汗かきを改善したい

この記事は15分で読めます

どうして「汗かき」になるの?

少し動いただけでも大量の汗をかいたり、少し暑くなっただけで汗がすぐに出たりしてしまう「汗かき」の人は、自分だけ汗をたくさんかくことに悩んでいるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

このような汗かきの人は、「代謝が良いんだね」とよく言われるかもしれません。代謝が良いことと汗が出やすい、ということは間違えではありませんが、それだけが原因ではないのです。代謝が良くない人でも、汗かきの人はいるのです。それでは、どんなことが原因で汗かきになり、その改善方法はあるのでしょうか。

代謝が良いことも汗かきの原因の1つですが、そもそも「代謝が良い」とはどのような状態なのでしょうか。それは、血液やリンパの流れが良くて、臓器が活発に動き、老廃物の排出や脂肪の燃焼、エネルギーの消費などの生命活動がスムーズに行われている、体にとっては理想的な状態なのです。

私たち人間は体温を平熱に維持しているので、エネルギーが消費した時には発熱させて、体温を保とうとします。発熱したままでは高温になってしまうので、体温が上がりすぎないように脳が発汗させているのです。このような流れによって、「代謝が良いと汗をかきやすい」と言われるのです。

でも、代謝が悪い人でも、ほかのこと原因で、汗かきになることがあるのです。だから、「汗がよく出るのは、体の働きがスムーズで健康な証拠だから、改善方法なんて気にしなくても良い」なんて考えていてはいけません。自分がなぜ人よりも汗かきなのかを知って、その原因を解決する改善方法を心がけることが大切です。

肥満や運動不足による「汗かき」

人よりも汗かきで困っている人は、その人の生活習慣にさまざまな原因が考えられます。その原因と改善方法を知ることで、汗かきの悩みも軽減するはずです。

太っている人はいつも汗をかいているイメージがあると思います。肥満はいらない脂肪がどんどん蓄えられたことが原因ですが、体内に余分な脂肪があると熱がこもって高熱になってしまうので、外に熱を逃がそうとします。そして、発汗させることが体温の調節をするので、汗がたくさん出るのです。

また、太っている人から出る汗は、種類が違うのです。運動をして出る汗は水分がほとんどなので、サラサラしていますし臭いもありません。しかし、太っている人の汗は、ミネラルなどが含まれているのでベトベトしていて、雑菌の繁殖につながるので臭いもきつくなります。肥満が原因の場合、改善方法は健康的なダイエットを行って痩せることが一番です。

運動をすると汗をかくイメージがありますが、運動不足でも汗かきになる可能性があります。特に、顔に汗をかきやすい人は、運動不足が原因になっているかもしれません。それはなぜでしょうか?

普段から運動などして汗をかくことが習慣になっていないと、汗腺が正常に働かなくなり、汗があまり出なくなっていまいます。汗をかきにくくても、体温を調節しないといけないので、運動不足になりにくい部分から汗が出てしまうのです。そのため、運動にはあまり使わない顔や、胸や背中に汗をかきやすくなるのです。

運動不足が原因で汗かきになっている人の改善方法は、やはり運動することです。普段から運動を心がけて汗のかく機会を作れば、また汗腺の機能も働くようになるでしょう。

水分の過剰摂取と食生活による「汗かき」

「汗かきは、水分を多く摂っているせいだ」「汗が出るのが恥ずかしいから、水分を摂るのはやめよう」と、汗かきで悩んでいる人は、水分を極力控えているかもしれません。

しかし、水分を摂取することと大量の汗とは、ほとんど関係していないのです。汗が体から出るのは、体温を調節するためです。水分を余分に摂ったとしても、汗になるのではなく、尿として体外へ排出されるのです。

「それなら、いくらでも水分を摂取しても良いの?」と思うでしょう。水分の摂りすぎは、「水毒」を引き起こす可能性があります。水毒とは、病気としては分類されていませんが、体内に水分が必要以上に溜まると、手足が冷えたり、むくんだり、肌がべたついたり、胃がもたれたり、などの症状が現れるようになるのです。

水毒になる原因は、胃腸の弱い人や、清涼飲料水やアルコールの摂りすぎなどが関係していると言われています。水分をただ摂りすぎていることも原因になるので、清涼飲料水やアルコール、水分の過剰摂取に気を付けることが改善方法になるでしょう。

食生活も汗かきととてもよく関係しています。汗かきではなくても、現代の日本人の食生活は、ファストフードや飲食店、食品など欧米化がかなり進んでいます。そのため、現代人は魚よりも油っぽい肉の方が好き、という人が増えてきています。このような食生活の欧米化は、肥満につながりますし、消化のためのエネルギーを多く必要になるので、それだけ汗が出てしまうのです。汗かきの改善方法にも、健康を維持するためにも、栄養バランスの整った食事をこころがけ、野菜をたくさん食べるようにしましょう。

ストレスや遺伝で「汗かき」になるのか?

ストレスも汗かきの原因になります。ただ、ストレスによって汗が出やすくなっている場合は、「多汗症」と考えられます。緊張したり不安に思ったりして、リラックスできていないと、自律神経のバランスが崩れて、必要もないのに汗が多くに出てしまいます。自律神経に関係し、自律神経失調症になると多汗症にもなることも多いですが、汗かきだから必ずしも自律神経失調症であるとは言えません。ただ、精神的なことが原因になっているのなら、一度、病院で相談してみると、それだけで安心できて改善方法になるかもしれません。

また、ストレスがあると、ホルモンバランスも乱れて、それによって汗をたくさんかいてしまうこともあります。ストレスがなくても、女性はホルモンバランスを崩しやすく、不規則な生活が原因であったり、生理や更年期が関係していたりすることもあります。ホルモンバランスが乱れると、ホルモンが異常に分泌して代謝が高まり、自律神経へ影響を与え、大量の汗が出ることにつながるのです。この場合の改善方法としては、ホルモンバランスを整える効果のあるサプリメントを摂取すると良いでしょう。

汗かきは、“遺伝”が関係しているとも考えられています。ある研究によると、多汗症の人のDNAを詳しく調べてみると、疾患の原因となる遺伝子がある染色体があると考えられているのです。多汗症の人の6?7割が家族に同じ症状が現れた、という報告も海外であります。でも、遺伝はそこまで大きな影響を現すものではないので、遺伝だけが汗かきの原因とは考えにくいです。

「汗かき」の意外な原因

汗かきの人は、「いつも体がポカポカと温かい高体温の人」というイメージをもっていませんか?実は、体が冷えやすい“冷え性”の人の中にも、汗かきで悩んでいる人もいるのです。このように冷え性なのに汗かきという人は、水分を取りすぎているか、体質的に水分を排出しづらくなっていて、必要以上の水分が体の中にたまってしまいます。そして、たまった水分が体を冷やすので、体を温めようと働き、汗が出てしまうのです。冷え性が汗かきの原因になっている場合の改善方法は、冷え性に対する改善方法を心がければ解消されるということです。

また、見た目が痩せている人でも汗かきの人がいます。痩せているのに汗が出やすい人は、外見は痩せているかもしれませんが、「隠れ肥満」の可能性があります。体内の内臓脂肪が多いと、皮下脂肪が多く太っている人と同じように、体に熱がこもっている状態になるので、汗が多く排出されるのです。若い時は、そんなに汗をかくことはなかったのに、年を取ったら急に汗かきになったような気がする、という人は、内臓脂肪が多く隠れ肥満かもしれないので、生活習慣に注意しなければいけません。

汗かきの原因が病気であることもあります。たとえば、「更年期障害」だと、ほてりとのぼせを伴って多量の汗が一時的に出る「ホットフラッシュ」と呼ばれる症状があります。「バセドウ病」は、代謝を活性化させる甲状腺ホルモンの分泌が過剰になる病気で、カロリーの消費量も多くなるので、汗を大量に出てしまうのです。このように、汗かきが病気によることもあるので、他に気になる症状がある場合は、一度病院で相談すると良いでしょう。

汗かきは漢方薬で治せるの?

漢方薬は、体質を改善することで、病気の症状などを根本から治す効果があると言われています。その漢方薬は、顔の汗かきの改善方法としても用いられることがあるのです。でも、漢方薬は、本当に効果のある改善方法になるのか疑問に思っている方もいるでしょう。

漢方薬は、私たちの自然治癒力を引き出すために、天然有効成分の力によって体調を整えるものです。治療薬のようにすぐに効果が現れないのですが、血液の流れや自律神経を整え、ホルモンのバランスを調整することで、体調を徐々に改善していく効果があります。

特に、顔の汗かきの人は、自律神経やホルモンのバランスが乱れたことが原因で起こるので、漢方薬は顔の汗かきに効果があると言えるのです。ただし、漢方薬にはさまざまな種類があって、汗かきの原因によって効果のある漢方薬は違います。そのため、汗かきになった原因を自分でよく理解しておく必要があります。

たとえば、とても緊張した時に、交感神経が活発になって発汗を促し、汗が止まらなくなり、その汗が気になって、さらに交感神経を刺激してしまうことがあります。このように緊張しやすい人は、緊張の緩和に効く漢方薬があるのでおすすめです。

また、ストレスや更年期で、ホルモンのバランスが崩れたことによる発汗の場合は、乱れた自律神経の働きを正常に保つ効果のある漢方薬を選ぶと良いです。

肥満による汗かきの場合は、体温調整がうまくできないことが原因ですが、漢方薬の中には、内臓脂肪などの代謝を促し、体内の余計なものを外に出して、体温を正常に調整する作用のものがあるので、それを使用すると良いでしょう。

汗かきになりやすい食べ物

汗かきで困っている人は、気づかないうちに、汗が出やすい食べ物をよく食べているかもしれません。それでは、汗をかきやすくなる食べ物を取り上げるので、汗かきの人は改善方法として、次の食べ物をなるべく控えるようにしましょう。

お肉はとても美味しいですし幸せを感じる食べ物ですが、お肉をよく食べると汗が出やすくなってしまいます。なぜなら、お肉を食べた時に、胃で消化されて肝臓でエネルギーになりますが、肉類は熱を非常に多く発生させるからです。熱が発生すると体温が上がるので、汗がたくさん出ることになります。

また、辛いものを食べると汗が出る、ということはほとんどの人が想像できると思います。辛いものを食べると体が刺激を感じて、唾液を出すことで消化作用を促します。その時に、発汗神経も刺激されるので、汗がいっぱい出るのです。また、辛いものでなくても、甘いものを食べて刺激を感じた時も、汗が出やすくなります。

そのほかにも、脂っこい食事をよく食べたり、好き嫌いが多くて偏食になりがちだったり、野菜が嫌いであまり食べなかったり、お酒をよく飲むことがあったりする人は、汗かきになることが多いです。

このような食生活は、体に良くないということがすぐわかるので、栄養バランスを気にしていないと、汗が出やすくなると言えるのです。そのため、食生活を見直して栄養バランスの整った食事を心がけることが汗かきの改善方法となるのです。

汗かきを改善させる食べ物

辛い食べ物や刺激の強い食べ物などは、汗かきを引き起こしてしまう食べ物もですが、逆に、汗を抑えてくれる食べ物もあります。汗かきに効果のある食べ物を紹介するので、それらの食べ物を普段の食事に取り入れることで、汗かきの改善方法になるでしょう。

汗かきの改善方法として野菜をたくさん食べることがありますが、中でも、トマトやキュウリ、なす、トウモロコシ、ゴーヤなど、主に夏野菜は、体温を下げる効果があるので、発汗を抑えることができます。これらの野菜を意識して食べるようにしましょう。

女性の場合は、ホルモンバランスの影響が大きいので、自律神経系を整える作用のあるアボカドや大葉、もやし、山芋などがおすすめです。中でもアボカドは、食物繊維も摂取できるので、便秘を解消する効果も期待できます。

「イソフラボン」も、汗かきの改善方法にぜひ取り入れて欲しい栄養素です。イソフラボンというと、豆腐や味噌、醤油、納豆などの大豆製品に多く含まれています。どれも日本伝統の食事に必要な食材なので、和食を食べるようにすれば、自然と汗かきを改善することができるでしょう。

ハーブはリラックス効果があり、副交感神経が優位になり気持ちを落ち着かせるので、ストレス解消に役立ち、汗を抑える効果にもつながります。ジャスミンやローズなどのハーブティーを飲んだり、ラベンダーの入浴剤を入れてバスタイムを楽しんだり、アロマオイルで1日の疲れを癒したりすると良いです。

体温を下げるレシピ

汗かきの改善方法には、食事に気をつけることもあります。汗かきに効果のある食材もあるので、その食材を使って簡単に作ることができるレシピを紹介します。

まずは、体温を下げる効果のある夏野菜と、汗かきを改善する作用のあるイソフラボンを豊富に含む豆腐を使ったチャンプルーです。

2人分の材料は、ゴーヤ1/2本、黄色パプリカと赤パプリカそれぞれ1/4個、木綿豆腐1丁、ツナ1缶、オリーブオイル小さじ1、和風の微粒だし4g、バジルペースト適量、塩とコショウ各少々です。それでは、作り方を紹介します。

1、ゴーヤは縦半分になるように切って、中のわたをスプーンできれいに取り除きます。そして、厚さ約3mmの半月切りにして、ボウルに入れしんなりするまで塩もみし、さっと水洗いして水気を切っておきます。

2、パプリカは、横半分にカットして、厚さ約5mmにの細切りにします。豆腐は水気を切るために、電子レンジに軽くかけておきます。

3、フライパンを熱してオリーブオイルを入れて、ゴーヤを強火で1?2分炒めたら、パプリカを加えます。さらに、豆腐を手で軽く崩して加え、ツナを汁ごと(カロリーオフのために油を切っても良い)加え、和風だしとバジルペーストで味を付けたら、中火にして炒めます。

4、途中で塩・コショウで味を調えて、汁気がなくなってきたら火を止めて、器に盛り付けます。バジルの葉があれば、上に飾って完成です。

この夏野菜と豆腐のチャンプルーは、汗かきの改善方法としておすすめですが、カロリーが低くて栄養たっぷりなので、ダイエットにもぴったりですし、肌を若返らせる効果も期待できます。また、短時間しか火を使わないので、熱い時期に調理しても、汗が大量に出る心配もないでしょう。

汗かきを改善するスープ

さまざまなことが原因で起こる汗かきですが、女性は特にホルモンバランスの影響で汗かきになることが多いです。その改善方法としてイソフラボンを多く摂取することがあります。また、イソフラボンを含んだ食品を1日に2回摂取すると、イソフラボンの効果が1日中続くとも言われているので、積極的に食べるようにしましょう。

イソフラボンというと、納豆や豆腐などですが、そのままでも美味しく食べることができる食品も多いです。しかし、毎日食べ続けるのは、さすがに飽きてしまうので、普段の食事に取り入れやすく、イソフラボンを豊富に摂取できるレシピ「大豆と野菜のスープ煮」を紹介します。

2人分の材料は、タマネギ1/4個、トマト(中)1個、ナス1個、ズッキーニ1/2本、ベーコン2枚、ゆで大豆140g、ニンニク1/2片、ローリエ1枚、オリーブオイル大さじ1、塩小さじ1/2杯、コショウ少々、水200mlです。作り方を紹介します。

1、タマネギは1cm角に切って、トマトはざく切りにし、ナスは縦に4等分してから2cmの厚さに切り、ズッキーニは厚さ5mmのイチョウ切りにします。ニンニクはつぶしてから、粗くみじん切りにします。

2、鍋を熱してオリーブオイルとニンニクを入れて低温で炒めて、香りが出てきたら、タマネギとベーコンを加えてしんなりするまで中火で炒めます。さらに、ナスとズッキーニを加えたら、塩・コショウを振って中火で炒めます。

3、材料がしんなりしてきたら、ゆで大豆とローリエを加えて、水を注いで中火で5?6分煮込みます。このときに、時々かき混ぜて底が焦げないようにしてください。そして、最後にトマトを加えて強火で煮込み、トマトの形が崩れてきたら火を止めて完成です。

味付けは塩とコショウだけですが、トマトの酸味と野菜のだしが効いていて、とても美味しくいただけます。さっぱりとしているので、食欲のない夏バテにもおすすめしたいスープです。また、野菜が豊富なので、食物繊維も十分に摂ることができ、お腹の調子も良くなります。

このように、大豆と野菜のスープ煮は、とっても簡単に作れるのに、さまざまな症状の改善方法に役立つので、体調が良くない時にはぜひ作ってみてください。

汗かき改善の飲み物

熱い時期になると汗かきの人は汗が止まらなくなったり、臭いが気になったりして、辛い季節だと思います。汗かきの人は、熱いけど水分を摂ると、余計に汗が出てしまうから、と水分を摂らないようにしている人も多いでしょう。しかし、それは完全に間違った考え方で、余計な発汗を防ぐには、水分をよく摂ることが改善方法になるのです。

また、熱い時期に十分に水分を摂らないと、脱水症状になってしまいます。水分補給をしっかりすることで体内サイクルができるので、汗が急にたくさん出てしまうことも避けられます。

脱水症状の予防や汗かきの改善方法としての水分補給には、ミネラル成分を豊富に含んでいるミネラルウォーターが良いです。ミネラルは、体内の老廃物をスムーズに外に出し、血糖値も正常にする作用があります。そのため、汗をたくさんかいた時は、ミネラルウォーターを飲むようにしましょう。

ミネラルウォーターの他にも、麦茶や生姜湯も汗かきの人に良い飲み物です。麦茶は体温を下げる効果があるので、汗を抑えることにもつながるのです。また、麦茶に含まれる成分には血流を促す効果もあるので、代謝が良くなり、体内の老廃物を排出させます。

生姜には体を温める効果のある成分が含まれており、さらに、殺菌や消臭に強い効果があります。生姜湯は寒い冬に飲むイメージですが、暑い時期に飲むことで、代謝が良くなって余分な物が排出させるので、体臭も気にならなくなります。

制汗剤で汗かき対策

汗かきが気になる方は、制汗剤を欠かさず使っている方も多いと思います。最近では、制汗剤はドラッグストアやスーパー、コンビニなど、どこでも手軽に買えて、種類もたくさんあります。特に、暑い夏の時期になると、対策グッズとして専用のコーナーが設けられるお店も多いです。

制汗剤を使用するメリットは、発汗と臭いを妨げたり、菌の発生を防いだりすることができるので、汗かきの1つの改善方法になります。顔にも使える拭き取りタイプの制汗剤もあるので、汗かきが気になる方は、常に携帯しておくと良いでしょう。

しかし、制汗剤はデメリットもあります。制汗剤に配合されている成分には、人によって肌に合わないこともあり、肌に炎症が起きてしまうこともあります。自分に合わない成分をはっきりわかっている人は少ないと思うので、お店にサンプルが用意してあったら、それを試してみると良いでしょう。特に変化がなければ、その制汗剤を使っても大丈夫でしょう。

肌が特に弱い方や、制汗剤の成分が気になる方におすすめなのは、より肌に優しい「ミョウバン水」による汗かきの改善方法です。

ミョウバンの特徴は“殺菌効果”なので、汗をかいて発生した臭い菌を抑制し、消臭する効果もあるのです。そのため、ミョウバンは、体臭を防ぐために昔から用いられています。

ミョウバン水の作り方ですが、ドラッグストアやスーパーでも売られている「焼きミョウバン」50gを、1.5リットルの水の中に入れてよく溶かします。それを直射日光の当たらない場所で、2日間置いておき、完全にミョウバンが溶けて、液体が透明になったら完成です。

使い方は、作った原液を水で20?50倍に薄めて使います。顔にも使うことができるので、その場合は、スプレーに入れると便利です。このミョウバン水は、とても消臭効果が高く、その持続効果もあるので、汗かきで臭いが気になる方にとてもおすすめです。

体温を下げる「ハッカスプレー」

汗かきの人は、少し体温が上がるだけで、大量に汗が出てしまって困ると思います。また、汗が止まらないと、焦ってさらに汗が出てしまうことにもなります。

そんな時におすすめの改善方法があります。それは、上がった体温を下げれば良いのです。できるだけ早く体温を下げるには、首の後ろやわきの下、左鎖骨の下辺り、太股の付け根部分、ひざの裏が体温を下げる効果のある部分なので、集中してこれらの部分を冷やすと良いでしょう。

これらの部分を冷やすと、なぜ汗かきの改善方法になるのかというと、この部分にはリンパが通っているので、冷やすことによって体温が下がりやすく、それにより汗も出なくなるのです。

気温が高い場所にどうしても居ないといけないこともあると思います。そのような状況は、特に汗かきでなくても、汗が出やすくなってしまいます。そのような時に発汗を抑えてくれるのが「ハッカスプレー」です。ハッカスプレーは、ドラッグストアで売っているもので、簡単に作ることができます。

ハッカは清涼感がとても強いのが特徴ですが、熱を下げる力があるわけではありません。でも、清涼感によって「冷たい」と錯覚して皮膚が感じるのです。脳が錯覚しているので、汗も出なくなるということです。

ハッカスプレーを作るのに必要なものは、ハッカ油と無水エタノール、精製水です。作り方は、スプレーボトルに無水エタノール10mlを入れて、ハッカ油を5滴加えて、さらに精製水を90ml入れて混ぜたら完成です。

外出する時も、常にハッカスプレーを持っていれば、汗が出て困った時にシュッと吹きかけることができ、気持ちよく汗を抑えることができます。ハッカスプレーは汗かきで悩んでいる方の改善方法になるので、ぜひお試しください。

ワキ汗を抑える改善方法

汗をかくこと自体は、健康的にもお肌にも良いことですが、ワキの下に汗をかくのは特に女性なら恥ずかしいと思います。汗かき体質の人は、制汗剤などでワキ汗を抑えようと思っても、効かなくて困ったり嫌な思いをしたりすることもあります。そのような方に、ワキ汗を抑える改善方法やグッズなどを紹介するので、参考にしてみてください。

汗かきでも、特にワキ汗で困るのは、服にシミができてしまうことと、嫌な臭いがしてしまうことです。臭いが特に気になる場合は、汗腺の機能が低下している可能性が高いです。そのような方は、汗腺を鍛えれば、臭いのない良い汗が出るようになります。それでは、汗腺機能を整える改善方法を紹介します。

浴槽に43度?44度の高温のお湯を入れて、肘から指先まで入れたり、膝から足先まで浸かったりする手足浴を行い、その後、ぬるめのお湯で半身浴を習慣付けると、汗腺を鍛えることができます。

普段の生活の中でも、ワキ汗を改善できる方法はあります。臭いの原因となるのは、菌の繁殖です。そのため、常にワキの下を清潔に保つことによって、臭い対策になるのです。入浴の時には、ワキの下をきれいに洗って、運動をする時や暑い季節には、汗取りシートを常に持参してすぐに拭き取れるようにしましょう。

自分は汗かきだからとあきらめずに、いつも清潔な状態になるように心がけ、汗腺を鍛えることで、ワキ汗や臭いが気にならなくなり、汗のかき方も良くなっていくでしょう。また、精神的にも楽になり、余計な汗が出ることもなくなります。

額の「汗かき」の改善方法

汗かきと言っても、額から目立って大量に汗が出てしまって、困っている方もいます。額に汗をかいている人を見ると、「あの人はがんばっているんだな」と思いますが、汗をかいている本人は、とても悩んでいることもあります。

額の汗かきで悩んでいる方で、比較的若い方の場合は、その原因に、新陳代謝が良いということが多いようです。それ以外の原因として考えられるのは、仕事などで空調の効いた場所で長い時間居ることがあると、体温を調整する汗腺が使われなくなって、汗腺が衰えてしまったことによります。

体の退化は、足元から始まってだんだんと上にいくので、額が最後の方に残されることになります。そのため、汗も額に残されて集中して、汗が額から大量に出てしまうことになるのです。額の汗の改善方法は、衰えた汗腺機能を強化するために、運動を行って良い汗をかくことが大切で、汗が額に集中しないようにすることです。

また、額の発汗の改善方法には、手術によって抑える方法もあります。「星状神経節ブロック療法」という治療法で、交感神経が集中している星状神経に局部麻酔を打つことによって、神経の興奮を抑制して、汗かきを改善するのです。

この治療法は、神経を切断することはないので、汗かきで困っている人で、治療を受ける人が増えてきています。といっても、「手術」ということになりますし、副作用が起こることもあるので、汗かきのできる限りの改善方法を実践してから、相談してみてください。

頭から出る汗の改善方法

体の汗はそれほど気にならないのに、頭から大量の汗をかくことがある方もいます。頭だけ汗かきという人は、食生活が乱れていたり、運動不足だったり、生活が不規則だったりする傾向にあります。また、頭皮に何か問題があって、頭が汗かきになっている可能性も考えられます。

頭の汗かきは、精神的に不安があったり、緊張したりすることが原因になっているので、改善方法としては、その緊張を解きほぐすことが大切です。

その1つに、手のひらの中心あたりをマッサージする方法があります。やり方は、手のひらの中心を5秒間押して5秒間離すことを、5回繰り返します。緊張や不安なことがあったら、いつもこのマッサージを行うようにしましょう。

深呼吸も気持ちを落ち着かせる良い方法です。緊張したり汗が気になったりした時は、呼吸が荒くなることがあります。そんな時は、複式呼吸を行いましょう。複式呼吸のやり方は、背筋をピンと伸ばして、息を鼻からゆっくりと吸い込み、お腹を膨らませます。息を吐く時は、吸った時の倍くらいの時間をかけて、お腹をへこましながら口から吐き出して、体の悪いものを追い出すイメージで行いましょう。複式呼吸は、1日10回くらい行うのと良いです。

頭の汗かきの改善方法となるグッズもあります。それはシャンプーですが、中でも、爽快系のシャンプーがおすすめで、汗をかいた時に、汗のベタつきや皮脂の汚れなどをさっぱりと洗い流すことで、毛穴の詰まりも解消されて、臭いも気にならなくなります。

汗かきの改善には昔の生活を

いつも汗がたくさん出て、どうにかして解消したい、と悩んでいる方は多いでしょう。汗かきの改善方法と言われることをいくつか試したけど、全然良くならないからあきらめてしまった、という方もいるでしょう。そのような方は、昔の人々の生活を見習うことが改善方法になることもあります。

江戸時代の人々は、今のように極端に汗かきという人はあまり居なかったと言われています。これは、平均気温がこの時代は低かったということもありますが、夏のクーラー、冬の暖房器具という電化製品がなかったので、汗腺機能が鍛えられていたのです。そのため、夏の暑さに体が慣れて、汗が大量に出ることもなかったのです。

現代人も汗腺を鍛えることで、本来の汗腺機能が正常に働くことができるのです。そのためには、クーラーは、朝から稼働させるのを控えて、本格的に暑くなる昼頃から稼働させるようにしましょう。また、窓からの日差しを遮るためにすだれをかけたり、家の周辺に水をまいたりなど、電力を使わない工夫で、気温を下げる改善方法を実践しましょう。

これまでずっとクーラーに頼りっぱなしだった人にとっては、最初は暑くて汗が出てとても辛いかもしれません。でも、すぐにあきらめてしまわずに、水分をたくさん補給して、塩とクエン酸を摂取しながら、耐えてください。なかなか難しいと思いますが、昼間の暑い時間は、昼寝をすると良いです。なぜなら、眠っていると私たちの体温は1?2度下がった状態だからです。

汗腺機能を回復させる方法

汗かきの改善方法には、衰えてしまった汗腺機能を正常にすることが大切です。汗腺を鍛えるためには、クーラーに頼らないで、自然の力で体温を下げる必要があります。それでは、汗腺を鍛えるための普段の生活の工夫を紹介します。

まずは、扇風機の風がより涼しくなる方法です。クーラーの涼しい風に慣れていると、「扇風機をつけても、暑い風が吹くだけ」そのように感じている人は多いでしょう。でも、少しの工夫で扇風機でも涼しい空気が入ってくるのです。まず、家の外の窓がある周辺に水をまいて温度を下げておきます。そして、その窓の対角線にある窓をあれば2カ所開けて、扇風機を窓の方へ向けるのです。このようにすると、部屋の熱い空気は家の外に流れ、打ち水による気化熱で冷えた空気が部屋の中に入り、扇風機だけで涼しく感じることができるのです。

普段の生活でもっとも汗腺を正常に戻す改善方法で良いのが、お風呂の入り方に気をつけることです。その入り方は、まず、膝から下を43?44度の熱めのお湯に10?15分浸かり、その後、全身を36度くらいのぬるめのお湯に10分?15分浸かります。そして、お湯から出たら体をしっかりと拭いて、夏の場合、エアコンのついていない部屋で体を自然乾燥させます。自然乾燥させている間は、水分を補給したりリンゴ酢や黒酢を飲んだりしましょう。

この方法は、汗腺機能を回復させるのに有効ですが、たまに行っても意味がありません。大切なのは継続することで、それにより汗かきが直ることもあると考えられています。

子どもはなぜ汗かき?

子どもって、大人に比べてとてもよく汗をかきます。これは、大人に比べてよく動くからですが、それだけではなく、他にも子どもが汗かきになる理由があるのです。

理由の1つは、子どもは体が小さいことです。体が小さいと体温が上がりやすくなりますし、新陳代謝も活発なので、基礎カロリーの消費が高いことも汗が出やすくなる理由です。

また、汗腺の数は、大人も子どもも同じですが、大人よりも体が小さいだけ、汗腺が密着するので、その部分は汗がたくさん出るのです。

さらに、子どもの体は、大人に比べて水分が多いことも、大人より汗をかきやすい理由です。

このように、子どもは、基本的に、汗かきになりやすいのです。自分も子どもの頃は、よく汗をかいて運動したり遊んでいたりしていたのに、大人になると忘れてしまって、「自分の子どもが異常に汗かきなのでは?」と心配している親御さんもいるかもしれません。

子どもは、温度が高い所で汗をたくさんかくのは普通のことですし、運動したりさまざまな活動をしたり、食事や就寝時にも、体中がベトベトに汗をかくことはよくあることです。それは赤ちゃんの時から見られ、特に心配することではありません。

ただし、あまりにも汗をかくようでしたら、何かの病気である可能性もあります。中でも、「多汗症」の場合は、精神的なストレスが関係しています。子どもさんにとってとてもデリケートな問題なので、よく話し合って一緒に改善方法を考えてあげましょう。そのほかにも、異常な汗かきの原因には、さまざまな病気が隠れていることがあるので、ちょっとおかしいなと思ったら適切な改善方法を行う必要があります。

「産褥期多汗」とは?

もともとは汗かきではないのに、出産してから汗かきになったという方がいます。これは、「産褥期多汗」という、産後の体の変化の1つです。

妊娠中には、女性ホルモンが通常の数百倍まで増えますが、産後の産褥期に入ると、その女性ホルモンが一気に減少します。そのため産後には、一時的ですが、更年期のような体の状態になり、体温の調節や汗腺機能の働きが乱れてしまいます。さらに、男性ホルモンが優位になると、汗かきになるので、この変調が「産褥期多汗」になるのです。

でも、産褥期多汗になっても、赤ちゃんの授乳が終われば、ホルモンのバランスも正常に整ってくるので、一時的な汗かきも治ってきます。そのため、特に改善方法を心がける必要もないでしょう。

といっても、汗が止まらないと、女性ならとても気になると思います。特に、汗をかくと嫌なニオイがして、周りの人に気づかれていないか不安だと思います。でも、汗そのものは、ほとんどが水分なので、本当は無臭に近いのです。

では、なぜ汗は嫌なニオイになるのかと言うと、汗が出てからそのままにしておくと、雑菌を含む皮脂が汚れと混ざって、雑菌がさらに繁殖してニオイの原因となるのです。

汗のニオイが気になる場合は、次の改善方法を行ってみてください。汗をかいたら、濡れたタオルを固く絞って汗を拭き取ります。こまめに汗を拭くことで、雑菌の繁殖を抑えてニオイの発生を防ぐことができ、また、湿疹の予防にもなります。

また、汗が衣類に染み込まないように、ワキの部分に汗を吸い取るパットを付けたり、汗をかいてもすぐ乾くインナーを着たりすると良いでしょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ