家の外壁塗装 費用はいくらくらい?

この記事は14分で読めます

外壁塗装とは

外壁塗装は住宅の保全のために必要な処置です。
定期的に行うことが一番いいのですが、そのための費用をしっかりと考えておかなければなりません。
外壁塗装は専門業者に依頼することになりますが、まずは見積もりを取ることから始めましょう。
業者によって費用も異なりますが、外壁塗装の種類も価格に大きく関係するのです。
長持ちする塗装の場合はその分価格が高くなります。
外壁塗装にはどのような種類があるでしょうか。
詳しいことは業者に説明してもらえばいいですが、事前にある程度のことを知っておくことをおすすめします。
もちろん、家の大きさによって塗る面積が変わりますから、単価を考えなければなりません。
注意したいのは足場を組む作業や汚れ防止の幕張などは家のサイズにほとんど関係しないことです。
つまり、ベースの価格があり、それに面積が加わって工事価格となるのです。
塗料の種類はアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などがあります。
上げた順番で耐久年数が短く、単価も安く設定されています。
ただ、アクリルやウレタン塗装は耐用年数が10年未満であるため、最近はほとんど利用されていません。
最低でもシリコン塗装を考えてください。
シリコン塗装の場合、15年程度で塗り替えることになりますが、価格は3,000円程度です。
一番ポピュラーな塗装と考えていいでしょう。
フッ素塗装になると20年もちますが、単価は5,000円程度となります。
その家にいつまで住むかと言う計画を立てるといいでしょう。

スポンサードリンク

外壁塗装の費用

一戸建ての持ち家なら、外壁塗装を定期的に行うことを考えなければなりません。
ただ、その費用は決して安くありませんから、長期的な積み立てなどで資金を確保しておくことをおすすめします。
単純に外壁塗装と言っても、いろいろな種類がありますし、相場が設定されています。
インターネットで地域毎の適正価格を調べてみましょう。
まずは複数の業者から塗装費用の見積もりを取ることです。
近所に知り合いの業者がいれば相談してみましょう。
細かい見積りは最終的に必要ですが、一般的な相場としては100万円前後と考えておきましょう。
価格が高くて、外壁塗装を先延ばしにする人もいますが、それだけ家の傷みは激しくなります。
その家があなたの所有であり、あなたの年齢を考えた時に、後何年家を持たせなければならないかを考えましょう。
家の計画は人生設計そのものです。
これから家を購入するつもりの人も、その家の外壁塗装をチェックしてください。
15年程度で100万円を貯めておけばいいのです。
難しいことではないでしょう。
自分の代だけではなく子どもに家を譲るつもりなら、そのことも考えておきましょう。
子どもが働きだしたころに、いきなり100万円を出せと言って無理です。
外壁塗装は業者や地域によって大きく異なります。
未だ、外壁塗装はしないとしても、早目に価格を調べておかなければなりません。
事前の準備をしておけば、余裕を持って検討することができるでしょう。
あなたの家の周りを時々チェックしてください。
壁に手を付いて、手が汚れるようであれば、外壁塗装の塗り直しが必要です。

外壁塗装の役割

外壁塗装は何のためにするのでしょうか。
見た目をよくすることもありますが、長年風雨にさらされている壁を保護するための塗装です。
耐候性のよい塗料を使えば、それだけ長持ちすることになりますが、費用は掛かります。
選ぶ塗料によっては断熱効果を高めたり、汚れが付きにくくしたりすることも期待できるでしょう。
単純に費用だけを比較するのではなく、それぞれが持つ特徴を理解して、どの役割を重視するかを考えてください。
耐久性が高い外壁塗装であれば、次回の塗装までの年数を延ばすことができます。
トータルで考えれば、安くなる場合も少なくありません。
フッ素系塗料は直射日光にも強く、耐久性が高い素材となっています。
屋根に使用されることが多いでしょう。
現在の市場ではシリコン系塗料が一番ポピュラーと言えます。
耐用年数は15年程度と考えられていますから、塗り替えの計画を立てるといいでしょう。
また、塗り替えの時には色を変えることで家全体のイメージを大きく変えることができます。
形は変わらなくても、雰囲気が変わるのです。
防水性や耐湿性、断熱効果なども重要なポイントです。
インターネットで調べてみると、それぞれの塗料の特徴が書かれています。
比較してみるとわかりやすいでしょう。
その上で、それぞれの役割と費用を考えてください。
もちろん、予算もありますから、上ばかり見ることは現実的ではありません。
自分たちが後何年、その家に住み続けるのかも考慮しなければなりません。

外壁塗装の種類

外壁塗装は定期的に行わなければなりません。
家の外壁は常に風雨にさらされて、直射日光も当たっています。
年月とともに傷んでくることは避けられないのです。
一般的には10年から20年毎に外壁塗装を行わなければなりません。
したがって、外壁塗装の費用を捻出することも初めから考えておかなければならないのです。
家が傷み始めると塗装業者が自宅を訪問するようになります。
もう塗り替え時期だからです。
そこで費用を見積もってもらうことになるでしょう。
それだけの貯金があればいいのですが、なければローンを組むことになります。
あなたの年齢によって現実的な選択かどうかは変わってきますが、ずっと住み続けるつもりなら外壁塗装は避けて通れないのです。
放置していると壁が壊れてきます。
高齢者で子どもたちも住む予定がないことが確実でない限り、外壁塗装をすべきでしょう。
外壁塗装の種類により費用は大きく変わります。
アクリルやウレタン塗装は以前まで使用されていましたが、耐用年数が10年未満であるため、現実的な選択肢とはなりません。
シリコン塗装は15年程度の耐用年数があります。
価格は3,000円程度を見ておきましょう。
もちろん、家の大きさによって費用は変わります。
塗料の価格と足場などを組むための作業費用も含まれて単価を設定しています。
もっと高い塗料はフッ素です。
フッ素なら20年以上持ちます。
その間、特別なことをする必要はありません。
家の保全をどう考えていくかは、持ち主の役割です。

外壁塗装の注意

自分の家の外壁を見てみましょう。
かなり汚れていませんか。
または、下地が出てきて、明らかに補修をしなければならないのではないでしょう。
そこで外壁塗装を検討することになります。
外壁塗装をする場合に注意しなければならないことがいくつかあります。
まずは費用です。
外壁塗装は家の大きさによって費用が変わります。
ただ、小さな家でも足場を組んで飛散防止の幕を張る作業があります。
つまり、ベースの費用と大きさに比例した費用がかかります。
また塗料の耐用年数に応じて適切に塗り替えをしなければなりません。
長期間の日光などで表面が傷んでくるのです。
塗装が傷むことは、家自体の傷みを和らげていると考えなければなりません。
つまり、外壁塗装をしないとだんだんと壁が崩れていくことになるのです。
それだけ重要な外壁塗装です。
費用が高いからと言って、やらずに済ますことはできません。
どのような塗装の種類があるのかを調べてください。
インターネットを見ればすぐにわかります。
そして、それをどこの業者に依頼するかを考えましょう。
家を建てる時にお世話になった建設会社があれば、そこに相談するのが一番確実です。
また、一度塗装をしたら、その次も依頼してくれると業者は期待しますから、そこまで見越して価格交渉をしましょう。
もちろん、それは10年以上先のことになります。
もし、あなたが高齢者であり、10年先のことはわからないと言うことであれば、家を譲る子どもに相談しておきましょう。

外壁塗装の流れ

外壁塗装をする時の手順について説明します。
費用をいくら見込むかによって手順は変わってきますが、大まかな流れは変わりません。
業者を選定し外壁塗装の契約を結んだら、塗装業者は準備に入ります。
足場などの準備と塗料の購入が必要ですから、すぐに取り掛かれるとは限りません。
まずは挨拶からです。
これは近所の家に対して、迷惑をかけることになりますから、事前に挨拶をしておくことが重要なのです。
あなたがするのではなく、業者が行ってくれますから費用はかかりません。
それから、足場を組みます。
家の形や屋根の傾斜角度などに応じて、適切な足場を組むことが義務付けられています。
事故防止と効率アップのために必要な作業です。
その後、壁の洗浄です。
長年、雨風にさらされた壁はかなり汚れています。
高圧洗浄が一般的です。
網戸やアルミサッシも洗浄してくれます。
最後に汚れが取れているかを目視でチェックします。
その後は塗装に入っていきますが、新築の場合と塗り直しでは手順が違います。
塗り直しはこれまで塗られていた塗装をはがす作業が必要になります。
きれいに剥がしておかないと、せっかく塗った塗料の効果が半減してしまうのです。
これらの作業は人手による作業ですから、業者がどれだけ丁寧にやってくれるかが重要なポイントになります。
つまり、外壁塗装は業者選びを考えることにつながるのです。
ただ、これまで依頼したことがない業者の場合は、自分で評価することはできないでしょう。
インターネットの情報をチェックしてください。

外壁塗装の比較

外壁塗装をするならまずはインターネットで塗装業者の比較を見てみましょう。
もちろん、自分の家の外壁塗装ですから、自宅から近い業者を選んだ方がいいでしょう。
また、単純に費用を比較するのではなく、その業者がどの程度信頼できるかも確認しなければなりません。
費用の中には業者の利益も入っていますが、極端に安い場合は手抜きを前提としている可能性も否定できないのです。
塗装をすると外見ではきれいに見えても、その下にどのような処置をしたのかわかりません。
一度塗装をしたら10年以上は何もしないのですから、その間はしっかりと家を保護してくれなければ意味がありません。
塗装をした後の表面だけを見ても、判断できないのです。
そのために業者選びが重要となるのです。
比較サイトを見ると、それぞれの業者の実績が評価されています。
重要なことは素人が塗装業者を選ぶことは非常に難しいと言うことです。
つまり、塗装業者の比較をしてくれるサイトを探すことが重要なのです。
もちろん、そのサイトが信用できるかどうかも考えなければなりません。
相見積もりを取ることによって塗装費用は確実に下がります。
どの業者を選ぶかは判断してくれるサイトもいくつもあります。
自宅に飛び込みの営業マンが来て、塗装費用を安くするからぜひ塗らせてほしいと言う話を聞くことがあるでしょう。
値下げをすると言っても元の価格を高く設定しているだけです。
ごまかそうとする業者が多いことは事実なのです。

人気の外壁塗装

外壁塗装はいくつかの種類があります。
それぞれ特徴がありますし、費用にも差がありますから、どれを選ぶかは所有者であるあなたが決めなければなりません。
シリコン系塗料、フッ素系塗料がポピュラーな外壁塗装です。
費用はフッ素系塗料が高くなりますが、その分だけ耐用年数は長くなります。
費用を比べる時はトータルで考えましょう。
次回の塗り替えの時期までの費用です。
塗り直す時に色を変える場合も少なくありません。
家が新しくなった気がするのです。
壁の種類によって、塗装の種類も変わります。
人気の高い塗料としてはシリコン系塗料でしょうか。
一番実績としては多くなります。
10年以上持ちますから、10年毎に塗り替えれば全く問題ありません。
自分が生きているうちに何回塗り替えるか考えてみましょう。
周りの家の様子を見てみましょう。
自分の家の壁の傷み具合はどうでしょうか。
色落ちしているようなら、すぐにでも塗り替えた方がいいでしょう。
前回の外壁塗装はいつでしたか。
覚えていないくらい前なら、早目に塗り直すことが重要です。
塗料の材質によって費用は違ってきますが、色は関係ありません。
ただ、珍しい色にすると塗料を取り寄せる時間がかかるかもしれません。
いずれにしても、塗装業者を決めたら、工事の日程などをしっかりと打ち合わせしましょう。
塗装業者によって、仕上がりが違うのであれば、何らかの手抜きをしている可能性があります。
注意深くチェックしてください。

外壁塗装業者

外壁塗装業者の選び方は難しいと言われていますが、その理由は手抜き工事をしても専門家でなければわからないからです。
つまり、塗料を薄めて塗っても、丁寧に塗っても違いがわかりません。
10年後の傷み具合で差が出てくるのです。
また、費用についても同じことです。
代理店やハウスメーカーが紹介する外壁塗装業者は中間マージンが上乗せされており、必然的に費用は高くなります。
その業者と専門の業者を比較すれば、費用を抑えることができるのです。
まずは、インターネットで情報を収集しましょう。
どのような業者があるのかを知ることが大切です。
自宅の近隣の業者であれば、手抜きをしないと考えていいでしょう。
噂がすぐに広まってしまうからです。
知り合いがいれば、その人を通じて仕事を依頼することもできますが、一般の人ではわからないことばかりでしょう。
外壁塗装の費用の相場も重要です。
複数の業者に見積もりを依頼して、それを比較するのです。
外壁塗装は10年単位で考えなければなりません。
10年経っていないのに塗装をしないとだめだとか、20年もつ塗装をしますと言った、明らかに嘘とわかる話を平気でする業者も現実にはいるのです。
外壁塗装は全くせずに済むことはありません。
定期的に補修しなければ家は確実に傷むからです。
ずっと住み続けるつもりなら、外壁塗装は確実にしておきましょう。
そのために業者選びが重要になります。
比較サイトを参考にして、まずは見積もりを取ることです。

外壁塗装のランキング

インターネットのランキングサイトで外壁塗装業者のランキングをチェックしてみましょう。
外壁塗装業者ですから自宅から遠く離れた業者は現実的な選択肢となりません。
そのため業者が営業している場所も重要なチェックポイントとなります。
また、費用だけでランキングを付けるのではなく、口コミサイトなどで外壁塗装をしてもらった人の感想を聞くことが重要です。
注意しなければならないのは、一般の人には塗装の良し悪しを確認することができないことです。
つまり、自宅の外壁塗装をした人の感想は業者の対応状況や費用などの客観的に見える部分だけなのです。
外壁塗装は1回だけ塗るのではなく、数回の重ね塗りが基本です。
何回塗っているかは後から確認することができません。
そのことが業者の手抜きにつながっています。
もちろん、信頼できる業者なら心配する必要はありません。
外壁塗装は業者選びで決まると考えてください。
ランキングではどのような内容がチェックされているでしょうか。
あなたが疑問に思うことがあれば、それがわかるまで調べてください。
業者の比較を専門的に行っているサイトもあります。
そのサイトの情報を元にして、業者を選びましょう。
現代はインターネットが普及していますから、多くの情報を簡単に入手できるようになりました。
ただ、それらがすべて正しいとは限りません。
情報を鵜呑みにするのではなく、自分で考えることが必要です。
その一つとして費用があるのです。

外壁塗装の方法

外壁塗装の具体的な手順を考えてみましょう。
その中に塗装業者が手抜きできる部分があれば、それをチェックすることが重要となります。
外壁塗装をする場合、業者との事前打ち合わせを綿密にしておきましょう。
その中で注意しなければならないのは費用ではなく工程です。
外壁塗装が何日かかるかは気になるかもしれませんが、屋外での作業ですから天気に左右されます。
雨が降る日は作業できないからです。
そのため、終了日を決めてしまうと業者が何とかしようと考えるのです。
そこに手抜きが発生します。
もちろん、最初から手抜きを使用と考えている業者がいることは事実です。
インターネットで検索するとたくさんの被害情報が出てきます。
まともに外壁塗装をしている業者の方が少ないのでしょうか。
工程の一つであるコーキング処理とは壁板の隙間を埋めるための処理です。
下地処理ですから、塗装をしてしまうと見えなくなります。
既存のコーキングを撤去してから、新しくコーキングをしなければなりません。
普段は塗装業者に任せておいていいのですが、時々チェックのために作業現場を見せてもらいましょう。
そのことにより、業者の対応は大きく変わってきます。
業者を選ぶ時に信頼できるかどうかはチェックしているでしょうが、現実的には簡単ではありません。
一般の人が業者をチェックすることはできないのです。
それならばどうすればいいのでしょうか。
まずは業者との話し合いを確実にすることです。
細かいところを話し合えば、費用を抑えて手抜きすることはないでしょう。

外壁塗装の選び方

業者を選ぶ時にどうすればいいでしょう。
業者にもいろいろとありますが、塗装業者の場合は問題が難しいのです。
費用が高いかどうかと言った単純なことではなく、手抜き工事をしているのではないかと言う疑いがどうしてもぬぐえないからです。
外壁塗装の費用が妥当かどうかは複数の業者に見積もりを依頼すればわかると思っていますか。
一括買取りのサイトはたくさんありますが、そこはサイトのマージンが上乗せされているため、あなたが目的としている費用はわからないのです。
実際のところ、外壁塗装の業者がどのように作業をしているのかを知ることは簡単ではありませんし、どのくらいの費用が妥当なのかもすぐにはわかりません。
インターネットで外壁塗装を簡単に依頼することができる時代となりましたが、業者の手抜きの構造は変わらないのでしょう。
外壁塗装は塗料の材質によって価格が変わってきます。
これは材料代の違いですから、業者の作業費用は変わらないはずです。
インターネットで塗装の費用を調べてみてください。
その差額が業者の利益となるのです。
足場を組み、高圧洗浄は塗料とは関係ありません。
ただ、塗装業者はどれだけ丁寧に塗ったとしても、それを施行主に見せることもありません。
それが誤解の元になっていることをわかっていながら、何もしないのは改善の医師がないと言うことなのでしょうか。
外壁塗装は必ず需要があります。
何もしなくても仕事があると思っているのでしょうか。

外壁塗装の診断

外壁塗装の良し悪しを判断することは一般の人には難しいでしょう。
そこでわざわざ専門家に依頼して診断してもらうことは現実的ではありません。
そのため簡単に自分で診断して、外壁塗装をする時期になっているかを知ることができればとてもいいと思うでしょう。
インターネットでは塗装業者のサイトに外壁塗装の時期を知るためのチェック項目が掲載されています。
チェックシートのチェックが何個以上であれば、外壁塗装をする時期になっているかがわかるのです。
もちろん、これは目安にすぎませんが、感覚的に考えても十分参考になるでしょう。
外壁塗装の費用はどれくらいでしょうか。
もちろん、塗料の材質によって異なります。
長持ちする塗料を使えば、次の塗り直しの時期を延ばすことができますが、費用は高くなります。
どちらを選択するかは依頼する人が考えればいいのです。
それでは具体的な診断の項目を紹介しましょう。
外壁にひび割れがある、外壁を触ると白い粉が手につく、壁が色あせている、カビや汚れがひどいなどの項目があります。
いずれも壁が傷んでいることを示しています。
もちろん、南側、北側など壁の環境によって大きく異なりますから、家を一周してそれぞれを確認しましょう。
北側の日当たりが悪い場所にはカビが生えているでしょう。
南側は直射日光が当たって、壁にひびが入っているかもしれません。
いずれにしても、定期的に家の壁の状態をチェックすることが重要なのです。
すぐにでもチェックしてみてください。

おすすめの外壁塗装

おすすめの外壁塗装業者はどうやって選べばいいのでしょうか。
単に見積を依頼して費用が安く済む業者を選んでいる人も少なくないでしょう。
費用だけでは業者が信頼できるかどうかを判断できるはずはないからです。
外壁塗装の業者を選ぶことが難しいなら、それぞれのホームページを見て考えてください。
依頼主に対して、どのような情報を提供しているでしょうか。
いかに自社が信頼できる業者なのかを説明していますか。
その説明をする意思がない業者は何も考えていないのでしょう。
外壁塗装が問題となるのは、手抜きをする業者が少なくないと言う事実があります。
塗装で失敗しないためにどうすればいいかを紹介しているサイトがたくさんあるからです。
もちろん、すべての外壁塗装業者が手抜きをしているわけではありません。
ただ、その見分けがつかないと言うことが問題なのです。
塗装をした後では下地処理がどうなっているかを判断することができません。
注意したいのはインターネットで依頼主の感想が掲載されていますが、その感想は何を見て判断しているかと言うことです。
手抜きをする業者でも依頼主に対しては信頼されるような対応をしています。
手抜きをしたことは10年後にならなければわからないと考えているのでしょう。
家の外壁塗装は塗装だけが目的ではなく、家の壁本体を保護することが大きな目的です。
手抜きの塗装をしていると、傷みが早くなってしまうのです。
それがわかった時にはすでにリフォームをしなければならない状態になっているかもしれません。

外壁塗装の口コミ

口コミサイトでいろいろな情報を収集している人は少なくありません。
ただ、注意しなければならないのは口コミサイトの情報がすべて真実とは限らないと言うことです。
もちろん、口コミサイトに意図的に虚偽の内容が書かれているわけではありません。
外壁塗装の情報が書かれている場合、何を見て書かれているかが問題なのです。
外壁塗装を依頼する時費用だけで判断している人は多いでしょう。
しかし、10年に1度くらいの処理ですから、前回の時がどうだったか忘れてしまっているのです。
また、相場がどうなっているかもわかりません。
インターネットの時代となりましたが、その情報は不十分なのです。
塗装業者は手抜きをするものだと言う固定観念を持っている人もいます。
これまでの失敗経験からそう考えるのでしょう。
ただ、これらのことから口コミサイトの情報を信頼できないと決めつけることはできません。
それぞれの人が自分の感想を書いているのです。
それは重要なヒントにつながります。
あなたの家がもうすぐ塗装の塗り直しの時期になるなら、早目に業者選定をしておきましょう。
すぐに依頼するのではなく、多くの情報を集めるのです。
塗料の材料代なども確認してください。
費用の多くは材料代で占められているのです。
作業を何人でするかによってかかる日数や作業費が変わってきます。
それらを総合的に判断して塗装業者を選びましょう。
時代とともに塗装技術も進歩しています。
断熱効果を高めるための塗装も登場しています。

外壁塗装の見積

外壁塗装の見積を取る時にはいくつかチェックするポイントがあります。
まず、塗料の材質によってどの程度の費用の違いがあるかを見ることです。
塗料の価格自体は全国で極端な差はありませんが、見積の中には作業分も含まれています。
単純に塗料代ではないのです。
業者によって見積の作成方法が異なりますから、費用でわからないことは質問しましょう。
その質問に明確に答えてくれない場合は、依頼する業者から外した方がいいでしょう。
一般に外壁塗装会社の仕事は大手工務店からの依頼が多くなります。
直接個人の家との契約は少ないと考えるべきでしょう。
もちろん、業者によって、どのような仕事をメインと考えているは異なります。
個人の家も約10年周期で外壁塗装の需要があるのですから、そのような客層をターゲットにしている場合もあるでしょう。
その場合、適当な見積でごまかしてきたのか、それとも一般の人にもわかるようなきちんとした見積を提出してきたかで大きな違いが出るのです。
仕事をきちんとする業者なら説明もきちんとします。
やましいところがないからです。
もちろん、業者もできることなら利益を大きくしたいと考えます。
ただ、外壁塗装でどのくらいの利益を得ることができれば会社として成り立っていくのかを考えているはずです。
手抜きをして、それを利益とすることは仕事人としてやるべきことではないのです。
質の良い仕事をして、その結果として受注が増えるように頑張っている業者を選びたいものです。

失敗しない外壁塗装

失敗しない外壁塗装を考えると言うことは、これまで多くの人が失敗してきた事実があるからです。
外壁塗装にどれくらいの費用がかかるのかはある程度相場を考えればわかります。
しかし、実際に行われている塗装が契約した通りになっているのかを見ることが難しいと言うことです。
屋根の上がどのように処理されているかは、施工主であっても見ることは簡単ではありません。
そのため手抜きが横行してしまうのです。
ただ、重要なのはそれを手抜きだと思っていない業者がいることです。
丁寧な外壁塗装をすることは当然ですし、そのために一定の費用を払うことも当然です。
極端に価格を下げて、契約をしようとする業者がいれば、怪しいと思わなければなりません。
通りに面していて、宣伝のために塗装をさせてほしいと業者が話を持ち掛けることがあります。
その話はもっともな気がしますが、実際には税所に提示した見積は高めに出しているのです。
それをいかにも値引きしたと見せかけて見積額を下げてきます。
多くの人が外壁塗装の費用を把握できません。
適正価格がわからないのですから失敗するのです。
自分が失敗したくないと思うなら、インターネットの失敗例をたくさんチェックしてください。
そして、業者を選ぶ時に何を見ればいいかを考えるのです。
塗装が仕上がってからは何もわかりません。
契約時が一番重要なのです。
また、作業の進め方も適時チェックしておきましょう。
契約した業者と実際に作業をする業者が違っていることも少なくありません。

外壁塗装の相場

外壁塗装の費用を考えなければならないのは、家は定期的に外壁塗装をしなければならないからです。
何もしないでいると、だんだんと家は傷んできます。
自分たち以外に住む人がいないと考えているなら補修しなくてもいいのですが、いずれは子どもたちが住むと考えているなら、適切な外壁塗装をしなければならないのです。
そこで外壁塗装の相場を知っておけば、提示された費用が妥当かどうかを見極めることができます。
ただ、注意しなければならないのは価格通りの作業をしてくれるかどうかと言う点です。
塗装業者の作業をずっと監視しておくことはできませんから、丁寧な作業をする業者かどうかは契約時に判断しなければなりません。
10年に1回程度の付き合いですから、毎回塗装業者を変えている人もいるでしょう。
また、塗装材料の種類によって塗り替えまでの期間が異なります。
それを考慮して外壁塗装の計画を立てるのです。
一般的にはシリコン系塗料を使用しますが、単価は3,000円程度と考えてください。
それに足場を組む作業などが加わります。
足場代、塗料代、塗り作業賃などが見積として提示されるはずです。
最近は新しい材質の塗料も利用されるようになってきました。
断熱効果を高めてくれる塗料です。
家の補修はトータルで考えなければなりません。
現在のことだけではなく10年後を見るのです。
その時誰が住んでいるかも重要なポイントでしょう。
未だ、あなたが若いなら、10年後20年後を見据えて計画しましょう。

外壁塗装とリフォーム

家のリフォームを計画する場合、どこまで手を加えるべきかをしっかりと考えておかなければなりません。
その際に外壁塗装を合わせて行う人が少なくありません。
外壁塗装の目的は家を確実に保護することと、色を変えてみた目をきれいにすることです。
まだ、それほど傷んでいない外壁塗装であっても塗り替えを選択する人もいるでしょう。
それは目的によって決めればいいことです。
何が正しいと言うことではありません。
ただ、それなりの費用が発生しますから、そのことはしっかりと考えておかなければなりません。
外壁は家の見た目となります。
きれいな家の方が誰でもいいのですが、年月とともに傷んでくることは避けられません。
外壁塗装の費用は家の大きさによって変わりますが、一般的には100万円前後と考えておきましょう。
リフォーム費用との合計になりますから、全体の計画の中で考えなければなりません。
家の中のリフォームは住む人のためのものですが、外壁塗装は日常生活に直接関係してきません。
家を長持ちさせることで直接恩恵を受けるわけではないからです。
いずれは取り壊して新しい家を作るつもりなら、壁を長持ちさせる意味もないでしょう。
これからの生活をどのようにしていくかを計画することが大切になります。
人生設計そのものでしょう。
私たちの生活には家は必ず必要です。
その家と自分との関係を見直してみましょう。
そこにリフォームや外壁塗装が入ってくるのです。
費用ばかりを考えていてはいけません。

外壁塗装の適正価格

インターネットで外壁塗装の情報を検索して見ましょう。
どのような情報が出てくるでしょうか。
多くは外壁塗装で失敗しないための情報です。
言い換えれば失敗している人がいかに多いかと言うことでしょう。
それは業者選びを失敗しているのです。
本当に丁寧な仕事をしてくれる業者が少なく、適当に手抜きをする業者が多いのでしょうか。
まずは外壁塗装の費用です。
適正価格とはどこまで考えればいいでしょうか。
塗料代は購入ルートによって異なります。
そして、提示された費用にどれだけの業者の利益が含まれているかを考えてみましょう。
大手販売店を通した外壁塗装の場合、中間マージンが発生します。
そのため最終的な作業者への報酬は少なくなります。
実際に仕事をする人が満足できるレベルの給料をもらっているなら、職人としての誇りを持って仕事をするはずです。
そこに不満を持っているため、仕事に手抜きが発生するのでしょう。
そのことを監督する立場の人が理解しているかどうかわかりません。
この構図は外壁塗装の作業に限った話ではありません。
ただ、外壁塗装は完了してしまうと見た目では手抜きが判断できない点が問題となるのです。
業者を選ぶと言うことは会社ではなく人を見なければなりません。
契約をしに来た営業マンと作業者は違います。
時には下請け業者が行う場合もあります。
どこまでを信用すればいいのでしょうか。
あなたが必要以上に高飛車で対応するのではなく、お互いが信頼できる関係を築くことが大切なのです。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 04.12

    毛穴とパック

  2. 2017 06.01

    湿気対策

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ