窓の台風対策

この記事は14分で読めます

台風対策について

台風は毎年やってきます。
その年によって強さは違いますが、何らかの対策をしておくことが重要です。
台風が来てから対策するのではなく、事前に準備しておくのです。
特に窓が一番危険です。
窓はガラスがはめ込まれていますから、それが割れてしまうと大きな被害となるでしょう。
怪我をする可能性もあります。
台風対策として一番には窓の対策をすることを考えてください。
雨戸を閉めることが一番簡単で確実ですが、強い台風の場合雨戸を飛ばしてしまう可能性もあります。
雨戸の点検をしておいてください。
具体的には雨戸にガタがないか、外れてしまっていないかなどです。
最近の雨戸は金属製ですから、穴が開いていることはないかもしれません。
家のすべての窓と雨戸をチェックしておきましょう。
必要なら、修理をしておくことです。
台風が近づく時期になってから業者に依頼すると予約できないこともあるでしょう。
それから台風情報の収集について考えてみましょう。
天気予報などで台風情報が提供されていますが、あくまでも大域的な情報です。
自分の家に何時ごろに台風が来るかをしっかりとチェックしましょう。
最近はスマホなどで情報を得ることができるようになりました。
多くの人が台風情報を提供してくれます。
それを読めば、本当に身近な情報を得ることができます。
あと何時間で台風が来るかを考えられるのです。
台風通過までは数時間です。
その間を耐えることを考えましょう。
いずれにしても事前の対策が重要です。

スポンサードリンク

台風対策と窓

夏になると気になるのが台風です。
年によって回数はかなり違いますが、一度も台風が来ない年はありません。
台風対策をしっかりとしておくことが重要です。
対策をしなければならないのは窓です。
何もしなければ窓ガラスが割れてしまいます。
一戸建ての場合は自分の庭に窓ガラスが散らばるだけですが、2階以上のマンションなどであれば他の人にけがをさせてしまうかもしれません。
しっかりと対策をしてください。
窓ガラスの保護はガムテープです。
もちろん、雨戸がついていれば特別な対策をする必要はありません。
また、飛散防止シートなどが販売されていますから、台風シーズンになる前に貼り付けておくと一番いいですね。
台風対策は窓だけではありません。
網戸がついていると、逆に危ないでしょう。
取り外して家の中に入れておくことをおすすめします。
この他に注意することをピックアップしましょう。
物干し竿や物干し台を片づけておきましょう。
植木鉢やプランターも玄関に入れておきます。
雨戸がない場合、窓ガラスにカーテンを貼っておくといいようです。
いずれにしても、台風が来るとわかってから慌てて対策をするよりも、事前に対策しておかなければなりません。
台風情報をこまめにチェックしておくことが大切です。
台風の場合、風が吹き始めたら、いきなり強くなります。
非常に危険です。
子どもたちが外に出ないように注意するのは親の役目です。
雨戸を閉めて、家の中でキャンドルパーティーをするのもいいでしょう。

台風対策グッズ

台風対策のためにはいろいろなグッズが販売されています。
窓ガラスなどの対策は家が壊れないようにするためですが、販売されているグッズは非難する時のためのグッズです。
例えば、手袋、頭巾、合羽、水、マッチ、ラジオなどです。
グッズの重要性は台風が来てから思い出してもいけません。
通常時から災害対策を考えておくことです。
あなたの家では防災グッズを準備していますか。
置き場所を決めて、きちんとチェックしておきましょう。
台風が来た時にチェックするのではなく、事前にしておくことが重要なのです。
台風が来た時に一番危ないのは窓の近くです。
窓が割れたら家の中にいろいろなものが飛び込んできます。
いきなり窓が割れたら避けようがないでしょう。
台風の情報を知ることは重要ですが、家族の防災意識を高めておくことがもっと大切です。
販売されている防災グッズを紹介しましょう。
おすすめはリックサックにグッズが入っているタイプです。
いざと言う時にからって避難できるからです。
その内容はいろいろですが、不足していると思う品は事前に買い揃えておくといいでしょう。
決して高い商品ではありません。
それから一番重要なのは水です。
ペットボトルに入っている水を貯めておきましょう。
ただ、水は一定期間が経ったら、廃棄しなければなりません。
役に立たなかったことを喜びましょう。
お金がもったいないと思ってはいけません。
それは大きな間違いです。
家にグッズがなければ、すぐに購入しましょう。

台風対策の注意

台風情報をチェックしておけば、何時に台風が来るかわかります。
台風でどのような対策をするかも重要ですが、情報を収集しておくことはもっと大切です。
ただ、いくつかの注意事項があります。
窓ガラスなどには対策をしておくことです。
窓ガラスが割れて散らばってしまうことも少なくありません。
台風が来る時よりも過ぎていく時の方が風は強烈です。
台風が過ぎたと思って安心してしまうのです。
台風が来るとわかったら、準備をしましょう。
まだ台風までの時間があれば、防災グッズなどを購入することもいいでしょう。
しかし、誰でも同じことを考えていますから、売り場は行列になっているかもしれません。
台風で怖いのは停電です。
電柱が倒れてしまえば、復旧するまでにかなりの時間がかかるでしょう。
電力会社も台風が過ぎてしまわなければ、何の対策も打てません。
停電になって落ち着いて、家の中で過ごしましょう。
テレビがつかないと慌てる必要はないでしょう。
現代は携帯電話がありますから、停電になっても情報収集の手段があります。
非常時の情報伝達手段としては、携帯電話が一番です。
ただ、注意しなければならないのは、非常時で回線がパンクすることが少なくありません。
非常時の情報が優先されますから、個人的な通話はほとんどできないと思ってください。
自分の身の回りのものが台風の時にどのように役立つか考えておきましょう。
窓が割れるぐらいなら大したことはありませんが、けがに注意することは忘れないようにしてください。

台風対策のヒント

台風対策として窓にテープなどをしている人がいます。
これは対策として間違っていませんが、ちょっと考えてみましょう。
台風で窓ガラスが割れる理由です。
窓ガラスが割れるのは風のせいではなく、窓にものがぶつかるためです。
したがって、者が飛ばないようにしておくことが重要になります。
どうすれば飛ばないようにできるでしょうか。
重しをつけたりロープで縛ったりしていませんか。
考え方を変えましょう。
飛ばないようにするためには風があたらないところに移動させればいいのです。
つまり、家の中に入れておきましょう。
もちろん、すべてのものを家の中にいれることはできないでしょう。
ただ、大きなものは飛びません。
自転車や犬小屋が飛ぶような台風であれば、何の被害もないとは考えられません。
窓ガラスも割れてしまうような強烈な台風のはずです。
年によって台風の強さや数は違います。
事前に情報を収集しておけば、台風が来るかどうかはわかります。
台風が来るとわかったら、仕事を早めに切り上げて、しっかりと準備をしておきましょう。
必要なら防災グッズを購入してください。
防災意識とは常日頃から持っておくことに意味があります。
子どもたちと時々話すといいですね。
いつも頭の隅に防災意識があれば、非常時も的確な行動を取ることができます。
ポイントは慌てないことです。
ただ、落ち着いて行動するためには、準備が必要なのです。
インターネットで台風対策の情報を読んでみましょう。

おすすめの台風対策

過去に台風被害を受けたことがある人は、対策の重要性を理解しています。
ただ、時とともに危機感は薄れていきます。
そのため時々台風対策について思い出しましょう。
おすすめの対策は窓です。
窓にテープを張っておけば、ガラスが割れることを防ぐことができるでしょう。
ただ、マンションなどのビルの場合は金網が埋め込まれたガラスになっていることが多いようです。
これならば万一窓ガラスが割れたとしても、散らばることはありません。
毎年、同じように台風がやってくる地域では対策は万全ですが、それ以外の地域では危機感がないため被害が大きくなるのです。
十分な備えをしていたとしても、どうしても避けられないことはあります。
ただ、何の対策もなければ、大きな被害となるのです。
台風対策の原則は家の外に物を置かないことです。
家の中にいれることができるものはすべて入れておきましょう。
インターネットで防災グッズを検索して見ましょう。
いろいろなタイプのグッズが販売されています。
被害に遭った時に利用するためのグッズです。
窓ガラスが割れてしまうと、家の中に雨風が入ってきます。
逃げ場所がないのです。
子どものころ、台風が来ることが楽しかった気がします。
停電するからです。
クリスマスのケーキのようにろうそくを立てて、静かにしています。
今の子どもは停電しても、スマホやゲームを見ているだけでしょう。
停電の時は親子の会話の時間とすることはどうでしょうか。
台風を楽しむ気持ちが必要です。

マンションの台風対策

マンションの台風対策について考えてみましょう。
一戸建ての場合との違いがあるのでしょうか。
マンションは鉄筋ですから、建物自体の心配をする必要はありません。
窓ガラスに対策をしなければなりません。
窓ガラスにカーテンを貼っておくとガラスが割れることを防ぐことができます。
高層階になると台風の影響は強くなりますから、さらに注意が必要です。
換気扇から雨が降りこんできます。
換気扇の口は建物の外に出ています。
そこから雨が降りこんで、建物の中に入るのです。
たちの悪い漏水です。
天井を伝わって、部屋の中央から雨漏りがすることもあるようです。
もちろん、個人的に対策をすることは簡単ではありません。
マンションを購入する時には換気扇の外側をチェックしておきましょう。
象の鼻のように雨が入り込まないタイプを選ぶべきでしょう。
最近はしっかりと対策されています。
共用部分が台風被害に遭うと、その修理費などが面倒ですね。
ただ、事前にできる対策はいろいろあります。
ベランダに物を置いていけません。
全部部屋の中に入れてください。
インターネットが使える状況であれば、情報収集をしっかりとしておきましょう。
台風が来てから、通り過ぎてしまうまでの時間はそれほど長くありません。
しかし、通り過ぎたと安心してすぐに外に出ないことです。
吹き替えしの方の被害が大きいのです。
追加の対策が必要なら台風の目に入った時に素早くやっておきましょう。
事前の準備が一番いいことは間違いありません。

台風被害を減らす対策

台風被害を減らすために何をすればいいでしょうか。
毎年台風はやってくるのですから、自然災害の中では比較的対策を講じやすいと言えます。
窓ガラスが割れないようにするにはどうすればいいか。
停電した時のための備えは十分かなど、台風が来る前にやっておかなければなりません。
基本的に備えあれば憂いなしです。
窓ばかり対策をしてもダメです。家の外の整理をしておくことです。
家の近くに大きな河川があれば、洪水の危険性があります。
市町村などが作成しているハザードマップを確認しておきましょう。
自分が住んでいる家にどのような危険があるかをしっておけば、それだけでもかなり違います。
台風が直撃した時には、ライフラインが分断されることを想定しておかなければなりません。
停電やテレビが途絶えてしまうのです。
ただ、現代はスマホなどの無線機器が発達しましたから、基地局が被害を受けていなければかなりの情報を集めることができます。
もちろん、バッテリー切れには注意しなければなりません。
災害対策グッズを購入しておくことも必要です。
地震などの場合は身の危険がありますが、台風の場合は家の中でじっとしている限り怪我をすることはないでしょう。
怪我で注意するのは窓ガラスです。
雨戸がしっかりとしているか確認してください。
古い雨戸だと、風にあおられて飛んでしまうこともあります。
それでは雨戸の役割を果たせません。
必要な修理をしておくことです。
台風が来ることは事前に予測できるのです。

台風と窓

台風シーズンになると、災害に対する備えを考えなければなりません。
台風は地震や津波のように、全く予想できない災害ではありません。
したがって、きちんと準備しておけば心配する必要はないでしょう。
まずは窓です。
雨戸があるからと安心してはいけません。
雨戸が外れそうになっていないか、穴が開いていないかをチェックするのです。
家の周りをまわってチェックしてください。
不要なものは家の外に置かないことです。
台風が通り過ぎるまで1日程度のことです。
何でも家の中に入れておいてかまいません。
マンションなどではベランダがなければ、注意しなければならないのは窓だけです。
ただ、窓の外側から対策することはできません。
したがって、台風対策としてできることはあまりないのです。
テープを貼ることがいいと書かれていますが、使用するテープは注意しなければなりません。
紙のテープだとはがす時に跡が残ってしまうからです。
ガラスに貼るテープはバツ字にしましょう。
端から端まで貼れば、それだけで十分です。
ガラスが割れるのは飛んできた物が当たった時と、強風で湾曲したガラスがひずみに耐えられなくなった時です。
日頃から台風対策をしておく必要はありませんが、いざと言う時に間に合わないと意味がありません。
危機感を持って暮らすことは重要です。
ただ、1年中台風のことを考えている人はいないでしょう。
台風がやってくる季節は決まっています。
ポイントだけ押さえておけばいいのです。

台風対策の費用

雨戸がついていない窓は台風が来るたびに心配になりませんか。
窓ガラスにテープを貼って、台風対策としている人もいるでしょうが、見かけも悪いですし本当に効果があるかわかりません。
そこでおすすめしたいのがリフォームによる雨戸の取り付けです。
外壁に雨戸を取り付ける工事をするのです。
自分できることではありませんから、リフォーム業者に依頼しなければなりません。
その費用が気になることでしょう。
ただ、お金を出せば安心を得られるのですから、決して悪いことではありません。
どのくらいの費用になるかは業者によって違いますから、まずは見積もりを依頼しましょう。
台風対策だけではなく、その他のリフォームもついでにやってもらうのはどうでしょうか。
インターネットで調べてみましょう。
リフォームまでするつもりがなければ、防災グッズを購入しておきましょう。
災害用の水も確保しておいてください。
停電になるとポンプが動きませんから、水が出なくなります。
風呂は我慢できるとしても水を飲まなければ生活できません。
自動販売機でペットボトルを購入すればいいと思っている人もいるかもしれませんが、停電ですから全部止まっています。
台風で停電した時のことをイメージしてみましょう。
そうすれば何が必要かわかってきます。
それを考えるのが備えと言うことです。
日常生活の中で危機感を持つことは簡単ではありません。
人はすぐに忘れてしまうからです。
自分ができることを考えてみましょう。

台風対策の口コミ

台風対策は経験者に聞くことが一番です。
インターネットでは口コミサイトを利用すればいいのです。
日常生活の中で台風のために窓ガラスが割れた経験を持っている人はそれほど多くありません。
つまり、窓の危険性を十分理解していないと言えるでしょう。
台風で注意しなければならないのは窓ガラス割れることだと断言する人も少なくありません。
もちろん、物が飛んできて家にぶつかったり、車に傷をつけたりするかもしれません。
予備知識はそれくらいにして、口コミサイトに書かれていることを見てみましょう。
窓ガラスに対する対策としてはテープを貼ったりカーテンをしたりすることが上げられています。
雨戸やシャッターがあれば、それだけで十分かもしれませんが、すべての窓に雨戸があるわけではありません。
特にトイレなどは雨戸などあるはずもないでしょう。
基本は飛ぶような物を屋外に放置しないことです。
事前に片づけておくといいでしょう。
台風は時間的余裕がありますから、自然災害の中では対策もやりやすいのです。
口コミサイトの多くで防災グッズの宣伝があります。
たくさん持っておく必要はありませんが、1式は持っておいていいでしょう。
台風被害を受けることなく、無駄になる可能性はありませんが、それはやむを得ないことです。
防災用品に対する費用をもったいないと言う感覚は防災意識の欠如と言われるでしょう。
台風シーズンが始まる前にしっかりと対策をしておいてください。

台風対策の情報

台風に関する情報は気象情報やインターネットからたくさん取り寄せることができます。
つまり、台風が来た時の対策をしっかりしておけば、後は情報を見ておけばいいと言うことになります。
ただ、多くの人は台風が来るとわかってから、防災グッズなどを購入しています。
予想外に大きな台風が来て、被害が出てしまったのなら仕方ありませんが、基本的には台風が来る来ないに関わらず、災害対策をしておくべきでしょう。
台風対策として窓ガラスが割れないようにすることは当然です。
ただ、窓だけではなく、家の周辺をもう一度チェックしておきましょう。
窓ガラスが割れると家の中の被害が一気に大きくなりますから、窓は最重要項目と言えるでしょう。
雨戸やシャッターがあれば、ほとんどすることはありませんが、日頃は閉めていない雨戸であればきちんと閉まるかどうかチェックしてください。
ガタツキがあり、台風で飛んでしまえば意味がありません。
対策にならないだけではなく、逆に被害を大きくしてしまうかもしれません。
よその雨戸が窓ガラスに飛んできたらひとたまりもありません。
台風対策を考える時には、自分の家のことだけではなく、周りの人に迷惑をかけないことが重要です。
風で飛ばされそうなものは事前に家の中に入れておきましょう。
倒れてしまいそうな物は始めから倒しておくこともいいでしょう。
また、ブロックなどの重しをのせることができれば十分です。
台風の強さは気象情報から予想できます。
それでも万が一のことを考えておいてください。

台風対策のポイント

台風の時期になると、対策を考えなければならないと思ってしまうでしょう。
しかし、それはポイントがずれています。
災害対策は常日頃から行っておくことが大切です。
窓が割れないようにすることは当然ですが、台風は毎年のことですから事前に対策をしてきましょう。
防災グッズの中には飲料水などもあります。
賞味期限がありますから、そこだけはチェックしておきましょう。
台風は非難しておかなければならない時間は限られています。
それだけが救いでしょう。
ただ、地震や津波など全く予想していない時に襲われる災害はその後の影響も大きくなります。
何年も避難生活を余儀なくされている人がいることは知っているでしょう。
台風でそのような被害を受けた人はほとんどいません。
事前に準備できることはその差の理由です。
つまり、台風対策のポイントは事前にやっておくことです。
窓ガラスに対する対策も台風の季節になる前にしておけば楽なことです。
自分でできるなら自分でやればいいですし、業者に依頼したければそれもいいでしょう。
いずれにしても、時間に余裕を持っておくことが大切です。
災害のための避難訓練などが学校や職場であるかもしれませんが、意味がないと思っていませんか。
日頃から避難訓練を経験しておくことで、いざと言う時に体が動いてくれるのです。
頭で考えるのではありません。
非常事態を目の当たりにして、頭が真っ白になっても体は動いています。
これが生死を分けることになるかもしれません

台風対策と点検

点検は毎日とか毎月行われているでしょう。
あなたは台風対策をしていますか。
去年したかもしれませんが、それが今も有効かどうか点検していますか。
適切に点検しておけば、台風の時期になったからと言って、準備をする必要はありません。
台風では窓が一番危険です。
窓のガラスが割れるからです。
台風では風で煽られた物が飛んできても被害を受けないようにすることです。
そのためには雨戸やシャッターが対策として有効です。
それがなければテープを貼り付けることになるのです。
また、自分の家の物が飛んで周りの家に迷惑をかけないようにすることも大切です。
飛びそうな物はすべて家の中に入れておきましょう。
自転車など飛びそうもないと思うかもしれませんが、強烈な風によって道路に倒されている自転車を見ることが多いのではないでしょうか。
台風が来てから考えるのではありません。
台風に関する天気予報はかなり前から提供されていますから、その日になって慌てることはありません。
無駄になってもいいですから、事前の準備を重要視するようにしましょう。
雨漏りがしそうなところがないか点検しておくことも重要です。
ただ、屋根の上など自分で点検することが難しい場合には業者に依頼してはどうでしょうか。
家を維持していくための必要経費と考えてください。
それを惜しんでいると後で痛い目に合うかもしれません。
防災グッズも同じことです。
無駄になった方が被害を受けなかったのですから、喜ぶべきでしょう。
家の周りをチェックしてください。

窓の養生テープ

窓が台風で割れてしまわないようにテープを貼ることが多いのですが、ガムテープや紙テープを貼らないようにしましょう。
後ではがれなくなってしまうからです。
かけの字に貼ったガムテープの跡が窓ガラスについている家を見ることが多いでしょう。
強度的にはガムテープがいいのですが、後のことを考えて養生テープを使用してみてはどうでしょう。
強度的にはガムテープより少し劣りますが、普通の台風なら十分な強さです。
養生テープとはペンキ塗りなどの時に、汚れてはいけない部分を保護するためのシートを貼り付けるテープです。
新築の家が多いですから、汚れがつかず簡単にはがせる養生テープが重宝するのです。
台風対策はしっかりしなければなりませんが、窓ガラスに跡が残るのは避けたいですね。
養生テープは一般の日曜大工用品を販売しているところなら間違いなく売っています。
早目に購入しておきましょう。
台風が来る時になってからテープでガラスを保護しても十分間に合います。
慌てる必要はありません。
台風被害は地域によってかなり異なります。
テープぐらいでは窓の対策にならないと思う人もいるでしょう。
特に沖縄は四方を海に囲まれています。
しっかりとした家を作ることが重要なのでしょう。
地域に合った家の作りや窓の作りを考えておきましょう。
若い夫婦が家を建てる時にはそこまで考慮できません。
周りの人が適切なアドバイスをすべきでしょう。
台風で被害を受けないために対策を確認してください。

沖縄の台風対策

台風が毎年直撃しているのは沖縄でしょう。
すべての建物が台風対策をした家になっています。
窓も当然対策されています。
雨戸やシャッターが常識なのです。
基本的な対策は本土と変わりませんが。台風の時期になると住民は自然と対策を考えるようになります。
自治体などが注意を呼びかける前から、すでに行動しているのです。
長年台風と付き合ってきた人たちですから、当たり前のことかもしれません。
沖縄の家は赤い屋根が特徴です。
そして背が低く作られています。
もちろん、台風対策の一環です。
ガラス窓が少ない住宅になっています。
もちろん、最近建てられた観光用のビルなどは本土の作りと変わりません。
鉄筋コンクリートは台風でも壊れないからです。
ただ、日頃から防災意識が高いため、台風での被害があった話はほとんどありません。
停電があるのは当たり前ですから、それを前提として準備しているのです。
台風が頻繁にやってくる地域では被害は最小限に抑えられます。
しっかりと対策をしているからです。
自然災害で被害が大きくなるのは、住民が予想してない事態になった時です。
その点、沖縄の台風は当たり前の年中行事のようなものです。
自分の家だけではなく、道にある排水溝などの掃除も誰もがやっています。
行政に任せても被害を受けるのは自分たちです。
自分の身と家屋を守るために、できることをやると言う考えが浸透しているのです。
他力本願では、何も解決しません。
ただ、飛行機の欠航はどうしても避けられません。
旅行は注意が必要です。

台風の体験

台風を体験しなければ、その恐さは分かりません。
特に窓ガラスが割れたり、雨漏りで大変な目に遭った人は台風に対する備えをしっかりしようと考えるでしょう。
窓ガラスには雨戸をつけるとか、シャッターをつけることを考えるのです。
ただ、自分が住んでいる家が必ずしも満足できる台風対策をしているとは限りません。
したがって、自分でできる対策を考えておくことが重要です。
幸いなことに台風は突然やってくるわけではありません。
天気予報を見ていれば、何日の何時ごろ台風が接近するかわかります。
その時に合わせて準備をしておくことが大切です。
家の周りの物を片づけておくことは当たり前ですが、排水溝の掃除も重要です。
雨の量は排水処理の上限を超えています。
水はけが悪いとすぐにあふれてしまうでしょう。
排水溝は自治体の管理だと思うでしょうが、迷惑するのは自分です。
率先してチェックしておきましょう。
もちろん、台風が過ぎたら抜本対策を自治体に訴えることを忘れないようにしましょう。
災害に遭った経験があれば、それを避ける方法もわかっているはずです。
台風対策を怠らないことが大切です。
人は経験したことがないことを理解することは難しいと言われています。
台風は恐いのですが、本当に理解しているかどうかは経験が影響するのです。
頭でわかっていることと行動することは全く違います。
あなたは今度の台風でどのような行動を取るでしょうか。
自分ができることを確実に実施することが備えとなります。

間違った台風対策

台風の時、窓からの雨の染み込みを防ぐために新聞紙などを挟むことが有効だと言われています。
もちろん、それが間違っているわけではありませんが、インターネットなどの情報をうのみにするのではなく自分で確かめてみることが重要です。
特に暴風域に入った時は雨だけではなく風がすごくなります。
窓ガラスは押されたり引かれたりしているはずです。
薄いガラスならそれだけで割れてしまうのです。
それでは窓を少し開けておけば、空気の圧力が家の中と外で変わらなくなりますから、窓ガラスが割れる心配はなくなるかもしれません。
しかし、雨が入ってきますから、窓を開けることは現実的ではないでしょう。
空気の流れを遮らなければ、内部と外部の気圧差が発生しないため、窓ガラスが割れることを避けられるかもしれません。
ただ、どの方法が正しい対策なのか、どこかに書かれているわけではありません。
気象庁など権威ある情報だけで調べることが大切です。
日常生活では考えないようなことが台風時は起こります。
もちろん、災害を防ぐことが大切ですから、たくさんの情報の中から間違っていない事柄だけを抽出しなければなりません。
誰もうそを教えようとしているわけではありません。
科学的に検証していない情報を台風対策として掲載していることが問題なのでしょう。
日頃から台風対策をしている人と、ほとんど何もしていない人では情報に対する考え方が違います。
そのことを理解した上で、情報を確認しましょう。

台風対策と雨戸

雨戸があれば、台風から窓ガラスを守ることができます。
ただ、暴風ですから、雨戸自体が飛んでしまうこともあります。
窓ガラスを雨戸で守ろうと考えているなら、台風が来る前にチェックを確実に行いましょう。
新しい住宅なら雨戸が壊れていることはありませんが、昔ながらの木製の雨戸であれば、簡単に外れてしまうでしょう。
サッシの雨戸にできるなら、ぜひリフォームを考えてください。
そこまでお金をかけたくないなら、自分で修理するのもいいでしょう。
台風被害に遭っている地域は限定されていますから、誰もが雨戸をしっかりとしなければならないわけではありません。
しかし、今後の台風がどのようになるかは誰にも予想できません。
台風が来る時になって、雨戸の修理をすることはできませんから、事前の対策が必要なのです。
備えあれば憂いなしです。
マンションなどの高層階では雨戸はありません。
その分だけガラスの強度は増しています。
ただ、強烈な台風が来るとかなり心配でしょう。
家の中からできる対策を考えておいてください。
テープを貼るとか、カーテンを閉めておくこともある程度有効でしょう。
台風の強さによって、必要な対策のレベルは変わります。
ただ、台風が来てみなければそのレベルはわかりませんから、可能な対策をしておくことをおすすめします。
台風が来る直前にできることと、ずっと前からやっておかなければならないことがあります。
それが何なのかをしっかりと理解しておきましょう。

台風と怪我

台風でけがをするのは窓ガラスが割れて、破片に当たった時でしょうか。
ただ、新聞やニュースで報道される怪我は、台風対策を使用として風にあおられてけがをするケースが多いのです。
つまり、台風が来ることはわかっているのに早目の準備をしていなかったことによる怪我なのです。
台風が予想以上の強くて、外に置いている物が飛ばされそうになることがあるかもしれません。
しかし、その時はあきらめることが重要です。
暴風雨の中に出ていくことは自殺行為でしょう。
それが嫌ならもっと真剣に台風対策をしておけばいいのです。
もちろん、対策をしていてもそれ以上の暴風で窓が割れるなどの被害に遭うこともあります。
何事も完全と言うことはないからです。
台風対策の基本は、家の外に飛ばされそうな物を置かないことです。
片づけは余裕を持ってやりましょう。
台風情報を見れば、何時ごろに台風が来るかわかります。
いきなり台風が来るわけではないのです。
台風が来てから、外の物を片づけないですむようにしてください。
日頃から防災意識を高めておくことは重要です。
台風時にあわてなくて済むからです。
家族で時々避難訓練のシミュレーションをしておくのはどうでしょうか。
子どもが小さいならば、親がしっかりしていなければなりません。
そのためには事前の訓練が有効なのです。
体が経験していることは、頭で考えなくても自然とできるものです。
スポーツなどの練習と同じです。
避難訓練でやる気を出さない人が多いのですが、それが自分を助けてくれることを忘れないでください。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ