春休みのリゾートいろいろ

この記事は14分で読めます

春休みのリゾート

リゾートへの旅行を計画している人は多いかもしれませんが、一年の内でどの季節がおすすめなのでしょうか。
春休みにリゾート旅行を計画するなら、ちょっと暖かくなってきた場所がいいでしょう。
春休みと言うことで子ども連れの家族もいますし、卒業旅行を友達と楽しむ助詞学生もいるでしょう。
春休みの海外ツアーはイタリアがおすすめです。
旅行会社によっては学生割引や子ども割引があります。
イタリアへの9日間のツアーは25万円から40万円程度です。
学生の身ではちょっと厳しい金額かもしれません。
学生の春休み旅行を応援するキャンペーンを紹介しましょう。
学生におすすめのお得なツアーが企画されています。
大学、短大、専門学校などどこの学校でも参加できます。
同じ世代の仲間と一緒のツアーですから盛り上がることは間違いないでしょう。
もちろん、ツアーにはオプションが用意されていますから、予算に合わせて申し込むといいでしょう。
春休みの時期は決まっていますから、早めに申し込むことが大事です。
売り切れ御免のツアーばかりですね。
リゾートには何度も言ったことがある人でも、季節によって楽しみ方が違うことはわかっているでしょう。
春休みに行ったことがない場所を選んでみるのもいいでしょう。
あなたはどこに行きたいですか。
外国はちょっとハードルが高ければ、国内のリゾートはどうでしょう。
季節の変わり目がわかりやすいのは日本だけです。
海外よりも情緒を味わうことができるはずです。

スポンサードリンク

人気のリゾート

春休みなら東京ディズニーリゾート旅行はどうでしょうか。
たくさんの旅行会社が企画しています。
東京ディズニーリゾートはディズニーランドに併設していますから、目いっぱい楽しむためには4日くらい必要でしょう。
スタンダードなプランを紹介しましょう。
往復は夜行バスを利用して、ディズニーリゾートで1泊します。
東京ディズニーランドは2日間たっぷりと楽しむことができます。
学生なら春休みを利用したプランがおすすめですね。
車中泊が2回ですが、若いですから問題ないでしょう。
どこから出発するかによって、金額や日程は少しずつ変わります。
ただ、料金を抑えるために車中泊となっていますから、その点は了解しておかなければなりません。
バスの代わりに新幹線を利用するツアーもあります。
ぜひ検討してみましょう。
友達との卒業旅行におすすめです。
同じようなプランは北海道もあります。
北海道の札幌周辺を周るツアーです。
春の北海道はまだまだ寒いですが、澄み切った空気が気分を落ち着かせてくれるでしょう。
春先の温泉も悪くないですね。
旅行に行くメンバーによって行く先を選ばなければなりません。
旅行会社のツアー情報を検索してみましょう。
春休みに旅行を計画している人は少なくありませんから、旅行会社の企画もたくさんあります。
九州から北海道までどこでもおススメプランがあります。
予算と日程を調整して、早めに計画しましょう。
あなたは誰と春休みの旅行に行きますか。

リゾートのランキング

春休みの海外リゾート地はどこが人気なのでしょうか。
人気都市ランキングを見てみましょう。
1位はホノルルです。
ハワイ全体がリゾート地と言えますが、その中でもホノルルはたくさんの人が訪れるでしょう。
春休みと言ってもハワイには明確な季節がありません。
きれいな海でたっぷりと泳いでください。
それからソウルが第2位です。
日本からは近くて安い都市です。
気軽に行くことができますから、旅行代金を抑えて楽しみたい人にはおすすめですね。
春休みの時期でも、ソウルまでの旅行代金は1万円未満です。
それから台北は屋台グルメや動物園などがあるリゾートです。
大人だけではなく子どもにも人気の高い都市ですね。
4位はバンコクです。
距離は離れていますが、旅行代金は高くありません。
アジアの文化に接するいい機会でしょう。
低予算でいろいろなところを見て周ることができます。
最近注目されているのがシンガポールです。
旅行の行き先で満足度が上昇中です。
日本からの直行便がありますが、春休みは早めに満席になるようです。
ビーチリゾートならセブ島でしょう。
日本から程よい距離ですから、春休みのプランとして魅力的です。
マリンスポーツなどを楽しむことも悪くないですね。
ちょっと遠いところではニューヨークが人気です。
説明するまでもありませんが、世界で最もエキサイティングな都市と言われています。
まだ行ったことがないなら、今度の春休みにぜひ計画しましょう。
人気が高いところですから、旅行代金は決して高くありません。
わずか5万円で往復できます。

春休みの旅行

春のリゾート地はどこもたくさんの人でにぎわっています。
春休みの旅行を計画しているなら早めに予約を入れておくべきでしょう。
早割なら格安の予算で行くことができます。
たいていの人が旅行会社のリゾートツアーを利用していますが、自分たちだけで計画する方が安上がりになる場合もあります。
ただ、早めに予約しなければ、すぐにホテルも満室になってしまうでしょう。
沖縄ツーリストが企画する沖縄旅行を紹介しましょう。
人気のリゾートホテルで過ごす春休みは格別な思い出となるでしょう。
人気の観光スポットと美ら海水族館の入場券が付いたツアーが企画されています。
らんらんツアーと名付けられた企画は春だけの限定ですね。
日本の本土はまだ肌寒い季節ですが、沖縄はすでに夏気分になっていることでしょう。
一番のおすすめはホエールウオッチングです。
春休みの時期だけがクジラと遭遇できます。
沖縄近海にザトウクジラがやってきます。
大型クルーザーに乗って、クジラを間近で見るチャンスです。
クジラ博士の詳しい解説付きです。
希望するなら港に近いホテルへの宿泊プランを予約しましょう。
春だけの楽しみ方は旅行会社が良くわかっています。
初めての沖縄でクジラを見ることができれば最高でしょう。
リゾートでのんびりと過ごす一時もいいですが、暖かくなってきた海も沖縄の魅力です。
春休みと言うことで家族連れや学生たちも多いでしょうが、みんな沖縄を楽しみに来たのです。
あなたは沖縄に行ったことがありますか。

春のリゾートの費用

春休みは学生が旅行をするシーズンのようです。
学生のためのリゾートホテルプランなどがたくさんあります。
春休みは卒業旅行のシーズンだからでしょう。
春の学生フェスタは世界に飛び出すことでこれからの人生に新しい見方を持つことができるでしょう。
リゾートをただ楽しむだけではなく、社会人として成長することができるかもしれません。
旅行の費用は学生を対象とした割引があります。
それぞれの旅行会社がキャンペーンで実施していますね。
もちろん、早めに予約すればそれだけ割引率も高くなります。
学生の費用はどれくらいが相場でしょうか。
ハワイのホノルルでの5日間ツアーでは4万円から10万円前後が大半です。
ちょっと贅沢をしても15万円程度ですね。
アルバイトで卒業旅行の代金を貯めておきましょう。
友達と初めてのハワイでリゾート気分は最高です。
費用を抑えるか、ちょっと贅沢するかはメンバーで十分相談しましょう。
いずれにしても卒業旅行は一生に一度だけです。
楽しい思い出となるといいですね。
春休みには家族での旅行を計画する人も多いですね。
その場合でも家族割引を設けている旅行会社が多いようです。
春休みは新学期前の開放感があります。
新たな気分で学校に行くための気分転換となります。
遠くに行く必要はありませんが、日常生活から離れてリゾートを楽しむこと大事ですね。
あなたの家族はどこに行くでしょうか。
外国でも近場でも予算に合わせて計画しましょう。
春休みが待ち遠しくなります。

リゾートの比較

春休みの日本はまだ肌寒い季節ですが、世界中にはビーチリゾートがたくさんあります。
季節に関係なくリゾート気分を楽しむことができます。
春休みには日本を脱出して、外国に行きませんか。
外国のビーチリゾートを比較してみましょう。
日本から近いところとしては、グアム、バリ島、サイパン、ブーケット、セブ島、パラオ、モルディブ、ハワイでしょうか。
一番人気はハワイです。
旅費は一番高くて15万円くらいです。
ワイキキビーチで楽しむ8日間です。
春休みとは思えない夏の海が広がっています。
グアムは10万円です。
5日間コース、4日間コースなど成田発だけではなく、日本中の各地から出発便があります。
インドネシアのバリ島にはいくつかのビーチがあります。
事前に調べておくといいでしょう。
バリ島は人気ですから、日本人がたくさんいます。
ホテルもランクによって分けられています。
それからサイパンツアーでしょう。
春休み限定のツアーが企画されています。
旅費はグアムとほぼ同じですね。
デルタ航空で行くサイパン5日間の旅です。
南国サイパンでは日本のことをすべて忘れてのんびりと過ごしましょう。
友達と行くのもいいでしょう。
日常の喧騒から逃れることは新学期に新しい生活が始まる前にいい影響を与えることでしょう。
自分の人生の節目となります。
卒業旅行を友達と楽しむ学生も少なくありません。
社会人になると春休みなどないからです。
子どもと一緒の家族旅行も悪くないですね。

北海道のリゾート

春休みは日本中が少しずつ暖かくなる時期です。
卒業を記念して友達と旅行することもあるでしょう。
まだ雪の残る北海道のリゾートへ旅行してみませんか。
春休みの思い出となることでしょう。
雪のリゾートです。
北海道ルスツリゾートはゆきのむらとネーミングされたところがオープンしています。
もちろん、北海道は冬が一番のメインですね。
ゆきのむらではロマンティックな雪の夜を体験することができるでしょう。
雪の状態によってはかまくらや雪で作った彫像も見られることでしょう。
ゆきのむらカフェでは雪を見ながら暖かいドリンクを楽しむことができます。
お土産にはオリジナルグッズも販売されていますから、一度覗いてみるといいですね。
興味があればスノーランタン作りも楽しめます。
キャンドルの明かりがテーブルに映えることでしょう。
ちょうど春休みの3月31日まで開催されています。
北海道のリゾートでのんびりした時間を過ごしてみませんか。
ゆきのむらだけではなく、北海道のリゾートは楽しむところがたくさんあります。
手ぶらでスキーを楽しむためのゲレンデパックもあります。
ゲレンデまで荷物を運んでくれるサービスです。
スノーボードやスキーが初めてならば、スクールで習うといいでしょう。
親切丁寧に基本から教えてくれるでしょう。
ルスツリゾートでは100日間毎日ミュージックライブが開催されています。
時期によって出演者は変わりますが、春休みも楽しむことができるでしょう。

春のリゾートホテル

春休みのリゾートホテルでおすすめはローゼンハイム白馬です。
家族で思い出の春休みを作りませんか。
リゾートホテルローゼンハイム白馬で楽しめるプランを紹介しましょう。
白馬三山とオリンピックジャンプ台が一望できるところにホテルは建てられています。
最高のロケーションですね。
北欧風の温泉リゾートホテルとなっています。
スタッフの衣装も北欧をイメージしています。
まるでスイスのアルプスにやってきたかのようですね。
春休みでも雪がまだまだ残っていますから、スキーを楽しむこともできるでしょう。
夕食はお好みに合わせて、フランス料理と和食を選ぶことができます。
ホテルに引かれている温泉は白馬八方温泉ですが、日本一のアルカリ性単純泉としてよく知られていますね。
ホテルには専用のテニスコートが設置されています。
春休みは無理かもしれませんが、夏休みに楽しむといいでしょう。
長野オリンピックのジャンプ台を見るだけでもワクワクしてきませんか。
天気が良ければ、ジャンプ台までの散歩コースも楽しいでしょう。
家族旅行の場合はペットを一緒に連れてくる人もいるでしょう。
ワンちゃんと過ごす春休みもいいですね。
雄大な白馬三山を見てワンちゃんも興奮するかもしれません。
近くの森林をドライブするはどうでしょうか。
時間はたっぷりあります。
リゾートホテルに宿泊すると、気持ちまでのんびりとしてしまいますね。
ローゼンハイム白馬だけがリゾートホテルではありませんが、気の置けない友人たちと貴重な時間を過ごしましょう。

リゾートと季節

春休みにリゾートでいろいろなイベントが開かれています。
もちろん、学生や家族連れをターゲットとしたイベントです。
子どもたちが楽しむイベント、学生たち若者が楽しむイベントなどが企画されています。
季節によってイベントの内容は変わりますが、春休みに行われるイベントを紹介しましょう。
沖縄の糸満にあるサザンビーチホテル&リゾートの紹介です。
週末イベントとしては「ちゅら祭り」と大道芸が行われます。
30分程度の小イベントですから、食後のひと時を楽しむとよいでしょう。
春休みのイベントは3月21日から4月6日までです。
ちょうど学校の春休みに合わせていますから、家族旅行におすすめのイベントです。
春休みの親子体験教室です。
せっかく沖縄に来たのですから、沖縄の文化に直接触れてみる機会を逃さないようにしましょう。
三線教室は子どもだけではなく大人でも楽しめます。
三線を初めて触る人も少なくないことでしょう。
ちょっとしたレッスンで弾けるようになりますから、リゾートホテルの思い出として悪くないでしょう。
それから琉球衣装体験です。
琉球王朝時代の衣装を着て、記念撮影をしましょう。
ゴーヤービーズキーホルダーを作ってみませんか。
家族や友達へのお土産にもなります。
きれいな貝殻や琉球ガラスのかけらで宝石箱を作る体験もあります。
リゾートホテルで楽しい時間を過ごすことができますね。
日常とは違った世界が広がることでしょう。
沖縄の春休みは海開きの時期です。
もう、すぐそこに夏が着ているのです。

春におすすめのリゾート

春休みと言えば卒業旅行ですね。
おすすめの海外のリゾートホテルを紹介しましょう。
交通の便がいいバンコクが一番のおすすめです。
価格重視の人でも納得の5日間ツアーがあります。
成田発のエコノミークラスですが、バンコクで3泊しますから、リゾート気分に浸ることができるでしょう。
インターネットで簡単に注文することができます。
毎日朝食が付いていますが、日中と夕食はフリーです。
事前にどのような楽しみ方ができるか調べておくことが大切です。
卒業旅行ですから、春休みをしっかりと楽しみましょう。
自分たちの楽しい思い出を作れるといいですね。
あなたは誰と行きますか。
バンコクのラチャダリゾートアンドスパに滞在するプランもあります。
外国のリゾートホテルプランは現地でなければ味わえない魅力を見つけましょう。
初めての外国の人もいるでしょうが、不安になる必要はありません。
春休みに旅行を使用と考えている人は少なくありませんから、早めに予約しておくことが大切です。
すぐに満席になってしまうことでしょう。
もちろん、同じようなツアーを企画している旅行会社はたくさんあります。
どこの旅行会社でも変わりはありません。
メンバーの希望を調整して行き先を決めてください。
日本を飛び出して外国に行くことは、気持ちの切り替えが大事ですね。
卒業旅行は学校での思い出を語りながら、新しい旅立ちへの区切りとなるでしょう。
これからの生活をイメージして、気分を新しくしましょう。

アジアのビーチリゾート

アジアのビーチリゾートは春休みでも十分楽しめます。
一年中夏だからです。
しかし、旅行会社が春休みのキャンペーンを実施しています。
キャンペーンを利用して海外旅行を計画してみませんか。
まずはインドネシアの代表であるバリ島です。
美しい自然と文化が融合した楽園として、日本でも人気のリゾートです。
現地の人との素朴な触れ合いも魅力となっています。
2月末から春休みツアーは始まっています。
友達と早めに計画しておいた方がいいでしょう。
航空券とホテルがセットになったツアーで、11万円前後です。
バリ島には直行便が出ていますし、ジャカルタ経由のツアーもいいですね。
春休みならインドネシアは乾季です。
一年を通して暖かいのですが、その中でも一番過ごしやすい時期ですから、観光にはおすすめです。
セブ島での5日間で8万円程度です。
もちろん、オプションを付けて、こだわりの観光を追加するのもいいでしょう。
セブ島は日本から一番近いアジアリゾートです。
海外旅行ではポピュラーな場所となっています。
それからマレーシアのボルネオ島はどうでしょうか。
料金は格安になっていますから、10万円でもお釣りが来ます。
最近はハネムーンに訪れている人が多いようです。
最後はタイのビーチリゾートです。
都市部だけではなく、たくさんの離島が人気です。
都会の喧騒のないまさにビーチリゾートです。
ブーケット島での5日間は心のリフレッシュができるでしょう。
朝食が付いた5日間です15万円程度です。

リゾートの卒業旅行

学生の時こそ、自由気ままにリゾートへ旅行してみませんか。
春休みを利用した卒業旅行の企画が旅行会社にはたくさんあります。
もちろん、ゆったりとした国内のリゾートでも悪くありません。
予算を考えれば国内ですが、社会人になってからの海外旅行は難しくなるかもしれませんね。
友達としっかり計画を立てておきましょう。
国内のリゾートであれば、沖縄でしょう。
内容によって予算は大きく変わります。
温泉ならば草津温泉でしょうか。
ゆったりとお湯に浸かって、これまでの学生生活を振り返ってみる機会になるかもしれません。
北海道ならまだスキーシーズンです。
国内のリゾートであれば、日本中どこからでも出発できます。
観光もいいですが、食べ物をメインにしてはどうでしょう。
おいしいカニをたっぷりと食べるツアーは多くの人に人気です。
海外旅行ならヨーロッパ旅行でしょう。
人気はロンドン、パリ、ローマです。
リゾート気分を満喫するなら、一つの都市に滞在して自由に行動するツアーがおすすめです。
卒業旅行に友達と行く海外はいいですね。
市内観光や美術館巡りも人気コースです。
事前にしっかりとチェックしておきましょう。
海外に初めて行くなら、添乗員同行ツアーを選ぶといいでしょう。
現地でも安心して行動できます。
世界的に治安が悪くなっていますから、現地に詳しい人が一緒だと安心して楽しむことができるでしょう。
春休みのイタリア8日間のツアーでも15万円程度ですから、かなりリーズナブルです。

リゾートツアー

リゾートツアーならビーチリゾートですね。
春休みには学生や家族連れがたくさんツアーに参加しています。
旅行会社の企画ツアーを見てみましょう。
定番はハワイやグアム、サイパンですね。
日本からグアムまでは約3.5時間です。
あっという間にグアムについてしまいます。
移動時間が短いため、現地でゆっくりと過ごすことができるでしょう。
グアムは春休みでも真夏のようです。
それがグアムの魅力ですね。
アジアの中でも治安の良さとリゾート環境は、決して期待を裏切らないでしょう。
春休みの時期でも日差しは強いですから、帽子、サングラスは必需品です。
人気のホテルはニッコー・グアム、オンワード・ビーチ・リゾートなどがあります。
もちろん、他のホテルでも十分楽しめるでしょう。
日本を離れて海外のリゾートツアーで羽を伸ばしてみませんか。
定番のハワイは初めての人も多いですが、リピーターもたくさんいます。
ホノルルの空港に降り立つと、すでにリゾート気分でしょう。
ハワイの心地よい風に吹かれてみましょう。
オアフ島、ハワイ島、カウアイ島、マウイ島のいずれでもリゾート気分を満喫できるでしょう。
ツアーではホテルを選ぶことができる企画もあります。
自分が好きなホテルを選んでみませんか。
世界有数のリゾートであるオアフ島はビーチ、ショッピング、グルメを楽しむことができます。
海を離れれば自然の豊かな景色が広がっていることでしょう。
きっとあなたを満足させてくれます。

楽天トラベルのリゾート

リゾート旅行を考えているなら楽天トラベルが便利です。
もちろん、他の旅行会社でも同じようにリゾート旅行が企画されていますが、目的に応じて検索するには楽天トラベルがスムーズです。
さて、春休みにリゾート旅行を考えているなら、どこがいいでしょうか。
春休みに家族良港なら、東京ディズニーランドがおすすめです。
ホテルは東京ベイ舞波ホテルクラブリゾートでしょう。
口コミを紹介しましょう。
運が良ければオーシャンビューの部屋を取ることができます。
ディズニーランドへの駅であるリゾートライン駅は歩いていける距離です。
とても便利な位置にあるでしょう。
春休みの家族連れはかなり多いですから、早めの予約が必要でしょう。
フロントなどのスタッフの対応も心地よいものです。
リゾートですから、都心からちょっと離れた雰囲気が多くの人にとって良いイメージを与えているようです。
ディズニーランドを早めに引き上げて、ホテルライフを楽しんでいる人もいます。
ディズニーランドの場合は主目的がディズニーランドであり、ホテルは泊まるだけのところと考えている人も多いのですが、このホテルの場合は違います。
国内の都心に近いところであっても、リゾート気分になれる場所があると言うことは素晴らしいことですね。
それから春休みでもまだ雪が残っているキロロリゾートも素敵です。
家族よりもカップル、夫婦での旅行が多いところです。
広々とした室内のあるホテルがあなたを待っています。
トリプルルームも10室用意されています。

春の沖縄

日本で一番早い春が来る沖縄は春休みの旅行に最適の場所です。
国内ではないようなリゾート気分になれるホテルもたくさんあります。
春の沖縄の魅力を紹介します。
沖縄北部は体験するところがたくさんあります。
沖縄美ら海水族館は大きな水槽で知られているところですね。
まるで海の中にいるかのような気分になります。
子どもだけではなく大人も大喜びですね。
沖縄の海と出会うことができる水族館です。
北部を周るなら美ら海水族館は外せません。
それから100種類のパイナップルが栽培されているナゴパイナップルパークもおすすめです。
パイナップルが食べ放題です。
広い園内はパイナップル号で移動します。
パイナップル号はパイナップルの形をしたカートです。
もちろん、ゆっくり楽しみたいなら遊歩道を歩くこともできますし、畑が一望できる展望台もあります。
実際の海の底を見たいなら、ブセナ海中公園でしょう。
ボートに乗れば海の底をきれいに見ることができます。
底一面がガラス張りだからです。
きれいな沖縄の海を見ているだけで、リゾート気分は高まっていくことでしょう。
美しいサンゴを見ていれば、海の中に引き込まれてしまうことでしょう。
潮風に吹かれながら広い海原を満喫してください。
そして、沖縄の自然が残っている東村ではつつじ祭りが開かれています。
沖縄では3月につつじが咲くからです。
沖縄の海を離れたところでつつじを見るのも悪くないでしょう。
ホテルに帰れば、リゾートとして春休みをのんびり過ごすことができます。

リゾートを探す

リゾートを探すなら、インターネットが便利でしょう。
海外のビーチリゾートをイメージする人が多いかもしれませんが、国内でもたくさんのリゾートがあります。
伊豆にある稲取リゾートはリピーターが大変多い宿です。
伊豆フレンチが自慢の小さな宿ですが、名物は金目鯛のカルパッチョです。
オーナーでありシェフでもある佐々木氏がホテル直伝のフレンチを伊豆でふるまってくれます。
このカルパッチョを食べるために来るリピーターが多いのです。
もちろん、ホテル内は露天風呂から海が一望できる素晴らしい長めですから、宿泊施設としても十分な魅力を持っています。
客室は9室しかありませんから、早めに予約をしておかないと春休みには間に合いませんね。
部屋数が少ないのは2部屋を1部屋に改造して、ゆったりした気分を作るためです。
それから千葉の南房総市には羅伊豆リゾートがあります。
目の前には太平洋が広がっており、打ち寄せる潮風がリゾート気分を盛り上げてくれます。
房総海鮮七輪焼やキスの天ぷら、海鮮鍋など海の幸を存分に楽しむことができます。
ズワイガニの皿盛りもあります。
都心から約2時間半で素敵なリゾートへ到着します。
日ごろの喧騒から離れて、リゾートでのんびりと春休みを過ごしませんか。
展望台浴場からも太平洋が眺望できます。
海岸通りを散歩するのもいいですね。
近くには野島崎灯台がありますから、散歩コースとしておすすめです。
海外に行かなくても、国内のリゾート地で十分寛ぐことができるでしょう。

春の北海道

春休みには北海道旅行がおすすめです。
リゾート気分を満喫しましょう。
おすすめの北海道を紹介します。
北海道の春は遅いと言っても、春休みには花が咲き始めます。
桜の名所として知られている松前公園は函館にあります。
春休みではまだ桜まつりは開かれていませんが、小さなつぼみを見ることができるでしょう。
公園内を散策してみるのもいいものです。
函館にはたくさんのホテルがありますが、どこも予約がいっぱいです。
早めの予約がおすすめです。
函館に連泊して、近くを見て周るのもいいでしょう。
露天風呂が良ければ、海を臨めるリゾートホテルもあります。
十勝岳連峰を望む露天風呂が魅力なのは「ふらのラテール・万華の湯」です。
入浴をメインにしたツアーが組まれています。
春先の富良野を楽しんでみませんか。
ただし、ホテルは別のリゾートホテルを予約しましょう。
北海道は広いですから、地域によってかなりの違いがあります。
すべてを見て周ることはできませんから、十分に計画を立てておくことがいいでしょう。
少人数ならレンタカーで移動するのもおすすめです。
まだ雪が残る地域がありますから、安全運転に心がけてください。
北海道の春は日本で一番遅いですが、春休みにはもうすぐそこに春の気配を感じることができます。
のんびりと雪を見ながらの春休みはどうでしょうか。
自分だけの時間を持つことができるのはリゾートの魅力です。
北海道旅行のツアーはたくさんあります。
どれも素敵なプランですから、ツアーを選んでも十分楽しめます。

春の東北

東北は震災の影響から復興に向けて努力しています。
それを応援する意味も込めて、春休みに東北旅行を計画しませんか。
もちろん、すべての地域が震災を受けたわけではありませんから、これまでと変わらぬ魅力を持っているところがたくさんあります。
リゾート地として知られているのがいわき市のスパリゾートハワイアンズです。
フラガールを知らない人はいないでしょう。
スパリゾートハワイアンズの割引チケットが販売されています。
仙台や栃木から出発できます。
ドラマチックな東北の度に出かけませんか。
インターネットで調べてみると、東北への観光を案内するサイトがたくさんあります。
温泉巡りは新潟と山形です。
瀬波温泉は日本海に溶け込む露天風呂がリゾート気分を盛り上げてくれます。
風呂上がりには松林のある海岸線を散策しましょう。
春休みではちょっと肌寒いかもしれません。
大正ロマンのイメージを残しているのが銀山温泉です。
山間にひっそりと作られています。
川沿いに並んでいる旅館は3,4階建てです。
大正時代を思わせる光景ですね。
川の近くには足湯もあります。
宮城の鳴子温泉は下駄を鳴らして歩いて湯巡りをするのが楽しみです。
源義経、松尾芭蕉が訪れた温泉としてもよく知られている歴史のある温泉です。
9種類の泉質を堪能できるのは鳴子温泉だけです。
湯めぐりチケットを購入すれば割引料金で利用できます。
この他にもたくさんの温泉があります。
ツアーで温泉巡りもいいですし、レンタカーで自由気ままに温泉を探してみませんか。

春の九州

春休みには九州は花の季節となります。
リゾートホテルもあるハウステンボスがおすすめですね。
春休みにはチューリップ祭りが人気です。
園内一面に咲き誇るチューリップは壮観です。
リゾートホテルに宿泊していれば、一日中ハウステンボスを巡ってもいいでしょう。
3月21日から4月6日までの春休み期間には650品種ものチューリップが次々に開花します。
街中がチューリップです。
アムステルダム広場では夜のチューリップを眺めながらの、優雅なカフェタイムが魅力です。
スペシャルウィークとして、チューリップ祭りが一番盛り上がります。
チューリップで描かれた巨大な花模様やチューリップに囲まれたオープンカフェ、夜のライトアップも見どころです。
チューリップが集まっているだけではなく、にくいばかりの演出が素晴らしいのです。
早めに予約しておけば、割引も適用されます。
ぜひ、ハウステンボスでのんびりした時間を過ごしましょう。
それから、西海国立公園では九十九島をクルージングです。
西海パールシーリゾートもありますから,遊覧船や海賊船に乗って島々を眺めましょう。
魅力的なスポットとなっています。
近くには温泉もあり、のんびりとお湯に浸かってリゾート気分を味わいましょう。
国内ですから、旅行費用は高くありません。
近場ですが、しばしの休息を取ることも大切です。
春休みが終われば、新学期です。
子どもたちも気分を変えてくれることでしょう。
九州は家族旅行に最適なところです。

春の信州

信州で春休みを過ごしてみませんか。
雪が解けて、生命の息吹を感じる季節です。
信州の自然に溶け込んだリゾートはどうでしょう。
観光地をたくさん周ることもいいのですが、リゾート気分になるには連泊する方がいいでしょう。
信州の見どころを紹介しましょう。
立山黒部アルペンルートではイベントが行われます。
ダムを見て周ったら温泉で寛ぎましょう。
白骨旅館は長野県松本市です。
諏訪湖、白樺湖も春の息吹を感じられることでしょう。
白樺リゾート池の平ホテルは若者や家族向けにおすすめのホテルです。
白樺湖のすぐ近くです。
日本アルプスに近いのはホテル白樺荘ですね。
河童橋の袂にある絶景で知られています。
上高地を散策したいなら白樺荘ですね。
高山温泉郷には仙人露天岩風呂があります。
春休みには新緑が広がっています。
松川渓谷の真ん中で露天風呂に入る気分は最高でしょう。
すっかりリゾート気分です。
リゾートと聞くとビーチをイメージする人が多いようですが、渓谷でのリゾートが日本人には合っているのではないでしょうか。
信州は自然との触れ合いができる場所として大きな魅力があります。
春休みを利用した家族旅行も子どもによい影響を与えてくれるでしょう。
立山プリンスホテルからはアルペンルートが開通していますから散策コースとしてもおすすめです。
春の信州を直接肌で感じてみましょう。
春の野菜もおいしくなっています。
採りたての野菜を食材にした料理は格別な美味しさです。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2016 04.04

    花見HANAMI 関東

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ