温水便座の選び方

この記事は14分で読めます

温水便座について

和式のトイレが少なくなり、現代では洋式トイレばかりになりました。
そして、洋式トイレも温水便座が増えているのです。
温水便座が何か知らない人はいないでしょうが、あらためて仕組みを紹介しましょう。
製品によってついている機能には差がありますが、基本機能として温水でお尻を洗ってくれるものです。
また、脱臭機能があり、排泄時の臭いを消してくれます。
次の人のための換気が必要ないのです。
高齢者にとって、洋式トイレは非常にありがたいものです。
和式トイレにしゃがむ姿勢はかなりの労力を使う動きだからです。
水洗トイレですから、温水便座が特別水を使いすぎるわけではありません。
ただ電気は必要です。
コンセントがトイレの中になければ、電気工事が必要となります。
最近の住宅は温水便座を前提としていますから、何の問題もないでしょう。
後はどのメーカーの温水便座を選ぶかです。
選び方が難しいですね。
これまでも温水便座を使ってきた人なら、選び方は必然的に同じメーカーにすべきでしょう。
いろいろな機能がついているかもしれませんが、ほとんど使用していないはずです。
おすすめは温水便座の上蓋が自動で閉まるタイプです。
上蓋を閉め忘れることが多いのですが、そのために消費電流が多くなるのです。
最近の商品の特徴はエコタイプです。
低消費電力、節水タイプが人気なのです。
インターネットで調べてみると、たくさんの機種が出てきます。
その中から自分の家に合ったタイプを選びましょう。

スポンサードリンク

温水便座の選び方

あなたの家は温水便座でしょうか。
最近はたいていの家庭が温水便座を使用しています。
ただ、これから温水便座を購入しようと考えているなら、選び方を知っておくことが大切です。
インターネットで温水便座を検索するといろいろな種類の温水便座が出てきます。
同じメーカーでも機能によってバラエティーな品ぞろえになっているのです。
選び方の基本として自分にはどの機能が必要なのかを知ることです。
一般の洋式トイレに温水便座を取り付けるための特別な工事は必要ありません。
電気のコンセントだけがあればいいのです。
温水便座を使用することで、病気の人の排泄が容易になると言われています。
確かに和式では排便時の姿勢だけで力が必要なのです。
温水便座の機能としてシャワーは当然ですが、脱臭機能や保温便座、メロディーが出るタイプなどがあります。
不要な機能はできるだけ省くほうが価格は安くなります。
新築の家なら便器部分も一体になったウォッシュレットがおすすめでしょう。
いずれにしても電気製品ですから好感しなければならない時が来ます。
その時にも簡単に取り換えられる機種を選ぶことが大切です。
選び方によって、後から困ることもあるのです。
メーカーは他社との差別化を図るために、いろいろな機能があります。
中にはほとんど使わない機能もあるのです。
現代において温水便座はエアコンなどと同じように一般的な商品となりました。
どのメーカーにするかは好みで選んでもいいでしょう。

温水便座のメリット

温水便座のメリットは言うまでもなく、清潔な排泄ができることでしょう。
下痢気味の人、便秘気味の人それぞれトイレの悩みがあります。
それでも温水便座を使用することによって、できるだけ快適に済ますことができるのです。
その温水便座の選び方は機能をどこまで求めるかによります。
電気代や価格の差がありますから、選び方には注意が必要でしょう。
一般論としては価格が高い方が維持費は安くなります。
どちらを選ぶかは難しいところです。
便利な機能としては上蓋の自動開閉です。
トイレに入ると自動的に蓋が開いて、出ていくと蓋が閉まるのです。
障害を持つ人や高齢者には必須の機能かもしれません。
また、温風乾燥機能があれば、お尻を拭く必要もありません。
誰が使用するかによって選び方は変わってくると言うことです。
価格や人気度よりも、必要な機能を選ぶことが大切でしょう。
トイレは清潔にしておきたいものです。
そのためには定期的な掃除をしなければなりません。
温水便座のノズル部分などの掃除のしやすさもチェックしましょう。
また、トイレのサイズは規格がありますが、製造年代によって少しずつ違いがあります。
自分の家の便器に合わせた温水便座を購入することを忘れないようにしましょう。
ただ、多くのメーカーの商品はある程度のサイズ違いには対応できるようになっています。
多少、ずれていても使用時に問題はありません。
これまで温水便座を使用していなかった人は、ぜひ快適なトイレを実感しましょう。

温水便座の特徴

温水便座には大きく分けて二つのタイプがあります。
貯湯タイプと湯沸かしタイプです。
つまり、ノズルから出すためのお湯をどのように供給するかと言うことです。
あらかじめ暖めておいたお湯を蓄えておくタイプと必要時に沸かすタイプです。
もちろん、貯湯タイプの方が電気代はかかります。
常にお湯を準備しているからです。
ただ、商品の価格は貯湯タイプの方が安くなっています。
選び方は難しいですね。
温水便座がどのくらい持つかわかりませんが、いずれは買い替える必要が出てきます。
その時には新しく高性能な機器が登場していることでしょう。
トイレを使用することは毎日のことです。
選び方を適当にすると、後で後悔することになります。
じっくりと選ぶことが大切です。
機能面で重要視したいのは、センサーです。
人を感知すると自動的に上蓋が開き、出ていくと自動的に閉まるのです。
座るだけで温水の準備をして、脱臭機能が働きます。
すべて自動なのです。
できるだけ快適にトイレができるようにメーカーの気配りが見られます。
メーカーも各社ありますが、それぞれに特徴を持っています。
価格だけで比較するのではなく、機能をチェックしてください。
シーズンによって、在庫している機種が限定される場合もあります。
無駄な機能があっても、入手しやすい機種を選ぶ方法もあります。
まずはインターネットで検索して見て、後は家電量販店で在庫を確認しましょう。
購入したその日から、すぐにでも使用できます。

温水便座の口コミ

インターネットの口コミサイトでは商品の使用感など口コミサイトが便利です。
あなたがこれから家電品を購入する時の参考にできるでしょう。
温水便座の選び方も難しいですね。
実際に使用した人の口コミを見てみましょう。
どんな機能が便利で、何が不要な機能なのかを知ることができます。
選び方の参考になります。
温水便座の価格はかなり幅広くなっています。
2,3万円から10万円以上の機種まであるのです。
それぞれの価格は理由があります。
機能が豊富になれば価格は高くなるのです。
後注意しなければならないのはランニングコストです。
ただ、電気代はエアコンなどの方が高いので、家計に影響を与えるほどではありません。
省エネを謳っている機種でも、家全体の電気代にとってわずかと言う場合もあるのです。
それなら、意味はないですね。
購入前に確認しておかなければならないこととしては、コンセントがトイレにあるかどうかと言うことと、便座のサイズです。
既設の便器に取り付けるタイプがほとんどですから、サイズ違いで取り付けられないと意味がありません。
カタログなどに寸法が書かれています。
チェックしておきましょう。
後は使用感ですね。
口コミサイトで実際に使用している人の感想を読んでください。
商品によって快適感が違っています。
好みの問題もあるでしょうが、参考にはなります。
選び方を間違えても、それから壊れるまでは使用し続けることになります。
快適なトイレを確保するために選び方は重要なのです。

おすすめの温水便座

おすすめの温水便座はどこのメーカーでしょうか。
選び方はしっかりしておきましょう。
一度購入したら、当分の間は使用することになります。
失敗しないようにしてください。
おすすめの温水便座として、年間の電気代が安くなる商品がいいでしょう。
やはりランニングコストは下げた方いいのです。
温水を出す仕組みとして、貯湯式と瞬間式があります。
貯湯式はいつもお湯を沸かしておくため、電気代がかかるのです。
ただ、その分だけ商品価格は安くなります。
選び方が難しいですね。
何年くらいひとつの温水便座を使い続けるかによります。
水周りの家電品ですから、いずれは故障します。
それまでのランニングコストを比較すればいいのです。
販売されている温水便座の価格はかなり幅広くなっています。
1万円台もありますし、5万円を超える商品もあるのです。
機能が特別ではないかもしれませんが、デザインも重要ですね。
プライベートで毎日使用するものですから、快適に使用したのです。
売れ筋ランキング1位の商品を見てみましょう。
東芝の温水便座です。
価格が安いためランキングで1位になっているようですね。
口コミを見ると、すぐに壊れてしまって二度と買わない人がほとんどです。
もちろん、これはごく一部でしょうから、本当のところはわかりません。
つまり、価格だけで判断してはいけないと言うことです。
これは温水便座に限ったことではありません。
価格が安い商品は注意しなければならないと言うことです。

温水便座の取り付け

温水便座が付いてない便器に新しく温水便座を購入して取り付けようと考えている人も多いでしょう。
販売店に取り付けを依頼することもできますが、まずは自分で取り付けてみてはどうでしょうか。
意外と簡単です。
まずはインターネットで取り付け方のサイトを見てください。
メーカーのホームページにも掲載されているかもしれません。
普通は使用しない大きなスパナが必要かもしれませんが、ホームセンターに売っていることでしょう。
水周りの商品ですから、水漏れがないように注意しておくことが大切です。
ボルト部分はしっかりと閉めなければなりません。
女性にはちょっと無理かもしれませんね。
お父さんにお願いしましょう。
温水便座の選び方は家の便器のサイズに合わせることです。
もちろん、温水便座のサイズは便器の規格に合わせてありますから、ほとんど問題なく取り付けられます。
選び方として、価格や機能ばかりに気を取られてしまわずに、サイズを確認はしておかなければなりません。
水道配管を外すことになりますから、元栓を閉めることを忘れないようにしましょう。
うっかりとねじを緩めると水が一気に噴き出してしまいます。
トイレの中が水浸しになることでしょう。
手順としては便器の便座を取り外します。
そこに新しい温水便座を取り付けます。
その後で配管をつなぎなおします。
貯水タンクへの配管を外して、温水便座をT分岐するのです。
後はコンセントを差し込めば終わりです。
コントローラが壁掛けタイプの場合は、適当なところにねじで固定しましょう。

温水便座のランキング

温水便座の選び方で迷っているなら、元祖のメーカーであるTOTOのウォッシュレットでしょう。
温水便座と言うよりもウォッシュレットと言った方が誰もわかります。
ランキングでもTOTOが必ず上位にランクされています。
もちろん、価格的にはもっと安い商品もありますが、信頼性を考えるとTOTOになるのです。
水周りの商品はTOTOかINAXと思っておくべきでしょう。
選び方で悩むよりもさっさと選びましょう。
さて、ランキング1位になっているTOTOの商品を見てみましょう。
機能の差によって価格が違います。
どのような商品が人気なのでしょう。
実は機能は必要最小限が人気です。
その分だけ価格が安いからです。
ただ、価格が安いだけの商品を選んでしまうと、すぐに壊れてしまうことになります。
選び方が失敗しているのです。
その点、TOTOなら安心できるのです。
温水便座で故障しやすいのはノズルの部分です。
ノズルが出てこなくなったり、目詰まりを起こしたりするのです。
機能としては温水が出るのは当然ですが、脱臭機能や蓋の自動開閉機能があります。
蓋の開閉機能は意外と便利ですから、予算が許せば、機能付きを購入してほしいと思います。
後はデザインを重視したいですね。
誰でも、トイレは快適に過ごしたいでしょう。
温水便座の機能はメーカー間で大きな差はありません。
オプションも同じようなものです。
ただ、ボタンはメーカーのこだわりがありますから、買い替える時には同じメーカーの商品が使いやすいようです。

温水便座のガイド

温水便座の選び方を紹介しましょう。
大きく分けると既存の洋式便器に取り付けられるタイプと便器ごと交換するタイプがあります。
新築の家以外は洋式便器に取り付けるタイプと考えていいでしょう。
温水便座はメーカーによって呼び名が違います。
ウォッシュレットはTOTOの登録商標です。
シャワートイレはINAXの登録商標なのです。
もちろん、呼び名は何でもいいのですが、機能や消費電力、デザインなど選び方のポイントがあります。
できるだけ最新の機種を選びたいものです。
確実に性能が向上しているからです。
いつもお湯を貯めておくタイプの貯湯式は構造が簡単なため低価格品のイメージがあります。
しかし、ランニングコストがかかりますから、長い目で見ると割高になってしまいます。
瞬間式の場合は、必要な分だけのお湯を温めますから、少ない水量で済みます。
電気代も少なくなりますから、エコ志向の人には瞬間式でしょう。
この他の機能としては、リズム洗浄があります。
一定の水流ではなく、ノズルが前後してリズミカルに洗浄してくれる機能です。
よりきれいにお尻を洗いたい人には必須の機能でしょう。
それから温風乾燥はお尻を拭くことができない人がいる場合はつけておきたい機能です。
高齢になると手が不自由になることも予想されます。
リモコン式になっていると、操作部分を壁に取り付けることができます。
人感センサーによって蓋の自動開閉ができるタイプもあります。
何もせずに蓋が開きますから、非常に便利です。
閉め忘れを防ぐこともできます。

温水便座の問題

温水便座を使用することで問題が発生するでしょうか。
選び方についてインターネットでたくさんの情報を収集できる温水便座ですが、いくつかの問題点があると言われています。
その一つが洗い過ぎによる弊害です。
お尻の中には雑菌がいます。
それは悪いことではなく、人の体を外敵から守ってくれるのです。
その雑菌も殺してしまう可能性があると言うのです。
もちろん、短時間の洗浄なら何も影響しませんが、女性の中にはあまりの気持ちよさに長い間洗っている人がいるそうです。
ウォッシュレットが初めて登場した時は、いろいろとトラブルもあったようです。
もちろん、どんどん改良されて現在の形になっています。
その歴史がTOTOの品質につながっていると言えるでしょう。
つまり、問題を起こすとそれが品質向上になっていくのです。
温水便座を使用することで使用する水の量が増えます。
それだけ、水道量が増えることになるのです。
特に都会では水資源の確保が重要です。
実は見えないところで社会問題となっているのかもしれません。
選び方のポイントとしてコストパフォーマンスがありますが、使用する水の量もチェックしたいものです。
少ない水量で洗浄効果を高めている商品を選びましょう。
ところでよく言われる話ですが、外国で何故ウォッシュレットが売れないのでしょうか。
海外のトイレはかなり汚いと言われています。
それでも多くの人は不便を感じていません。
清潔にしたいと思わないのでしょう。
日本人が清潔好きなだけかもしれません。

温水便座の情報

通販サイトを見ると温水便座がたくさん検索できます。
価格もかなりの幅があります。
安い温水便座はそれなりの機能と品質と思うべきでしょう。
選び方のサイトにはそれぞれの機能が細かく説明されています。
それをどこまで許容するかが選び方の基本です。
いいものを求めれば価格は高くなるからです。
機能は付いていても、ほとんど使用しない場合もあります。
口コミサイトも重要な情報源ですね。
実際に使用した人の感想が書かれているからです。
これから学べることは、あまり低価格品を購入するとすぐに壊れてしまうことです。
また、メーカーによって品質に大きな差があります。
それは水周りの商品を長年作ってきた経験に差があるからです。
一番品質に優れているのはTOTOではないでしょうか。
ウォッシュレットを販売し始めた当初は、いろいろな苦労があったようです。
他社はその苦労を横取りしたようなものです。
もちろん、メーカー毎に特徴を持っていますから、単純比較はできません。
ただ、いつかは壊れる家電品ですから、あまり高価な温水便座は必要ないでしょう。
購入する時は最新式を選んでください。
常に新しい商品が出ているのです。
技術的には枯れていると考えてもいいのですが、より低消費電力を求める人の期待に応えようとメーカーは頑張っています。
それが価格に反映されるのです。
インターネットでたくさんの情報がありますから、しっかりとチェックしてください。
既設の便器に取り付けられるタイプと便器そのものを交換するタイプがあります。

節水タイプの温水便座

できるだけ少ない水でお尻を洗浄してくれる温水便座が人気を呼んでいます。
温水便座の選び方で迷っているなら、参考にしてください。
温水の供給方法として2種類があります。
貯湯式と瞬間式です。
常にお湯を貯めておく貯湯式は構造が簡単なため、低価格品の定番となっています。
しかし、使用するお湯の量はおおめになります。
一方、瞬間式は必要な分だけ温めますから、水量の細かい制御が可能なのです。
節水タイプの温水便座とは瞬間式のことです。
時代は省エネ志向となっています。
お尻の洗浄のために無駄な水や電気を使うことは避けたいと言う消費者の気持ちがあるのです。
高い商品でも人気がある理由です。
温水便座の選び方はこれらの機能を理解していなければなりません。
まずはインターネットで調べてみましょう。
日本家屋の7割以上に温水便座が使用されている時代です。
未だ、使用していないならぜひ検討してください。
もちろん、外国では使用されていませんから、本当に必要な商品なのかは疑問が残るでしょう。
ただ、使用することによって清潔に保つことができることは間違いありません。
日本人の清潔志向が温水便座を普及させていると言われています。
一度使用したことがある人は、温水便座を手放せなくなるのです。
価格が高くても、水と電気の消費量が少なければ長い目では安い買い物になります。
トータルで考えることが必要です。
毎日のトイレを快適にしたいと思いませんか。
カタログでチェックしましょう。

INAXの温水便座

INAXはトイレを始めとする水回り商品を供給している会社です。
知らない人はいないでしょう。
温水便座が一般的に普及するにしたがって、たくさんのメーカーが製品を販売するようになりました。
INAXの温水便座はシャワートイレの登録商標です。
洗練されたデザインが特徴です。
もちろん、機能的にも優れています。
温水便座の問題は目詰まりを起こしたり、ノズルが動かなくなったりすることです。
水周りの商品ですから、その経験を基にした機械作りの技術が求められるのでしょう。
便器と一体になったシャワートイレもありますし、洋式便器に取り付けるタイプもあります。
どちらがいいかは選び方によって変わります。
たくさんのメーカーがあると選び方で悩まなければなりませんが、まずメーカーを決めてはどうでしょうか。
INAXのデザインはすっきりしていいでしょう。
もちろん、好みがありますから、誰でも賛成するわけではありません。
インターネットで価格を調べてみるとわかりますが、INAXの商品は決して安くありません。
それでも、多くの公共施設などで使用されているのです。
温水便座はどれも同じだと思っている人もいることでしょう。
しかし、実際に使用してみるとその差がわかります。
公衆トイレで使用する温水便座のメーカーをチェックしておきましょう。
自分が購入する時の参考にするのです。
日本人は清潔好きだと言われています。
そのせいで温水便座が普及しているのでしょう。
理由はどうでもいいのです。
自分が快適だと思えばいいでしょう。

温水便座の注意

温水便座はとても気持ちのいいものです。
毎日使用するものですから、快適な時間にしたいものです。
そのために温水便座があると思っていいでしょう。
ただ、注意しなければならないことがあります。
それは使いすぎです。
あまり長時間お尻を洗浄していると、人の体内の善玉菌も洗浄してしまう恐れがあるそうです。
どこまで本当の話かわかりませんが、温水便座を使用しなくても病気に感染するわけではありません。
したがって、温水便座の必然性はないのです。
外国では温水便座をほとんど使用されていないことは周知の事実です。
その理由はいろいろと言われているのですが、最終的には日本人の国民性に行きついています。
清潔好きの国民なのでしょう。
選び方のポインとして、温水便座を使用することによって電気代と水道代が上がります。
しかし、その金額はごくわずかです。
スマホの支払いに比べるとわかりやすいでしょう。
温水便座を毎日使用している人にとって、選び方よりも普通のトイレは物足りないでしょう。
後10年もすれば日本中が温水便座になってしまうことでしょう。
和式便器がまだ残っているところもありますが、建て替えによって間違いなく温水便座に変わります。
日常の中でトイレが快適かどうかはかなり重要だと考えている人が少なくありません。
しかし、外国人はそうでもないのでしょう。
病気になりやすいとかなりにくいと言うことはないと思っていいでしょう。
つまり、温水便座はなくても生活していけるのです。
それでもお金を出して、購入したくなるのです。

パナソニックの温水便座

パナソニックの温水便座を紹介しましょう。
もちろん、他のメーカーの温水便座もあります。
人それぞれ好みがありますから、自分の選び方で構いません。
ただ、価格と品質を考えるとパナソニックと言う選択肢も悪くありません。
多くの人が利用しています。
通販サイトでもパナソニックの温水便座は好評です。
ランキング上位にも入っています。
選び方のポイントは実際に使用する時をイメージすればいいのです。
商品名はビューティートワレです。
すっきりしたデザインと機能がマッチしています。
ただ、トイレの便器メーカーであるTOTOの方がいいと思っている人は少なくありません。
好みがありますから、じっくりと選んでください。
これまでは普通の洋式便座だったけれど、温水便座がいいと思って自宅にも取り付けようと考える人は少なくありません。
そのためにできることを考えください。
パナソニックの温水便座の特徴は節電がダントツなことです。
さすがに家電商品はトップクラスの技術ですから、電気消費量を抑えた製品設計ができています。
待機電力ゼロモードはうれしいですね。
これは必要な時に水を温める瞬間式だからできることです。
そのためには細かい制御が必要です。
温水便座でなければトイレに入りたくないと思う人が増えてきました。
そんな人にはパナソニックだけのハンディトワレです。
携帯用のおしり洗浄器です。
こんな商品を考えるところがパナソニックらしいですね。
商品の選び方で迷ったならば、パナソニックにしてみてはどうでしょうか。

人気の温水便座

人気の高い温水便座とはどのような商品なのでしょう。
選び方は人によって考えが違います。
そのため、インターネットに掲載されている人気もすべて正しいとは限りません。
ただ、温水便座に必要な機能は明確です。
その基本機能にメーカー独自の機能を付加しています。
またデザインも重要でしょう。
見た目が美しければ、快適感が増すのです。
インターネットで温水便座の選び方が掲載されています。
それを参考にして、自分が必要としている機能があるかどうかをチェックしましょう。
おすすめなのは瞬間式です。
消費電力を抑えると同時に、水の使用量も少なくなります。
つまり、コストパフォーマンスが高いのです。
温水便座はどこでも販売されています。
店頭で機能を核にしましょう。
実際に使用しているトイレでメーカーと型式をチェックするのもいいでしょう。
公衆トイレの多くには温水便座が使用されているからです。
人気はやはりTOTOです。
その品質に信頼を寄せている人が少なくありません。
同じ価格なら間違いなくTOTOを選びます。
少し高くてもTOTOなのでしょう。
他のメーカーでもいろいろと工夫しています。
トラブルを減らすことはもちろんですが、便利な機能を追加しているのです。
パナソニック製の温水便座は無線式です。
操作部と本体が離れていますから、操作がしやすくなっています。
自動で開閉する蓋も便利ですね。
これは人気が高い商品にはついています。
この他には、リズムよく温水が出るタイプも快適感を高めてくれます。

温水便座の価格

商品を購入する時に価格はどのくらいの重要度でしょうか。
選び方として価格を重視することは悪くないのですが、温水便座の場合は価格だけで判断すべきではありません。
それは価格と性能は比例しているからです。
安さを見て選び方を考えている人は、質の悪い温水便座を購入することになってしまいます。
もちろん、商品と販売されているのですから、欠陥品ではありません。
しかし、使ってみると期待したような快適さが得られないのです。
インターネットで価格を調べてみましょう。
1万円台から5万円以上の商品までそろっています。
自分の予算に合わせて選ぶことは大切ですが、それだけではだめでしょう。
満足度ランキングと注目度ランキングに違いがあることを知っていますか。
注目されている商品でも満足されていないと言うことです。
温水便座を購入する人は快適なトイレを期待しています。
その期待に応えてもらわなければならないのです。
メーカーによって得意分野が違います。
品質に違いがあるのです。
温水便座の特徴として細いノズルから適切に水が出なければなりません。
水が詰まったり、ノズルが動かなくなったりするトラブルは少なくありません。
購入してから、1年も経たずに壊れてしまうと、品質を疑ってしまいます。
しかし、価格だけを見て購入した選び方の結果かもしれないのです。
公衆トイレなどで使用されている温水便座を参考にするといいですね。
自分の家で今度購入する機種を検討しておきましょう。

温水便座の機能

たくさんの種類の温水便座がありますが、それほど機能があるわけではありません。
代表的な機能は温風乾燥、脱臭機能、リズムノズル、ツインノズルなどです。
温風乾燥は洗浄後に温風で乾かしてくれる機能です。
お年寄りなど、体が不自由な人には便利な機能ですが、一般の人には不要かもしれません。
それから脱臭機能は便の臭いを消してくれる機能です。
公衆トイレだけではなく家庭用のトイレでもこの機能は必須と考えている人が多いようです。
確かに次の人に不快感を与えないためには重要かもしれません。
そして、リズムノズルやツインノズルはノズルを工夫することによって、よりきれいに洗浄してくれる機能です。
メーカーによって、方法は異なります。
どれがいいと言うことではありませんが、選び方のポイントの一つでしょう。
どうしてもこの機能が必要だと思うなら、価格よりも重要視すべきです。
しかし、あまり必要なければこだわることはありません。
ただ、すべての機能がオプションになっているわけではありません。
いらないと思っても、初めからついているのです。
試しに使ってみると意外と快適だったりします。
インターネットで購入する場合は、どのタイプでも入手しやすいでしょうが、家電量販店では在庫の関係があります。
そのため選び方をしっかりとしても実際に購入する時には選んだ機種が在庫切れになっていることもあります。
その時にあわてないように、温水便座の機能毎に選択しておくといいでしょう。

東芝の温水便座

東芝の温水便座はクリーンウォッシュです。
全体的に他社よりも低価格となっています。
価格を最初に見る選び方をしている人には注目されているようです。
しかし、口コミを見るとすぐに壊れてしまったと言う感想もあります。
もちろん、東芝は大手家電メーカーですから、粗悪品を作ることはないでしょう。
当たりはずれがあるのかもしれません。
すべての商品がトラブルを起こさないと言うことではないでしょうが、水周りの商品の特徴として、目詰まりを起こしたり可動部分が動かなくなったりする可能性は高いでしょう。
TOTOは長年の研究で知り尽くしている分だけ、品質が高いのかもしれません。
東芝との差ですね。
温水便座の選び方は人それぞれですが、価格だけで決めると失敗するでしょう。
購入した後で、がっくりするよりも事前にしっかり調べておきましょう。
ただ、インターネットに書かれていることはすべてではありません。
東芝の温水便座は低価格品として注目を集めています。
安いことを重要視するなら、東芝が一番です。
メーカーはそれぞれ工夫して製品を販売しています。
特に温水便座に必要な機能はノズルからしっかりと温水が出ることです。
これを満足するのであれば、価格は安い方がいいに決まっています。
選び方は自由です。
あなたが試してみた温水便座を購入しましょう。
口コミサイトなどの情報を鵜呑みにするのではなく、自分で判断するのです。
そうすれば、どんな商品も満足できるはずです。
噂だけで決めないようにしましょう。

TOTOの温水便座

TOTOの温水便座はウォッシュレットの名前で多くの人が利用しています。
元々、温水便座を最初に販売したのがTOTOなのです。
それから他社も販売するようになり、現在は半分以上の家庭で使用されています。
温水便座の選び方としてメーカーから選ぶ場合、TOTOが有力な選択肢となるでしょう。
知名度が高いのは品質が高いことと無関係ではありません。
水周りの商品をたくさん販売してきた実力が温水便座でも活用されたのです。
細いノズルが目詰まりを起こさないようにする仕組みは、可動部分のスムーズな動きなど、基本的な部分の重要性をよく知っているのです。
あなたへのおすすめの選び方はTOTOの商品から選ぶと言うことです。
もちろん、あなたにもこだわりがあるでしょうから、インターネットの通販サイトなどでじっくりと確認してください。
そうすれば、きっと満足できる商品を購入することができるでしょう。
家族が使用することになりますから、家族で話し合ってみるのもいいでしょう。
脱臭機能は女性なら必須と思うでしょうし、蓋の自動開閉も便利です。
一度購入したら10年間は使用すると考えてください。
その時の最新型が選び方の基本でしょう。
少し価格は高くなるかもしれません。
それでも快適なトイレを手に入れることができるのです。
外国ではウォッシュレットは使われていません。
その理由は様々なことが言われていますが、それは私たち日本人には関係ないことでしょう。
私たちは温水便座がないと困るのです。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ