秋の夜長、クラシックを聴くための基礎知識

この記事は15分で読めます

クラシック音楽と楽器

クラシック音楽は、昨今にいたって日本でも情操教育のためもとくに加わってきて、小学校の生徒も含めて近所の音楽スクールへの通学が非常な勢いで増え続けています。
すなわちこれからの日本では、むしろ必要という見方が大きくなってきているのです。
ヨーロぱでは、すでにオランダのチューリップにモーツアルとを聞かせて見事な色彩と成長が実証されていますし、北海道の牧場のウシでも同様に乳がよく出るようになったことは有名でしょう。
そして人間においては、胎教こそにおいてもすで行なわれていることです。
いずれもクラシック音楽がもっている音そのものの振動数そして波長さらには波長が影響していることが証明されています。 
クラシック音楽の曲想などは、まさにそれぞれの多種多彩ともいわれる色んな楽器によって大きく異なるものです。
人の感じ方もいうまでもなく、直接訴えてくることへの感動も変わってくるでしょう。
”音楽に国境は無い”とか、”音楽こそは世界共通の言葉である”という格言的な言葉は、世界的なもののようです。
いっぽう、同じメロディーにしても、楽器が異なるとまったく違った曲想を実感するものでしょう。
作曲者が大オーケストラ用につくったものを、ピアノとかオルガンに編曲して例、あるいはその反対の例もじつにたくさんあるのです。
楽器においては、あとで具体的に述べていきますが、たとえばピアノあるいはオルガン用に作られた曲をオーケストラによって演奏されるということも多々あることであって、それらの妙味に聴衆は大いに感動してしまうものです。
あなたは、どのような聴き方を好まれるでしょうか?
またどのような楽器がとくにお好きでしょうか?

スポンサードリンク

クラシック音楽と楽器の分類

クラシック音楽に使用される楽器は、先ずは大きく分類することができます。
人の口による呼吸を活用するもの、そして両手や顔そして脚等を使用するもっともオーソドックで原則的な方法は、一般的には次ぎのとおりです。
パイプオルガンは、使用される送風装置が電気的な構造物となっていますの、巨大なコンサートホールという建築物の設備にも相当する非常に特殊なもので、日本でも大都会などで増えてきております。
ただし時代とか国によって異なる方法によることもあります。

1.弦楽器:
ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバス
2.管楽器:
A.木管楽器:
ピッコロ・フルート・コールアングレー(イングリッシュホルン)・クラリネット・ファゴット・サキソフォーン・リュート
B.金管楽器:
トランペット・トロンボーン・ホルン・バスチューバ
3.打楽器:
ティンパニー・小太鼓・大太鼓・シンバルなど
4.特殊楽器:
ピアノ・オルガン・チェンバロ・チェレスタ・トライアングル・ハープ
なおフルートは日本でもピアノと同様にスクールなどが増えてきていますが、元来は木製でしたが歴史的に見て現在の金属に変わって きているのです。

一般的にいって、オーケストラを眺めたときに、もっとも多くの人数を占めるのが弦楽器であって、ほぼ中央辺りに木管楽器そしてその後部辺りに金管楽器が並んでいることが多いようです。
打楽器は最後部なのが大半になています。
ピアノはコンダクターのすぐ左に位置されますが、分類上では鍵盤楽器と称されることもあります。。
なおこれらの配置については、コンダクターの意思によって異なるものですが、第1ヴァイオリンのみは、コンダクターの真左に決まっています。

クラシック音楽と木管楽器

管楽器といえばブラスバンドなどで大きい活躍をするトランペットを連想するでしょうが、ここでは音程の高さから、先ずは木管楽器のピッコロについて知っておいてください。
以下主な有名な曲などでご紹介していきます。
オーケスラの中で最もサイズが小さいものです(ちなみにこの名称はイタリア語の小さい=ピッコーラが語源になています)。
演奏スタイルはフルートと同様に口に水平に当てて奏するもので、ワルツ王のヨハン・シュトラウスなどがユニークに適用しています。
フルートこそは、日本の小学生でも盛んに親しむようになってきていますが、クラシック音楽においては、ヴィヴァるディのチェンバロとのソナタ「忠実な羊飼い」そしてバッハの多くのフルートソナタがバロックの代表になっています。
そしてあのモーツアルとの「フルートコンチェルト」および「フルート四重奏曲」などが広く親しまれています。
コールアングレー(イングリッシュホルン)は、オーボエに似通った音色であって、もっとも有名なのがハンガリーの大作曲家ドボルザークによる「新世界シンフォニー」の第2楽章のラルゴ(家路=ゴーイン・マイ・ウエイ)のメロディで、中学校などでは校内放送によく使用されています(”今ぞ辿る?わが家路?・・・”)。
バスーンは別名がフアゴッとであって、木管楽器の最低の音域を奏しており、ここでもやはりモーツアルトの「ファゴットコンチェルトが有名でユニークなメロディーに富んでいます。
そしてクラリネットも日本の中学校のブラバンでも活躍していおり、またまたモーツアルのコンチェルトが有名でしょう。
リュートは小学生が帰宅中にもよく奏しながら歩いていますが、縦笛とも称されとりわけイタリアのレスピーギがソナタでユニークに採用しています。

クラシック音楽と金管楽器

クラシック音楽での管楽器=金管は、オーケストラの後部に位置していることが大半で、文字通りに輝くような華やかさを発揮するブラスの先端こそがトランペットでしょう。
ピストンの動きを調整しつつ音程を変えるもので、長さを前後させつつ音程を変えるトロンボーンと同様にまたまたまたモーツアルトのコンチェルトが広く親しまれています。
さきほどの「新世界シンフォニー」の終楽章の冒頭が日本ではもっとも広く知られている好例でしょう。
勇ましささえ、聴く人に与えてくれるまさに輝く楽器の代表です。
先ほどのラルゴ「家路」そしてこの冒頭によってこのシンフォニーが好きになった人が大半なのです。
そしえホルンは、やはりブラバンでもよく使用されいる渦巻きスタイルで、豊かな放牧的なイメージを聴く人のあたえるでしょう。
なろこのホルン=ホーンであって、角笛をも意味しています。
またまたモーツアルの「ホルンコンチェルト」が有名ですし、ベートーヴェンそしてブラームスなどのシンフォニー、さらにはリヒアルト・シュトラウスの「アルプス・シンフォニー」での効果的さに大いに感動してください。
とくにベートーヴェンの「英雄」の第3楽章、そして「運命」の第3楽章は冒頭を連想するものですし、自然への感謝を込めた「田園」の第2?3楽章に酔ってみましょう。
そしてブラームスの第1シンフォニーの終楽章の、それこそ牧歌的なホルンの響きは自然に夕暮れの自然風景を思い起こすことでしょう。
あの大きくて重そうなバス・チューバは、金管楽器をもっとも効果的に採用しているワグナーの「マイスタージンガー前奏曲」をぜひともお聴きなって、その豪華絢爛さを実家してください。

クラシック音楽での弦楽器(1)

一般的にいって、オーケストラを眺めたときに、もっとも多くの人数を感じられるのが弦楽器であって、コンダクターの真左が第1ヴァイオリン走者ととなって、もっとも良く活躍しており先頭に居るのがコンサートマスターを務めています。
いわゆるオーケストラ全体の音合わせのために先ずは立ち上がって調弦をすることになってるのです。
そして、それ以前にはオーボエが最初のA音を奏し始めることになっています。
その弦楽器こそは、オーケストラの中心的な存在ともいわれることがあります。
”クラシック音楽では、ヴァイオリンがピアノより好き”という人がよく居られますが、さてあなたはどちらでしょうか?
そこで先ずはあのモーツアルトですが、弦楽器だけで演奏される日本でももっとも有名な「弦楽セレナーデ」アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク(小夜曲がこそが最高傑作のひとつであり、ピアノなどにもよく編曲されています。
話は戻って、とくにヴァイオリンとチェロなどの誕生は、イタリアであって先に述べたヴィヴァルディーの「四季」はその代表でしょう。
さらには、とくに日本人が好むチャイコフスキーの「弦楽セレナーデ」もありますが、これは彼がモーツアルトのものを聴いて感動して真似て(?)作曲したそうです。
コンチェルト(協奏曲)ともなれば、そのように古典から現代にいたるまで、とても多くの有名作曲家が世におくっています。
あのバッハによるいくつものヴァイオリンコンチェルトそして「二つのヴァイオリンのためのコンチェルト」は、まさに日本人好みの最たるものでしょう。

クラシック音楽での弦楽器(2)

一部上述のコンチェルトの続きになりますが、世界的にもっとも大きい話題になるのが、ベートーヴェンそしてブラームスのヴァイオリンコンチェルトそしてメンデルスゾーンによるものは、世界三大ヴァイオリンコンチェルトと称されています。
さらに日本人がとくに好むチャイコフスキーも見逃せない名曲です。
そしてバッハの「ヴァイオリンとオーボエのためのダブルコンチェルトも、日本で多く演奏されています。、
とりわけブラームスには、「ヴァイオリンとチェロとのダブルコンチェルト」も日本人から大きく好まれています。
上述のコンチェルトに続いては、ヴァイオリンまたはチェロをソロにしたピアノを伴奏によるヴァイオリンソナタがあげられます。
先ずはイタリアのコレルリとかヴィヴァルディがまさに原作者ともいえそうです。
そお影響を大きく受けてのがバッハであって、同時にモーツアルトも競合しているほど多くを作曲しており、日本におけるヴァイオリンソナタのコンサートをいつも大きく飾っています。。
そして、ベートーヴェンでしたら第5番の「スプリングソナタ」、第9番の「クロイツエルソナタ」が筆頭であって、後者はトルストイの有名な小説にも関係しているデュエットの傑作です。
ブラームスのヴァイオリンそなた「雨の歌」こそは、まさに日本人好みでしょう。
バッハの無伴奏のヴァイオリンやチェロの全集は、いずれも”弦楽器のバイブル”とまでいわれています。
とりわけバッハのものは、日本のテレビコマーシャルソングにもなっているほど有名です。

クラシック音楽での弦楽器(3)

クラシック音楽での弦楽器については、前記につづいてヴィオラとチェロについてご紹介しましょう。
ヴィオラはコンサトでの位置が色々あるようで、やはりコンダクターの指示にしたがっています。
ヴァイオリンを一回り大きくした似通って形状であって、その音程がヴァイオリンに続いて低いもので、その”渋さ”の低音には独特の渋さのようなものがチェロのように潜んでいるのです。
そのことによって、なかにはヴァイオリンよりもヴィオラが好きだという人もおられるようです。
日本でも世界的に有名な女流ヴィオラ奏者に高い人気があります。
なおこのヴィラがじつに効果的に使用されているのは、ベートーヴェンのピアノコンチェルトの第5番「皇帝」とか、レスピーギの「古代リュートのための古風な舞曲とアリア」などが広く知られています。
そしてチェロは両足に挟むようなスタイルで奏されるものですであって、そのユニークな音質そして渋みのある低音こそは、弦楽器のなかでもとくに多くの人からこのまれているものでしょう。
なお余談ですが、オーケートラメンバーのなかでもっとも多くの意見とか文句(?)を言う人の大半はこのチェリストだともいわれていることは、なんとなく音質にも通じるようにも感じる興味があることです。
ヴィヴァルディやバッハには多くのチェロの名作がありますし、ベートーヴェンの五つのチェロソナタも、日本人に広く好まれています。
サン・サーンスの「白鳥」こそは、中学校できっと聴いておられるでしょう。
世界的に活躍している日本の女流奏者者もフアンが多いでしょう。

クラシック音楽での弦楽器(4)

クラシック音楽での弦楽器は、さらに低い音程を響かせるコントラバス(ベース)があげられます。
オーケストラでは、大半が後部に10人近くの奏者が並んでいますのですぐに目につくでしょう。
サイズとしては、まさに等身大ともいえるもの、ヴァイオリンのおじいさんとも称されるほどのものです。
女流奏者もおられまさすが、弦を押さえる指の強い太さが求められます。
いうなればオーケストラの最低音を受け持ちながら、曲想を効果的に響きわたらせるとても重要な働きをもっています。
なお室内楽になりますが、シューベルトの弦楽五重奏曲の「鱒(ます)」においても、まさにとても魅力のあるパートになっていることで、よく知られております。
先述のオーケストの分類などにも関係していますが、ドイツの3大Bのいずれにおいても、実に効果的に使用されています。
ベートーヴェンにおいては、とくにシンフォニーの5番「運命」の第3楽章においては、大きな動物が動き回るようなイメージさえ与えるでしょう。
シューベルトのシンフォニー「未完成」そしてチャイコフスキーのシンフォニー第6番「悲愴」の冒頭は、コントラバスの演奏とか解説の対象につねに挙げられている実例でしょう。
演奏者が弓をもった右手の指によるピッチカートの音こそが、大好きという人はっても多いものであって、それを楽しみにコンサートへ出かける人も決して珍しくないことなのです。
なおヴァイオリンからヴィオラそしてチェロまでは持参して移動などができますが、このコントラバスにおいては特殊ともなるケースなおが必要になってやや困難のようです。

クラシック音楽での弦楽器(5)

弦楽器はオーケストラのメンバーの半数近くによって構成されています。
ここで広く知られているハープについて述べておきますが、このハープを弦楽器に分類されることには賛否両論があるようです。
とくに立て箏とも称されており、オーケストラに向かって左サイドに1?2台が置かれていて、演奏はほとんどが女性によって奏されていることで目だっているでしょう。
なお、ライアーのように小型化されたスタイルものも手持ちできることで知られております。
日本人がよく耳にするのは、先にもありましたサン・サーンスの「白鳥」におけるチェロの伴奏としての演奏が広く知られています。
音程のコントロールは、床に近いところに付属しているダブル・アクション・ペダルによっています。
あの多くの弦を両手の指によってはじきつつなでるようにした曲想あるいはピチカートに近いような奏法による音色に酔いしびれるような感動を覚える人も多いことでしょう。
日本においてのクラッシク音楽でもっとも親しまれているのは、あのモーツァルト による「 フルートとハープのための協奏曲、あるいはヘンデルの「ハープ協奏曲」がが挙げられるでしょう。
弦としは47本を有しており、音色の美しさと同時に音程の広さにも魅了がもたれています。
なおほかの弦楽器にも似通っていますが、その起源は、古代以前のアフリカや南米での狩人の弓をはじくことのようです。
あなたコンサートに行かれるときには、この美しい音色が聴かれるケースに大いに出かけてください。

クラッシク音楽での打楽器(1)

クラッシク音楽での打楽器としての筆頭としては、先ずは大太鼓のティンパニーそして小太鼓が挙げられます。
普通はオーケストラの最後部に置かれているのがティンパニーであって、3?4個あるのが普通であり、やはりべダルそして上面の周囲になるコントロールネジによってチューニングつまり音程調整がなされます。
オーケストラの演奏中においても、よく奏者がその表面に耳と近づけながら調音をしているシーンを多々見ることがあるでしょう。
カッパーなどによるお椀を反対にしたような形状の円形の表面には、なめし皮がある張力によって強く張られています。
奏者は2?3本の先端が軟らかい「ばち」によってその表面をたたきながら演奏するものです。
ティンパニーの数によって、それぞれの音程がことなっていますので、曲想に応じた強弱およびタイミングと維持しつつ演奏します。
ベートーヴェンなどでは、全弦楽器のと合奏による表現の”パワー”にもっとも大きい影響を与える役割をしていますし、シンフォニーの「田園」での暴風のシーンはとても効果的でしょう。。
ハイドンのシンフォニーには、冒頭にこのティンパニーで始まことで「太鼓連打」というものがあります。
さらに有名なのは、やはり日本人がとても好む北欧ノルウェーのグリークの「ピアノコンチェルト」が挙げられます。
そして小太鼓においては、先ずはあろフランスのラベルによる「ボレロ」でしょう。
メロディーが最後まで変わらないじつにユニークなこの曲では、まさに冒頭から最後にたるまで連続で奏されているのです。

クラッシク音楽での打楽器(2)

クラッシク音楽での打楽器には、大太鼓のティンパニーと小太鼓のほかに、シンバルそしてトライアングルがあります。
いずれもオーケストラに利かせえる”薬味”のような働きをするといっても過言ではないでしょう。
中学校などのブラスバンドにおいても規模によって採用されている例があります。
先ずシンバルは、かってのLPレコードより直径がやや大きいブラスによって作られている2枚の円盤からなっており、奏者は左右の両手によって叩き合わすことににって、まさに金属的な音質によって曲を大きく飾るものです。
一枚を固定してスタンドの上に水平において、小さい手持ちのばちで叩きながら曲想を上げる効果を出すことも多々あります。
シンバルは古典時代の作品にはそれほど使用されていませんが、ベルリオーズのシンフォニーとかワグナー楽劇などの時代になると、かなり多く採用されているもののひとつでしょう。
日本でも広く親しまれているチャイコフスキーの第4シンフォニーでは、終楽章におけるロシア民謡(先述)におけるシンバルの活用は、まさに耳を奪われるともいえそうです。
そしてトライアングルは”三角形”という意味であって、ペンシルほどの金属棒を三角形に曲げたスタイルで、奏者は立ち上がって別の1本のバーで軽く叩きながら演奏するユニークなもので、”チーン、チーン”というまさに金属音そのものでしょう。
リストの「ピアノコンチェルト第1番」の第3楽章のの冒頭に使用されており、別名「トライアングルコンチェルト」という愛称が有名でしょう。

クラッシク音楽での鍵盤楽器(1)

クラッシク音楽での鍵盤楽器の代表は先ずはピアノそしてパイプオルガンでしょう。
なお先述のように、とくくにピアノは”特殊楽器”に分類されることが多々あるようです。
まさにピアノこそは、今日の日本では一般の人たちにもっとも広く親しまれている楽器であって、幼児のころから習い始めているケースは、年々増え続けているのです。
縦型のアップライトピアノそして水平に置かれる大型のグランドピアノに大別されていますが、一般の家庭用としては前者が大半を占めています。
ピアノの歴史としては、古典派時代の以前にさかのぼりますが、当時における室内用のチェンバロ(=ハープシコード)との流れという見方もあるようです。
バッハからハイドンそしてモーツアルト続いてはベートーヴェンにいたっては、音質のとくに軟らかいフォルテピアノが一時的には盛んになったことがあります。
現代においても、そのフォルテをとくに採用したコンサートが日本でも開かれています。
また現代もっとも多く使用されているピアノについては、バッハのチェンバロ作品がピアノにそのまま置き換えられた「ピアノコンチェルト」も依然として多く聴かれています。
そしてピアノにおいてもコンチェルトとしてもっとも有名なのが、ベートーヴェンのコンチェルト第5番の「皇帝」であり、シューマンやブラームスとグリークそしてチャイコフスキーなどなどが日本ではとくい親しまれている代表でしょう。
日本にも世界的に有名な多くのピアノ奏者がおり、これらの曲が国の内外においてとても多く演奏されています。
なお余談かも知れませんが、あの涙無くしては決して読まれないといわれる「ベートーヴェンの遺書(カーレンベルクにおける)」をぜひともお読みになってください。

クラッシク音楽での鍵盤楽器(2)

クラッシク音楽での鍵盤楽器においては、とくにピアノによるピアノコンチェルトがもっとも一般的なオーケストラを伴った楽曲です。
いっぽう同時に、ピアノにのみによる独奏つまりソロもっても広く知れれているであって、ホームコンサートなども日本の全国的に親しまれている演奏スタイルのひとつなのです。
さて古典時代から現代まで続いているこのピアノソロには、どんなものがあるでしょうか?
先ずは古典の大代表であるバッハにおいては、子供の練習曲にもなっているインヴェンションとかイタリア組曲そしてフランス組曲などがありますし、イタリアコンチェルトも有名でしょう。
なお子供の練習テキストで多いバイエルとかチェルニーそしてハノンなどなどは、古典時代の作曲者および教育者のファミリーネームなのです。
続いてのモーツアルとは、まさにピアノの天才ともいわれているように、そのピアノソナタそして短いロンドなどの名称のあるものともにじつに数百曲にもおよんでいるのです。
とりわけもっとも有名なのが、先記にもありましたようにモーツアルトのピアノソナタ第14番「トルコ行進付き」でこれまた日本ではコマーシャルにまで使用されているのです。
加えては第15番は、「ソナチネ」などとしてやはり練習曲の名曲となっています。
そして決して見逃せないのがベートーヴェンによる「月光ソナタ」であって、中学校でもそのストーリーが紹介されたりしています。
その第1楽章の主題=テーマこそは、まさに幻想的であって、聞く人によっては涙さえあふれることでしょう。
さらにはあのポーランドで生誕したショパンのものは、練習曲としての「雨だれ」などなど、前記によるものなどなど尽きないでしょうし、ピアノの魔人とも称されるリストの作品にも数多くが知られています。

クラッシク音楽での鍵盤楽器(3)

クラッシク音楽での鍵盤楽器においてピアノに続いて広く普及して昨今は家庭用も日本で市販あれるようになっております。
一見ピグランドピアノに似通ったスタイルですが、やや小型であって鍵盤が上下の2段のものが多いようです。
とりわけ家庭用そしては、本体を支える脚が4?6本というものもあります。
奏法もピアノに似ているケースも多々あるようですが、音質としてはピアノとは大いに異なっており、いわば金属的な音に近いともいわれるいうなれば”涼しい音”ともいえるでしょう。
ピアノのようなダイナミックスさはまったくありませんが、これは古典時代での家庭とか教会にむけての楽器だったことによっています。
有名な作品としては、その生誕に時代のヴィヴァルディから始まってヘンデル時代にもおよんでいます。
あのバッハは、ヴィヴァルディのチェンバロコンチェルトをそのままヴァイオリンコンチェルトに変えた作品も有名です。
そして前記述べましたようなインヴェンションやイタリアコンチェルトもここでのチェンバロとまったく同様なのです。
そしてヘンデルにおいては、チェンバロコンチェルトこそがもっとも広く親しまれているでしょう。
弦楽器をともなったまさに室内オーケストラにも見られるほどのものです。
なお日本でもっともよく演奏され続けているビバルディの「四季」においても、全弦楽合奏にともなってのチェンバロの魅力には、尽きることが無いでしょう。
このように、チェンバロにおいてもピアノと同様にコンチェルト風そしてソロによる演奏があるのです。

クラッシク音楽での鍵盤楽器(4)

クラッシク音楽での鍵盤楽器としてのオルガンは、昨今の日本においてはピアノに並んで好まれてきているようです。
オルガンといえば、古くは幼稚園や小学校あるいは一般の家庭などに置いてあって、両足でペダルを踏みつつ空気を本体内部のパイプに送って音程が決められて聞こえる音を生じるものです。
それが、こんにちにいったては、オルガン専用ともいわれるような大コンサートホールさえ広く実現しているようになってきているのは、ピアノにおいても、まったく同様でしょう。
先にもご紹介しましたように、そのようなオルガンともなればその機械そして電気的な送風装置なども含めて、まさに建築物の一部の設備として扱われているようで、これこそが建築における音響芸術につながるものなのです。
作品としては、これこそがあのバッハがまさに先駆者的な存在になってくるでしょう。
古典時代における教会には、オルガンこそが欠かすことのできない存在だったのです。
オルガンに合わせつつ賛美歌をうたうことが日常生活の大きい一部であったのですから。
バッハの作品でとくに有名なのが、「トッカータとフーガ」であり、さらには「パッサカリアとフーガ」などなどは、映画のBGMとしても多く使用されておてい、ピアノまたはオーケストラ用への編曲も多く聴かれています。
さらに「フーガの技法」こそも、オルガン奏者としては”借金してでも買え”などといわれている大名作のひとつでしょう。
なおフランスのサン・サーンスによるシンフォニー第3番の「オルガン付き」は、雄大さこそを感じさせるあまりにも有名な傑作のひとつです。

クラシック音楽と楽器での演奏者(1)

クラシック音楽はもちろん何らかの楽器によって、演奏者が聴衆に聴かせるものです。
そしてこの楽器にはいくつもの種類がありますし、演奏者についても、100人近い大オーケストラから、10?20人ほどの室内オーケストラ、さらには数人による室内楽、そして1人のみによるソロの演奏などがあります。
ここで特別なこととして、楽器ではない人の声のコンサートなどもあることは、決して見逃すことのできないことでしょう。
コーラスというスタイルであったり、オーケストラのようにその規模に応じてのことです。
ここでは、表題の楽器での演奏者について知っておきましょう。
先ずはシンフォニーオーケストラとして、○○○(多くは地名)フイルハーモニーシンフォニーオーケストラが筆頭でしょう。
とりわけ世界的に有名なのが、ヨーロッパにおけるベルリンフイルハーモニー交響楽団、ウイーンフイルハーモニー交響楽団、ロンドンフイルハーモニー交響楽団などなどがありまし、アメリカではフイラデルフィアフイルハーモニー交響楽団などが来日しています。
国内においては日本フイルハーモニー交響楽団、東京フイルハーモニー交響楽団、大阪フイルハーモニー交響楽団などなどがあります。
それぞれが得意としてのレパートリーををもっています。
なお余談ですが、このフイルとは”好む”という意味であって、いずれもハーモニー=和音を好むということなのです。
室内オーケストラとしたは、やはり音楽の発祥地ともなるイタリアのローマ合奏団とかイ・ムジチ合奏団などが有名でなんども来日しています。

クラシック音楽と楽器での演奏者(2)

クラシック音楽と楽器での演奏者において、一人でのケースが多くあるものです。
そしてその一人が、数千人以上の聴衆が入場できる大ホールで演奏することが多々あって、まさに世界的のものになっているのです。
先述のように、コンサートホールの条件つまり雰囲気としての反響そして残響時間などなどがありますし、もっとも重要なのは演奏されていない時間での”静粛性”なのです。
みなさんは、現在なにの音が聴こえてくるでしょうか、またはベッドに入って眼をつぶると、どんな音が聴こえてくるかを、いちど思いながら、耳を澄ましてみてください。
さて一人でのソロコンサートとしては、もっとも多いのがピアノによるコンサートでしょう。
日本からも世界的に有名でとくにヨーロッパなどを中心にして広く活躍している男性そして女性がいることは、われわれとしてはとても喜ばしいことです。
やはり昨今になって急増している幼児から入れるミュージックスクールの将来の大きい発展にもつながるものといえます。
その日本でのピアノソロによるコンサートで演奏される作曲家として多いのは、やはりモーツアルトやベートーヴェンそしてシューベルトなどが挙げられるでしょう。
いずれピアノ連続コンサートなどとして高い人気を博しているのが日本の現状であって、今後のよりいっそうの大きい展開が望まれることなのです。
チェンバロともなれば、その音響そして音質のことなどから、比較的小さいコンサートホールが多いようです。
いずれもホームコンサートにおいても、今後は広まっていくことでしょう。

クラシック音楽の楽器とコンダクター

クラシック音楽の楽器とコンダクターとは、まさにいうなれば一体化されているべきものでしょう。
オーケストラには得意とするレパートリーがあるように、コンダクターによってもまったく同様なのですが、そこにはとても強くて深いつながりのようなものがあるのです。
すなわち、同じシンフォニーひとつ聴くケースにおいても、コンダクターの個性によって演奏つまり曲想などが非常に大きく異なってくるという”現実”があるということです。
そのコンダクター自身にも、もちろん得意のレパートリーがありますので、オーケストラの力量そして感性などをいかに巧みに引き出して、聴衆を酔わせることができるかということなのです。
リハーサルという言葉がありまうように、オーケストラそしてコンダクターは、公開以前にはかなり厳しいほどの練習を繰り返しているのであって、当日なってのその発表がいかに作曲者が望んでいることを表現しているがということです。
そして、そこにはコンダクターとしての独自の”思想”をも含まれていることを知っておいてください。
やはりヨーロッパにおけるコンダクターがもっとも著名であるようで、かってのドイツのフルトヴェングラーやヘルベルト・フォン・カラヤン、そしてイタリアのトスカニーニがとくに有名でしょう。
さらにロシアのかっては世界的なピアニストであったアシュケナージなどが挙げられるでしょう。
もちろん日本人としては、朝比奈隆(故人)そして井上道義氏などなどが広く知られております。

クラシック音楽の楽器と人の声

クラシック音楽の楽器と人の声においては、やはりどうしても切り離すことができないものがあります。
先述のコンダクターによっては、非常に魅力のある声によって、オーケストラのメンバーに歌うようなリハーサルをしているシーンが多々あるものです。
わたし自身のヨーロッパでの実際の経験ですが、出張での空き時間に郊外にあった古い教会に何気なく入ったときのことです。
じつにキレイな賛美歌の練習中でしたが、”人の声はどんな楽器よりも美しい”ことをそこで実感したのです。
このことはさておいて、ヨーロッパでのもっとも古い人の声による音楽としては、そのような教会におけるものでしょう。
そして、人の声にももちろん楽器のような高低があるもので、女性の高いほうからメツオソプラノ・ソプラソそして男性によるテノール・ベース(バス)があります。
ソプラノの女性として日本人にとくに親しまれているのが、シューベルトの「セレナーデ」・「野ばら」などなどがあります。
そして忘れることができないのが、モーツアルトやシューベルトそしてブラームスの「子守唄」が日本でもダントツに親しまれています。
さらに男性でしたら、ゲーテの詩によるシューベルトの「魔王」(日本の中学校でも習うもの)やミューラーの詩による「菩提樹」などなどが挙げられるでしょう。
そしてコーラスともなれば、日本ではとくに年末ともなれば多く聴かれるベートーヴェンのシンフォニー第9番「合唱付き」がその最たるものでしょう。
みなさんも、毎日でもクラシックの声楽のすばらしさに大いに感動してください。

クラシック音楽の楽器の用語

クラシック音楽の楽器に関しては、やはりヨーロッパの歴史や文化そして自然風景などなどが有名作曲家と大いに関係してくるものでしょう。
楽器のみならず、いくつかのクラシック音楽の用語がありますので、その一部をここで紹介しておきましょう。

 1.コンサート=演奏会
2.シンフォニー=交響曲(これは本来はドイツ語でしたが、このように和訳したのは明治の文豪で医師でもあった森鴎外なのです)
3.コンチェルト=協奏曲
4.ピアノ=鍵盤楽器の代表ですが、その特色をもっとも大きく表現できるのが、音の強弱を示す専門用語の”弱い”という意味からピアノという名称となっています。
5.アンアンテ=弱い
6.カンタービレ=歌うよう
7.コーラス=人の声による合唱
8.ソロ=独奏
9.デュエット=二重奏
10.チューニング=音合わせ

さらには、楽器にも大いに関係している”音の三要素”にも、この際触れておきます。
先ずはもっとも親しみやすいメロディーは旋律のことで、クラシック音楽においてもっても親しみやすくなる基本でしょう。
次いでが、リズムつまり拍子であって、伯数などでの表現になるものです。
そして、ハーモニーは和音または和声を意味するもっとも重要なものでしょう。
さらに、音楽つまり人にエネルギーを与えるこの楽しむ音の三要素的なことをも、ここで述べておきます。
音は空気の振動によってわれわれの耳の鼓膜を振動させて”聴こえる”のです。
これが音速と振動数そして波長という三つのことがあるわけです。
とりわけもっとも関心がもたれるのが、その振動数であって、前述のチェロやコントラバスともなれば弓で弾くと、弦が振動するのが眼に見えるものです。
これは1秒間になん回振動するかという単位でいうと、電気と同じように関東では50ヘルツ、関西では60ヘルツに相当することです。
人が聴き得る最低の音は、約20ヘルツで最高は約1万8千ヘルツとされています。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2016 11.05

    紅葉 大阪

  2. 2016 09.01

    秋のイベント

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ