看護師の求人

この記事は16分で読めます

女性に人気の職業

圧倒的に女性のほうが多い職業というのが、いくつかありますが、その中でもすぐに思い浮かぶほど女性に馴染み深い職業といえば、「看護婦」ではないでしょうか。
近年になり、男性の姿も看護の職場に見られるようになりました。
患者さんを抱えたり、向きを変えたり等々、力が必要な仕事も多々ありますから、男性の進出は医療現場にとってもありがたいことではないでしょうか。
しかしながら、今もまだ圧倒的に女性の方が多いです。
幼いころから、看護婦さんになりたいといって憧れる女の子も多かったことでしょう。
お子様にとりましても、調子が悪い時に病院でいつも優しくしてくれる看護婦さんというのは、素敵な存在であるに違いありません。
中学時代や高校時代に学年に何人かは、看護学校へ進学したかたもいらっしゃったのではないですか。
看護婦さんになるためには、まず、看護学校へ進学し、そこで一生懸命に勉強をして、さらに看護婦の国家資格に合格してやっと看護婦という仕事をすることができます。
いえ、仕事をするためには、どこかの病院の求人に応募をして採用されなくてはなりませんね。
そのあたりは、通常の就職と変わりありません。
病院経営の看護学校でしたら、そのままそこの病院に勤務することができますが、他にも看護学校にはたくさんの求人が来るでしょうし、現在は慢性的な看護婦不足が続いていますから、勤務先を探すことが難しいということはないでしょうね。
ただ、求人がたくさんあるだけに、選ぶのも意外と大変かもしれません。
ですが、仕事が無いということがないので、他の職種よりは断然恵まれていると思います。

スポンサードリンク

慢性的不足の看護婦

あなたもご存じのとおり、新しい病院が次から次へと建ちますね。
ひとくちに病院と申しましても、内科や外科、精神科、皮膚科、耳鼻咽喉科、眼科、歯科、総合病院、大学病院等々、さまざまな種類の病院が存在しています。
そして、その全ての病院では看護婦さんが仕事をしています。
大きな病院では、何十人、何百人という看護婦さんが働いています。
それだけたくさんの看護婦さんたちが働いていますから、中には結婚や出産で長期的に休暇を取るかたもいらっしゃるでしょうし、辞めてしまうかたもいらっしゃいます。
もちろん、人間関係の問題で辞めてしまうかたもいらっしゃるでしょうし、ハードすぎて体調を崩し、自分には出来ないということで、辞めてしまうかたもいらっしゃることでしょう。
また、現在のような高齢化社会は、歴史上でも初めてのことで、高齢者の患者さんたちも非常に増えています。
年を取ると、どこかしら痛みがでてきたり、不調に感じたりするものですから、それはしょうがないことなのですが、そのような原因もあって、看護婦さんが不足している病院が非常に多いです。
インターネットの求人情報でも、新聞や求人雑誌などでも、必ずといってよいほど、どこかの病院が看護婦さんを募集しています。
あなたも一度はご覧になったことが、あるのではないでしょうか。
ですから、看護婦という仕事に就けば、仕事がなくて困るということは今後しばらくはないものと思われます。
病院や担当する科によりましては、非常にハードかもしれませんが、女性にも男性にも良い職業だと思います。

女性が自立できる仕事

女性が仕事を持って働くのが当たり前のことになりました現在ではありますが、充分な収入を得られる職業というのは、まだそれほど多いわけではありません。
まして転職でもしようものなら、多くの場合、収入は大幅に少なくなってしまいます。
結婚していて共働きであれば、多少少なくても支障ないでしょうが、一人暮らしの場合や、何らかの理由で母子家庭になってしまった場合などには、一般的な女性の収入では生活するだけで精一杯であったり、もっと悪い場合には生活そのものもカツカツになってしまうという事実があります。
ですが、看護婦の国家資格を持っていれば、少なくとも収入が少なくて困るということはありません。
求人欄をご覧になってみれば一目瞭然です。
仕事そのものはハードな部分も多いでしょうが、それに見合った収入を得ることができます。
夜勤が可能なかたであれば、さらに多くの収入を貰うことが出来るでしょう。
病人は、夜は看護しなくて良いなどということはありませんので、入院病棟のある病院では、24時間の看護体勢が必要です。
必ず、夜勤の看護婦さんが必要なのです。
しかしながら、夜勤も大歓迎とおっしゃるかたは少ないですから、病院のほうでもそのようなかたが来てくれると優先的に雇ってくれる可能性は非常に高いです。
ほとんどの場合、求人のときに「夜勤が可能なかた」というように募集をかけているはずですが、入院病棟がある病院であるにもかかわらず、そのようなことが書かれていない場合には、面接のときに必ず聞いておきましょう。
夜勤不可能なかたであっても、パートなどではなく、正式に勤務することになれば、収入で困ることはありません。
そのような意味では、女性が一人で経済的に自立でき、子供や年老いた親を養っていける素晴らしい職業のひとつであるとも言えます。

看護婦の求人サイト

看護婦さんのための求人サイトというのが非常に増えました。
通常、看護婦さんがこのような求人サイトに登録するという場合は、新卒ではなく転職の場合が多いです。
さまざまな理由があるでしょうが、看護婦さんの離職率は高いほうで、新卒で働くことになった病院に定年退職までずっと勤務し続けるかたはけっこう少ないようですね。
女性は結婚した時点で、仕事を辞めてしまうかたも多いですし、その時点ではまだ続けたとしても、その後、出産のときに辞めるかたは非常に多いです。
それは看護婦という仕事をしているかたも同じです。
もともと女性がほとんどを占める職場でしたから、一般企業に比べましたら比較的、産休が取りやすいなどのメリットもあるのですが、やはりそれを機に辞めてしまうかたは多いです。
一人目の子供のときは、なんとか続けても二人目で辞める場合もあるでしょう。
また、両親の介護などが始まったために、辞めてしまうかたもいらっしゃいます。
単に、仕事が合わなかったり、人間関係、その他で辞めるかたもいらっしゃいます。
とにかく離職率が高いわけですが、反面、再就職率も高いほうです。
やはり、どなたでも出来る仕事ではなく、国家資格を持っていなくては出来ない仕事ですから、子育てや介護が一段落したときに、再就職を希望するかたも多いのです。
そして、その時のための求人サイトとして、看護婦専門のものがあるとより良いのではないかという発想から、多くの求人サイトがたちあがりました。
当然、そのほとんどが看護婦さんの募集で、しかも登録制ですから、ご自身の条件にぴったりの勤務先が見つかりやすいという大きなメリットがあります。

夜勤のアルバイト

この社会には、24時間誰かしら勤務していないと回ってゆかない仕事が多々あります。
病院もそのひとつで、大きな病院では必ず夜勤の看護婦さんが待機しています。
一般的に、多くの人々は夜勤よりも日勤を好みますので、夜勤を強く希望するかたは少なく、そのぶん夜勤のお給料は割増になっていたり、夜勤手当がついたりするものです。
もともと、看護婦さんの求人がなされた時に、夜勤も可能ということで雇ってもらったかたは夜勤があって当然ですが、あまりにも看護婦さんが足りない病院では、日勤だけでも良いという条件で募集をかけることもあります。
ですが、それでは夜勤のかたが足りなくなりますから、夜勤だけのアルバイトという形で募集する病院も増えてきました。
夜型で、収入が少しでも多いほうが良いというかたは、断然、夜勤が良いでしょうね。
結婚していて、ご主人が普通に日勤であったり、お子様が学校へ通っている年代ですと少々困ることもありそうですが、独身者であれば、たとえアルバイトであっても看護婦の仕事でしかも夜勤となりますと、かなりの収入を得ることが出来るでしょう。
夜勤だからといって、仕事は決してラクではありませんが、寝ている患者さんが多いですから日勤に比べますと、いくらかラクであるとも言えるでしょう。
夜勤だけの雇用形態はアルバイトという形が多いようですが、求人をよく探したり、スタッフに尋ねてみることで、ほかの雇用形態も見つけられることがあると思います。
また、とりあえずアルバイトで働いていれば、勤務態度や仕事の様子を見ていてくれて、やがて病院のほうから、他の雇用形態へのお話があるということもあり得るでしょう。
また、何年かして日勤に変わりたいと思ったときには、新規で募集するかたよりは優先的に移動させてくれるなどのはからいもあることでしょう。
それはさておき、今現在、夜勤を希望のかたにも求人サイトは役に立ちます。

夜勤のない医療施設

さまざまな理由から、どうしても夜勤はしたくないとおっしゃる看護婦さんも多いです。
看護婦さんの求人を拝見してみますと、数多くの医療施設の中には、夜勤なしとなっているところもありますので、そのようなところへ応募をするのもひとつの方法です。
また、外来のみを担当する看護婦さんでしたら夜勤はありませんし、「○○クリニック」や「××診療所」といった名称の医療機関であれば大概の場合、夜勤はありませんので、日勤のみで良いことになります。
ただし、日勤の病院やクリニックと申しましても、最近では忙しい社会人のかたがたのために、かなり夜遅くまで営業しているところも増えてまいりました。
これまでの一般的な病院の営業時間と申しますと、だいたい8時から9時くらいの間に始まり、終業時間も17時から18時の間程度で、通常の一般企業と大差ありませんでした。
しかし、そうであるからこそ、一般の企業で仕事をしているかたがたが、なかなか病院に通うことができないのです。
診察は一回限りで終わりということも少ないですから、何度か通わなくてはなりませんが、そういたしますとそのたびに遅刻や早退をしなくてはならなくなります。
それではあまりにも心苦しいですよね。
そのあたりを考慮してくれる病院が多くなり、社会人でも気兼ねなく病院へ行けるようになりました。
同時に病院のほうでも、診療時間を遅くしたぶん、患者さんが増えましたから経営に関しましてもより上向きになってきたというわけです。
診療時間を遅くした分は、お昼休みを長くとるなどの工夫をしているようです。
ですから、看護婦さんの立場となれば、日勤とはいえ営業時間をしっかりと確認してから応募をしないと、かなり遅くまで働くことになります。
求人に関しましては、必ず勤務時間を確認して自分の都合と照らし合わせたうえで決めてください。

病院・クリニック・診療所・医院

医療系の求人情報、その他をご覧になるときに、注意していただきたいことがあります。
あなたが、本気で看護婦という職業に就きたくてこれまで一生懸命に勉強したり、経験を積んだりしてきたのでしたら、もうとっくにお分かりのこととは思いますが、中には、きちんとわかっていないかたも、いらっしゃるかもしれませんので、今ここでしっかりと覚えて頂きたいと思います。
また、これから看護婦さんになりたいと思っていらっしゃるかたも、意外と大事なことですので、覚えておいてください。
一般のかたの大半は、「病院」と「クリニック」と「診療所」と「医院」の違いをよくわかっていません。
ですが、看護婦さんにとっては、これらのどこで働くかということも意外と重要ではないでしょうか。
まず「病院」というのは、入院患者のためのベッドを20以上持っている医療施設のことを言います。
また、そのような病院の中でもベッド数が200以上ある大きな病院になりますと、初診料や再診料が変わってくるという事実があります。
経験なさったことがあるかもしれませんが、紹介状を持って行かないと、特別料金がかかる病院ということになります。
そして、ベッド数が19以下からゼロまでの医療施設には診療所やクリニック、医院という名称がつけられています。
ほとんどの場合、各医療施設の名前の後に、「病院」、「クリニック」、「診療所」、「医院」のどれかが付けられていますから、求人情報をご覧になる時や病院にかかるときにも分かりやすいと思います。
大病院で働きたいのか、それとも小ぢんまりした開業医のもとで働きたいのか、看護婦さんたちにも好みがあることでしょう。
大きな病院と開業医では、お給料にも差がでてくるかと思いますが、自分自身の能力を発揮できて、長く勤務出来るようなところが良いでしょう。

派遣の看護婦

一般企業で働く人々の雇用形態のひとつとして「派遣社員」という形があるのは、皆さまご存じですよね。
この雇用形態はもうかなり以前から採用され、すっかり定着もいたしました。
しかしながら、専門職の派遣というのは、当初あまり多くありませんでした。
それもだんだん、社会や働き方の変化とともに改善されてゆき、現在では医療関係者でさえも「派遣」という雇用形態で働くことが可能となりました。
もちろん、看護婦さんの求人の中にも派遣という形態があります。
派遣で働くということは、多くの場合、その道で経験を積んだプロフェッショナルであり、勤務一日目からプロとしてテキパキと仕事をこなしてもらうという期待をされることでもあります。
そのため、経験が浅すぎたり、実際の仕事ぶりが病院側の期待通りでなかったりした場合には、すぐに契約を切られてしまうというデメリットがあります。
反面、病院側の期待通りに仕事をこなせば、直接そこの病院と雇用契約してくれないかと頼まれることも多々あるようです。
派遣の看護婦という働き方が好きなのであれば、そのまま派遣として勤務するもよし、派遣先の病院が気に入ったのであれば、病院側の希望どおりに直接契約するもよし、選択肢が広がるのが派遣の良いところでしょうね。
気に入らなければ、自分のほうから契約を更新しなければ、また他の病院へ行くこともできます。
いくつかの病院で仕事をしているうちに、ここで長く働きたいというところが見つかることだってあるでしょう。
たくさんの求人の中からなかなか選べない場合にも、まず派遣として働いてみるという考えも良いと思います。

看護婦さんが働く場所

看護婦さんが働く場所というと、真っ先に思い浮かべるのが病院ですよね。
もしくは、クリニック、診療所、医院といったところでしょう。
看護婦さんのための求人を拝見していても、ほとんどがそのようないわゆる医療機関と呼ばれるところです。
しかし、看護婦の資格を持っているかたを必要としているのは、決してそれだけではありません。
たとえば、最近ものすごいスピードで増えています「介護施設」もそのひとつです。
以前は介護施設からの求人は、それほど多くなかったのですが、現在は増えてまいりました。
ここでの仕事は、老人の看護や介護になります。
他にも、ケアマネージャーさんやホームヘルパーさんなどとともにチームとして仕事をしてゆきます。
ほとんどの場合、看護の対象者は高齢者ということになりますね。
そして「保健所」も、仕事場のひとつです。
保健所は病院に比べますとあまり馴染みがありませんが、地域のかたがたの健康管理、病気の予防などの役割を持った機関です。
ここでの看護婦さんの仕事は、その地域のかたがたへの保健指導やさまざまなケアですね。
さらに、「訪問看護」という働きかたもあります。
その名前の通り、病院などに通うことが出来ないかたや在宅介護のかたを訪問して様子をみたり、身の回りのお世話をはじめとして回復するための手助けをします。
訪問看護の需要も近年はだいぶ増えてまいりました。
看護婦の資格があれば、このような仕事場もあります。
求人もたくさん来ていますので、病院という一か所から視野を広げてみても良いと思います。

総合病院での仕事

看護婦さんにもいろいろと好みがありますから、大きな病院で働きたいというかたもいらっしゃいますし、小さな病院で働きたいというかたもいらっしゃいます。
大きな病院と申しますと、総合病院や大学病院くらいの規模の病院でしょうか。
看護婦さんを募集している総合病院や大学病院は非常に多いです。
求人情報に目を通していますと、必ずどこかしらの総合病院や大学病院が載っています。
と申しますのも、やはり大きな病院であるほど患者さんは多く、その分、看護婦さんも多数必要となるからです。
以前、「総合病院」と呼ばれるための定義のようなものがありましたが、現在はそれは廃止されました。
そして以前よりもっと大雑把に、主要な診療科、たとえば内科や外科、耳鼻咽喉科、眼科等々ですが、それらが揃っていて、入院施設も整っている病院のことを総合病院と呼んでいます。
ひとつの大きな病院の中に、さまざまな診療科が入っていますから、それぞれの配属で医師の診察補助業務をします。
また、総合病院には必ず入院施設がありますから、緊急入院となった場合の入院病棟との連絡や事務的業務もありますし、緊急手術が行われる場合の手術室との連絡業務等、直接、医療と関係の無い業務も必要です。
さらに、患者さんが入院している病棟では、患者さんの日々の様子をチェックして体調管理も行いますし、点滴の交換、日常的なお世話なども仕事のひとつです。
入院病棟では、夜勤があるのが普通ですから、そういう面でのハードさも覚悟していなくてはいけません。
通常、2交代制、3交代制でローテーションを組んでいますので、その体制に慣れることも大切です。
そのあたりは求人の応募条件の中に詳しく書かれていると思いますが、まずハードすぎて無理だと感じるかたは、最初から総合病院は外して考えたほうが良いかもしれません。

救急救命センターでの仕事

通常の病院とは、少々異なった仕事として、救急救命センターの仕事がありますね。
こちらでも、看護婦さんの求人はけっこう見かけます。
一口に救急医療と申しましても、「初期救急」と申しますのは、入院の必要性がなく、外来の診療だけで対応可能な軽症の患者さんを診療します。
そして、「二次救急」と申しますのは、入院しての治療を必要とする患者さんを診療します。
さらに、「三次救急」と申しますのは、二次救急でも対応できないほど重症で、命の危険がある患者さんを受け入れます。
救急救命センターというのは、この三次救急のことを言います。
つまり、命の危険がある患者さんばかりを受け入れるところです。
そのような患者さんばかりが、毎日24時間いつでも運ばれてくるのですから、そこで働く看護婦さんには、ハードな業務に耐えられるだけの体力と精神力が必須です。
そして、救急救命センターに運ばれてくる患者さんというのは、脳溢血や脳の外傷、心筋梗塞などの心疾患、大事故の外傷、全身に及ぶほどの熱傷、原因不明で意識が亡くなったかた等々、ありとあらゆる症状を持っています。
その分、非常に広範囲におよぶ知識と経験が必要とされることにもなります。
また、治療に使用する医療機器も、通常の業務ではあまり使わないようなものを使いますから、そのような操作も知っておく必要があるでしょう。
そのような事から考えますと、看護婦という仕事の頂点を極めるような感じかもしれません。
救急救命センターでの仕事を難なくこなせるようになれば、他のどこの科に行っても仕事がラクだと感じるようになるでしょう。
経験を積んだあなたの前に、救急救命センターの求人が差し出されたのであれば、ぜひとも応募してみてください。

大学病院での仕事

看護婦さんの求人では、大学病院もよく募集をかけていますよね。
あなたは大学病院に魅力を感じたことはありませんか。
今回は、大学病院での仕事について、お話したいと思います。
あなたがもしも、大学病院で働くことに対して、敷居が高いと思っていらっしゃるのでしたら、それは間違いです。
多くの大学病院では、門戸を広く開けています。
だからこそ、あちらこちらで求人を見かけたり、耳にもします。
たとえば、看護学校を卒業後すぐのかたでも雇ってもらうことができますし、それがたとえUターン就職であったとしても構いません。
もちろん、他の病院からの病院替えであっても、一時的に辞めていて復帰の場合であっても、どのようなケースであっても勤務可能な病院が大学病院なのです。
そして、大学病院で働くことの最大のメリットといえば、やはり最先端の医療を体験できるということでしょう。
その分、看護婦さんのほうにも、普通以上の向上心とやる気がなくてはなりません。
そして、大学病院の特徴としては、看護婦さんをはじめとした医療に携わるかたがたへの教育を行わなくてはなりません。
仕事に就いたら学びはもう終わりということではなく、日々、常に学びの精神を持っていなくてはなりませんし、実際に勉強会やら研修やら学びの機会が非常に多いです。
そして、看護婦としてのスキルアップを目指します。
そのようなことに喜びを感じられるかたに向いているのが大学病院なのです。
一方、大学病院は医師が多いので、看護婦さんは、本来の看護婦としての業務のみに力を入れる事ができます。
つまり、点滴などの診療補助もほとんど行わないため、大学病院のあとで個人病院に勤務したときに、そのような経験不足が少々問題になるかもしれません。
ですが最先端の医療は魅力的ですね。

がんセンターでの仕事

「がん」は現在のところ、日本人の死因の第一位となっています。
早期発見により完治も可能となりましたが、再発の恐れもありますし、まだまだ恐れられている病気です。
その、がんを専門とする医療機関が「がんセンター」ですが、そこでも看護婦さんの求人を見かけることがあります。
しかし、がんセンターそのものは、全国的に見てもそれほど数は多くありません。
そして、国立のがんセンターがあり、公立のがんセンターもあります。
このがんセンターに勤務する看護婦さんは、どのような仕事をしているのかと申しますと、がんを切除する手術の補助であったり、放射線治療や化学療法の補助であったりがメインではありますが、その他に、がんは痛みが強く出てくる病気でもありますので、痛みを緩和させるケアや、終末期のケアまでもすることになります。
患者さんのご家族のケアも必要ですね。
ご家族やお知り合いのかたをがんで亡くしたことがあるかたや、がんという病気に興味を持っているかたは、ぜひ、このがんセンターの求人に応募をしていただきたいと思います。
がんという病気を専門的に扱っているため、看護婦としてもがんのエキスパートになることが出来るでしょう。
実際、がん看護のキャリアアップを支援してくれているがんセンターは多く、認定看護婦や専門看護婦などの資格取得も可能です。
死因のトップであるがんは、それだけ患者数も多いですし、これから先も増え続けることでしょう。
そして、全身のどこにでも発症しますし、各部位のがんについて、さまざまな知識も必要です。
質の高い看護婦さんが求められます。
お住まいの地域のがんセンターが看護婦さんの求人をしていたなら、思い切って応募してみてはいかがですか。

訪問看護の仕事

近年の高齢化の波に乗り、医療業界にも少しずつ変化が見られるようになりました。
一昔前までは、よほどの過疎地でなくては存在しなかった訪問看護という仕組みが、全国のどこにでも見られるようになりました。
そのため、看護婦さんの求人のなかにも、訪問看護ステーションからの求人がよく見られます。
看護婦さんの働く場が非常に増えましたから、それぞれの場所でどのように仕事を進めてゆくのか、ざっとでも知っておいた方が良いですよね。
働く場所が違えば、勤務形態もまた変わってくるでしょうし、融通が利く職場もきっとあると思います。
さて、訪問看護ですが、さまざまな理由から病院などの医療施設ではなく、在宅で療養しているお宅へ訪問する仕事です。
現在では、この仕事も無くてはならない仕事となっていますので、訪問看護専門の看護婦さんは必要不可欠となっています。
あなたも求人情報などで見かけたことがあると思いますが、その時に、少しでも興味をお持ちになるなどしませんでしたか。
仕事内容は、患者さんの健康状態のチェックや、リハビリの指導などが主ですが、ホームヘルパーさんの存在の有無によりましては、床ずれ予防のための体位変換や、身体の清拭、排せつの補助、食事の世話等々、日常生活に必要なサポートも行います。
在宅でなにかしら医療器具を使用して療養中の場合には、それらのチェックも行います。
もちろん、ご家族へのさまざまな指導やアドバイスもしなくてはなりません。
在宅の患者さんは、家族に迷惑をかけているという意識を持つかたも多いですし、ご家族のほうの肉体的、精神的疲労も大きいので、そのようなことにもよく気付き、配慮できる優しい気持ちを持てる看護婦さんが最適だと思います。
訪問看護の求人が気になるようでしたら、一度経験してみるのも悪くないと思います。

特別養護老人ホームでの仕事

介護施設とはまた少々異なる向きもある「老人ホーム」ですが、ほぼ同一とみなして良いのが「特別養護老人ホーム」です。
一般的な老人ホームは、健康状態が比較的良いかたがたが暮らしているのですが、特別養護老人ホームは要介護1?5の介護が必要なかたがたが暮らしているところなのです。
こちらも、この高齢化社会の到来とともに、急激に増加しています。
それとともに、老人ホームからの看護婦さんの求人も多々見かけるようになりました。
特別養護老人ホームを運営しているのは、主に地方自治体や社会福祉法人ですので、有料の介護付き老人ホームに比べますと、費用もかなり安くあがります。
そのため、常に入居希望者が多く、申込みをしてから実際に入居できるまで、何年も待たなくてはならないという状況が続いているのが現状です。
そのような特別養護老人ホームで働く看護婦さんの仕事といえば、やはり健康管理がメインとなります。
相手はただでさえ介護が必要な高齢者ばかりですから、体調を崩しやすいのですね。
少し体調が悪いと、食欲もなかったり、じんましんのような皮膚トラブルが発生することもあります。
また、認知症まではいってなくとも、薬の種類や量を間違えてしまう患者さんもいらっしゃいますから、薬の管理も大切な仕事です。
普段は、なにかしらの治療が必要というわけではない高齢者が相手ですから、病院に比べますと気持ち的にはラクな部分もあるのですが、なにしろ高齢者ですから、いつ体調が急変するかもわかりません。
24時間、医師が常駐しているところは非常に少ないので、看護婦さんの判断が重要となります。
このような特別養護老人ホームは、これからも増え続けるでしょうし、看護婦さんの求人もさらに増えてゆくでしょう。

一般企業での仕事

看護婦さんの求人が、一般企業からも来ることがあります。
一般企業で、看護婦さんが一体どんな仕事をするのだろうかと疑問に思うかたもいらっしゃるかと思いますが、まずは、社員のかたがたの健康管理がメインの仕事です。
そのほとんどが社員数の多い大企業と呼ばれるようなところになりますが、そのような企業には、学校のように保健室のようなものがあり、体調が優れない社員のかたを診てあげるのです。
また、会社での健康診断の結果をもとにして、健康に関する相談にのったり、生活習慣病にならないように指導したりの仕事もあります。
さらには、最近、非常に多いうつ症状やうつ病など、メンタルな方面での相談にのったり助言をしたりもします。
企業に看護婦さんがいることで社員は安心して仕事ができますし、的確なアドバイスによって、大事に至る前に病院へ行くことも出来るのです。
また、同じ一般企業ではあっても、もう少々、医療関係寄りの一般企業として、治験業務を行っている企業からの求人も時々、見かけます。
治験はご存じでしょうか。
新薬が薬事法の承認を得るため、安全性もしくは有効性などを高める臨床試験のことを言います。
看護婦の資格を持っていることで、治験を実施する製薬会社などのサポートや、実際に行う医療機関でのサポートなどを行うことになります。
さらには、クリニカルコーディネーターと言って、製薬会社や医療機器のメーカーに勤務し、商品のPRを行ったり、商品を医療機関に納品する際、使い方をレクチャーする仕事などをします。
このように、一見、看護婦さんっぽくはない仕事もあります。
看護婦の資格をとったものの、一度、一般企業でも働いてみたかったというかたには最適です。
このような求人を見逃さないようにしていてください。

看護婦さんの再就職について(1)

看護婦の資格をお持ちのかたが働ける場所は、非常に多岐にわたります。
しばらく求人情報等を見ていれば、必ず働いてみたい場所での募集が載ることと思います。
近年は、看護婦さん専門の求人サイトがいくつもできましたから、仕事も探しやすいですし、ご自身の条件にぴったりの仕事場を紹介してもらうことも容易で、大変、良い傾向だと思います。
ただ、少し長めのブランクがあるかたは、求人情報をご覧になっていても、なんとなく再就職しにくいと感じてはいませんか。
資格は持っていても、医学の発展は目覚ましいものがありますから、自分が働いていた時の知識や技術が今でも通用するのかどうか、そして、見たこともないような最新の医療機器が導入されていて、その操作などもまったくできないのではないか等々、不安ばかりが頭をよぎることと思います。
ですが、それでは看護婦さんの再就職など無理ということになってしまいますが、実際にはたくさんのかたが再就職をしています。
と、申しますのも、かなり以前より看護婦さんの不足が続いています。
そのため、多少のブランクがあったとしても、経験者の看護婦さんに来てもらいたい医療施設は多いです。
ブランクのある看護婦さんの再就職のために、新しい医療機器の使い方の研修を行ってくれるところもありますし、基本的なこと、例えば採血の仕方などの技術的な研修を行ってくれるところもあります。
そのような配慮のある医療機関であれば、安心して再就職できますよね。
また、そのような配慮をしてくれる医療機関は、他のさまざまな面におきましても、仕事をする人々のことや患者さんのことを考えてくれているように思えますね。
求人に応募するときには、そのような部分もしっかりと考慮にいれておきたいものです。

看護婦さんの再就職について(2)

仕事からしばらく離れていて、再就職しようと思いついたときにご自分の知識や技術がもう時代遅れなのではないかと悩む看護婦さんは多いです。
まして、看護婦さんは人間の健康や命に係わる仕事でもありますから、常に最新の安全な知識と技術が必要であるのは事実でしょうが、必ずしも病院に再就職しなくてはならないわけではありません。
現在、看護婦さんの仕事場は非常に幅広い中から選べるようになりました。
一度、求人情報をご覧になってみてください。
看護婦の資格を持つかたを募集しているのは、決して病院だけではありません。
病院に再就職する自信が、どうしても持てないというのであれば、無理して病院でなく他を探せば良いだけです。
もっと視野を広げてみることも大事です。
また、再就職が不安なのは、どなたでも同じです。
雇ってもらえても、最初のうちは新しい知識を覚えたり、新しい機器の操作を覚えたりと、学びながら仕事をするような感じで非常に忙しく疲れることでしょう。
ですが、それがずっと続くわけではありません。
看護婦としての基本的な仕事はすでに充分、経験を積んでいるので、すぐに色々なことが理解できて慣れてしまいますよ。
ですから、病院で働きたいと思うのでしたら、あまり不安がらずに思い切って気に入った求人に応募してみることです。
また、最先端の医療ではないものの、多くの皆さまに頼りにされる過疎地や離島などで働いてみるという選択肢もありますね。
さらにもっと思い切って海外という手もあります。
独身で自由がきく身であれば、まだまだいくらでも仕事の幅を広げられますので、どうぞ自信を持ってください。

看護婦さんのための求人サイト

看護婦さんのためだけの求人サイトというのがありますが、あなたはご覧になったことがございますか。
現在は、そのような求人サイトがいくつもありますので、まだご覧になったことがないかたは、一度、アクセスしてみたら良いと思います。
もちろん、現在の職場がとても気に入っていて、そこを辞める気などまったくないとおっしゃるのでしたら見る必要もありませんが、少しでも職場を変えたい気持ちがあるのでしたら、目を通しておくと良いと思います。
本当にたくさんの仕事場が看護婦の資格を持っているかたを必要としていますので、気持ち的に安心するのではないでしょうか。
ただし、このような看護婦さんのための求人サイトは、基本的に登録が必要となります。
最初に、住所、氏名、連絡先、持っている資格、希望する勤務地、希望する勤務形態等々を記入して登録したのち、希望に合った求人をいくつか紹介されて、その中から選ぶことができます。
また、サイトによりましては、あなたのご希望にそった仕事先をいくつかピックアップした後、実際の面談をしながら紹介してくれるところもあります。
勤務時間などの細かい希望も、きちんと考慮してくれて、それに見合う仕事場を探してくれるところも多いので、転職を希望するのであれば、登録しておいて損は無いと思います。
登録料は無料ですし、北海道から沖縄まで全国の仕事場を網羅しているサイトが多いです。
今すぐに転職を考えていないとしても、今の職場に数多くの不満があるのでしたら、いくつかの求人サイトに登録だけでもしておいたほうが良いでしょう。
実際に登録している看護婦さんの数は多く、良い条件の求人はすぐに埋まってしまいます。
ですので、真剣に他の仕事場に移りたいかたや、再就職を希望するかたは、決断力も必要でしょう。

人気のある求人サイト

インターネットが急速に発展してからというもの、求人サイトが非常に増えました。
そして、中には専門職のための求人サイトなども出来まして、その中には医療関係者、とりわけ看護婦さんのための求人サイトが増えています。
あちらこちらで宣伝などもしていますので、あなたも何度かは目にしたことがあるのではないでしょうか。
すでに登録しているかたもきっといらっしゃることでしょう。
いくつもの求人サイトがありますが、今回はとくに人気のあるものをご紹介してみましょう。
紹介する順番はとくに意味はなくランダムです。
宣伝などでも良く見かけます「ナースではたらこ」という求人サイトがありますが、こちらはよく見かける分、やはり人気もあるようですね。
転職に成功したかたには、10万円のボーナスをくれるキャンペーンを実施するなど、転職したい気持ちがあるかたの背中を押してくれるようなサービスが自慢です。
「看護のお仕事」という求人サイトも人気があります。
日本全国を網羅した求人情報ですが、さまざまな細かい条件を伝えることで、コンサルタントのかたが膨大な数の求人の中から、ピッタリの勤務先を探し出してくれます。
こちらのサイトも支援金を支給してくれるなどのサービスがあります。
「ナース人材バンク」も細かい条件に合った勤務先を紹介してくれますし、もしも完全に当てはまるようなところがなかった場合には、勤務先にいろいろ交渉してくれるという徹底ぶりです。
実際に顔を合わせての相談が大変評判良いようです。
これら以外にも、まだいくつもの求人サイトがあり、それぞれに得意とする部分を持ち、嬉しいサービスなどを実施しています。
比較のためにもいくつか登録して、一生、看護婦という仕事を続けたいと思うような勤務先を見つけてください。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2018 02.13

    調理師の資格

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ