睡眠薬の副作用

この記事は14分で読めます

睡眠薬を服用すると言う事について

夜眠りたいのにどうしても眠れない、眠ったとしても早く起きてしまうと言う様に不眠症で悩んでいる方は大勢います。
理由は様々有ると思いますが、不眠症を治したいと考えて病院に行き、睡眠薬を処方してもらおうと考える方も多いと思うのです。
睡眠薬自体はドラッグストアで売っている物ではなく、きちんと病院で処方して貰う物なので一応安全だとは思います。
一応と言っても必ずしも危険な物とは限りませんし、昔と比較して安全性も効果も向上していると思うので昔よりは安心して服用していただけると思います。
しかし眠れないからと言って毎日毎日睡眠薬を服用しても良いのかと言うと、そんな事は有りませんので服用の際には注意が必要になります。
一番気を付けたいのは副作用です。
何の薬でもそうだと思いますが、薬には副作用がつきものと思っていただかなくてはいけません。
睡眠薬を飲むと眠気が襲ってくると言う事は分かっているかと思いますが、睡眠薬には脳の中枢神経に働きかけて睡眠を強引に引き出すと言う働きを持っています。
つまり無理やり薬で脳を眠らせてしまおうと言う物になるのです。
こう書いてしまうと「睡眠薬は危険だ」「服用してはダメだ」と言う事になってしまうと思いますが、容量用法をきちんと守る事で快適な睡眠を得る事が出来る様になり、結果的に不眠症が治ると言う事にも繋がってくる様になります。
安心して睡眠薬を摂取出来る様に、どの様な副作用が有るのか、睡眠薬にはどんなメリットやデメリットが有るのか、きちんと把握した上で使用する様にしましょう。

スポンサードリンク

睡眠薬の服用に関するメリット

「眠れない」と言うのはとても辛い事だと思います。
しかし眠れないからと言って安易に睡眠薬を服用すれば良いと思ってはいけません。
睡眠薬は薬ですので、効果だけではなく副作用ももちろんありますので、副作用などのデメリットの事もきちんと把握しなくてはいけません。
そこでここでは睡眠薬を服用する事に対するメリットについて挙げてみたいと思います。
睡眠薬を服用して得られる最大のメリットは「眠れる」と言う事に尽きると思います。
眠れないと言うストレスから解放される為、イライラが解消され、情緒不安定の状態も一時的ではありますが解消される事になると言うメリットが挙げられます。
近年処方されている代表的な睡眠薬の効果として、ドーパミンやアドレナリン、セロトニンと言う様に神経機能が高ぶる様な状態を抑える事が出来ると言われています。
この事により不安感を抑えたり、情緒不安定を抑えたり、幻覚や妄想が起こりにくくなる様になると言われています。
ですから睡眠薬を服用する事で自然と眠れる様に導いてくれるのです。
この様に一番のメリットは「眠れる様になる」と言う事、次に様々な精神的な不調状態が解消されると言う事が挙げられます。
こうした効果を求めて眠れなくなると直ぐに睡眠薬を服用しようと思う人も多いと思うのですが、ここで挙げたメリットだけではなく、副作用等のデメリット等もきちんと把握した上で、医師の言う事をきちんと守った上で服用する様にしましょう。

睡眠薬の服用に関するデメリット

何の薬に関してもそうですが、睡眠薬についても副作用等のデメリットが有ります。
どの様なデメリットが有るか挙げてみたいと思いますので、服用する際にはきちんと把握した上で服用する様にしましょう。
先ずは「服用を続ける事で依存性が出てくる」と言う事が挙げられます。
睡眠薬を服用すると眠れると言う効果を得ると、少し眠れないだけでも睡眠薬を服用したくなり、結果的に睡眠薬が無くては眠れないと言う状況に陥ってしまうかもしれないと言うデメリットが有ります。
もしも睡眠薬を服用する事へ依存する様になってしまった場合、服用を止めようと思っても急には止められなくなってしまう様になりますので気を付けなくてはいけません。
次に睡眠薬を服用する事で倦怠感や脱力感と言う様な副作用が生じる事が有ります。
これらの副作用が抜けない程、睡眠薬を服用してしまう事で、不眠症の症状となっている情緒不安定などの精神的な不安定が増してしまうと言うデメリットが有ります。
また睡眠薬を服用する事で体内に多少なりとも負担をかける事になってしまい、服用し続ける事で肝臓等にダメージが相当加わる事になってしまいます。
この他にも睡眠薬の服用で出てくるデメリットはたくさん有りますが、基本的には服用し続ける事で体へかかるダメージはかなり大きくなります。
また服用し続ける事で睡眠薬のメリットである眠れると言う効果が得にくくなってしまいます。
こうしたデメリットもきちんと把握した上で服用する様にしましょう。

不眠症の種類

不眠症で悩んでいる場合、状態が深刻になる程、睡眠薬を服用する必要性が生じてきます。
しかし睡眠薬は薬ですので効果を得ても副作用が生じる事が有りますし、薬が合わなければ効果自体が出ないと言う事も有ります。
副作用については色々有りますので、服用前に医師に聞いておくと良いでしょう。
睡眠薬を処方して貰う際、自分がどのタイプの不眠症なのかきちんと把握しておくと良いと思います。
ここでは不眠症の種類について挙げてみたいと思います。

【入眠障害】
「寝つきが悪い」状態の事を指します。
不眠症の中で一番多い症状と言われています。
布団に入って30分?1時間、場合によっては2時間以上経っても眠れないと言った症状が多い様です。

【中途覚醒】
「何回も夜中に目が覚める」状態の事を指します。
例え寝つきが良かったとしても、朝まで熟睡する事が出来ず、何度も目が覚めてしまいます。

【早期覚醒】
「短時間しか眠れず、早く起きてしまう」状態の事を指します。
通常6?8時間程眠るのに対して、2?3時間で目が覚めてしまい、そこから眠れないと言った症状などが挙げられます。
睡眠時間が短いので倦怠感を感じたり、ボーっとしてしまったりする事が有ります。

【熟眠障害】
「眠りが浅い」状態の事を指します。
熟睡できていない状態になりますので体の疲れが取れず、朝起きられなかったり、昼間にボーっとしてしまったりしてしまいます。
このタイプの不眠症の方は眠れてはいるので自分が不眠症だと自覚している人が少ないようです。

自分に合った睡眠薬を選びましょう

「眠れない」「寝つきが悪い」「寝ても直ぐに起きてしまう」と言う様な症状の事を睡眠障害と言います。
この睡眠障害を解消してくれる薬の事を「睡眠薬」と呼んでいます。
症状を改善してくれると言っても無理やり薬の効果で睡魔を呼んでいる訳ですから、副作用がある事もきちんと理解しておかなくてはいけません。
また睡眠薬は1種類では有りませんし、睡眠障害の症状も人それぞれ違います。
もしも症状に合わない睡眠薬を選んでしまった場合、効果がきちんと得られなかったり、副作用が出てしまう様になります。
ですからきちんと自分の症状に合った睡眠薬を選ぶ必要が有るのです。
ではどの様にして自分に合った睡眠薬を選んだら良いのでしょうか。
睡眠薬を処方して貰う為には病院に行かなくてはいけませんが、病院に行ったら直ぐに自分に合った睡眠薬が処方される訳では有りません。
自分がどういった睡眠障害で悩んでいるのか、自分の症状をきちんと把握してそれをきちんと医師に伝える必要が有ります。
きちんと症状を伝える為には睡眠薬に関する知識を持つ事、不眠症に関する知識を持つ事がとても重要になります。
例えば「眠れない」と言う症状の場合、「眠れるけど、1?2時間位で必ず目が覚めてしまう」と言う症状の場合では処方して貰う睡眠薬の種類が変わってきます。
こうした症状が伝えられなければ、医師もどの様な薬を処方していいか分からなくなってしまいますので、自分に合った睡眠薬をきちんと選ぶ為に知識を付ける様にしましょう。

睡眠薬の服用時に気を付ける事

自分が睡眠薬を服用する際に気を付けなくてはいけない事を挙げてみたいと思います。
先ずは「他人の睡眠薬を服用しない」と言う事です。
睡眠薬は病院できちんと処方された薬になります。
つまりそれぞれの不眠の症状や体に合わせた薬が病院から処方されている訳です。
睡眠薬と一言で言っても色んな種類の睡眠薬が有り、その効果はバラバラとなっています。
ですから自分に合わない睡眠薬を処方してしまうと、効果が全く出なかったり、逆に効果が出すぎてしまったり、副作用が出てしまったりする様になってしまう事が有るのです。
また、睡眠薬は処方して貰っている薬だとしても完全に自分に合っている薬だとは限りません。
その薬がどうその人に合っているか分からないので、病院側も様子を見ながら種類を変えたり使用量を変えたりしていっているのです。
この様にして個人個人に合った睡眠薬を医師は渡していると言う事になります。
ですから、ちょっと眠れない状況が続いた時に、睡眠薬に頼りたいけれども病院に行くまでではないかなと思った時に、友達や家族が睡眠薬を服用していたら1つ欲しいと思うかもしれません。
でも効果や副作用の事を含めて考えてみても絶対に貰ってはいけないと言う事がお分かりいただけると思います。
もちろん逆に自分が処方して貰った睡眠薬も他人にあげてはいけないと言う事もお分かりいただけると思います。
こうした注意点をよくわかった上で睡眠薬を服用する様にしていきましょう。

睡眠薬を正しく服用しよう

正しく睡眠薬を服用しなければその効果がきちんと得られないと言う事が挙げられます。
睡眠薬を服用する際、副作用についてきちんと把握する事もとても大切ですが、正しい服用方法についても把握しておかなくてはいけません。
睡眠薬を服用すると直ぐに眠くなるのではないかと言う認識が多くの人に有ると思いますが、効果が早い睡眠薬でさえその効果が表れるのに30分位はかかると言われています。
人間の睡眠リズムを上手に生かし、眠気が来るタイミングに合わせて睡眠薬を服用する事できちんと睡眠が取れる様になる訳です。
この本来持っている睡眠リズムを考えずに、眠れるタイミングの時に体を動かしていると眠気が通り過ぎてしまい、次の眠気が来るまで1時間?1時間半位は眠れなくなってしまいます。
もちろん睡眠薬の種類によって違ってきますので、医師に処方してもらう際には睡眠薬を服用するタイミングについても聞いておくと良いでしょう。
また睡眠薬以外の薬を服用している場合、睡眠薬の服用について考えなくてはいけません。
薬には飲み合わせと言う物があり、合わせる薬によっては効果が出すぎてしまったり、逆に効果が出なくなってしまったり、副作用が出てしまったりする場合が有ります。
例えば花粉症の薬と睡眠薬を同時に服用した場合、睡眠薬の効果が出すぎてしまう場合があります。
この場合は副作用が出てしまう可能性が高くなりますので注意が必要になります。
こうした事についても睡眠薬を処方してもらう際に医師にどんな薬を服用しているのかきちんと伝えておく様にする事がとても大切になります。

睡眠薬の副作用について

どんな副作用が睡眠薬に有るのかご存知でしょうか。
どんな薬にも多かれ少なかれ副作用と言う物は存在します。そこで睡眠薬服用時に考えられる副作用について挙げてみたいと思いますので把握しておくと良いでしょう。

先ずは「翌日まで眠気が襲う」と言う副作用が有ります。
睡眠薬で眠れたとしても効果が強すぎてしまい、翌日起きても眠気が覚めていない場合が有ります。
この場合、集中力や注意力が低下してしまってボーっとしてしまう可能性が有りますし、体がだるくて倦怠感や疲労感に襲われてしまう場合が有りますので、睡眠薬を服用した翌日に車の運転をする場合は運転を止めておいた方が良いと思います。
次に「筋肉が弛緩してしまう」と言う副作用が有ります。
睡眠薬には体の緊張を解きほぐしてくれる効果が有ります。
これによって眠れる様になるのですが、翌日までその効果が持続した場合、つい緊張感が緩んでしまうと転倒してしまったり骨折してしまったりと思わぬケガが起きてしまう事になりますので注意が必要になります。
次に「記憶が曖昧になる」と言う副作用が有ります。
睡眠薬の種類によりますが、睡眠薬と一緒にお酒を飲んだ場合、記憶が曖昧になってしまう場合が有るそうです。
お酒と一緒に睡眠薬を服用するのは止めましょう。
この他にも様々な副作用が睡眠薬には有りますが、医師の正しい指導を受けて、正しいタイミングと量を服用する事でこうした副作用を極力抑える事が出来ますので、自己判断で睡眠薬を服用しない様にする事が大切なのです。

睡眠薬の効果について

実際に睡眠薬を服用した場合、どの位の効果が有るのかご存知でしょうか。
もちろん効果には個人差が有りますので一概にこういう効果が有るとは言い切れませんが、平均的な効果について挙げてみたいと思いますので参考にしてみてください。
睡眠薬には様々なタイプが有ります。
即効性が有るタイプの睡眠薬は、効果が直ぐに表れやすいのが特徴ですが、その持続性は短いタイプの物が多く、効果が直ぐに切れてしまいやすいと言う特徴が有ります。
その為に、次の日まで眠気が続いてしまうと言う副作用は起きない場合が多いと言います。
但し良い事ばかりではなく、正しい服用の止め方をしない場合は不印象の症状が前より悪化してしまったり、物忘れが酷くなってしまったりすると言う副作用が起きる場合が有るのです。
次に効果はゆっくり表れてくるが、効果の持続については長いと言う特徴がある睡眠薬が有ります。
ゆっくり眠れる分、服用を中止したとしても不眠症の症状が悪化すると言う可能性は低いと言われていますが、効果が長く続く分、翌日まで眠気が続いてしまい倦怠感や疲労感が起こってしまうと言う副作用が生じやすくなると言うデメリットが有ります。
また医師が処方する睡眠薬の他に、市販されている睡眠薬と言うのも有りますが、市販の睡眠薬は効果が長く続きにくいと言う特徴があるタイプの睡眠薬が多いので、不眠症のタイプによっては服用しても効果が出ないと言う場合が有ります。
もしも現在不眠で悩んでいると言う場合、安易にドラッグストアで睡眠薬を購入するのではなく、こうした睡眠薬の効果と持続性を考えてもきちんと医師に診てもらい、個々に合った睡眠薬を処方して貰う事が大切なのです。

睡眠薬を止める事について

一度睡眠薬を服用したら、どのタイミングで服用を止めたらいいのか分からないと疑問を持つ方も多いと思います。
睡眠薬を服用し始めたら、医師の判断を仰いだ上で医師の指示の元、徐々に薬の服用を減らしていき、止めていくと言う形を取るのが通常の止め方になります。
しかし睡眠薬を服用していると不眠症の症状が無くなってきますので、不眠症が治った物と勝手に思い込んでしまい、自己判断で睡眠薬の服用を止めてしまう方が結構多い様なのです。
自己判断で服用を止めてしまった場合、薬の副作用と言う事ではありませんが、睡眠薬を服用する前より症状が悪化してしまったり、眠れてもうなされたり、途中で起きてしまったりする等、睡眠自体が不安定になってしまう事も有ります。
また眠れないだけではなくて体が震えてしまったり、不安感を感じる様になってしまったりと別の症状が出てくる可能性も高くなるのです。
これは睡眠薬の力によって快適な睡眠を得ていたので、突然止めた事による反動が出てしまうのだと思います。
睡眠薬の服用期間が長い程、こうした症状は出やすいと言われています。
ある意味睡眠薬に依存している状態になっていますので、睡眠薬の副作用と言っても良いかもしれませんね。
適切な睡眠薬の止め方は徐々に服用量を減らしていく事です。
医師の判断の元、少しずつ減らしていき、最後は眠れないときだけ睡眠薬を服用すれば良いと言う状態まできたら、医師の判断を仰いでやっと止める事が出来ると言う流れになります。
睡眠薬を止めるにはきちんと医師の判断を仰ぐ事、自己判断は絶対にしない事が大切なのです。

眠りやすくなる為のポイント【体温を下げる】

「体温を下げる」事で身体が睡眠に入りやすい状態を作ってくれる事が有ります。
体温を有る程度下げる事で眠りやすい状態になると言われています。
眠気を感じる場合、身体や手足が熱くなると言う状態を感じた事がある人は多いと思います。
これは体温を下げる為に手足から熱を放出して、身体をリラックスさせよう、身体を休ませようと言う状態にしているのです。
だからと言って最初から体温が低い状態のままでは良い睡眠を得る事は出来ません。
眠る前にお風呂に入ったり、温かい飲み物を飲んだりする事で身体を温かくし、そのまま体温を下げる様にして眠りを誘うと言うのが良い睡眠を得る為のポイントとなると思います。
軽い運動をして身体を温めておくと言うのも良い方法ですよね。
この様に寝る2?3時間前に身体を一度温め、そのままリラックスした状態で過ごし、身体を休ませて体温を少しずつ下げていく事で副交感神経が活発化する様になり、眠りやすくなるようになります。
不眠症の原因は交感神経がいつまでも活発化している事が挙げられます。
うまく副交感神経が働いてくれない為に、睡眠薬を処方して貰って副交感神経が働きやすい状態を作って貰う人も多い様です。
睡眠薬は効果は得られやすいですが、同時に副作用の可能性も有ります。
副作用の心配をしながら睡眠薬を服用し続けるのも嫌ですよね。
睡眠薬を飲み続けない様にする為にも、自分で眠りやすい状態を作る様にする事も大切なのです。

眠りやすくなる為のポイント【ホットミルク】

「ホットミルク」を夜飲む事で睡眠効果が得られやすいと言われています。
不眠症で悩んでいる方は結構多いと思います。睡眠薬を服用している方も中にはいます。
睡眠薬も副作用の可能性が有りますのであまり服用したくないと言う方も多いと思います。
不眠症も深刻化していない場合であれば、自分自身で改善が出来ると思いますので常日頃眠りやすい体質を作っていくと良いかもしれません。
そうすると睡眠薬の副作用等も心配しなくてもよくなると思います。
ホットミルクは牛乳を温めた物になります。牛乳には自律神経のバランスを整えてくれるビタミンB12がたくさん含まれていて、交感神経と副交感神経の動きを正常化してくれる働きに繋がります。
更に牛乳にはカルシウムも含まれていますので、眠れなくてイライラしている気分を沈めてくれる効果も期待できます。
また眠りに欠かせない成分であるセロトニンの体内分泌を促すトリプトファンと言う成分もたくさん含まれている為、不眠症改善に牛乳はとても有効な飲み物である事が分かるのです。
そんな牛乳を飲む際には適度に温めたホットミルクが有効的になります。
温かすぎても冷たすぎても交感神経を刺激してしまいますので適度に温めた物が良いみたいです。
ホットミルクを飲む事で胃腸が温まり、睡眠に欠かせない成分を摂取出来ますので、睡眠効果が得られやくなるのです。
最近眠れないなと思った場合は、ホットミルクを試してみてはいかがでしょうか。

眠りやすくなる為のポイント【食事】

食事と睡眠は深く繋がっています。
ご飯を食べると眠くなると言う経験をしている方は大勢いると思いますので、食事と睡眠は繋がっていると理解している方も多いのではないでしょうか。
不眠症に陥ると睡眠薬を服用する方も多いと思います。
睡眠薬は薬ですので副作用のリスクも当然有ります。
副作用を気にせずに食事に気を付けるだけで軽度の不眠症であれば改善に向かう可能性は充分に有りますので是非実践してみると良いと思います。
食事は1日に3回、毎日決まった時間に食べる事で体内リズムが守られます。
そして食事によってエネルギーが体内に吸収され、身体を動かす原動力になっているのです。
身体のバランスを保つ為には食べ過ぎたり、食べなさすぎたり、食事の時間がバラバラだったりする事をしない様に気を付ける必要が有ります。
食事を適切な量、適切な時間に摂取する事で、眠りに深く関わりが有る交感神経と副交感神経のバランスが保たれる様になります。
睡眠効果が得られやすい食材は色々ありますが、オススメの食材としては「レタス」が挙げられます。
レタスには睡眠を誘導してくれる成分が含まれていて、特にレタスの芯にその成分が多く含まれていると言われています。
ですからサラダで生で食べるにしても、レタスチャーハンの様に加熱するにしても芯は食べる様にした方が良いのです。
但し食べ過ぎてしまうと身体を冷やしてしまう可能性が有りますので、適度な量を食べる様に心がけましょう。

不眠症の場合に行く病院

眠れない、寝ても直ぐ起きてしまう等の不眠症の症状で悩んでいる場合、病院に行ってみようと思う人も多いと思いますが、実際に何科に行ったらいいのか分からないと言う方も多いと思います。
市販されている睡眠薬を服用した場合、自分の症状と合わなければ副作用が生じてしまう場合が有ります。
睡眠薬の副作用を最小限に抑える為にも適切な病院に行った方が良いと思うのです。
但し自分の不眠症の症状の原因が分かっている場合は、最初から適切な病院に行く事が出来ますが、原因が分からないと言う場合は何科に行ったら良いのか分からないと思いますので、総合病院等で症状を相談してみると良いと思います。
例えば「精神科」であれば、ストレス等の精神的な事が不眠症の原因である場合、有効的な科だと思います。
精神科に行くのは抵抗が有ると言う方は先ずは「心療内科」や「メンタルクリニック」に行ってみると良いかもしれません。
不眠症の原因がいびきや睡眠時無呼吸症候群と言う場合は「睡眠外来」と言う科が有りますので、そこで相談してみると良いでしょう。
他の病気が原因で不眠症になっている場合は、その科の医師に指示を仰ぐと良いでしょう。
この様に主に不眠症の場合に効果が有る科を挙げてみましたが、先ずは病院に予約電話を入れる際に相談をしてみると良いと思います。
その際、自分がどの様な症状で悩んでいるのかと言うのをきちんとまとめた上で連絡する事が適切な病院選びが出来るポイントとなると思います。

睡眠薬と飲酒

睡眠薬を服用している間は飲酒は控えた方が良いと言われています。
これは睡眠薬の服用中だけではなく、どの薬を服用している間でも同じだと思うのですが、睡眠薬を服用すると肝臓で睡眠薬を代謝する様になります。
しかし飲酒をするとその代謝を妨げてしまいますので、睡眠薬の成分がそのまま身体に回ってしまい、効果が強く出すぎてしまったり、副作用が強くなりすぎてしまったりするのです。
効果が強く出すぎてしまうと、睡眠が深くなりすぎたり、最悪の場合呼吸困難に陥ったりしてしまう危険性が出てきます。
睡眠が深くなりすぎると、効果が切れるタイミングも遅くなってしまい、倦怠感やめまい、眠気の様な日常の生活に支障を出してしまう副作用も出てきます。
睡眠薬を服用していない状態で適度なお酒を飲む場合は、眠気が誘いやすくなりますので良いと思うのですが、お酒を飲むと利尿作用が高まり、夜中にトイレに行きたくなって目が覚めてしまう事も多くなります。
そうなるときちんと眠れた状態にならないので、更にお酒が増えてしまったり、睡眠薬を服用しようと思う様になり、悪循環に陥ってしまう様になります。
お酒が止められない状態で睡眠薬を服用し始めると睡眠薬に依存してしまう様になったり、お酒に依存してしまう様になったりする事も考えられますので、睡眠薬を服用する際には飲酒はやめた方が良いと言う事がお分かりいただけると思います。
睡眠薬を服用する際には医師の注意をよく思い出して服用する事が大切になります。

睡眠薬と太る事

睡眠薬の副作用はとても気になる事だと思いますが、睡眠薬を服用する事で「太る」場合が有ると言われています。
本来、睡眠薬を服用したとしても「太る」と言う副作用は無いのですが、実際に睡眠薬を服用した事で太ってしまったと言う人が結構いる様なのです。
それは睡眠薬を服用する事で血行が良くなる事が有ります。その事で食事の栄養が吸収されやすくなって太ってしまったと言う事。
また、睡眠薬を服用する事で眠れる様になる為に眠れないと言うストレスから解放される事になり、食欲が増してしまって太ってしまったと言う事等が理由として挙げられるのではないかと思います。
もしも睡眠薬を服用して太ってしまった場合、睡眠薬の効果がしっかり出ていると言う事に繋がりますので眠れると言う事に対しては良いと思うのですが、太ってしまった事を気にしてダイエットをしなくてはと思い、そのダイエットがストレスになってまた眠れなくなってしまう様になるのでは意味が有りません。
その際には医師に相談してみましょう。
その上でウォーキング等の軽い運動を始めてみましょう。軽い運動は良質な睡眠を得る為に必要な事ですので是非オススメしたいです。
この様に副作用とは言えないけれども、睡眠薬の良い効果が原因となって太ってしまうのであれば、副作用の1つと言えなくもないと言う事になるのです。
もちろん睡眠薬自体には体重増加の副作用は有りませんので、後は睡眠薬服用後の生活を正す事が必要になると言う訳ですね。

睡眠薬と頭痛

「頭痛」が起きてしまうと言う睡眠薬の副作用が有ります。
比較的睡眠薬の効果が長く続くタイプの睡眠薬を服用した場合、朝起きた時に頭痛が起こってしまうと言う副作用が出やすい様です。
またこのタイプの睡眠薬を服用した場合、頭痛だけではなくて眠気が覚めにくい、倦怠感、ボーっとしてしまうと言う様な副作用が起こりやすいと言われています。
また睡眠薬の服用期間が長くなると依存性が出る場合が有ります。
依存性が出てしまうと睡眠薬が無いと眠れないと言う様な状態になってしまいます。
睡眠薬の持続性が長いタイプ、短いタイプは問わずに睡眠薬を服用している方で、自分が睡眠薬に依存しているとは思っていない場合、眠れる様になったと思って睡眠薬の服用を急に止めてしまうと、頭痛や不安感、めまいと言う様な症状が出る場合が有ると言います。
こうした状態も睡眠薬のある意味副作用と言って良いかもしれませんね。
睡眠薬を服用する場合は、容量用法をしっかりと守り、止める場合も医師の指示通りにしていく必要が有りますので注意してください。
睡眠薬を服用している以上、少なからず頭痛などの副作用が起きてしまう可能性が有るのですが、副作用を出来るだけ起こしたくないと言う場合は、短時間型の睡眠薬や効果が優しい睡眠薬を服用する様にすると副作用が起きにくい様ですので医師に相談してみましょう。
更に睡眠効果が有るサプリメントや漢方薬も同時に摂取する事で睡眠薬の副作用が抑えられる場合も有りますが、飲み合わせによっては副作用が増す場合も有りますので、きちんと医師に相談する様にしましょう。

睡眠薬の種類【ハルシオン】

代表的な睡眠薬の種類に「ハルシオン」と言う睡眠薬が有ります。
ハルシオンは医師の処方箋が無ければ買えない睡眠薬になりますので、ドラッグストア等では購入する事は出来ません。
ハルシオンに含まれている成分が脳に直接作用するタイプの睡眠薬で、催眠作用が有ったり、鎮静作用が有ったり、筋肉弛緩作用が有ったりします。
その為に不眠症の改善効果が見られたり、麻酔する前の投薬に使用されたりすると言われています。
ハルシオンは即効性が有り、持続性は短時間とされています。持続時間は大体2時間?4時間位と言われています。
ですからハルシオンを服用する際には布団に入って眠る直前に服用する様になります。
副作用としては、肝炎や肝機能障害が出る場合が有ったり、黄疸が出る場合が有ったりします。
更に倦怠感、動悸、耳鳴りと言った副作用も出る場合もあるそうです。
またハルシオンには呼吸が抑制される場合もあるとの事で、呼吸機能に障害が有る方は服用しない様に注意しなくてはいけません。
更に服用後、意識が朦朧としてしまったり、健忘症状が出てしまったり、夢遊症状が出てしまう副作用も場合によっては有るそうです。
またどの様な副作用が出るか分かりませんので、ハルシオンを服用する場合には、他に併用する薬にも注意する必要が有りますし、アルコールは飲まない様にする事が大切です。
もしも他に服用している薬が有る場合には、医師に相談をして一緒に服用しても良いかどうか判断をゆだねる様にしましょう。

副交感神経を活発化させるポイント

副交感神経を夜寝る時間帯に活発化させる事で不眠症の症状が改善される場合が有ります。
睡眠薬の効果には個人差が有りますので必ず効果が有るとは言えませんが、現在不眠症で悩んでいる方は是非試してみると良いでしょう。
また現在睡眠薬を服用している場合、こうしたポイントを試す事で薬の効果が出なくなったり、副作用が生じる可能性が出てくる場合も有ります。
副作用は個人差が有りますので必ずあるとは限りませんが、試す場合は医師と相談してから行うと良いでしょう。

先ずは「身体のリズムを整える」という事です。
毎朝一定の時間帯に起きる事で身体のリズムが整えられていきます。
これにより、自律神経を調節する事が出来ますし、何より朝日をきちんと同じ時間に毎日身体に浴びる事で気持ち的にもリラックスする事が出来ます。
次に「軽い運動を行う」と言う事です。
軽い運動は身体を適度に疲れさせてくれてリラックス効果が得られやすいです。
対して激しい運動は身体を過度に疲れさせ、興奮状態を作りやすいのでリラックス効果が得られにくいと言われています。
ですから副交感神経を活発化させる為にはウォーキングやストレッチと言った軽い運動を出来れば毎日、または週に2?3回でも行う様にすると良いでしょう。
次に「身体を温める」と言う事です。
夜眠る前に身体を温める事で眠気が出てくる様になります。
身体を温める方法としては、半身浴をする事、ホットミルク等の温かい飲み物を飲む事等が有ります。

不眠症を自分で改善させてみましょう

もしも不眠症で悩んでいる場合、睡眠薬を服用しようかと考える方も多いと思います。
睡眠薬を服用した場合、効果は得られますが副作用が生じる可能性も有ります。
副作用は必ずある訳では有りませんし、出たとしても症状は人それぞれ違います。
ですから睡眠薬を服用する際には医師の診断をしっかりと聞いて服用する必要が有ります。
先ずは睡眠薬を服用する前に今以上に不眠症の症状が悪化しない様に自分で改善をさせてみてはいかがでしょうか。
不眠症になってしまう原因の1つとして、脳や身体をリラックスさせる副交感神経が活発化しなくてはならない夜の時間帯に、身体をアクティブに動かす交感神経が活発化してしまっている事が挙げられます。
本来、副交感神経が活発化する事で快適な睡眠が得られるようになりますので、この副交感神経が正常に働いてくれる様にする必要が有るのです。
脳や身体をリラックスさせる事で交感神経の活動が沈静化し、副交感神経の活動が活発化する様になりますので、自然と眠れる身体作りが出来る様になると言う訳です。
また常に交感神経が活発化しているとストレスを感じてしまう様になる為、イライラしたり、肌が荒れたり、身体の調子が悪くなってしまったりと、身体にも精神的にもダメージが加わる事になってしまうのです。
更に副交感神経の活動を抑制させてしまわない為に、カフェインの摂り過ぎをしない様にする事も大切ですし、これから眠るんだぞと言う意識を持つ様にする事も大切になります。
不眠症の症状が深刻化する前に、自分で不眠症を改善させる様な工夫をしていく事がとても大切なのです。
こうした事が自分自身に身に付いてくると睡眠薬を服用しなくても良いですし、副作用の事を考えなくても良い様になりますよ。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 10.26

    メンズの美白

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ