秋 おすすめの旅行

この記事は14分で読めます

秋は旅行の季節

スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋など、秋はさまざまなものに適している季節です。
さらに、秋は旅行がしやすい季節でもあります。

スポンサードリンク

夏ほど暑さが厳しくなく、冬のように雪が降るわけでもないので、リラックスして旅行を楽しむことができます。
そんな過ごしやすい季節ですから、どこか遠くまでドライブに出かけるのもおすすめです。
秋なら雪道にハンドルをとられる心配もなく、安全に運転することができます。

また、秋といえばやはり紅葉。
すっかり赤くなった美しい山々の中をドライブするのは、非常に気持ちがいいものです。
紅葉は四季がある日本独自のものですし、風流を感じさせるもののひとつです。
車から降りて、ゆっくりと紅葉の下を歩いてみるのもいいですね。

秋の旅行は、温泉に行くのもおすすめです。
温泉というと雪の中で浸かる冬のイメージが強いかもしれませんが、実は秋もぴったりな季節です。
たくさんの自然に囲まれた静かな場所で、ゆっくりとお湯に浸かれば、身も心もすっかりリフレッシュされること間違いなしです。
温泉から上がったら、浴衣姿で夕涼みというのも素敵ですね。

暑さが残る初秋なら、避暑地でゆっくりするのもいい選択です。
普段の喧噪から離れ、静かな緑の下で過ごしていると、心も非常に落ち着きます。
夏で疲れきった身体を休めるのにも最適です。

人気があるスポットは、早めに予約しておくことが大切です。
しっかりと事前に準備をしておき、心安まる旅行を楽しみましょう。

秋の旅行は札幌がおすすめ

秋といえば食欲の秋。
思う存分秋の味覚を味わうために、北海道に旅行をするのはどうでしょう。
北海道なら、どこよりも早く紅葉を楽しむことができます。

北海道で訪れたい場所といえば、道内最大の都市でもある札幌です。
さまざまなイベントも開催されており、北海道らしさを感じることができます。

首都圏と比べるともちろん気温は低めですので、何か羽織れるものを持っていくことをおすすめします。
9月の天気がいい昼間なら20度くらいはありますが、日が暮れると一気に気温が下がります。
10月になると10度くらいまで気温が下がるので、それなりに厚着をする必要があります。

秋の札幌旅行でぜひ訪れたいのは、「オータムフェスト」です。
北海道内や本州からもたくさんの人が訪れるイベントです。

ラーメンや丼、ウニ、カニなどの魚介類まで、北海道のグルメをたっぷりと堪能できます。
さまざまな食材が集まるので、各地を訪れるよりもこちらがおすすめです。

紅葉を楽しみたいなら、定番は「定山渓(じょうざんけい)」です。
美しい紅葉を見られるのはもちろん、温泉が湧いているのも大きな魅力です。
日帰りで温泉を楽しむこともできますし、足湯なら無料で利用できるところもあります。
紅葉狩りで冷えてしまった身体を温めるのには、うってつけです。

また、紅葉狩りに行く際には、温かい飲み物や防寒具を持っていくことをおすすめします。
昼間は暖かくても、日が暮れるとめっきり冷え込むので、油断は禁物です。

秋の沖縄で海を楽しむ

10月に入ってしまうと、すっかり秋めいてきて、夏を懐かしんでしまう人も多いかもしれません。
けれども、沖縄ならまだまだ暑い時期なので、存分に楽しむことができます。

台風のシーズンが終わると灼熱の暑さも和らぎ、沖縄はだいぶ過ごしやすくなります。
気候も安定するため、旅行にもおすすめのシーズンです。

ピークとなる夏休みに、沖縄へ旅行できなかったという人も、9月10月の連休を利用すれば、十分に沖縄旅行を楽しむことができます。

10月初頭となると、本州ではすっかり暑さも収まり秋となりますが、沖縄はまだまだ夏の気候です。
そのため、9月末から10月の第1週くらいまでは、まだ海で遊ぶこともできます。

沖縄本島よりもさらに南に位置する宮古や八重山地方なら、さらに後になっても、まだまだ間に合います。
本州では、もう時期的に使えなくなったシュノーケルセットなども、十分に活躍の機会がありますよ。

ただし、この時期に沖縄で遊ぼうと考えている人は結構多く、特に慶良間(けらま)諸島などは人気が高いです。
さらに渡嘉敷(とかしき)島、座間味(ざまみ)島、阿嘉(あか)島なども本島からのアクセスがよく、観光客が多いエリアです。
これらの島々はとても美しい海を楽しめるということもあり、年々観光客が増加傾向にあります。

また、高速船は数に限りがあるので、この時期に旅行を考えている人は早めに予約することをおすすめします。
特に連休の時期は宿を利用する人も多いので、事前に手配しておく必要があります。

カップルにおすすめな秋の旅行

食べ物、観光、紅葉と、四季の中でも秋は旅行をするのにぴったりの季節です。
9月だと連休もあるため、それを利用して旅行に行くのもおすすめです。

夏は忙しくてなかなか旅行に行けなかったという人も、秋になるとだいぶ落ち着いて、そろそろカップルで旅行でもと考えている人がいるかもしれません。

カップルで秋に旅行に行く場合は、やはり温泉が一番のおすすめです。
露天風呂なら、紅葉を楽しみながらお湯に浸かることができますし、だんだん肌寒くなってきた気温の中、温かい温泉に入ると、とても幸せな気分になります。
温泉宿なら、そのまま秋の味覚も楽しむことができますよ。

温泉宿というと、どうしても料金が高いイメージがありますが、最近では1泊で1万円以下というところも少なくありません。
これならあまり予算がない場合も、十分に検討できる余地がありますね。
夏に遊びすぎて、お金を使いすぎてしまったという人にもおすすめです。

また、温泉によっては貸切できるお風呂があったり、客室に露天風呂があったりと、カップルにぴったりな宿も多くあります。

もっとアクティブに遊びたいという人には、テーマパークがおすすめです。
東京ディズニーリゾートや、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでたっぷりと遊んだ後、そのままホテルで一泊というのもカップにおすすめの旅行プランです。
旅行パックの中には、お得なチケットがついているものもあるので、見逃さないで利用したいですね。

秋の京都で紅葉を楽しむ

秋の旅行の観光スポットとして人気が高いのは、やはり紅葉です。
真っ赤に色づいた山々は、見ているだけで心を動かされます。

日本各地にはさまざまな紅葉スポットがありますが、中でもたくさんの名所があるのが京都です。
秋の旅行先として京都が人気なのは、紅葉が美しいのが理由でもあります。

京都の紅葉で特に絶景と言われているのが、「東福寺(とうふくじ)」です。
通天橋という橋が渓谷にかかっており、ここからの見晴らしは格別です。
さらに境内の紅葉は神秘的なまでの美しさがあり、ぜひ一度は見ておきたいおすすめの場所です。

ただし、見頃のシーズンともなるとかなりの観光客がやってくるため、早朝や夕方遅くなどのあまり人がやって来ない時間帯に訪れることをおすすめします。
人がたくさんいると、落ち着いて紅葉を楽しめない可能性があります。

年間を通して人気が高い観光エリアといえば、「嵐山」です。
紅葉に限らず、毎年たくさんの人が訪れる場所です。
特に渡月橋や天龍寺などの中心部は、人気のスポットです。

そこから嵯峨野エリアまで足を伸ばすと、だいぶ人の数も落ち着いてきます。
おすすめのスポットは、「祇王寺(ぎおうじ)」です。
平家物語に縁がある寺としても有名で、苔の緑と紅葉の赤のコントラストは、とても見応えがあります。

また、嵐山は夜になると、観光客もだんだんと少なくなっていきます。
そのため、夜の嵐山公園を散歩してみるのも、おすすめの観光プランのひとつです。
紅葉シーズンは人出が多いため、電車での移動がおすすめです。

旅行の際の荷物を減らす

泊まりがけの旅行に行く場合、あれもこれもと持っていこうとすると、どんどん荷物が大きくなってしまいます。
特に女性の場合、化粧品などを持っていこうとすると、かなり荷物がかさばってしまいます。
できれば荷物の数は最小限に抑え、身軽に旅行を楽しみたいものですね。

化粧品やシャンプーなどは、容器のまま持っていこうとすると、なかなかの量になってしまいます。
1泊2泊の旅行ならそれほど量を使うわけでもないので、コンビニなどで売っている1泊分のものを持っていくのがおすすめです。
また、よく店においてある試供品なども、旅行の際に役立ちます。

これらの使い切りの化粧品は、コンビニならだいたいどこにでも置いてあるため、国内での旅行なら簡単に手に入れることができます。
そのまま使い切ってしまえば、帰りの荷物も減りますね。

また、秋や冬の旅行なら、思いきって替えの服を持っていかないというのも選択のひとつです。
夏なら汗をかくので同じ服を着ることに抵抗があるかもしれませんが、秋や冬なら、2泊くらいでもそこまで気にならないでしょう。
着替えはかなりかさばるものなので、このせいで荷物が大きくなってしまう人も多いのではないでしょうか。
汗ばむ季節でない時期の旅行なら、持っていくのは替えの下着くらいで十分です。

気温が低くなるようなら、あらかじめ重ね着をしておき、脱ぐことで調整できるようにしておくといいですね。
また、旅行先で観光のためによく歩く予定なら、汚れてもいい、歩きやすい靴を履いていくのがおすすめです。

秋に訪れたい海外都市

秋の旅行には、思いきって海外へ行ってみようと考えている人もいるかもしれません。
最近では海外旅行も非常に身近なものとなり、毎年のように海外へ行っている人も少なくありません。
秋に訪れたい海外の都市というと、どこが人気なのでしょう。

最も多くの人が訪れたいと考えている海外の都市は、フランスのパリです。

「ルーブル美術館」をはじめとしたさまざまな美術館や博物館があるパリは、芸術の秋にはぴったりの都市です。
また、「凱旋門」や「エッフェル塔」といった世界的に有名な観光スポットを訪れたいと考えている人も多いようです。
パリに行けば、たくさんの場所で芸術を肌で感じられそうですね。

続いて人気があるのが、イタリアのフィレンツェです。
フィレンツェは「花の都」とも呼ばれ、街並み自体がもはや芸術的です。

イタリアは秋の旅行先としてかなりの人気があり、フィレンツェ以外にも、ヴェネチア、ミラノ、ローマなど、たくさんの都市が秋に訪れたい場所として名前が挙げられています。

水の都ヴェネチア、永遠の都ローマなど、各都市で違った魅力を味わうことができるのも、イタリアの大きな魅力です。
イタリア料理は日本でも人気が高いため、食の面でも十分に楽しむことができるというのもおすすめのポイントです。
本場のピザやパスタを一度は味わってみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

フランスやイタリアなどは、観光地として世界的にも有名です。
そのため、ぜひ一度は訪れて欲しいおすすめのスポットです。

秋の京都旅行におすすめの服装

紅葉の見所がたくさんある京都は、秋の旅行先として、とても人気があります。
毎年たくさんの観光客が訪れるため、有名スポットはかなりの人でごった返します。

旅行に行く際の悩みのひとつとして、服装の問題があります。
たとえば、秋に京都へ旅行に行くなら、どんな服装がいいのでしょう。

京都旅行は、たくさんの寺院などをめぐることが多いため、距離を歩くことが多くなりがちです。
そのため、スニーカーなどの歩きやすい靴が良いでしょう。
紅葉を見るとなれば山道を歩かなければなりませんし、お寺などは、砂利が敷き詰められているので、履き慣れていない靴では足を痛めてしまう恐れがあります。

また、お寺の中に入ることもあるので、靴は脱ぎ履きがしやすいものがおすすめです。
さらにお寺の中は日が当たらず、板間はとても冷たくなっていることが多いものです。
そのため、厚手の靴下などがあると尚良いでしょう。

日が当たっているときはそうでもありませんが、日が暮れてくると、かなりの冷え込みが予想されます。
そのため、ダウンの入った上着を持っていくことをおすすめします。
最近は丸めてコンパクトにすることができるライトダウンなどもあり、そういうものを選べば持ち運びにも便利です。

さらに、寒さに備えてカイロなども持っていくと安心ですね。
思ったよりも寒かったときなどに非常に助かります。
もしそれほど冷え込まず、使わなかったとしても、そこまで荷物になることはないでしょう。

せっかく観光をするのですから、寒くて体調を崩してしまったなどということは避けたいものですね。

秋のフランス旅行で注意すべきこと

初めての海外旅行では、なかなか分からないことも多いものです。
どのようなものを持っていけばいいのか、どのような服装がいいのかなどなど、考えるべきことはたくさんあります。

おすすめの海外旅行先として、多くの人から名前が挙がるのがフランスです。
凱旋門やエッフェル塔など見所も多いですし、ファッションに興味がある人なら、ぜひ訪れたいと思うでしょう。
また、本場のフランス料理を堪能したいという人も多いはずです。

実はフランスには、日本と同様に四季があります。
だいたいの目安として、パリは東京より5度ほど気温が低いとされています。
そのため、日本での服装よりも多少厚着になるような衣類を持っていくといいでしょう。

たとえば、日照時間が短い秋は、かなり冷え込みます。
そのため、セーターやダウンなどの上着があった方が安心です。
また、フランスの秋は雨が多いため、その対策も必要となります。
バッグの中に折りたたみ傘などをしのばせておけば安心です。
最近は邪魔にならない軽量コンパクトな折りたたみ傘が販売されているので、そうしたものを選ぶといいでしょう。

また、10月くらいでも、日差しがある昼間はそれなりの暑さになります。
日差しが強いときは十分に日焼けすることも考えられますので、肌を焼きたくない人は日焼け止めを塗っておくといいですね。
気温に応じて、服装を合わせられるように厚着をしておくことをおすすめします。

せっかくの海外旅行ですから、気候に合わせて服装を調整して、体調を崩さないようにしたいものですね。
フランスへ行く場合は、日本にいるときよりも、寒さ対策に力を入れておきましょう。

秋には夫婦で旅行でも

子育てからも解放され、時間に余裕ができるようになったら、夫婦でゆっくり旅行に出かけるのもいいですね。
暑さも収まった過ごしやすい秋などは、旅行におすすめの季節です。

長い間一緒に生活していると、もはや当たり前のような存在になってしまいますが、ちょっと贅沢な旅行をして、夫婦の絆を深めるのも良いものです。

夫婦で仲良くいる上で大切な要素に、食べ物の好みがあります。
同じものを食べて、同じように美味しく感じられれば、それだけで素敵なことです。
食欲の秋の旅行なら、二人で美味しいものを食べることを目的とした旅もいいですね。

海産物が好きな夫婦なら、青森や北海道など北の方への旅行がおすすめです。
海をはさんで向き合っている青森と函館ですが、食文化は結構な違いがあります。
そのため、両方の地域の美味しいものを食べ比べてみるという旅もいいですね。
どちらも採れたての海産物を食べられますし、市場に出向いて新鮮な食材に舌鼓を打つのもいいでしょう。

お酒好きな夫婦なら、山梨へワインを味わいに行くのもいいのではないでしょうか。
国内のワイン造りの中心ともいえる山梨では、80を超えるワイナリーがあります。
また、収穫や貯蔵などを体験することができるワインツーリズムなども催されており、たっぷりとワインを楽しむことができます。

ワイナリーの周囲には温泉もありますので、ゆったりとお湯に浸かった後にリラックスしてワインを飲めたら、これ以上の幸せはないですね。

毎日の忙しい生活から抜け出して、たまには贅沢な時間を夫婦で過ごしてみてはいかがでしょうか。

世界のおすすめ紅葉スポット

秋の紅葉というと日本だけのものというイメージがありますが、世界中には紅葉が美しいところがたくさんあります。
カップルや夫婦で、海外の紅葉を楽しむための旅行をするのもおすすめですよ。

秋に出かけたい人気の海外スポットのひとつに、カナダの「メープル街道」があります。
メープル、つまり日本語でいうところの楓が、秋には真っ赤に色づきます。
メープル街道というのはカナダの観光スポットの総称のことで、全長800kmにも及ぶ広大な紅葉の名所です。
メープル街道の紅葉の見頃は、9月末から10月の中頃です。

スコットランドにある「ローモンド湖トロサックス国立公園」も、紅葉がとても綺麗なスポットです。
湖の周りにたくさんの紅葉があり、そこで登山やキャンプ、ゴルフなどのスポーツを楽しむこともできます。

また、ローモンド湖の中には遺跡を探検できる島もあり、ちょっとした冒険気分を味わうこともできます。
恋人同士で旅行に行くのにも、おすすめの場所です。

ドイツにある「ノイシュヴァンシュタイン城」も、絶景を見ることができるおすすめスポットです。
真っ赤な紅葉の中に、まるでおとぎ話にでてくるようなお城があり、国内では見られないような圧巻の風景を楽しめます。
ノイシュヴァンシュタイン城に至るまでも、中世の街並みが並んでいるので、それらを見るのも楽しみのひとつです。

日本以外にも秋の紅葉が素晴らしいところはたくさんありますので、海外旅行に行く機会があれば、ぜひ一度目にしておくことをおすすめします。

都内の秋のデートスポット

食欲の秋、芸術の秋などと言われる秋は、四季の中でも過ごしやすく、旅行などもしやすい季節です。
さまざまなイベントなども多いので、カップルで旅行やデートなどに出かけるのもいいですね。

秋の東京都内のデートスポットとして、おすすめなのが「高尾山」です。
高尾山では、11月の中旬から下旬にかけて紅葉が見頃になります。
紅葉の定番であるモミジだけでなく、ナナカマドやウルシなど、さまざまな木々の紅葉を楽しむことができます。

11月中はもみじ祭りがあるため、とても混雑する時期でもあります。
渋滞に巻き込まれないためにも、公共交通機関を利用することをおすすめします。

都内にはたくさんの美術館があるため、芸術の秋を満喫するのにもぴったりです。
中でもカップルにおすすめの美術館は、六本木ヒルズの近くある「国立新美術館」や恵比寿ガーデンプレイスの近くにある「東京都写真美術館」です。
美術館で芸術鑑賞した後には、近くのレストランで食事を楽しむのも、おすすめのデートコースです。

また、青梅市にある「スモールフルーツランドベリーコテージ」では、キウイ狩りができます。
都内でも秋の味覚狩りができるというのは、嬉しい驚きですね。

他にも世田谷区の木村ぶどう園ではぶどう狩りを楽しむことができますし、東村山市の水田園では梨狩りができます。
わざわざ遠くまで出かけなくても秋の味覚狩りを楽しむことができるので、ちょっとしたデートでも気軽に出かけられます。

秋のおすすめドライブデートスポット

紅葉や食べ物が美味しい秋は、カップルにとって絶好のデートシーズンでもあります。
二人で旅行に行ったり、いろいろなイベントに参加したりして、お互いの愛を深めてみませんか。
きっといい思い出になること間違いなしです。

旅行へ行くほどの休みがとれない場合は、ドライブデートなどもいいですね。
関東のドライブデートでおすすめなのが、山梨県の河口湖です。
真っ赤に色づいた紅葉と富士山を一緒に見ることができるのは、とても贅沢な眺めです。

アクティブなカップルなら、河口湖で釣りをするのもいいですね。
遊覧船やボートで、落ち着いて景色を楽しむデートもいいものです。
近くには日帰りで利用できる温泉もあるので、そちらにも行っておきたいですね。

茨城県にある「国営ひたち海浜公園」も、おすすめのドライブスポットです。
36,000本ものコキアが、秋には真っ赤に染まります。
「みはらしの丘」からは、赤く染まったたくさんの木々の絶景を楽しむことができますよ。

東京都内なら、「国営昭和記念公園」がおすすめです。
広大な敷地の中にはたくさんの自然があり、日頃の喧噪を忘れてゆったりとリラックスできます。
秋にはコスモスが見頃になるので、お弁当を持ってピクニックに行くのもいいですね。
コスモスの見頃は9月から11月くらいなので、早めに訪れることをおすすめします。

関東周辺には、他にもカップルで楽しめるドライブスポットがたくさんあります。
普段とは違った景色を目にして、心からリフレッシュしたいですね。

秋の旅行には京都や金沢がおすすめ

秋の気配を感じ始めたら、ゆっくりと古都や城下町をめぐる旅行をしてみてはどうでしょう。
古き良き日本をしみじみと感じ、心も身体もひと休みしてみましょう。

日本の代表的な古都といえば、やはり京都です。
歴史の上でも長いこと日本の中心でした。
京都には、古寺、庭園、神社など、日本の歴史を感じさせるおすすめのスポットがたくさんあります。
そのため、海外からも多くの観光客が訪れます。

京都の秋のイベントには、梨木神社で行われる「萩まつり」や、大寛寺で行われる「観月の夕べ」、京都3大祭りのひとつでもある「時代祭」などがあります。

また、京都を訪れたらぜひ食べたいのが「総本家ゆどうふ奥丹」の湯豆腐です。
日本最古の歴史があり、昔ながらの製法によって作られたお豆腐は絶品。
美味しさを引き立てる秘伝のたれにも注目です。

城下町で有名なところといえば、石川県の金沢です。
日本三大名園である「兼六園」や、風情豊かな茶屋街など、見所がたくさんあります。

金沢に旅行に行った際にぜひ食べておきたいのが、「丼屋ひら井」の海鮮丼です。
金沢では甘エビが有名で、このお店では甘エビを使った美味しい海鮮丼をいただけます。
夜は割烹となり、華やかに盛りつけられた魚介を味わうことができるので、ぜひ訪れてみてください。

京都や金沢はどちらもおすすめの旅行スポットであり、さまざまなツアーが用意されています。
ゆっくりと日本の歴史を感じながら、日頃の疲れを癒やしてみてはいかがでしょうか。

城下町への旅行で日本の美を感じる

高層ビルが建ち並び、どんどん便利になっていく現代の日本。
生活するには非常に都合がいいことですが、たまには古き良き日本を感じながら、息抜きしてみるのはどうでしょう。

過ごしやすい秋空の中、歴史を感じさせる城下町へ旅行に行くのがおすすめです。
江戸時代に商都として発展した倉敷では、今でも昔ながらの民家を見ることができます。
白壁の古い建物は見応えがあり、どこか郷愁感を呼び起こします。

また、倉敷では、岩の上で琴が弾かれる「弾琴祭」や、約700年の歴史がある「乙島まつり」など、さまざまなお祭りが秋に行われます。

倉敷を訪れたなら、ぜひ味わいたいのが「ぶっかけうどん」です。
今ではすっかり倉敷名物となったぶっかけうどんは、コシがあるうどんに甘辛いタレをかけていただきます。
ぶっかけうどんで有名なのは、「ふるいち」というお店です。
倉敷市内に8店舗あるので、ぜひ足を運んでみてはどうでしょう。

松江城を中心として栄えた松江も、おすすめの城下町です。
松江には「宍道湖」があり、さらに中海、大橋川とあり、お城の周りには堀川が巡らされています。
その堀川に遊覧船が運航する「松江水燈路」には行灯が400個も並び、美しさに目を奪われます。
また、さまざまな産地の食べ物を使った名物屋台も魅力のひとつです。

ゆったりとした時間を感じられる城下町は、日本人ならぜひ一度は訪れたいおすすめのスポットです。
のんびりと散策しながら、日本の美を存分に味わう旅行ができれば素敵ですね。

ゆったりとしたひとり旅がおすすめ

9月には祝日があり、ゴールデンウイークに対してシルバーウイークと呼ばれてお出かけの予定を立てる人も多い時期です。
せっかくのお休みですから、普段はしないような秋のひとり旅をしてみませんか。
いつもとは違うひとり旅を体験してみると、新たな発見があるかもしれません。

ひとりで旅行するのにおすすめの場所に、広島の尾道があります。
映画の撮影でもよく使われる場所なので、見たことがある人も多いでしょう。

ロープウェイを利用し、山の頂上から見下ろす尾道の街並みは、きっと心に残るはずです。
秋に訪れるなら、紅葉も美しく色づいています。

下りの道はのんびりと歩きつつ、小さなお店をのぞいたり、可愛いネコと戯れたりするのもいいですね。
カメラを片手に、気になった風景やものなどを写真におさめるのも楽しいでしょう。

もっとのんびりとした旅行を楽しみたいという人は、岩手県の花巻や遠野などがおすすめです。
花巻は、かの有名な宮沢賢治の生まれ故郷でもあります。
みなさんも一度は読んだことがあるであろう童話「注文の多い料理店」をモチーフとしたカフェがあるので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

さらに遠野まで足を伸ばせば、語り部がつむぐ民話を聴くこともできます。
東北なまりの優しい言葉に耳を傾ければ、きっと気持ちが安らぐことでしょう。

遠野は、自然の中にも見所が多いところです。
文字通り、いかにもカッパがいそうな「カッパ淵」などは、一見の価値ありです。

ツアーやパックで旅行に行くのもいいですが、たまにはゆっくりと気ままな旅をしてみるのもおすすめです。

いつもとは違う非日常を感じるひとり旅

秋の連休を利用して、ひとりで旅行をしてみるのはどうでしょう。

友達や恋人と旅行に行くのもいいですが、たまにはひとり旅をすることで、いつもと違った発見があるかもしれません。
誰に気兼ねすることなく、好きなところへ行くことができるので、あてもなく旅をしてみたいという人におすすめです。

せっかく旅行するからには、いつもとは違う非日常を体感したいものですね。
それなら九州の長崎はどうでしょう。

長崎の街並みは異国情緒が溢れ、普段とは違う新鮮な気持ちになれるはずです。
外国人居留地である山手エリアは、明治時代の影響が大きい建物や石畳の坂道など、当時のことを見て取れるものが多くあります。
歴史が好きな人には、特におすすめのスポットですね。

昔の風情を感じたいなら、岐阜県の飛騨高山もおすすめです。
小京都とも呼ばれる風情ある家並みは、眺めているだけで心が落ち着きます。
古民家を利用したカフェや雑貨屋さんが多いため、気になったところにふらっと入ってみるのも、ひとり旅ならではの楽しみです。
都会の建物とは違う木造の家屋は、日本らしさを十分に感じさせてくれるはずです。

また、有名な観光スポットである白川郷の合掌造りの集落も見ておきたいですね。
合掌造りの背景に広がる紅葉は、秋ならではの楽しみです。
まるで絵はがきのような美しい光景が、身も心もリフレッシュさせてくれます。

すべてを自分で決めることができるひとり旅。
一度体験してみると、また行ってみたくなること間違いなしです。

温泉旅行で英気を養う

秋の旅行というと、グルメや芸術鑑賞など、さまざまなところが思い浮かびます。
せっかく紅葉が綺麗な時期ですから、温泉でリフレッシュというのはどうでしょう。

温泉で有名なところは国内にもたくさんありますが、せっかくなら静かでゆっくりと休めるようなところがいいですよね。
そういう人は、群馬県にある「四万温泉」がおすすめです。

たっぷりの自然に囲まれた温泉街で、素朴な雰囲気がのんびりするにはぴったりです。
昔ながらの出店などが立ち並ぶ温泉街は、歩いているだけでノスタルジックな気分に浸ることができます。
射的などを楽しんでいると、昭和時代に戻ってきたような気持ちになることでしょう。

四万温泉の泉質は、ナトリウムとカルシウムがふんだんに入っている硫酸塩泉です。
老廃物を取り除いてくれる効果があるので、お肌もツルツルになりますよ。

地中海のリゾート地のような雰囲気がある香川県の「小豆島」も、おすすめの旅行スポットです。
ドラマや映画のロケ地にも使われ、最近ぐんぐん人気が出てきています。

小豆島でぜひ訪れたいのは、ロープウェイで行く「寒霞渓(かんかけい)」です。
展望台から見える景色は格別で、特に秋の紅葉の時期は絶景というにふさわしい眺めを見ることができます。
また、露天風呂からは瀬戸内海を眺めることができ、日常の疲れも一気に吹き飛ぶこと間違いなしです。

なかなか普段忙しくて羽を伸ばす機会がない人は、この際ゆったりと温泉に浸かり、しっかりと英気を養うのもいいですね。

旅行にあると便利なもの

秋の旅行の定番というと、温泉旅行を思い浮かべる人が多いかもしれません。
紅葉を眺めながら、ゆったりとお湯に浸かるのは最高の贅沢ともいえます。

そこまで頻繁に温泉に行く機会もないという人は、何を持って行けばいいのか迷ってしまうことがあるかもしれませんね。
そこで、温泉旅行で持って行くのにおすすめなものをご紹介します。

あるとないとで大きな違いがあるのが、ティッシュ類です。
いざというとき、持っていないという人も多いのではないでしょうか。

コンビニでもん買うことができますが、家に使っていないポケットティッシュがたくさんある人も多いはずです。
荷物にならない程度に、何個か持っていくことをおすすめします。

また、健康保険証のコピーも持っておいた方がいいものです。
一泊二日くらいの旅行でそんなおおげさな、と思われるかもしれませんが、事故や怪我、病気などはいつ起こるかわかりません。
万が一旅先で何かあった場合に、保険証がないと途方に暮れてしまいます。
持って行くのはコピーで十分です。
荷物になるものでもないので、持っておくに越したことはありません。

携帯用の充電器も、あった方が安心です。
従来の携帯電話に比べ、スマートフォンは電池がすぐに少なくなってしまいます。
デジカメで写真をいっぱい撮るという人もいるでしょう。
使いたいときに使えなければ、持っていっても意味がありません。
どれにでも使えるようなモバイルバッテリーなどもあると便利です。

秋の紅葉を眺めながらの温泉は、絶好のリフレッシュのチャンスです。
せっかくの楽しい旅で不便を感じないように、持ち物もしっかりと確認しておきましょう。

秋のおすすめスポット信州

食欲の秋とも呼ばれ、さまざまな美味しいものを味わうことができる季節でもある秋。
今年の秋は、休日を利用して美味しいものを食べに旅行へ行ってはどうでしょう。

秋の味覚の代表でもあるキノコ。
そのキノコ料理をたっぷりと味わうことができるのが、信州です。

信州は山々に囲まれていることもあり、さまざまなキノコ料理を食べられます。
松茸、マイタケ、クリタケ、ナラタケなど、信州では何十種類ものキノコを味わうことができます。

宿の中にはキノコ料理のプランがあり、土瓶蒸しや天ぷら、キノコご飯と、さまざまな調理方法で存分にキノコを楽しめます。

さらに信州のおすすめといえば、ワインです。
信州のワインは、ここ数年で人気がぐんぐん上がってきています。
長野県内には、塩尻や松本、安曇野を中心として30ものワイナリーがあり、長野県産のぶどうで作られたワインを味わうことができます。

また、見学ツアーなども行われているので、味だけでなく、ワインに関するさまざまな知識を身につけることもできます。
お酒好きな人へお土産に持っていけば、喜ばれること間違いないでしょう。

最近では季節を問わず、ほとんどの食材が一年中食べられるようになっています。
しかし、食べ物はやはり旬に食べるのが一番美味しいものです。

美味しさがたっぷりと詰まった旬の食べ物を存分に味わうことができる信州は、秋の旅行先として、非常におすすめです。
長野には紅葉の名所もあるので、観光も十分に楽しめますよ。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2016 09.01

    秋のイベント

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ