工務店さんの口コミ

この記事は14分で読めます

工務店の役割

工務店は住宅を作ったり、工事を請け負ったりする業種です。
大まかな役割はわかっているかもしれませんが、実際に注文住宅を建てようと考えた時に、改めて工務店の役割を知ることになるでしょう。
具体的には工事の準備、施工だけではなく、家を作るためのすべてのことを行っています。
もちろん、大手メーカーなどとタイアップして、分業している企業も少なくありません。
ただ、あなたの家に対する考え方をしっかりと伝えて、それを実現してもらうのが工務店であると理解しておきましょう。
何も言わずに素敵な家が出来上がると考えるべきではありません。
建築家が設計するとしても、あなたとの細かい打合せが必要です。
費用的な面で妥協しなければならないケースもあるでしょう。
家を建てる時に重要なことは工務店選びだと言う人もいます。
口コミサイトでは工務店を利用した人の感想が書かれています。
自分が住んでいるところにもたくさんの工務店があるはずです。
口コミサイトだけですべてがわかるわけではありませんが、周りの人の考えを知る機会になるでしょう。
具体的にどの工務店がいいかと言う視点ではなく、工務店にはどのような役割を求めるかを知ることが重要です。
工務店と言っても大小の会社があります。
規模によって役割も異なります。
一生に一度の家づくりですから、十分考えておきましょう。
仕上がりが悪くて、トラブルになるケースもあります。
直接工務店が工事を行っていなくても、全体のまとめをしているなら、その責任は重いでしょう。

スポンサードリンク

工務店の比較

家を建てるなら工務店選びが重要だと考えている人が少なくありません。
口コミサイトやランキングサイトで具体的な工務店が比較されています。
しかし、自分が建てようと考えている家から遠い工務店は依頼するべきではありませんから、地元の工務店を比較しなければなりません。
口コミサイトで工務店の評価を見てみましょう。
そもそも工務店のどこを評価すればいいのでしょうか。
具体的な家づくりは依頼者の考えを強く反映していますから、工務店だけのセンスやスキルだけでできているわけではありません。
素晴らしい家を建てたのが工務店だけの要因なのか明確ではありません。
工務店の評価ポイントは住む人が満足できたかどうかと言うことではないでしょうか。
口コミサイトでどの程度満足しているかを確認しましょう。
家を作る技術だけではなく、ビジネスマンとして施工主への接し方も重要です。
工務店には営業マンと工事担当者がいます。
それぞれの考え方が一致していなければ、いい家は作れないでしょう。
最先端の技術を利用した家づくりもいいですが、そればかりを強調してしまうと落ち着かない家になってしまうかもしれません。
まずはあなたの考えをしっかりすることが大切です。
どのような間取りにすべきか考えてください。
土地の広さや予算によって制限されることもたくさんあります。
家族構成も考慮しなければなりませんし、これから生まれてくる子どものことも配慮しましょう。
家づくりは楽しいことですから、工務店選びで悩みたくありませんね。

工務店のメリット

一般的に家を建てる場合、ハウスメーカーと工務店のどちらかを選ぶことになります。
工務店と言っても規模は様々ですから、すべての企業が同じ仕事をしているわけではありません。
守備範囲が違うのです。
ただ、自社でできない部分は提携している業者に依頼しますから、注文する側としては工務店が窓口になると考えていいでしょう。
これに対してハウスメーカーは工場で作った家を現地に搬入する形を取ることが多く仕様的な制限が多くなります。
どちらを選ぶかは立地条件なども加味しなければなりません。
工務店を選んだ時のメリットを考えてみましょう。
まず、コストを抑えることができることです。
規模が小さな会社が多いですから、人件費も安く抑えることができるのです。
ただ、建築技術の面から見ると大手メーカーの方が上である場合が多いため、小さなところにこだわらない寛容な態度が必要になるかもしれません。
デザインについては、あなたの考えを最大限に尊重してくれるでしょう。
もちろん、技術的に作ることができない構造は別の対案を出してくれます。
大手メーカーの設計士は自分が作る家に自信を持っていますから、あなたの考えを否定する傾向にあります。
建築家の個人的な技量の割合も大きいでしょう。
口コミサイトで工務店の評判を見ることができますが、すべてが正しいとは限りません。
口コミは参考程度でしょう。
地元の工務店に依頼することが多いでしょうから、気軽に相談できるところを選びましょう。

工務店の特徴

工務店は地元に根差した形で注文住宅など工事を請け負う業者です。
ただ、たくさんの工務店がありますから、自社の特徴を出したいと考えている経営者も少なくありません。
大手ハウスメーカーと工務店の比較が一般的ですが、それは大まかな目安に過ぎません。
一つ一つの工務店は規模が違っているため、その仕事内容も違うのです。
ただ、家づくりに関した仕事であることは間違いありません。
したがって、お客に満足してもらうためにはどのような家づくりをすればいいかをいつも考えているのです。
コストや品質は重要な点です。
地元企業ですから、手抜き工事などをすることはほとんどありません。
すぐに悪いうわさが広がってしまうからです。
家の間取りや仕様もかなりの自由度があります。
注文主の考えを取り入れてくれるのです。
ハウスメーカーの場合は、作る家の規格が決まっているため、自由度が少なくなっています。
口コミサイトでは工務店の営業マンの対応で決めている人が多いようです。
確かに、最初に相談するのは営業マンです。
営業マンの対応が悪ければ、技術以前の話になってしまうでしょう。
口コミサイトには出来上がった家の満足感も書かれています。
ただ、満足するためには工務店だけに任せていいわけではありません。
間取りを考えたり、予算を抑えるための工夫をしたりすることは工務店ですが、それを決定するのは注文主だからです。
中小企業では建築技術に差があるケースもあります。
テレビで宣伝していることができないと断られるかもしれませんが、ある程度妥協する必要があります。

工務店の種類

家を建てるには業者に依頼しなければなりません。
そのためには工務店選びが重要となります。
工務店と一口に行っても、規模や実績はかなり違います。
大手ハウスメーカー並の部門を持っている大規模な工務店もありますし、いわゆる大工さんと言った感じの工務店もあります。
どのような工務店を選ぶかは、それぞれの特長を考えておくことが大切です。
地域の機構や生活習慣によって住宅の作り方も違います。
都会から田舎に引っ越してくるような場合は別としても、地元で育ち、地元に家を建てるつもりなら、地元の工務店を利用することが無難でしょう。
建築の工法は昔から大工さんがやってきたような方法となります。
つまり、先端技術を利用することはほとんどないと考えていいでしょう。
その分、コストを抑えることができますが、耐久性に欠ける可能性は否定できません。
ただ、間取りや予算に対して柔軟な対応をしてくれる点が一番のメリットでしょう。
工務店の口コミサイトがインターネットにあります。
全国の工務店を見ても意味がありませんから、自分の地域に限定して口コミ情報を確認することが大切です。
もちろん、地方都市の口コミがたくさんあるわけではありませんが、お客の満足度を知れば、おおよその感覚がつかめることでしょう。
最近は完成するまでの保証を工務店ではなく、第三者機関が肩代わりするケースもあります。
つまり、施工中に工務店が倒産してしまうことがあるからです。
施主にとっては安心できる制度となっています。

工務店の選び方

工務店選びについて考えてみましょう。
口コミサイトを見ると、工務店選びに失敗したと考えている人が少なくありません。
実際には口コミサイト以上の失敗があると考えていいでしょう。
工務店と言っても、どのようなところなのかを普通の人が具体的に知っているわけではありません。
自分が家を建てようと思った時に初めて調べるのです。
知り合いの工務店などがあれば、無条件に依頼する人が多いでしょうか、その実態をしっかりと確認しておきましょう。
知り合いでもビジネスですから、割り切りも必要です。
工務店の数はたくさんありますが、大小様々ですから、家づくりを依頼できる工務店は限られてきます。
また、地方ではインターネットなどを利用して、情報提供をしていない会社がほとんどですから、自分から積極的に情報を集めなければなりません。
規模が小さい工務店の場合、工事は別の業者に依頼している場合があります。
完成後のメンテナンスや責任の所在が不明確になりやすいですから、注意が必要です。
基本的に建てる家に近い工務店を選ぶべきです。
問題があれば、すぐに駆けつけてくれるからです。
見積りをたくさん取る人もいますが、金額だけではわからないことが多いため、判断が付かなくなります。
つまり、見積りをたくさん取ることはあまり意味がありません。
専門家でなければ妥当性が判断できないからです。
最終的には営業マンや社長の人間性で判断することになるでしょう。
金額はこちらの予算を提示するのですから、その中でやってもらわなければなりません。

工務店と注文住宅

注文住宅を建てる人は日本では珍しくありません。
そのためにたくさんの工務店が存在しているのです。
全国の工務店を検索できるサイトがありますが、実際に依頼するのは近所の工務店にすべきです。
相談したい時にすぐに来てくれなければ意味がありません。
注文住宅は自分が好きなように考えることができますが、予算や土地の条件などですべてが満足できるわけではありません。
工務店ではなく大手ハウスメーカーの場合は、企業としての規格を優先させるためさらに制限事項が多くなります。
工務店のメリットは自由度が高いと言うことでしょう。
見学会などを開いている工務店もありますが、あまり規模が大きな住宅の場合、自分が建てようと考えている家の参考になりません。
住宅展示場も同じことです。
口コミサイトでは工務店をどのようにして選んだかが書かれています。
自分の場合に当てはめて、参考にするといいでしょう。
もちろん、口コミサイトだけが情報源ではありません。
地元の工務店なら、知人が注文住宅を建てていることが多いからです。
最近注目されている省エネハウスなどは大手ハウスメーカーの技術を利用しています。
そのため地方の工務店に期待することは現実的ではないでしょう。
ただ、大手ハウスメーカーから材料を仕入れるやり方で実現しているところもあります。
まずは、工務店探しから始めましょう。
合わせて、資金のこと、間取りのことなどを検討することも忘れてはいけません。

こだわりの工務店

こだわりを持っている人は少なくありません。
特に注文住宅になると、一生に一度あるかないかの買い物です。
工務店選びもこだわりを持ちましょう。
口コミサイトでこれまでの人がどのようなことにこだわって来たかを知りましょう。
また、自分にもこだわりがあるなら、それを具体的なプランにしましょう。
そうしなければ工務店に理解してもらえません。
もちろん、工務店も注文主のこだわりについて、とことん相談に乗ってくれるでしょう。
家を短期間で作り上げるのもいいのですが、じっくりと考える方がいい家が出来上がると思っている人の方が多いのです。
しかし、実際には住み始めてから気づくことがたくさんあります。
つまり、あまりこだわりばかりを持っていても、無駄となるケースもあるのです。
そうは言っても、こだわりたいのが人情でしょう。
家族の楽しそうな笑顔を期待しましょう。
口コミサイトでどのようなことにこだわって家を建てたのか調べてみましょう。
多くの人が口コミサイトを参考にしています。
参考にしながら、自分の場合を考えるのです。
工務店もこだわりの人がたくさんいます。
時間をかけてじっくりと作り上げましょう。
施主だけで家ができるわけではなく、工務店だけでもできません。
双方の共同作業なのです。
工務店選びのポイントとして、気軽に相談できる雰囲気かどうかも重要でしょう。
素人がプロに相談するのですから、わかりやすく丁寧に説明してもらわなければなりません。

工務店の評判

工務店の評判はどうやって確認すればいいでしょうか。
口コミサイトで全国の工務店がわかりますが、実際に掲載されているのはごく一部です。
口コミサイトの内容だけでは、何も判断できないのです。
もちろん、家を建てた経験からわかることもたくさんありますから、口コミサイトを読むことは役に立つでしょう。
小さな工務店の場合は、地元に密着した業者がほとんどですから、悪い評判が立たないようにしっかりと仕事をしてくれることでしょう。
ただ、残念なことに建築途中で倒産してしまう工務店もあります。
工務店選びの難しさですね。
知人やすでに家を建てている人に聞いてみるのが一番確実です。
自分なりのこだわりを持って、注文住宅を計画したならば、しっかりと工務店に説明しましょう。
工務店のメリットはたいていのことは受け入れてくれることでしょうか。
間取りや予算など柔軟な対応を期待しましょう。
ただ、営業担当者や建築士の中には、あまりお客のことを考えていない人もいます。これは工務店に限ったことではありません。
これから住宅を建てるなら、慌てずにじっくりと検討しましょう。
そうすれば、きっといい家が出来上がるはずです。
工務店に対して注文を付けるのではなく、相談する態度が重要です。
お互いに人間ですから気持ちよく仕事をしたいからです。
家づくりのパートナーとして工務店を利用することを心掛けましょう。
家が出来上がるのが待ち遠しいですね。
評判通りの仕事ぶりに期待しましょう。

工務店と社員

工務店選びのポイントとして、営業担当者や社長の人柄があります。
積極的に営業をする社員もいれば、なかなか話が進まない社員もいるでしょう。
工務店は小さな会社が多いですから、社長自ら営業しているケースもあります。
丁寧に仕事をやって、地元で評判の工務店になりたいと考えているはずです。
手抜き工事などの悪いうわさが立ってしまえば、すぐに経営が行き詰まります。
それだけ、一生懸命に仕事をしてくれるのです。
あなたはどのような営業マンがいいでしょうか。
こちらの意見を聞かず、自分が担当している物件を売ることばかりを考えているなら、そのような工務店は問題外です。
口コミで、よかった工務店を調べてみましょう。
どのような点に評価が高いかがわかります。
口コミサイトで具体的な会社名が出ていたとしても、そこに頼む可能性は低いですから、あくまでも参考情報となります。
大手ハウスメーカーの場合は、全国展開をしていますから、依頼する時の情報となります。
一人一人の社員の態度で工務店を選ぶことも、決して間違ってはいません。
また、家を建てたらそれで終わりということではなく、メンテナンスなども依頼しなければなりません。
価格だけでは決められないのです。
家を建てた後で家族構成が変わってきます。
リフォームを考える時も来るでしょう。
そんな時でも気軽に相談できる工務店を選んでおきましょう。
一営業マンが中堅社員になっていることでしょう。
社長になっているかもしれません。

リフォームと工務店

注文住宅を建てた時は満足できたかもしれませんが、家族構成が変わり生活パターンも変わってくると、リフォームしたくなるでしょう。
当然、家屋も傷み始めているはずです。
リフォームを相談するなら工務店かもしれません。
工務店の口コミサイトなどを参考にするといいでしょう。
もちろん、自分の家から近い工務店を探すべきですから、全国版の口コミサイトが直ぐに役に立つとは考えられません。
まずは、家族でリフォームの内容について検討しましょう。
出せるお金も重要です。
希望ばかりで、お金がなければどうしようもありません。
多くの人にとって家は重要です。
生活の基盤となっています。
工務店を選ぶことでリフォームの内容もある程度決まってくるかもしれません。
ただ、工務店と相談しながら、どのようなリフォームができるか考えましょう。
価格だけで工務店を決めてはいけません。
大手ハウスメーカーと工務店を比較すると、工務店の方が規模が小さい分だけ小回りが利きます。
具体的に家の中をチェックしながらリフォームを検討しましょう。
大手ハウスメーカーの場合、リフォームをパック料金で提供している場合もあります。
確かに価格的なメリットはありますが、適用するための制限もあります。
リフォームの目的を明確にしましょう。
どこをメインとするかをはっきりしなければ、削っても構わない部分がわかりません。
新しい家を建てる場合もありますが、自分たちの将来を考えておきましょう。

工務店の実績

工務店選びはその実績を確認することが一番かもしれません。
もちろん、自分の家の規模と同程度の実績を確認したいものです。
工務店主催の内覧会や大手ハウスメーカーの展示場などもありますが、それらは見本のようなもので、規模が違いますから、あまり参考になりません。
普通の家をどのように作っているかを知らなければならないからです。
口コミで評判の高い工務店はどこがいいのでしょうか。
口コミサイトは全国の工務店を対象としていますから、直接的な参考にはなりません。
しかし、工務店を評価するポイントを知ることができますから、情報源としては有効でしょう。
工務店の実績を知ることで、自分の家も同じよう作ってほしいと思うでしょう。
もちろん、時代が変われば工法も変わります。
最近は、省エネハウスが注目されています。
冷房、暖房費を抑えるために壁の素材などを工夫する家が多くなってきたのです。
小規模の工務店の場合は、そこまでの配慮をすることができない場合が多いのですが、注文主が希望すれば、いろいろと相談に乗ってくれるでしょう。
それでも価格は安く抑えられるはずです。
注文住宅を建てる時には、建築家と工務店がタイアップして進めていかなければなりません。
小さな工務店は同じメンバーとなる場合が多いため、打合せもスムーズでしょう。
多くの展示場を見て回っていると、本当に自分が欲しい家がわからなくなる人もいます。
目移りしてしまうからでしょう。
直接、工務店に実績を確認してみませんか。

工務店と広告

多くの工務店は地域に根差した仕事をやっています。
そのため新聞広告を出すことはほとんどないでしょう。
あなたが注文住宅を検討するなら工務店選びから始めなければなりませんが、情報が少ないかもしれません。
知人や近所の人に工務店のことを聞いてみましょう。
実際に利用したことのある人の感想は有用です。
もちろん、建てたい家のタイプや規模によって、工務店を選ぶ場合もあります。
工務店の規模が小さければ、自分たちの手に余るとして、他の業者に応援を頼むでしょうから、あまり心配する必要はありません。
口コミサイトでは工務店の実績が掲載されています。
しかし、それはごく一部であることを知っておきましょう。
実際にあなたの家の近くの工務店は口コミサイトには掲載されていないはずです。
地元に根差している自負があれば、広告などを出す必要はないと考えているのです。
あなたはどうやって工務店を探すのでしょうか。
最近は工務店からも積極的な営業活動を行う企業が多くなってきたようです。
そのための広告を専門的に手掛ける企業もあるのです。
家づくりは単純に物を作ることとは違います。
それぞれの家族と打合せをしながら進めていかなければならないからです。
どんな家に住みたいのか、10年後はどうなっているのかを考えるのです。
耐久性のある家を作ることは重要ですが、楽しく暮らせる家が基本でしょう。
家族の団らんが幸せなのです。
子どもたちが増えた時のことも配慮しなければなりません。
広告だけですべてがわかるわけではありませんが、情報の一つとなるでしょう。

地方の工務店

工務店と大手ハウスメーカーを対比する人が多いのですが、単純な比較をしても意味がありません。
工務店のメリットは地方で業務をしていますから、問題や相談事があればすぐに駆けつけてくれることでしょう。
実際には自分たちでできないことでも、工務店は相談に乗ってくれます。
そして適切な業者に依頼してくれるでしょう。
近所に住んでいる関係の人も少なくありません。
工務店に頼んで家を作ったら、ずっと面倒を見てもらうつもりで構いません。
大手の場合は営業マンが変わる可能性が高いですから、10年以上経ってしまうと話が通らないこともあります。
もちろん、建築当時の図面などはしっかり保管されていますが、あくまでも図面だけの話です。
地方の工務店は地方にあるからこそ、価値があります。
地域に根差していますから悪いうわさが立たないように手抜き作業をすることもありません。
致命傷になってしまうからです。
大手ハウスメーカー程の技術力がない工務店があることも事実です。
口コミサイトなどを読んでいると、明らかな手抜きをしているケースがあります。
何を考えて仕事をしているのか理解できませんが、口コミサイトは経験者が書かれているのですから間違いはないでしょう。
いずれにしても工務店選びが重要であることは変わりません。
そのためには規模や金額ではなく、社員の人柄などをチェックした方がいいのかもしれません。
こちらからの相談に親身になって付き合ってくれる人なら手抜きなどしないでしょう。

工務店と経験

工務店の社員はいわゆる職人肌の人が多いのではないでしょうか。
昔は大工さんが家を建てることが多かったからです。
もちろん、今も大工さんですが、近代的な工法を利用することが多くなりました。
これまでの経験を有効活用することが工務店の良さとなるはずです。
技術は変わっても、間取りや木材の使い方は昔から変わっていません。
耐震工法を重要視している人の中には大手ハウスメーカーでなければ心配だと思っている人もいるでしょう。
確かに工務店の作業では耐震性をしっかりと計算した上で建てているとは言い難い場合もあります。
しかし、過去の経験からこの程度の強さを持てば大丈夫だと職人の知識があるのです。
それが工務店のメリットにつながります。
口コミサイトを読んでいると、手抜きをしている大工さんがたくさんいるかのような気持ちになりますが、世の中はそれほど悪い人ばかりではないでしょう。
もちろん、口コミサイトにウソが書かれているわけではありませんが、大事なところはしっかり押さえて、どうでもいいところは簡略化しているのではないでしょうか。
これが価格低減につながります。
何十年も経つと家は傷んできます。
大掛かりなリフォームでなくても補修工事が必要となるでしょう。
そんな時も立ててもらった工務店なら気軽に依頼できるはずです。
家を治すためには経験が一番だと言えます。
見ただけでどのような症状かわかるからです。
補強を入れるとか手直しをすることを判断するためには経験に裏打ちされた技術なのです。
最新技術を使ってもやることは変わりません。

工務店と見積り

工務店を選ぶ時に見積りを比較する人がいるかもしれませんが、単純に安い方がいいと判断してはいけません。
それぞれの金額に理由がありますが、一般の人にはその妥当性がわかりません。
つまり、見積りの内容はわからないのです。
自分が準備している予算と住宅の内容だけで判断すればいいでしょう。
口コミで工務店の比較をする時に、見積り金額の差がどこから来るのかわからない人もいるでしょう。
ホームページなどで見積りの見方が書かれています。
ただ、具体的な内容が異なりますから、自分の場合に単純に当てはめられないのです。
それではどうすればいいでしょうか。
見積りを取らないことです。
大手ハウスメーカーと工務店では数百万円の差が一般的です。
使っている材料も違いますし、工法も違います。
技術レベルは大手ハウスメーカーの方が高いかもしれません。
しかし、工務店は地元に密着した企業ですから、気軽に相談できる点が一番のメリットです。
見積り金額も安いはずです。
注文住宅のおおよその価格は見積りでわかりますが、細かい部分は会社が決めることです。
また、見積りに含まれていない部分についてもチェックしておきましょう。
住宅が出来上がってから、追加料金が発生しないようにしなければなりません。
口コミサイトでは施工例の見積り金額が掲載されています。
地域によって価格差はあるでしょうが、目安にするといいでしょう。
まずは資金をどうやって調達するかを考えてください。

工務店の注意

工務店選びで注意したいことを考えてみましょう。
まず、家を建てる場所から近いところの工務店を選ぶことです。
一般的には一つの町に数件の工務店があります。
これは不具合等があった時にすぐに来てくれる点が大きなメリットとなります。
大手ハウスメーカーの場合は、ちょっと距離がありますから、敬遠する人が多いのです。
それから、会社の規模ではなく担当者や社長の態度や考え方も重要です。
直接会って話をする中で、だんだんとわかってくることでしょう。
事務所の雰囲気も重要かもしれません。
いいものを作りたいと考えている工務店は態度や顔つきが違います。
一口に工務店と言っても得意不得意があります。
オールマイティにできる工務店の方が少ないと考えるべきです。
見積りを作成する時も、別の業者に問い合わせたり、検討したりする時間がかかります。
工務店が複数になる場合は、メインとなる工務店に取り仕切ってもらうことが大切です。
そうしなければ責任の所在が不明確になってしまいます。
あなたの希望を最大限に取り入れたとしても、どうしても予算や間取りの関係で実現できないこともあります。
そんな時には別の提案をしてくれる工務店が評価は高くなります。
口コミサイトでも自分がわからなかったことを指摘してくれるところもあるようです。
要するに人間性の問題なのでしょう。
口コミサイトでは価格だけで判断してしまい結果的に後悔してしまった例もあります。
人生で一番大きな買い物の家をしっかりと作り上げましょう。

工務店のトラブル

注文住宅を工務店に依頼する時にトラブルとならないようにするための注意事項を紹介しましょう。
まずは見積りを明細までもらうことです。
明細とは材料の数量や単価、作業毎の金額が書かれた見積りのことです。
前退行合計金額だけが書かれていると、その具体的な内容がわかりません。
後で追加料金が発生したと請求されても、最初の全体の見積りに入っていたかどうか判断しようがないのです。
見積りをきちんと作ることができない工務店は仕事も大雑把になる可能性が高いでしょう。
会社全体の雰囲気が影響しているのです。
インターネットで口コミサイトを見てみましょう。
工務店とのトラブルになった例がたくさんあります。
大幅な値引きをしてくる工務店もいます。
そこまで値引きができるなら見積りは何だったのかと考えてしまうほどです。
どうしても仕事が取りたいと赤字覚悟で値引きをしている可能性もありますが、それは途中で倒産するような危険性があることになります。
家を建てる時にはいろいろな制限事項があります。
それは法令ですから順守することが当然です。
それを無視して施工を始める工務店がいるのです。
消費者にはメリットでも工務店側にはメリットがない法令を無視する傾向にあります。
結果的に消費者が被害を受けるのです。
このような行為を当然のごとく行っている工務店は決して利用してはいけません。
契約をする前に見抜く知恵が必要です。
地元の口コミ情報を集めることも重要ですね。

工務店と保証

住宅は何十年も住み続けるのですから、いずれはいろいろなところが傷んできます。
そのため工事を依頼した工務店がどのレベルまで保証しているかをチェックしておくことが大切です。
もちろん、地元の工務店の場合は、何十年もの保証を確約してくれるはずはありません。
その点で言えば、大手ハウスメーカーはしっかりした保証を確約してくれます。
20年や30年保証が一般的になりつつあるのです。
一条工務店の場合は30年の長期保証です。
長期保証をするためには定期的なメンテナンスが欠かせません。
自分でチェックしてみて、痛みが出ているところがあればすぐに直してもらいましょう。
放置しておくと、だんだんと傷みが広がるからです。
最近は耐久性と耐震性能が重要視されるようになってきました。
メンテナンスの情報は確実に次の担当者に引き継がれなければなりません。
大手ハウスメーカーの場合は担当者が変わることが多いですが、工務店の場合はずっと同じ人となるでしょう。
職場を辞めない限り、担当者は変わらないのです。
この他に第三者機関が建築物の保証をしてくれるケースがあります。
このような保証制度を利用することも考えましょう。
工務店は小規模ですから、工事が終わらないうちに経営難になるケースも少なくありません。
利用できる保証を調べてみるといいでしょう。
口コミサイトではどのような工務店が危ないか書かれています。
知人や近所からの口コミ情報も有効ですね。
安心して家が出来上がるのを待ちたいものです。

工務店とスキル

地域での口コミだけで工務店の営業が済んでいた時代は終わりました。
これからは積極的な営業を進めていかなければならないのです。
もちろん、口コミは重要です。
自分たちが家づくりに携わったところの人から高い評価を得られれば、それは大きな宣伝効果となります。
ただ、集客のためのスキルを持たなければならない時代となったのです。
もちろん、工務店ですから家づくりの技術も磨かなければなりません。
営業担当者や社長が自ら集客のために足を運ぶことを考えましょう。
マーケティングスキルをアップさせるためのセミナーなども開かれています。
生き残りをかけた対応になるのです。
人を集めるだけなら内覧会を開けばいいと思うかもしれませんが、それでは住宅施工の契約まではつながりません。
お客がいなければ、工務店の経営はすぐに行き詰まってしまうのです。
職人の腕を振るうためのチャンスを作ることが重要なのです。
工務店がいい家を作るのは当然のことですから、それを主張しても意味がありません。
インパクトに欠けるのです。
ただ、工務店の多くは地元に根差した企業ですから、改まって営業をすることも難しいかもしれません。
お願いするだけで契約が取れるわけではありませんから、自分たちの良さをアピールする方法を学ばなければなりません。
お客に対して情報を発信するのです。
口コミサイトなどでは地方の工務店の情報はほとんどありません。
これからはインターネットを利用して自社の良さを知ってもらう活動を行いましょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 06.01

    湿気対策

  2. 2017 08.02

    浴衣の選び方

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ