社会人の彼女にバレンタインのお返し

この記事は14分で読めます

ホワイトデーとは

普通にやり取りしているホワイトデーですが、バレンタインデーに女の子からバレンタインチョコレートをもらった男性がお返しをするイベントです。
気持ちのやり取りをすることが目的ですので、正直何を贈るかではなく、気持ちの確認をしあうイベントとなりました。
そもそもホワイトデーはいつから始まりどこからきたのでしょうか。
まず、2月14日はバレンタインデーです。
そのバレンタインにもらった男性はお返しの気持ちをこめて3月14日にホワイトデーとしてお返しをします。
そんな、ホワイトデーですが、実は日本でできた風習ということをご存じだったでしょうか。
日本で初めて世に広まったホワイトデー第一回目ですが、1980年の3月14日に日本初と発表されています。
最初はバレンタインのお返しとして、白いお菓子がいいと考えられマシュマロから始まったそうです。
現在では何でもありの様な、お返しの品になっていますが、白色が純潔なイメージからマシュマロになっているため、白い贈り物が理想的なのでしょう。
ホワイトデーの名前の由来ですが、ホワイトを意識し送り物も考えられたくらいですから、もちろんホワイトデーです。
白色の純潔イメージを象徴したい思いが込められています。
この日本でのホワイトデーが素敵な行事であることが、世界でも認められ各国でも、ホワイトデーが始まっています。
各国日にちはバラバラですが、この日本で始まった企画が世界でも起きていることはうれしいことです。

スポンサードリンク

彼女とのホワイトデー

ホワイトデーはカップルにとっては、とても大切なイベントになります。
もちろんバレンタインあってのことなので、どちらも彼氏彼女の気持ちを確認する大切なものです。
バレンタインは、彼女からどんな物をもらいたいですか?今回は、残念ながらバレンタインではなく、ホワイトデーについてお話します。
彼からの素敵なお返しを期待している彼女の為に、とても素敵なプレゼントを用意しないといけません。
では、どんなものにしますか。
参考になるようなものをいくつか紹介いたします。
私がおすすめしたいのは、物ではなく同じ時間を、共に大切にする空間です。
素敵なお店を予約できればそれは素敵な事かもしれませんが、今回紹介したいのは、自宅や彼氏彼女の部屋でゆっくりとした時間の過ごし方をおすすめしたいのです。
まったりした時間はいつでも過ごせるとお思いかもしれませんが、こんな記念日だからこそ二人っきりで過ごすことも記念になり、いい思い出になります。
そんな場で、素敵なプレゼントを彼女に渡せると彼女も彼に満足してくれるでしょう。
高価なものではなくてもいいのです、気持ちの問題ですから。
気持ちをこめて渡すと伝わるはずです。
では、どんなものを渡しましょうか。
笑いの出るものや、前から欲しがっていたもの、奮発して高価な物、どれを好むかは、その女性しだいですが普通では面白くありませんね。
せっかくですから、ウケ狙いの笑えるものなんか楽しいと思いますよ。
子供かとツッコミたくなるような、大量なお菓子や、一緒に遊べるゲームや、おもちゃなんかもありかもしれませんね。

手作りのお返し

ここ最近の男子は昔に比べ料理など、女性が得意としていたことを普通にこなせてしまう人が増えています。
最近の言葉でいうと、女子力の高い男子ということです。
手作りのお返しには、お菓子作りがメインになるでしょうから、クッキーがやはり定番になりますね。
クッキー作りでも、男性独特のデザインや発想力が生かされるので、女性では作れないようなものが作れてしまう可能性があります。
小学生の女の子たちが作るようなお菓子なら、大人の男性でも簡単に作れるとおもいますが、それすらなかなか作ることのできない男性も沢山います。
そんな不器用な男性に限って、好きな女性の為に必死で取り組むはずです。
その心と必死さは、必ず伝わります。
料理はうそをつきません。
上手な人が作ったお菓子は、それは形も綺麗でおいしくできているでしょう。
だからといって下手な人が必死で作っても形はメチャクチャ、味もよく分からない。
そんなものもできてしまうでしょうが、気持ちは込めることができます。
必死さは彼女に伝わります。
どんなに上手な人のお菓子よりも彼が彼女の為に必死で作った、形もおかしく味も美味しくないようなものでも、彼女にとっては大切なものだと、彼の気持ちが伝われば、彼女にとっては世界で一番のプレゼントになるでしょう。
頑張ればできます。
なかには頑張らなくてもできてしまう、女子力の高い男性も沢山います。
だからといってうらやましがることはありません。
あなたの彼女に対する気持ちは必ずつたわります。

義理チョコのお返し

バレンタインデーにいただいたチョコレートのお返しをする日がホワイトデーになりますが、会社の異性や友人から義理としていただいたチョコレートを義理チョコといいます。
あくまで本命ではない為、高価なお返しをする必要はありません。
ではお値段はいくらぐらいのもので、どんなものが安定して喜ばれるのか紹介致します。
女性は、スイーツに喜びます。
金額もさほど高くありませんし、女性は甘いものに弱い方がほとんどです。
有名所のスイーツ店でも、一人分ぐらいのスイーツなら数百円からあるので、義理チョコのお返しとしては最適です。
また、アクセサリーも人気で、雑貨屋さんぐらいのものなら、これも数百円から準備できます。
義理でもらった物のお返しは、こちらとしてもあまり負担にしたくないところですし、相手もあまりに高価な物をお返しにもらっても、逆に気の毒に感じさせてしまったら悪いです。
金額は高くても、せいぜい千円程度に抑えておいても良さそうです。
昔はバレンタインはチョコレート、ホワイトデーはクッキーとよく聞いていましたが、最近ではだいぶ変わってきました。
女の子同士の友チョコなどある為、バレンタインも色々な形に変わってきています。
その場合のお返しも一概にこれとは言えません。
自分なりに考え、相手が喜ぶものを選択することで、お返しする品も単純なものではなく、少し変わったものや、自分の得意なものを手作りして、気持ちのこもったものにしても良さそうです。

ホワイトデーレシピ

これは男性でも作れるホワイトデーに作る簡単レシピの紹介です。
やはりクッキーは定番でしょう。
材料はネットで調べるとすぐにわかります。
型を使ったりと工夫したら簡単に形も整えることもできます。
簡単なものだと、材料費100円ぐらいで、時間にして30分程度で作ることも可能です。
少しステップアップすると、パウンドケーキも作れます。
クッキーよりも、時間も手間もかかります。
当然材料費も少し高くなります。
普段の食べるだけに作るだけや、義理チョコのお返しなら、そのままシンプルでよいでしょうが、本命の女の子にシンプルすぎては少し足りませんね。
デコレーションすると、シンプルなクッキーも花々しくなるでしょう。
ラッピングも百円均一で十分すぎるくらいの商品が購入できます。
ちなみにクッキー作りの簡単な作り方だけ紹介しておきます。
材料は薄力粉、無塩バター、砂糖、溶き卵です。
では作りましょう。
バターを少し溶かしておきます。
溶けたバターに砂糖を加えます。
粉も卵もここで混ぜ合わせます。
綺麗に混ぜ合わせたら、10分ほど冷凍します。
この時、方に入れた状態で冷凍すると後から楽です。
その後、170度から180度で20分ほど焼きます。
これが簡単な説明になります。
おそらくこれだけなら、ド素人の男性でも、子供でも簡単にできてしまいます。
失敗をおそれず、彼女のため、お返しの為にやったことのない方も、一度チャレンジしてみてはいかかでしょうか。

彼女へお返し

あなたは自分の彼女に喜んでもらえるプレゼント選びができますか?せっかくですから、心から喜んでもらえるプレゼントを用意してあげたいですね。
では何を渡しますか。
参考になりそうなものを紹介します。
定番かもしれませんが、かわいいお花は常に人気上位です。
女性ならではの品ですね。
ガッツリ大きい花束もいいですが、食卓テーブルにワンポイントでおける、小さいカップタイプのお花はさらに人気が高いです。
次にこれまた定番かもしれませんが、バッグや財布です。
高価なものが喜ばれるでしょうが、あまりに高価なものは気がひけます。
ブランド品はあまりに高価すぎるので、特別な記念日などに渡した方が良さそうです。
気軽に済ませたい方は、食事がいいでしょう。
普通の食事だけでは満足いかない方は、最後にスイーツも用意できるお店を準備できると、彼女も喜ぶこと間違いなしです。
会話の弾む食事ができて、最高の時間を過ごせたら彼女も大満足ですね。
やっぱり一番人気は、小物アクセサリーでしょう。
お値段も安いものから高価なものまでありますが、安くても喜んでくれて身につけてくれる可能性が一番高いものが、アクセサリーです。
細かくわけると、指輪、ピアス、ネックレス、ブレスレットなどになります。
選ぶ際の注意点ですが、サイズが必要なものは、事前に知っておく必要があります。
下調べが肝心です。
デザイン選びにも注意が必要になります。
男性目線ではなく、女性の喜ぶ目線から考えておきましょう。

彼女が喜ぶ物

彼氏をいつも悩ませるもの、それは彼女へのプレゼントの品です。
何年彼女とお付き合いしていても、毎回なやむことでしょう。
すんなり決まるときは、彼女のほしがっていたものが大体わかるときでしょうが、毎年毎年そう上手くはいきません。
ホワイトデーやクリスマス、誕生日や記念日でプレゼントをするでしょうが、その都度予算金額も変わります。
予算内で収めたいところですが、奮発しないといけないときもあるでしょう。
大体なにが人気が高いのでしょうか。
やはり当然なことながら、ブランド品は人気です。
毎回ブランド品ばかりやっていたら、こちらがもちませんよね。
そこで、意外と人気なのが、家電商品です。
家電といっても掃除機や洗濯機ではありませんよ。
美顔器などの美容器具のことです。
部屋内でも邪魔になりにくいものが人気で、しかもコンパクトで持ち運びも簡単ならよりいいでしょう。
身の周りの物を気遣ってあげることで、生活感のあるやさしい男性としてのアピールにもなりますし、当然役に立つプレゼントです。
物だけじゃなく、特別な外食も人気です。
普段いけないお店、普段なら手が出ないような金額のお店に彼女をサプライズで招待するなども、喜んでくれるでしょう。
これをして喜ばない女性はいないと思います。
万が一喜ばなくても、嫌だとまでは思われないと思います。
高級なところじゃないといけないというわけでもありません。
普段からの行きつけの場所でも十分喜んでくれる女の子もいるので、彼女のことをよく理解しておきましょう。

オススメのお返し品

社会人として礼儀は大切です。
身内、他人からでもプレゼントやちょっとした贈り物をいただいたとしても、社会人としてお返しは、しっかり考えましょう。
いただいた物の半分くらいの金額の物は最低でも必要かと思います。
ではどんなものが人気があり、無難な商品なのでしょうか。
良くあるのが、お菓子の詰め合わせはよく聞きますね。
小さい子供さんや年配の方がおられる世帯には、喜ばれるでしょうが、若者夫婦や独身者に送ったとしても、なかなか一人で食べようともしませんし、若者が好まないようなお菓子もあまり喜ばれないでしょう。
年代別や世帯別で考えると贈り物も考えやすくなるでしょう。
子供のいる世帯では、マシュマロやキャンディーなどの甘いお菓子のセットなどおすすめです。
若夫婦の世帯には、洋風な置物や花などインテリア関係の物の方が置き物として飾ってくれます。
年配者の家庭には、お花や和菓子が無難アイテムです。
年代世帯別に考えていくと、このような物が喜ばれます。
もちろん彼女など恋人には、食事や洋服など彼女の好きそうなものでOK。
くれぐれもちょっとしたプレゼントに高価なブランド品のバックや財布をプレゼントするのはどうかと思いますね。
大切な彼女なら、将来のために生活感覚を芽生えさせるようなプレゼントをしていきましょう。
甘やかしばかりして将来結婚となった時に、後悔や辛い思いをすることになるの、はあなたになるかもしれません。
その人その環境を思いえがいて選ぶことも大切です。

子供のホワイトデーお返しの相場

あなたの子供さんも、バレンタインにチョコをもらってきていませんか?いくつもらったよ。
と嬉しそうに話してきませんか?そんな子供さんもホワイトデーのお返しをする様に、親が教えてあげてください。
礼儀としての、お返しをきちんと教えましょう。
小学生位の子供さんですと、もちろん準備も手伝いが必要でしょう。
面倒ですが、子供さんが頂いてきたものです。
非常識なことをすれば、半分は親の責任です。
周りの保護者さんから変な目でみられない為にも、子供のサポートをしてあげてください。
大体の相場ですが、小学生ぐらいでしたら、もらったものの同じ金額位のお返しは準備しておきましょう。
ただ、手作りのバレンタインのときは、少々こまりますね。
そんなときは、200前後の物で良いかと思います。
定番的なものをいただいたら、親なら大体の相場はわかりますね。
100円から300円位のものを頂くことが、一番多いと思います。
なら、お返しは当たらずさわらずで、同等でいいでしょう。
その位の金額なら、渡せるものもせばまってくるでしょう。
えんぴつや消しごむ、又は、シャープペンを選びましょう。
お菓子の詰め合わせもいいですね。
お返しは、女の子に渡すものなので、せめて女の子が喜ぶハンカチや、ハンドタオルをわたすのもいいでしょう。
ただ、学校によりけりです。
そのお返しを学校では、渡せない渡さないでほしいと願う学校長もいらっしゃいます。
そのへんは、遠慮しながらになってしまうでしょう。

社会人ホワイトデーお返し相場

社会人になると大変です。
なにかと、もらいものにはお返しをしなければなりません。
そんなお返しの相場ですが、社会人では義理に対してのお返し相場は、1000円から2000円が平均のようです。
ちなみに、この義理に対しての学生平均相場ですが、500円前後です。
やはり学生にしろ社会人にしろ、女性からのいただきものの金額よりも少ない金額では返すわけにはいかないでしょう。
男性としての見栄をはることもときには大切です。
特に社会にでるとそんな機会も増えていきます。
では次に本命からのプレゼントに対しての相場を見てください。
本命の学生平均相場です。
500円から1000円が普通に平均の様です。
これが社会人の本命となると、3000円から5000円と高額になります。
この義理チョコに対する社会人の本命と義理、学生の本命と義理の金額はあくまで平均相場です。
相手が予想以上に高価なものを、送った場合は注意が必要です。
金額に気づかずに、相手よりも低い金額の物を贈ってしまうと、恥をかいてしまうことになってしまいます。
もらったものが実際にいくらぐらいの物なのか、わからない男性も多いことでしょうから、その辺は考えものですね。
女性からすると、送った金額よりもあまりに高価すぎる金額をお返しとして渡されても、それはそれでNGです。
女性はあまりに高価なもの、ブランド品をホワイトデーに渡されても気が引ける金額のものは、控えた方が良さそうです。

社会人としてのマナー

あなたは社会人としてのマナーに自信がありますか?嫌いな人にはツンツンとした態度をとったり、嫌がらせをしたりと大人気ない行動をしていませんか?自分がされたら絶対に嫌なことは他人にはやってはいけません。
これは大人だけではなく、子供のときから意識しておかないといけないことです。
また、特に嫌がられる大人の行動の中で、時間を守らない人。
これは周りに迷惑をかけてしまう上に、絶対嫌がられる行為です。
会社だけでなく、プライベートでもやってはいけない行動です。
職場では、職場のルールが必ずあります。
守ることが当然の義務になります。
俺だけ守らないでも大丈夫だろう。
こんなことでは絶対にいけません。
自覚するということも必要になります。
職場では、給料をいただくために労働をさせてもらえていると考えるようにすると、ルールを守らないといけないと責任感が芽生えるはずです。
職場では、一生懸命に仕事を覚えましょう。
人より覚えが悪いかもと思える方は、その分の努力をしましょう。
コツコツとした努力は裏切りません。
いつか必ず結果がついてきます。
ここまではマナーとして説明しましたが、普通に考えてこれは常識なことですよね。
社会人としてのマナーもありますが、人間として態度が悪くてもいけません。
わかますよね。
絶対にやってはいけない事、上司にタメ口や、あいさつの姿勢、態度など社会人としてというよりも、人間としてどうなのかにもつながってきます。
社会人は大人ですのでマナーの守れる人間になりましょう。

会社での義理チョコお返し

学生から社会人になると、ついて回るのがバレンタインやホワイトデーです。
社会にでたら、結局定年するまでついてまわるものもあります。
その中でも男性にかかわってくるのが、ホワイトデーです。
結局義理チョコかよとつっこみたくなることもあるでしょうが、それが社会人の付き合い方なのですね。
渡されるものも100円から300円くらいの安い義理チョコをもらうことが多いでしょうが、社会人として、お返しはちゃんとしなくてはいけません。
それが社会人として付き合い方のルールなのです。
絶対にやっちゃいけないのが、もらったのに無視して返さないことだけはやめてください。
職場の雰囲気をこわし、常識が分からないやつだとしか思われません。
安物でもいいので、ちゃんと用意しましょう。
特に仕事でのパートナーや毎日顔を合わせるような近い人には、確実にお返ししましょう。
金額は本当に安いもので結構です。
形が大事です。
形といっても大きい物などはやめておきましょう。
せめて食べてすぐなくなるようなものが最適です。
気合をいれすぎて変にこだわってしまうと、相手にも変にとられてしまうので会社内でおかしな話になると厄介です。
相手は女性ですので、敵に回すことは避けたいですね。
別に女性は特別な思いを寄せてプレゼントしているわけではなさそうです。
軽いコミュニケーションのつもりで渡されていますので、勘違いしないように注意しましょう。
こだわりすぎる物も要注意です。

学生のホワイトデー

お金をかけれない学生さんは、知恵を使わないといけませんね。
それでも、もらった以上は返さなければなりません。
さてどうしましょう。
安くすむ方法が必要ですね。
もちろん男性でも手づくりしてもいいでしょう。
では、男性でも手作りできる物はなんでしょうか。
紹介します。
別に男性だからといってケーキやクッキーなど作っていけないわけではありません。
どちらかというと、できる男の方が好印象でしょう。
なら男性の作るスイーツをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
大体料理人やパティシエさんは、男性の方が多いイメージがありませんか?それほどに、男性でも料理はできるはずです。
趣味としてされている方もいらっしゃるくらいです。
特に、学生さんは良いかもしれません。
お菓子作りに取り組んでプレゼントしてみてください。
家庭的な男性だと思ってくれる女性は絶対にいます。
そんな女性に巡り会えたらやさしい男性を受け入れる女性はいるということです。
また、自宅に呼べる環境でしたら、自宅で食べさせてあげれるようなものを作ってあげてもいいでしょう。
最近では、男性でも簡単に作れる料理レシピなど検索できます。
和食はさすがに学生さんには人気が低いでしょから、洋食中心に調べてみてください。
特にパスタとスイーツを作れるとイケてる男性として認められるでしょう。
作っている姿を見せることも印象アップするでしょうし、その後二人で食べる時間を楽しむことも最高の時間になるでしょう。

ホワイトデーはマシュマロ

皆さんは、バレンタイデーやホワイトデーに思い出はありますか?バレンタインデーは、チョコレートを女性から渡しますね。
ホワイトデーには、マシュマロが定番ですが、今回はなぜマシュマロだったのか考えます。
3月14日にホワイトデーがはじまりました。
日本で初めてのホワイトデーは、1980年の3月14日です。
今では普通に皆さんが渡しあっていますが、こんなに年数がたっていたんですね。
しらなかった方は本当に多いのではないでしょうか。
現代では、バレンタインデーやホワイトデーになると、お店でたくさんの商品が並びます。
ホワイトデーでは、マシュマロがはじまりですが、クッキーやキャンディーなど少しづつ変化してきました。
王道のマシュマロが最近では、かすんできている様にも思えています。
マシュマロを贈る意味をご存じでしょうか。
びっくりする情報をお知らせしますが、マシュマロって実は嫌いという意味があるのを、皆さん知らないと思います。
信じられませんよね。
感謝の気持ちでおくっているのに、なぜか嫌いなんてものを贈るようになったのでしょうか。
不思議です。
そんな不思議話を解決しますが、昔はマシュマロというと、高級品でした。
そんな高級品を女の子に感謝の気持ちを込めてお返しするようになったのがマシュマロの原点です。
ちなみに、クッキーを贈るようになった意味は、友達という意味があるそうです。
本命には渡せませんね。
せいぜい義理チョコのお返しにしておきましょう。
ついでにキャンディーの意味は、あなたが好きです。
すべてに意味があるんですね。

ロマンチックなホワイトデー

彼女や奥様と過ごすホワイトデーは、たまにはロマンチックな過ごし方をしてみてはいかがでしょうか。
普段は質素に普通に過ごしている方は、生活感あふれるしっかりものです。
ですが、たまには二人で素敵な時間をすごしませんか。
私のおすすめは、家庭的かつ男をみせる方法です。
場所は自宅でいいです。
そこでなにをするのかですが、女性からして意外なことをやってみましょう。
ディナーを手作りするのです。
失敗を恐れずチャレンジしてみてはどうでしょうか。
万が一失敗作になってしまったとしても、それには気持ちが十分にこもっています。
レシピは簡単料理や、男性でもできる料理本など、沢山参考になる本があります。
愛情がこもっていれば、必ず女性は喜んでくれます。
もし失敗したとしても、頑張ってくれた男性に感謝の気持ちが必ず芽生えるはずです。
それか、笑いがでるかもしれませんが、それはそれで楽しい時間になります。
まずチャレンジしてみることが大切です。
絶対に料理は無理だという方は、レストランの予約が無難ですね。
少し奮発して普段いけないような所や、金額を奮発しなくても、今までに行ったことのないお店を調べ予約する方法のあります。
人気店でなくても、男性が女性と行きたいお店や、その女性が行きたかったであろうお店に連れていくのも一つの手ではないでしょうか。
どちらにせよ、二人で過ごす時間は楽しく良い思い出になることでしょう。
そんな時だからこそ、男性から普段の感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

彼女からもらった物

お付き合いされている方々は、彼女からのプレゼントにどのような反応をしていますか?自分が気にいらなかったからと彼女に変な態度になっていませんか。
そんな非常識なことは絶対にしないでくださいね。
女性も必死で考えてきた贈り物です。
もしあなたが彼女に渡したプレゼントに対して気にいらなかったような態度をとられたらどうですか。
贈り物やお返しは、必ずしも気にいる物がいただけるわけではありません。
その物を通して気持ちがこもっているかの問題です。
あなたのほしいもの、好きなものがもらえると期待してはいけません。
はたして彼側はどんなものを期待しているのでしょうか。
おそらく定番の財布、時計その辺なら無難と思っているでしょう。
彼からしてみると、彼の趣味範囲内のものがプレゼントされると、おおっとおどろきますよ。
彼は少し意外なものに気づかれていると、自分のことをよく見てくれていると感心するでしょう。
彼女が、彼の為に考え準備してくれたものと彼が分かれば、きっと彼もその気持ちにこたえます。
女性へのお返しの機会にはしっかり準備してくるでしょう。
男性としても、彼女が自分の気に入ったものを用意してくれたら当然気合いがはいります。
女性にも喜んでほしい、自分のことをよく見てくれていたと感謝の気持ちから、うれしさから彼女の気になっているものをリサーチしようと不審な行動もするかもしれません、そこは男性が苦手としている部分ですね。
不器用なのです。
ただあなたを喜ばせたいだけだと思ってください。

友人からのもらい物

社会人になると、会社内やプライベートでいただきものをいただくことが増えると思いますが、ちゃんとお返しはしていますか?頂いた物に対して、失礼のない程度のお返しをしなくてはいけません。
目上の方へお返しをする際は、お礼状をそえるとより一層丁寧になります。
かしこまった贈り物ではなく、友人から手軽にもらい物をした時は、どうしたらよいでしょうか。
ここがなかなか難しいところです。
仲のいい友達ほど必ずお返ししないと、いけないこともないかなと考えものです。
本当に古い付き合いで、家族や兄弟のような付き合い方をしてきた友人には、失礼にあたらないでしょう。
独身時代からの友人と長い付き合いができることは本当に素晴らしいことです。
そんな付き合いも、いつかはお互いに家族をもちます。
そうなると自分たちだけではなく、ご主人や奥様をもち、そのパートナーの方に失礼になる可能性がでてきます。
家族をもつと今までのことが通用しなくなるということです。
そうなるとお返し品の選択が難しくなります。
男性女性どちらにも気に入っていただける物の選択になります。
もちろん子供のいる家庭には、子供中心のお礼をするも良し、家族全員に喜ばれるものもさらに良しです。
堅苦しいものは友人同士ではNGですが、家族で付き合うようになるとまた違う付き合い方や今までの頂き物、お返しは通用しなくなるのです。
冗談半分が通用しなくなることもあるので、そこは常識をおさえておきたいものです。

ホワイトデーの過ごし方

男性は女性に何を求めますか?癒しや愛情、安心感など求めませんか?女性も同じように男性に何かを求めていますよ。
男性はバレンタインデーにプレゼントしてくださった女性に感謝の気持ちを込めて、しっかりとお返しをしましょう。
明らかな義理チョコの相手には、義理チョコ同様、義理でのお返しで結構ですが、本命の方には思い出つまった時間にすることが大切です。
男性が心から大切にしたいと、プレゼントは極端に言うとなんでもいいと思います。
心のこもった渡し方や言葉が何よりものプレゼントになります。
物で勝負することよりも、もっとほかのことの方が喜ぶ女性も沢山いらっしゃいます。
映画デートなんかどうでしょうか。
感動する映画、友情、愛の絆をメインとした物語など、今話題の最新作映画デートなんかもおすすめです。
二人で感動の時間を過ごしたら、いままでよりもより深い愛に包まれ、お互いを大切にしあおうと思いあえたら大成功です。
カップルだけでなくご夫婦も同じことがいえます。
いままでどれだけの時間を共にしてきても、まだまだ今後も共に歩んでいかなければなりません。
旦那様からやさしい言葉や普段ではまずないであろう行動に出られたら、奥様も喜びを隠せなくなり、長期夫婦マンネリ化夫婦も結婚当初の気持ちを取り戻し、今後も楽しい時間を共にする仲としていい思い出づくりになります。
なんといっても感謝の言葉なんか最高じゃないですか。
改めて言葉で言われると喜ばない女性はいないでしょう。

ホワイトデー定番

ホワイトデーの定番というと何が思いつきますか?学校や会社、友人からバレンタインデーにチョコレートをもらうとお返しをしなくてはなりません。
各年齢でお返し金額の相場など様々なので一概にはいえませんが、大体常識的なものは押さえておきたいですね。
何も返さないではあまりに失礼です。
低価格なものでもいいので、全くないはNGです。
相手は女性ですから、男性とは考え方も違えば、価値観も違いますので難しいとは思いますが、自分なりのお返しはしておきましょう。
定番商品ですが、子供さんなら親と一緒に手作りお菓子で十分です。
デコレーションをがんばったり、工夫することにより素敵な贈り物です。
基本クッキーが定番ですが、最近ではそんなに決まっていないようです。
高校生ぐらいになると難しい年頃なうえに、女の子の好みもはっきりしているので、プレゼント選びになかなかストライクとはいかないかもしれません。
せめてあれなにこれだけは避けたいですね。
この年代の定番ですが、高級なものはまだ準備できませんので、雑貨屋さんなどで、ちょっとしたアクセサリーが無難ではないでしょうか。
ブレスレットやネックレスです。
ホント定番だと思いますが、やっぱり使ってくれそうな物選びになると、ここに落ち着いてしまいます。
大人の男性になると少しは奮発も大切です。
男性としてのメンツも保たないといけません。
たまにはブランド品の財布バッグに目を向けないといけないでしょうね。

友チョコのお返し

最近の行事は、だんだんと変化しています。
元々あった行事がアレンジされてきていることがわかります。
子供も関係してくるバレンタインデー。
そこも変化しています。
本来は好きな男性に女性が告白の意味を込めてチョコレートを渡すのが目的でした。
そこから、義理チョコと新しく生まれ変化しています。
手軽に軽い気持ちで受け渡しできることから、親しい異性と接触機会が増えとても良い効果です。
そこからさらに進化して、ついに友チョコと変化しました。
異性に気軽にどころか、女性の同性どうしでやり取りします。
小さい子供から大人の女性まで幅広い年齢層で人気が出ています。
もちろんお返しをしなくてはいけませんが、ではいつお返しをすればよいのでしょうか。
疑問に思う方もいると思いますが、バレンタインデー同様ホワイトデーの3月14日で大丈夫です。
特に人気が高いのが小学生の子供たちです。
遊びや楽しみ半分で渡しあう子供たちは、純粋に友達に渡したいと積極的になります。
とても良いことだと思います。
現代の子供たちは控えめで、とてもおとなしいイメージがあります。
そんな子供たちも友達どうしなら気軽にできますし、友達としての絆も深まるでしょう。
お返しの品は、チョコレートでもOKです。
手づくりチョコやお菓子などもOK。
大人の友チョコもあるようで、バレンタインデーを使い友達とのやり取りも楽しみの一つになることはとても楽しく、異性だけのバレンタインデー、ホワイトデーではなく同性どうしの友チョコは楽しいイベントの一つです。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ