浴衣の選び方

この記事は14分で読めます

浴衣選びに迷ったら

夏になると浴衣を選ぶので迷う人が沢山出てきますね。
現代の日本での浴衣は、夏のイベントの時くらいしか着る機会がないため、衣装というか半ばハロウィンのコスプレのような感覚でしか持ち合わせなくなってきています。
しかし、学生や独身の女性にとって浴衣を着こなす夏のイベントはとても楽しみなものであり、気合いが入ります。

スポンサードリンク

そこで浴衣選びに迷っている人に選び方のポイントを一緒に考えていきたいと思います。

まず浴衣で一番肝心なのが「色」でしょう。
普段、洋服を着る時に控えめな色を選ぶ傾向にある女性は、浴衣を選ぶ時にものすごく躊躇してしまいます。
「こんな色自分に似合うかな」「ハデすぎないかな」「合わせ方が分からない」など自分に自信がなく、色選びに迷ってしまうのです。
浴衣は、先ほども記述したようにほぼ衣装のような感覚なので、何色を選んでも良いのです。
むしろ、年に数えるほども着ないものなので、普段着ない色を選んでみるというのはとても刺激的で面白いものです。

たとえば、浴衣の定番「青」なんかは、なかなか青い服を着るということがないので、選びにくいですが、夏のイベントやお祭りの雰囲気にとてもよく映える色のため、浴衣の色としては非常に活かしやすいのです。

自分には青は似合わないだろうと決めつけず、試着してみましょう。
店員さんに合わせやすい帯を選んでもらうとよりイメージがしやすくなるのではないでしょうか。
思い切って普段とは違う自分に挑戦すると楽しいですよ。

20代アラサーの浴衣選びナビ

浴衣を買おうと思っている方は、何に悩んでいますか?選び方が分からないアラサーの女性は何に迷っているのでしょうか。

20代も後半にさしかかると、自分の好みや欲しいものはハッキリしてきているはずなのに、浴衣はどうも選べない。
それは、年齢が上がるにつれ、似合う色や柄が変わってきているからです。

日本の着物は、年齢によって似合うものと似合わないものがハッキリしています。
たとえば振袖は独身の若い女性が身に着けるものですが、派手で明るい色柄の振袖を50代の女性が着ていたらどうでしょうか。

成人式で地味なあずき色や暗い紫色の無地の着物を着ている女性はいますか?浴衣も同じように色や柄が年齢によって合うものとそうでないものがあるのです。
昔の感覚で浴衣を選ぼうとすると、鏡に合わせた時に違和感を感じますよね。
それはカワイイ浴衣が着れなくなってしまったということではなく、年を重ねたら重ねたなりの似合う浴衣があるということです。

20代や30代の方で浴衣を着ようと思ったなら、少し大人向けの値段もちょっと良いお店で選ぶのをオススメします。
また、帯も作り帯ではなくきちんと結べるタイプのものを選びましょう。
そうすることでより大人らしく、きちんと着こなすことができるようになります。
暗い色や落ち着いた色があまり好きでないという方でも、実際に着用してみると印象が変わり、案外しっくりくる場合もあります。
年齢に応じたオシャレができる女性は魅力的です。

男ウケする浴衣選び

今年は浴衣を新しく購入したいと考えている方、どんな浴衣を選びたいですか?浴衣を着ていくシーンは、どんなところでしょうか。
また誰と出かけますか?
浴衣を選ぶときは、どんな柄が似合うかよりも、その場面にウケやすいものを選びたいところです。
浴衣は普段着ではなく、夏の限られたイベントでしか着られなくなりました。

昔のようにパジャマの代わりだったり、入院中に着るという目的ではなく完全に衣装のようなオシャレ感覚で着ることになっています。
そのため、夏のイベントのことだけを考えて選ぶ人が多いようです。
たとえば、意中の男性と一緒に夏祭りに参加するとか、大学のサークルで男女のグループで花火大会に行くとか、文化祭などのイベントで浴衣を着るとか、男ウケしたいなというちょっとした下心がある人は、男性ウケのよい浴衣を選びたくなりますよね

男性の目線からだとどんな浴衣が人気なのでしょうか。
やはり定番の白やピンクが人気です。
白は清楚なイメージがあり、肌もキレイに見えることから「映える浴衣」として注目です。
それに白であれば、誰でも合わせやすく、浴衣の派手な色や柄が苦手だなという女子にもピッタリですよね。
迷ったら無難な白がよいでしょう。
男ウケがいいのは王道のピンクです。
普段目立たないような服装をしている女性が思い切ってピンクの浴衣を着ることにより大胆な印象を与え、男性には刺激的に映るでしょう。
ただし、女子ウケは「あざとい」感じがして良くないようなのでグループデートでは注意が必要です。

人とかぶらない浴衣が欲しい時の選び方は?

オシャレに興味がある女性は、浴衣もオシャレに着こなしたいと思っています。
夏のイベントに欠かせない浴衣ですが、どんなものを選ぼうか迷ってしまいますよね。
普段のファッションが個性的な人は、浴衣にも個性や味を出したいので、人とかぶりたくないのです。
人とかぶらない浴衣を選ぶにはどんなポイントがあるのでしょうか。

まずは、大型のショッピングセンターなどで大量に売られているであろう浴衣は買わないようにすることです。
個性的でかわいいと思っても、大型店だといくつか在庫があるでしょうし、別の地域の店舗にも同じものをおろしています。
つまり、どこかでかぶる可能性があるのです。
それがどこにでも売っているものだとしたら、ちょっと恥ずかしい感じがしますし、浴衣は普段着と違っていろんな人が手に取りやすいものなので、かぶりたくない人とかぶってしまう危険性もあります。
なので、誰もが買いやすいようなお店での浴衣選びは避けた方が無難でしょう。

本当に誰とも同じにならないような超個性派を目指すなら通販という手もあるでしょう。
純和風なものやレトロ感があるもの、リメイク、一点ものなどの浴衣を手に入れることができます。
色なども個性的で大量生産の商品にはない色味のものなどを見つけることができるかもしれません。

ただし、あまりにも浴衣の雰囲気を損なうようなデザインや、形が大きく変わっているものなどは、周囲となじまず浴衣の良さも失ってしまうので、よく吟味しましょう。

浴衣選び初心者向け!浴衣ってどんな風に売っているの?

浴衣を買う時に選び方で迷っていませんか?オススメな浴衣について紹介します。

浴衣が売り出される時期になると、だいたい3つのパターンの浴衣を見かけます。

1つめは、作り帯とセットになっている浴衣です。
これはリボン型のつくり帯がついているので、帯結びが簡単です。
小学生や中学生など自分で上手に浴衣の着付けができない人、短時間しか着用しない、文化祭などで動き回るので着くずれる可能性のある人などがオススメです。
大人の女性にはちょっと子どもっぽいので、大人であれば、自分で締める帯を使うと良いでしょう。

2つめは、作り帯ではないふつうの平帯が付いているセットです。
帯と浴衣の組み合わせを考えるのは難しいなと思うなら、無難でとても良いでしょう。
作り帯よりもキレイに見えるし、帯の結び方もアレンジがいろいろあるので、今までは作り帯だったという人も今年は挑戦してみてはいかがでしょうか。

3つめは、浴衣だけ、帯だけとそれぞれバラバラで売っているものです。
セットではなく単品なので、値段は高くなりますが、自分で好きな組み合わせも選べるし、帯がオマケのようなもではなく様々な柄をあしらったものなどを選べるので高級感があります。
社会人の女性なら、単品でよい帯を見つけるのがオススメです。
大人で安っぽいものを身に着けるととても貧相に見えます。
とくに和服はそれが顕著に出るので、頭に置いておくと良いと思います。
自分の年齢や立場にあった服装を身に着けるのが一番の「オシャレ」ではないでしょうか。

浴衣選びのポイントを知りたい!

浴衣を通販で購入するとき、まず最初に確かめておきたいことは、自分の好みを知るということです。
お店に行ってから気にいったものを選ぶという方法もありますが、ネットで調べて通販で購入ということなら、数あるお店の中からお店を選ばなくてはなりません。
よさそうなのをと漫然と考えていると、これはという浴衣をなかなか決められないのです。
自分の好みや欲しい浴衣を見つけるための重要ポイントとしてはまず色です。

洋服のときとは別ものと考えて、浴衣のことだけで考えてみてください。
洋服のときは、白黒のモノトーンが多く、そういた色味が好きだとしてもです。
雑誌を見ると、はっきりした色が多いと思いますが、それは華やかに見せるためのテクニックのひとつかもしれないのです。

実際そのモデルさんの浴衣を着たとしたら、どうなるでしょうか。
いつもと違ってちょっと引きそうで自信がないと躊躇しそうですよね。
でも、ちょっとした冒険心も含めて、浴衣は選んでいいと思います。
自分の着てみたい色の浴衣を、想像してみてください。
今すでに浴衣を持っていれば、その色以外の色はどうでしょう。
若い女性に人気の浴衣の色としては、ピンク色、白色、黒色、紫色、40代以降には、紺、白、グリーンあたりが人気ですが、まずは、あくまで自分の「着てみたい色」から探してみてはいかがでしょう。
似合わないと決めつけず、自分がこの色を着こなすのだというくらいの強気でいったほうが、おしゃれは楽しいですよ。

今年の夏は浴衣を買おう!

浴衣はもともと湯帷子(ゆかたびら)と呼ばれ、平安時代頃には入浴昔は全裸で風呂に入らなかったので入浴時の着衣として使用されたり、湯上がりのバスタオルやバスローブ代わりとしてと使われていたもので、今でも下着に近い感覚を持っておられる方も多いかと思います。

しかし時代の変遷と共に表着としても定着し、現代では夏の定番アイテムとして利用されていますね。
近年では、梅雨が明けると、七夕、盆踊り、朝顔市、花火大会、お盆と、方々で若い人たちの浴衣姿を数多く見かけるようになりました。
夏を楽しむために浴衣を着る浴衣ブームは、平成に入ったころより始まり、以来、若い人たちの浴衣は、カラフルでパワーアイテムなものとなり、従来の浴衣の印象から一変した感じがあります。

浴衣は、若い男女が洋服一辺の生活からの気分転換に、ファッショナブルなおしゃれ着としても活用されているようです。
浴衣の色柄にもよりますが、下に襦袢をつけて足袋を履けば、単に着物代わりにも利用できると思います。
夏にも気軽に着物を着れるお勧めの着方です。
浴衣選びにはTPOに合わせた選び方をすることも大切になってきますね。

気に入った柄や値段で選んでしまうことが多いのではない化と思います。
もちろん、柄を気に入ることは大切ですし、値段も自分の予算内で選ぶことは普通ですが、やはりどんな場面で着るのかによってかなり選ぶものが違ってくると思いますので、その場面を想像しながら選ぶのが大切です。

イタイ女にならないための30代浴衣着こなし注意点

30代の女性が浴衣を選ぶときに注意したいことをまとめてみましょう。

30代というともう立派な大人です。
年齢に見合った色や柄、着こなしに注意したいものです。

浴衣は年に数回しか着ないため、保存状態もよく長持ちします。
しかし10代の頃に着ていたものを今も着用できるかといったら、それは難しいでしょう。
10代の時には10代なりに似合う色や模様があったはずです。
それを30歳過ぎてから同じように着こなそうとすると、イタイ女性として見られてしまいます。

現在の自分に合った浴衣が無ければ、惜しまず新しいものを購入し、古い浴衣は譲ったり捨てるなどして手元から離しておくことが良いでしょう。
状態が良ければオークションや古着を売れるアプリなどを活用し、必要な方に差し上げるのがエコで良いですよね。

30代には、落ち着いた雰囲気、大人っぽい上品な着こなしが望まれます。
浴衣の色柄だけでなく帯もつくり帯でなくきちんと結ぶようにしましょう。
ヘコ帯をひらひらさせるのもアウトです。
きちんと帯留めをするようにしたほうが、上品に見えますね。
見た目が不気味な人になりやすいのが、髪型やメイクです。
せっかく綺麗に着付けをしても、一昔前の水商売・風俗嬢のような盛り盛りヘアーや大きな花を頭に載せるなどはNG。
一緒にいる友人や恋人にも恥ずかしい思いをさせることになってしまいます。

30代はキレイに着こなすことも大事ですが「いかにイタくならないか」にも注意を向けた方が賢明です。

男性の浴衣選びのポイントは?

ここ数年、浴衣はかなり流行し女性はさまざまなイベントで浴衣を楽しむようになりました。
しかし男性の浴衣姿はまだあまり増えていると言えません。

それでも、女性の浴衣売り場の隅には男性用のものが置かれるようになり、値段も手ごろになってきているようです。
男性の浴衣の選び方はどんなポイントがあるのでしょうか。

浴衣を買うときにまず頭に入れたいのは、浴衣も洋服と同じようにファッションの一つだということです。
そんなのは当たり前かと思われるかもしれませんが意外と忘れがちです。
浴衣は夏のイベント着として購入されることが多いので、お店の人に薦められるまま似合わない浴衣を買ってしまうことがありがちです。
まずは、浴衣を着た自分をイメージしてみましょう。
大人っぽくしたいのか、粋な感じにしたいのか、派手に目立ちたいのか。
一緒にいる女性がいる場合はその方の浴衣がどんな感じかも重要な点でしょう。
そして、必ず体に当ててみることです。
私たちは洋服に関しては子供のころから着慣れているので、自分に似合うものが大体わかります。
試着しないで洋服を買うことも多いでしょう。

しかし和服の場合必ず試着をしてみましょう。
和服は布の面積が大きいので、手に取ってみた時と実際に着た印象がまるで違うこともよくあるのです。

特に、初心者はどんなものが自分に似合うのか見当もつかないという場合も多いでしょうから、気になったものはどんどん試着してみるという姿勢が必要です。

オトコの浴衣選び!

男性の浴衣の選び方でも女性と同じように大事なポイントがあると思います。

まずは色・柄選びです。
女性の浴衣はカラフルなものがたくさんありますが、男性の和服は地味なものが中心なので女性ほど色選びに苦労することはないと思いますが、色味によっては難しくなります。

紺白の木綿の浴衣などは、浴衣の中の浴衣いえますが、ちょっと間違うと「温泉宿の客」のようになってしまうことがあるからです。
着始めの男性にオススメなのは「白」か「黒」を基調としたものです。
迷った時は白っぽいものか黒っぽいものから試着してみるといいでしょう。
やせ型の人は白っぽいものを、太めの方は黒っぽいものを選ぶとすっきり見えます。

また、素材も選択肢に入れておくのがオススメです。
浴衣は木綿の生地に模様を染めたものがメインですが、麻の素材の浴衣も涼しげで品が良く見えます。
麻の生地は織で模様をつけるので地味なものが多いため、麻こそ男性向きであるともいえます。
下に襦袢を着ると、浴衣ではなく通常のきものとして着られるというのも強みです。

ただし、麻の着物は透けるので下着には十分注意する必要があります。
そして、帯です。
男の帯は角帯と兵児帯があります。

角帯はどのような着物でも絞められますが、兵児帯は普段着限定です。
浴衣は普段着ですから角帯でも兵児帯でも良いわけですが、 兵児帯は子供っぽく見えるかだらしなく見えることが多くので、まずは角帯のほうがおすすめです。

デートに使える!オトコの浴衣、選び方や着こなしのポイント

男の浴衣選び。
浴衣自体だけでなく他に付随する物の選び方も大切になってきます。
下着はどうではしょうか。
洋服の時と同じでも良いのですが、いくつか注意点があるようです。
シャツは、普通の丸首シャツでは襟元からシャツ出てしまいますから、和服用の肌襦袢か襟ぐりが深いUネックかVネックがいいと思います。
下着なしという方もいいますが、汗が浴衣に染みると目立つので着用したほうが良いようです。
下にはステテコを履くのが一般的です。
ステテコは普通の木綿でも良いのですがクレープ地といって生地に細かいしわが入っているものが涼しくてオススメです。
予算に余裕があれば麻の下着も考えてみてください。
ステテコは必ずしも履かなくてもよいのですが、履かない場合は裾から下着がのぞかないように注意してください。

また、白っぽい木綿や麻の浴衣は下着が透けて見えますので気をつけましょう。

はきものはどうすればいいでしょうか。
浴衣の時は素足に下駄または草履や雪駄をはくのが一般的です。
ただし革の草履は浴衣には似合いませんし、高価な畳表のものは裸足に履くと汚れが取れないので、やはり下駄がおすすめです。

下駄が好みでない場合は、サンダルに近い形の草履か、いっそのことサンダルを選んだほうが良いかもしれません。
下駄には、二枚歯のもの、千両下駄、右近下駄などがあります。
下駄が初めての人には、歩きやすい右近下駄をすすめます。
二枚歯は硬い地面を歩くには慣れが必要です。

オトナカワイイ女子必見、浴衣選びのコツ

大人可愛い浴衣に合うおしゃれな帯、小物の選び方はどんなものでしょうか。
浴衣を引き立てる帯や小物。
オトナカワイイを目指すなら、粋で品の良いものを選びたいものです。
帯の柄や色は浴衣との相性を最優先に考えたほうがいいようです。
浴衣の柄が華やかであれば、帯はシンプルに。
サッパリした柄の浴衣であれば、帯に大胆な柄が良いでしょう。

色によっても、帯の役割が変わってきます。
浴衣と対照色にすれば、帯自体が差し色になります。
同系色にすれば、全体のまとまりがよくなり、ワンポイントで入れる小物が際立ちます。
帯は全体のイメージを左右しますので、必ず浴衣と合わせながら、全体の印象を確認しつつ選びましょう。
また、浴衣と帯だけでも十分可愛くアレンジできますが、小物で華やかさを加えても素敵です。
レトロながま口バッグは、浴衣との相性がいいようです。
ポシェットタイプは子供っぽくなりがちなので、チェーンの持ち手で手提げタイプがおすすめです。
クラッチバッグも浴衣によく合います。
大人のクールさが際立ちます。
シンプルな浴衣なら、ストーン入りのクラッチバッグもいいでしょう。
浴衣が華やかなものには、シンプルなかごバッグがおすすめです。
爽やかでナチュラルな雰囲気が出ます。
コサージュ付きのかんざしやヘアピンは、まとめ髪にもショートやボブに差すだけで華やかになりオシャレです。
カチューシャは甘い雰囲気になりやすいので大人っぽいものを選びましょう。

失敗しないカラーを探せ!浴衣の選び方

今年浴衣を購入するなら、濃いみどり色の浴衣に挑戦してみてはいかがでしょうか。

浴衣というと、青や白などの色が無難で選びやすいと思うのですが、いつも同じような浴衣で飽きている人は、思い切ってみどり系を選んでみることをおすすめします。
浴衣を選ぶとき、自分に自信がなかったりするとどうしても思い切ったおしゃれが楽しめません。
自分には派手な色は似合わないのではないか、ちょっとハデなのは苦手、などと自分で自分に似合う似合わないを決めつけたりしがちな女性は案外多いものです。
しかし、浴衣は年に数回着るか着ないかくらいのものです。
しかも着用するときはお祭りや花火大会など、大きなイベントが多いのではないでしょうか。
緑色は苦手という人でも、濃い緑、深緑、抹茶色などであれば手に取りやすくないでしょうか。
落ち着いた印象を与え、身体も引き締まって見えます。
浴衣独特の派手な柄が苦手という方は、色は珍しいかもしれませんがシンプルな柄が多い緑色をチョイスしてみてください。
派手な模様が少ない傾向にあるので、もしかしたら気に入った雰囲気の浴衣が見つかるかもしれません。
また、みどり系の浴衣は、帯を組み合わせる時に、色々な色を選びやすいというのも特徴だと思います。
浴衣を選びに行く際には、帯との組み合わせのことも忘れずに考えるといいですよ。
帯が変わるだけで印象がガラっと変わる場合もあります。
渋い色目の浴衣を着るなら、髪飾りは明るめのものを取り入れても子どもっぽくなりにくいのでオススメです。

子どもに浴衣を着せたいママの浴衣選び術

夏祭りや盆踊りなどは、浴衣でおしゃれが出来る、年に数回の特別な機会です。
いつも着ている服とは違う色合いやデザインの浴衣は、お祭り気分をさらに盛り上げてくれます。
特に、子供が浴衣を着ている姿はかわいくて、是非着させたいものですね。
そんな子供用浴衣の選び方にはどんなポイントがあるのでしょう。

まず、上下が分かれており、甚平のように着ることの出来る浴衣ドレス。
着付けの知識や道具も不要で、誰でも簡単に着せることができるのが特徴です。
ドレスのような可愛らしいデザインもあり、丈が短いので動きやすく、着くずれしにくいので、低年齢の子にもおススメです。
ただ、フリルやレースが施されているデザインが多く、古典的なタイプを好む人にはオーソドックスな普通の浴衣がおすすめです。

普通のタイプの浴衣の大きさについて、浴衣はゆったりと着られるように作られていますが、子供用は肩上げ・腰上げがされているものも多く、成長に合わせておろせば丈を出すことが可能な浴衣も多くあります。
特に小さい子は、動き回って着崩れする可能性も多いので、ちょうどいいものか、ワンサイズ上の大きめの浴衣を選びぶと良いのではないでしょうか。
丈が長い場合は、腰上げをして丈を調節してみるといいと思います。

また、大人と同じく浴衣には、帯・下駄・腰ひも巾着袋なども必要となりますので、はじめて浴衣を着る場合で、もし家に必要なものをもっていない場合は、セットで販売されている浴衣を選ぶと安心です。

子供の浴衣選びに必要なこと

子供の浴衣の選ぶ際、どんなサイズや素材が良いのか迷うところです。

子供の浴衣は、基本的には「肩揚げ」「腰揚げ」がされています。
「肩揚げ」とは、裄丈を調整するために浴衣を縫いあげることで、これによって袖の長さを調整することができます。
同じように「腰揚げ」は、身丈の調整をすることで、身長に合う浴衣となります。
調整は難しいかもしれませんが、肩揚げや腰上げをすることで、子供に見合うサイズにすることができます。

余談ですが、この「肩揚げ」「腰揚げ」には意味があるそうです。
体がすぐ大きくなるのでその調整というのはもちろんですが、「肩揚げ」「腰揚げ」しないピッタリサイズのものは、「子供の成長が終わる=死」を意味するとされており、忌み嫌われています。
げん担ぎではありますが、気にされる方はその辺も含めてサイズチェックすることをオススメします。
また、手作りにせよ、購入するにせよ、浴衣の素材も確認しておくことが大切です。
浴衣を着るのは暑い夏です。
子供は汗かきですから、通気性・吸湿性の良い綿・麻・サッカー地の生地がオススメです。
また、アトピーなど肌の刺激に弱い子には、天然素材のものが良いでしょう。
また、デザインは、大胆なポップ柄からレトロな柄のものまで、幅広くあります。
色も豊富なので、選ぶのは大変ですが、子供と一緒に好みのものを探し、納得できる浴衣を見つけましょう。
何シーズンか着ることを前提に買うなら、先を見越したデザインで探しても良いでしょう。

女の子ママの浴衣選び

これからの季節、女児のお子さんがいる家庭では浴衣を買ってあげよう思っておられる方も多いと思います。

浴衣デビュー、でもまだ小さいので浴衣は着崩れやトイレが心配だという方は、浴衣ドレスはいかがでしょうか。
浴衣ドレスは、ワンピースのものと、セパレートタイプのものがありますが、特にセパレートタイプは特に着付けが簡単です。
トップスを甚平のように着せ、その上からスカートを穿かせ、スカートのウエスト部分に帯を巻くだけです。
スカート丈も短めになっていますので、動き回っても裾をひっかけて転ぶ心配もありませんし、トイレも簡単です。
まず浴衣ドレスの素材に注目しましましょう。
子供は汗かきですから、汗を良く吸い取る素材であるか確認しましょう。
綿であったり、表面に凹凸のある織りの紅梅という生地になっていると涼しいと思います。
また、浴衣ドレスは、セットで販売されていることが多いですので、セット内容をチェックすることも重要です。
特に通販などで購入する場合は注意してみないと、帯は別売りで浴衣ドレスだけ、というものもあります。
すべて別で買ってそろえると、結構なお値段になってしまうことがありますのでよく確認することがポイントです。

そして、買ったらすぐに試着することをおすすめします。
お出かけ当日になって、あれが足りないこれがない、でも買いに行くことができないでは、困ってしまいますので、お出かけの前の段階で確認することが大切です。

自分のコンプレックスをなくせ!体型カバーの浴衣選び

浴衣はどちらかというと、太めな体つきの人のほうが似合うと言われています。
なので、細身の人が着こなすには、浴衣に少し幅を増やした方がより似合ってくるので、白系や淡い紫などの膨張色がオススメのようです。
逆に太め体型の人は、体型が強調されるような白や淡い色はなるべく避け、紺などの濃い色を選ぶとカバーできるようです。
さらに着物と同じ系統の色で縦のラインが入ったものは体がすっきり長く見えます。
また着物と帯の色を同色系にすることでも縦長効果があるようです。
帯に逆の色が入ると、縦のラインが帯によって上と下に分かれたように見えてしまうからです。
少しでも背を高く見せるには同じ系統の色でまとめるのがポイントです。
背の高い人におすすめなのは大きな柄の入った浴衣です。
背が高い分、柄が見える面積が大きいので、大胆な柄が文句なしに映えます。
全体的に柄が入っている浴衣を選ぶことで体型をカバーしてくれます。
小さい柄だとメリハリがなくなり、大柄さがかえって目立つので、小柄や無地のものは避けましょう。
逆に、背が低い人は大きな柄を選んでしまうと柄がつまってしまって見えるので、小柄模様の浴衣を可愛く合わせるのがポイントです。
ただし、柄が小さすぎると無地に見えて地味な印象になりかねないので、試着する時は2?3m離れて確認しましょう。
また、縦に模様が入っているものを選んで、縦長ラインを作り出すことで、すらりとバランスよく見えます。

品よく着られる!大人の浴衣着こなし術

40代以降の女性の浴衣については、華やかな柄を選ぶ方が似合うそうです。
浴衣には、洋服にない大胆な柄の配置のものや、様々な色合いがありますから、大人になるほど浴衣の選べる範囲が広がるということになるようです。

そして、大人の浴衣を選ぶときは、「何のために着るか」がわかっていると選びやすいので、まずどんな目的なのかをはっきりさせておきましょう。

大人の浴衣は、素材は綿100%でなく、麻や絹の入った生地が高級感があって良いということです。
その他にも、織り方で、生地を部分的に絞って染めた「綿絞り」や、細かい糸と太い糸を格子状に織った「綿紅梅」と言われるもの、「綿絽」といわれる、等間隔で隙間ができている生地、しぼが細かく入った「綿縮」という生地のものから選ぶとよいとのことです。
熟年女性はとかく体型をカバーしたくなります。
そのためにいいのが、左肩から胸にかけて柄がしっかりある浴衣をチョイスすると、少し崩れた体型も目立たなくなるようです。
また、お尻の外側に柄を配置するのも、お尻の形をカバー出来るとのことです。
華やかな柄の方が似合うようになるので、左肩から胸にかけて柄がしっかりある浴衣、お尻の外側に柄が配置するものが体型カバーにうってつけのようです。

また、着物に良く使われる名古屋帯、じゅばん、足袋、帯締め、帯留めを合わせたいすることで品のある大人の着こなしになります。
浴衣選びで、中高年だからこその魅力を創出できるといいですね。

浴衣えらび、生地や素材は重要?

今夏、浴衣を新しく購入する方、どんな浴衣にしようかと迷っていませんか。
浴衣の生地をポイントに選ぶと失敗も少なくなるのではないでしょうか。
いくつか代表的な生地があるようなので挙げてみます。

着心地のいい綿紅梅は、薄地に太い糸と細い糸を、格子や縞状に織り込んだ生地です。

生地が凸凹(おうとつ)しているので、素肌に貼りつかず、サラッとした着心地です。

綿絽は高級感漂う感じの素材です。
ポツンポツンと穴が縦もしくは横に並んで絽目に折られた生地です。
地厚で高級感がありながら、夏の着物としても着ることができます。

コーマ地とは、浴衣の王道とも言えるもので、一般に出回っているお馴染みの生地です。
厚みもさまざまなので、薄手のものだと、透けて見えてしまうこともあるようなので生地の厚みも吟味したほうがいいと思います。
絞りは、ふんわりとした着心地で存在感がでます。
浴衣としても、半衿を付けて夏の着物風にも着こなせるようです。
高級感と風合いが漂います。
変わり織は、経糸と横糸の織目が規則正しく織られた地厚な浴衣地。
生地厚で、サラッとして、着心地がすごくいいと言われています。
シワになりにくいのが特徴のようです。
どの生地も綿100%なので、サラッと感があり、着心地や洗濯などアフターケアが簡単な浴衣が出回ってるようです。
その他にもポリエステル生地で夏の着物風の浴衣もよくお見かけします。
よく吟味してアナタにピッタリの浴衣を見つけてみましょう。

通販でも安心して買える浴衣選びのポイント

浴衣は生地素材によっても着心地やお手入れの方法が変わってきます。
その特徴を知っておくことで、実際に手で肌触りを確認できない通販での購入のヒントになるでしょう。

では浴衣の生地素材の違いはどうなのでしょう。

綿コーマ地は、さらっとした肌触りで吸湿性もよく、お値段もお手ごろです。
平織り木綿の一般的な素材で洗いざらしのパリッとした肌ざわりです。
洗濯しても丈夫なので長持ちするのが特徴です。
綿紅梅は、格子状で筋糸が浮き出て透けるように織った木綿地です。
夏向きで涼しいので、浴衣の生地にもよく使われています。
その他の木綿地として、高級感のある「綿縮」や「綿紬」「綿絽」というものもあります。
価格は「コーマ地」の約2?3倍ですが、浴衣と着物の中間的な存在で、お出かけにいい感じなのですが、何度も水通ししていると生地のハリがなくなり、ヘタって寝巻きのようになってしまうこともあるので手入れに注意が必要です。
また、最近人気の浴衣素材がポリエステル素材です。
吸汗、速乾性で着心地よく人気があります。

洗濯機で洗うこともでき、ノーアイロンでもいのが特徴です。
また、ハリや光沢があり、着物感覚で着ることができます。
このように浴衣の生地素材については伝統的なものから新素材までたくさんの種類があります。
浴衣を通販で購入するのに手触りが分からないと思っていた人も、生地素材の特徴を知っておくといいでしょう。

通販ではたくさんの種類があるので、納得のいく浴衣を手に入れられるといいですね。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ