日焼けと美白のスキンケア

この記事は15分で読めます

日焼け後のケア

夏になると海、プール、バーベキュー、キャンプなど屋外でのレジャーをする機会が増えます。
普段外を歩いているだけでも、車を運転しているだけでも紫外線によって日焼けをしますが、一日中レジャーで外にいたときには特に日焼けが気になります。
「日焼けをした」と後悔している暇はありません。
肌の美白を守るためにも、少しでも早く日焼け後に肌をケアすることが大切なのです。

スポンサードリンク

少しでも日焼けを防ぐためにできることは、日焼け止めを塗ること、帽子をかぶること、日傘を使うこと、UVカット使用の服を着ることなどです。
しかし100%紫外線をカットすることはできないため、少しでも紫外線を浴びた後は、お肌ケアを行う必要があります。
日焼け後、ダメージを受けた肌を一刻も早く回復させることが重要なポイントとなります。

<日焼け後のケア>
・肌を冷やす→日焼けした肌は軽い火傷状態、まずは冷やすこと、保冷剤をタオルにくるんで冷やしたり、冷たいタオルをあてたりして冷やします。
・水分補給→洗顔したり、体を洗ったりするときにはこすらずにやさしく洗うようにします。
洗顔後は、保湿効果の高い化粧水をたっぷりとつけパッティングをして肌を潤わせましょう。
日焼け直後は、美白化粧品の使用は控えた方がいいと思います。
肌が敏感になっているときなので、刺激を与えてしまう可能性があります。
・保湿→低刺激のクリーム、オイルなどをつけて肌に与えた潤いを逃がさないように蓋をしてください。

体の内側からできる日焼け後ケア

日焼け後の美白ケアは、外側からだけではなく体の内側からもケアすることができます。
日焼け後は、ほてった体を冷やして、熱を落ち着かせることが大切です。

体の内側からできるケアとしては、まず水分補給をすることです。
日焼けした直後に、冷たい水を飲みます。
そうすることで体の内側から体を一気に冷やすことができます。
日焼けによって、体内の水分も皮膚の水分も蒸発して、乾燥している状態です。
基礎化粧品を肌に塗るだけではなく、口からも体内へ水分を補給することで、体の乾燥状態を解消して潤すことができます。
ミネラルウォーター、スポーツドリンクなどがおすすめです。

次にビタミンを補給することで、美白ケアを行います。
紫外線を浴びると、体内でメラニン色素が生成されて日焼けの原因となります。
ビタミンCを摂ることで、メラニン色素が作られるのを抑える効果があります。
また保水力を回復する効果もあります。
ビタミンCは、柑橘類(グレープフルーツなど)、キウイ、アセロラ、緑黄色野菜などを食べることで摂ることができます。
ビタミンCとビタミンEを共に摂ることで、美白効果が上がります。
ビタミンEには肌の新陳代謝を促進する効果があります。
ビタミンEは、魚、アボカド、モロヘイヤ、ナッツ類などを食べることで摂ることができます。
この他、ビタミンAにもC、Eと同様に美肌再生効果があります。
ビタミンAは、にんじん、小松菜を始めとした緑黄色野菜、レバー、うなぎなどで摂ることができます。

反対に、日焼け後に摂取を避けたいものは、アルコール、カフェインなどです。
水分を対外へ排出してしまうため、日焼け後の体から大切な水分を奪ってしまうことになります。

間違った美白ケア

正しい日焼け後の美白ケアについて知っている人は少ないです。
間違った美白ケアをしてしまっている人のためにご説明します。

夏が近づいてくると、慌ててUVケアをする人がいます。
紫外線が強いと感じたときだけUVケアするのは間違いです。
紫外線は夏だけあるのではありません。
1年中私たちに降り注いでいますし、晴れていない日でも存在しています。
そのため1年を通して、どんな天気の日にもUVケアをすることが大切なのです。

美白化粧品を使って美白ケアをしていれば、紫外線を浴びても大丈夫だと思っている人がいます。
紫外線を浴びて日焼け後できたシミをケアするのは大変なことです。
その前にUVケアをしっかりとしてシミを作らないことが大切です。

日焼け後にすぐ美白化粧品を使うのは間違いです。
軽い火傷状態にある肌に美白化粧品は刺激が強すぎます。
まずは、冷やしてたっぷりと保水すること、クールダウンして肌の状態が落ち着くまで使わないようにしましょう。

1日に何度も美白ケアすればいいわけではありません。
化粧品などは使用量、使用回数が決められています。
一度にたくさん使ったり、1日に何度も使ったりしたからといって、早く美白できるわけでありません。
定められた量を守って、使用回数を守ってこそ正しい効果を得ることができます。
化粧品はいろいろな種類を使うよりも、スキンケアラインで使った方が、きちんと効果が得られるようになっています。
できれば1つのメーカーで同じラインのものを使った方がいいと思います。

美白化粧品

美白化粧品には2タイプあります。
「予防型」と「漂白型」です。
シミができる前に予防するタイプを予防型。
できてしまったシミをできる限り薄くしていくタイプが漂白型です。

日焼け後の美白ケアには「漂白型」の美白化粧品を選ぶようにします。
漂白型には、美白作用の高い成分が使われています。
ハイドロキノンといって、皮膚科で処方されるシミの治療薬と同じ成分です。
美白効果が絶大で、驚くほどの威力がある成分です。
シミの原因となるメラニン、メラニンを生成する細胞自体を減らす効果があります。
即効性が高く、美白効果を早く実感することができます。
ただし5%以上の高濃度配合されたものは、肌に良くないと言われているので、5%以上配合されているものは使わないようにしましょう。
おすすめの濃度は1%?2.5%のものです。
日焼け後、早く美白になりたいからと、濃度の高いものを慌てて使うと肌トラブルに見舞われます。
注意しましょう。

漂白型の美白化粧品は、美白効果が高いです。
しかしその分肌荒れ、白斑といった副作用を起こす危険性もあります。
成分、濃度などをよく確認して、自分の肌に合うものを調べて選ぶようにしましょう。

予防型の美白化粧品は、肌にやさしい成分が多いです。
主にプラセンタ、ビタミンC誘導体、アルブチンなどの成分が含まれています。

最近はメラニンの生成を抑えて予防美白できるのと同時に、肌質を整えて紫外線に負けない美肌作りができる成分も入った美白化粧品も出てきました。
肌質改善ができて美白効果もある、敏感肌の人も安心して使える肌にやさしい成分なのが魅力です。

保湿ケア

軽く火傷状態の日焼け後には、冷やして、たっぷり潤して、クリームなどで蓋をすることが美白ケアの基本となります。
保湿するのに最適なアイテムが「保湿マスク」です。

マスクにたっぷりとローションを浸して、肌にのせ5分ほど放置します。
美白ケアのためには高保湿なローションを使うのといいのですが、日焼け後で刺激を感じるときには敏感肌用の低刺激なものにしておくといいでしょう。
マスクをとったあとは、べたべたになるくらいクリームを塗ってカバーをしましょう。
しわの奥にまで浸透するようにやさしく擦りこんでください。
肌が敏感状態なので決してこすらないように注意してください。

美白成分をすでにしみこませた状態のフェイスマスクも発売されています。
美容液1本分など贅沢に成分が配合されているので、日焼けしたその日のスペシャルケアに使うのがおすすめです。

日焼け後の保湿ケアで大切なことは、与えた保湿成分を確実に肌へ浸透させることです。
そのためお手入れした後も、肌を乾燥させないようにしなければいけません。

肌が乾燥しないようにするために、「ワセリン」を使うといいです。
特に、背中、腕、足など広範囲の日焼けをして体に熱がこもっていそうな場所におすすめです。
保湿を行った後、ワセリンを塗るといいです。
ワセリン自体が肌を保護するものですし、アトピーなど敏感肌の人にも使えるものです。
ドラッグストアなどで買えるため、気軽に手に入れやすいと思います。

美白化粧品の選び方

日焼けしたばかりのときは、敏感肌用の化粧水にするなどまずは保湿することが大切です。
日焼け後、ヒリヒリが治まり、皮膚の赤みも治まったら美白化粧品を使い、シミにならないようにケアしていきます。

美白化粧品の選び方について説明します。
スキンケアに美容液を加えるのがおすすめです。
美容液は、乳液などよりも成分濃度が濃いので肌への効果を実感しやすいからです。
ビタミンC誘導体が入ったものがおすすめです。
シミができる原因となる、メラニンを作らせない働きがあるため、日焼け後の肌に効果的です。
美容液だけではなく、化粧水にもビタミンC誘導体が入っているスキンケア化粧品があります。

美白化粧品は刺激のあるものもあるため、使う前にはバッチテストを行ってから使うようにしてください。
普段の肌状態では大丈夫だったとしても、日焼け後の肌は刺激を感じてしまう可能性もあります。
二の腕に10円玉くらいのサイズを塗って1日様子を見ます。
次の日、赤くなっていたり、かゆみがあったりしないか確認します。
特に異常がなければそのまま使って大丈夫です。
ただし二の腕が大丈夫だったとしても、日焼けして敏感になっている状態の顔につけたら赤くなったということもあるかもしれません。
使ってみて少しでもおかしいと思ったらすぐに使うのをやめて、しばらく日にちをあけて肌が落ち着いてから使うようにするといいでしょう。
それでもダメなら、もともとその美白化粧品があなたの肌に合わないということなので、使用をやめてください。

美白化粧品人気ランキング

シミを消す効果のある美白化粧品の人気ランキングを紹介します。
日焼け後、肌が落ち着いてから行う美白ケアにぜひお使いください。

1位「サエル」。
ポーラ・オルビスから発売されている敏感肌専用に開発された美白化粧品です。
肌への刺激は弱いのですが、美白ケア、保湿ケア、UVケア、すべてに対応したバランスのいい美白化粧品です。
美白成分として、ビタミンC誘導体が入っています。
日焼け後の弱った肌におすすめです。

2位「アスタリフトホワイト」。
人気スキンケアブランドのアスタリフトの美白シリーズ「アスタリフトホワイト」。
フジフィルムから発売されています。
ビタミンC誘導体、アルブチンなどの美白成分が肌の角質層の奥にまで浸透してシミ解消に効果を発揮します。

3位「ビーグレン」。
口コミ、優れた商品力で多くのリピーターがいる人気美白化粧品「ビーグレン」。
特許も取得している独自の浸透技術で抜群の浸透力を誇っています。
美白成分として、ハイドロキノン、高濃度のビタミンCが入っています。

4位「ドクターリセラ」。
エステサロンで使われている美白化粧品で、その実力をプロが認めています。
9割以上の人がリピートする人気の美白化粧品です。
美白成分、美容成分として、アルブチン、フラーレン、プラセンタなどが入っています。

5位「ラグジュアリー・ホワイト」。
女性の皮膚科医が自らの体験を活かして開発した美白化粧品です。
雑誌でも紹介された人気化粧品で、最優秀コスメ大賞も受賞したことがあります。
利用者からの口コミでも常に高評価を得ています。
美白成分として、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体が入っています。

サエル

ポーラ・オルビスから発売されているスキンケアブランド「ディセンシア」。
ディセンシアは、敏感肌、乾燥肌の人用のスキンケア化粧品を扱っているため、低刺激で日焼け後にも安心して使うことができます。
その中で美白ケアに特化した化粧品が「サエル」です。

日焼け後乱れた角質層をバリアして、外部刺激から守りながらもセラミドでたっぷりと保湿して潤いをもたせ、肌の透明感をアップさせていきます。
サエルでは、美白成分として、「コウキエキス」、「ムラサキシキブエキス」、「アルニカエキス」の3種類の天然成分を配合しています。
またポーラのオリジナル成分として配合しているエスクレシドの働きで、メラニンの素がつくられないようにしています。

サエルは敏感肌を研究して誕生した美白ケア化粧品で、ローション、エッセンス、クリーム、ボディケアクリームなど1通りのラインナップが揃っています。
スキンケアアイテムにはローズ、ゼラニウム、ローズマリーなどのアロマの香りを配合して、リラックス効果を発揮しています。

<サエルのラインナップ>
・「ホワイトニングローションクリアリスト」…つけた瞬間肌に浸透していく美白化粧液、透明感のある肌へと導きます、通常価格4,860円。
・「ホワイトニングエッセンスクリアリスト」…顔全体のくすみ、シミを取り去り、美白を実現します、通常価格7,020円。
・「ホワイトニングクリームクリアリスト」…瞬時に肌に浸透して冴えわたる透明感を肌の内側から作りだす薬用の美白クリーム、通常価格5,400円。
・「ホワイトCCクリームクリアリスト」…敏感肌を守り、ひと塗りするだけで透明感のある肌へ導く、1品で7役のエッセンスが入ったクリーム、通常価格4,860円。
・「ホワイトデイミルククリアリスト」…強力に紫外線をカットする美容ミルク、肌にやさしい、通常価格4,104円。
・「ホワイトボディUVクリアリスト」…12種類もの保湿成分、美肌成分が入っていて透明美肌を実現するボディクリーム、紫外線、外部刺激から肌をガード、通常価格3,024円。

アスタリフトホワイト

フジフィルムの人気美容スキンケア「アスタリフト」。
その中の美白シリーズが「アスタリフトホワイト」です。
透明感のある澄んだ美白肌に導きます。
紫外線をしっかりと防いで、美白成分を肌へ届けることができます。
独自開発のナノ化技術で、角質内部に浸透して、シミ解消に効果を発揮します。
美白成分として、アルブチン、ビタミンC誘導体などが入っています。
その他にアスタキサンチン、コラーゲンなどエイジングケアに効果的な成分も入っているため、美白とエイジングケアの両方ができるスキンケア化粧品です。
日焼け後、肌が落ち着いてから使うのにいい人気の美白化粧品ランキングで常に上位にランクインしている人気化粧品です。

<アスタリフトホワイトのラインナップ>
・「ローション」…美白成分、潤い成分がたっぷり入った美白化粧水、通常価格4,104円。
・「エッセンスインフィルト」…美白成分、潤い成分がたっぷり入った美白美容液、やわらかくてよくのびるテクスチャー、通常価格7,560円。
・「クリーム」…有効成分の働きでメラニンが作られるのを抑制し、シミ、そばかすにならないようにする美白クリーム、通常価格5,400円。
・「パーフェクトUVクリアソリューション」…紫外線をカットするUVクリア美容液、化粧下地としても使えます、通常価格4,212円。
・「美白シート状マスク」…美白成分、潤い成分を凝縮させてしみこませたシートマスク、日焼け後ダメージを受けた肌にたっぷりと美容液を与えて美白に導きます、1回分1,420円、6回分7,128円。
すべて税込価格です。

ビーグレン

購入者の口コミで広まり人気となった美白化粧品が「ビーグレン」です。
特許を取得した独自技術によって高い浸透力を実現していて、美白成分を肌の奥深くへ届けます。
ビーグレンのクリームは、抜群の保湿力を持っています。
シミ対策において、紫外線対策は大事なことですが、肌を乾燥させずに潤しておくことも大切です。
ビーグレンが販売している保湿クリームは、長時間保湿効果があるため、UVクリームと合わせて使うことで紫外線対策をしっかりと行うことができます。
またしっかりと保湿することで肌にハリを与えることができてエイジングケアにも効果を発揮します。

<ビーグレンのQuSomeホワイト>
・「ローション」…肌を保湿して、さらに透明感を与えることができる化粧水、ブライトニング効果があります、通常価格5,400円。
・「エッセンス」…肌トラブルをブロックして、透明感のある肌にしていく美容液、通常価格5,400円。
・「クリーム1.9」…現在の肌の悩みを消し去って、ハイドロキノンの効果で美白へと導くクリーム、通常価格6,480円。
・「リッチクリーム」…濃厚な保湿クリーム、環境変化、加齢などによる崩れた肌のリズムを整えてくれる、高保湿クリームがハリと弾力のある肌へと導きます、エイジングケアにもおすすめ、通常価格10,800円。

ビーグレンでは、美白成分としてハイドロキノンを使っています。
日焼け後落ち着いた肌へ与えると美白効果を発揮する成分ですが、単体ではその効果に限界があります。
ビーグレンの持つ高い浸透力が加わることで、さらに高い効果を発揮することができるのです。
日焼け後、美白になりたい人におすすめのスキンケア化粧品です。

ドクターリセラ

日本全国にあるエステサロンにおいて実際に使われているプロが認めた美白化粧品「ドクターリセラ」。
購入者のリピート率が9割以上というのも人気の現れです。
アクアヴィーナスの人気美白化粧品です。

ドクターリセラの「スーパーホワイト」は、もともとシミ、そばかす、くすみ、日焼け後の美白など様々な美容の悩みを解決したいと行くエステサロンが使っているブランドでした。
プロも認めたきちんと結果のでる化粧品、新発想のコスメです。
ドクターリセラの特徴は、海洋深層水を使っているので、浸透力に優れていることが挙げられます。
美白成分がしっかりと肌の奥へと浸透するので、大きな美白効果が得られます。
そのため日焼け後の肌にも効果的で、多くの人が愛用する人気化粧品となっているのです。

<アクアヴィーナスシリーズ>
・「ピュアモイスチャークレンジング」…メイクはもちろんのこと、毛穴の奥の皮脂汚れもすっきりと落としてくれるクレンジング。
・「ピュアモイスチャーソープ」…無添加の洗顔石鹸で洗い上がりの肌がすべすべになります。
・「ピュアモイスチャーウォーターヴェール」…目、口に入ってしまったとしても安全な化粧水、たっぷりと肌を潤してくれます、顔以外に体全体に使うことができます。
・「スーパーホワイトエクストラ」…無添加の美容液、エイジングケアにもおすすめ、肌に透明感、ハリを与える有効成分の働きで透明感のある健康的な肌へと導きます。
・「サンカットクリーム」…無添加の日焼け止めクリーム、長時間肌につけていても安心、肌にやさしい成分、紫外線から肌を守ります。

アクアヴィーナスを初めて試す人には、「スタート1ヶ月セット」がおすすめです。
シリーズを1ヶ月分試すことができて、30日間の全額返金保証もついています。
価格は税込9,800円、送料無料で大変お得です。

ラグジュアリー・ホワイト

女性皮膚科医が使用者目線で開発した美白化粧品「ラグジュアリー・ホワイト」。
アンプルールから発売されています。
女性雑誌などでもたびたび紹介されている人気化粧品です。
使用者の口コミでも、常に高評価を得ている実力派です。

肌のシミ、くすみ、乾燥に悩んでいる人に特におすすめの美白化粧品です。
日焼け後のケアに悩んでいる人、他の化粧品を使っても効果がでなくて困っている人にもおすすめです。

アンプルールでは、点(スポット)と面(全体)のWケアで集中的に保湿美白していきます。
シミの原因になるメラニンをブロックしてくれる薬用美白美容液、美白成分としてハイドロキノンを配合したスポットケア用の美容液をW使いします。

<ラグジュアリー・ホワイト>
・「コンセントレートHQ110」…夜用のスポットケア美容液、特殊なシリコンゲルがピンポイントで気になる部分に密着して夜通し一点をアタックします、税込10,800円。
・「薬用アクティブフォーミュラ」…24時間肌全体を美白する薬用の美白美容液、アルブチン、ビタミンC誘導体などの美白成分が入っています、シミの原因を断って透明感のある肌へ導きます、8,640円。
・「ローションAO?」…高い浸透力のある化粧水、透明感のある美白肌へ導きます、5,400円。
・「エマルジョンゲルEX」…究極のきれい肌へ導く美容乳液ゲル、べたつかないクリームで長時間潤いをキープします、120g入り8,964円、50g入り4,644円。

アンプルールの美白ケアは、隠れジミもケアできるため、日焼け後、目に見えないシミを放置することなく、5年後、10年後の肌も美しく保つことができます。

美白シートマスク

美白効果のあるシートマスクを日焼け後に使っている人も多いと思います。
シートマスクを使うメリットは、短時間で集中的に肌をケアできることです。
そのため日焼け後の普段よりもダメージを受けた肌に特に効果を発揮します。
しかしきちんと使わないと確かな効果は得られません。
ここでは、効果的な使い方を紹介します。

シートマスクと一口に言っても種類が豊富で、目的別に様々なタイプがあります。
例えば美白、アンチエイジング、保湿など得たい効果によって選ぶものが変わってくるのです。
シートマスクには、美容成分が高濃度に凝縮して浸み込ませてあります。
密閉効果もあるので、肌に栄養成分をたっぷりと浸透させることができます。
シートマスクは、毎日のケアに使うものではなく、1週間に1回から2回、特別なケアとして行えば十分だと思います。
肌に不調が現れてから慌てて使っても遅いので、定期的に1週間に1回くらいは継続して使った方が肌の調子もいいと思います。

<シートマスクの使い方>
クレンジング、洗顔をして顔の汚れを落としておきます。
化粧水で保湿します。
特にシミなど気になるところがあれば、普段使っている美白美容液を塗ります。
乾燥が気になる人は、目元、口周りなどにアイクリームを塗るといいです。
美白シートマスクを顔に乗せます。
装着時間は15分前後です。
長く乗せすぎると逆効果なので、商品説明に記載されている時間を守ってください。

シートマスクをとり、マスクを絞って残っている美容液を手にとり、マッサージをします。
両手で顎?こめかみにかけて肌を持ち上げるようにマッサージします。
次にこめかみ?鎖骨へリンパを流すようにします。
これを3セットくらいしたら、美白クリームを塗り肌に蓋をします。

アロマオイル

アロマオイルの中に美白効果のあるものがあります。
アロマオイルの香りは癒し効果をもたらします。
癒されながら美白効果も得られるとあって、アロマオイルは人気があります。
日焼け後の疲れた体、心の両方を癒してもらえると思います。

アロマオイルには、漂白効果、新陳代謝を活性化する効果などがあります。
新陳代謝が正常に行われると、肌細胞が定期的に生まれ変わるので、シミのもとになるメラニンなどを排出させることができます。
新陳代謝は加齢やストレスなどにより乱れやすくなります。
その結果、メラニンなどが排出されず、シミのできやすい肌になるわけです。
新陳代謝を活性化できるアロマオイルは、美白対策に最適なオイルなのです。

全てのアロマオイルにこのような効果があるわけではありません。
美白効果を持つアロマオイルの中でも効果の高いものをいくつか紹介します。

・「ラベンダー」…人気の香りの1つラベンダー。
新陳代謝を活性化する効果、ストレス解消効果をもつ、さわやかな香りが特徴。

・「ローズヒップ」…ビタミンCを豊富に含む、新陳代謝を活性化する効果をもつ。
アンチエイジングにもおすすめです。

・「レモン」…くせのない香りで万人うけしやすい香り、アロマオイル初心者にもおすすめ。
漂白効果をもつため美白効果が期待できます。

アロマオイルを直接肌につけると、刺激が強すぎて、肌の弱い人は肌が荒れる可能性もあります。
日焼け後、肌が落ち着いてから美白化粧品でケアをして、たまにアロマオイルを使って息抜きをするのがおすすめです。

馬油

火傷に効果のあるアイテムとして知られる「馬油」ですが、日焼け後の肌にも効果を発揮するアイテムです。
日焼けも軽い火傷なので、日焼け後のほてった体で痛みを伴うような場合には、馬油を塗れば肌の炎症を抑えることができます。
塗ってすぐに痛みがなくなるなどの即効性が期待できるわけではありませんが、馬油は大変保湿力に優れているため、肌に油分を与え潤すことで日焼け後の乾燥を防ぐことができます。

日焼け後の美白ケアとしては、肌のほてりを抑える化粧水をたっぷりと与えて肌を冷やし、保湿します。
その後、馬油をたくさん塗ります。
馬油を初めて塗る人の場合、塗ったあとにヒリヒリするとか、体のほてりを感じる人もいるかもしれません。
しかしこれはすぐに治まるので大丈夫です。
念のため初めて使う場合には、最初にパッチテストを行った方がいいと思います。

馬油は、副作用もなく医師の処方も必要としないので気軽に購入することができます。
容器に入っているときは固形油みたいになっていますが、肌につけると体温でゆるくなって皮膚にすぐに浸透していきます。
にきび、アトピーなど肌トラブルに悩む人にもよく使われている人気商品です。
食用としても使われることがある馬油は、万が一、口に入ってしまったとしても安全です。
安心して使うことができます。

肌の乾燥が気になる人は、化粧水の後、乳液替わりに蓋として使うだけではなく、洗顔後に濡れた状態の顔に塗り込み軽くマッサージをして肌になじませてから化粧水をつけます。
すると馬油のもつ高い浸透力によって、いつもよりも肌に化粧水が浸み込んでいくのを実感できると思います。

馬油のもつ高い浸透力と美白化粧品をW使いすることで、普段よりも化粧品の成分の浸透力がアップするため美白ケアに効果的だと思います。

美白ボディクリーム

顔だけではなく、体も日焼け後のケアをしっかりとしなければシミをつくってしまいます。
日焼け後の美白ケアにおすすめのボディクリームがあります。

・イルコルポの「ミネラルボディシャインジェル」。
色素沈着の原因に働きかける美容成分を贅沢に配合した美容ジェル。
プラチナナノコライド、プラセンタ、ハイドロキノン、フラーレン、アルブチンなど27種類もの美白、美肌成分が入っていて、日焼け後の肌をやさしく潤して美白肌に導くボディジェル。
約1ヶ月分の200g入って、価格は5,940円(税込)。
使用者の口コミでは、1本使い終わるころには、肌ツヤが良くなって色白になったとか、白くなったのが実感できるとか、肌のくすみが気にならなくなったとか、使い心地がさっぱりとしていて良い。
夏の日焼け後に使い始めて11月には日焼け跡も気にならなくなったなど、美白効果を実感している喜びのコメントが多数寄せられています。

・オルビスの「ボディホワイトニングジェル」。
ボディ用の美白ケアジェル、みずみずしいミルキィジェルが肌にすっとなじんで透明感のある肌へ導きます。
日焼け後の体のほてりを抑えてくれる成分も入っているので、日焼け後の肌をやさしくケアできます。
サラサラパウダー入りで、さらっとした感触、べたつかないので使い心地もいいです。
180ml入りで、価格は1,728円です。
使用者の口コミでは、日焼け部分に塗ったらシミができなくなったとか、日焼け後塗ると日焼け跡が気にならなくなるとか、湿疹の跡が消えたなどのコメントが寄せられています。

美白ボディクリーム その2

引き続きおすすめの美白ボディクリームを紹介します。

・ハウスオブローゼの「プランポートボディホワイトニングエッセンスn」。
メラニンが作られないようにしてシミ、そばかすができないようにするボディ美白美容液。
肌にさらっと馴染んで潤いを与えます。
シトラスフローラルのいい香りがします。
150ml入って、価格は2,700円(税込)です。
使用者の口コミでは、テクスチャーが化粧水と乳液の中間で使いやすいとか、にきび跡が薄くなったとか、香りがさわやかでいい、肌が柔らかくなった、美白になったなどのコメントがありました。

・ドクターシーラボの「フォトホワイトC ボディホワイト&ピールゲルクリーム」。
背中、首筋、デコルテ、ひざ、ひじなどの美白ケアにおすすめのボディクリーム。
水溶性のビタミンC誘導体の働きでブライトニング効果を発揮、透明感のある美白肌に導きます。
天然乳酸も入っていて、硬くなった角質を排出してくれます。
日焼け後の乾燥したボディもやさしくケアします。
毎日ケアすることで少しずつ角質をとって肌に負担をかけずになめらかな美白肌へと導いてくれます。
乳白色のジェルで、のびてつけやすいです。
1ヶ月から1ヶ月半分の130g入って、価格は4,320円(税込)です。
使用者の口コミでは、日焼け後の日焼け跡が薄くなったとか、肌が潤ったとか、ターンオーバーがスムーズになったとか、デコルテがきれいになったなど喜びのコメントがありました。

入浴剤

日焼け後は肌の水分量が足りない状態です。
そのためしっかりと保湿して、肌に水分を補うことが美白の秘訣です。
日焼け後、肌がヒリヒリする場合は、シャワーで水を浴びるかぬるいお湯を浴びる程度で済ませますが、ヒリヒリしない場合は、入浴するのがおすすめです。
入浴のとき、保湿系の入浴剤を入れるとさらに効果的です。
しっかりと水分を与えることで、肌の乾燥を防ぎ、美白肌に近づきます。
入浴後は、そのままにしていると肌が乾燥してしまいます。
ボディクリームを塗るなどして、体全体をしっかりと保湿してください。

入浴剤は薬ではないため、直接的に美白効果が得られるわけではありません。
しかし美白肌になるために大切な「保湿」をすることができます。
保湿成分の入った入浴剤で、肌をたっぷりと潤して温浴効果を得ましょう。

保湿成分の入ったものは、大抵、白濁系のものが多いです。
白濁系を目印として保湿効果のある入浴剤を選ぶといいでしょう。

「アユーラ メディテーションバスα」
女性雑誌の入浴剤部門で1位にランクインされたこともある人気の入浴剤。
ボトルに入っているときは抹茶色ですが、お風呂へ入れたとたん乳白色に変わります。
ラベンダー、ローズウッド、カモミールなどアロマの良い香りでリラックスできます。

「無印食品 薬用入浴剤」
ミルクの香りがする入浴剤。
すべすべな肌になります。
刺激が少ないので敏感肌の人も安心、ココナッツの香りが特徴的です。

「コラージュ D入浴剤」
乾燥肌に悩む人におすすめの入浴剤、赤ちゃんから大人まで幅広い世代に使うことができます。
肌トラブルのある人に皮膚科医がおすすめする入浴剤です。
皮脂に近い成分をかさつく肌にしっかりと与えてすべすべにする乳白色の入浴剤。

サプリ

サプリを摂ることで、日焼け後のケアができます。
おすすめなのは、「プラセンタサプリ」です。
プラセンタには、抗酸化作用があり、日焼け後に活動が活発になるメラニン色素の働きを、活性酸素を取り去ることでメラノサイトへの刺激を防ぎ、働きを止めるのです。
プラセンタは、高い保湿効果があります。
また美白効果のあるビタミンCとも相性がいいこともおすすめの理由です。
ヒアルロン酸、コラーゲンなどを摂ると、プラセンタとの相乗効果で肌のターンオーバーを促進します。
その結果、日焼け後の肌の色素沈着を防いで、美白へと導くことができるのです。

サプリの大きなメリットは、手軽に飲むことができて、効果的にケアできること。
体の内側から直接作用させることができるため、効果を得やすくて手っ取り早いこと。
敏感肌でスキンケアで合うものがなくても、美白サプリでケアできること。
肌に直接つける美白化粧品は、肌に合わない人でも、サプリならば特にトラブル症状もなく使えるという人も多いです。
早くシミなどを消し去りたいとき、美白化粧品とWケアをするなど効果を得やすいこと。
サプリを飲むことで、顔だけではなく、体全体もまとめて美白ケアできることなどが挙げられます。

サプリは、日焼け後の肌ケアにおすすめですが、サプリだけで美白効果が完全に得られるものではありません。
美白化粧品などと併用して利用することで、効果が得られるものです。
評判のいいサプリも、体質によってそれぞれ合う人、合わない人がいます。
合わないものをいつまでも飲むのはやめましょう。
サプリだけに頼るのではなく、スキンケア、食事などの方法を併用してうまく利用していきましょう。

日焼け後の注意点

今までの話をまとめると、美白のために大切なことは日焼け後のケアにかかっているということ。
いち早く日焼け後のほてった肌を冷やし、保湿すること。
水、スポーツドリンクなどで水分を補充し、ビタミンを摂ること。

そして日焼け後してはいけない注意点があります。
・アルコールを過剰摂取すること。
・日焼け後にむけてきた皮を無理矢理はがすこと。
・再び日焼けすること。

海、バーベキュー、キャンプなど日焼けするような屋外レジャーでは、ビールなどアルコールを飲む機会が多いと思います。
水分補給という意味でアルコールを水代わりにして飲む人もいます。
しかし日焼け後は、アルコール類、カフェイン類は控えなければいけません。
利尿作用があるため、日焼け後ただでさえ体内に水分が足りない状態なのに余計に失われてしまいます。
水分補給は、水、スポーツドリンク、多少塩分の入っているものがおすすめです。

皮がめくれてくるのに気がつくとついはがしたくなりますが、無理にはがすと再生のできていない皮膚にダメージを与えることになってしまいます。
自然にはがれるのを待つようにしましょう。

日焼け後の肌は、敏感な状態です。
弱った状態の再び日焼けするとさらにダメージが加わり大変なことになります。
日焼け後は特に紫外線対策をしっかりと行うようにしましょう。
日焼け後の肌に、日焼け止めクリームを塗ることは刺激が強すぎるため、日傘、帽子、アームカバーなどで紫外線対策を行うのがいいと思います。

このようなことを守ることで、美白肌を手に入れることができるでしょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2016 07.03

    夏バテに注意

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ