東京の開運神社

この記事は14分で読めます

開運神社とは

東京のような都会でも神社はたくさんあります。
ただ、若者がこぞって神社に出かけているのを知っていますか。
開運神社と呼ばれているパワースポットが注目されているのです。
開運神社とはどのような神社なのでしょう。
お参りするだけで本当に運気が上がるのでしょうか。
東京の明神さまとして親しまれている神田神社もその一つです。
もちろん、インターネットに掲載されるようになってから、人気が高まったのは事実ですが、神社としての長い歴史を持っていることは間違いありません。
昔から神社やお寺は日本人の心のよりどころでした。
それは現代でも変わっていないのでしょう。
ただ、現代人にとっての開運神社は一種の流行に過ぎないのではないでしょうか。
あまりにも軽い注目度です。
年の初めにはたくさんの人が訪れる神社です。
神様にお祈りすることで、願いがかなうと信じているのでしょう。
もちろん、本当に神様が願いを叶えてくれるのではなく、自分自身に暗示をかけることで積極的に行動することができます。
願いは神様が叶えてくれるのではなく、自分で叶えるものです。
開運神社にお参りをすることで、自分の運を叶えようとする気持ちが高まります。
人間にとって、お参りすることの意味はそこにあると思います。
あなたにとっての開運神社とはどのような意味を持っているのでしょうか。
人気のあるパワースポットだからと言うことだけでお参りするのではなく、自分に力を与えてくれる神社という気持ちが大切です。

スポンサードリンク

開運神社を調べる

開運神社の情報を調べてみましょう。
インターネットを使えば、東京にはたくさんの開運神社があることがわかります。
もちろん、東京だけに開運神社があるわけではありません。
インターネット上で開運神社として注目されているかもしれませんが、それは見方次第です。
普通に神様にお参りすることで、自分の気持ちを確かめることができます。
そこのことを神様から運をもらったと解釈されているのでしょう。
それは決して悪いことはありませんし、無駄なことでもありません。
神社でお参りをすることで、生きていく力と勇気を手にすることができるのです。
東京で人気の開運神社と注目されることで、たくさんの人が訪れています。
人気が出ることで、さらに人気が出ることでしょう。
ほとんどの神社は現代になって作られたわけではなく、長い歴史があります。
開運だけではなく、縁結びや安産にご利益があると言われている神社もたくさんあります。
あなたはどこの神社が好きですか。
大きな社は堂々としています。
これを見るだけでもお参りする価値があるでしょう。
厳粛な気持ちになり、自分の心を見つめてみましょう。
そうすれば、きっと運を自分の手にできることでしょう。
運は神様からもらうものではなく、自分の力で手に入れるものです。
そのためにできることはたくさんあります。
その一つとして、神社があるのです。
外国では教会がその役割を果たしているのですが、日本の神社は頼み事がある時だけお参りをします。
普段は誰も訪れないのです。

開運神社の情報

開運神社の情報はインターネットにたくさんあります。
東京はいろいろなところに神社がありますが、特別に開運神社として知られているところも多いようです。
日常生活の中で運を気にしている人は多いのですが、実際に開運神社にお参りすることで、その運を自分のものとすることができるかもしれません。
偶然の重なりを運と見るのは現代人だけではありません。
昔から神社での神頼みが一般的だったからです。
もちろん、それが悪いわけではありませんが、悪いことを人のせいにしているような雰囲気がありますね。
すべては自分がやっていることだと考えるべきでしょう。
ただ、自分ではどうしようもないことが多いのも事実です。
そんな時にはやはり、神頼みでしょうか。
東京で開運神社として人気の高いところを紹介しましょう。
千代田区の日枝神社は江戸城を守るための神様として作られました。
現代でも東京を守っている神様と言われています。
それから目黒雅叙園は観光地しても人気高いところです。
和洋折衷の独特な様式の社があります。
中庭の滝にエネルギーが宿っていると言われています。
千と千尋の神隠しのモデルとなっていることでも有名ですね。
それから、広大な敷地にある明治神宮も開運神社です。
もちろん、それだけではなく厄除けや七五三などの祈願にもたくさんの人が訪れます。
明治時代からの文化を見ることができます。
写真で見るよりも実際に訪れてみると運が集まるかもしれません。
この他にもインターネットの情報はたくさんあります。

人気の開運神社

開運神社のご利益がどれくらいの物かはわかりませんが、多くの人に人気の高い神社があります。
東京だけではなく、日本全国で開運神社として知られているのです。
もちろん、神社ですから、一般の参拝客もいるでしょう。
しかし、お参りすることでご利益が高いと思えるならば、それを期待してしまうでしょう。
ただ、本当に運が良くなったのかは誰にもわかりませんし、悪くても神社のせいにする人はいません。
東京にある神社はどうでしょうか。
インターネットでは開運神社とかパワースポットと呼ばれていますが、地元の人がそう考えているかは疑問です。
ずっと近くに住んでいれば、毎日でもお参りしていることでしょう。
それだけで運が良ければ、近所の人はお金持ちばかりになってしまいます。
そんな味気ないことは言わずに、観光目的のついでに神社にお参りしましょう。
多くの人が開運神社と考えていると言うことはまったく理由がないわけではありません。
「日のないところに煙は立たない」のことわざ通りでしょう。
人気の高い開運神社は多くの人が訪れます。
特にお正月は東京では人ばかりです。
神様もこんなにたくさんの人にご利益を撒くことができるのでしょうか。
実際のところ、神様にお参りすることで、自分の心を整理することができるはずです。
何を願っているのか、強く願うことで自分の表情や行動に変化が出ます。
それが良い方向に働くのです。
願いを叶えるためには、強い思いを持つことが大切です。

東京の開運神社

東京の開運神社を紹介しましょう。
ここに行けば運気が上昇すると言われています。
あなたは半信半疑かもしれませんが、多くの人が運気を感じているのですからまったく効果がないことはありません。
信じる者は救われるのです。
さて、東京は都会ですが、その中に広大な敷地を持つ神社もたくさんあります。
神田神社は通称明神様と呼ばれています。
歴史は古く、天平2年、西暦730年に建てられたと言われています。
JRで行けばすぐですから、東京観光地としても多くの人が訪れています。
それから、代々木八幡宮は応神天皇を祀っています。
厄除開運の神様として全国的に有名です。
ただ、訪れる人はあまり多くありませんから、ゆっくりとお参りできるでしょう。
明治神宮は明治天皇と皇后さまを祀る神社です。
縁結びの神様として多くの人が訪れます。
東京のパワースポットとしては有名ですね。
皇居はパワースポットと言うわけではありませんが、運気が上がったと感じている人が多いそうです。
下谷神社は小さな神社ですが、開運神社とはひっそりとしているものかもしれません。
奥沢神社は世田谷区にあります。
室町時代に建てられた神社です。
入り口の鳥居は大きなしめ縄の蛇が巻き付けられています。
鳩森八幡神社は東京都の有形民俗部下剤に指定されており、静かな佇まいが東京には珍しいです。
応神天皇を祀っており、富士塚が原型で残っているのは東京ではここだけです。
この他にもたくさんの神社があります。
東京観光で神社巡りも悪くないですね。

東京のパワースポット

自分の運を良くしたいと思うならパワースポットを訪れることです。
東京にもたくさんの開運神社があります。
最強の運を得ることができるでしょう。
もちろん、開運神社でしっかりとお参りすることが肝心です。
富岡八幡宮は江東区にある開運神社です。
応神天皇を祀っており、寛永4年に建てられています。
江戸時代から幕府の保護を受けて、大きな神社としてかなりにぎわっていたようです。
日本一の黄金神輿があることでも有名です。
パワースポットと言って間違いないでしょう。
神輿を担ぐお祭りも盛大に行われています。
開運神社としてではなく、観光地としても多くの人が訪れます。
日枝神社は永田町にあります。
開運よりも縁結び、子宝、安産の神様としてお参りする人が多いようです。
パワースポットとしてのご利益を願うなら日枝神社もいいでしょう。
江戸時代に建てられた神社です。
東京大神宮は明治になってから作られた神社ですが、東京のお伊勢さまと言われています。
伊勢神宮の東京遥拝殿として建てられたからです。
東京から伊勢神宮まで参拝することは大変でしたから、東京大神宮ができたと言うことですね。
女性の縁結びの神様として人気のスポットです。
お参りすると彼氏ができるとたくさんの女性が参拝しています。
この他にも家庭円満、女子力アップも期待できるでしょう。
東京に行ったら、しっかりとお願いしてきましょう。
この他にもたくさんのパワースポットがありますが、あまりたくさんお願いするとご利益が薄くなってしまうかもしれませんね。

日枝神社

日枝神社は東京の千代田区にある神社です。
初詣での時はたくさんの人でにぎわっています。
若い女性たちの間では縁結びの神様として知られています。
東京の開運神社の中にも登場します。
パワースポットであれば、どこでも開運神社と考えていいでしょうが、神社に祀られている神様はそれぞれに性格があります。
日枝神社では大山咋神が祀られています。
この神様は古事記に登場しており、由緒正しい神社と言えるでしょう。
山と水を司り、万物の成長発展を守る神様です。
そのために、子どもが生まれた時のお宮参り、安産祈願、縁結び、子宝授かりなどの祈願に訪れる人が多いのです。
徳川時代においては江戸城内での盛大な祭りが行われていました。
山王神幸祭りです。
武士だけではなく町民たちが行列を作り、かなりにぎわっていたことが残されている絵巻などからうかがえます。
江戸時代の歴史の中に日枝神社があるのです。
神社の歴史はその時の時代に応じて変わっていきます。
しかし、神社をおろそかにした権力者はほとんどいません。
そのため、たくさんの神社が権力者の庇護の下で広大な敷地を得ることができたのです。
東京だけではなく現代人は日常生活の中で神様を感じることはほとんどないかも知れません。
都合の良い時だけ開運神社としてお願い事をするのです。
それは仕方ないのですが、自分の努力だけではどうにもならないことがあるのは事実です。
それを運と呼ぶのでしょう。
ただ、神様にお願い事をすることで、自分の中に強い意志が生まれます。

目黒雅叙園

東京の開運神社を検索してみると、目黒雅叙園が出てきます。
しかし、目黒雅叙園は神社ではありません。
開運神社ではなくパワースポットとして注目されているのです。
ただ、パワースポットの理由は何となくエネルギーをもらえそうな気がすると言う程度です。
本来の東京目黒雅叙園はホテルを併設した結婚式場です。
結婚式に招かれたお客が縁起の良い中庭を見てパワーを感じたのでしょう。
池には大きな恋がたくさん泳いでおり、人工の滝が作られています。
風水に詳しい人に言わせれば、最高のパワースポットなのだそうです。
現代人にとってパワースポットとはどのような意味を持つのでしょうか。
自分でどうにもならない事柄に対して、何かのよりどころを求めることは悪くありません。
ただ、噂のレベルで開運神社にお参りすることはどうなのでしょう。
神社の多くは地元の人にとっては小さい時からの遊び場所です。
開運神社にお参りしても運がいいと思ったことはないかもしれません。
しかし、日本人は紙を信じていなくても、神棚を作ったり、お参りをしたりすることに違和感を持っていません。
キリスト教を信じる人には理解できないことかもしれません。
日常生活の中で心が折れてしまいそうになったら、神頼みです。
それで気持ちを持ち直すことができれば、素晴らしいのではないでしょうか。
世の中には努力だけではどうにもならないことがたくさんあります。
それを神様に頼むのです。
結果がどうあれ、受け入れることが肝心です。

開運神社の人気ランキング

開運神社は全国にありますが、インターネットでは人気ランキングも作られています。
もちろん、このデータの出所は不明ですから、真偽の程はわかりません。
ただ、多くの開運神社があることだけはわかります。
東京は都会だというイメージが強いのですが、意外と神社が多いことに改めて驚く人もいるでしょう。
小さな神社から大きな神社までその地域の人の安全を守っている神様が祀られています。
さて、ランキングを見てみましょう。
皇居東御苑は新年の一般参賀が行われるところです。
江戸城は風水に基づいて建てられたと言われていますから、霊的なパワーが強い場所と考えられています。
特に半蔵門から二重橋にかけてのエリアが強い力を持っているそうです。
それから東京大神宮は縁結びの神様として知られています。
女性の神様である天照皇大神、伊勢神宮の豊受大神が祀られています。
個々の神社で販売されている縁結び鈴蘭守りは若い女性たちに人気です。
あなたも東京を訪れることがあれば、ぜひ購入してください。
大國魂神社は東京五社の一つに上げられています。
創建から1900年が経過している、古い歴史を持った神社です。
祀られている神様は武蔵国全体を守る神様です。
縁結び、福の神とされています。
開運神社として、かなりのパワーを持っているのではないでしょうか。
歴史のある神社ですから、参拝客も少なくありません。
境内には大鳥居とご神木があります。
そして本殿の裏にも大きなご神木があります。
あなたも人気の開運神社でお参りをしましょう。

明治神宮と開運神社

明治神宮はその名の通り、明治天皇と昭正憲皇太后を祀っている神社です。
神社だけではなく、数多くのスポーツ施設が作られている外苑と結婚式などのセレモニーを開く明治記念館があります。
鬱蒼とした緑の森は全国から献木された10万本によって作られた人工林です。
初詣での時期は日本一の参拝客が訪れることでも知られています。
東京観光をした時にはぜひ明治神宮へ足を運びましょう。
明治神宮は開運神社としても知られています。
もちろん、開運神社だけではなく、いろいろなことをお願いしておきましょう。
必ず運気が上がる保証はありませんが、自分の中に力が湧いてくる気がしてきます。
開運神社とは神様から運をもらうのではなく、自分の中にある力を集めることができると言うことではないでしょうか。
自分ではどうしようもないことでも、何とかしてやろうと言う気持ちになるのです。
明治神宮の敷地は70万平方メートルと言う広大な広さです。
その中を散歩すると気持ちがいいでしょう。
東京にはこれ以外にもたくさんの神社があります。
しかし、明治神宮が一番広いのです。
東京に残されている自然は神社があるから残っているのでしょう。
これからも神社がなくなることはありませんから、東京の自然は確保されているのです。
地方から東京に出てきた人にとっても明治神宮は希望を与えてくれる場所かもしれません。
悩み事があったら、明治神宮でお参りをしてみましょう。
きっと光が見えてくることでしょう。

開運神社の意味

開運神社がパワースポットとして紹介されています。
東京にもたくさんの神社があり、それらの運気をもらいたいと考える人が多いのでしょう。
本来、神社は人々の心のよりどころとして作られました。
一人一人の願いことをすべて叶えてくれるわけではありません。
したがって、開運神社といえども、単純にお参りするだけで運が向いてくるわけではありません。
俗世界において、神の力を感じることはほとんどありませんが、自分の望みを叶えることができれば、それが開運と感じられることでしょう。
人智を超えたところに神の力があるのです。
地方から東京観光に来て、開運神社をお参りしたところで、運が良くなると考えるのは浅はかです。
ただ、毎日の生活の中で神様にお参りすると言う行為が、無駄となることはありません。
自分の願いを神様に伝えることで自分の中で何かが変化すると考えられます。
その願いを強く持つことが、実現への第一歩です。
現実的には自分ではどうしようもない事柄もあります。
しかし、それでも何とかしようとする気持ちが周りの人を動かす力となります。
パワースポットを訪れるだけで自分に力をもらえると思うのは甘い考えです。
それなりの気持ちを持たなければなりません。
もちろん、大げさに考える必要はありません。
神社参拝においては、決められた手順があります。
その手順を間違えないようにすることも大切です。
神様は形式にこだわるからです。
神様の力を信じている人も信じていない人も、等しく運をもらうことができるでしょう。

開運神社と歴史

開運神社として人気のスポットは東京にたくさんありますが、それぞれの歴史は様々です。
2,000年近くの歴史を持っている開運神社もありますし、明治時代になってから創建された神社もあります。
古いから開運神社としての力があると言うわけではありません。
本来は度の神様でも等しく、人間に力を与えてくれるはずです。
ただ、神様の世界も不思議なもので、神様の性格や流れがあります。
縁結びの神様、家内安全の神様、商売繁盛の神様などいろいろです。
ただ日本の歴史の中で神様のことはたくさん登場します。
その時々の権力者たちが、神様を崇めるために神社を作りました。
そして、それは地域の人々の心の拠り所となってきたのです。
東京でも歴史のある神社では巨木がご神木として祀られています。
長い年月の末に巨木となったのです。
これから新しい神社が作られるかどうかわかりませんが、神社には森や林があります。
当時は人工的に作られたとしても、年月が経つうちに自然の森となります。
明治神宮がそのよい例でしょう。
明治天皇を祀っているのが明治神宮ですが、全国から集められた木々で人工的にも理を作りました。
今では立派な公園となっています。
多くの人が訪れていることはご存知の通りです。
開運神社として知られているところの歴史を調べてみましょう。
歴史を知っておけば、お参りをする時の気持ちが違います。
より神様に近づけるはずです。
そして、神様から運気をもらいましょう。
きっといいことがあるでしょう。

開運神社と若者

東京の若者にとって開運神社とはどのような意味を持っているのでしょうか。
ゲーム感覚でパワースポットをお参りしている若者が増えているようです。
正に神頼みの人生でしょうか。
開運神社にお参りをするだけで、簡単に運が向いてくることはありません。
しかし、せっかくだから神様にお参りをするのでしょう。
昔から、日本人は神社での祭りを大切にしてきました。
それは現代人の考えとは違っているのかもしれません。
しかし、インターネットが普及した現代においても、開運神社に人気が集まっているのは理由があります。
理屈では捉えることのできない事柄に対して、人間は関心がありますし、強く惹かれるのでしょう。
日常生活の中で神様のことを考えている若者はいないでしょうが、神社に来ると自然と手を合わせてしまいます。
これが日本人なのでしょう。
もちろん、外国人も東京の神社にたくさん訪れています。
神社でお参りをしたら、その歴史を知るとさらに神社が身近なものになります。
願い事がある時だけ訪れるのではなく、日ごろから神社でお参りをする習慣を付けておくと願いが叶うのかもしれません。
昔の人は正にそのような生活をしていました。
精神的な拠り所を求めているのは現代人の方でしょうから、神社は最適と考えられます。
困ったことがあって、人に相談できないようなことは神様に相談しましょう。
手を合わせることできっといい解決方法が思い浮かぶかもしれません。
若者が神社に興味を持つことはいい傾向ではないでしょうか。

増上寺と開運

東京の開運神社として知られている増上寺を紹介しましょう。
お寺なのに開運神社とは変ですが、パワースポットの一つと見ればいいでしょう。
増上寺は浄土宗の大本山です。
正式には三縁山広度院増上寺です。
現在の東京都千代田区に1470年に建てられたお寺です。
江戸時代に幕府の庇護の下、浄土宗の統制機関として発展してきました。
徳川家の六人に将軍が眠っているお寺としても有名です。
祀られている阿弥陀如来蔵は勝運を招くと言われている黒本尊です。
このことから開運神社のランキングなどに名を連ねることになりました。
開運の願掛けのためにお寺をお参りする人が絶えません。
あなたも東京観光に訪れた時に増上寺は逃せません。
もちろん、勝運だけではなく、厄除や交通安全などの祈願受け付けています。
初詣での時期はたくさんの人でにぎわっています。
お寺の境内には本堂と三縁ホールのある大殿、安国殿、光摂殿、増上寺快感があります。
お寺としてはかなりの広さです。
それぞれの建物に歴史があります。
残念ながら、火事で焼失しましたから、現在の建物は昭和になって再建されています。
開運を招きたいと思っている人は増上寺でお参りしましょう。
きっと良いことがあるでしょう。
ただ、仏様は自分の願い事だけを叶えてくれるわけではありません。
日常生活の中で神様仏様を思うことはほとんどないでしょうが、お参りする時はしっかりと願掛けをしてください。
その気持ちがきっと仏様に届くことでしょう。

開運神社のグッズ

開運神社を求めて、いろいろと調べてみると、東京にもたくさんの開運神社があることがわかります。
東京に住んでいれば、毎日でもお参りすることはできるかもしれませんが、地方にいると東京観光に行った時に開運神社をお参りするだけです。
そこで開運神社のグッズが人気を呼んでいるのです。
パワースポットで販売されているグッズは身に着けておくと運気が上がると信じられているのでしょう。
神社でお参りをすることで自分を見つめ直すきっかけとなります。
運が良くなったのではなく、自分の行動を改めたために結果が良くなったのかもしれません。
本当のところはどうでもいいでしょう。
自分が信じている通りです。
自分がどのようなご利益を求めているかも重要ですね。
開運神社と言われているところでも、縁結びの神様、安産の神様もいます。
たいていはいろいろな願い事を叶えてくれるはずです。
神社で購入できるのはおみくじとお守りです。
定番のグッズと考えていいでしょう。
おみくじは境内に結んできますから、お守りを身に着けておくようにしましょう。
毎日持っているバッグの中に入れておいても構いません。
パワーグッズを持っていることで、あなたの周りでいいことが起きるはずです。
もちろん、願いが叶うことを強く信じていなければなりません。
神様の力だけを頼りにするのではなく、自分が積極的に思うことが大切です。
きっと、あなたにも明るい未来が訪れるでしょう。
日常生活の中で神様のことを考えている人は少ないですが、お守りを見ることで再認識することができます。

開運神社と健康

開運神社でお参りすれば、自分に運が向いてくるのでしょうか。
確かなことはわかりませんが、多くの人が開運神社で願掛けをしていることでしょう。
東京にもたくさんの開運神社があります。
神社が自ら開運神社として宣伝しているわけではありませんが、インターネットなどで注目されるようになって、多くの人が注目しているのです。
運がよくなることも大切ですが、毎日を健康的に過ごすことの方が大切です。
安産や家内安全、健康などを願ってお参りをしている人もいるでしょう。
厄年の人は厄払いをします。
神社でお参りをしたことによって、明確なご利益があるのかどうかわかりません。
ただ、日本人は昔から神社と仏様に参ってきました。
特別に信心深くない一般の人がそうだったのです。
現代はインターネットによって情報がすぐに伝わりますから、その傾向が強くなっているのでしょう。
東京のパワースポットにも人気ランキングが付けられています。
ただ、人気があるから神社に行くのではなく、自分の願いを聞いてもらいたい思うことが大切です。
また、健康はすべてに優先することでしょうから、しっかりと願ってください。
病気になった時に、神様へのお参りが不足していたのではないかと考えている人もいます。
深刻に考えないことです。
パワースポットで運気を高めることはできますが、逆効果になる話はありません。
誰にでもいいことが起きるのです。
神様は平等ですが、真剣に願っている人ほど願いが叶うはずです。

開運神社ととげぬき地蔵

とげぬき地蔵尊があるのは東京都豊島の高岩寺です。
開運神社を集めた掲示板などにも登場します。
とげぬき地蔵尊は古い歴史があります。
病気を治してくれると言われているお地蔵様です。
お参りをするととげぬき地蔵尊御影をもらいます。
痛いところに貼ったり、飲んだりすると治ると言われています。
不思議な御影です。
もちろん、本当のことはわかりません。
しかし、自分ではどうしょうもない病気や災厄に遭った時に、人は何かにすがりたいものです。
それが開運神社なのです。
日ごろは神社など行かない人でも、自分の苦しみから解放してくれるかもしれないと思えば、神社にお参りをするのです。
神社やお寺は昔から人々の心のよりどころとでした。
それは科学が発達した現代においても変わらないのです。
そして、未来においても変わらないことでしょう。
日本人が日本人である特長は仏と神様にお願いをすることです。
キリスト教のように唯一神ではありません。
とげぬき地蔵尊がある高岩寺の周辺は散策地としても人気が高くなっています。
お願いことが特になくても訪れている人はたくさんいるのです。
あなたも一度とげぬき地蔵尊にお参りをしてみましょう。
巣鴨周辺にはお寺と公園が広がっています。
東京には自然がないと思っている人が多いかもしれませんが、神社やお寺には森や林が広がっています。
そして、これらの土地は開発によってなくなることがないのです。
東京の中のパワースポットであなたも運気を上げてみましょう。

愛宕神社

愛宕神社は東京の開運神社として知られていますが、実は愛宕神社は日本中にあります。
600以上の愛宕神社があると言われています。
京都の愛宕神社が総本山です。
東京都港区の愛宕神社は山手線の愛宕山の山頂に作られています。
1603年に徳川家康の命によって創建された神社です。
愛宕神社が開運神社と言われている理由について説明しましょう。
愛宕神社は山の頂上にありますから、階段を上っていきます。
この階段が出世の階段と言われているのです。
階段は男坂と呼ばれており、将軍の前で馬で石段を駆け上がって見せたことから、馬術の名人として知られるようになりました。
正に出世の階段となったのです。
また、愛宕神社は天下取りの神様、勝利の神とも呼ばれています。
現代においては開運神社として、多くの人がお参りをしているのです。
当然ながら、男性は石段を駆け上がってください。
ただ、無理はしないことです。
歩いて上がってもご利益はあるはずです。
自分の体力と相談することが大切です。
後は境内でしっかりお願いしてください。
初詣でに訪れる人もたくさんいます。
愛宕神社は江戸城無血開城の時に勝海舟と西郷隆盛が相談した場所です。
聞いたことがあるのではないでしょうか。
この他にもいろいろな逸話があります。
これらを調べてみるのも面白いですね。
東京の観光名所ともなっていますから、お参りをした後は運が向いてくるかもしれません。
それぞれの地域の愛宕神社も同じような作りではないでしょうか。

外国人と開運神社

開運神社は日本人だけではなく外国人にも人気の観光地となっています。
東京の開運神社を巡るツアーも好評です。
外国人に日本人の信心のことが理解できているのかどうかはわかりませんが、パワースポットを見てみたいと思うのは誰でも同じなのでしょう。
もちろん、日本の歴史に触れることで、より日本を理解することができると考えられます。
現代の日本人よりも外国人の方が日本の歴史に詳しいケースもよく見られます。
日本人はあまり考えていないのです。
神社は日本中どこにでもあります。
しかし、東京にある神社は規模が大きいのが特徴です。
将軍家や天皇家が祀られていることが多いからです。
開運神社の中には宝くじが当たると言われている神社もあります。
お参りをした人がすべてご利益があったと言う話は聞きませんが、それでもたくさんの人が訪れるのです。
外国人はおすすめコースを選ぶことが多いようですね。
ただ、それは日本人も変わりません。
地方から東京見物に来た人たちはパワースポットに関心があるからです。
開運ご利益ツアーでは東京大神宮、皆中稲荷神社、愛宕神社、今戸神社などを1日で周るコースです。
すべてでご利益があれば素晴らしいですね。
1年分のご利益がある気がしますね。
神頼みをするのは今も昔も変わりませんが、外国人にも変わらないご利益があることでしょう。
このコースなら、電車などを使用しなくても歩いて周ることができます。
きっと観光の思い出となることでしょう。

湯島天満宮

湯島天満宮は湯島天神と呼ばれることも多いのですが、東京都文京区にある開運神社です。
学問の神様である菅原道真公を祀っていることから、受験生の合格祈願が多いようです。
もちろん、合格だけではなく、就職を願っている人もいるでしょう。
ただ、合格は運だけでは叶いません。
自分の努力が大切だからです。
自分なりに努力して、その上で神頼みをすることになります。
湯島天満宮に祀られているのは天之手力雄命です。
天岩戸を怪力で開いた神様です。
この力を分け与えてもらうことができるのでしょう。
もちろん、肉体的な力だけではなく、何事にも果敢に立ち向かう強い心を持つことができるのです。
開運とは自分の気持ちが大切です。
自分が願いを叶えたいと強く思うことで、周りの人を動かすことができます。
それを人は運と呼ぶのです。
あなたも運がいいと思っていることがありますか。
それは神様の力かもしれませんが、半分は自分の力です。
神様に手を合わせてお参りをすることで、自分の心と向き合うことができます。
そうすれば、何をすべきかがわかるでしょう。
開運神社で神頼みをするだけでは足りません。
努力しなければならないのです。
東京の湯島天満宮は学問の神様と思っている人も多いのですが、それだけではありません。
毎年の初詣でではたくさんの人がいろいろな願い事をしていることでしょう。
神様はすべての人の願いを聞いてくれるわけではありませんが、願い事をした方が運は自分に向いてきます。
神様のパワーをもらいましょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 05.12

    激安自転車

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ