浴衣を着てみませんか?

この記事は14分で読めます

浴衣を着てみよう

夏が近付いてくると何だかウキウキした気分になってきますよね。
夏はイベントもたくさんある季節です。
その中でも夏の一大イベントと言ったら「花火大会」では無いでしょうか。
夜空を彩るたくさんの花火。
最近は色んな仕掛け花火も登場していて、見ていて楽しくなります。
そんな花火大会は関東近郊だけでも何か所も有り、スケジュールを合わせて何か所も花火大会巡りをする人も多いと思います。
そんな花火大会に是非浴衣で行ってみてはいかがでしょうか。
よくテレビで花火大会の様子がニュースで流されます。
男性、女性とも浴衣姿で行っている様子を見ると「夏だなー」「涼しげだなー」「自分も着てみたいなー」と思う人も多いと思います。
ちょっと前は浴衣と言うと面倒だったり、用意するのもお金がかかったりして敬遠している人も多かったと思います。
しかし今はもっと手軽に浴衣を着てもらおうと言う試みが様々な所からされていて、浴衣セットがたくさん売られています。
実店舗でも結構有りますし、インターネット通販でもたくさん浴衣セットが取り扱われています。
ですから昔よりは凄く手軽に浴衣が着れる様になっているのです。
実店舗と通販ではどちらが良いとは限りませんが、実際に試着してみたかったら実店舗、別に着てみなくても良いと言うのであれば通販で、それぞれ探してみてはいかがでしょうか。
今は柄も色も帯もたくさん種類が有ります。
セットならではと言う事でかなりお手頃価格で手に入ると思います。
夏は浴衣の季節です。
日本人ならではの装いですので、是非浴衣を着てみてはいかがでしょうか。
どんな浴衣がいいか迷ったら「浴衣えらび.com」こんな感じのサイトがいっぱいあるので参考にしてみましょう。

スポンサードリンク

「浴衣」について

「浴衣」についてご存知でしょうか。
着物の種類に属している物で、木綿で作られている着物の事を指しています。
通常の着物の場合は長襦袢を着た上に着物を着ますが、浴衣の場合は素肌の上に直接着る様になっています。
簡単な和装と言っても良いかもしれませんね。
浴衣が出来た頃は平安時代だと言われていますが、この頃今の銭湯の様に複数人でお風呂に入る頃が有ったそうです。
その際、裸を隠す目的、また木綿素材なのでお風呂から上がった時の汗や水分を取る目的として浴衣を着る様になったと言われています。
その着心地の良さから、一般庶民に広がったのは江戸時代の頃であったと言われています。
木綿で作られているので風通しが良くて、簡単に切れると言うのが人気の秘密だった様です。
その為、湯上りに着るだけでなく、パジャマ代わりとしても多くの方に着られていた様です。
こうした簡易的な着物である事から、今でも結婚式等の正式の場所で着るのはマナー違反だと言われています。
現在は、パジャマ代わりとして着るのはあまり見られませんが、旅館等に行くと浴衣が置いてありますよね。
昔の名残から来ている物だと思います。
また花火大会等で良く見かける為、今でも浴衣はたくさんの人に愛されている着物だと言う事がお分かりいただけます。
最近は浴衣も多種多様の素材、柄、色で作られていて、帯や小物も含めた浴衣セットみたいな物も通販を見ると売られています。
浴衣セットも通販だと色んなメーカーの物が一度に画面で見れるので、お気に入りの物が探しやすいかもしれませんよ。

浴衣の現在

昔は部屋着として親しまれていた浴衣も、今は花火大会やお祭り等に着て行くオシャレ着として変化してきていると思います。
また現在の私達は洋服が主流で、浴衣を着る機会が無い為、自宅に保管する事も少なく、近年では浴衣セットの様な物まで通販サイト等を中心に登場してきています。
通販以外でも実店舗でも取り扱われていて、浴衣セットはとても人気商品となっています。
昔は浴衣の生地は木綿で、柄も大柄の大胆な物が多かった様に思えますが、近年では生地もポリエステルの浴衣が登場する等、昨今の洗濯事情も踏まえて浴衣が作られています。
更に柄や色合いも多彩になってきていて、洋服と同じ様な感覚で選べる様になっています。
また、若い女性の浴衣では従来の形と少し異なり、膝丈の浴衣が有ったり、襟元にレースが付いていたりとデザインも色々登場する様になってきました。
帯に関しても、昔は帯を結んで飾っていましたが、現在は飾り帯を自宅でするのが面倒な為、作り帯が用いられる事が多く、胴体に締めた帯に作り帯を刺して完成と言う様に、着付けに関しても簡略化されてきているのが特徴です。
履物に関しても、雪駄や下駄と言うのが一般的ですが、履きなれていない為、歩いている内に足が痛くなる事を考慮して、普通のサンダルやビーチサンダルを合わせる人もいる様です。
この様に、昨今の浴衣の着方は昔の姿を少しずつ変えて、現在仕様になってきてるのかもしれませんね。
とは言っても、浴衣を着ている人は男女問わず涼しげで、見ていて爽やかですよね。

おうちで洗濯可能な浴衣【メリット】

一言で浴衣と言っても、おうちで洗濯すると言う感覚は少なく、クリーニングに出すのが一般的な様に思えますが、今はお家で洗濯する事が出来る浴衣と言うのも登場している様です。
通販等で検索してみると、洗える浴衣セットと言う様な物がたくさん検索されてきます。
浴衣単品でも購入できますが、浴衣セットにすると更にお手頃価格で手に入れる事が出来ますので、是非通販を検索してみてはいかがでしょうか。
そこで洗濯可能な浴衣のメリットについて挙げてみたいと思います。
先ずは「お手入れが楽」と言う事が一番のメリットだと思います。
クリーニングに出すとなると、それなりにお値段がかかりますし、頻繁には出せないですよね。
しかし洗濯出来るとなれば話は別です。
洗濯しやすいので、今まで以上に気軽に着る事が出来る様になります。
次に通販で購入する場合「自由に選べる」と言うメリットが有ります。
好きな時間に誰の目を気にする事なくじっくり選べると言うメリットはやっぱり通販ならではですよね。
次に「扱いやすい」と言うメリットが有ります。
家で洗える様に撥水加工や着心地が良くなりやすい加工、干すだけで形が整う加工がされている場合が多いです。
家で洗えても乾かした後がシワシワなら意味が無いですよね。
洗濯できる浴衣となれば形状記憶の様に形が整いやすい加工がされているので、より気軽に洗濯が出来ると言うメリットが有るのです。
この様に、色々なメリットが有りますので、是非洗濯出来る浴衣を購入してみてはいかがでしょうか。

おうちで洗濯可能な浴衣【デメリット】

お家で洗濯できる浴衣はとても良い様に感じます。
通販で見てみると色々種類が有りますので、是非着てみたいですよね。
何が良いか分からないと言う場合は浴衣セット等も有ります。
浴衣セットは帯や小物も全て含まれていますので、より手軽に購入しやすくなっています。
しかしメリットばかりでは有りません。
ここではお家で洗濯可能な浴衣を通販で買う事のデメリットについて挙げてみたいと思います。
先ずは「パリッと感が味わいにくい」と言うデメリットが有ります。
形状記憶されている浴衣であれば別ですが、ご自宅で洗濯するとアイロンをかけない限り、パリッとした感覚を味わいにくいです。
パリッとした浴衣に袖を通す時はとても気持ちいいですので、用途に合わせてクリーニングに出したりご自宅で洗濯したりして使用感を変えてみてはいかがでしょうか。
次に通販で購入する際のデメリットですが、なんと言っても触って買う事が出来ないと言うデメリットが出てきます。
画面で見ていくら良いなと思っても、手触りは分かりませんし、実際に浴衣を身体に当ててみる事が出来ません。
全て通販サイトに書かれている文言を信じるしかなく、想像しながら購入する様になります。
次に、自宅で洗濯可能な浴衣の場合、少し安価な感じがしますので、正式な場所には着て行きにくいと言うデメリットが有ります。
とは言っても浴衣自体、正式な場所へ着て行くのはマナー違反とされていますので、このデメリットについてはあまり大きいデメリットではないかもしれませんね。

レンタルと購入の比較

浴衣セットを通販等で購入しようと考えた際、フッと「もしかして浴衣セットをレンタルした方がお得?」と思う事が有るかもしれません。
ではここでレンタルが得なのか、購入が得なのか比較してみたいと思います。
先ずは「使用頻度」です。
何かのお稽古用として、またはパジャマ代わりとして浴衣を頻繁に着用するのであれば購入した方が断然お得だと思います。
通販サイトを見てみるとお手軽で購入出来る浴衣セットも有りますので、そういった気負わない物を選ぶと良いでしょう。
対して年に数回、花火大会やお祭りの時だけしか着ないと言うのであれば、レンタルした方がお得だと思います。
レンタルであれば、毎年違う柄が着れますし、レンタル代金だけで済むので安価に済む場合が多いです。
次に「値段」です。
浴衣の値段はピンキリです。
数万円と高い物も有れば1万円程で買える安い物も有ります。
また、浴衣セットになると小物と帯など、必要な物がセットになってお得な値段で購入できます。
対してレンタルの場合、通販でセットでレンタルする物も有れば、実店舗でレンタルしている所も有ります。
大体浴衣セットと着付けで合わせて5000円前後と言う所が多いかもしれません。
例えば年に1回着るだけの場合、浴衣セットで1万円の物を購入するのだとしたらレンタルした方が5000円で済んでお得だと思います。
逆に年に3回着るのであれば15000円になるので、購入した方がお得だと言う事になります。
こうした事を考えてみると、使用頻度と値段とで組み合わせて考えてみる事でレンタルが得なのか、購入が得なのかが判断出来る様になると思います。

浴衣で外出する際のポイント

夏になると浴衣を着てみたくなりますよね。
通販サイトを見てみると様々な浴衣が検索されます。
浴衣セットの様な物も有り、浴衣セットで有れば更にお手頃価格で手に入れる事が出来ます。
興味が有る方は一度通販サイトを見てみてはいかがでしょうか。
また、せっかく浴衣を購入したのなら、キレイに着て歩きたいですよね。
そこでここでは浴衣を着て外出する際のポイントを挙げてみたいと思います。
とにかく「時間に余裕を持つ事」が重要になります。
浴衣は気慣れない人が多いと思います。
着付け自体にも時間がかかりますし、下駄で歩くのも靴で歩くのと違って時間がかかりますし、靴擦れの様な物を起こしてしまうと更に大変です。
また歩き方も気を付けないと大股で歩いていると着崩れも起こすかもしれません。
浴衣を着慣れていない人が着て外出する際には、いつもの行動時間よりもかなり多めに時間を取り、行動する事が焦らないポイントとなります。
次に「歩幅を小さくして歩く」と言う事がポイントです。
キレイに浴衣で歩くコツとして、歩幅を小さく、少し内股気味に歩く事が挙げられます。
そうして歩く事で女性らしさがグンと増しますので、是非実践してみてはいかがでしょうか。
次に「仕草をゆっくり」にする事で女性らしさがアップします。
大きく腕を振ったり、大股で歩いたりするとがさつに見えてしまい、浴衣がどんなにキレイでもガッカリしてしまいます。
ゆっくりとした仕草にする事で、女性らしさがアップし、浴衣効果もあって更にキレイに見える様になると思います。

浴衣を洗濯してみましょう【洗濯】

昔はパジャマ代わりとして着られていた浴衣。
しかし今は外出用として着られる事が多く、洗濯もクリーニングに出すと言う方が多いのではないでしょうか。
通販で見てみると浴衣セットの様な物が売られています。
浴衣セットはお値段もお手頃な物が多いです。
通販サイトを色々見てみて、好みの浴衣を選んでみてはいかがでしょう。
そんな浴衣の洗濯表示を見てみると、ご自宅で洗濯可能か、手洗い可能かと言う表示がある事が多いです。
是非お家で洗濯をして、もっと手軽に浴衣を着てみてはいかがでしょうか。
先ずは洗濯機で洗う場合、四角い洗濯ネットに浴衣をたたんで平たく入れる事でシワが付きにくくなります。
洗濯機を使う場合は通常コースではなく、「手洗いコース」「ソフトコース」と言う様なコースを選び洗濯する様にしましょう。
また脱水においてもしっかり脱水するのではなく、30秒位の脱水時間で充分だと思います。
また、1度着ただけなのであれば洗剤は必要なく、水洗いで充分です。
洗濯機で洗うのが不安だと言う方は「手洗い」をしてみましょう。
大きなたらいに水を浸し、浴衣をキレイにたたんだ状態で入れます。
そしてゴシゴシ洗うのではなく、押す様な感じで洗っていきます。
絞る時には、たたんだ状態の浴衣の端からクルクル丸めていき、その状態で軽く絞る様にしましょう。
洗う時も、絞る時も形を整えて洗う事が、型崩れを防ぐポイントとなります。
また浴衣を着る時期は夏だからと言う事も有りますが、洗濯で使用する水はぬるま湯ではなく、水を使った方が生地が縮むのを防いでくれる役割をしますよ。

浴衣の選び方【髪の色と合わせる】

「髪の色と合わせる」と言う浴衣の選び方が有ります。
通販で浴衣セットを購入しようとした場合、先ずはどんな色の浴衣を選んだら良いのかと迷うと思います。
通販では実際に身体に合わせてみる事が出来ない為、自分に似合う色を見つけるのがとても大変だと思います。
通販を利用する場合は、実店舗で色々合わせて色合いを決めた後に利用してみると選びやすいかもしれません。
選び方のポイントとして挙げられる事に「髪の色と合わせる」と言う方法が有ります。
洋服もそうですが、浴衣も全体の雰囲気で似合う、似合わないが決まると思います。
自分に似合う色合いの浴衣を選ぶ事で顔色が明るく、そしてシャープに、そして女性らしく映る様になります。
つまり自分自身の魅力を引き出してくれる浴衣を選ぶ事が大切なのです。
基本的に黒や紺と言った濃い目のハッキリとした浴衣には、髪の色も黒い方が似合うと思います。
浴衣の柄によってまた印象も変わってきますが、白黒の縦縞の浴衣なんかはとても格好よく切れると思います。
次に淡い色彩の浴衣の場合は、柔らかい雰囲気になりやすいので、髪色も合わせて柔らかい薄い色合いの方が似合うのではないかと思います。
この時選ぶ柄も淡い感じのハッキリとしない柄を選ぶ事で、より柔らかく優しい感じが引き立つと思います。
次に同じく淡い色彩の浴衣に、はっきりとした色合いの柄の場合は、髪ミロが明るい方が似合うと思います。
明るく、元気な感じに見えると思います。
この様に、髪色によって選ぶ浴衣の色や柄が変わってきます。
一概にこうした組み合わせが絶対と言う事では有りませんが、一つの参考として覚えておくと浴衣セットを購入する際の参考になると思いますよ。

浴衣の選び方【単品・セット】

浴衣を着る際に必要な物として、浴衣の他に帯、下駄、巾着等が挙げられます。
浴衣の選び方として、それぞれを単品で購入すれば良いのか、浴衣セットとして購入したら良いのか迷ってしまいますよね。
もしも何着も浴衣を持っていて、更にこだわりが有り、浴衣の事についてよく知っているのであれば、それぞれを単品で購入していくのも良いと思うのです。
もちろん浴衣初心者でもどうせ買うなら色や柄、帯等にもこだわりたいと思う気持ちも分かります。
しかし1つ1つ選んでいては、時間もかかりすぎてしまいますし、結果的に何を選んだら良いのか余計に分からなくなってしまう可能性が高いのです。
実店舗で選ぶ分には、そのお店の人が手助けしてくれるでしょうから、まだ良いとは思うのですが、通販サイトで選ぼうと思たら、自分だけで選ばなくてはならず、本当に何を選んだら良いのか分からなくなってしまうと思われます。
そこで初心者にオススメなのが「浴衣セット」です。
浴衣セットの内容は通販サイトによって違うので、購入する前にセット内容を確認しておく必要が有りますが、大体の場合はセットで購入する事で、そのまま着て出かける事が出来ます。
浴衣セットは色や柄等もたくさん有ります。
浴衣と帯を数種類の中から選べるセットが有ったり、既に浴衣セットの内容が決められていて、その中から選ぶと言う浴衣セット等、セット内容も通販サイトによって違います。
更に単品でそれぞれ購入するより、浴衣セットだとお手頃価格で購入する事が出来ると言うメリットも有ります。
何を選んだら良いのか分からないと言う方は先ずは浴衣セットから購入してみてはいかがでしょうか。

男性用の浴衣

花火大会で浴衣を着るのは何も女性では有りません。
男女ペアで浴衣姿で歩いているのを見ると本当に素敵ですよね。
でもどんな浴衣を買えば良いのか分からないと言う方も多いのではないでしょうか。
通販では女性用だけではなく、男性用の浴衣も売られています。
何が良いか分からないと言う場合は、浴衣セットを購入すると難しく考える事無く簡単に着る事が出来ます。
通販では様々な浴衣セットが売られていますので、色々と見てみると良いと思いますよ。
但し出来れば浴衣初心者の場合は通販よりは実店舗で試着する事をオススメしたいです。
洋服でこの色が合うからと言って浴衣でも似合うとは限りません。
何故なら浴衣の場合は全身が同じ色と柄の物になるからです。
実際に身体に当ててみる事で、洋服では似合わなかった色や柄が似合う事が有るのです。
また浴衣の色合いについてですが、紺や黒を選ぶ様にすると初心者には良いかもしれません。
目立ち過ぎず、かと言って地味過ぎる事も無いのでオススメです。
帯を選ぶ際には浴衣と同系色の色を選ぶ様にしましょう。
これでスッキリとした浴衣姿の印象になります。
足元ですが、下駄や雪駄がオススメですが、出来ればデザインよりは履き易さを重視する様にしましょう。
花火大会等は長時間になりますし、履きなれない靴は靴擦れの原因となります。
履き易さを重視して、きつすぎない物、すれすぎない物を選ぶ様にしましょう。
そうした事を考えると、初心者の場合は実店舗での購入がオススメと言う事に、着物に慣れている方は通販でも良いと言う事になると思います。

浴衣の選び方【バッグ】

「小物」も浴衣選びの大切なポイントとなります。
浴衣の小物としては、草履、下駄等が挙げられますが、女性ならではの物として「バッグ」も重要だと思うのです。
浴衣にキャンパス地のトートバッグを合わせた姿を想像してみてください。
なんともちぐはぐな感じですよね。
そこでオススメなのが、巾着袋や籠バッグです。
巾着袋は木綿生地の物がたくさん販売されています。
様々な色や柄の巾着袋が有って、浴衣姿を可愛く演出してくれます。
しかし物が少ししか入らないのが難点かもしれません。
まあ、浴衣の時にしか使いにくいと言うのもちょっと勿体ない感じもします。
そこでオススメなのが籠バッグです。
籠バッグは見た感じがとても涼しく、浴衣だけではなく普通の洋服の時にも活躍してくれます。
更にある程度容量も有りますので、必要な物を籠バッグ1つで入れる事が出来ると言う点も魅力です。
籠バッグを選ぶ時には浴衣に合わせて大きすぎない物、長すぎない物を選ぶ様にすると華奢に、女性らしく見えると思います。
こうしたバッグ等の小物は単品で購入するのも良いですが、何を買っていいか分からないと言う場合は浴衣セットを利用すると良いかもしれません。
浴衣セットでは浴衣を着る際に必要な小物が色や柄も揃って売られていますのでオススメです。
通販サイトを検索してみると、たくさん出てきます。
また通販サイトによって取り扱っている種類が違ったりしますので、お気に入りの通販サイトを見つけてみると良いでしょう。

浴衣の選び方【肌の色と合わせる】

「肌の色と合わせる」と言う浴衣の選び方が有ります。
通販で浴衣セットを購入しようとした場合、先ずはどんな色の浴衣を選んだら良いのか迷うと思います。
本当は実店舗で実際に合わせてみるのが良いのですが、安い浴衣セットが欲しい場合は実店舗で合わせてそれを参考に通販で購入する様にすると良いかもしれません。
選び方のポイントとして挙げられる事に「肌の色と合わせる」と言う方法が有ります。
パステル系、黒や濃紺と言った浴衣は一般的に「色白」の方が似合うと言われています。
これは浴衣の色が肌の色を引き立ててくれる役割が有るからです。
また赤や白と言った明るい色合いでハッキリとした色合いの浴衣には、「日焼けした肌」が似合うと言われています。
更に寒色系の淡い色合いの浴衣の場合、ピンクがかった肌の人が似合うと言われていますし、緑やオレンジと言った可愛い感じの浴衣には、黄身が強めの肌色の人が似合うと言われています。
更に、先ほど濃紺の浴衣には色白の方が似合うと書きましたが、濃紺の生地に柄が白の大き目の柄の物を合わせると、肌と浴衣地、浴衣地と柄の色のコントラストがキレイに出て良いと思います。
また同じ色合いの浴衣でも、肌の色が違う人が着ると印象が違ってきます。
赤の浴衣を着た場合、色黒の方は元気な印象に、色白の方は明るい印象になると思います。
ですから必ずしもこの色合いの時はこの肌色の人と言うのではなく、結果的に自分に似合う色合いの浴衣を選ぶ事が大切なのです。

浴衣を着る際に必要な物

いざ浴衣を着ようとした場合、色んな物が必要になって慌てる事が有ります。
そうならない前に、浴衣を着る際に必要な物は事前に用意しておく必要が有ります。
通販等で浴衣セットを見てみると、浴衣を着る際に必要な物がセットで販売されています。
とは言え、お手頃価格の浴衣セットだと必要最低限の物しか無い場合が有りますので、通販で購入する場合には注意が必要です。

基本的な浴衣セットでは以下の物がセットとなっている事が多いです。
・浴衣
・帯
・下駄・雪駄

その他に着付けの際には以下の物が必要と言われています。
・前板
・伊達締め
・腰紐
・浴衣用下着

そして、浴衣を着る時に持ち歩くものは以下の物がオススメです。
・籠バッグ
・巾着袋

この中で、「浴衣用下着」が有りますので、これについて少し触れてみたいと思います。
多くの人は通常の下着の上に直接浴衣を着ている人が多い様に思えます。
しかし浴衣を着る時期は真夏です。
物凄く汗をかく季節です。
直接肌の上に浴衣を着たのでは、汗が邪魔をしてキレイに着れなくなってしまう可能性が高いです。
そこで、キャミソールの様な下着を一枚上に着るとキレイに浴衣が着れます。
なるべく汗を吸い取ってくれる様に吸水性が良い物を選んでください。
そうする事で、浴衣を快適に着る事も出来ますし、汗で浴衣が透けて下着が見えてしまう事も防いでくれます。
この様に、浴衣をキレイに着る為には色々必要な物が有りますので、当日慌てる事が無い様に事前に用意しておきましょう。

浴衣の着付けをしてみましょう

せっかく通販でお気に入りの浴衣セットを購入しても、着る時には誰かに着せてもらわないといけないと言うのでは面倒になってしまいますよね。
通販で浴衣セットを購入した時には、着付けの方法を書いた紙が同封されている場合も有ると思います。
基本的にはそれを見ると簡単に着付けが出来ると思うのですが、ここで1人でも着れる浴衣の着付けについて挙げてみたいと思います。

1.事前準備として、ヘアメイクは浴衣の着付けの前に済ませておくと良いでしょう。
2.浴衣用下着(下着・キャミソール等)を着ます。
3.浴衣を着ます。
この時、ウェストのくびれが大きい場合はタオルをウェスト部分に巻いて平坦になる様にしておくとキレイに着れます。
4.両手で両襟先の20cm程上を持ち、足首が少し見える位に持ちあげます。
5.右手、左手の順で浴衣を前で重ね合わせます。
この時左側の方が少し上になる様に重ねると仕上がりがキレイです。
6.下半身を固定される為、この状態で腰紐を巻いてください。
上半身はダボっとしていて構いません。
7.腰紐を軸に上半身のダボつきを整えていきます。
これをおはしょりと言いますが、脇の下の穴が開いている部分から手を入れて、シワを取る様に整えていきましょう。
8.襟元にコーリングベルトを固定します。
9.襟と首の間に拳1つ入る位に間を開けます。
10.帯を締めます。

簡単に書きましたが、浴衣の着付けは以上の様になりますので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

浴衣の選び方【生地】

近年、夏になると浴衣を着て花火大会やお祭りに出掛ける機会が増えていると思います。
そんな浴衣ですが、実際に飼うとしたら自分に似合う色や柄の物を選びたいですよね。
またよく分からない場合は、通販を除いてみると浴衣セットと言う物が有ります。
浴衣セットは浴衣の他に帯や下駄等、必要な小物も全て揃ってお手頃価格で販売されています。
色々有りますので一度通販を除いてみると良いかもしれません。
そんな浴衣の選び方ですが、色や柄は選ぶ基準として当然ですが、生地にも拘りたい所では有ります。
現在の浴衣は主に「綿」「ポリエステル」の2素材に分けられると言われています。
綿素材の浴衣の場合は昔ながらの浴衣と言う印象で、ボコボコした様な感じの「絞り」を始め、「梅紅梅」や「コーマ」等、様々な種類の物が有ります。
対してポリエステルの浴衣は近年開発が進められている物です。
元々ポリエステルの浴衣はシワになりにくいと言う特徴が有った為、人気が高かったのですが、その他に通気性の事も考慮されて着ていて、都心の暑い猛暑にとても嬉しい浴衣が登場してきています。
更にポリエステルの浴衣の場合、ご家庭で選択でき、しかもアイロン掛け不要と言うのが最大の魅力ではないでしょうか。
洗うだけならともかく、アイロンとなるとやっぱりハードルが高くなってしまいますものね。
この他にも浴衣には「麻」で作られている物、綿と麻が混合されている物等、色々有りますので、出来れば実際に触ってみて試してみて選ぶと良いと思いますよ。

浴衣を着る際のヘアスタイル

通販で浴衣セットを買った事が有る人も多いと思います。
夏が近付いてくるとお祭りや花火大会等、多くのイベントが有ります。
こうしたイベントを際立たせてくれるのが浴衣です。
お近くに浴衣を売っている所が無い場合は、通販を調べてみると浴衣セットが販売されていますのでお手頃に手に入れる事が出来ます。
そして浴衣を着る際に考えて欲しいのは「ヘアスタイル」です。
いつもの様に長い髪を下した状態のまま浴衣を着て歩くのはなんだか野暮ったい感じがしますよね。
浴衣を着る際には、髪の毛を束ねてアップスタイルにし、首元を見せるタイプのヘアスタイルが涼しげでオススメです。
ショートカットの方は、髪の毛を耳にかけてヘアピンで留めると言うだけでも随分雰囲気が変わって可愛いですよね。
ロングの方は、お団子の様に髪の毛を上に束ね、和風のかんざしで止めるだけで素敵です。
この時お団子部分をフワッとさせたり、カールさせたり、後れ毛を出したりして遊んでみるのも良いですよね。
簡単にするならば、髪の毛をポニーテールにして髪飾りを付けるだけでも良いと思います。
また髪の毛を上げなくても、ロングヘアの方は編み込みの様に髪の毛を一本に編んで行き、後ろで結ぶのではなく、片側に結び目を寄せて編んで行くと言うのも女性らしさが際立って良いと思います。
この様に、浴衣の際には首筋をスッキリと見せるヘアスタイルにする方が似合うと思いますので、是非ヘアスタイルにも拘ってみてはいかがでしょうか。

浴衣の選び方【草履・下駄】

「草履」や「下駄」は浴衣にとってはとても大事なアイテムです。
通販サイトで浴衣セットを購入すると大体はセット内容の中に含まれていると思います。
通販サイトで浴衣セットを購入する場合は、浴衣の色や柄だけでなく、草履や下駄についてもきちんと選んだ上で購入する様にしましょう。
浴衣に合わせる履物は男性であれば草履や雪駄、女性であれば下駄が主流ではないかと思います。
どうせ購入するのであれば可愛いデザイン、可愛い色や柄の物を選びたいと思うと思いますが、草履や下駄の選び方のポイントとしては、デザインよりも「履き心地」を重視して選んでいただきたいのです。
私達の生活の中で草履や下駄は滅多に履く事は無いと思います。
また浴衣を着てお出掛けをする場合、花火大会やお祭り等ではかなり長時間歩き回る事になります。
そんな中、履きなれない草履や下駄を履いていると靴擦れを起こしてしまう可能性がとても高いのです。
鼻緒が足の甲に当たり続けて擦り剥けてしまうとか、長時間歩く事によって足が痛くなってしまうとかしてしまうと、それだけで気分が台無しになってしまいます。
草履や下駄を購入する場合は、出来れば通販サイトで購入するより、実際に履いてみて自分に合うか確認してから購入する方が良いと思うのです。
ポイントとしては、鼻緒が太めの方が痛くなりにくいと思います。
最近は靴擦れを心配して、サンダルを履いて歩く人も多く見受けられます。
この様に草履や下駄は浴衣選びの上でとても重要ですのでしっかりと選ぶ様にしましょう。

浴衣の選び方【色】

洋服もそうですが、浴衣も色々色が有り、実際に購入しようとする際にはどの色を選んだら良いのか迷うと思います。
浴衣選びの基本として、色選びはとても重要だと思います。
通販サイトを見てみると、モデルさんが色んな色の浴衣を着ていますよね。
先ずはその色合いを参考にしてみると良いと思います。
浴衣単品であっても、浴衣セットであっても先ずは色合いを決める事から始めると思います。
浴衣セットであれば、浴衣の色に合った帯の色をセット販売していますので、そうした事も含めて選んでいくと良いでしょう。
浴衣には、紺・白・ピンク・赤・緑・水色・黒と言う様にたくさん色が有ります。
先ずはどんな色合いの浴衣を着てみたいか想像する所から始まると思うのです。
普段、モノトーンの洋服が多かったとしても、浴衣でモノトーンを着たら何となく違うと言う様に、洋服と浴衣では色の選び方が少し違ってきます。
どの色を選んだら良いか迷った時には、先ずはどの色合いの浴衣を着たいのか想像して決めてみても良いと思いますよ。
また、年代別で見てみても選ぶ色合いが少し変わってくる様に思います。
例えば20代位の若い女性だったら、白・ピンク・水色・紫あたりが人気色ではないでしょうか。
また40代位の大人の女性であれば、紺・緑・白あたりが人気の様な感じがします。
もちろんご自身の雰囲気と合わせてお好きな色を選ぶのが良いと思います。
通販サイトだと実際にご自身に当ててみる事が出来ないので、イメージでしか選べませんが、その選んでいる過程も楽しいと思いますよ。

浴衣を洗濯してみましょう【脱水?仕上げ】

通販等を利用して浴衣セットを購入する方も多いと思います。
浴衣セットは小物と帯とセットで販売されている事が多く、通販サイトもたくさん存在します。
お気に入りの浴衣を見つけたら、是非お手入れもしっかり行いたいですよね。
ここでは浴衣を自宅で洗濯する際の脱水から仕上げまでの工程について挙げてみたいと思います。
先ずは「脱水」です。
洗濯機で脱水する時も、手洗いで絞る時も同じ要領で行って欲しいのですが、大きなバスタオルと2枚用意します。
バスタオルの上に浴衣をたたんで乗せます。
更にもう一枚のバスタオルを浴衣の上に乗せます。
3枚重ねた状態で、クルクルとロールケーキの様に丸めていきます。
洗濯機の場合はこの状態で30秒程回してください。
洗濯機を使わない場合は、これで脱水が完了です。
次に「干す」ですが、洗濯竿に両腕を通し、吊るす様にして陰干ししましょう。
地面に浴衣が付いてしまう場合は、浴衣を横にし、洗濯竿にかけて干しましょう。
最後に「仕上げ」です。
生渇きの状態でアイロンをかけるとシワが伸びやすいです。
パリッとした肌触りが好きな場合は、最後にノリを付けるスプレーをすると良いでしょう。
それか、脱水時に洗濯ノリを入れた水に浴衣を付け、脱水をしないまま干してしまっても良いです。
どの工程もそうですが、浴衣が型崩れしない様にたたんで作業をする事がキレイに洗えるポイントとなっていますので、是非ご自宅で洗濯してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ