさんも推薦しています。

ハトムギエキスは、保湿効果や抗炎症作用があるので、肌荒れやニキビの改善に効果的だと言われています。また、メラニンの育成を抑制することはできませんが、老廃物を輩出させて肌の新陳代謝を促す効果があるので、肌がなめらかになり透明感が出るので、肌が白くなる美白効果も感じられるのです。

また、なんといっても500mlで1000円を切るというコスパの良さが魅力です。これだけ安くて大容量だと、たっぷりとコットンに染み込ませて顔全体にパックするなど、体の気になるところにも存分に使うことができます。

「なめらか本舗 薬用美白化粧水」は、独自開発されたナノ浸透処方によって、美白成分やうるおい成分が肌の奥までしっかりと届きます。保湿効果の高い豆乳イソフラボンによって、肌がふっくらともちもちになり、さらに、美白有効成分によって、シミやそばかすを防いで肌が白くなる効果も期待できます。なめらか本舗 薬用美白化粧水は、成分の安心・安全に徹底していますが、200mlで1,080円です。

「ちふれ」の魅力

幅広い年代から支持され、長年愛用しているという人も多い化粧品が「ちふれ」です。その魅力は、低価格なのに品質が良く、その効果もとても満足できるということでしょう。ちふれが高品質のものを安く販売できる理由は、広告やパッケージに余計なコストをかけないで簡素化したり、大量生産したりするなどの企業努力によって実現できたのです。

ちふれは、肌が白くなる美白化粧品などの機能性の高い化粧品もリーズナブルな価格で提供しています。中でも、美白シリーズの「美白化粧水W」は、無香料・無着色、ノンアルコールで、保湿成分のヒアルロン酸とトレハロースと、美白成分の安定型ビタミンC誘導体とアルブチンが配合されており、メラニンの生成を抑制し、シミやそばかすを防ぐ効果があります。美白化粧水Wは赤色のボトルに入っており、容量は180mlで1,100円です。また、美白化粧水Wはしっとりとしたつけ心地の“しっとりタイプ”もあります。

ちふれの美白シリーズには、もう1つ青いボトルに入った「美白化粧水VC」もあります。赤いボトルの「美白化粧水W」との違いは、こちらは肌が白くなる効果だけでなく、肌荒れを防止する成分も配合されていることです。ニキビや肌荒れに悩んでいる方は、青いボトルの美白化粧水VCがおすすめです。こちらの化粧水は、180ml入って800円です。赤の美白化粧水Wも青の美白化粧水VCもとってもお手頃価格なので、毎日たっぷりと使えます。

美白化粧品のデメリット

肌が白くなるという高機能な効果のある美白化粧品ですが、デメリットもあります。それは、乾燥しやすかったり、肌への刺激が強かったりするということです。これらの症状が現れる原因は、美白化粧品は医薬部外品であることと、さっぱり系のものが多いことに関係しているようです。

紫外線を浴びてくすんだ肌や疲労がたまった肌は、皮膚の表面を覆っているバリア機能が低下しています。そのような状態では、美白化粧品を使っても美白有効成分が十分に肌に浸透する前に蒸発してしまいます。そのため、肌が乾燥していると感じるならば、肌が白くなる効果を求めるよりも先に、肌に潤いを与えることを優先することが大切です。

刺激に関しては、美白化粧品は化粧品と医薬品の間に位置する「医薬部外品」を配合しているものが多ことが関係しています。医薬部外品は、穏やかに作用する化粧品よりも効果が現れやすい反面、場合によっては刺激を感じることもあるということです。

ただ、医薬部外品扱いの化粧品に対して刺激を感じる場合、肌のうるおいが不足していて、コンディションが良くない状態であると言えるので、やはり保湿が大切になります。

さらに、美白化粧品は、メラニン生成を抑制する成分が配合されているので、紫外線に対する抵抗力が下がって、刺激を感じやすくなっていることも考えられます。これらのことにより、美白化粧品を使用するときは、UVケアも忘れないようにしましょう。

美白化粧品の効果を確認できる時間

美白化粧品を使い始めて、どれくらいでその効果が実感できるのでしょうか?

美白化粧品が自分の肌に合っているかどうかは、使った翌日にはなんらかの変化が感じられると思います。そのため、1週間?3週間程度使えるトライアルセットを使えば、自分の肌に合っているか、継続して使用することができるかが、うっすらとわかると思います。

しかし、シミが薄くなってきた、くすみがなくなってきた、肌が白くなる効果が実感できた、と感じられるのには、使い続けて1ヶ月程度はかかるでしょう。その理由は、肌の新陳代謝「ターンオーバー」の周期が1ヶ月だからです。

肌は新陳代謝を繰り返していて、古い皮膚と新しい皮膚が常に入れ替わっています。肌の深部で新しい皮膚が作られて、それが皮膚の表面に少しずつ押し上げられて表面に出てくるまでにかかる時間が、約1ヶ月というわけなのです。

つまり、肌のターンオーバーがしっかりと行われていれば、肌の表面に沈着したメラニンが現れても、そのうちに古い角質と一緒にはがれ落ちて、綺麗な新しい皮膚と入れ替わるので、美しい肌を保てるということです。

ところが、加齢によってターンオーバーの周期は長くなり、沈着したメラニンはなかなか体外へ排出できず、シミやくすみが残り目立ってしまうのです。そこで、美白化粧品を使うことによって、メラニンそのものを還元させて目立たないようにし、さらにターンオーバーを活性化させて、メラニンを体外へより早く出すように促すことで、肌が白くなる効果を実感できるのです。

肌が白くなる効果が出てきたか確かめる方法としては、毎日写真を撮っておくと良いです。そのとき気をつけることは、顔の角度や場所によって肌の色に違いがあっては意味がないので、いつも同じ時間に蛍光灯の光が当たる同じ場所で写真を撮るようにしましょう。

より手軽な方法としては、観測するシミを1つ決めて、形や色などを定点観測するとその変化がわかりやすいでしょう。いずれにしても、1つの美白化粧品を使い続けてその効果を確かめるようにしましょう。

「美白ファンデーション」の魅力

“美白化粧品”というと、化粧水や乳液、クリームなどを思い浮かべるかもしれませんが、「美白ファンデーション」も美白化粧品に含まれます。それでは、美白ファンデーションは、普通のファンデーションと何が違うのでしょうか?

明らかに違うのが、ファンデーションに美白成分が配合されていることと、UVカット効果に優れていることです。それでは、人気の高い美白ファンデーションを取り上げて、その特徴をみていきましょう。

カネボウの「インプレスICホワイトリクイドファンデーション」は、美白成分が配合されており肌が白くなる効果があり、さらに、UVカット機能によりシミやそばかすを防ぎます。また、リクイドタイプのファンデーションなので、ハリとうるおいを与え、健康的で自然な白く美しい肌を演出します。気になる毛穴をサッとカバーしてくれるのに、長時間崩れないという高機能なファンデーションです。

DHCの「薬用PWパウダリーファンデーション」は、ビタミンC誘導体を配合しているので、メラニン生成を効果的に抑え、透き通った白い肌を実現します。さらに、きめの細かい微粒子パウダーによって、ひと塗りで肌にぴったりとフィットし、シミやそばかすをカバーしてくれます。汗や皮脂にも強く、キープ力も優れています。

オンリーミネラルの「薬用美白ファンデーションSPF50+」は、配合されている美白有効成分がミネラル100%なので、お肌にとても優しく敏感肌の人でも安心して使用することができます。ビタミンC誘導体の働きによって、メラニンの生成を抑え、透明感のある肌へ導きます。また、強い紫外線から肌を守り、日焼け止め効果にも優れています。

まとめると、美白ファンデーションを塗ることで、紫外線から肌を守り、さらに肌が白くなる効果を高めてくれるという、一石二鳥のファンデーションということです。

美白化粧品は1年中使うべき?

日焼けで肌が黒くなりたくないから、肌が白くなる美白化粧品を夏だけ使ったり、高額な化粧品を使うのがもったいないから数日に1度だけ使ったり人もいると思います。

紫外線は、太陽がぎらぎらしている夏でも、寒くてどんよりとした曇り空の冬でも、同じように降り注いでいるので、肌を紫外線ダメージから守るためには、1年中日焼け止めは欠かせません。

でも、どんなに日焼け止めをしっかり塗っても、汗をかくなどして落ちてしまったり、塗りムラがあったりするので、紫外線を100%遮断することはできないのです。つまり、私たちは紫外線をどうしても浴びてしまうのです。

紫外線を浴びるということは、メラニン色素を生成することにつながります。それを抑制するには、48時間以内に美白化粧品を使用して、メラニンの生成を抑える必要があるのです。

紫外線を完全に遮断できないので、皮膚の内部ではどうしてもメラニンが生成されてしまうのです。ということは、夏の強い太陽の光だけを気にして夏限定で美白化粧品を使うなどしていると、メラニンは増えていく一方で、やがてシミになってしまうのです。

美白化粧品には、メラニン色素が生成する前に予防する効果のあるものと、できてしまったメラニン色素に働きかけるものがあります。その作用はさまざまありますが、シミができてしまった肌を綺麗にするのには、とても時間がかかりますし、レーザー治療を受けないと取り除けないシミもあるので、シミはできないようにするが一番です。

そのため、美白化粧品を使用するのなら、季節に関係なく365日毎日使い続けないと、肌が白くなる効果は現れないということです。

美白サプリは有効か?

肌が白くなる効果がある美白化粧品以外にも、「美白サプリ」というものがありますが、その効果はどの程度なのでしょうか?

綺麗な美白を手に入れるためには、美白化粧品を使って外側からのスキンケアも大切ですが、内側からのケアも忘れてはいけません。そのため、美白サプリによる内側からのケアは効果的と言えるでしょう。

美白サプリを選ぶ方法として、一番気にして欲しいのが「L-システイン」というアミノ酸の一種が配合されているかどうかです。L-システインは、できてしまったメラニンを減らす効果があり、肌が白くなる効果に優れていると話題になっています。

美白サプリのメリットは、内服することによって有効成分が体全体に届くということです。局所的な効き目としては、美白化粧品の方が効果的かもしれませんが、体のさまざまなところにシミやくすみがある場合は、美白サプリは役立つと言えます。また、美白サプリは化粧品では対処できないところを補ってくれるということで、美白サプリと美白化粧品は相乗効果があると言え、併用するとより美白効果が得られるでしょう。

ただ、美白のための内側のケアは、サプリを服用しなくても、毎日バランスのとれた食事をとっていれば十分なのです。シミを予防するには、ビタミンCとビタミンAが有効です。これらの栄養素は、メラニンの沈着を防いだり、シミを排出させたりする効果があるので、不足しないように気をつけましょう。

また、外食が多かったり、インスタント食品や加工食品をよく食べたりする人は、ビタミン類がかなり不足してしまいます。さらに、タバコを吸うと、ビタミンを摂取しても破壊してしまいます。美白を本気で目指すのなら、化粧品やサプリにばかり頼らず、食生活や普段の生活を改善することも大切だということを常に気にしておきましょう。

ひざやひじの黒ずみ対策

ひざやひじの黒ずみが気になっている人も多いと思います。それでは、肌が白くなる美白効果のある美白化粧品を使用すれば、ひざやひじの黒ずみも改善して白く綺麗になるのでしょうか?

ひざやひじの黒ずみは、摩擦によって色素が沈着したり、角質が厚くなったりして黒くなるのです。角質が厚くなって黒くなっている場合は、お風呂でお湯に浸かってから、ひじやひざを軽石などでこすれば、黒ずみが改善しつるつるになります。しかし、摩擦による黒ずみの場合、こするとより悪化させてしまうことがあるので注意しなければいけません。

自分の黒ずみの原因を確かめる方法は、コットンに拭き取り化粧水などを染み込ませて、軽くひざやひじの表面を拭いてください。そうすることで、肌が白くなるようでしたら、角質が厚くなったことが原因だと言えます。しかし、ほとんどの人が毎日お風呂に入って体を洗っていると思うので、角質が厚くなって黒ずみになるというのは滅多にないことでしょう。

つまり、ひざやひじの黒ずみは、ほとんどの場合、摩擦によって色素が沈着したのが原因だと言えるのです。机などにひじをつくのが癖になっていたり、ひざを床についたりすることが多い人は、メラノサイトが刺激に反応してメラニンを作り出し、黒ずみになってしまうのです。

摩擦による色素沈着は刺激してはいけないので、こすることは禁物です。この場合の対処法としては、メラニンを抑制して肌が白くなる効果のある美白化粧水は有効です。でも、ひざやひじの黒ずみだけのために美白化粧品を購入するのはもったいないという人は、ドラッグストアなどで安価に買える角質ケアや保湿効果のあるボディソープで十分です。これらを使い続けることで、黒ずみも薄くなっていくはずです。

美白のための洗顔方法

肌は“ターンオーバー”によって毎日生まれ変わっており、新しい細胞は約6週間で表皮へ押し上げられ、やがて垢となって自然にはがれ落ちるようになっています。そのため、肌が白くなるためには、毎日朝晩の洗顔はメイクを落とすだけでなく、古くなった角質をしっかりと落とすことが重要なのです。それでは、顔のくすみが改善され、肌が白くなる洗顔の方法を紹介します。

まず洗顔する前に、毛穴を開かせるために、蒸しタオルを顔の上に30秒?1分くらい乗せます。蒸しタオルはレンジを使うと簡単に作れます。作り方は、タオルを水に濡らして水分が適度に残る程度に絞り、耐熱皿に置いたりラップに包んだりして40秒?1分温めるだけです。

そして、洗顔料をよく泡立ててこすらないように優しくゆっくりと洗って、ぬるま湯でしっかりとすすぎます。すすぐときも泡がきれいにとれていないと、肌荒れを引き起こす原因となるのでよくすすぎましょう。十分にすすいだら、柔らかいタオルでこすらずに優しく水分を拭き取ってください。洗顔で大切なことは、どの工程でも“優しく”行うことです。その後、美白ケアのための化粧品を使用する際も、それらの浸透が良くなります。

洗顔後に行う化粧水は、肌の水分補給として必要不可欠です。化粧水は、洗顔してきれいになった肌にたっぷりとつけると効果的なので、コットンパックをすれば肌により浸透します。また、美白を手に入れたいのならば、これらの化粧品を選ぶときは、美白成分が配合されているものを選びましょう。

「ピーリング」について

「ピーリング」は、肌が白くなることを目指したい人にはぜひ取り入れて欲しいケアです。毎日行う必要はありませんが、1週間に1、2度は行うととっても効果的な美白ケアになります。

顔色が暗く見えたり肌がザラザラとしたりしている人は、古い角質が蓄積することで、毛穴に詰まっていることが原因です。そのような場合、ピーリングして角質を剥がれ落とすことによって、肌が透明感を取り戻し、ふっくらとした健康的な肌に生まれ変わります。

また、年齢を重ねることで肌のターンオーバーが遅れ、メラニンの排出がスムーズに行えなくなることがあります。でも、ピーリングを行えば、そのターンオーバーを活性化させることができるので、メラニンの排出も正常になるのです。ピーリングを繰り返すことで、保湿成分のセラミドやコラーゲンも増える作用あるので、肌の老化が気になる30代?40代の方には欠かせないケアと言えます。

さらに、美白化粧品はメラニンの生成を抑制する作用がありますが、ピーリングはできてしまったメラニンを体の外へ追い出す効果があるので、美白化粧品ではなかなか改善できなかったり、効果がすぐには現れなかったりするシミに対しても、効果的に働きかけます。

そして、ピーリングによって余分な角質もなくなるので、美白化粧品の美白成分の浸透力もアップし、肌が白くなるための美白スキンケアの効率もあげてくれます。つまり、ピーリングはやって損することは全くないということなので、ぜひスキンケアに取り入れてみてください。

美白効果のある食材

肌が白くなるための方法は、まず美白化粧品を使用することを思い浮かべると思いますが、高額な化粧品を買わなくても、毎日の食事に気をつけていれば、肌が白くなる可能性は十分あるのです。それでは、肌が白くなる効果のある食材を紹介します。

まず、美白効果のある食材として知られているのがジャガイモです。ジャガイモには、美肌には欠かせないビタミンCが柑橘類よりも多く含まれています。さらに、ビタミンB群や食物繊維のセルロースが豊富に含まれており、タンパク質や脂肪など、肌に良いさまざまな栄養素が含まれています。これらの栄養素は、さまざまな病気や老化などのトラブルを防ぐ作用があり、体から毒素を排出するデトックス効果もあります。

ニンジンも、肌が白くなる食材として有名です。ニンジンには、ベータカロテンが多く含まれていますが、この成分は皮膚の酸化の防止や、シミやしわの予防、肌荒れの改善などの美肌効果があります。 また、余分な角質を取り除く効果もあるので、肌トラブルの改善には欠かせない食材です。

大根も、ジャガイモと同じようにビタミンCを多く含んでいるので、肌を白くする効果がありますし、さらに、消化を促す作用もあるので、肌にも健康にもとても良い食材です。

普段の食事で、これらの食材を積極的に取り入れて、外出する時は紫外線から肌を守るなど、美白化粧品だけに頼らずに、日常の生活から健康的で美しい肌を保つことを心がけましょう。

美白効果のある栄養素の摂り方

美白化粧品で一生懸命ケアしているのに、なかなか肌が白くなる効果が現れない、という人は、体の内側に問題があるかもしれません。体の中が健康じゃないと、化粧品などで外側からどんなにケアをしても十分な効果は出ないでしょう。

健康で白くて美しい肌になるには、やはり食事が大事です。肌が白くなる効果のある栄養素をしっかりと摂取することで、くすみのない健康的な肌を手に入れることができるのです。それでは、美白効果のある食べ物とその有効な食べ方を紹介します。

美白効果のある栄養素と言えば、メラニンの生成を抑え、くすみを予防する効果のある「ビタミンC」です。ビタミンCは、ブロッコリーやピーマン、パセリなどの野菜、イチゴやレモン、キウイ、アセロラなどの果物に豊富に含まれています。そのほかには、ハムやベーコン、焼き海苔、たらこなどにも多く含まれています。

美白を目指すのなら、ビタミンCを1日に2000ミリグラム摂取するように心がけましょう。ビタミンCは一気に摂るのではなく、こまめに食べるのが良いです。また、ビタミンCは熱に弱いので、加熱しないで生で食べるのが理想的です。調理法としておすすめなのは、ビタミンCが逃げにくい蒸し料理です。

また、ビタミンCはビタミンEと一緒に食べると吸収量がアップするので、ビタミンEが豊富な鶏肉やサンマ、ほうれん草、ゴマ、ナッツなどと一緒に調理しましょう。

これらの栄養素を効率よく取り入れることができる1日の食事例を紹介します。朝食は、目玉焼きにベーコンとブロッコリーを添えて、昼食にお弁当を準備できるのなら、鶏肉とピーマンの炒め物を作り、おなかが空いた時には間食にナッツ類を少し食べ、夕飯には、ご飯と一緒に適量のたらこを用意し、デザートとしてイチゴを食べれば、美白のための1日分の栄養素の摂取は完璧です。

また、肌の老化を予防する「リコピン」を多く含むトマトも毎日の食事に取り入れましょう。トマトは熱に強いので、煮込んでも炒めても成分が壊れることありませんし、むしろ熱を加えた方が吸収率もアップするので、生で食べるよりも火を加えて調理してください。他にもリコピンを多く含む食材は、ニンジンやグレープフルーツ、スイカなどです。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 08.02

    浴衣の選び方

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ