年賀状 メール

この記事は14分で読めます

年始の挨拶のメール

年始の挨拶がいつからメールだけになったのでしょうか。
昔は元旦に配達される年賀状がとても楽しみでした。
しかし、スマホやメールが一般に普及したため、年賀状を書く人が少なくなっているのです。
もちろん、会社関係や昔から年賀状に慣れている人は年始の挨拶はメールではなく年賀状にこだわっていることでしょう。
情報伝達の手段としてのメールは非常に有効ですが、今の気持ちを伝える方法として適しているとは考えられません。
ただ、現代の若者がメールやLINEで連絡を取り合うことがごく普通になっているため、あらためて年始の挨拶をしようとは考えないのでしょう。
年賀状を書かなくなった年代は時代とともにだんだんと増えていきます。
後何十年か経てば、年賀状が死語となることも十分考えられるでしょう。
ただ、年始の挨拶としていつまでも年賀状を出したいと思っている人は少なくありません。
人がメールで年始の挨拶をするとしても、年賀状にこだわってみてはどうでしょうか。
時代に逆らうのです。
これまで年始の挨拶を欠かさなかった人でも儀礼的な年賀状であれば、どうでもいいと考えるかもしれません。
ただ、年の初めはけじめをつけるために、何らかの挨拶は必要です。
今年の抱負を考えることが重要だからです。
毎日を同じように暮らすよりも、年の初めに目標を決めるのです。
何歳になっても、それは重要なことです。
それが年始の挨拶となるのです。
メールで簡単に伝えられることかもしれませんが、あらためて挨拶をすることで気持ちの切り替えができるのです。

スポンサードリンク

年始の挨拶のメールについて

あなたは年始の挨拶をどのようにやっていますか。
最近の若者なら年賀状ではなくメールやLINEを使っていることでしょう。
つまり、昔からの年始の挨拶は形を変えてしまっているのです。
もちろん、仕事関係や昔から年賀状を書き続けている人はメールを使うこともないでしょう。
年賀状とメールのどちらがいいかと言うことではありません。
それは好みの問題だからです。
ただ、最近はビジネスでも年始の挨拶はメールが主流となってきました。
ビジネスメールで年末年始の挨拶をするためのポイントなどを押えた文例集がたくさん出回っているのです。
インターネットで検索してみるとわかります。
相手に失礼のないようにメールの文面を考えることがビジネスメールとして重要なことです。
ただ、いつまでも年始の期間が続くわけではありませんから、ある程度のところで終わりにすべきでしょう。
ビジネスでは直接会って年始の挨拶をすることが一番ですが、現代においてはあまり現実的ではないでしょう。
また、遠く離れた取引先やお客もいるはずです。
そのような相手にはメールでも失礼にはなりません。
メールの文面に注意すればいいだけです。
一般的な手紙と同じようにメールは相手に失礼のないようにしなければなりません。
せっかく挨拶をしたのに、相手に不快感を与えては逆効果になってしまいます。
お客様相手の場合は尊敬語を使いますが、必要以上に念を入れてしまうと不自然な表現になってしまう場合もあります。

年始の挨拶とインターネット

インターネットを利用することが一般的になりましたが、すべてがメールのやり取りで済ませられるわけではありません。
例えば、年末年始の挨拶です。
本来ならば直接相手に会って挨拶をすることが一番です。
それが難しいために年賀状を出すようになりました。
そして、その年賀状による年始の挨拶が面倒になってメールの利用になったのでしょう。
年賀状を書くことが大変だと思うのは相手を重要視していないことにつながります。
メールを出すことは簡単です。
ほとんどの人は毎日の仕事で使っているからです。
もちろん、メールを使用しない人は年始の挨拶にわざわざメールを出すことはないでしょう。
しかし、インターネットを活用することは現代人にとって必需品となりつつありますから、メールでの年始の挨拶も当たり前になっているのです。
ここで重要なのは年賀状を出さずにメールで済ますことが問題ではなく、そのメールの文面です。
年始の挨拶の文面はインターネットで検索すれば、たくさんヒットします。
誰もが同じように考えているのです。
残念ながら、自分で年始の挨拶の文章を作ることができない人ばかりなのでしょう。
それは年賀状を出したことがないことも理由の一つです。
つまり、自分の気持ちを素直に伝える文章を書くことができないのです。
相手に失礼をしてはいけませんし、不快感を与えることは避けなければなりません。
単に「あけましておめでとうございます」だけでは品格を疑われてしまうでしょう。

年始の挨拶のメールと年齢

年齢が若ければスマホを使うことが当たり前の世代です。
つまり、年始の挨拶はメール以外を考えることがないのでしょう。
もちろん、ビジネスメールであれば、その文面には注意を払わなければなりません。
しかし、親しい間柄であれば必要以上に気を遣うことはないのです。
若い世代の男性は自分をアピールするために親しい女性に年始の挨拶メールを送っているのです。
これはインターネットのアンケート結果から明らかになっています。
もちろん、すべての人がアピールのためだけにメールをしているわけではありません。
マナーの一つとして考えている場合もあるでしょう。
年齢が中高年になると、メールよりも年賀状を選ぶのです。
アンケートでメールを使用して年始の挨拶を送るかという問いをすれば、年齢によって大きく違うことがわかります。
子どもの時からインターネットがあった世代とそうではない世代では日常生活習慣が違っているのです。
これは決して悪いことではありません。
ただ、メールで年始の挨拶をするためには、押さえておかなければならないポイントを知っておきましょう
これもインターネットで調べてみると簡単にわかります。
相手に不快感を与えないように注意することは当然ですが、年明けの何日までに年始の挨拶をすればいいかなど常識として知っておかなければならないことがたくさん書かれています。
それさえ知らない人がビジネスマンとして働いているのが現実です。
結果としては、年始の挨拶は儀礼に過ぎないと考えなければなりません。

年始の挨拶の意義

年始の挨拶をメールで済ます人が増えてきました。
どのような文章を書けばいいのか。
どのような絵文字が年始の挨拶として適しているかといったアドバイスをしているサイトもたくさんあります。
もちろん、相手に不快感を与えるような文章は問題外ですが、どのような文面であってもメールで済まそうとしている時点で年始の挨拶の意義が失われるのではないでしょうか。
年始の挨拶の基本は相手に直接会って話をすることです。
しかし、離れているために現実的には会うことが難しいため、年賀状を送るようになったのです。
ただ、年賀状の発送自体が面倒だと考えてしまう人が多くなりました。
現代において、情報の伝達はメールが一番確実です。
年始の挨拶の意義をどう考えるかが重要です。
儀礼に過ぎないのであれば、年始の挨拶をしなくてもいいのかもしれません。
ただ、メールでのやり取りはビジネスにおいて欠かせないものです。
朝の挨拶と同じように、年の初めのメールには年始の挨拶を入れるべきなのです。
あいさつもなしにメールの要件を書く人がいますが、これは年始の挨拶以前の問題でしょう。
情報の共有、お願い事など、メールの目的は様々です。
相手との意思疎通のために使用するメールもあるのです。
自分が送ろうと考えているメールの意味をもう一度よく考えてみてください。
そして、必要な情報だけでいいのかを考えるのです。
年始の挨拶をメールで済ますことが悪いのではなく、儀礼的になってしまうことが悪いのです。

年始の挨拶の年賀状

年賀状は年の初めに届くように送る挨拶状です。
知人、友人、仕事の関係者など、たくさんの年賀状が日本中で送られています。
最近は年賀状ではなくメールを使用するケースが増加しています。
いずれはメールだけになってしまうと考える人もいます。
もちろん、年賀状の方がもらってうれしいと思う人もいるでしょうし、メールの方が見やすいと思う人もいます。
どちらがいいという話ではありません。
あなたは年賀状とメールのどちらを使用しますか。
一般的には若い世代はメールを使用しており、年賀状をほとんど書いたことがないかもしれません。
この傾向は今後強まっていくことでしょう。
生まれた時からスマホを持っている世代が増えていくからです。
もちろん、小学校までは学校などで年賀状を始めとした、お礼状の書き方を学んでいます。
しかし、メールの気安さが上回ってしまうのです。
ビジネスで年始の挨拶をする場合の文例集もたくさんあります。
コピペするだけできちんとした年始の挨拶メールができあがるのです。
最近のメールは高度化しており、年賀状と同じようなイメージを送ることも簡単にできます。
切手を貼る習慣がなくなった世代にとっては、年賀状の意味が理解できないことでしょう。
メールならたくさんの友達に送っても費用はかかりません。
ただ、異性に送る場合はまた違っているかもしれません。
年始の挨拶メールを送るかどうかを真剣に悩んでしまうのです。
自分をアピールするために好きな子に送るケースも多いでしょう。

年始の挨拶の目的

年始の挨拶の目的を考えてみましょう。
毎日顔を合わせている人でも朝の挨拶をすることでしょう。
年始の挨拶もそれと同じです。
特別に気を使う必要はありませんし、書く内容はインターネットに掲載されている文例集を参考にすればいいのです。
また、メールで済ますことが悪いわけでもありません。
ビジネスの形態としてメールでのやり取りはごく一般的になっています。
電話をかけるよりもメールの方が間違いのない情報を伝えることができるのです。
ただ、注意しなければならないことがあります。
それは言葉で話すことと文章に書くことが同じ意味を持つとは限らないことです。
数字などの誰が見ても違わない情報ではなく、相手に対する信頼関係などのメンタルな部分が文章によって欠如することになります。
メールで送られてくる年始の挨拶は単なる儀礼に過ぎないと考えている人が多いでしょう。
しかし、それを書かないことが相手に不快感を与えてしまうのです。
年始の挨拶は人間関係を円滑にするために必要なことです。
朝の挨拶や退社の挨拶が習慣となっている企業がほとんどでしょう。
それは仕事の内容がどれだけ機械化されたとしても変わりません。
家族が朝起きて挨拶をするのと同じレベルで考えればいいのです。
メールの文面に必要以上に尊敬語を使用しなくてもいいでしょう。
面と向かって話をしているイメージを作ればいいだけです。
その年始の挨拶が今年一年のビジネスを確約してくれるわけではありませんが、スムーズになることだけは間違いありません。

年始の挨拶の文例

年始の挨拶メールの書き方を紹介しましょう。
すでに多くの文例集がインターネットに掲載されています。
ビジネスにおいては相手との関係によって文面が変わるのですが、年始の挨拶の部分だけは変わるべきではありません。
メールの本分の前に挨拶文を書くのです。
これは儀礼に過ぎないと考える人もいますが、それを欠かすことで相手に不快感を与えてしまうことにもなりかねません。
そのことを重要視しなければなりません。
年始の挨拶のスタイルはメールの重要な部分です。
文章はコピペで十分ですが、全体としてバランスが取れたメールを送らなければなりません。
仕事柄メールを送ることがほとんどない場合は、年賀状を利用することをおすすめします。
若い世代はメールで何でも済ませようと考えますが、絵文字だけで相手にあなたの気持ちを伝えることはできないのです。
特に特別な気持ちを持っている相手に送る場合は、年始の挨拶の文面も注意しましょう。
自分をアピールし過ぎないこと、意味不明の文章にならないことなどです。
これらの注意事項もインターネットで検索してみればわかるでしょう。
若い男性が年始の挨拶メールを送る時にどのように考えているかを調べたアンケートがあります。
好意を持っている相手には年始の挨拶メールを送るのです。
これは年賀状を送っていた世代でも同じことです。
つまり、年賀状とメールは手段が違うだけで目的は同じなのです。
メールを送る前に一度文章を読み直してみてください。

年始の挨拶のメール内容

自分がメールでどのような内容を送っているかを意識していますか。
相手に不快感や誤解を与えないようにすることが重要です。
特に年始の挨拶メールはビジネスの上で重要な役割を果たしています。
もちろん、仮に不快感を与えてしまったとしても、その後のビジネスに大きな影響を与えることはないでしょう。
人の言葉にカチンと来ても、それを行動に移すほど短気な人はいないからです。
毎日の仕事で人間関係は重要です。
誰かと話したりメールをやり取りしたりすることで人間関係が作られていくと考えなければなりません。
人が生きていく上で良好な人間関係を築くことは非常に重要です。
それがわかっているからこそ、年始の挨拶を送ります。
それがメールであっても問題ありません。
直接会って挨拶をすることは現代のビジネス社会で現実的ではないと言えるでしょう。
ただ、メールの内容は十分注意しなければなりません。
年始の挨拶文例集などを参考にして、自分なりのメールを作ってください。
もちろん、コピペが悪いわけではありません。
どの文例を選ぶかは送る相手によって適切に選べばいいだけだからです。
この考え方は年始の挨拶だけではなく、一日の始まりも同じです。
自分から進んで挨拶をする気持ちが相手に伝わるようにしなければなりません。
年始の挨拶を気軽に考えてはいけませんが、必要以上に重要視すべきでもありません。
言葉足らずの相手に対して強い不快感で返事をしてしまうのです。
結果としてそれは相手に振り回されていることになります。

年始の挨拶のメールのポイント

年末年始の挨拶をメールで送る機会が増えてきました。
少し前まではメールでの年始の挨拶は失礼だと考えられていましたが、メールでも不快に思わない世代が増えてきたことも関係しているでしょう。
ただ、メールを送る上で注意しなければならないことがあります。
そのポイントを説明しましょう。
これからメールを送るつもりなら、参考にしてみてください。
まずは、メールとしての基本を守ることです。
内容が年始の挨拶であったとしても、メールの基本を逸脱してはいけません。
件名には要件を明確書くことです。
宛先や配置にも配慮しなければなりません。
年始の挨拶は個人宛てに送ることがほとんどですから、TOやCCに複数の相手を書くことは失礼になります。
もちろん、BCCは問題外でしょう。
同じ文面を一人ずつに書くことが面倒だと思うなら、専用のソフトも出回っています。
あまり簡単な文章ではウィルスメールと間違われてしまう可能性もあります。
適切な文章を書かなければなりません。
ビジネスと知人へのメールでは書き方が違います。
会社名、部署名と相手の名前を書くことがビジネスメールのポイントでしょう。
これは年始の挨拶でも変わりません。
挨拶文を入れたら、1行開けて本題に入りましょう。
その後はビジネス文章でかまいません。
携帯やスマホでメールをする人の中には機種依存文字を使用する人がいますが、相手には正しく表示される保証がありませんから、避けるべきでしょう。
読む相手の気持ちになって書くことが重要です。

結婚後の年始の挨拶

結婚した若い夫婦は年始の挨拶を送ることでしょう。
もちろん、年賀状として送ることが一般的ですが、結婚式に呼んでいない友人や親しい知人などにはメールで送る方が喜ばれます。
最近はメールではなくLINEを使っている人も多いでしょう。
いずれにしても自分たちが結婚したこと、お祝いをもらって喜んでいることなどを報告しなければなりません。
それを年始の挨拶とともに送るのです。
メールの文章だけではなく、近況を報告するための画像などを張り付けると喜ばれます。
最近はスマホを持たない若者がいないほどですから、気軽にメールしてください。
ただ、夫婦となったことでこれまでの生活が変わっているはずです。
そのことを感謝の気持ちとして表現することを忘れてはいけません。
多くの人の協力によって自分たちが支えられていることを感じているでしょう。
一人暮らしとは違った環境も報告しましょう。
もちろん、単なるのろけ話になってしまうことが少なくありませんから、注意しなければなりません。
両親や親せきにはメールではなく年賀状がおすすめです。
年齢的に年賀状の世代と言うこともありますし、メールは面倒だと感じるからです。
年賀状を写真にすることで、そのまま飾ることもできます。
これから自分たちが二人で助け合っていくことを改めて誓うのです。
両家への年始の挨拶は直接出向くとしても、元日に年賀状が届くようにしなければなりません。
奥さんがしっかりものなら、その辺りの作業は抜かりなくやってくれるでしょう。

友達への年始の挨拶

ビジネスメールと友人へのメールの文章は同じでしょうか。
用件を書く部分は同じかもしれませんが、メールの書き出しや終わりなどは違うはずです。
年始の挨拶メールを送る時も、その違いをしっかりと意識しなければなりません。
つまり、ビジネスでの年始の挨拶は文例集などを参考にして、相手に失礼のないように書くことが重要なのです。
年始の挨拶の文面は特別なものではありません。
例文をコピペでも十分利用できます。
朝の挨拶がおはようございますと決まっているのと同じだからです。
ただ、それを欠かすことで相手に不快感を与えてしまうことは少なくありません。
ところで、ビジネス関係ではなく友人であればどうでしょうか。
お互いに性格を知っていますから、いきなり本題に入るメールでも不快には思わないでしょう。
それが友達だからです。
年始の挨拶メールを年が明けてすぐに送る若者が少なくありません。
瞬間的にデータ通信料が跳ね上がることがわかっています。
友人へのメールの場合は少しだけ気を付けることがあります。
それはあなたが好意を持っている異性に年始の挨拶を送る場合です。
送るだけでもドキドキしているかもしれません。
これまで何度もメールをしている間柄であれば特別に気にする必要はないでしょうが、ほとんど送ったことがなければなおさらでしょう。
メールを送ることで逆効果となる可能性もありますし、自分をアピールするために送りたいとも思います。
そのことで一晩中葛藤していることでしょう。

年始の挨拶のメールのマナー

メールのマナーは皆さん理解しているでしょうか。
小さい時からメールを利用している若者が増えてきましたが、そのマナーを理解せずに送っているケースが少なくありません。
迷惑メールやウィルスメールと間違われてしまうケースもあるのです。
年始の挨拶をメールで済ます人が増えてきていますが、メールのマナーも知らずに年始の挨拶をするのは止めた方がいいでしょう。
メールのマナーを知らないと言うことは社会人として問題ありと見られるのです。
実はメールのマナーそのものは誰が決めたわけでもありません。
自然と作り上げられてきた習慣なのです。
ただ、そのマナーの歴史はごくわずかですから、誤解している人も少なくないのでしょう。
マナーでもないことをマナーだと思っている場合もありますし、その逆もあります。
特に年始の挨拶メールにその傾向が強いようです。
いずれにしても迷惑メールに間違われるようなメールは問題外なのです。
基本的な考えとして、相手に不快感を与えないようにすることが大切です。
残念ながらすべての人に対応できるメールの文章があるわけではありませんから、適切な例文を選ばなければなりません。
そこで間違ってしまう人がいるのです。
送る相手と自分の関係をもう一度整理してみましょう。
それはビジネスマンとして当たり前のことになるのです。
常識と言ってもいいでしょう。
最悪の場合、常識がわからない相手とは仕事をしないという結果になります。
マナーは大切なことです。

年始の挨拶とスマホ

スマホで年始の挨拶をする若者は少なくありません。
メールは即時性があるからでしょう。
また、年賀状を書くのが面倒だと考える人が多くなりました。
仕事関係で年賀状を書くことはあっても、知人や友人はメールで済ませるのです。
それが悪いことではありませんし、仕事でもメールを送る機会が増えています。
特別に年始の挨拶のためのメールではなく、1年の初めての用事があってメールをするのです。
その時に年始の挨拶をするのです。
いつも使っている「お世話になっております」のフレーズを変えるだけですから、難しいことではないでしょう。
ただ、特に昨年お世話になった相手であれば、念入りにお礼を述べておくことが大切です。
つまり、相手によって言い回しを少しずつ変えることがポイントでしょう。
年始の挨拶の文例集はインターネットで検索してみるとたくさん出てきます。
その中から適した文例をピックアップしてください。
あなたとメールを送る相手との間柄を考慮しなければなりません。
お客様、外注先で当然変わります。
ただ、いずれの場合も敬語を使うことは当然です。
下請け業者に横暴な言葉を使う若者がいますが、それは大きな間違いです。
自分が会社の代表ではありません。
会社同士の関係と個人の関係は違うのです。
丁寧にあいさつすることによって人間関係は円滑に進みます。
そのことをよく考えてください。
メールの文面ばかりを気にするのではなく、どのような目的を持って文章を書いているのかを理解することが大切でしょう。

簡単な年始の挨拶メール

年始の挨拶メールは難しく考える必要はありません。
通常のビジネスメールに年始の挨拶を付け加えるだけだからです。
もちろん、挨拶だけのためのメールを送る必要はないでしょう。
仕事での関係の違いによってメールの文面は変わりますが、年始の挨拶部分は同じにすべきでしょう。
下請け企業へのメールだと言って、挨拶をしないのは社会人としてのモラルにかけていると言わざるを得ません。
特に近年はコンプライアンスが重要視されるようになりましたから、会社内で問題となる可能性もあります。
メールを送ることは簡単ですが、簡単だからこそ細心の注意を払わなければなりません。
送ってはいけない情報を多くの取引先に送ってしまったという経験を持つ人は少なくありません。
年始の挨拶も気軽にメールで済ませたいと思うことは悪くありませんが、しっかりと文面を読み直しましょう。
マナーを守っているか、相手先を間違っていないかなど基本を押さえるだけでいいのです。
メールのマナーは特別なことではありません。
受け取る相手のことを考えればいいだけです。
年始の挨拶と言うこともあり、少し浮足立った気持ちでメールを打つと失敗してしまいます。
親しい友人と会社関係の人はまったく別だと意識することが重要です。
これからは年賀状よりもメールが増えていくことは間違いありません。
ビジネスマンとして相手に不快な気持ちを与えないように注意してください。
それが立派なビジネスマンなのです。

おすすめの年始の挨拶

ビジネスマンにとって年末年始の挨拶は欠かせません。
しかし、年賀状を書くのは大変ですからメールで済ませることになるでしょう。
ただ、忙しいからと言って手を抜いたことがすぐにわかるようなメールでは相手もいい気持ちがしません。
時間をかけずにしっかりとした年始の挨拶メールを送る方法を覚えましょう。
それが賢いビジネスマンです。
おすすめのメールは例文集からコピペすることです。
年始の挨拶の文例はどこにでもたくさんあります。
極端な文面でない限りもらった方は素直にうれしく思うことでしょう。
それが毎年同じだとしもて、毎年の行事ですから、それでいいのです。
もちろん、あなたの会社と相手先の会社で特別な取引があった場合は、そのことのお礼を付け加えるなどの適度なアレンジは必要でしょう。
そのメールをできるだけ時間をかけずに作るのです。
文例集では年始の挨拶メールをいろいろな宛先毎に分類されています。
担当から担当へのメール、会社代表からの年始の挨拶メールでは文面は大きく変わってきます。
それらがすべて文例集に納められているのです。
あなたは適切な文章を選んでコピペすればいいだけです。
時間をかけずにしっかりとした年始の挨拶メールができあがるでしょう。
もちろん、相手にもコピペをしたことがわかってしまうかもしれません。
しかし、それはお互いにビジネスマンですから、余計な手間を取りたくない気持ちはわかるはずです。
コピペする技術を持っていることでポイントアップになるかもしれません。

高校生の年始の挨拶

年始の挨拶は小学生の時から書いているでしょうか。
その年代なら年賀状が一般的ですが、高校生ともなるとスマホを使ってメールとなるでしょう。
高校生同士の年始の挨拶は親しい友人に限られていますから、メールでも何の問題もありません。
ただ、異性に出す時はちょっと注意を払った方がいいでしょう。
特に日頃はほとんどメールをしたことがない相手であれば、メールを読んだ相手がどう感じるかを考えておかなければなりません。
年始の挨拶ですから特別な意味はないと言えるかもしれませんが、自分をアピールするために女性にメールをするケースもあるのです。
高校生の時は異性に対して特別な気持ちを持つことが多いのですが、メール一つで状況が大きく変わることはありません。
期待するだけ無駄だと割り切りましょう。
逆に割り切ってしまえば、どんどんメールを送ることもできるでしょう。
日頃は話したくても花正ない相手なら年始の挨拶をきっかけにすればいいのです。
お正月に神社に誘うこともできるでしょう。
いつもと変りないメールの文面かもしれませんが、そこに特別な意味を加えるのです。
若い時は何でも楽しいものです。
年賀状がメールになっただけのことであり、本質は何も変わりません。
自分が高校生だった時を思い出してください。
メールなどなかったでしょうから、どのような年始の挨拶をしましたか。
年賀状を出したでしょうか。
それとも電話でしょうか。
高校生活は楽しい思い出となります。

年始の挨拶と初詣

年始の挨拶メールで初詣の誘いをする男女が少なくありません。
これはメールだからできることです。
年始の挨拶として年賀状を送る場合は、元日のかなり前に文章を書いて投函しているからです。
現代はメールを受け取れない人の方が少なくなりましたから、年始の挨拶メールの利用は特別なことではないでしょう。
ただ、年齢によって年始の挨拶の方法が違います。
それは10年後も変わらないでしょう。
初詣は家族で行く人もいれば、仲の良いカップルで出かける人もいるでしょう。
いずれにしてもメールで連絡を取り合います。
メールが普及したことで私たちの生活は変わったのでしょうか。
答えはいいえです。
何も変わっていません。
年始の挨拶をメールで行っても年賀状で行っても気持ちは変わりません。
昨年の感謝の気持ちと今年一年をよろしくお願いしますと言うことです。
メールを送る相手によって絵文字を使ったり画像を添付したりするでしょう。
ビジネスメールであれば、きちんとした文章が求められます。
初詣に出かけるのは今年の初めを肌で感じるためです。
時計やカレンダーを見れば新しい年になっていることはわかりますが、それでは気持ちが落ち着かないのです。
街中がお正月気分になっていることで初めて自分もお正月を感じることができます。
人の気持ちは不思議なものです。
言葉にできることとできないことがあります。
できたとしてもその文章だけではだめなのです。
年始の挨拶をメールだけで簡単に済まそうと考えるのは無理なのかもしれません。

年始の挨拶を考える

年が変わると挨拶をすることになっています。
それが年始の挨拶です。
もちろん、この習慣は今に始まったわけではなく、私たちが生まれるずっと前から行われてきました。
日本だけではなく世界中で年始の挨拶が行われているのです。
基本的には一日の始まりの挨拶と変わりません。
その日、初めて会った時に「おはようございます」と言います。
年始の挨拶は「おめでとうございます」です。
最近は言葉で話すのではなく年賀状やメールが一般的になりました。
それは相手が遠くにいるためです。
直接会うことは現実的にはかなり難しいことです。
そのため、代わりの手段として年賀状が広まり、現代ではメールが一般的になったのです。
メールでも年賀状でも目的は同じですから、相手に気持ちよく読んでもらうことが重要です。
ただ、ビジネスで送るメールの場合は年始の挨拶だけのメールではなく、仕事の要件も書くことがほとんどです。
そのため、文面には注意が必要になります。
正月早々、相手に不快なメールを送ってしまうと、その後の取引に影響してしまいます。
喜んでもらえるほどではなくてもいいですが、不快な気持ちにさせないような配慮が最低限のマナーでしょう。
メールマナーとよく言われていますが、そのことを理解せずに年始の挨拶メールを送ることは避けた方がいいでしょう。
どのような書き方をすればいいかをインターネットで調べてみてください。
同じように悩んでいる人が多いのでしょうか。
文例集がたくさんヒットします。

年始の挨拶と仕事

仕事でメールを使う人の方が多くなっている現代ですが、メールマナーを理解していない人も少なくありません。
学生時代は友人あてのメールですから、どんな文章でも問題ありませんでした。
しかし、ビジネスではそうは行きません。
取引先やお客様へのメールが原因でクレームに発展する可能性もあるのです。
もちろん、必要以上にへりくだった文章にしなくてもいいでしょう。
ただ、文章で使う適切な言い回しになっているかをチェックしなければなりません。
きれいな文章を書くのではなく、礼儀正しい文章であればいいのです。
インターネットならビジネスで利用できる文例集がたくさん見つかります。
それを積極的に活用してください。
特別な年始の挨拶をするのではなく、ごく一般的なビジネス上の挨拶でいいのです。
また、年始の挨拶メールは1回で終わりですから、その後は通常のメールのやり取りをしてかまいません。
多くの人が難しく考えすぎているのです。
ただ、営業マンとして仕事をしているならお客様の気持ちを最優先に考えなければなりません。
そのためにどのような年始の挨拶メールを送ればいいか考えてください。
文章はコピペで問題ないのですが、それを受け取る相手に適した文章になっているかをチェックするのです。
若い世代と年配の世代ではメールの扱い方が違います。
ただ、相手はそのようなことを考えているわけではありません。
自分がもらって不快に感じるかどうかだけです。
メール自体が実務優先ですから、年始の挨拶は簡単でいいでしょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ