節分の知識とレシピ

この記事は14分で読めます

節分を楽しむには

節分は年に1度の行事です。大人にもなれば「ああ、そんな行事もあったなあ」と思うだけですが、自分が家族を持つと、節分はファミリーにとって大事なイベントにもなります。

スポンサードリンク

節分を楽しむには、まずその「いわれ」を知り、いろいろな準備をしたいところです。

<節分の「いわれ」とは>
節分は古くからある神事的意味合いの強い行事です。その発祥は中国で、疫病などを払うために行われた「追儺(ついな)」が、もともとの由来。日本で初めて行われたのは706年で、それ以来「鬼やらい」「なやらい」「厄払い」などと名を変えて、現在の節分の姿となりました。毎年、立春の前日に行うのが一般的で、豆をまいて「鬼」を払います。

<節分を楽しみたいなら…>
節分には有名な「鬼は外、福は内!」という呪文があります。小さな子どもも憶えやすいフレーズで、良いですね。節分用の豆には鬼のお面がついてくることも多いので、大人がそれを被って、子どもが豆をまくといいでしょう。

それから節分といえば「恵方巻き」です。毎年、福を呼ぶとされる方角を向いて、家族で恵方巻きにかぶりつきます。これも写真でも残しておけば、微笑ましい思い出となるに違いありません。ちなみに、「恵方(恵みを呼ぶ方角)」は年によって異なるのでご注意を!

あまり知られていないことではありますが、「恵方巻き」は黙って食べなければ意味がないと言われています。ヤンチャな子どもも、この時ばかりは大人しくさせたいものです。

節分の日の恵方巻きレシピ

恵方巻きはコンビニやスーパーでも簡単に手に入りますが、家庭で作ることも難しくないレシピです。節分というイベントが初めての子どもたちにすれば、手作りの恵方巻きもきっと良い思い出になります。簡単な準備をして、さあ、お手製恵方巻きを楽しむとしましょう!

<恵方巻きの材料>
・酢飯
・平たく大きな海苔
・かんぴょう
・厚焼き玉子
・シイタケ

大体の食材については、こんなところでしょうか。もちろんお好みでエビなどをはじめとする魚類を加えてもOKですが、せっかくなので一般的な「海苔巻き」とは違う、昔ながらの恵方巻きにしたいですね。これだけの食材が準備できたら、待望の「巻き」に入ります。早く早く! とせっつく子どもにも、まずは手を洗わせて、それから巻いていきましょう。

<みんなで作ろう恵方巻き>
マキスに載せた海苔の上に、まずは酢飯を敷きます。2.5cmだけ空白の部分を残して、全体に敷いてください。それからかんぴょう、厚焼き玉子やシイタケを載せていきます。すべてをバランスよく整えたら、マキスをくるくると丸めて、あとは軽く力を込めて握るだけ。2.5cmの空白部分をうまく海苔にくっ付かせたら、これで恵方巻きの出来上がり!

恵方巻きの食べ方としては、「まるかぶり」が基本です。なぜ切って食べてはいけないかといえば、それは「縁が切れる」から。しかもかぶりついている間は喋ってはいけないので子どもにすればちょっと辛いかもしれませんね。しかし、そういう縁起事の「決まり」を教えてあげるのも、大人の役割というものかもしれません。

節分の日の手巻き寿司

節分の日には、「手巻き寿司」を作るのが一般的なならわしです。

でも、「なぜ」?

そうですよね。よく考えてみれば、節分は家から疫病神を追い出し、福を内に入れる行事です。手巻き寿司が云々というのは、本来の目的から随分とかけ離れたものに感じます。

<節分の手巻き寿司の由来とは>
実は、節分の日に手巻き寿司を食べるならわしが始まったのは、江戸時代末期から。

発祥は大阪の船場で、商人たちが「商売繁盛」の祈願事として始めたことのようです。節分という行事自体はもっと昔からあることを考えると、多分に「後付け」的な印象もありますが、それも今では一般的な習わしです。ちなみに、巻き寿司を食べるときには、願い事を浮かべて目を閉じてかぶりつくのが、本来のスタイルだとか。「食べているあいだは無言!」という約束をご存じの方はいるでしょうが、「目を閉じる」というルールまで知っている方は少ないでしょう。何気に「願い事を浮かべる」というのも、筆者個人的には初耳でした。

恵方巻きに入れる食材についても、「福を巻き込む」として、七福神にちなん伊達巻、でんぶ、シイタケ、うなぎ、キュウリ、かんぴょうを入れるのが良いとされているようです。縁を切らないように、包丁でカットするのではなく、まるかぶりするのも、常識ですね。

いろいろと細かな決め事が多い、節分の巻き寿司。実はそんなこともあって(?!)、関東ではそこまで普及した習わしでもないとか。まあ、節分を楽しむための一興にはいいですね。

節分の日のいわしレシピ

節分といえば立春の前日ですが、実は「季節を分ける=節分」なので、本当は春夏秋冬の節分があります。もっとも、現在日本で大々的に行事化されている節分は、やはり2月3日ですよね。

この日が来れば大人は鬼のお面をかぶり、子どもは大人に豆をぶつけて、「鬼は外! 福は内!」と唱和します。その謂われを知らない子どもでも、楽しむことができる行事です。

ところで、節分の日に「いわし」が関係することをご存じの方は、意外に少ないのでは!?

<魔除けとしてのいわし>
節分はもともと、季節の始まりごとの「魔除け」の儀式です。

原型は中国から伝わったものですが、その後、日本式にいろいろとアレンジされて、「いわしの頭部を柊の枝に挿して、玄関に飾る」という風習が、一部の地域では残っています。

ただ飾るだけでなく、主に西日本には焼いたいわしを食べる習慣もあります。いわしを焼いたときに出る煙と臭気によって「邪気」を追い払うことが、その魔除け的目的だとか。

もちろん、いわしはカルシウム・DHAなどの成分も豊富なので、無病息災を祈る意味もあります。最近ではむしろ、いわしを飾るよりは、いわしを食べる家庭が増えているようですね。確かに、いわしの頭部を柊に刺して飾っている家を見たら、ちょっと「気合入りすぎ」と思ってしまいそうです(笑)ただ、豆知識として知っておけば話のタネにもなります。

今年はあなたのご家庭でも、節分の豆まきと一緒に、いわしを食べてみてはいかがでしょうか? レシピとしては、なんといっても丸焼きがおすすめです。

豆を使ったレシピ

節分を楽しむためには、余った豆の使い方を工夫するのも大事かもしれません。

「どうせ使わないし…捨てちゃおう」

ダメダメ。それでは本当の意味で「福は内」とはなりません。余った豆も有効に使ってこそ、現代の節分というものではないでしょうか。調理して、おいしくいただきましょう。

<余った豆を一工夫して絶品レシピに!>
◎きな粉にしてお餅にまぶす
節分でまく豆をミキサーですりつぶすと、とても簡単にきな粉が出来上がります。そのきな粉をおもちにつければ、子どもが大好きなきな粉もちの完成! ちなみに、2月3日の節分は昔の正月だったので、この日にお餅を食べるのも、あながち間違いではありません。

◎豆菓子を作る
小さな鍋に、お湯をはってください。そこへ砂糖を入れて、どろどろとしてくるまで煮詰めます。そこへ、余った豆を投入! するともう、豆菓子のできあがりです。豆のシンプルな風味に甘みがのって、一口、もう一口、さらに一口と、止まらなくなる味わいです。

◎小魚と煎り大豆のカリカリお菓子
みりん・お砂糖・醤油・水をよく混ぜて、グツグツしてくるまで加熱します。そこへ小魚と煎り大豆、白ごまを入れて、混ぜ混ぜ。爆ぜるような音がしてきたら、それで小魚と大豆のカリカリお菓子が出来上がりです。何気にお酒もちょっと欲しくなる、大人の風味。

何も、まいた豆を拾って作るようなこともありません。でも、もし余った豆があるのなら有効利用しましょう。最後まで子どもが喜ぶような、楽しい節分にしたいものですね。

節分の日のお弁当レシピ

節分の日には、子どもに持たせてあげるお弁当にも、ちょっとした工夫を凝らしたいところです。でも、なんの工夫もなく大豆や恵方巻きを入れても、子どもは喜ばないかも!? 大体、お豆なんて、なんの味付けもされていなければお年寄りでも避けて通りますよね。

<鬼のキャラ弁が大人気>
ママの気合が入った家庭では、節分の日には、「鬼」をテーマにしたキャラ弁を作ってあげることが多いようです。一例をご紹介すると、まず、鬼の顔をケチャップライスで。その上の髪の毛は海苔でデザインして、鬼の持っている棍棒は、ウインナーで代用! これはなかなか子どもも喜びそうです。節分を楽しむためには、そんな創意工夫も大事ですね。

ただし厄の象徴としての「鬼」を食べてしまうというのはどうなのか…と、筆者など思わないでもありません。もしや、お腹を下すようなことはあるまいか、と警戒しちゃいます。

<恵方巻きに豆菓子でどう?>
節分といえば、豆まきの他に、なんといっても恵方巻きです。ここはズドンと、恵方巻きを一本入れてあげると、ボリュームたっぷりで子どもも喜ぶかもしれませんね。ちなみに恵方巻きはカットすると「縁が切れる」ので、必ず一本そのままの状態で入れてあげてください。そこへ、煎り豆を砂糖水で煮詰めた豆菓子を副菜にでもすれば、もう完璧!

その他、節分の日にはいわしやおそばも、縁起が良いとされています。もし当日、子どもを幼稚園にやることになるなら、ママの腕で、素敵なお弁当を持たせてあげましょう。

節分の日にまく落花生

節分の日に撒くのといえば、やはり「大豆」…ばかりではありません。

地域によっては落花生を撒くところもあるようです。その他、もう豆を離れてお菓子や小銭を撒くところまであるとか! 古くからの「魔除け」の意味合いも形骸化しています。

<なぜ落花生を撒くのか>
もちろん節分を楽しむことができるなら、何を撒いても良さそうなものです。でも、ではなぜオーソドックスな豆ではなく、落花生にするのか。なぜそんなちょっと凝ったようなことをするのか。千葉県民が怒るようなことをするのか、なんだか、気になりませんか?

落花生を撒くのは、東北、信越地方。それから北海道でも、節分になれば当たり前のように、落花生を撒いているようです。その理由は、ずばり、「合理性」にあるのだとか。

これらの地域では、落花生を殻のまま撒いて後から拾います。するとどうでしょう。大豆なら、一度撒いた豆なんて汚くて食べられませんが、殻つき落花生なら、殻を剥けば何の問題もなく食用にできます。しかも、サイズが大粒なので、後から拾いやすいというわけです。なんたる合理的な豆まきでしょうか。これはその他の地域でも見習うべきかも!?

ちなみに大豆を撒くときには、原則として「煎り豆」であることが絶対です。生の豆を撒くと、拾い忘れたものから芽が出てしまい、それは縁起が良くないこととされます。北海道や東北で撒かれる落花生は、基本的に収穫したそのままの姿なので、この「縁起」について良いか悪いかは、微妙なところですが…堅苦しいことは考えず楽しむならそれでいい…か?!

2016年の節分はいつ?

節分とは一般的に立春の前日を指します。もっとも、本来の意味からいえば「季節を分ける」で「節分」なので、春夏秋冬、それぞれの節分があることはあまり知られていません。

<2016年の節分について>
毎年、節分の日は微妙に変わります。2016年の節分は、2月3日。この日には邪気の象徴としての鬼を追い払う豆や、恵方巻きなんかを用意して、イベントを楽しみたいものです。

まれに、節分は2月2日となることもありますが、2016年は2月3日です。ちなみに2017年、2018年、2019年、2020年も同じ2月3日。2021年は、2月2日となるようです。

「立春」と聞くと、3月や4月というイメージもありますが、実際に春が訪れる前に行われる催事です。その年の「実り」を願って行うものなので、早めにするのかもしれません。

いわゆる「季節に関する日」なので、変動するのも当然といえば当然かもしれません。1980年代の前半には、2月4日という日もありました。いずれにせよ、2月2日?2月4日の間と心得ておくといいでしょう。それまでに節分を楽しむための準備をしたいところです。

「鬼は外、福は内」というフレーズは、大人になるとなんだか、懐かしいものがあります。日本の伝統的な行事が(もともとは中国発祥ですが)、現代でも受け継がれているというのは、素敵なことですよね。これからも大人たちが率先して節分のイベントを行い、子どもたちに楽しい思い出を作ってあげましょう。2016年の2月3日が待ち遠しいですね…。

節分の由来

現在、節分は我が国でいろいろな発展を遂げて今のかたちになっていますが、もともとは中国で発祥した催事でした。706年に日本に持ち込まれてから随分と変遷を遂げています。

<変わらない「邪気を払う」という意味>
当初、中国で行われていた節分は、「追儺(ついな)」と言い、厄払いの意味を込めたものでした。これが各季節を前に、「実り」を願って行われるようになったのです。その後、706年に日本でも同様に「節分」が行われるようになり、この現代まで続いてきています。

ちなみに、豆を撒く習慣が始まったのは比較的早い時代のことでしたが、「恵方巻き」はまだ近年の風習です。江戸時代末期、あるいは明治時代最初期の頃に、関西の商人たちのあいだで始まった風習と言われています。そのため、現代でも関東では「恵方巻き」を楽しむのはそこまで一般的とはいいがたく、節分の日といえばただ「豆を撒くだけ」と思っている方も多いとか。

<各地で発展する節分>
日本に持ち込まれた「節分」という伝統行事はこのように、各地でいろいろな発展を遂げています。たとえば、北海道や東北では、節分の豆には煎り豆(大豆)ではなく、落花生を使うようです。殻つきのまま食べて、後から拾って、殻を剥いて食べるそうですよ。

その他、一部の地域では節分の日に、いわしの頭を柊の枝に刺して飾る、という「魔除け」を行うところも。そこまでしなくても、いわしを食べる家庭も結構たくさんあります。

節分にまつわる各地での「違い」を見ていくのも、なかなか興味深いですよね。

節分用の鬼のお面

鬼は昔から、「災厄」の象徴とされてきた、伝説上の生き物です。節分の日には、その季節の豊かな実りを願って豆を撒きますが、これも古来神の力が宿ると信じられていた穀物を投げることで、それが鬼には弾丸のように見えて、おそれをなして逃げていくという意味があります。ちなみに同じ穀物でも米ではなく豆なのは、「魔滅」とかけているからだとか。

<大人は鬼のお面を被って…>
節分の日には子どもと一緒に楽しむために、大人は鬼のお面をかぶって、鬼役を演じるといいでしょう。鬼のお面は、一般的には節分用の豆を購入したときについてくることが多いですが、その他、現在はネットから絵柄を印刷するだけで簡単に自作することも可能です。いやあ、本当に便利な時代ですね。3Dプリンタならより生々しいお面が作れるかも!?

鬼にも、代表的なものとして「赤鬼」と「青鬼」がいます。節分の日には一般的には赤鬼のお面を被るかと思われますが、別に青鬼であってもいけないというような、そのあたりの決まりはないようです。お父さんとお母さんで、お面の色を分けても面白いかもですね。

とことん凝った節分を過ごしたいならば、子どもと一緒に、鬼のお面をイチからデザインしてみてもいいでしょう。色つきの画用紙と輪ゴムなんかを用意するだけで、パパッと作れてしまいます。子どもの「創作性」を育むための教育の一環と考えてみては?

街角から「鬼は外、福は内!」という子どもの元気な声が聞こえてくるのが、今から楽しみです。

節分 過ごし方

節分は旧暦では大みそかに当たる日です。昔からの伝統を重んじる田舎のご家庭では、もしかすると今でも荘重にお祝いするところがあるかもしれません。現在では主に「魔」の象徴たる鬼を豆で撃退して楽しむという行事となり、もともとの意味も薄れてきています。

本来の節分の日の過ごし方は、次のような流れとなります。

<節分の日はどうやって過ごすの?>
◎豆まき
基本は豆まき、これは古くから変わりません。煎り豆を用意して(必ず煎り豆です。生豆は鬼に効果がないと言われ、不吉の象徴とされます)、それを夜になってから撒きます。今では「子どもの眠る時間が云々…」といって、昼にパパッとこの行事を済ませてしまう向きもあるでしょうが、鬼は夜にやってくるので、夜に豆を撒かないと意味がありません。

◎焼嗅
「やいかがし」と読みます。これは、いわしの頭を柊の枝に刺して、玄関先に飾るという魔除けです。いわしをいぶして、そのニオイで鬼を払うという意味もあるようです。現在ではいわしを食べる習慣は残っていても、焼嗅までやっている家庭は少ないかもしれませんが、一丁本格的に節分を楽しみたいならば、伝統を守って焼嗅を飾ってみるのもいいかも!

◎恵方巻き
その年の恵方を向いて巻きずしをまるかぶりする「恵方巻き」は、関西発祥の風習で、中国から伝わってきた「節分」の原型とは関係ありません。しかし、現代の日本ではこれも一般的。子どもも喜ぶ巻き寿司なので、家庭で準備して仲良くまるかぶりしましょう。

節分の豆をまく方角

節分の日の一大イベントといえば、豆まきと恵方巻きです。近年の住宅事情から豆まきが難しくなった背景もあり、現在では恵方巻きだけを楽しむ家庭も多いようですが、その風習に関して「方角」が重要なのは、誰もがよくご存じかと思います。その年の「恵方」を向いて、寿司をまるかぶりします。「恵方」とは、神様がいる方角のことです。

しかし、実は「豆を撒く方角」にも決まりごとがあることをご存じでしたでしょうか?

<鬼門から豆を撒いていく>
多くの神社で踏襲されている豆まきの順番は、北東?南東?南西?北西です。

なぜ「北東」からかといえば、これは風水的に鬼は北東の「鬼門」からやってくると言われているからです。完全に鬼封じをしたいなら、この順番を真似て行うと良いでしょう。

<一般家庭では玄関から撒いていく>
上でご紹介したのは、あくまで「神社」でのやり方です。

一般家庭ではむしろ、次のような順番で撒いていくのが基本となっています。

1)玄関の内側から外に向けて、「鬼は外!」と3回豆を撒く。

2)すぐに玄関を閉めて、次は各部屋の窓から外へ「鬼は外」。この際、トイレやお風呂も忘れてはいけません。家の中から完全に鬼を追い払って、忘れずに窓をピタッと閉めます。

3)玄関に戻って、次は玄関の外から家の内側に向けて、「福は内!」を3回。

4)各部屋の入口から内側に向けて「福は内」と3回。

これで終了です。厳密にはこの後、自分の数え年と同じ数の豆を静かに食べるという決まりがありますが、上で触れたように、今では「恵方巻き」に取って代わってきています。

節分の日に豆をまく理由

節分の日には、その催事を行う家庭ならどんな家庭でも、「豆まき」を行うかと思います。

でもなぜ、豆を撒く必要があるのか。それでなぜ鬼が恐れて逃げていくのか、考えてみれば不思議です。今となっては形骸化しているこの伝統的行事の意味を、追求しましょう。

<神の力が宿る穀物を鬼に投げる>
古くから日本では、穀物には「神の力」が宿っているとして、信仰の対象となってきました。その年に取れた最初のお米を神棚に飾っている家庭は、まだまだ多いかと思われます。

その「神の力」を宿した豆を、鬼に投げると、鬼にはそれが豆ではなくまるで弾丸のように見えるのだとか。ではなぜ、それが「米」ではなく、「豆」でなければいけないのか。

それにももちろん理由があります。豆ももちろん穀物の一種ですし、その音に、「魔滅」という音がはまると、意味をかけられているのです。ただし、その豆も炒った大豆でなければいけないなど、細かなルールもあります。生豆は鬼に効かず、逆効果になるとか…。

ちなみに、豆を投げる時間は、必ず夜です。そして、本来的には豆を投げるのは、その一家の家長の役目。今では子どもが楽しむためのイベントとなっていますが、もともとはその季節の豊作を願った催事なので、細かな約束もきちんと守って、いたって真剣に行う必要があったようです。

ただ豆を投げてはしゃぐだけの節分を昔の人が見たら、激怒するかもしれませんね。ただそれもまた、「時代の流れ」というものなので、個人的には悪くないような気もします。

豆のまき方

毎年、立春の前になると、街のどこからか「鬼は外! 福は内!」の声が聞こえてきますよね。これがいわゆる「節分」。豆を撒いて、災厄の象徴たる鬼を払い、その年の実りを祈願します。ただ、その「豆の撒き方」にも実はいろいろと細かいルールがあるようです。

<豆は大人が撒くもの?>
現在の「豆まき」といえば、大人が鬼のお面をかぶって、子どもがその大人に向けて豆を投げる、という形式が一般的かと思われます。ただし、本来、豆を撒くのはその一家の家長たる大人(男性)です。古来はこれでその季節の豊かな実りや無病息災を願っていたので、決して子どもが楽しむためのイベントではなく、たいへんシリアスな祭事でした。

もちろん、誰かが鬼の役をするようなこともありません。ただ鬼がいるとされる方角に向けて、鬼は外! と太い声を出して、豆を撒くのです。想像するとシュールですね…。

<「鬼門」に向けて豆を撒く>
ちなみに、上で触れた「鬼がいる方角」というのは、まず「北東」とされていました。これは、いわゆる「鬼門」というものです。現在でも神社では、必ず北東から豆を撒いていきます。その後で、南東?南西?北西へと豆を撒いて、それで厄払いは終了です。

もちろん現代では、住宅事情もあって、こうした方角通りの豆まきを行うことは難しいでしょうし、そもそも豆まき自体が迷惑行為となることだってあるでしょう。なんとなく寂しい時代になった気もしますが、現代は豆まきよりも、節分と言えば「恵方巻き」の方が普遍的になりつつあります。

節分の日の挨拶・朝礼・スピーチ

節分は一般的に「立春」の前日を指し、その大体が2月2日?4日となります。

暦の上では春とは言いながら、まだまだ寒さも厳しく、とりわけほとんど夏と冬だけの二季化している日本では、まだ「冬」というイメージですね。

<節分の日の挨拶とは>
これといって、「節分」に決まった挨拶があるわけではありません。「鬼は外! 服は内」という掛け声はあれど、その日の朝に特定の決まり文句を言うなどの約束事はないのです。

ただ、手紙などの挨拶分では、「立春とは名ばかりの寒さの厳しい季節ですが…」などと言うことが多いので、もし朝礼やスピーチを求められる機会があれば、そんな言葉から始めてみてもいいかもしれません。

ちなみに節分は、各地で独自の発展を遂げている祭事でもあります。緑の深い、人間と自然の距離が近い地方の山奥では、まだまだ節分をその年の「魔除け」の大事な祭事として考え、厳粛に執り行われていることもあります。そういった地方では、ただの豆まきだけでなく、それこそ朝の挨拶からきちんと「儀式化」されているので、伝統に倣うのが一番でしょう。

もっとも、都市では現在、「節分」は、鬼のお面をかぶった大人に子どもが元気よく豆を撒いて騒ぎ、楽しむイベントとなっています。伝統のかたちは、その時代によって変わっていくものです。今、一般的な節分を、堅苦しいことは考えずに楽しむのも大事なことでしょう。江戸時代末期から恵方巻きが普及してきたように、後何十年も経てば、節分のかたちも現在とはずいぶん変化しているかもしれません。

節分にけんちん汁を食べる由来

節分は各地でいろいろな違いがある、興味深いイベントです。もともと中国から伝わったときには、豆を撒く習慣もなかったと言われていますから、時代ごとに我が国なりに解釈と共に、地方で「最適化」されてきたと言ってもいいかもしれませんね。その代表的な例の1つが関西での「恵方巻き」ですが、関東の一部にもまた独自の節分文化があります。

<節分といえば「けんちん汁」の関東>
夜に魔除けの豆を撒くという風習は共通していても、節分の日に食べるものには、地方で様々な違いがあります。関東の一部の地域では、温かい「けんちん汁」を飲むそうです。

これにはとりたてて、何か神事的な意味合いがあるわけではありません。かつては別の祭事で登場する出番も多かったけんちん汁ですが、時代の流れと共にそれらの風習もすたれて、「じゃあ節分の日だけでもけんちん汁を…」となったという説が、一般的なようです。

ちなみに現在、全国的に普及している(と言いながら、関東では「?」とも思われているようですが)、「恵方巻き」もまた、関西の商人が勝手に縁起をかついで始めたものです。江戸時代末期から明治初期という発祥で、まだまだ若い風習とも言えるかもしれません。

このように「伝統」のかたちとは、時代によっていろいろと変化していきます。我々の時代では節分といえば「豆まき」でも、それも100年後にはすっかりと廃れて、まったく別のイベントに変化しているかも。その時々の「伝統を、あるがまま楽しむべきでしょう。

節分のイベント

もともとは、その季節の無病息災、豊饒な実りを祈願して行われていた、由緒正しい祭事である「節分」。まさしく「季節を分ける=節分」なので、現在のように2月2日?2月4日のいずれかの一日でなく、春夏秋冬ごとに、それぞれの節分が行われたと言います。

ただそれも、とりわけ「神の力」が宿るとされる穀物が実る季節、春の前にのみ合わせて行うのが、現在の一般的な節分のかたちです。毎年、いくつかのイベントが行われます。

<節分の日のイベントのいろいろ>
家庭では、夜に豆を撒いて、恵方巻きを食べて…というのが「節分」の過ごし方です。信心深い田舎の家では、あるいは「焼嗅(いわしの頭を柊の枝に挿して飾る)」という魔除けを行うところもあるかもしれません。いわしを食べることもまた、イベントの1つです。

ただ、たとえば神社では一般家庭とはまた少し違った節分のイベントを行います。伝統にのっとって、「鬼門」から順番に豆を撒く、というのがその一例でしょうか。豆を撒くのも子どもではなく、必ず大人です。見物に行くのも、節分を楽しむための方法でしょうね。

その他、地方の山奥では、立春の前日にはより大がかりなイベントを行うこともあると言います。ご神木にみんなでお参りしたり、炎を焚いて儀式を執り行ったり…自然と人間の距離が近い場所では、まだ「神」や「鬼」という存在が比較的シリアスに受け止められているので、機会があればそんなイベントを見にいくのも、良い経験となりそうです。

旧暦の節分

節分の日は、もともと旧暦の大みそかに当たります。

古くからの伝統を重んじる家庭では、この日に庭先に日章旗を掲揚したり、お雑煮を食べたりするところもあるかもしれません。ちなみに、同様の理由から、日本に中国からのお客さんが増えるのもこの2月2日?4日という時期の特徴で、なかなか興味深いですね。

<旧暦の節分とは>
日本で現在の暦となったのは、まだ比較的近年で、明治からのことです。

その前まではつまり、旧正月=節分となっていました。この日にはお雑煮を食べたり、お参りをしたりと、今と同じようなお正月の過ごし方が一般的だったと言われています。

ちなみに豆まきの行事は、主には神社で行われているものでした。神社で魔を払うために豆を撒いていたのが民間に広がり、それが徐々に現在のような「恵方巻き」などの伝統と合わさって、日本独自の文化となったと言われています。もともとは中国での「追儺」から受け継いだ伝統とも言われていますが、それも日本での宮中行事と組み合わさって、いろいろな変化を遂げてきたようです。当初は単に、「厄払い」などと言われていたとか。

現在は節分といえば子どもが豆を撒いて楽しむという行事になっていますが、本来は大みそかのイベントであったことを考えると、日本の文化というものも、大きく変わったものです。あるいは数十年後には、私たちの知らない「節分」の姿がそこにあるかも…!?

もちろん、旧正月にあたるからといって、年賀状を出さなければいけないとか、そういう決まりはありません。今残っている節分のかたちをそのまま楽しめば、それでOKです。

節分の日の結婚について

立春の前日に結婚式を執り行うというのも、節分を楽しむ1つの方法かもしれません。縁起も良いですし、何より、「演出」に苦労しないで済むという、裏のメリットがあります。

<華やかな結婚式を節分に>
結婚式といえば、その「演出」を考えるのが、どうにも面倒だったりするものです。

演出プランナーの人に頼んでも、どうしても画一的なものとなりますし、自分で計画しているような余裕もありません。しかし、それを節分の日に調整するだけで、たとえば式中の豆まきをできたり、恵方巻きをまるかぶりしたりと、無条件で盛り上がります。

しかも節分はもともと「魔」を払うための行事なので、二人の角出を祝う上でも、なかなか素敵な行事となります。みんなで豆を撒いて、式場を煎り豆だらけにしちゃおう!?

ちなみに、実際に行われた節分の結婚式の演出には、次のようなものがあるようです。

◎新郎が「鬼」に変身!
お色直し前、新郎が鬼のお面をかぶって子どもたちから豆を投げてもらい、それから逃げるという形でお色直しに向かう、という演出。なかなかさり気なくて、素敵ですよね。

◎「焼嗅」を式場の前に
いわしの頭を柊の枝に挿して飾る「焼嗅」を式場の前に置いて、魔を払うというユニークな演出をした夫婦もいるとか。これで式場に、遺恨のある関係者が来ることもない!?

せっかくの結婚式です。節分のみならず、日本の伝統的文化にかこつけて執り行い、楽しむための演出を設けるのも良いでしょう。きっと二人にとって一生の思い出となるはずです。

節分と厄年・厄払い

もともと節分とは、季節の分かれ目ごとに、豊かな実り・無病息災を願って、災厄の象徴たる鬼を払うために豆を撒く行事です。つまり、「魔除け」としての意味合いがあります。

そういう意味では、これを「厄払い」「厄落とし」の機会と考えてもいいでしょうね。

<厄年の方は節分で払おう>
もし来年厄年を迎えるという人がいれば、節分の日に厄払いしてもいいかもしれません。

もちろん、本来であれば厄払いというのは、その年が明けてからすぐに行うべきものではあります。ただ、現在は2月3日前後の立春の前日に行われる節分ですが、もともとはこれ、「旧正月」でした。その旧習を便宜的に復古させて、厄払いするのもアリでしょう。

何やら「裏ワザ」みたいな言い方をしていますが、実際、節分の日に厄払いをする人というのも、決して少なくありません。お寺や神社では、毎年節分には多くの厄年たちが集まります。豆を撒いて鬼を払い、ついでに自分の厄を落としてもらうのも、良いのでは?

とはいえ、現在の暦からすると、節分の日まで厄払いをしないというのは、1か月以上厄がついたまま過ごすという意味になります。ただ、これも神社の人の話によると、「厄払いは正月から2月のあいだにすればいい」という、なんともざっくばらんな風習のようです。

家族がいるわけでもないし、何かイベントに参加するわけでもないという厄年さんは、せっかくなら節分の日に神社に赴いて、厄を払い、豆を撒いて鬼を払うと良いでしょう。これも節分を楽しむ方法の1つです。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ