父の日に名前入りプレゼント

この記事は13分で読めます

父の日のプレゼント

毎年父の日がやってきますが、プレゼントは何がいいでしょうか。
お父さんの好みも様々ですから、インターネットなどでもバラエティに富んでいます。
その中で注目されているプレゼントが名入れのアイテムです。
名入れをしたカップやネクタイなど父の日のプレゼントにどうでしょうか。
お父さんの年齢によってプレゼントは変わってきます。
まだ、子どもが小さいなら手作りの品を幼稚園や小学校で制作していることでしょう。
一般に市販されている商品に名入れをする場合は、それなりの費用がかかりますから、社会人になってからのプレゼントと考えるべきでしょう。
名入れプレゼントのランキングを見てみましょう。
1位はボールペンです。
仕事だけではなく自宅でも使用する機会の多いボールペンですが、100円ショップで買ったボールペンよりも自分だけのボールペンが欲しいものです。
自分で購入するよりも父の日のプレゼントとしてもらいたいでしょう。
ペンはいろいろなタイプがあります。
万年筆感覚のものやシャープペンが一緒になったタイプなど、ずっと使い続けられる高級品です。
次に人気のプレゼントはタンブラーです。
真空断熱されたタンブラーは温かいもの、冷たいもののどちらも温度を維持するタンブラーとして人気です。
その側面に名入れをするのです。
ステンレス製ですから名入れは簡単です。
プレゼントに最適でしょう。
ちょっと変わったところでは、USBメモリーの名入れバージョンです。
仕事で使う時でも自分だけのメモリーなのだと注目されるでしょう。

スポンサードリンク

父の日に注目のプレゼント

父の日のプレゼントとして注目されているアイテムを紹介しましょう。
お父さんの趣味にもよりますが、アルコール類やタバコ類でしょうか。
アルコールなら日本酒のラベルに名入れをしてもらうサービスが注目されています。
父の日のプレゼントとして、日頃の感謝の気持ちを瓶のラベルで伝えるのでしょう。
オリジナルプレゼントとしては、世界に一つしかありません。
もちろん、健康に注意しながら飲んでもらいたいものです。
メッセージと名入れを合わせることもできます。
あらかじめ準備されているテンプレートから選ぶこともできますが、画像を含めたオリジナルラベルの作成も可能です。
インターネットで検索すれば、たくさんのショップがあります。
アルコール本体の価格に数千円程度の上乗せです。
プレゼントとしてはリーズナブルです。
同じようにタバコもプレゼントできます。
ただ、タバコは健康に悪いと言う気持ちが強いですから、プレゼントとしてはお母さんが喜ばないかもしれません。
この他にはファッション関係のアイテムもたくさんあります。
帽子やネクタイなども名入れサービスがあります。
高級ファッションであれば名入れは無料となっている商品もあります。
アルコール類よりも少し価格帯は高めになります。
帽子やベルトに名入れをしておけば、自分がプレゼントされたものだといつも思ってもらえるでしょう。
父の日のプレゼントはその時の一時的な気持ちだけではなく、もっと継続的な感謝の気持ちを表現したいものです。

父の日に名入れプレゼント

父の日にプレゼントをしていますか。
毎年のことですが、いつもその時期になってから考えている人が少なくありません。
もちろん、感謝の気持ちはいつも持っているとしても、プレゼントをいつも贈るわけではありませんから、それでいいでしょう。
そのために父の日があるのです。
さて、プレゼントに名入れサービスを行う通販サイトが増えています。
金属類や樹脂であれば、その硬い表面に名入れすることは難しくありません。
名入れサービス料は無料に設定しているところも少なくありません。
ただ、名入れサービスのための時間がかかりますから、早めに通販サイトで申し込みをしておかなければなりません。
インターネットで検索すれば、いろいろなアイテムの名入れサービスがあります。
日本酒、ボールペン、万年筆、カバンなどがポピュラーなところでしょうか。
ファッション関係もあります。
ベルトや帽子などいつも身に付けるアイテムがあれば、それに名入れをしてもらいましょう。
文字だけを指定して、後は業者に任せるサービスと、画像としてデータを送り、それを使って名入れをしてもらうこともできます。
どのようなプレゼントがお父さんに似合っているかを子どもたちで考えてみましょう。
名入れサービスとはその話し合いを持つ機会を与えてくれると考えることもできるでしょう。
つまり、父の日はプレゼントだけが重要ではなく、あらためて感謝の気持ちを伝える気持ちを持つための日なのです。
あなたたち家族はどうでしょうか。

父の日と名入れ

多くの家庭では父の日にプレゼントを贈る習慣が定着しています。
小さい時から幼稚園や小学校で父の日が一つのイベントとなるからです。
もちろん、家庭環境によってプレゼントの習慣がない場合もあるでしょう。
大人になってからは父の日のプレゼントは少し豪華にしてみてはどうでしょうか。
名入れのアイテムが注目を集めています。
例えば、日本酒やワインのラベルに父の日のオリジナルラベルを張り付けてプレゼントするのはどうでしょう。
お父さんがアルコールを飲まないのであれば、ネクタイやハンカチなどでもいいでしょう。
また、ファッション関係であれば、ポロシャツやワイシャツもおすすめです。
ただ、衣服の場合は名入れの場所が襟や裾の目立たないところに限られます。
いろいろと気をつけなければなりません。
一般的に名入れのためには追加料金がかかりますが、インターネットなどで注目すると意外と安価なサービスとして提供されています。
現代の名入れは機械で簡単に入れることができるからです。
ただ、注文を受け付ける作業が発生するため、その費用分を商品価格として払っていると考えればいいでしょう。
プレゼントをもらう方にしてみれば、名入れをしたプレゼントは誰でも嬉しいはずです。
父の日が毎年恒例イベントであっても、その気持ちは変わりません。
だんだんと高齢になっていくにしたがって、子どもたちからのプレゼントに対する気持ちは強くなっていきます。
お互いのコミュニケーションのためのイベントとして有益な時間としたいものです。

父の日と年齢

あなたが父の日のプレゼントをもらう立場であれば、自分の年齢によって気持ちが変わってくるでしょうか。
子どもが小さい時は父の日のプレゼントは手作りの絵や折り紙など微笑ましいものでした。
自分の子どもが一生懸命に作ったのですから、素直に喜んでいたはずです。
ただ、年月が経つにしたがって、子どもたちは大きくなり、プレゼントも高額なものに変わってくるでしょう。
そこで名入れをしたプレゼントが人気を呼ぶことになります。
もちろん、子どもはいつまでも子どもですから、父の日のプレゼントは嬉しいものです。
年齢に合わせたプレゼントをもらうことがベストですが、時には違ったものも嬉しいでしょう。
また、飲み物や食べ物であれば、一緒にテーブルを囲むこともできます。
子どもがプレゼントを持ってきてくれるなら、それを理由にして食事をすればいいのです。
さらに高齢になれば体も思うように動かなくなるかもしれません。
プレゼントをもらうことではなく、顔を見ながら話をすることだけでも嬉しい時と感じられる日が来るのです。
そのことを素直に伝えましょう。
顔を見せてくれるだけでいいのだと言うことです。
子どもの立場で考えた場合、父の日のプレゼントは年齢によって変えるべきだと思うはずです。
健康に配慮するなら、アルコール類は避けたくなります。
ただ、名入れしたワイン瓶を見ながら一緒に食事をするのはみんな喜んでくれることでしょう。
グラスに名入れをすれば、その後もグラスを見ながら楽しんでもらいましょう。

父の日と季節のアイテム

父の日は毎年6月の第三日曜日です。
プレゼントは季節感のある夏服などはどうでしょうか。
裾に名入れをしてもらうと、とたんの特別なプレゼントになります。
それだけ名入れの効果は高いと言えるでしょう。
また、日差しも強くなりますから、帽子もいいですね。
数年経てば、また買い替えの時期となるでしょう。
母の日と父の日を合わせて、二人に旅行をプレゼントする人も少なくありません。
毎年、同じものではお父さんも喜んでくれないような気がしてきますから、いろいろと考えてみることをおすすめします
夏の季節がもうすぐですから、ビールを飲むためのグラスもいいですね。
名入れしたグラスは通販サイトで人気商品です。
ガラスのグラスではなくステンレス製です。
真空断熱二重構造になっていますから、ビールを入れても冷たいままです。
夏場にはお父さんも毎日冷たいビールで嬉しくなるでしょう。
価格は三千円程度で、ちょっと高めです。
もちろん、毎日晩酌をしているお父さんへのプレゼントなら喜んでくれるでしょう。
このグラスなら母の日のプレゼントにもいいですから、二人におそろいのプレゼントにしてみてはどうでしょうか。
どちらも名入れをしておけば、間違えることはないでしょう。
最初から2個のペアグラスもあります。
アルコールを飲まないお父さんなら、マグカップや湯飲みでもいいでしょう。
それから、仕事やスポーツで汗を拭く機会が多いなら名入れタオルもおすすめです。
夏場に使うアイテムはいろいろありますね。

父の日と子ども

子どもがお父さんのために父の日のプレゼントを用意するケースは少なくありません。
幼稚園や小学校の行事として行われているからです。
休日のイベントでは子どもたちが名入れをしたプレゼントが用意されています。
子どもの時から父の日や母の日のイベントが習慣となっていても、成長するにしたがってだんだんとやらなくなります。
その後、学校や仕事で家を出てしまうと、ほとんどしなくなるでしょう。
それでも結婚して、子どもが生まれるとまた父の日のプレゼントを再開させる人が少なくありません。
子どもを持って初めて親の気持ちがわかってくるからです。
父の日や母の日はプレゼントをもらう人のためだけではなく、贈る人のためにもあるのでしょう。
父の日の由来や意義を知ることと、何をプレゼントするかは直接関係ありませんが、名入れの箸やジョッキ、マグカップがおすすめでしょう。
最近は、多くのアイテムに名入れができるようになりました。
財布やライター、スマートフォンケースなど名入れができないものはないと考えていいかもしれません。
子どもの時は自分で作ったプレゼントでも、働くようになってプレゼントを買うことができるようになれば、アイテムも幅広くなっていきます。
高級な商品を購入する必要はありませんが、お父さんが喜んでくれる品物を選ぶことが重要です。
小さな子どもではありませんから、プレゼントの押し付けではなく、事前に欲しいものを聞いておくのも悪くありません。

父の日と健康

父親の健康は子どもにとっては気になるところでしょう。
いずれは寿命が来ることはわかっていますが、少しでも長生きをしてもらいたいと思うはずです。
毎年やってくる父の日のプレゼントは何を贈りますか。
若いお父さんなら名入れラベルを貼ったアルコールが定番かもしれませんが、高齢になるにしたがって、健康的なプレゼントを考える人が増えてきます。
また、直接健康に関係しなくても、衣類などであれば不健康な生活にはなりません。
ただ、アルコールやケーキなどを贈ったとしても、それですぐに不健康になることはほとんどありません。
年に1回のことだからです。
毎年の名入れしたプレゼントが増えすぎてしまわないように、短期間でなくなる食品類がいいでしょう。
お父さんの健康を気遣うなら、健康に良いお茶やコーヒーなどをプレゼントしてはどうでしょうか。
またはそのための名入れした湯飲みやグラスです。
おすすめは健康器具です。
体脂肪率計が付いた体重計はどうですか。
毎日体重を量ることで、健康に注意する意識が出てきます。
パソコンにデータを取り込んでグラフ化すれば、体重を減らさなければならないと思うことでしょう。
健康のためには楽しみながらやれる何かが必要です。
自分だけではなく家族で体重を量りましょう。
毎日をグラフ化することによって、見えてくることがあります。
つまり、父の日が健康を考えるきっかけとなるようにしてもらいたいと思ってプレゼントをすればいいのです。

父の日と通販サイト

通販サイトで父の日のプレゼントを購入している人は少なくないでしょう。
特に遠く離れて暮らしていると直接手渡すことも難しいからです。
父の日のプレゼントなら名入れサービス付きがおすすめです。
通販サイトで販売されているアイテムをいくつか紹介しましょう。
一番人気なのは名入れタンブラーです。
真空断熱加工されたタンブラーは温かい飲み物も冷たい飲み物もそのままの状態を持続できます。
母の日と父の日のプレゼントとしてセットで購入してはどうでしょうか。
いつまでも夫婦仲良くしてもらいたいものです。
ビールやコーヒーなど好みに合わせて飲んでもらいましょう。
それから、名入れ財布はどうでしょうか。
事前にどのような財布がいいかを確認しておくことをおすすめします。
カバンに入れる人とズボンのポケットに入れる人がいて、そのサイズはかなり違います。
お父さんに聞いておきましょう。
それから、ちょっと変わったところでは、名入れのUSBメモリーでしょうか。
仕事や家庭でパソコンを使っている人ならUSBメモリーは頻繁に使っているはずです。
名入れをするのは自分のメモリーがどれかわからなくならないようにするためですし、会社でちょっと自慢してみることもできるでしょう。
ハンカチやタオルも名入れサービスがあります。
子どもたちからもらった自分だけのプレゼントですから、周りの人に自慢したくなるでしょう。
名入れのプレゼントはしばらく使い続けるものがほとんどです。
毎年購入するとだんだん増えていきますから、食べ物や飲み物などと合わせて数年おきに計画してみるといいでしょう。

父の日プレゼントランキング

父の日のプレゼントランキングを見てみましょう。
毎年、何をプレゼントするか迷っている人は参考にするといいでしょう。
日本一の通販サイトの楽天では、お酒、スイーツが人気です。
名入れサービスとしてお酒のボトルにオリジナルラベルを貼ってくれます。
焼酎は好みがありますが、ちょっと高級で手に入りにくい商品ならきっと喜んでくれるでしょう。
ランキング1位であっても入手できない場合もありますから、早めに注文しておくことをおすすめします。
名入れサービスに時間がかかる場合もあります。
ビールならタンブラーのセットがランキング上位です。
銘柄は一般のショップで販売されていますから、ちょっと特別なプレゼントにしましょう。
高齢になると健康に注意してほしいと考える人が増えて、アルコールよりもファッション関係のアイテムが人気です。
父の日は夏になる前ですから、夏に着るTシャツなら名入れサービスだけではなくメッセージを添えることもできます。
ランキングではTシャツ、甚平、ネクタイ、ハンカチなどが上位に入っています。
もちろん、お父さんの好みに合わせて選びましょう。
ただ、地味な色ばかり選んでいるお父さんにはちょっと明るい色合いを選んでやってもいいでしょう。
娘からのプレゼントですから、堂々と着用してほしいものです。
通販サイトは取り扱っているショップによってアイテムが少しずつ違います。
ランキングの項目だけを見るのではなく、ショップの選び方も重要です。

父の日にもらってうれしいプレゼント

プレゼントはもらって嬉しいでしょうが、何をもらうかによって喜びの大きさは変わってきます。
父の日が近づいてきたら、お父さんにそれとなくほしいものを聞いてみてはどうでしょうか。
できれば名入れプレゼントを選ぼうと思っていると言えばいいのです。
もちろん、お父さんは何でもいいよと言うかもしれません。
ただ、日常生活でよく使うもので、数年すれば買い替えるようなアイテムを考えてみましょう。
多くの商品は名入れサービスがあります。
お金はかかりますが、商品の価格にプラス1割程度と思っておけばいいでしょう。
通販サイトでは父の日プレゼント特集が開催されており、どこもお客を獲得しようといろいろな名入れの無料サービスを行っています。
もらって嬉しいものが決まれば、後はデザインなどを選ぶことになります。
デザインは本人よりも子どもの若い目で選びましょう。
年相応のデザインではなく、ちょっと若い感じがいいのではないでしょうか。
最近はしゃれたお父さんも少なくありません。
ちょっとおしゃれをしてもらいましょう。
仕事でネクタイを毎日しているなら、ネクタイやワイシャツでいいでしょう。
定年で退職しているなら、ポロシャツもおすすめです。
いずれにしても、子どもの視点で選ぶことが重要です。
父の日は毎年のことですが、その時期が近づいてからプレゼントを考える人が少なくありません。
それは決して悪いことではなく、日頃忘れがちな、親への感謝の気持ちを思い起こす日と考えましょう。

父の日とオリジナルプレゼント

オリジナルのプレゼントと言えば名入れサービスでしょうか。
父の日にもいろいろな名入れサービスが提供されています。
具体例を少し紹介しましょう。
仕事をしているお父さんへのプレゼントではボールペンがおすすめです。
アルミ製のボディに彫刻の名入れサービスです。
気をつけなければならないのは注文後の取り消しはできないことです。
漢字、ローマ字のどちらの名入れがいいかお父さんに聞いておくといいでしょう。
また、彫刻する時にはフォントの指定や使えない漢字などがありますから、事前に確認しておきましょう。
お父さんが仕事で名入れしたボールペンを持っていれば、同僚からうらやましがられるはずです。
もう一つ、ビジネスマンにおすすすめなのはシステム手帳です。
牛革を加工して手帳の表紙にしたタイプならずっと使い続けられるでしょう。
もちろん、名入れサービスはどの製品でも無料で申し込めます。
ボールペンとセットになった商品もありますから、インターネットの通販サイトでチェックしてみてください。
オリジナルプレゼントとして喜んでくれるでしょう。
ダイアリーがセットされていますが、年が変わる度に内部を入れ替えていつまでも使い続けることができます。
父の日だけではなく、入社祝いや誕生日プレゼントとしても適しています。
これからも仕事を元気に頑張ってほしいとメッセージを添えておけば完璧です。
父の日のプレゼントは、いつまで元気で長生きをしてほしいと言う気持ちを表すためのプレゼントです。

父の日のプレゼント相場

恒例となっている父の日のプレゼントを何にするとしても価格をチェックしなければなりません。
いろいろなアイテムがありますから、当然価格帯も幅広くなっています。
ただ、名入れできるアイテムも多く、そのための費用は無料となっている商品がほとんどです。
各通販サイトでは名入れサービスを無料とすることで多くの注文を受けようと考えているのでしょう。
具体的なプレゼントの相場を見てみましょう。
人気の高いネーム入りボールペンは3,000円前後です。
単なるボールペンであれば、かなり高価な部類になりますが、有名メーカー製ですから長く使い続けられる品質となっています。
最近は万年筆を使う人は少なくなりましたが、その代わりにボールペンの書き味がよくなったのでしょう。
名入れやオリジナルメッセージを印刷できるマグカップも相場は3,000円前後です。
プレゼントとして販売されている商品は品質重視ですから、妥当な価格帯でしょう。
通販サイトなら送料無料、名入れサービス無料が一般的です。
父の日は毎年やってきますから、長く使い続けられるアイテムを何度も購入することはないでしょう。
ボールペンやグラスなど落としたりしない限り、使い続けられます。
時にはアルコールやケーキなどの食べ物もいいでしょう。
ラベルにオリジナルメッセージと名入れもできます。
これなら1,000円台から販売されています。
ワインや日本酒で一緒に食卓を囲めば、もっと喜んでくれるでしょう。
父の日はプレゼントが重要ではなく、感謝の気持ちを伝えることが重要です。
そのための日だと考えましょう。
プレゼントをすれば終わりと考えてはいけません。

父の日のプレゼント

毎年やってくる父の日のプレゼントはいつ頃注文するのでしょうか。
毎年のことですが、インターネットの通販サイトなどで父の日の言葉を目にすることで思い出す人も少なくありません。
それが悪いわけではなく、日頃はあまり考えてない感謝の気持ちを思い起こす日と考えればいいでしょう。
さて、具体的なプレゼントはどのようなものがいいでしょう。
小さい時ならお父さんの似顔絵や自分で書いた手紙などでも十分です。
ただ、働き出したら自分の収入から購入すべきでしょう。
名入れされたボールペンやシャープペンなら仕事でも使うことができます。
夏になる前ですが団扇や扇子も名入れサービスが利用しやすいでしょう。
必ずしも、ずっと使い続けられるものである必要はありません。
ポロシャツや靴下、ネクタイなども人気です。
仕事を辞めているお父さんなら、気分転換に利用できる運動靴などはどうでしょうか。
いずれも名入れサービスがあります。
無料で名入れをしてくれますが、実際には価格に名入れサービスも含まれている商品が多いようです。
平常時に購入する商品よりも高くなっているとしても、あまりこだわらないようにしてください。
安い商品を選ぶことが目的ではなく、お父さんに喜んでもらうことが重要です。
いずれにしても、インターネットで人気の商品をチェックしましょう。
名入れの場合は注文してからのキャンセルは受け付けられませんから、しっかりと選んでおかなければなりません。
事前にお父さんに聞いてみるのもいいでしょう。

父の日プレゼントの注文

通販サイトで父の日プレゼントの注文をする時の注意事項を考えてみましょう。
まず、名入れをするかどうかを決めましょう。
もちろん、すべての商品に名入れサービスがあるわけではありません。
ただ、名入れをするなら、そこで注文する品物が絞り込まれます。
注文した後のキャンセルや変更はできないケースがほとんどですから注意しておかなければなりません。
料金は通販サイトで異なりますが、クレジットカードによる後払いがほとんどであり、その時の支払いにならないため、価格帯を気にしていない人も少なくありません。
また、同じような商品でもサイトによって価格が異なりますから、複数のサイトをチェックしておくことが重要です。
もちろん、お父さんの好みの確認が優先事項です。
お酒が好きな人でも年齢とともにあまり飲まなくなることも多いでしょう。
せっかく高級ワインを贈っても、飲めなければ喜んでくれません。
目に見えるものをプレゼントしなければならないと決まっているわけではありません。
一緒に食事をしたり、どこかに出かけたりして、楽しい時間をプレゼントすることもいいでしょう。
毎年やってくる父の日ですが、年齢とともに考え方は少しずつ変わっていきます。
ただ、感謝の気持ちだけは変わらないはずです。
その気持ちを伝えるためのプレゼントです。
通販サイトで注文するとしても、その気持ちが伝わるようにしたいものです。
もちろん、お父さんはそんなあなたの気持ちを、よくわかっていることでしょう。

父の日プレゼントの特徴

父の日のプレゼントはいろいろ考えられるでしょうが、何か特徴的なものがあるでしょうか。
少し考えてみましょう。
まず、父の日の前には母の日があります。
それぞれ、別々に考えてもいいのですが両方を一緒にして両親にプレゼントを考えている人も少なくありません。
名入れのペアグラスなどが最適でしょう。
もちろん、父の日や母の日だけに限定された商品ではありません。
ただ、いつまでも仲良く長生きしてほしいと考えるのは子どもなら当然でしょう。
アルコールが好きなお父さんでも、時には健康的な食事をしてほしいと健康食品を贈る人もいるでしょう。
子どもから親への心遣いはこれまで育ててくれたことへの感謝の気持ちです。
まだ、現役でバリバリ仕事をしているお父さんなら、仕事で使うようなボールペンやワイシャツ、ネクタイなどがポピュラーです。
ボールペンの名入れも一般的になり、無料でサービスしている通販サイトも少なくありません。
母の日や父の日が近くなると、インターネットではいろいろな通販サイトがキャンペーンを開いています。
それを見て、父の日に気づく人も少なくないのです。
日頃から両親と連絡を取り合っているとしても、面と向かって感謝の気持ちを伝えることは苦手な人が多いでしょう。
ただ、プレゼントを渡せば、それだけで気持ちを伝えられると考えるべきではありません。
食べ物のプレゼントなら、一緒に食べることをおすすめします。
一番いいのはプレゼントを手渡しして、少し話をする時間を持つことです。

父の日に贈る気持ち

父の日のプレゼントには感謝の気持ちを込めましょう。
名入れのプレゼントであれば、世界に一つしかない子どもからのプレゼントとなります。
日頃はお父さんやお母さんに感謝の気持ちを伝えることはほとんどないはずです。
ただ、父の日や母の日がある理由を考えてください。
心の中で思っていることを言葉やプレゼントで伝える日です。
遠く離れて住んでいるなら、電話やメールで伝えてもいいでしょう。
プレゼントに名入れをするのも、通販サイトでは定番となっていますから、料金もリーズナブルです。
商品のランキングではボールペンやアルコールが上位に入っています。
ハンカチなどに名入れしてもらうのもいいでしょう。
名入れ用の機械を持っている業者なら作業は簡単です。
昔のように手作業をしているわけではないため、料金も無料にすることができるようです。
毎年のイベントですが、いつまでも両親が元気なわけではありません。
歳を取って、いずれはいなくなります。
元気なうちに充実した時間を一緒に過ごすことが親孝行と考える人もいます。
何が正解かと言うことではなく、後悔しないようにしておくことが大切でしょう。
プレゼントはそのきっかけを作ってくれるだけのものです。
事前に何が欲しいかを聞くことで会話のきっかけにもなります。
プレゼントは感謝を形にしたものと考えてもいいのですが、そこまで大げさでなくてもいいでしょう。
子どもの時は幼稚園で書いた似顔絵で十分でした。
自分の年齢でできるプレゼントをすればいいのです。

父の日の歴史

父の日はアメリカの習慣から広がりました。
日本では6月の第三日曜日が父の日となっています。
アメリカで始まったとしても、今では日本人として父の日を考えることが重要です。
もちろん、日曜ですから祝日ではありませんが、現在では多くの人が父の日を認識しています。
単なるプレゼントを贈る日と勘違いしている人もいるでしょう。
高収入の人が高価なプレゼントを贈るだけで終わりにしているのです。
また、名入れをしたボールペンやハンカチだけが喜ばれるわけではありません。
お父さんと話して必要な物がないか聞いてみましょう。
何でもいいよと言ってくれるかもしれませんが、どんな生活をしているかを確認すれば必要な物が見えてくるでしょう。
日本酒のラベルに感謝の気持ちとメッセージ、そして名入れしたラベルを貼ってもらう名入れサービスも悪くありません。
一緒にテーブルを囲みましょう。
父の日の歴史は古いかもしれませんが、あなたとお父さんとの歴史はあなたの年と同じです。
世界に一人だけのお父さんですから、いつまでも長生きしてもらいたいはずです。
父の日を迎えて、いろいろなことを想う時間を持つことが本当の役割と考えてみてはどうでしょうか。
それは母の日も同じです。
自分達兄弟でできることで十分です。
無理をした高価なプレゼントは本来の意味合いから離れてしまいます。
父の日の歴史を調べてみれば、素直に感謝の気持ちを伝える日として制定されたことがわかります。

父の日と母の日

よく知られているように父の日と母の日はアメリカの習慣から来たものです。
5月の第二日曜日が母の日で、6月の第三日曜日が父の日となっています。
世界中に同じような日がありますが、少しずつ違っていますから、それぞれの国の事情を反映しているのでしょう。
いずれにしても両親に対する感謝の気持ちを表す気持ちは世界共通と考えていいでしょう。
さて、日本では父の日には名入れラベルを貼ったアルコールを贈る子どもも少なくありません。
お父さんが家でお酒を飲んでいるからでしょう。
もちろん、お酒を飲まないお父さんもいますから、プレゼントをアルコールに限定する必要はありません。
文房具であればボールペンや手帳カバー、USBメモリーなどがランキング上位になっています。
文房具にも名入れサービスが無料となっている通販サイトが少なくありません。
毎年のイベントですから、みなさんもいろいろと考えていることでしょう。
ただ、父の日をあまり難しく考えずに、気楽に家族が集う時間にしてみてはどうでしょうか。
そこに名入れのプレゼントを添えるだけです。
ハンカチやタオルなどの日用品でも名入れサービスがあります。
通販サイトで検索してみましょう。
残念ながら、自分の親が早く亡くなった人は父の日にプレゼントをする習慣がないかもしれません。
しかし、それで感謝の気持ちが薄いわけではありません。
親子の関係は何歳になっても変わりません。
父の日、母の日はいつまでも続くのです。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2016 04.04

    花見HANAMI 関東

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ