引っ越しの季節 費用はどのくらい?

この記事は15分で読めます

転宅資金を借りる方法で引っ越す条件

引っ越し費用は「転宅資金」として融資をうけて自分で借入したお金を利用して行うことができます。
自分で借入したお金を使って引っ越しをするからにはお金の「借金」というものがついてまわることになります。
借金をしてまで引っ越すというのはどういうことか、と思うかもしれません。
それでも引越しをすぐにしたい人や急ぎの引っ越しのときには役に立つ制度やサービスだと思います。
引っ越しの理由はいろいろとあって個人によって違いはありますけどたぶん個人の事情がほとんどです。
何かしらの事情があって引越しを余儀なくされているひともいることから考えると急ぎの引っ越しではないかと思われます。
お金がない状態で引っ越すからには誰かにお金を借りないといけないという例がほとんどです。
自分で資金調達が出来ないなら可能な限りどこかを頼りにして資金を調達するしか方法がありません。
お金を借りるからにはそれなりに覚悟がいるのでかなり「引っ越し=その後の生活計画」がしっかりしている必要があります。
絶対に間違わないということはありませんから、引っ越しの後に生活のことをゆっくりと考えて見るといいかもしれません。
その引越しは本当に適切だったのかを最後まできちんと検討していきましょう。
融資を受けるにはそれなりの理由が必要でお金に関しても「収入」があるのが前提です。
つまり、仕事をしていない人はお金を借りれないから転宅資金以前に問題があると思います。
融資を受けるからには何かしらの経済的な収入を得ていることが条件です。

スポンサードリンク

転宅資金を調達する前に自分が働いているかを考える

転宅資金を調達する前に自分が働いているかを考えましょう。
電話相談ダイヤルで転宅資金を調達したい女性の方はどうしますか。
コンビニでアルバイトやパートをして働いていて1ヶ月の収入が4万円だったとしたらどうでしょう。
この前わたしが買い物に行ったコンビニでは若い女性の方が働いていましたが見た目は本当に「安月給」だと思います。
実際に普段の生活は安い給与をもらい続けて就職もしない「フリーター」として位置した「両親から支援を受けないと生活できない」というタイプだと思います。
両親や世話をする誰かに自分を見てもらわないといけない、自分が困ったら誰かに経済的な支援を求めないと生きていけない人だと思います。
そういう方の引っ越し理由は大抵が「ひとり暮らしをして親から離れる」というものですが年間つづけることはできません。
その暮らしを実際に行うと「経済的限界」が訪れるようになります。
経済的限界は「収入が低い」ということと「定職に就いていない」ということです。
すると「500万円以上の物を買えない」とか「300万円以上の生活費が出せない」という事情が出てきて「養育費用がない」とか「土地を買うお金がない」などの問題が襲います。
やがては対人関係にも支障が出るかもしれません。
その内容は「収入が低く定職に就いていない」からだと思います。
さらに30歳前や30歳過ぎで「コンビニバイト」では話になりません。
どうやって就職するのでしょうか?就職活動の経験も無いなら「転宅資金」を調達するのは不可能です。
だって、「返済能力」が無いからです。普通は貸せません。
コンビニバイトやアルバイトの方は素直に就職活動をしてください。
そのために職業訓練とかもありますし、ハローワーク求人を見て企業へ応募したりする「建設的な社会参加」を優先してください。
遊びと自分の自由のために「アルバイトだけでも大丈夫だから」という考え方は危険です。
それで融資を受けると身を滅ぼします。
引っ越し前に注意したい部分ですね。

アルバイト生活での一人暮らしはリスクを高めます

引越しの費用を自分で払えるか、払えないから転宅資金を利用するのかというお話で、例えばを前提に架空のエピソードで下記にご説明します。
アルバイトで給与的な収入が低い生活状態の中で自分が「ひとり暮らし」が出来るかどうかと考えることはありませんか。
安い給与で生活費を出している「頻回シフト」のバイトさんには固定給与や正社員と同じ給与は望めません。
能力や実力的なものでも実際に「訓練を受けてない」とか「学校で学んでいない」とか「就職活動をしてない」というのが現実です。
ハローワークで求人だけをもらって応募する、求人誌で応募するとかの例では「正規雇用を狙わない」というのがほとんどです。
働く理由は「遊ぶお金が欲しい」とか「車を買いたいから」とかです。
遊ぶお金とか「こづかい」が欲しいとかの理由でお金を稼いでいるのが現実でした。
ATMを深夜に使う人とか夜間にお金の送金をしようとコンビニATMへ行く人。
手持ち資金が無いのかもしれない・・・と感じさせます。
手持ち資金がないから借金をするのは危険です。
そこでアルバイトをしないで仕事探しを続行する人はどうなるのでしょうか。
たぶん仕事を見つけたころには求職費用を使い果たしてお金が無くなっていると思います。
生活でお金が必要な状態なのは分かりますが無理な計画や身の丈に合わないような生活を続けてはいけません。
ひとまず仕事探しを優先したり「就職する方向」で考えてから「ひとりぐらし」とか「引っ越し」をする方が安全です。
今回は引っ越し前に「就職活動」を考えることで「経済的に不安定なアルバイト生活」を遠ざけて自律していくことをお話しました。

転宅資金の融資を受けた後に交通の便利を利かす

転宅資金の融資を受けた後に交通の便利を利かして「経費節約」を目指しましょう!。
交通の便利が発達した今の時代は「JR新幹線」とか「JR新快速」を使ってICOCAで移動できるサービスが普及しています。
引越しの後に交通面の経費を考えたら鉄道や市バスを利用する節約のほうが「出費を固定化できる」ので自動車やバイクみたいに乗りすぎたりガソリン代に悩むことはありません。
引越しの資金が30万円だったとして、自動車・バイクのガソリン代と整備費を入れたら7万円が交通費として支出されます。
乗り物を自分が使わないことを前提にしているのなら7万円の一部を定期券とか移動の食事代に割り振ることができます。
簡単な諸経費を格安で出すことができるなら節約はありがたいです。
節約するだけで終わりにはしません。
知識としての「交通費節約」を狙います。
自宅からしばらく行った場所に駅があって鉄道に乗れるなら時刻表で自分が乗車する時間を「2時間以内」で収めます。
2時間以内でいける場所、2時間ジャストで到着する場所を探します。
大阪?姫路だったとしたら2時間以内に行くことは可能です。
その間に乗換えを減らして時間を短縮します。(※生活事情が深い方は別の交通機関を探してください)
乗り換えを減らすことは乗り降り時間を減らすので次の時刻を見る必要はなくて楽だと思います。
乗車するために調べる時刻表の時間は「12時以降」と「午後16時前」が静かに移動できる時間になります。
なんで静かなのかな?とか思うかもしれません。
大体は仕事で勤務中だったりすでに下車している人が多いからですね。
電車の席がすいているから乗りやすくて気分を楽にして移動できるというものです。
節約で移動しているときには携帯電話やスマホを使って「観光スポット」とか「宿泊施設」を検索しています。
それは自分が引っ越した先で何か急用が起きても融通が利く動き方を考えておくためです。
融通の利く行動内容を計画しておきます。

住民異動届の出し方わかりますか

引越しの費用を準備したら次は「転居に必要な書類」を用意します。
住民異動届けを提出する必要があります。
その異動届を市役所へとりに行く人と自宅でパソコンを使ってダウンロードする人がいます。
あなたの場合はどちらでにしますか?自宅でダウンロードして書いて提出するほうが楽ですね。
こうして一般的な書類はネットワーク上でダウンロードできるようになっています。
ここで注意してほしいことがあります。

※注意内容:ある程度の社会生活を経験を前提とする

というものです。
これは社会生活経験で「普通は常識」だと言われることを知っているかです。
転宅資金を調達するのは簡単ですしお金を100万円借りるのも簡単です。
簡単ですが、「社会経験が欠如していては意味がありません」。
言い換えれば世の中のことを知っていなければ生活も成り立たないからです。
簡単なガスコンロの設置まで大家に教えてもらったり、バスの乗り方も交番に訪ねたり、自転車の使い方まで市役所に尋ねるようではダメです。
未成年の学生なら理由はわかりますけどある程度の大人になっているなら生活経験や仕事の労働経験を身に付けておいたほうが良いと思われます。
住民異動届書類の書き方もわからなかったり、どこでもらうかも分からない人がいます。
常識と思われる書類や書式の使い方も頭に入れておかないといけません。
引越し費用だけ捻出しても生活効果はありません。
つまり、「特定・毎月の経済的収入(定職についている)」ことが一般論だと言われています。

まじめな社会参加で生活知識をもって引っ越す

引越し費用を準備したら特定の書類を準備しましょう。
自分の市区町村から移動するときは「住民異動届」を所轄の市役所や区役所でもらうことができます。
その住民異動届はインターネットからダウンロードすることも可能です。
住民異動届に記入できたら引越し先の市区町村の市役所へ提出します。
その際に「転入届」を提出する必要があります。
この書類を準備する程度の知識が無い若者が大変増えていると聞きます。
よく考えるとある程度の書類や記入の知識は知ってて当たり前ですから自分で勉強したり誰かのお手本をみて知る程度のことはしておきましょう。
旧住所と書かれているところに今まで住んでいた住所を記入します。
新住所と書かれているところに次の住所を記入します。
それで転出して転入するという流れをつくります。
書類を書いてからの生活は「荷物をまとめる荷造り」になります。
輸送方法や引越し業者を探すことに時間を使います。
この間は仕事や就労活動がやりにくいかもしれませんが、落ち着いて引越し準備に力を注ぎましょう。
出来るだけ早い短期間での転居がのぞましいです。
早い転居ならば急がずに冷静に書類と引越し資金と引越し業者と物件業者に集中してください。
しかし一般的に考えると「社会参加能力」を持ち合わせることです。
経済能力における「特定・毎月の給与(社員給与)」がもらえないアルバイトやフリーターの方にはお勧めしません。
経済的に仕事をこなしている方に与えられる引越し方法が「転宅資金」だと思います。
まじめに働きましょう。

自分の働いたお金で引越し費用をだしましょう

引越し費用が無くて転宅資金を借りる計画をお持ちの人は必ず働きましょう。
生活保護受給者でも「働ける人は働いていく」というのが常識で当たり前です。
転宅資金を借りるなら金融やとかアコムを
利用するかもしれませんが「アルバイト」や「フリーター」にはお勧めしません。
しっかりと就職活動をして収入を得られるようになってから考えましょう。
計画的な転宅資金の使い方が引越し後の生活生命を左右します。
引っ越した後から転宅資金の返済が始まります。
転宅資金の返済は1ヶ月?6ヶ月だったり1年?3年だったりします。
措置期間として2ヶ月や3ヶ月とか表記されていると思いますが返済できない時には相応の措置が待っていることを覚悟しましょう。
個人情報をごまかしたり、自分の代わりに他人を使って引越しの融通を利かそうとするのはもっと危険です。
発行元は不明ですがフリーターが増えると良くないというレポートには確かにそういった若者の生活状態や風景が現れていました。
普通の社会人として普通の成人として暮らして生きたいと思っているものです。
結婚したり彼女と付き合いたい、友達と仲良くしたい、バイトでお金を稼ぎたいと思っているならば転宅資金を借りずに自分のバイト代でがんばりましょう。
転宅資金を借りて返済できるとしたら「毎月の収入(正社員就職)」を果たしてからにするべきですよね。
今後の生活を考えて安全な生活ラインを目指して借金をせずに働きましょう。
まじめに働けば給与も貯金できるはずですから「必ず働いた貯金を引越し資金」にするぐらいの気持ちが大切です。

正社員雇用や自営業でなければ自立は難しい

フリーターの生活で引越しをするには何に気をつけるべきかを考えましょう。
正社員雇用や自営業的な独立をしていない限りは費用捻出に混乱することは間違いありません。
アルバイト代で引越しが出来るかどうかを考えます。
アルバイト1日8時間勤務(うち休憩1時間)だったとして5日勤務するとします。
持給が800円だとして800×7=5600円の20日勤務で112,000円になります。
この給与で引越しをしたり賃貸での生活を狙うことは不可能です。
給与所得は最低でも1ヶ月(33,5000円?42,0000円)が一般的です。
ハローワーク求人を見に行っても同じような数字を見ると思います。
雇用形態は正社員雇用として「正規雇用」です。
この職業があって初めて一人暮らしや引越しによる「両親からの自立」が認められます。
自立しているかどうかは世間の人たちの目が決めるものですから自分で勝手に自立していると思い込むことは控えましょう。
最近の「アルバイト」の方や「フリーター」の方は手持ち資金や1ヶ月(25万円程度)の給与で自立していると判断しがちです。
そうした感覚から「お金は借り易い」とか「転宅資金をすぐ借りれる」と判断します。

流れ:
アルバイト・パート・両親の支援
       ↓
低所得貯金と低所得預金(手持ち現金)
       ↓
  やがて両親から自立しようとする
       ↓
経済的に問題があって資金を調達できない
       ↓
両親の支援が無いから手持ちのお金で実行
       ↓
    引越しは完了する
       ↓
  5?6年後にはバランスを崩す
       ↓
再度、支援や就職を狙おうとするが出来ない
       ↓
     同じ繰り返し

以上がフリーターや定職に就かない人の生活リズムです。
要約すると「就職」してから自分のお金で引越しをしましょうという意味です。

フリーター向けの引っ越しプラン

引っ越しをする計画があっても自動車を所有している人はどうしますか。
自動車を駐車させるスペースを先に考えると思います。
自動車をおける場所や深夜の外出でも音が響かないかという心配もあると思います。
新しい物件に転居移転する方は自分の自動車・バイクについて予算を組む必要があると思われます。
最近の若いフリーターの人やアルバイトだけで生計を立てている人はたぶん自動車を新しく購入する余裕は無いでしょう。
転居先で新車を購入できないから仕方なく今ある乗物を大事にするしかありません。
これが定職に就いている人とフリーターの引っ越し費用に対する準備の差です。
フリーターの人は費用を組むことが下手くそですが、定職に就いている人は費用に対しての計画や計算が規則正しく実行されます。
この場合は規則的なお金の動きや計算が合うので引っ越しに失敗することもありません。
一度じぶんが収入としてどの程度の金額をもらっているかを再度確認してから転宅資金や引っ越し資金の調達を再度検討して本当に大丈夫なのかを考えなおしましょう。
まじめに社会参加をして働いたお金で引っ越すようにしていきたいですね。
特にJR鉄道を毎日つかって自転車にも乗らずに自動車にも乗らないで生活できる人は、あえて自動車やバイクを購入する必要もなくて駐車料金を考える必要もありません。
ならば、最初から自分に必要ないものは身の回りから処分して身軽にして費用を抑えつつ引っ越すという手段があります。
この部分はフリーターさん向けの引っ越しプランになっていると感じました。

フリーターと正社員では引っ越しのリスクに違いがあります

ひとりでワンルームへ引っ越したり借家に一人暮らしをする時に輸送業者や引っ越し業者を選ぶと思います。
引っ越しまでの準備と資金はどうやってねん出しているのでしょうか。
1つは定職についている人の引っ越し例です。

定職29歳。
職業製造業。
月給30万円(現金給与)。
引っ越し費用:交通費3万円+輸送代10万円=13万円。

フリーター29歳。
職業:コンビニバイト(1日5時間・時給750円)。
1ヶ月20日勤務:75000円(雑給)。
引っ越し費用:交通費5000円+輸送代1万円=15000円。

明らかに引っ越し費用が安すぎて遠いところや自分が希望する住居には住めそうにありません。
ある程度は「就職」していなければ苦労と安い費用と安い家計簿基準が本人を襲います。
恐怖や不安はないと思いますけど1年?2年後には確実に「社会的変調」が現れることは間違いありません。
社会的変調は「人間関係」に予兆として現われる「トラブル」があります。
そこには「深夜集会・深夜遊び・夜遊び」の3つは必須として存在します。
結果として「家庭環境維持困難状態」に襲われます。
最後の処理としては中途半端な経済的設計活動をしてきたのだから「新しい転居」を提案します。
これを繰り返すだけで生活は細く薄くなって消えていきます。
定職についた正規雇用者とフリーター・アルバイトの経済能力の差でこれだけのリスクがあるのです。
もちろん前者の定職=就職する方を選びましょう。
フリーター・アルバイトは危険なので長期を考えたりせずに「転ばぬ先の杖」を立てることが先決です。
それは就職してからの引っ越しという順番です。

転居の失敗はバイト生活のフリーター感覚

生活資金が両親によって支援された場合の引っ越しは失敗しやすいです。
学生でもフリーターでもお金を稼ぐ方法をしっかりと身につけずに両親からの仕送りや最初の資金支援で引越しをした場合です。
ワンルームマンションに一人暮らしをしようとして引っ越し20万円の費用を支援してもらったとしても自分が持てるお金はほとんどありません。
世話をする人がたくさん居ることや生活費や経済的な自立が出来ていない人は注意しましょう。
両親のお金をもらって引っ越しをしたり自動車や原付バイクの購入ができたとしたら大変です。
引っ越しには費用がある程度かかります。
来月1R(ワンルーム)に住みたいと思って契約する準備をしていても引っ越し費用は何とかしてもらおうとするものです。
自分で稼いだお金の中からねん出しないとだめだと一般的には言われています。
自分の仕事の中で得られるお金を利用した形での転居を目指します。
ある程度のお金を用意するまではアルバイトを5か月は続けないといけません。
アルバイトや日常的な日雇いで生活するのはまず不可能です。
そこで登場するのが「世に言う在宅ワーク」になってきます。
結論でいうと失敗する例です。
在宅ワークでひと月18万円を稼いでいたとしても「保証」はありません。
つまり社会参加をしているとみなされず「雑所得」として「こづかい」の対象になります。
学生がワンルーム暮らしで在宅ワークを使って収入を得ようとする例と酷似しています。
これらは「1年もちません」という意見が多いです。
自分が転居することについては深く計画して考えていきたいと思いますよね。

SPI試験対策もしないで一人暮らしでフリーターの例

アルバイターさんの引っ越しの特徴。
よく町に出るとフリーターさんの引っ越しや一人暮らしを耳にすると思います。
引っ越しをしても正社員への道は開かれず就職活動をするわけでもない生活です。
いつの間にかコンビニでアルバイトをしていることもあると思います。
ただ、「SPI試験対策」が出来ていないのは見ればわかると思いますが一生かけても「就職」しないでは話になりません。
どんなに引っ越し費用を捻出しようとしてもお金が足りなかったり追いつくことがない出費が襲います。
本人は普通に日常生活をしていると言っていますがたぶん厳しい状態に追い込まれていきます。
経済的に困窮しない方法として「異性と結婚する」という手段を選ぶ人もいます。
そこに「経済的なトラブル」が発生してきます。
やがては「人間関係トラブル」や「喧嘩口論」としてリアル化して原因の大半が「お金」になっています。
引っ越しをした後からゆっくりとじわじわとフリーター・アルバイト向けに不利な条件は近付いてきます。
最後の手段として「夜逃げ」や「緊急で引っ越す」という例があります。
つまり、「失敗する」という意味です。
しっかりと就職活動をして世の中で認められる人間になってから自律するようにしましょう。
ですが、大抵のアルバイト・フリーターは「夜遊び・パチンコ・徘徊」をするだけで中途折れしてしまいます。
怖い話ですが「無意識」の中でそうなっていく「精神的な症状」が見えてくると要注意です。
気をつけたいと思いますね。

転居してもイメージ通りか分からない

引っ越しをして新しい生活を始めたのにトラブルが起きている例です。
引っ越しする予定があって自分から引越しの予算を組んだのに失敗している場合です。
大抵は計算ミスだったり自分が見つけた物件が予想以上に良くない不良物件だった場合です。
それ以前に収入が少ないことが原因だと思います。
引っ越し費用をねん出するには仕事を続けていくしかありません。
ひとつの仕事を長く続けていくことしか一人暮らしを成り立たせる方法はないのです。
自分が就職するために必要なことをしているかどうかです。
きちんと就職するための道筋をたどっているかどうかにかかっています。
仕事をしてお金を稼いでいなければ引っ越しをしても生活は長くは続きません。
よくあるのが最近の若い人に見られる「引っ越しコンプレックス」がひとつです。
引っ越しによる生活の変化は個人差が大きくて非常に多様化しています。
転居資金が足りない場合は貸付制度を利用して融資を受けて転宅資金として利用することができます。
実際に引っ越しによる転居を考えているひとは一度検討してみてください。
引っ越しをする前に仕事の準備をして転居先の様子を詳しくしらべておくと良いです。
本当に転居してからの生活がうまく機能するかどうかはわかりません。
実際に転居してからの自分の日常風景や生活風景を観察していきましょう。
どのようにして自分の生活がデザインされているかを考えていきます。
もしかしたらイメージと違っているかもしれませんし、絶対にイメージ通りとはいきませんからね。
よく考えて引越しする費用を用意することです。

引っ越し資金を調達するならフリーターを卒業しましょう

引っ越し資金を調達できなかった場合の対処方法をご説明します。
資金調達で転宅資金として借り入れしないといけない金額が10万円だったとします。
引っ越し資金が10万円だとしても地方や地域によっては26万円まで転宅資金を融資してくれるところがあります。
自分が働いていない状況でも融資を受けるということは危険です。
働いていないのに融資を受けたり何かしらの引っ越し費用を用意すると「入居者審査」に落ちる可能性も無いとは言えません。
大抵の物件や賃貸マンション、借家・アパートはある程度の「入居者審査」という「所得・職業・身分」の基準をクリアしていないと入居出来ないことがあります。
特に退室するときの「原状回復」のお金や「敷金」を用意できなかったり、用意したけど「金融業者から借りた」というのでは「信用」が下がる可能性があります。
そういったお金の問題を少しでも解決してくれるのが「転宅資金融資」というものだそうですが「就職」して長い年数は働いた経験のある方のほうが安全に利用できると思います。
近年の若いフリーターや若いアルバイトの人には難しい制度かもしれません。
きちんと定期的な収入が発生するように経済的に働いていることが条件です。
経済的に働いて収入を得ているかという部分が基準になってきます。
就職してお金を稼いでいることが条件です。
やっぱりアルバイト生活での「引っ越し資金融資」よりも、定職について「融資」を受けるほうが引っ越しもうまくいくと思います。

引っ越し費用を捻出するために就職活動をする

引っ越し費用を捻出するために自分から何を準備しますか。
大抵の人は自分から「融資」や漫画の本を売るとか古い家具を売ってリサイクルに出してお金に換えるとかの方向へ進むと思います。
引っ越し資金を調達するための方法と早い解決方法は下記になります。

1.本を売る
2.家具を売る
3.リサイクル品を全部売る(自転車など)

この中でいちばん多いのは「本を売る」のパターンです。
私のお隣りの部屋に住んでいた人は本をたくさん売って引越し資金を調達していました。(当時2003年)。
人によっては「バイクを売る」などの方法で資金を調達することがあります。
調達方法に一番危険な方法があるので気をつけてください。
危険な調達方法は「金融広告」を見て応募することです。
アルバイトやフリーターの方は金融広告を見て応募するのは絶対にやめましょう。
何かあっても取り返しがつきません。
つまり、「無理な引っ越し資金調達」は控えましょうという意味です。
就職して一通りの日常生活が構築されてある程度は収入があって余裕がある生活ができ出してからの引っ越し費用なら意外と簡単に準備できるんだそうです。
就職ナビを見てみたり自分に合った仕事を探してそこで就職して一つの仕事を続けていくことができる世界に自分の身を置いてからの「自立」が当たり前です。
仕事をしてお金を儲けることがいかに大切かを考えて自分の勝手な希望や我ままだけで「引っ越すから金を貸してほしい」など絶対に言わないようなライフワークを考えていくほうが先決です。

個人差はあれども仕事をして働いて引越し資金を稼ぐ

この文章を読んでいる人はあくまで「例え話」を前提に聞いてください。
内容は事実や現実の人物団体名称とは関係ない「例えば」の事例です。
本文に入ります。
明日にも引っ越したい!、今日引っ越したい!の気持ちになっている人がいます。
私も「今日引っ越したい!」とか「腹が立つから引っ越したい!」と思ったことがあります。
隣人です。隣人がうるさくて壁の向こう側から音を出してくるんです(最悪)。
新しいマンションに住んで1年が過ぎた頃に快適な生活は無くなりました。
騒音と2階の騒ぎ声が耳を直撃しました。
それ以来は生活環境に不信感が出たり信用が出来ないなどの不安が続きました。
不動産業者に問い合わせたり自分の希望する物件を訪ねたりすることが続きました。
それでも新しい新居はみつかりません。
しかし私はあきらめずに何とか新物件を探し続けていてようやくみつけました。
新しい物件を見つけてそこへ入居することが決定しましたが実際には家賃や引っ越し費用で問題がありました。
引っ越し費用については準備が全くできていなかったので本当に苦労しました。
引っ越し費用を転宅資金調達で融資してもらえましたが「正社員として5年以上勤めていた」という結果が功を期したのです。
本当に良かったと思います。
やっぱり就職活動をしてきちんと仕事をして働いていることが条件ですから「社会参加して働いて良かった」という感謝の気持ちが生まれてきました。
その結果わたしは仕事も続けられて引っ越し費用を借り入れすることなく支払えて今の家賃12万円のマンションに住んでいます。
本当に社会参加をして働くだけで「引っ越し費用捻出」が簡単にできるようになるから「私は頑張って稼いでいく」と決めています。
(※考え方に個人差は生じると思いますがご考慮ください)

最初に考えるのは家賃ですがそれは妥当な生活ですか?

引っ越し費用は家賃にプラスして初期費用とプラスして合計した数字にしましょう。
最初に考えるのは家賃です。次が初期費用です。
まず初期費用には「管理費」と「光熱費」と「共益費」+「敷金」+「償却」があります。
管理費¥5000+光熱費¥3000+共益費¥4000=12000円。
ここに引っ越し費用の30,000円を足すと42,000円になります。
この合計42000円の金額を出すために何が必要でしょうか。
給与所得です。自分の給料がきちんとした金額でもらえているかです。
1月のアルバイトが80,000円前後では不可能ですが「定職」に就いていれば何とか融通のきく金額だと思えます。
定職に就くように就職活動をしてきちんと働いてお金を稼ぐことが出来ている人は引っ越し費用にこまることはありません。
ある程度の生活経験と日常的な生活能力や健康があってこそ可能なものです。
つまり個人的なわがままで「家が嫌いだから出ていく」とか「自分はもう大人なんだから家を出る!」という若者が多いですが実際には厳し条件だと思います。
たかが42,000円の引っ越し費用でも若年フリーター生活では簡単には出せません。
その金額も超えて一般的な月給制の企業へ入社することが第一です。
第一の優先事項は一つの企業へ就職することなのです。
それから自分の生活をデザインしていきましょう。
近くにお店やスーパーがあっていつでも買い物に行ける条件や都合の良い駅があっていつでも電車に乗れるとかの条件です。
案外これは「働く人のため」を前提にしている物件ばかりで中には「休養中でも便利が良い」というのが売りです。
そうした自分に合った条件で引っ越すのかどうかを改めて考えなおしてみるほうがいいかもしれません。

遊び目的・友好狙い・フリーターでは引っ越しは厳しいです

仕事をしてお金を稼ぐことから考えてみましょう。
今あなたの住んでいるところは「持家」ですか「借家」ですか。
自分が働ける年齢でかつ、自分の経済能力があって仕事ができているという自覚が必要でただコンビニが近いから住みたいとか「友達の家が近いから住みたい」とかの理由や動機では世の中では通じません。
大人の年齢20歳になると「遊び目的・友好狙い・フリーター」は入居者審査に引っ掛かり審査を通過できずに入居させてもらえません。
実際にお金を稼いでいても「アルバイト・深夜風俗」では入居者審査を通過するのは難しいでしょう。
それでも通過できる人は何かしらの資金源があったり世話人がたくさんいるのが原因だと思います。
そうした人たちは必ずと言っていいほど審査を通過します。
こうして普通の人と同じようにして生活するチャンスを手に入れていくのだと思いますが自力で生計を立てられるわけではありません。
自分自身がどうやってお金を稼いでいくのか、どうやって生活を送っていくのかということを最優先にして考えます。
実際にお金を稼げなかったり自分が働いていないとしたら何も意味がありません。
遊び目的や自分が行きたい場所へ行くだけの目的ならば却下されるはずです。
つまり、定職に就くのと仕事をして働いてお金を稼ぐことから引っ越し費用は生まれると言われているのです。
頑張って費用を捻出していきましょうね。
きっといい引っ越しが出来ると思います。
特に荷物を輸送するなら宅配便で輸送するほうがお得です。
宅配便や何かの便利屋リサイクルを利用するのもOKです。

案外自分が思っているより一人暮らしは甘くありません

仕事をする目的で引越したけど効果がなかった人はいませんか。
案外自分が仕事をするために引っ越したり、転勤の都合で済む場所を変えたとかいう人がいます。
それは実際に自分がきめた引っ越しではなくて無理に強制されている引っ越しだと思います。
それでは何も成り立たずに無理やり頭を押さえつけられて引っ越しをしているのと同じです。
まず「アルバイトで生計を立てよう」という考え方にも問題があります。
簡単に言えば「清潔感を維持できない」と思います。
生活にひつようなのはマナーやルールの基本的な作法です。
ある程度の基礎的なマナーがあって人との係わりがあることが前提です。
特に引っ越し費用をねん出するだけではなくて「引っ越し先に人間関係を作れるか」という課題です。
この課題が達成出来てないと本当に苦労します。
たぶん孤立の一途をたどるでしょう。
人間関係があったとしても「近くの友人」とか「近くの遊び仲間」だけでは生活は長続きしません。
一般論を長く言うつもりはありませんが「経済能力・近所づきあい・社会参加」の3つがバランスよく取れた引っ越しを計画するほうが有利になれます。
引っ越し先で不利な状態に追い込まれないようにするために必要な基本だと思います。
これは生活基礎能力を持っているかどうかで決まります。
生活日常の遂行能力という感じで見ることができるので安易な引っ越し費用の調達は控えて自分を磨く方向へ傾けていきましょう。
夜中に遊びに行くという癖が中々抜けない人はなるべく生活リズムを元に戻す方向から若者らしさを出せるようにするのが安全だと思います。

シングルライフではいろいろと問題があるそうです

健康管理がいい加減で下手くそなシングルライフで大丈夫ですか。
賃貸や高級マンションに住んだりしても「シングルライフ」だと健康管理が適当ないい加減で曖昧なものになりがちです。
さらに気分で引っ越したいとかリフォームをしたいとか言いだすので本当に大変です。
私の22年前の知人はよく言っていました。
自分が引っ越したい理由は「遊べる場所があるからだ」というものです。
これでは引っ越し以前に問題が大きすぎます。
自分を考慮してくれる場所があるのはいいことですがそれで定職に就かずに好き放題に遊んでいるようでは話になりません。
実際に引っ越しをして一人暮らしをしたいというならばある程度の「社会的職業能力」や生活経済能力が必要になってくると思います。
学生の土のわがままは許されたり適当な生活はある程度考慮されます。
しかし、万が一20歳を過ぎてもフリーターだったり就職をせずに自分の思った通りに生活しているひとは「淘汰」される可能性があります。
きちんと就職活動して自分が社会の一員に認められてから自律するのはどうでしょうか。
よく考えてから引越し費用や「転宅資金」を利用するべきです。
頭の中で考えずに実際に専門家に作ってもらうようにしてください。
できるだけ素人の失敗は起こさないように考慮していく必要があるのです。
自分から何かしらの日常生活に息詰まるのが怖いならば社会経験を積んでから実際に試してみましょう。
きっと、計算とか職業的な能力を問われる現実が見えてくるはずです。
そうして自分から何かしらの日常生活で必要な部分を補える力や知恵を手に入れ出してから引っ越すようにします。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ