家族で楽しむクリスマス

この記事は14分で読めます

家族で迎えるクリスマス

12月と言えば、「クリスマス」ですね。
私たちが住む日本では、クリスマスというと恋人や友人と過ごすという方も多くいらっしゃると思いますが、欧米など外国では「クリスマスは家族と過ごすもの」と耳にしたことがあります。
今回は、その「家族で過ごすクリスマス」をテーマにクリスマスに関するいろいろな話題をご提供させていただきたいと思います。
クリスマスを家族で過ごすにはやっぱり、「ホームパーティー」が楽しみになってくるかと思います。
外国のクリスマスのホームパーティーと言えば、「タンドリーチキン」ですね。
実は私の家でも毎年クリスマスには、ケンタッキー・フライドチキンの「クリスマス・チキン」を食べます。
我が家では、クリスマスというとケンタッキーチキンとシチューというのがお決まりです。
皆さんの中でもきっとクリスマスは「特別なもの」をご馳走になるお家も少なくないと思いますが、どのご家庭にもその御家庭にしかない「ならでは」の楽しみ方があるのではないかと思いました。
家族で迎えるクリスマスのホームパーティーにもう一つ重要なご馳走があります。
それはなんと言っても「クリスマスケーキ」です。
「メリークリスマス!」と言ってクリスマスケーキを食べる時間は子どもから大人まで楽しめる特別な時間となるに間違いないでしょう。
今回は「オーソドックスなクリスマスの家族での楽しみ方」についてお話しさせていただきましたが、「うちはホームパーティーをやらない。」というご家庭の方もぜひ今年はこちらをご参考に「ホームパーティー」してもらえたら嬉しいです。

スポンサードリンク

家族で歌うクリスマスソング

今回は「家族で歌うクリスマスソング」についてお話しさせていただきたいと思います。
クリスマスというと「あわてんぼうのサンタクロース」や「赤鼻のトナカイ」などが有名ですが、最近では海外のシンガーソングライターさんが歌う「クリスマスソング」も毎年街で流れているのでクリスマスシーズン中に街を歩くと私は歌を聴いてなんだか踊りたくなります。
それくらい海外のクリスマスソングは「ノリノリ」で「楽しい」ものばかりです。
さて、そんな中でオススメしたいクリスマスソングは、マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」です。
この歌はもしかすると知っている方が多いのではないかと思いますが、実は私は中学校の英語の時間に聴かせてもらい始めて耳にした歌です。
明るく歌い上げる素晴らしい歌唱力に圧倒されて、それ以来は私もマライア・キャリーのファンになりました。
他にも、ワムの「ラストクリスマス」や、ジョン・レノンの「ハッピークリスマス」も中学校の英語の授業で聴いてから私も大好きで、おすすめです。
ラストクリスマスとハッピークリスマスは、悲しげな曲調なので「楽しいクリスマス!」という感じではないですが、「穏やかなクリスマス」という曲に感じられ、心地の良いリズムです。
ハッピークリスマスは確か、「戦争」が関係した歌なのですがなぜか口ずさんでしまうようなメロディーの良い歌です。
最後は個人的に好きな歌なのですが、マイケル・ジャクソンの「ママがサンタにキスをした」という歌です。
これは本当に可愛い歌で、もしも皆さんのご家庭に「英会話」を習っているお子さんがいたら、一緒に覚えて歌ってみると楽しいかもしれません。

クリスマス・オーナメント

ここでは、「クリスマス・オーナメント」についてご紹介させていただくのですが、今年のクリスマスはこれを見てぜひ、ご家族みんなで「オーナメント」を作ってもらいたいと思います。
私がご紹介するオーナメントは、「松ぼっくりのミニ・クリスマスツリー」です。
これの材料はまず松ぼっくりを一つと、テープ、コーヒーフレッシュの空になったカップ一つと、お好きな色のスプレーと、ボンド、茶色の折りがみ又は画用紙、ビーズや綿など飾り付けるものです。
ちなみにコーヒーフレッシュのフタは全部完全に取った状態にしていてください。
次に作り方ですが、まずコーヒーフレッシュのくぼみに松ぼっくりのボコボコしていない方を下にくっつけます。
くっつけ方はコーヒーフレッシュのフチにボンドを先に付け、そこに置くように松ぼっくりを接着します。
そしてその状態で「1時間」ほどずらさないよう放置し、完全にボンドが乾くまで待ちます。
そうしたら「きちんと接着してあるかどうか。」を確認し、松ぼっくりの上の部分のみに「カラースプレー」をなるべくまんべんなくかけていきます。
ちなみにカラースプレーの色は「シルバーやホワイトや緑」がお勧めです。
カラースプレーも同様、「乾くまで」放置します。
スプレーが乾いたら下のコーヒーフレッシュのカップに合わせて画用紙を切り、ぐるっと一周ボンドで貼りつけます。
底も気になる方は底も合わせて切り、貼っても大丈夫です。
最後にボンドでビーズなどをツリー部分の好きなところに貼って乾かしたら「完成」です。

クリスマス・ケーキ

ここでは、「クリスマスケーキ」について、お話しさせていただきたいと思います。
多くの方がクリスマスに食べる「クリスマスケーキ」ですが、クリスマスケーキは「買ってくる」という方が大半だと思うので、「家族で楽しく作れるクリスマスケーキ」の作り方をご紹介したいと思います。
まず、生地は簡単にご説明させていただくと、「ホットケーキミックス・砂糖(できればキビ砂糖)・たまご・牛乳・お好みでバナナ・お好みでチョコレート(チョコレート風味になります)」という材料で簡単に作ることができます。
それぞれの量は、型の大きさなどにもよるのですが、混ぜて焼く前の状態が「ホットケーキを焼く前のとろみ」くらいがちょうど良いです。
ちなみに、型に対して入れてよい生地の量は型の深さの半分くらいか又は半分以下までです。
それ以上入れてしまうと、焼いたときにはみ出してしまうので、膨らんだ時のことも考えて作ることにします。
焼く機械は「オーブンで予熱を数分してから」焼いてください。
焼き上がりは時々竹串を刺して生地がつかなかったらオーケーです。
そうしましたら一度冷まします。
完全に冷めるまでの時間はケーキに塗る「生クリーム」を作っていきます。
生クリームは氷水でしっかり冷やして、泡だて器で小刻みに左右に動かすと最短で5分かからないくらいでできます。コツは高速で振動させることです。
混ぜてる途中は「バニラエッセンス少々と砂糖」を加え味見をします。
生クリームが出来上がって、ケーキも冷めたら、お好きなデコレーションをして完成です。

クリスマス・お寿司

ここでは「クリスマスに家族で楽しくいただくお寿司」についてご提案させていただきたいと思います。
クリスマスと言ったらやはり「洋食!」という家庭も多くあると思いますが、今回は「クリスマスでも食べれるお寿司」をおすすめいたします。
ちなみに私も実際にクリスマスに家族で「お寿司パーティー」をしたことがあるのですが、意外とクリスマスにお寿司でも「楽しい!」と思いました。
お寿司の種類は、手巻き寿司でも良いですし、ちらし寿司でも良いですし、普通のスーパーのお総菜コーナーにあるようなものでもなんでも良いのですが、とにかく見た目から「可愛く・クリスマスらしく」飾り付けできるようにすることが基本となります。
例えば、ちらし寿司ならば平たい器にちらし寿司ごはんをのせ、その上に桜でんぶを「ピンクのツリー」のイメージでのせたら、ツリーの上に星型で抜き取った「スライスチーズ」をのせ、飾りにイクラなどをかけると「クリスマス感」が出て良いと思います。
普通のお寿司などの場合はいつものように大皿にたくさんのお寿司を色とりどりにのせ、ところどころのお寿司に「カラフルな旗」をつけても可愛いです。
また、その場合はサラダなどを「ツリー」などのように飾り付けてクリスマス感をアップさせるとより楽しめます。
そのようにして「クリスマスお寿司」を皆さんのご自宅でも親しまれると更にクリスマスが楽しくなりそうです。
また、自宅のお寿司パーティーではなくとも、外食で「お寿司パーティー」するのもたまには良いかもしれません。

クリスマス家族旅行

今回はクリスマスに家族と行く「クリスマス家族旅行」について私の希望も合わせつつお話しさせていただきたいと思います。
私自身、家族でクリスマス旅行はまだ一度しかしたことがないのですが、「クリスマスシーズンに家族とどこかに行きたいな。」という気持ちは今もあります。
例えば、小さい時に私も行ったことのある「クリスマスディズニー」も良いです。
クリスマスディズニーとは、「クリスマスにディズニー・ランド(又はディズニー・シー)」に行くことです。
クリスマスシーズンに行けば、クリスマス限定のイベントを体験することができたり、クリスマス限定のグッズを買うことができるのでおすすめです。
他には、ディズニーランドなどと同じようなテーマパークで、「USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)」というものも大人気です。
実は私は修学旅行で一度行ったきりでそれ以来行ったことがないので、今特に行きたい場所でもあります。
最近は、子供から大人までに大人気の「ミニオン」や「ハリー・ポッター」のアトラクションなども増えたようで、行ったら必ず誰でも楽しめる場所です。
ここまでにお話しさせていただいた、ディズニーランド(又はディズニー・シー)やUSJなどの「ファンタジーあふれる場所」も捨てがたいですが、クリスマスだからこその「温泉宿」なども良いです。
クリスマスシーズンは何と言っても冬の季節ですから、寒いところからあたたかくして「ゆったり」家族で過ごすことができるので、温泉につかった後は宿の美味しいごはんをみんなで食べるのも素敵です。

クリスマスの劇団鑑賞

「クリスマスの劇団鑑賞」ということで、私自身も今一番見に行きたいと思っている「ミュージカル」を、ぜひ御家族で楽しんでいただこうと、ご提案させていただきます。
やはり劇団と言ったら有名なのが、ミュージカルの「劇団四季」です。
「劇団四季」はチケットがなかなか取れないほど日々多くの人が鑑賞している大人気な方々です。
「クリスマスに家族で楽しめそう」な作品は、やはり「アラジン」や「リトル・マーメイド」です。
テレビでも何度も特集されていて、劇団四季の方々の日々猛特訓の練習風景まで紹介されていました。
私がテレビで見た範囲で紹介させていただくと、リトル・マーメイドは本当に細かいところまでこだわっていて、子どもさんでも「興味がどんどん湧く」ような部分が満載にあります。
例えば、リトルマーメイドに出てくる人魚たちの髪型は、大きな細長いしずくのような形に髪の毛が逆立っています。それは、「海の中の髪の毛」をイメージしているようで、海の中に潜った際に髪の毛も流れる様子を再現しているそうです。
他にも、海の中にいるシーンではみんな常に「波に揺られているような動き」をしていて、本当に細かいところまで再現されているんだな、と感動してしまいます。
他には何と言っても、リトル・マーメイド役の方をはじめ、みんな発声練習をしているだけあって「素晴らしい歌唱力」なところです。
海の中のお話で「夏」をイメージさせますが、本当に良い作品なので、私ならクリスマスでも家族と一緒に見たいと思いました。

家族で楽しむクリスマス・ゲーム

こんにちは。ここでは、「家族で楽しむクリスマス・ゲーム」についてお話しさせていただきたいと思います。
最近では家族みんなで楽しめるゲームが少なくなってきたように思えます。
電子ゲーム機の復旧で「1人で遊ぶゲーム」が主流になってきた今、家族みんなでゲームするチャンスがあるのは、みんながお楽しみの「クリスマス」です。
家族で行うゲームというと、毎年クリスマスシーズンに家に送られてくるおもちゃ屋さんのチラシに「人生ゲーム」などがのっています。
人生ゲームは「懐かしい」と感じる方もいらっしゃるかと思いますが、何度も「再ブーム」を巻き起こしている大人気ゲームです。
私はよく友達と「お金の管理をする役」を巡って取り合いになったのをよく覚えています。
おもちゃのお金ですから気軽に、「はい、いくらね。」などお金の勘定をして人に渡すことが子どもにとって楽しかったんだと思います。
内容も最近では色々と増えてきて、中にはあの有名な「ドラえもんの人生ゲーム」という商品もあります。
人生ゲームのほかには「ツイスターゲーム」というものも昔から今まで人気の商品です。
今は一般的には使っている人をほとんど見ないですが、「昔買った。」という理由でよく今でも家に残っている方の話を耳にします。
最近では芸能人がツイスターゲームをやっていて懐かしい印象を受けました。
ちなみにツイスターゲームは手作りすることもできるので、家族みんなで手作りしてクリスマスに楽しむのも良いと思いました。

クリスマスプレゼント

今回は家族みんなでクリスマスに交換し合う「プレゼント」についてオススメなどをお話しさせていただきたいと思います。
クリスマスプレゼントというと、子どもは「サンタさん」からもらうイメージが強いですが、外国映画ではよく、サンタさんからのプレゼント以外に家族同士でもクリスマスプレゼントを交換するシーンが出てきます。
実は私の家でも私が小さい時からそうで、主に母親から家族にクリスマスプレゼントを渡していました。
子どもの私たちだけではなく、もちろん父親にも渡していました。
やはり誰がもらっても「プレゼント」というものは嬉しいものなので、夫婦の間で交換しても良いですし、家族みんなで交換し合うのも楽しそうです。
家族それぞれの「好きなもの」を詳しく知っているのも、「家族ならでは」ですので、それぞれの家族の好きなものを作ったり・買ったりしてプレゼントするのも素敵です。
例えばゴルフ好きなパパにプレゼントする場合は、ママからなら「ゴルフセット型の手作りお菓子」などでも素敵ですし、子どもからなら「ゴルフをしているパパの似顔絵」でも良いと思います。
家族からママには、「いつも洗濯や掃除をしてくれてありがとう。」のお手紙や、家事のお手伝いをするのも良いと思います。
続いてお子さんへのクリスマスプレゼントですが、サンタさんへは「欲しいもの」を頼むと思うので、楽しく勉強できる「都道府県パズル」や、「英語の歌のDVD」などでも良いと思います。
クリスマスならではの楽しい気分の時にこそ「子どものやる気」などを掘り起こすには効果的といえます。

クリスマス絵本

こんにちは。
今回は「クリスマスに読みたい絵本」についてお話しさせていただきたいと思います。
皆さんが小さい頃にお母さんやお父さんに読んでもらった絵本は、「クリスマス」にも最適です。
そこで私がまず一つ目におすすめしたいのは、「うさこのサンタクロース」というタイトルの絵本です。
内容は、主人公のうさこというウサギの女の子がサンタさんにほしいプレゼントを頼むところから始まるストーリーです。
ストーリーのラストまで素敵に描かれた作品なので、お子さんがいる家庭はぜひお子さんに読み聞かせしてあげてください。
とっても喜ばれると思います。
二つ目にご紹介したい絵本は「アンパンマンのクリスマス」絵本です。
題名は定かではありませんが、クリスマスに関係したお話で、昔私の家にもあったお気に入りの絵本です。
アンパンマンはクリスマスでなくても「赤い服」を着ているので、年中サンタさんのような優しい存在に見えますが、やはりクリスマスに読んでも子どもも大人も心が安らぎます。
他には「ラビング・ハグ」という絵本がおすすめです。
この絵本は直接「クリスマス」と関係が深くあるわけではないのですが、私が以前に保育系の短期大学に通っている際に、ある幼稚園の先生がみんなの前で読んでくださり、すごく感動を覚えました。
私はその時から「絶対あの絵本見つけたら買おう!」と思っていたのですが、なかなか本屋に行く機会がないので次こそは購入したいと考えており、かなりおすすめです。

家族でクリスマス・コスプレ

こんにちは。
ここでは、「クリスマス」に家族みんなで挑戦したいクリスマス・コスプレについてお話しさせていただきたいと思います。
クリスマスといえば、やっぱり一番人気は「サンタさん」や「トナカイ」のコスプレが大人気だと思いますが、最近ではいろいろなシリーズのコスプレが発売されておます。
例えば、「怪盗グルーの月泥棒」でもおなじみの「ミニオン」のコスプレや、映画が出たことで話題になった、ディズニーの「マレフィセント」に登場する主人公マレフィセントの服装であったり、本当にたくさんの種類が売られるようになりました。
また、服装のレパートリーのほかに、「ピチッ」と着こなすタイプのものと、「ゆったり」着るタイプのものがございます。
よく学生の文化祭で着られているような「ピカチュー」などのものが「ゆったり」な服装にあたり、「タイツ系」の生地の服装が「ピチッ」としたものにあたります。
また他にも面白いコスプレも売られており、「ツリー」そのものの服装で、ツリーの真ん中上あたりに顔の大きさの穴が開いており、そこから顔を出すタイプなどさまざまです。
家族でクリスマス・コスプレに挑戦する場合は、「テーマ」を決めるとより楽しくなると思うのでぜひ挑戦してみてください。
例えば、みんなが大好きな映画の「チャーリーとチョコレート工場」に登場する人物に家族の一人一人を割り振り、みんなで映画の人物になりきるのも良いです。
そういったコスプレを楽しんで家族の仲をより深めてみてはいかがでしょうか。

クリスマスの飲み物

こんにちは。
みなさんは毎年クリスマスには何を飲みますか?
多くのご家庭では「シャンメリー」を飲むことが多いと思いますが、クリスマスにはほかにどんな飲み物が最適なのか、ここでは考えさせていただきたいと思います。
実は私も昔からクリスマスは「シャンメリー」を飲んでいました。
ですが、家族の中に一人クリスマス当日生まれがいるため、12月24日のイブは「クリスマス会」、12月25日のクリスマスは「2度目のクリスマス会」と「家族の誕生日祝い」でした。
そんな我が家だったので、毎年どちらの日に「シャンメリー」を飲むかをあらかじめ多数決で決めて、片方の日は「コーラ」などを飲んでいました。
とはいえ我が家では平日もクリスマスも関係なく「あったかいお茶」がシャンメリーと同時に出るので、クリスマスもかなり日本的でした。
しかし私が耳にしたことのある情報によると、「カナダ」では、クリスマスに牛乳の中に生卵を入れて砂糖を入れたものを飲む、というのを聞いたことがあります。
はじめて聞いたときはびっくりしましたが、世界は広いですから「いろんな国のクリスマス文化」があるのかもしれません。
ちなみに映画ハリー・ポッターでは、劇中に「バタービール」という飲み物を飲みます。
それも日本にはないので驚きです。
実際にあるかは分かりませんが、USJには販売されているようなので、家族でクリスマスにも飲んでみたら新発見があるかもしれません。みなさんもいろんな新発見をして楽しんでみてください。

クリスマスディナー

今回は家族で嬉しい「クリスマスディナー」についてご紹介させていただきたいと思います。
以前クリスマスお寿司についてお話しさせていただきましたが、「ディナー」というとなんだか和食より「洋食」のイメージが強いようです。
私自身は行ったことがないのですが、毎年クリスマスシーズンになると家に届くチラシや、街のあちこちに貼ってあるポスターに、「クリスマスディナー」などが特集されているのは見かけます。
クリスマスディナーにもさまざまな種類があるようで、何かのクラシック音楽を聴きながらの「クリスマスディナーショー」などで、クラシック音楽でなくても音楽を聴きながら優雅にお食事できる場所が多いみたいです。
ちなみに私の住む場所の近所には、「メヒコ」というクリスマスは関係ないですが「フラミンゴ」を鑑賞しながら、ゆっくりお食事ができるという施設があります。
そういった場所がみんなでご利用できるのも、「クリスマス」のように家族みんなが集まる「特別な時間」ならではです。
ちなみに私は、クリスマスにあの有名な芸能人「ベッキー」の「クリスマスライブ」に行ったことがあります。
それはディナーではないですが、そういった時間を過ごしたことがそれまであまりなかった私なので、本当に「行って良かった。」の一言でした。
「クリスマス」の夜に、しかも大好きな芸能人と「メリークリスマス!」と言い合えるなんて、とても貴重な時間で、みなさんにもぜひそういったところにご家族で足を運んでほしいと思います。

クリスマスイルミネーション

今回は、見たい「クリスマスイルミネーション」についてお話しさせていただきます。
どこの都道府県でも毎年各地で開催されているクリスマスイルミネーションですが、花火大会並みに冬は大人気なので混むのが嫌で「あまりイルミネーションは見に行かない。」という方も少なくはないのではないかと思います。
私も実は人の多いところが得意でないため、人が混まないところしか行きません。
私が住む地域は特に田舎の方なので、競馬場のクリスマスイルミネーションや、運動場近くにあるイルミネーションを見るだけで精一杯です。
しかし、そういった大きな施設ではなくても、「大きな病院」や「大型スーパー」などでイルミネーションをしていることも見かけるので、すごく街の人に優しい取り組みだな、と私は嬉しいです。
もう少し都会に行けば東京や仙台や大阪など、さまざまな観光スポットでイルミネーションが施されているそうなので、いつかは私も行ってみたいと思っています。
一度だけ、仙台のイルミネーションを友達大勢で行ったことがありますが、仙台は行ったところの場所も良かったのか、真っ直ぐの通路いっぱいにイルミネーションが敷き詰められているようで、どこを見渡してもきれいでした。
御家族でイルミネーションを見に行く場合には、特に小さいお子さんがいらっしゃるお家の場合は、地元のちょっとしたイルミネーションでも人ごみを気にせずゆっくりと見られて、ちょうど良いかと思いました。

クリスマスリース

こんにちは。
ここでは、手作りもできる「クリスマスリース」についてお話しさせていただきたいと思います。
皆さんは「クリスマスリース」を手作りしたことはありますでしょうか?
私は小さい時に一度作った思い出があるのみで、作り方など忘れてしまっています。
そこでそこで今回色々なリースの作り方を研究してみたところ、思っていた以上にいろんな素材で作られた「クリスマスリース」の数々を発見いたしました。
一番私がびっくりしたのは、「紙で作るリース」で、材料はお好きな色の紙とのりやホチキスのみだそうです。
あまり「手作り」するのが得意ではないけれど、手作りしてみたいといった方や、お子さんをお持ちの保護者の方にお勧めです。
二番目にびっくりしたのがなんと、りぼんなどの「ヒモ」類で作った「クリスマスリース」です。
「あんなに細いヒモでリースができるの?」と思ってしまいましたが、立派で誰が見ても「クリスマスリース」とわかる素敵な作品の数々があります。
このほかにも「おりがみ」で作るクリスマスリースもあり、リースの種類だけでもかなり充実しています。
皆さんもぜひ、お子さんと一緒に作ったり、おばあちゃんやおじいちゃんも一緒に家族みんなで作ったりして、家のあちこちに飾って楽しいクリスマスを過ごしてみてください。
家族みんなで手作りするクリスマスは本当に良い物だと思います。
家族仲良く、いっそう仲を深めるためにもクリスマス音楽を流しながら作ってみても楽しいです。

食べ物クリスマスリース

こんにちは。
ここでは、「食べ物で作れるクリスマスリース」についてお話しさせていただきたいと思います。
前回のお話しさせていただいた場で、私も一度リースを作ったことがあるとお話しさせていただきましたが、今回は私が一度作ったクリスマスリースでもある、「マカロニパスタで作るクリスマスリース」からご紹介させていただきます。
マカロニパスタといっても、ゆでる手前のものを使って作成していきます。
まず、段ボールを好きな大きさになるように円に切り、真ん中も切り抜いて残った段ボール部分にパスタを敷き詰めて貼りつけていきます。
貼りつけるものは、のりよりボンドが良いと思います。
ボンドが乾いたらリースの下に新聞を敷き、シルバー色のスプレーで色をつけていきます。
そのあとは好きな色のリボンを付けたり、ご自由に作成して結構だそうです。
それだけで簡単に楽しくクリスマスリースを作ることができます。
今ご紹介させていただいた「マカロニで作るクリスマスリース」は作成したら食べることはできませんが、これからご紹介させていただくものは食べることができます。
お子さんがいる方や、お子さんたちを交えたクリスマスパーティーをするお母さま方などにお勧めなのが、「お菓子でつくるクリスマスリース」です。
お菓子で作るといっても、お菓子を最初から手作りするのではなく、お店で市販されている「小さなお菓子」を輪っか上の段ボール等にくっつけていきます。
簡単に出来ますし、お子様も大喜びで一石二鳥です。

パーティーグッズ

今回は、家族で楽しむクリスマスを盛り上げる「パーティーグッズ」についてお話しさせていただきます。
やっぱりパーティーの盛り上げグッズというとはじめに思いつくのが、「クラッカー」です。
クラッカーは私も実際家族に試したことがありまして、引っ張るときになる「パンッ!」という音は意外と大きいので私もびっくりしてしまいましたが、家族はとても大喜びでした。
相手が喜んでいる姿を見るのが嬉しくてやりたくなってしまうのも、「パーティー盛り上げグッズ」の特徴ですが、喜んでくれればくれるほど、自分も満足感が味わえます。
最近は、100円ショップや雑貨屋さんでもクラッカーの種類がたくさんあり、「ゴミの出ないクラッカー」というものも売っています。
これは本当に便利です。
今まではクラッカーを使いたくても、「ゴミが出るのが大変。」という悩みで使わない方も多くいらっしゃったと思いますが、それらの商品のおかげで安心して楽しむことができるのでおすすめです。
他には、同じく100円ショップや雑貨屋さんなどに売っている「ウサギの耳」や「パーティー帽子」です。
帽子ならおばあちゃんやおじいちゃんと一緒の「クリスマスパーティー」などでも、みんなで被って一気に「パーティー感」をかもし出すことができます。
クリスマスはみんなの「笑顔」も重要なので、先にお話ししたような「ウサギの耳」や「猫の耳」などを付けても面白いです。ちなみにもちろん、「トナカイの角付きカチューシャ」なども売っているお店があるので、そちらもおすすめです。

ハッピークリスマス

今回は、「ハッピークリスマス」ということで、家族でクリスマスをよりハッピーに「楽しく」過ごす方法をお話しさせていただきたいと思います。
クリスマスとは、日本でいう「お正月」と同じくらい老若男女問わず世間に定着しているイベントですが、もう当たり前になっているせいか、私たちも「当たり前」にクリスマスを過ごしてしまいます。
しかし、あえて定着したクリスマスを例えば夫婦二人で調べてみたり、「クリスマスの絵本」を探してきたりして、「子どもたちに本来のクリスマスの意味」を伝えるのも一つの、クリスマスの家族での楽しみ方なのではないかと思いました。
お子さんがいらっしゃらない家族の場合でも、家族とのさりげない会話の中に、「クリスマスってこういう意味で誕生したんだって!」などと話してみることで、もしかしたらいつも以上に家族との距離がぐっと縮まり穏やかな時間を過ごせるかもしれません。
重要なことは、絶対的に「クリスマスの元になったお話を知ろう。」という訳ではなく、本当に重要だと私が思うことは、「クリスマスだからこそ家族に感謝を伝える時間であったり、何も言わずともいつもより長い時間みんながそばにいれる温かかな時間」であることだと思いました。
しかしそれぞれの家庭で、それぞれの色があると思うので、自分の家族をいつも以上に愛しく思い、「自分の家族の色」を大事にできる時間をそれぞれの皆さんが過ごせると良いのかな、と思います。

クリスマスに家族で見たいDVD

突然ですが、皆さんは今年のクリスマスに家族で見たい「クリスマス映画」はお決まりでしょうか?
今回は「まだ決まっていない!」もしくは、「そもそも家族でクリスマス映画を見ない。」という方に向けて「クリスマスに家族で見たいDVD」についてお話しさせていただきたいと思います。
まず最初にご紹介させていただくのは、「ホーム・アローン」という海外映画です。
私がクリスマスに特にオススメなのは「ホームアローン1」と「ホームアローン2」と「ホームアローン3」です。
「ホームアローン3」は登場人物も異なるのですが、3作とも全てクリスマスシーズンのお話なのでピッタリです。
どんな話かというのを簡単にご説明させていただくと、「子どもが一人で悪人とたたかう」といった内容が共通点なのですが、それぞれに違った「ユニークさ」があってとても面白いです。
他には、くまのプーさんの「みんなのクリスマス」という作品です。
これは主に小さい子向けなのですが、私は幼稚園くらいから小学校くらいまで長い間何度も観るくらい好きでした。
内容はとっても分かりやすく、最後は少し感動するような「良い話」といった感じなので、大人でも楽しめるような作品で、まさに家族向けです。
最後に紹介させていただくのは「ハリー・ポッターシリーズ」です。
ハリーポッターはどのシリーズもオススメなのですが、特に最初の「賢者の石」や「秘密の部屋」や「炎のゴブレット」あたりだと子どもから大人まで楽しめる「面白いシーン」なども多いのでおすすめです。

クリスマス・カード

ここでは、「クリスマスカード」についてお話しさせていただきます。
私は小学校や中学校などで「クリスマスカード」を作って友達と交換したりした記憶がありますが、もしかしたら皆さんも友人などとカードを送りあったりした経験があるかもしれません。
今回はその頃を思い出して、今度は「家族で」クリスマスカードの手作りを楽しんでいただけたらと思います。
いまや手作りをしなくても、雑貨屋さんや100円ショップ、どこにでも売り出されるようになった「クリスマスカード」ですが、実は「手作り」するのも結構楽しいものです。
誰でも手の込んだものはさすがに難しいと感じてしまって作る気がなくなってしまうと思いますが、少し「工夫」をするだけで可愛いクリスマスカードになる方法をお教えしたいと思います。
まずは色の異なる2色の画用紙を用意します。
それを閉じたり・開いたりするカードにしていくのですが、折りたたんだ時のことを考えて好きなカードの大きさに、まずは「外側にしたい色の画用紙」を1枚選んで切っていきます。
そうしたら残りの1枚を内側にするのですが、同じ大きさにしてしまうとあまり変化がなくなってしまうので、内側の画用紙は外側の画用紙よりそれぞれの幅が1センチくらいずつ小さく作ります。
そうしたらその2枚をボンドやのりや両面テープで貼りあわせて完成です。
もう一つ技を加えるならば、内側にする画用紙の折り目の部分に2か所切り目を入れて、そこ以外の箇所を先ほどと変わりなく貼りつければ、簡単にちょっとした「飛び出し」カードになります。
そこに開いたときに見えるようにキャラクターを描いた紙などを切って貼ればとてもおしゃれで喜ばれます。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ