米寿に心のこもったお祝いを

この記事は14分で読めます

米寿のお祝いにはお誕生日新聞を

60歳になったら「還暦」を、70歳になったら「古希」をお祝いします。
これらは中国から伝わった長寿のお祝いですが、日本独自のお祝いとして「米寿」があります。

スポンサードリンク

米寿の「米」が、「八十八」と書くため、88歳のお祝いとして日本では古くから大切にされています。
また、「八」という文字は末広がりのため、縁起が良いとも言われています。
88歳まで健康にいられるのはとても幸せなことなので、ご家族やご親族でお祝いしてあげたいですね。

米寿のお祝いとして人気のものに、「お誕生日新聞オンラインショップ」が提供しているお誕生日新聞があります。
これは文字通り、お祝いされる当人のお誕生日の新聞のプレゼントです。

表紙に好きな文字を6文字まで使ってタイトルをつけることができ、オリジナルの表紙が作成できます。
表紙セットは1枚から注文することができ、最大で12枚までのお誕生日新聞をセットにすることもできます。

また、表紙セットの他に「記念日セット」という商品もあります。
こちらは120枚までのお誕生日新聞をはさむことができ、年ごとの新聞をセットにすることができます。

製本は高級感あるレザー仕様となっており、桐箱に入れた上、風呂敷に包まれた状態で届きます。
88年分の新聞となるとボリュームも相当なものとなりますし、一生の宝物になるのではないでしょうか。

各年の新聞を見ながら、当時の様子や思い出などをみんなと一緒に語り合えば、素敵な思い出になること間違いなしですね。

心をこめた米寿のお祝いを

親しい人が米寿を迎える場合、きちんとお祝いしてあげたいものですよね。
一般的な米寿のお祝いでは、金のちゃんちゃんこを着ることになっていますが、地域ごとにいろいろな慣習があったりもします。
お住まいの地域にそのような慣習があるならば、それに従った方がいいでしょう。

また、米寿を祝うには他にもいろいろな方法があります。
たとえば、手紙なども喜ばれるプレゼントのひとつです。

米寿を迎えるご両親や祖父母様に対し、自分の素直な気持ちをストレートに伝えましょう。
あまり体裁にこだわりすぎると純粋な気持ちがぼやけてしまうため、率直な気持ちを自由に書き綴った方がいいですね。

文面の中にぜひ入れて欲しい言葉が「ありがとう」です。
今までの感謝の気持ちや、元気でいてくれて嬉しいという気持ちを伝えれば、きっと相手も喜んでくれるはずです。

また、みんなで一緒に旅行に行くのもいいですね。
ホテルに泊まる場合は、事前に米寿のお祝いで行くということを伝えておいた方がいいでしょう。
夕食は大部屋ではなく、個室にしてもらった方がいいかもしれませんね。

旅行の際は、必ずしもみんながずっと同じ行動をしなくてもいいです。
年配の方も一緒ですから、身体に負担がかからないように注意してください。
お子さんや若い人が一緒に行く場合は、その人たちが遊べるような場所もおさえておくといいですね。

米寿のお祝いは、祝ってもらう当人だけでなく、祝う側にとってもいい思い出となるはずです。
そのためにも、心をこめたお祝いをしたいものですね。

米寿のお祝いに名入れラベル酒を

米寿を迎える方がお酒好きな場合、贈り物には名入れラベルのお酒をプレゼントすると喜んでもらえるでしょう。
名入れラベル酒はお酒のラベルにお名前やメッセージを書いたもので、その人だけの特別な日本酒となります。

「米寿祝い本舗」で提供されている名入れラベル酒は、控えめの酸味と柔らかな口当たりで飲みやすいと評判の有機純米吟醸酒「千代菊」です。
千代菊はモンドセレクションの金賞を4年連続で受賞している高品質のお酒です。
原料のお米は最高級のお酒造りに最適といわれる「山田錦」を使用しており、仕込み水は長良川が流れる地下128mから汲み上げられたものです。

米寿祝い本舗で名入れラベル酒を注文すると、米寿年表がついてきます。
こちらは、米寿を迎えたご本人が生まれてからの88年間に日本や世界で何があったのかをまとめたもので、それまでの人生について振り返ることができます。
米寿年表を見ながら、家族との思い出話に花を咲かせるというのも素敵ですね。

名入れラベルは、名前だけでなくメッセージなども添えることができます。
ラベルは手書きとプリントの2種類から選べます。
プリントラベルは手書き感を再現したデザインで、手書きに比べると納期が早く、値段も少し安くなっています。

ラベルは4行まで文面を考えることができるので、世界でたった1つのオリジナルラベルを作ることができます。
飲み終えた後にも、記念としてずっと置いておけるのでいいですね。

米寿のお祝いに招待されたら

長寿のお祝いは区切りとなる歳を迎えるごとにいろいろとありますが、中でも米寿のお祝いは多くの人が知っているのではないでしょうか。
米寿の「米」という字は「八、十、八」と分けることができるため、88歳のお祝いとして古くから日本にあるお祝いです。
由来が分かりやすいため、記憶している人も多いでしょう。

平均寿命を考えても十分に長生きと言える88歳を健康に迎えることができることは、家族みんなの幸せでもあります。

還暦祝いでは、赤いちゃんちゃんこを贈るのがしきたりです。
これは、暦が一巡し、赤ちゃんに戻るという意味からきています。
それに対し、米寿では金色のちゃんちゃんこを贈るのが一般的です。

また、文字にちなんでお米をプレゼントする人もいるようです。
家族のさまざまな時代の写真を選んでアルバムにして贈るのも、とても喜ばれる米寿祝いのプレゼントのひとつです。

どのお祝いでも同じことですが、1番大切なのは、米寿を迎える本人が喜ぶようなものを贈るということです。
88歳ともなると健康状態にも個人差がでますので、その辺りにも十分な配慮が必要です。
お祝いされる本人がどのようなものが欲しいのか、前もって聞いておくのもいいかもしれません。

もし、自分が米寿祝いの会に招待されることになったら、表書きは「長寿御祝」「寿福」「祝米寿」などとします。
何らかの都合で会に参加できない場合は、遅くてもお祝いの会の前日までには品物を贈るようにしましょう。

一般的になってきた米寿のお祝い

日本では、伝統として高齢者を敬う文化があります。
そのため、60歳の時に還暦、70歳で古希、77歳で喜寿、80歳で傘寿、88歳で米寿、90歳で卒寿、99歳で白寿というように、お祝いの機会がたくさんあります。

中でも特に祝われる機会が多いのが、還暦と米寿でしょう。
家族や身内でお祝いするのはもちろん、老人ホームなどでも該当する人がいるときには何かイベントをするのが一般的になっています。

イベントの際は、一定の金一封を贈呈するのが通常です。
このとき、「祝還暦」「祝米寿」といった表書きを必ずしておきましょう。

日本は長寿大国といわれるほど平均寿命が長くなってきていることもあり、米寿まで長生きする人は少なくありません。
おめでたい機会ですから、何か記念に残るものをプレゼントするのもいいでしょう。

たとえば、本人の名前が入った万年筆などは高級感もあり、特別な感じがするため喜ばれるでしょう。
もちろんその人に趣味があれば、それに合わせたプレゼントを贈るのもいいですね。
ゴルフが好きならゴルフクラブやゴルフコースの周遊券、体調が気になるようなら、マッサージチェアなどが喜ばれるのではないでしょうか。

もし職場に米寿にあたるような人がいるなら、みんなでお金を出し合って高級なものでお祝いするのもいいですね。
海外ブランドのスーツや熟成期間が長いワインなどは、高いものだと何十万円、品物によっては百万円以上ということもあります。
そういったものをプレゼントすれば、きっと喜んでもらえるはずです。

長寿のお祝いには花をどうぞ

贈り物の定番として思いつくものといえば、花ではないでしょうか。
色鮮やかな花々は、若い方にも、お年を召された方にも喜ばれる贈り物です。
何を贈ろうか迷った場合は、花を候補にするのがお勧めです。

還暦や米寿などのお祝いに、お花をプレゼントするのもいいアイディアです。
せっかくのお祝いですので、華やかな花束をプレゼントしましょう。
それなりに豪華な花束になると、5,000円から10,000円くらいが相場となります。

贈る相手がお花の好きな人なら、花束ではなく鉢花なども喜ばれます。
ご高齢でマメに花の世話をするのが難しい場合は、あまり手のかからない胡蝶蘭などがお勧めです。

長寿祝いでお花を贈る場合、それぞれにテーマカラーがあるので、それに基づいたお花を贈るのもいいでしょう。
還暦は赤、古希・喜寿は濃紫や紺、傘寿・米寿・卒寿は山吹色や黄金色、白寿は白がテーマカラーです。

ただし、長寿祝いでお花を贈る際に注意して欲しいことがあります。
日本では、白や青、緑といった寒色は、お供えの色でもあります。
そのため、これらの色をメインとするのは、お祝いとしてあまりふさわしくありません。

朱赤、濃紫、濃黄色は日本では高位の色になり、おめでたい色とされています。
また、オレンジ、赤紫などの明るく華やかな色もいいでしょう。

輪菊や小菊は、お供え花と似てしまうので避けましょう。
一般的に、お見舞いで贈らない方がいいとされている花は避けた方が無難です。
ただし、ユリの花を好む年配の方は多いので、例外として贈っても大丈夫なと言われています。
よくわからないときは、お花屋さんに相談しながら選ぶと間違いないでしょう。

米寿のお祝いにお菓子はいかがでしょう

長寿のお祝いは、その年齢によって贈るべき物がある程度決まっています。
有名なものでいうと、還暦の赤いちゃんちゃんこです。
これはご存じの方も多いのではないでしょうか。

傘寿なら、その文字になぞらえて傘を贈る人が多いようです。
また、古希や喜寿なら紫色のものを贈るのが一般的になっています。

それに対し米寿のお祝いは、これといって定番になっているものがあまりありません。
強いていうなら金茶色のものを贈るといいようですが、他のお祝いと比べるとそこまで気にしている人は多くないようです。
そのため、一般的に贈り物で贈られるような定番のものを贈っても喜ばれるでしょう。

米寿ともなるとかなりのご高齢となので、ひざ掛けや電気毛布などが喜ばれるかもしれませんね。
お祝いされる相手が女性の場合は、お菓子を贈るのもいいでしょう。

卵にこだわったお菓子を提供している「信州たまごや工房」のお菓子は、贈り物としても人気がある商品です。
特にプリンはかなり濃厚な味で、今までのプリンのイメージを覆すほどの美味しさで有名です。
この濃厚な味がクセになり、他のプリンはもう食べられないという方もいるようです。

和菓子で人気が高いのが、新潟銘菓「河川蒸気」で有名な「菜華亭」です。
新潟の銘菓といえばこれ、と言われるほどの人気商品で、粒小豆に特製の和風クリームを加え、黒糖入りの蒸しカステラで包んだ蒸しどら焼きです。
30年以上にわたって親しまれているお菓子で、初めて食べた人はその新鮮な食感に驚く人も多いようです。

米寿のお祝いに似顔絵のプレゼント

自分の身の回りで88歳を迎える方がいるなら、しっかりと米寿のお祝いをしてあげたいですね。
米寿のお祝いで悩むのが、何をプレゼントしたらいいかということです。
還暦なら定番の赤いちゃんちゃんこがありますが、米寿の場合は何を贈れば喜ばれるのでしょうか。

せっかく贈るのですから、世界でただひとつのオリジナルのものを贈りたいものですね。
そんな方にお勧めなのが、米寿祝い本舗の「笑顔絵」です。

米寿祝い本舗の「笑顔絵ポエム」は、似顔絵とその人の名前を用いたポエムが一緒になった額絵です。
似顔絵を描いてくださるのは「TVチャンピオン」で優勝したことがあるコオロギさんなので、そのクオリティは間違いなしです。
本人の特徴をしっかりと捉えた温かみのある似顔絵は、きっと喜んでもらえるはずです。

似顔絵には、その人の名前の文字を用いたポエムがそえられます。
性格や趣味などを伝えると、しっかりとそれにあったポエムを作ってもらえます。

タイトルは自分で自由に決めることができ、さらに日付や一言メッセージなども入れることができます。
絵を入れる高級感あふれるフレームは、ブラウンとナチュラルの2色から選択可能です。

笑顔絵ポエムには2人まで描いてもらうことができるので、夫婦揃った絵を描いてもらうことも可能です。
この場合も、1人のときと変わらない価格でお願いできます。
家族そろってなど多人数で描いて欲しいという人には、ポエムなしの笑顔絵も用意されています。

実用的な米寿祝いのプレゼント

まだまだ元気な状態で米寿を迎える方がいるときには、こんなプレゼントはどうでしょう?
「米寿祝い本舗」が販売している「はじめの一歩計」です。

「はじめの一歩計」は見た目が動物のピンブローチで、裏面が万歩計になっています。
服飾メーカーがデザインを手がけているため、とてもお洒落で、アクセサリー感覚で身につけておくことで健康管理に役立ちます。

最近の万歩計はどんどん高機能化しており、歩数の他にも距離や消費カロリーなど、さまざまな情報を見ることができます。
しかし、ご高齢の方には機械モノに弱い人が多く、多機能のものは操作が覚えられないという人がいるのも確かです。

その点「はじめの一歩計」はシンプルに歩数だけを示してくれるので、頑張りがすぐにわかります。
また、毎日つけたくなるような可愛らしいデザインなので、米寿を迎えるお歳になってもお洒落心を忘れたくない女性へのプレゼントにはお勧めです。

歩数は具体的な運動の目安にもなります。
歩く距離が増えていけば、運動量が増えていることも実感できるでしょう。
もちろん、健康にとってもプラスになります。

いきなりウォーキングを勧めても、普段運動していない人は億劫に感じてしまうものです。
しかし、思わず身につけておきたくなるようなデザインの万歩計なら数字をチェックするのが楽しみになり、知らず知らずのうちに運動量の増加につながるかもしれません。

米寿のお祝いというと、高価なものや飾っておくようなものを思い浮かべる人も多いでしょうが、このような実用的なプレゼントも候補に入れてみてはいかがでしょうか。

長寿のお祝いをする際に

還暦や喜寿、米寿、白寿など、長寿のお祝いをすることは、日本では古来からのしきたりになっています。
みなさんの中でも、そのようなお祝いの席に招かれたことがある人は多いのではないでしょうか。

長寿のお祝いを本人主催で開く場合、その日取りに最もふさわしいのは、祝ってもらう歳を迎える誕生日です。
とはいえ、平日となると参加者の都合が合わないことも多いため、誕生日を過ぎた休日などに設定すると、より多くの人にお祝いをしてもらえます。
本人と相談しながらどのくらいの人数を招くかを考え、会場や予算を決めましょう。

当日は、会場の入り口で本人とその配偶者、子供などで招待客を出迎えましょう。
会場内の席への案内は、若い人がするようにします。

米寿のお祝いを子供たちが主催する場合、身内を中心に行うなら堅苦しい形式はとらず、みんなの都合のいい日に集まって食事などをするのがいいでしょう。
遠くに住んでいる親戚と会う機会は普段なかなかないので、このような会をきっかけに一堂に会するのもいいですね。

出席者の服装は、その会の規模や形式、開催場所によって適したものが変わるので、そのときの状況でふさわしいものを選びます。
身内中心で行うような規模の小さな会なら、外出着で問題ないでしょう。
ホテルなどを会場にした規模の大きな会なら、男性はダークスーツ、女性は洋装なら華美でないドレス、和装なら無地か小紋の着物に紋付きの羽織をあわせた略礼装が好ましいです。

米寿の祝いのご祝儀について

日本では昔から、年上の人を敬う文化があります。
そのため長寿の方に対しては、還暦や喜寿、米寿、白寿など、さまざまなお祝いがあります。
健康に長生きしてもらうことは、家族をはじめ周りの人にとっても非常に喜ばしいことです。

還暦の贈り物というと赤いちゃんちゃんこが定番ですが、米寿の贈り物となると、すぐにピンとくるほど定番になっているものはありません。
どんな品物を贈れば良いのか浮かばないときには、ご本人の好きなことに使ってもらえるという意味でお祝い金を贈る人も多いようです。

お祝い金を贈る上で迷ってしまうのが、金額ですね。
いったいどのくらいの金額が相場なのでしょう。

米寿祝いで子供が両親へご祝儀を贈る場合は、20,000円から30,000円ほどを包めむのが失礼にあたらない相場と言われています。
孫から祖父母へと米寿のご祝儀を贈るなら、10,000円から30,000円が相場と言われています。
これ以外の親族の場合は、5,000円から10,000円くらいが相場となるようです。

ご祝儀を贈るときは、ご祝儀袋に入れて贈るのが通常です。
ご祝儀袋は、紅白のもの、または金銀の蝶結びのものを選びましょう。
表書きは、「祝米寿」「米寿御祝」「寿福」などと書くのが一般的です。

こういったマナーは頻繁にその状況になるものではなく、いざそのときになってどうすれば良いのかわからず、慌てたりしがちです。
米寿祝いのマナーとして、覚えておいて損はないでしょう。

避けた方がいい米寿のプレゼント

88歳を迎えると、日本では米寿のお祝いをするのが一般的です。
最近は歳をとっても若々しい人が多く、米寿を迎えても元気で活動的な人が少なくありません。

近しい人が米寿を迎える際には、お祝いで何か贈り物をしたいですね。
心をこめて選んだものならば、どんなものでも喜んでもらえるに違いありませんが、米寿のお祝いとしてふさわしくないものもいくつかあります。

そのひとつが、櫛です。
櫛は、その文字から「苦」や「死」を連想させるため、米寿のプレゼントとしては避けるべきです。
同様に縁起が悪いとされる「4」や「9」といった数字に関わるプレゼントもNGです。

また、お茶も避けた方がいいもののひとつです。
お茶は好むお年寄りが多いですし、手軽に渡せるものですが、お葬式の香典返しによく使われる物でもあります。
そのため、長寿のお祝いとしてはふさわしくありません。

そして、老人を連想させるプレゼントもあまり好まれません。
長寿のお祝いとはいえ、年寄り扱いされてはいい気持ちがしないでしょう。
老眼鏡や補聴器などといったプレゼントは、年齢を強く印象づけるので避けた方がいいでしょう。

米寿のお祝いは、一生に一度しかない記念すべき日です。
そういうときに粗相があっては、後悔することにもなりかねません。
故意でないとはいっても知っておかなければいけないマナーはありますし、お年寄りであれば尚の事、気にする人が多いものです。
相手に失礼のないプレゼントを選びたいものですね。

長寿のお祝いのしきたりについて

日本には長寿を祝う機会が何度かあります。
60歳での還暦、80歳での傘寿、77歳での喜寿、88歳での米寿などと迎える歳によって決められたお祝いがあり、身内に高齢者がいれば聞いたことがある人も多いことでしょう。

それぞれの祝いごとにはしきたりがあり、それをしっかり守らないと相手に対して失礼にあたる場合があります。

たとえば、60歳のお祝いである還暦祝いは、数え年での61歳となる満60歳に行います。
しかし、88歳のお祝いである米寿祝いでは、数え年での88歳にあたる満87歳にお祝いするのがしきたりとなっています。
このあたりはきちんと確認し、間違えないようにしましょう。

また、還暦祝いでは赤色のものをプレゼントするのに対し、米寿祝いでは金茶色のものをプレゼントするのが一般的です。
米寿祝いに何か記念のプレゼントを贈ろうと考えている人も多いでしょうから、その際は実用的なものを選んだ方がいいでしょう。

高価なものを贈っても、ずっとタンスの肥やしになってしまうようではもったいないですね。
そのため、常に身につけておけるようなもの、またはいつも見えるように飾っておけるようなものが喜ばれるのではないでしょうか。

還暦や米寿のお祝いは一生のうちでたった一度しかないものですから、いい思い出が残る日にしたいものですね。
しきたりやマナーを知らなかったばかりに不愉快な思いをさせて台無しにしないよう、事前に正しい知識を頭に入れておきましょう。

米寿のお祝いの言葉

自分の両親や祖父母が88歳になって米寿を迎えたら、何かプレゼントを贈ろうと考えるものですね。
米寿のお祝いは誰にとっても一生に一度のことですから、いつまでも思い出に残るようなお祝いにしたいですね。

米寿のお祝いには、金茶色のものをプレゼントするのが一般的なようです。
ただし、還暦に贈る赤いちゃんちゃんこほど知名度は高くないので、特にこだわらず、相手が喜びそうなものをプレゼントするのがいいでしょう。
また、物をプレゼントするのに限らず、お祝いのお金をあげたり、食事会を催したり、旅行をプレゼントするというのもいいですね。

どんなものを贈るにしても、プレゼントだけではなく、感謝の気持ちを表すようなお祝いの言葉やメッセージを添えた方が喜んでもらえるはずです。
せっかくの機会ですから、普段は恥ずかしくてなかなか言えないようなことを伝えましょう。

米寿のお祝いメッセージの例を、いくつか以下にご紹介します。

・米寿おめでとうございます。
あまり無理をなさらず、いつまでも健康に長生きしてください。

・お健やかに米寿をお迎えになられるとのこと、心からお祝い申し上げます。

・これからも長生きして、日本の平均寿命をのばしてくださいね。

・お父さんのような人になることを人生の目標に頑張ります。
いつまでも元気でいてください。

自分に近しい存在の人なら、ある程度くだけた文でもいいかもしれません。
あまり堅苦しい文章にせず、素直な気持ちが伝わるメッセージを考えてみましょう。

長寿のお祝いのちゃんちゃんこについて

還暦のお祝いといえば、なんといっても「赤いちゃんちゃんこ」が有名です。
みなさんの中にも還暦のプレゼントとして、60歳になったご両親やおじいちゃんおばあちゃん、お世話になった人などに贈ったという人が多いのではないでしょうか。

実は日本には古くから、還暦に限らず長寿のお祝いにはちゃんちゃんこをプレゼントするというしきたりがあります。

たとえば、88歳のお祝いである米寿では、金茶色、または金色や黄色のちゃんちゃんこを贈るのが一般的です。
いかにもおめでたい色なので、食事会や宴会などの席で着用してもらえば、盛り上がることは間違いないでしょう。

お祝いの際は、その他にも何かプレゼントをする人が多いことでしょう。
プレゼントはただ高価であればいいというのものではなく、その人の心遣いが伝わるようなものがお勧めです。

自分のために一生懸命選んでくれたんだなということがわかれば、値段に関係なく喜んでもらえるでしょう。
米寿を迎える人の名前や似顔絵などが入った、世界でただひとつのオリジナルアイテムなども喜ばれそうですね。

先ほども述べたように、米寿のお祝いには金茶色のちゃんちゃんこをプレゼントするのが通常ですが、派手な色なので普段身に着ける機会はあまりないかもしれません。
そこでお勧めなのが、ちゃんちゃんこのレンタルです。
お店によっては、ちゃんちゃんこだけでなく大黒頭巾や扇子などもセットでレンタルできます。

お祝いをするその日だけ着て、あとはタンスにしまっておくだけになるなら、レンタルの方がいいかもしれませんね。
レンタル料金はお店によって異なりますが、セットで3?4日借りられるうえ、返送料も込みで2,000円台のところもあり、格安で準備できるようです。

長寿のお祝いで用いられる色

昔から日本では長寿のお祝いをする風習があります。
以前は数え年の誕生日にお祝いすることが多かったのですが、最近では満年齢で祝う人も増えてきています。

ちなみに、数え年というのは、生まれたときを1歳とする数え方で、元旦を迎えるごとに1歳ずつ歳をとっていきます。
たとえば、12月31日が誕生日の人は生まれた日が1歳で、翌日には2歳という数え方をします。

長寿のお祝いはさまざまにありますが、中でも多くの人が思い浮かぶのは「還暦」でしょう。
還暦は数え年で61歳のときにお祝いします。
還暦のお祝いで赤いちゃんちゃんこや頭巾を贈るのは、赤ちゃんに帰るという意味合いがあります。
赤いものを贈るのが通常なので、花束も赤系のものを取り入れるといいですね。

数え年70歳でお祝いするのが「古稀」です。
これは唐の詩人である杜甫の詩にちなんでいると言われています。
古稀のお祝いの色は、紫とされています。

そして、数え年88歳でお祝いするのが「米寿」です。
「米」という漢字を分解すると、八、十、八になるのが、米寿という名前の由来です。
米寿のお祝いでは、金茶色のものや黄色のものを贈り物にすることが多いです。

数え年99歳で迎えるのが白寿です。
漢字の「百」の字から上の横棒の「一」を取ると「白」になるところから、白寿という名前がつきました。

白寿では文字通り、白いものでお祝いするのが通常です。
ただし、お花を贈る場合は、あまりに真っ白だと仏事のような印象を与えてしまうので注意が必要です。
白をメインに、ラッピング花やラッピングに明るい色を選ぶなどの工夫をするといいでしょう。

米寿祝いの食事会について

家族や親戚で集まって、米寿祝いの食事会をするという人も多いのではないでしょうか。
親戚が各地に離れて住んでいると一堂に会する機会はあまりないので、このような機会を十分に活かしたいですね。

食事会で気をつけなければならないことは、お祝いの主役が高齢であるという点です。
米寿を迎える本人だけでなく、知人や友人なども招待することになると平均年齢も同じくらいになりますし、祝う側の子供も60代であると考えられます。

そのため高齢の方にも食べやすい料理にした方がいいのですが、このような料理は一見すると、お祝いの席には似つかわしくない質素な料理に見えてしまったりします。
かといって、高齢の方にはあまりに豪華なものは食べづらいこともあるので、ちょうどいいバランスをとることが大切です。

自宅で食事会を開く場合は、全体的に塩分や油分を抑えた方がいいでしょう。
また、食べやすいように細かく切り分けておくことも重要です。
食べる人のことをきちんと考えた料理を心がけましょう。

せっかくのお祝いの席ですから、多少奮発してでも縁起がいいとされる長寿食材をたくさん取り入れましょう。
エビやブリをはじめ、鯛や伊勢エビなどもいいですね。
魚介類はお肉と比べて身もほぐしやすく、お年寄りにも食べやすい食材です。

その地方に伝わる郷土料理があれば、そのあたりも忘れずに取り入れるといいでしょう。
自宅で料理を準備する時間がとれないという場合は、仕出しなどをうまく利用するのもひとつの方法です。

米寿のお祝いに掛け時計を

米寿祝いのプレゼントとして、毎日目にする掛け時計はいかがでしょう。
たとえ高価なものであっても、ずっとタンスの中にしまいっぱなしになってしまうものでは、せっかくのプレゼントも宝も持ち腐れになってしまいます。
毎日使えるような実用的なものなら、目にする度にお祝いをしてもらったときの楽しい思い出が蘇るります。

米寿祝い本舗で販売されている「伝想時計(でんそうどけい)」は、米寿祝いのメッセージと名入れができる振り子式の壁掛け時計です。
大きさは60センチほどと大きめなので表面のガラスに刻まれたメッセージが見やすく、家族からのプレゼントとして人気の商品です。
名入れができるので、この世でひとつのオリジナル品になるというのもポイントです。

時計のデザインはカーブガラスタイプとストレートガラスタイプの2種類があり、それぞれにナチュラルとブラウンのカラーが用意されています。

米寿といえば88歳ということになりますが、本人は決して年寄り扱いはされたくないでしょう。
この時計はそうした点も踏まえ、年齢を感じさせないスタイリッシュなデザインになっています。

メッセージは、いくつかのタイプが用意されています。
それぞれに可愛らしいイラストが添えられており、日付やお名前、メッセージ内容は希望により変更可能です。
あらかじめ米寿を祝うメッセージが入っているので、文章を考えるのが苦手な人にもお勧めです。

掛け時計は、リビングなどに掛ければ毎日必ず目にします。
その時計に気持ちのこもったメッセージが入っていれば、贈られた方、贈った方のどちらの心にも深く刻まれていくでしょう。

米寿祝いの写真を収める想い立て

思い出を振り返るきっかけというと、やはり写真の存在が大きいです。
すっかり忘れてしまっていたと思っていたことでも、写真を一目見た瞬間にそのときの記憶が突然蘇ってくるというのはよくあることです。
また、何かの記念やお祝い事の際に記念の写真を撮るのは、日本では定番の光景です。

しかし、写真を現像してもそのときに見るだけで、あとはアルバムや引き出しの中にしまいっぱなしではもったいないです。
いい写真だからこそ、何度も見て思い出にひたりたいものですよね。

米寿祝い本舗で販売されている「想い立て」は、米寿のお祝いメッセージとL判の写真が入る写真立てです。

包み込むような手のイラストの上に写真がちょうど収まるようになっているという、温かみのあるデザインで人気の商品です。
この手には、いつもその人のことを支えようとする想いがこめられているそうです。
手の下には、日付とお名前を彫り込むことができます。

米寿のお祝いをするときには、恐らく誰もが写真を撮ることでしょう。
その中から素敵な1枚を飾っておけば、いい記念になるはずです。
いくら大切な写真なら尚更しまい込んでおかず、この想い立てでいつでも見られるように飾っておきましょう。

想い立てには、LとSの2サイズがあります。
どちらにも名前と日付を入れることはできますが、メッセージが入れられるのはLサイズのみです。

心の中でも思っていても、面と向かっては恥ずかしくて言えないような感謝のメッセージを添えて、米寿のお祝いにプレゼントしてみてはどうでしょうか。

米寿をメダルで称える

米寿を迎える人にプレゼントを贈る場合、どんなものを選べばいいのかが悩みどころです。
せっかくプレゼントするのですから、喜んでもらえるものがいいですね。

米寿祝い本舗には、米寿という記念すべき日を形に残す「オンリーワンメダル」の作成サービスがあります。

日常生活でメダルをもらえるような機会は、なかなかあるものではありません。
スポーツなどをしていても、大会で結果を残さないと手に入らない貴重なものです。
それだけに、何かのメダルを持っていることは誇りにもなります。

そこで、日々家族のために頑張ってくれているお父さんやお母さんに、それを称えるメダルを贈ってみてはどうでしょう。
オンリーワンメダルにはオリジナルのメッセージを入れることができ、世界にたった一つの宝物になります。

メダルは3種類が用意されています。
ひとつが、光学ガラスメダルに琥珀瑠璃ガラスを埋め込んだクリスタルのメダルです。
琥珀瑠璃ガラスは、宝飾品に用いられた時代もあったほど美しい色彩が特徴で、透明度が高い光学ガラスは、瑠璃ガラスの美しさを引き立てます。

もうひとつが、透明度の高いオプティカルガラスとジルコニアダイヤの組み合わせがスタイリッシュなダイヤメダル。
ガラスの色は、ゴールドとブロンズから選べます。

そしてもうひとつが、専用のメダルケースに収められた重厚感のあるブロンズメダルです。
直径が8センチもあり、お部屋のインテリアとしても存在感満点です。

オリジナルのメッセージを添えた素敵なデザインのメダルは、大切な人への米寿祝いのプレゼントにピッタリです。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ