子供の自転車保険の必要性

この記事は24分で読めます

この記事の目次

子どもの自転車保険の必要性

子どもにとって自転車は欠かせない交通手段ですが、子どもの自転車事故に備えて保険に加入している人はどれくらいいるのでしょうか。
自動車には保険の強制加入制度がありますが、自転車には強制加入制度がありません。自転車保険の加入者は増加していますが、加入者は未だ10%程度と少ないのが現状です。
そこで自転車保険は本当に必要なのでしょうか。自転車保険の必要性について考えてみましょう。
自転車保険で重要なのは子どもが加害者になった場合の個人賠償責任保険です。少し前、子どもが運転する自転車が女性とぶつかり、後遺障が残る大怪我を負わせる事故がありました。この時の裁判では子どもの母親に9500万円の損害賠償が言い渡されていますが、この高額な賠償金に驚いた人は少なくないでしょう。我が子が同じような事故を起こしたらと考えるだけでぞっとしてしまいます。こんな時自転車保険の個人賠償責任保険がついていれば、金銭面では慌てなくて済むでしょう。
この事故の報道を機に、自転車保険は少しずつ注目を集めるようになりました。
子どもが安全な自転車の運転をしているか、ずっと見守る訳にはいきません。危険予知能力が未熟な子どものことですから、親の前で見せるよりは危険な運転をしていると思った方がよいでしょう。そして子どもが加害者になった時の被害者のためにも、万が一の事態に備えておくことが親の責任と言えます。
自転車事故の賠償金が高額になっている今の時代、自転車保険や何らかの保険の特約で自転車事故に備える必要性は高まっているでしょう。

スポンサードリンク

子どもの自転車保険の必要性

子どもにとって自転車は欠かせない交通手段ですが、子どもの自転車事故に備えて保険に加入している人はどれくらいいるのでしょうか。
自動車には保険の強制加入制度がありますが、自転車には強制加入制度がありません。自転車保険の加入者は増加していますが、加入者は未だ10%程度と少ないのが現状です。
そこで自転車保険は本当に必要なのでしょうか。自転車保険の必要性について考えてみましょう。
自転車保険で重要なのは子どもが加害者になった場合の個人賠償責任保険です。少し前、子どもが運転する自転車が女性とぶつかり、後遺障が残る大怪我を負わせる事故がありました。この時の裁判では子どもの母親に9500万円の損害賠償が言い渡されていますが、この高額な賠償金に驚いた人は少なくないでしょう。我が子が同じような事故を起こしたらと考えるだけでぞっとしてしまいます。こんな時自転車保険の個人賠償責任保険がついていれば、金銭面では慌てなくて済むでしょう。
この事故の報道を機に、自転車保険は少しずつ注目を集めるようになりました。
子どもが安全な自転車の運転をしているか、ずっと見守る訳にはいきません。危険予知能力が未熟な子どものことですから、親の前で見せるよりは危険な運転をしていると思った方がよいでしょう。そして子どもが加害者になった時の被害者のためにも、万が一の事態に備えておくことが親の責任と言えます。
自転車事故の賠償金が高額になっている今の時代、自転車保険や何らかの保険の特約で自転車事故に備える必要性は高まっているでしょう。

子どもの自転車保険と加入率

子どもが起こした自転車事故の裁判で、高額な賠償金を請求される判決が出て注目を集めましたが、この事故が報道されたのを機に保険会社には自転車保険に関する問い合わせが殺到したようです。
問い合わせまではしなくても、我が家は子どもの自転車保険に加入していたか、もしくは加入している損害保険などに自転車事故の補償が付いているかなどを、慌てて確認したという人も少なくないのではないでしょうか。
日本サイクリング協会による調査では、日本国内での自転車の保有台数は7千万台から8千万台で、日常的に利用されているのはこのうち約3千万台ということです。これほど多くの自転車が走りまわっている現代ですから、やはり自転車の事故も後を絶ちません。
子どもでも小学生位になれば相当なスピードを出すことができます。実際に子どもが関わる交通事故の多くは自転車によるもので、自転車事故では怪我の程度も重くなりがちです。また相手がいた場合、報道されたケースのように、相手の怪我の治療や通院費、生活の保障など、多額の賠償金を請求される可能性があります。
それではいったい自転車保険の加入率はどれくらいなのでしょうか。
実は同協会によると自転車保険の加入率は10%に満たないということです。自転車の数に対して、自転車保険の加入率はまだまだ低いようです。
先日報道された自転車事故をきっかけに、特約や付帯ではなく単独の自転車保険が注目を集めているようですから、今後は自転車保険の加入率が上昇していくかもしれません。

子どもの自転車保険と加入率

子どもが起こした自転車事故の裁判で、高額な賠償金を請求される判決が出て注目を集めましたが、この事故が報道されたのを機に保険会社には自転車保険に関する問い合わせが殺到したようです。
問い合わせまではしなくても、我が家は子どもの自転車保険に加入していたか、もしくは加入している損害保険などに自転車事故の補償が付いているかなどを、慌てて確認したという人も少なくないのではないでしょうか。
日本サイクリング協会による調査では、日本国内での自転車の保有台数は7千万台から8千万台で、日常的に利用されているのはこのうち約3千万台ということです。これほど多くの自転車が走りまわっている現代ですから、やはり自転車の事故も後を絶ちません。
子どもでも小学生位になれば相当なスピードを出すことができます。実際に子どもが関わる交通事故の多くは自転車によるもので、自転車事故では怪我の程度も重くなりがちです。また相手がいた場合、報道されたケースのように、相手の怪我の治療や通院費、生活の保障など、多額の賠償金を請求される可能性があります。
それではいったい自転車保険の加入率はどれくらいなのでしょうか。
実は同協会によると自転車保険の加入率は10%に満たないということです。自転車の数に対して、自転車保険の加入率はまだまだ低いようです。
先日報道された自転車事故をきっかけに、特約や付帯ではなく単独の自転車保険が注目を集めているようですから、今後は自転車保険の加入率が上昇していくかもしれません。

子どもの自転車保険と種類

自転車保険にはいくつかの種類がありますが、大きく4つに分けられます。
まず一つ目に、ある団体の会員になると自動加入となる自転車保険です。チームキープレフト、日本サイクリング協会JCAなどの自転車団体がこれにあたります。どちらの団体も年会費を払えば子どもでも会員になることが可能で、自転車総合保険に自動的に加入となります。
そして2つ目は、一定の条件を満たした自転車にシールを貼り付けて対象とする保険制度です。TSマーク、SABBマーク制度がこれにあたります。TSマークは整備士に整備点検を受けて安全基準を満たした普通自転車にだけ張り付けられるシールです。SABBマークはスポーツ用自転車のための制度です。子ども用自転車はTSマークが対象になります。
3つ目に、自転車メーカーがサービスの一環として扱っている自転車保険です。ブリジストンやパナソニック、ヤマハのなどの大手の自転車メーカーの自転車には大抵この保険が付けられています。最初の一年間は無料で保険に加入できることが多いようです。傷害保険だけのメーカーがほとんどですが、最近は盗難補償がついているメーカーも少数ですがあるようです。
そして4つ目に、民間の損保会社が扱っている自転車保険があります。単独の自転車保険、徒歩や自動車など交通事故全般を補償するための交通傷害保険もあります。
住宅の火災保険や、自動車保険、傷害保険に自転車事故の補償を特約としてつけることもできます。補償の範囲が広ければ保険料は高くなります。

子どもの自転車保険と種類

自転車保険にはいくつかの種類がありますが、大きく4つに分けられます。
まず一つ目に、ある団体の会員になると自動加入となる自転車保険です。チームキープレフト、日本サイクリング協会JCAなどの自転車団体がこれにあたります。どちらの団体も年会費を払えば子どもでも会員になることが可能で、自転車総合保険に自動的に加入となります。
そして2つ目は、一定の条件を満たした自転車にシールを貼り付けて対象とする保険制度です。TSマーク、SABBマーク制度がこれにあたります。TSマークは整備士に整備点検を受けて安全基準を満たした普通自転車にだけ張り付けられるシールです。SABBマークはスポーツ用自転車のための制度です。子ども用自転車はTSマークが対象になります。
3つ目に、自転車メーカーがサービスの一環として扱っている自転車保険です。ブリジストンやパナソニック、ヤマハのなどの大手の自転車メーカーの自転車には大抵この保険が付けられています。最初の一年間は無料で保険に加入できることが多いようです。傷害保険だけのメーカーがほとんどですが、最近は盗難補償がついているメーカーも少数ですがあるようです。
そして4つ目に、民間の損保会社が扱っている自転車保険があります。単独の自転車保険、徒歩や自動車など交通事故全般を補償するための交通傷害保険もあります。
住宅の火災保険や、自動車保険、傷害保険に自転車事故の補償を特約としてつけることもできます。補償の範囲が広ければ保険料は高くなります。

子どもの自転車保険とTSマーク

自転車の安全を推進する制度として自転車安全整備制度があります。この制度で自転車に貼り付けられるシールがTSマークです。
TSマークは自転車安全整備士が点検、整備をして安全だと認めた自転車にのみ貼りつけられます。このTSシールを貼り付ければ自動的に自転車保険に加入したことになり、万が一の時には補償を受けることができます。
TSマークには青色マークと赤色マークの2種類があり、補償の内容が異なります。
TSマークは自転車安全整備を行っている自転車店で普通自転車を購入した時、あるいは整備を受けた時に貼りつけてもらえます。整備の料金は店によって異なりますが、だいたい1000円から2000円程度です。TSマーク付帯保険は自転車に付帯する保険ですから、自転車の持ち主だけではなく、その自転車に乗った家族や友人も保険の対象となります。
子どものための自転車保険としては、民間保険会社の自転車保険と比べると補償額が低いため、これだけで十分とは言い切れませんが、自転車の安全管理と同時に、万が一の事態に備えることができるという意味では効率的な制度でしょう。
このTSマークの有効期限は整備した日から一年です。自動車の車検のように定期的に安全整備をして、継続して自転車保険に加入すること理想的でしょう。
近年は子どもの自転車保険に関心が高まっていますが、個人で保険会社と契約するのに比べてTSマークは手続きが簡単です。TSマーク付帯保険に加入するために子どもの自転車の整備を受ける親は増えているそうです。

子どもの自転車保険とTSマーク

自転車の安全を推進する制度として自転車安全整備制度があります。この制度で自転車に貼り付けられるシールがTSマークです。
TSマークは自転車安全整備士が点検、整備をして安全だと認めた自転車にのみ貼りつけられます。このTSシールを貼り付ければ自動的に自転車保険に加入したことになり、万が一の時には補償を受けることができます。
TSマークには青色マークと赤色マークの2種類があり、補償の内容が異なります。
TSマークは自転車安全整備を行っている自転車店で普通自転車を購入した時、あるいは整備を受けた時に貼りつけてもらえます。整備の料金は店によって異なりますが、だいたい1000円から2000円程度です。TSマーク付帯保険は自転車に付帯する保険ですから、自転車の持ち主だけではなく、その自転車に乗った家族や友人も保険の対象となります。
子どものための自転車保険としては、民間保険会社の自転車保険と比べると補償額が低いため、これだけで十分とは言い切れませんが、自転車の安全管理と同時に、万が一の事態に備えることができるという意味では効率的な制度でしょう。
このTSマークの有効期限は整備した日から一年です。自動車の車検のように定期的に安全整備をして、継続して自転車保険に加入すること理想的でしょう。
近年は子どもの自転車保険に関心が高まっていますが、個人で保険会社と契約するのに比べてTSマークは手続きが簡単です。TSマーク付帯保険に加入するために子どもの自転車の整備を受ける親は増えているそうです。

子どもの自転車保険と個人賠償責任保険

自転車保険の補償内容には、傷害保険と個人賠償責任保険の2つがあります。傷害保険とは自転車に乗っている時や、歩いていて自転車とぶつかった時、自分の怪我の治療や入院費などを補償するための保険です。個人賠償責任保険は自転車事故によって相手に怪我をさせたり、相手の物を壊して損害賠償が必要な事態に備える保険です。今販売されている自転車保険は、だいたいこの2つがセットになっていることが多いようですが、団体加入の保険などでは個人賠償責任保険がついていないものもあります。
子どもの自転車事故に備えるためには個人賠償責任保険も欠かせない条件です。
万が一、個人賠償責任保険に加入していない子どもが自転車で事故を起こしてしまったら、そして相手を死傷させてしまったら、損害賠償は親の責任です。どんなにお金がなくても自力で賠償金を支払わなければなりません。実際にそんな深刻な状況に陥ってしまった家庭もあるのです。
そこでそんな事態に備えるために、自転車保険に加入する時には個人賠償責任保険がついていることを確認することが大切です。
個人賠償責任保険は保険金額が1000万円から一億円、また無制限などがあります。子どもの自転車事故では、近年の損害賠償金は高額になる傾向があります。保険会社によっては示談交渉サービスがついているものもあります。
保険金額は高いのに越したことはありませんが、掛け金や自転車の使用頻度と合わせて検討してみましょう。

子どもの自転車保険と個人賠償責任保険

自転車保険の補償内容には、傷害保険と個人賠償責任保険の2つがあります。傷害保険とは自転車に乗っている時や、歩いていて自転車とぶつかった時、自分の怪我の治療や入院費などを補償するための保険です。個人賠償責任保険は自転車事故によって相手に怪我をさせたり、相手の物を壊して損害賠償が必要な事態に備える保険です。今販売されている自転車保険は、だいたいこの2つがセットになっていることが多いようですが、団体加入の保険などでは個人賠償責任保険がついていないものもあります。
子どもの自転車事故に備えるためには個人賠償責任保険も欠かせない条件です。
万が一、個人賠償責任保険に加入していない子どもが自転車で事故を起こしてしまったら、そして相手を死傷させてしまったら、損害賠償は親の責任です。どんなにお金がなくても自力で賠償金を支払わなければなりません。実際にそんな深刻な状況に陥ってしまった家庭もあるのです。
そこでそんな事態に備えるために、自転車保険に加入する時には個人賠償責任保険がついていることを確認することが大切です。
個人賠償責任保険は保険金額が1000万円から一億円、また無制限などがあります。子どもの自転車事故では、近年の損害賠償金は高額になる傾向があります。保険会社によっては示談交渉サービスがついているものもあります。
保険金額は高いのに越したことはありませんが、掛け金や自転車の使用頻度と合わせて検討してみましょう。

子どもの自転車事故と自動車保険

毎日自転車で通学する子どもの事故が心配だけど、自転車保険に加入した方がいいのか、それとも既に加入している保険で対応できるのか、悩んでいる家庭もあるでしょう。
そんな家庭では、もし自動車を所有しているなら、まず加入している自動車保険の内容を確認してみるのがおすすめです。
自動車保険の内容は加害者になった場合の対人賠償、対物賠償、そして自分が怪我を負った時の人身傷害補償、そして車両保険などに分けられます。
大抵の自動車保険の対人賠償、対物賠償は車両で起こした事故に限定されていますから、自転車事故で保険金はおりません。
しかし人身傷害補償は自転車事故も対象になる可能性があります。人身傷害補償は多くの自動車保険に最初から組み込まれていますが、補償の範囲や保険金は保険会社によって様々です。家族が自転車で事故を起こした場合にも補償されるかどうか、確認しおくとよいでしょう。
怪我の補償も重要ですが、自転車保険で重視されているは個人賠償責任保険です。自転車事故での損害賠償だけではなく、買い物中に高額な商品を壊してしまったとか、飼い犬が他人にかみついて怪我をさせたなど、日常生活で起こった事故の損害賠償でも保険金を受け取ることができます。同居家族全員が補償を受けられるため、子どもの自転車事故を心配している家庭にはおすすめです。
この個人賠償責任保険は火災保険や傷害保険に付帯していますが、自動車保険でも特約でつけることができます。自動車保険の個人賠償責任保険では示談交渉サービスがついているのが特徴です。

子どもの自転車事故と自動車保険

毎日自転車で通学する子どもの事故が心配だけど、自転車保険に加入した方がいいのか、それとも既に加入している保険で対応できるのか、悩んでいる家庭もあるでしょう。
そんな家庭では、もし自動車を所有しているなら、まず加入している自動車保険の内容を確認してみるのがおすすめです。
自動車保険の内容は加害者になった場合の対人賠償、対物賠償、そして自分が怪我を負った時の人身傷害補償、そして車両保険などに分けられます。
大抵の自動車保険の対人賠償、対物賠償は車両で起こした事故に限定されていますから、自転車事故で保険金はおりません。
しかし人身傷害補償は自転車事故も対象になる可能性があります。人身傷害補償は多くの自動車保険に最初から組み込まれていますが、補償の範囲や保険金は保険会社によって様々です。家族が自転車で事故を起こした場合にも補償されるかどうか、確認しおくとよいでしょう。
怪我の補償も重要ですが、自転車保険で重視されているは個人賠償責任保険です。自転車事故での損害賠償だけではなく、買い物中に高額な商品を壊してしまったとか、飼い犬が他人にかみついて怪我をさせたなど、日常生活で起こった事故の損害賠償でも保険金を受け取ることができます。同居家族全員が補償を受けられるため、子どもの自転車事故を心配している家庭にはおすすめです。
この個人賠償責任保険は火災保険や傷害保険に付帯していますが、自動車保険でも特約でつけることができます。自動車保険の個人賠償責任保険では示談交渉サービスがついているのが特徴です。

子どもの自転車保険とauスマートパス

掛け金無料の自転車保険なんていうと耳を疑ってしまいますが、今、実際に多くの人が掛け金無料で自転車保険に加入しています。それは携帯電話会社KDDIが行っているサービスでauスマートパスというものです。
auスマートパスとはauのスマートフォン利用者が月額料金を払うと、有料アプリが取り放題になったり、有料サービスやクーポンが利用できるサービスです。
会員数は2013年10月には800万人を突破したと発表されています。
自転車保険もこのサービスの一つで、2012年の5月から提供されています。auのスマートフォンを利用していても、スマートパスの会員でなければ自転車保険の対象にはなりません。20歳以上64歳以下の個人という年齢制限もあります。
未成年の子どもの自転車保険としては加入できませんが、保険自体は掛け金が無料ということですから、auスマートフォンを利用している人で自転車によく乗るという人はぜひ会員になっておきたいところでしょう。
この自転車保険は傷害補償のみで、自転車に乗っている間、徒歩などで自転車と衝突あるいは接触した事故が対象で、3日以上入院した場合に保険金が支払われます。個人賠償責任保険はついていないので注意が必要です。
掛け金無料の自転車保険ですから、これだけで十分と言える補償内容ではありませんが、何も自転車保険に入っていないという人は検討してみる価値があるかもしれません。
携帯電話を持っている子どもは増えていますから、今後サービスの拡大とともに子どもも自転車保険の対象になることを期待したいです。

子どもの自転車保険とauスマートパス

掛け金無料の自転車保険なんていうと耳を疑ってしまいますが、今、実際に多くの人が掛け金無料で自転車保険に加入しています。それは携帯電話会社KDDIが行っているサービスでauスマートパスというものです。
auスマートパスとはauのスマートフォン利用者が月額料金を払うと、有料アプリが取り放題になったり、有料サービスやクーポンが利用できるサービスです。
会員数は2013年10月には800万人を突破したと発表されています。
自転車保険もこのサービスの一つで、2012年の5月から提供されています。auのスマートフォンを利用していても、スマートパスの会員でなければ自転車保険の対象にはなりません。20歳以上64歳以下の個人という年齢制限もあります。
未成年の子どもの自転車保険としては加入できませんが、保険自体は掛け金が無料ということですから、auスマートフォンを利用している人で自転車によく乗るという人はぜひ会員になっておきたいところでしょう。
この自転車保険は傷害補償のみで、自転車に乗っている間、徒歩などで自転車と衝突あるいは接触した事故が対象で、3日以上入院した場合に保険金が支払われます。個人賠償責任保険はついていないので注意が必要です。
掛け金無料の自転車保険ですから、これだけで十分と言える補償内容ではありませんが、何も自転車保険に入っていないという人は検討してみる価値があるかもしれません。
携帯電話を持っている子どもは増えていますから、今後サービスの拡大とともに子どもも自転車保険の対象になることを期待したいです。

子どもの自転車保険と火災保険

子どもの自転車保険には加入していなくても、住宅の火災保険には加入しているという家庭は多いのではないでしょうか。
もし火災保険に加入しているのなら、子どもの自転車保険に加入する前に、住宅の火災保険を確認することをおすすめします。
火災保険とは火事や雷、水害、風災などの自然災害が起こった時に、建物と建物の中にある物の損害を補償するための保険です。家を購入する際に薦められて加入していたり、賃貸住宅で加入が義務付けられていることも多いようです。
火災保険と自転車事故は関係ないように思われがちですが、多くの火災保険では個人賠償責任保険の特約がついています。そしてその内容に自転車事故が対象になっていることがあります。
子どもの自転車事故では子どもが被害者になるのも怖いことですが、子どもが加害者になって相手を死傷させてしまうのも怖いことです。子どもが未成年なら当然その責任は親が負うことになります。
相手の怪我の状態によっては高額な賠償金を請求されますから、個人賠償責任保険に加入しておくことが金銭面では何よりの備えになるでしょう。
もしかしたらすでに加入している火災保険にこの特約がついているかもしれません。また加入していても個人賠償責任保険の特約を付けていないのなら、子どもの自転車保険として特約をつけるのも一つの方法です。
火災保険の特約なら同居家族全員が対象になり、子どもの事故にも備えることができます。単独の自転車保険に加入するより、保険料はお得になるようです。

子どもの自転車保険と火災保険

子どもの自転車保険には加入していなくても、住宅の火災保険には加入しているという家庭は多いのではないでしょうか。
もし火災保険に加入しているのなら、子どもの自転車保険に加入する前に、住宅の火災保険を確認することをおすすめします。
火災保険とは火事や雷、水害、風災などの自然災害が起こった時に、建物と建物の中にある物の損害を補償するための保険です。家を購入する際に薦められて加入していたり、賃貸住宅で加入が義務付けられていることも多いようです。
火災保険と自転車事故は関係ないように思われがちですが、多くの火災保険では個人賠償責任保険の特約がついています。そしてその内容に自転車事故が対象になっていることがあります。
子どもの自転車事故では子どもが被害者になるのも怖いことですが、子どもが加害者になって相手を死傷させてしまうのも怖いことです。子どもが未成年なら当然その責任は親が負うことになります。
相手の怪我の状態によっては高額な賠償金を請求されますから、個人賠償責任保険に加入しておくことが金銭面では何よりの備えになるでしょう。
もしかしたらすでに加入している火災保険にこの特約がついているかもしれません。また加入していても個人賠償責任保険の特約を付けていないのなら、子どもの自転車保険として特約をつけるのも一つの方法です。
火災保険の特約なら同居家族全員が対象になり、子どもの事故にも備えることができます。単独の自転車保険に加入するより、保険料はお得になるようです。

子どもの自転車保険と示談交渉サービス

子どもの自転車保険を選ぶ時、個人賠償責任保険に示談交渉サービスがついているかどうかがポイントの一つです。
もし子どもが自転車で事故を起こしてしまったら、親が相手側と話し合いをして賠償問題を解決することになりますが、相手や相手の加入する保険会社との交渉は、場合によっては多大な時間と労力を要することもあり得ます。特に子どもが加害者になった場合の親の心労ははかり知れません。そこで保険会社が代わって相手と交渉し、解決を図ることが示談交渉サービスです。
示談交渉サービスには、相手と話し合いによる解決が難しい場合に弁護士を立てて交渉したり、裁判になった時に必要な手続きを行うことも含まれます。
示談交渉サービスなど必要ないと考える人も多いようですが、自転車事故でも示談が難しいケースや、裁判で高額な賠償金を請求されるケースが増えています。交渉をスムースに進めることは相手側のためにもなりますから、自転車保険に加入するなら、示談交渉サービスのついている保険を選んだ方がより安心でしょう。
自動車保険の個人賠償責任保険なら示談交渉サービスが大抵ついています。
火災保険に付帯する個人賠償責任保険はついているものが増えていますが、古くから継続加入しているものや、団体保険、住宅総合保険などではついていないことが多いようです。
また傷害保険ではまだまだ示談交渉サービスがついている特約は少ないようです。
保険会社や商品によっても様々ですから、子どもの自転車保険を選ぶ時の参考にすると良いでしょう。

子どもの自転車保険と示談交渉サービス

子どもの自転車保険を選ぶ時、個人賠償責任保険に示談交渉サービスがついているかどうかがポイントの一つです。
もし子どもが自転車で事故を起こしてしまったら、親が相手側と話し合いをして賠償問題を解決することになりますが、相手や相手の加入する保険会社との交渉は、場合によっては多大な時間と労力を要することもあり得ます。特に子どもが加害者になった場合の親の心労ははかり知れません。そこで保険会社が代わって相手と交渉し、解決を図ることが示談交渉サービスです。
示談交渉サービスには、相手と話し合いによる解決が難しい場合に弁護士を立てて交渉したり、裁判になった時に必要な手続きを行うことも含まれます。
示談交渉サービスなど必要ないと考える人も多いようですが、自転車事故でも示談が難しいケースや、裁判で高額な賠償金を請求されるケースが増えています。交渉をスムースに進めることは相手側のためにもなりますから、自転車保険に加入するなら、示談交渉サービスのついている保険を選んだ方がより安心でしょう。
自動車保険の個人賠償責任保険なら示談交渉サービスが大抵ついています。
火災保険に付帯する個人賠償責任保険はついているものが増えていますが、古くから継続加入しているものや、団体保険、住宅総合保険などではついていないことが多いようです。
また傷害保険ではまだまだ示談交渉サービスがついている特約は少ないようです。
保険会社や商品によっても様々ですから、子どもの自転車保険を選ぶ時の参考にすると良いでしょう。

子どもの自転車保険と盗難

自宅マンションや一戸建ての駐輪場、駅やスーパーの駐輪場など、場所を問わずに自転車の盗難は起こっています。狙われやすいのは新しい自転車や高級な自転車ですが、それでも、古い自転車や子どもの自転車の盗難も決して珍しくありません。幼児用の自転車でも盗難されることがあります。
子どもが大切に乗っている自転車が突然盗まれてしまったら、当面の通学や生活に困ってしまいます。
うちは自転車保険に加入しているから大丈夫と思っている人も多いようですが、実はほとんどの自転車保険には意外な事に盗難補償はついていません。盗まれてしまっても保険金はもらえないのです。
それなら盗難に備えるためにはどうすればよいのでしょうか。
ブリジストン、パナソニック、ミヤタサイクルなどの大手自転車メーカーの自転車なら3年間盗難補償がついています。子どもの自転車が盗難された場合なら3150円で新しい自転車を購入することができるそうです。
また多くの自転車販売店ではサービスで盗難補償をつけています。補償期間は1年から2年が一般的ですが、その間にもし盗難にあった場合に、同じ自転車を20%から30%の価格で購入出来るそうです。
少数ですが民間の保険会社でも自転車盗難保険を扱っているところがあります。そういった保険に加入するのも一つです。
もし何にも盗難保険に加入していなければ、火災保険の補償内容を確認してみましょう。もしかしたら家財保険の家財として自転車が含まれているかもしれません。

子どもの自転車保険と盗難

自宅マンションや一戸建ての駐輪場、駅やスーパーの駐輪場など、場所を問わずに自転車の盗難は起こっています。狙われやすいのは新しい自転車や高級な自転車ですが、それでも、古い自転車や子どもの自転車の盗難も決して珍しくありません。幼児用の自転車でも盗難されることがあります。
子どもが大切に乗っている自転車が突然盗まれてしまったら、当面の通学や生活に困ってしまいます。
うちは自転車保険に加入しているから大丈夫と思っている人も多いようですが、実はほとんどの自転車保険には意外な事に盗難補償はついていません。盗まれてしまっても保険金はもらえないのです。
それなら盗難に備えるためにはどうすればよいのでしょうか。
ブリジストン、パナソニック、ミヤタサイクルなどの大手自転車メーカーの自転車なら3年間盗難補償がついています。子どもの自転車が盗難された場合なら3150円で新しい自転車を購入することができるそうです。
また多くの自転車販売店ではサービスで盗難補償をつけています。補償期間は1年から2年が一般的ですが、その間にもし盗難にあった場合に、同じ自転車を20%から30%の価格で購入出来るそうです。
少数ですが民間の保険会社でも自転車盗難保険を扱っているところがあります。そういった保険に加入するのも一つです。
もし何にも盗難保険に加入していなければ、火災保険の補償内容を確認してみましょう。もしかしたら家財保険の家財として自転車が含まれているかもしれません。

子どもの自転車保険とクレジットカード

クレジットカードは買い物やキャッシング、ネットショッピングの支払い、海外旅行など様々な用途があり、とても便利なアイテムです。今の時代、どこの家庭も一枚以上は持っているでしょう。何十枚も持っているという人も珍しくないはずです。
そんな常識となったクレジットカードですが、これがあればもしかしたらわざわざ自転車保険に加入する必要が無いかもしれません。
クレジットカードと自転車保険はまるで関係ないように思えますが、最近のクレジットカードには保険サービスが付いているものがあります。クレジットカードに自動的に保険がついているものを自動付帯保険といい、保険料を支払わなくても保険に加入したことになります。
クレジットカードの自動付帯保険は大抵個人賠償責任保険が含まれていますから、条件次第で子どもの自転車事故による損害を補償してくれるのです。
子どもの自転車保険を検討しているなら、その前に持っているクレジットカードに自動付帯保険があるか確認してみましょう。
クレジットカードによって条件や補償内容が異なります。家族が保険の対象になるものや、補償金額が最高一億円のものまであり、単独の自転車保険と内容は劣りません。
クレジットカードの多くは年会費が有料ですが、年会費無料のクレジットカードも自動付帯保険がついているものがあります。こういったものを利用すればお得に自転車保険に加入したことになります。
いつも持っているクレジットカードで子どもの自転車事故に備えることができれば、そんな気軽で便利な事はないですね。

子どもの自転車保険とクレジットカード

クレジットカードは買い物やキャッシング、ネットショッピングの支払い、海外旅行など様々な用途があり、とても便利なアイテムです。今の時代、どこの家庭も一枚以上は持っているでしょう。何十枚も持っているという人も珍しくないはずです。
そんな常識となったクレジットカードですが、これがあればもしかしたらわざわざ自転車保険に加入する必要が無いかもしれません。
クレジットカードと自転車保険はまるで関係ないように思えますが、最近のクレジットカードには保険サービスが付いているものがあります。クレジットカードに自動的に保険がついているものを自動付帯保険といい、保険料を支払わなくても保険に加入したことになります。
クレジットカードの自動付帯保険は大抵個人賠償責任保険が含まれていますから、条件次第で子どもの自転車事故による損害を補償してくれるのです。
子どもの自転車保険を検討しているなら、その前に持っているクレジットカードに自動付帯保険があるか確認してみましょう。
クレジットカードによって条件や補償内容が異なります。家族が保険の対象になるものや、補償金額が最高一億円のものまであり、単独の自転車保険と内容は劣りません。
クレジットカードの多くは年会費が有料ですが、年会費無料のクレジットカードも自動付帯保険がついているものがあります。こういったものを利用すればお得に自転車保険に加入したことになります。
いつも持っているクレジットカードで子どもの自転車事故に備えることができれば、そんな気軽で便利な事はないですね。

子どもの自転車保険とコンビニエンスストア

自転車保険に加入する方法には保険の窓口や外交員を通して手続きをする他、インターネットやスマホからでも加入できるようになりましたが、最近ではコンビニエンスストアでも加入ができるようになりました。身近にあるコンビニエンスストアで自転車保険に加入できるのなら、そんな便利なことはありませんね。子どもの自転車事故に備えて自転車保険を検討している人は注目したいところです。
自転車保険を取り扱っているコンビニエンスストアは、全国に店舗があるセブンイレブンです。実際の事故の際に対応するのは大手の三井住友海上火災保険ということですから安心です。セブンイレブンでは加入手続きや継続手続きなどの窓口ということになります。
またインターネットで予約登録をして、自宅でゆっくり情報入力をして、店舗で簡単に手続きを済ませることもできます。
保険の内容は賠償金最高一億円までで、プランもいくつかある中から選ぶことができます。家族プランを選べば子どもの自転車事故に備えることができます。
年間の保険料は4000円台からになり、子どもの自転車事故に備えるための家族プランだと8000円程度になります。
示談交渉サービスや交通傷害保険もついているため、子どもの自転車保険としては十分な内容ではないでしょうか。
自転車保険の加入手続きはコンビニの店舗にあるマルチコピー機の画面ガイダンスに従って入力をするだけです。忙しくてなかなか手続きに行けないという人でも、24時間都合のよい時に自転車保険に加入できます。

子どもの自転車保険とコンビニエンスストア

自転車保険に加入する方法には保険の窓口や外交員を通して手続きをする他、インターネットやスマホからでも加入できるようになりましたが、最近ではコンビニエンスストアでも加入ができるようになりました。身近にあるコンビニエンスストアで自転車保険に加入できるのなら、そんな便利なことはありませんね。子どもの自転車事故に備えて自転車保険を検討している人は注目したいところです。
自転車保険を取り扱っているコンビニエンスストアは、全国に店舗があるセブンイレブンです。実際の事故の際に対応するのは大手の三井住友海上火災保険ということですから安心です。セブンイレブンでは加入手続きや継続手続きなどの窓口ということになります。
またインターネットで予約登録をして、自宅でゆっくり情報入力をして、店舗で簡単に手続きを済ませることもできます。
保険の内容は賠償金最高一億円までで、プランもいくつかある中から選ぶことができます。家族プランを選べば子どもの自転車事故に備えることができます。
年間の保険料は4000円台からになり、子どもの自転車事故に備えるための家族プランだと8000円程度になります。
示談交渉サービスや交通傷害保険もついているため、子どもの自転車保険としては十分な内容ではないでしょうか。
自転車保険の加入手続きはコンビニの店舗にあるマルチコピー機の画面ガイダンスに従って入力をするだけです。忙しくてなかなか手続きに行けないという人でも、24時間都合のよい時に自転車保険に加入できます。

子どもの自転車保険と自転車事故

自動車がすっかり普及した現代ですが、最近は手軽で経済的な自転車の良さが見直され、子どもだけでなく大人にも自転車を愛用する人が増えています。これとともに関心を集めているのが自転車保険です。
自転車人口と同じように増えているのが自転車事故ですが、子どもの自転車事故で親に高額な賠償金が請求された報道をきっかけに、特に子どもの自転車保険に加入する人が増えているのです。
それでは子どもの自転車事故はどんな時に多く発生しているのでしょうか。
警視庁によると新学期を迎えた4月から7月に多く発生し、10月から年末にかけて再び事故が増えているということです。厳寒、酷暑の時期は自転車に乗る子どもが減り、事故件数も減っているようです。
また時間帯でみると、通勤通学の朝8時から10時頃までに集中して自転車事故が発生しています。
また自転車事故の発生場所はほとんど交差点で、出会い頭に衝突する、あるいは左折時や右折時に衝突するといった事故が圧倒的に多いようです。
これは自転車通学の中学生や高校生が学校に遅刻しないように急いでいるため、交差点での確認をしないことが要因と考えられるでしょう。
自転車事故で子どもが自分や相手を死傷させてしまったら、子どもの人生も相手の人生も、また家族の人生も狂わせてしまうことになります。
親はそうならないように、子どもが余裕を持って家を出て、安全に自転車を走行するように教えるとともに、自転車保険に加入して万が一の事態に備えることが必要なのかもしれません。

子どもの自転車保険と自転車事故

自動車がすっかり普及した現代ですが、最近は手軽で経済的な自転車の良さが見直され、子どもだけでなく大人にも自転車を愛用する人が増えています。これとともに関心を集めているのが自転車保険です。
自転車人口と同じように増えているのが自転車事故ですが、子どもの自転車事故で親に高額な賠償金が請求された報道をきっかけに、特に子どもの自転車保険に加入する人が増えているのです。
それでは子どもの自転車事故はどんな時に多く発生しているのでしょうか。
警視庁によると新学期を迎えた4月から7月に多く発生し、10月から年末にかけて再び事故が増えているということです。厳寒、酷暑の時期は自転車に乗る子どもが減り、事故件数も減っているようです。
また時間帯でみると、通勤通学の朝8時から10時頃までに集中して自転車事故が発生しています。
また自転車事故の発生場所はほとんど交差点で、出会い頭に衝突する、あるいは左折時や右折時に衝突するといった事故が圧倒的に多いようです。
これは自転車通学の中学生や高校生が学校に遅刻しないように急いでいるため、交差点での確認をしないことが要因と考えられるでしょう。
自転車事故で子どもが自分や相手を死傷させてしまったら、子どもの人生も相手の人生も、また家族の人生も狂わせてしまうことになります。
親はそうならないように、子どもが余裕を持って家を出て、安全に自転車を走行するように教えるとともに、自転車保険に加入して万が一の事態に備えることが必要なのかもしれません。

子どもの自転車保険と傷害保険

子どもは大人より運動能力や判断能力が未熟ですから、自転車に乗っていて転倒したり、何かにぶつかったりする事故は十分に考えられます。そんな時、自転車保険に加入していれば、怪我の治療や通院に保険金がおりる可能性があります。
損保会社の自転車保険は、だいたい傷害保険と個人賠償責任保険がセットになっています。自転車事故の怪我で医療機関にかかった場合、通院か入院か、またはいくら支払われるかは傷害保険の契約内容によって決まります。
既に生命保険や医療保険に入っているという人は怪我をした時の治療費や通院費用はそちらの保険から支払われますから、自転車保険についてくる傷害保険はそれほど必要ないでしょう。むしろ内容が重複してしまい保険料がもったいないかもしれません。
そんな人は自転車保険に加入しなくても、個人賠償責任保険だけを自動車保険や火災保険の特約に付ければ十分です。
また生命保険や医療保険に加入していなくても、日本には公的な医療制度がありますから、もし子どもが自転車事故の怪我で医療機関にかかったとしても自己負担額は少なくて済みます。
数か月入院したとしても、高額医療制度を利用すれば1カ月9万円程度の支払いで済んでしまいます。
家庭の保険加入状況によって傷害保険の必要性は違ってきますが、もしこれから自転車保険に加入するなら、傷害保険はそれほど手厚い補償のものでなくても、相手からの高額な賠償金請求に備えるために、個人賠償責任保険の補償内容や掛け金、サービス内容などを重視して自転車保険を選ぶとよいでしょう。

子どもの自転車保険と傷害保険

子どもは大人より運動能力や判断能力が未熟ですから、自転車に乗っていて転倒したり、何かにぶつかったりする事故は十分に考えられます。そんな時、自転車保険に加入していれば、怪我の治療や通院に保険金がおりる可能性があります。
損保会社の自転車保険は、だいたい傷害保険と個人賠償責任保険がセットになっています。自転車事故の怪我で医療機関にかかった場合、通院か入院か、またはいくら支払われるかは傷害保険の契約内容によって決まります。
既に生命保険や医療保険に入っているという人は怪我をした時の治療費や通院費用はそちらの保険から支払われますから、自転車保険についてくる傷害保険はそれほど必要ないでしょう。むしろ内容が重複してしまい保険料がもったいないかもしれません。
そんな人は自転車保険に加入しなくても、個人賠償責任保険だけを自動車保険や火災保険の特約に付ければ十分です。
また生命保険や医療保険に加入していなくても、日本には公的な医療制度がありますから、もし子どもが自転車事故の怪我で医療機関にかかったとしても自己負担額は少なくて済みます。
数か月入院したとしても、高額医療制度を利用すれば1カ月9万円程度の支払いで済んでしまいます。
家庭の保険加入状況によって傷害保険の必要性は違ってきますが、もしこれから自転車保険に加入するなら、傷害保険はそれほど手厚い補償のものでなくても、相手からの高額な賠償金請求に備えるために、個人賠償責任保険の補償内容や掛け金、サービス内容などを重視して自転車保険を選ぶとよいでしょう。

子どもの自転車保険と損害賠償金

最近は以前に比べて自転車保険に加入する人が増えているようですが、その大きな理由には子どもの自転車事故によって、親に高額な損害賠償金が請求される事故が起きていることが考えられます。
子どもの自転車事故では自分の子どもが怪我を負うだけではなく、加害者となって責任を負う可能性もあります。
自転車だから、また子どもだから、事故を起こしても大事にはならないだろうと軽く考えている人もいるでしょう。でも実際に子どもが起こした自転車事故で、相手を死傷させてしまう事故が何件も起きているのです。
日本では道路交通法に違反して事故を起こした場合には、自転車の利用者には刑事上の責任が問われますし、相手を死傷させたら民事上の損害賠償責任も生じます。
近年の自転車事故による裁判では、損害賠償金が高額になっています。被害の大きさによっては数千万円もの損害賠償金を支払わなくてはならない例も出ています。子どもが加害者の場合には親がその責任を負うことになりますが、自転車保険に加入いなかったために自己破産に陥るケースもあるようです。
近年の高額な損害賠償金の判決がおりた事例をみてみましょう。
小5の児童が坂道を自転車で走行中に女性と衝突し、女性は頭を打って意識が戻らない状態になった事故で、母親に対し9500万円の賠償金の支払いが命じられました。
また数年前に、携帯電話を操作しながら無灯火で自転車走行をしていた女子高生が女性と衝突し、女性が歩行困難となった事故で、賠償金5000万円の支払いが命じられています。

子どもの自転車保険と損害賠償金

最近は以前に比べて自転車保険に加入する人が増えているようですが、その大きな理由には子どもの自転車事故によって、親に高額な損害賠償金が請求される事故が起きていることが考えられます。
子どもの自転車事故では自分の子どもが怪我を負うだけではなく、加害者となって責任を負う可能性もあります。
自転車だから、また子どもだから、事故を起こしても大事にはならないだろうと軽く考えている人もいるでしょう。でも実際に子どもが起こした自転車事故で、相手を死傷させてしまう事故が何件も起きているのです。
日本では道路交通法に違反して事故を起こした場合には、自転車の利用者には刑事上の責任が問われますし、相手を死傷させたら民事上の損害賠償責任も生じます。
近年の自転車事故による裁判では、損害賠償金が高額になっています。被害の大きさによっては数千万円もの損害賠償金を支払わなくてはならない例も出ています。子どもが加害者の場合には親がその責任を負うことになりますが、自転車保険に加入いなかったために自己破産に陥るケースもあるようです。
近年の高額な損害賠償金の判決がおりた事例をみてみましょう。
小5の児童が坂道を自転車で走行中に女性と衝突し、女性は頭を打って意識が戻らない状態になった事故で、母親に対し9500万円の賠償金の支払いが命じられました。
また数年前に、携帯電話を操作しながら無灯火で自転車走行をしていた女子高生が女性と衝突し、女性が歩行困難となった事故で、賠償金5000万円の支払いが命じられています。

子どもの自転車保険と手続き

自動車保険や生命保険と違って、自転車保険の広告はあまり見かけません。子どもの自転車保険に加入したいけど、どこでどんな手続きをすればよいか分からないという人も多いでしょう。
そこで子どもの自転車保険に加入するためにはどのような手続きをすればよいのでしょうか。
子どもの学校の入学時や新学期の始まりに、学校から自転車保険のパンフレットが配布されることも多いようです。学校で取り扱っている保険は信頼できる保険会社のものでしょうから安心ですし、団体扱いで保険料も割安になっているでしょう。申し込みのタイミングを逃してしまったという人は、学校に問い合わせてみることをおすすめします。
また自転車販売店でも自転車保険の案内やパンフレットをおいているところがあります。
自分で保険会社を探すならインターネットが便利です。今はどこの保険会社でもHPがありますから、色々な保険会社の自転車保険を、保険料や補償内容、サービスについて調べることができます。自宅でゆっくり比較検討するにはもってこいです。
インターネットやスマホから自分の情報を入力して保険料の見積もりを出したり、加入手続きまでできる自転車保険もあります。インターネットでのみ加入手続きができるという自転車保険もあります。忙しくて保険窓口に出向くことが出来ない人にはお勧めです。
最近はコンビニでも自転車保険の手続きができるところがあります。コンビニなら24時間いつでも出入りできますから、何かのついでに手続きを済ませることができるので便利です。

子どもの自転車保険と自転車メーカー

自転車保険には色々なものがありますが、自転車メーカーが扱っている自転車保険もその一つです。
国内の大手自転車メーカーでは自転車を購入した人へのサービスの一環として、自転車補償や自転車保険を無料でつけています。
これから子どもの自転車を購入するなら、自転車保険がついていることも重要なポイントです。自転車保険がついているのは大手の自転車メーカーですから、自転車のデザインや機能も優れているでしょう。
また自転車保険に加入しようと考えているなら、まず今乗っている子ども自転車のメーカーを確認してみましょう。ブリヂストンやパナソニック、ヤマハなどの自転車メーカーなら、子どもの自転車でも自転車保険がついている可能性があります。
ただ注意が必要なのは、自転車メーカーの自転車保険では傷害保険と盗難保険だけで、個人賠償責任保険はついていないようです。損害賠償に備えるために個人賠償責任保険は別に加入しなければなりません。
盗難保険は購入後3年の間に自転車を盗難された場合に、同型車の購入金額の一部を負担してくれます。
傷害保険は購入後1年間に、自転車に搭乗中の事故で怪我をした場合に給付を受けられます。
自転車メーカーの自転車保険は、自転車を購入したついでに加入できるため、とても手軽でお得な保険です。
自転車メーカーの自転車保険は購入してしまうと加入していたことを忘れてしまいがちですが、加入していればいざという時役に立つでしょう。

子どもの自転車保険とチームキープレフト

チームキープレフトは自転車の交通ルール順守やマナー向上を呼び掛けている団体です。日本の自転車団体としては新しい団体で、全国で様々な活動をしながら自転車の安全を呼び掛けています。
近年自転車の経済性や手軽さが見直されて、自転車に乗る人は増えています。通勤や趣味で自転車を楽しむ人が増える一方で、自転車のルールはあまり知られていないのが現状です。ルール違反やマナー違反も多くみられ、自転車の交通事故も後を絶ちません。
そこで2009年に立ちあがったこのプロジェクト、チームキープレフトが、自転車の車道左側走行を初め、自転車のルールを社会に広めていこうと活動をしているのです。
全国のイベント出展やチラシの配布、サイクリングツアーやロードレースの開催もそうですが、子ども自転車教室は子どもが楽しくルールを学ぶよい機会になります。
そしてこの団体に加入すれば自動的に自転車保険に加入できます。傷害保険と個人賠償責任保険がついていますが、個人賠償責任保険では補償金最高一億円、被保険者の子どもなら保険の対象になるということなので、子どもの自転車保険としても十分な内容と言えるでしょう。
もし自転車が好きで、自転車の安全運動に関心があるのでしたら、ぜひチームキープレフトの会員になって仲間を増やすのもよいかもしれません。自転車ライフが広がるとともに、付帯の自転車保険で万が一に備えることができて一石二鳥です。
一般会員は年会費4000円ですが、18歳未満は年会費3000円でジュニア会員になれるということです。

子どもの自転車保険とJCA

日本サイクリング協会JCAは、日本の代表的な自転車団体です。昭和36年に自転車愛好家が集まって結成されたJCAは、今では会員数も増え、大きな自転車団体となりました。
JCAによって、自転車は単なる交通手段ではなく、健康的なスポーツであるという認識が国内に広まったと言えるでしょう。国も自転車を国民のスポーツとして奨励し、JCAを政府の共管団体としています。
JCAの活動は具体的に、サイクリングの普及、指導者の育成、イベントの開催、刊行物などによる情報発信などがあります。
どちらかというと自転車の安全普及というよりは、スポーツや趣味として自転車を楽しむための団体と言えるかもしれません。
全国でJCAによる様々なイベントが開催されています。最近はファミリー向けのイベントも増えていますから、子どもと一緒に参加してみるのもよいでしょう。
JCAの賛助会員になると様々な特典があります。例えばJCAが開催するイベントに参加する場合に割引受けられますし、サイクリングのインストラクターやリーダーを目指したい人は、指導者としての資格を取得することもできます。
さらに自転車を国内の遠方に運びたい時には、特別価格で運送会社を利用できます。最近は実用と趣味を兼ねて自転車を楽しむ人が増えていますから、そんな自転車愛好家には嬉しい特典です。
年会費だけで自動的に自転車保険に加入できることも大きな特典です。通勤、通学、日常生活の自転車搭乗中の事故が対象になるため、子どもの自転車保険としても安心です。

子どもの自転車保険とSBAA

近年自転車の人気が高まっていますが、中でもスポーツ自転車に人気が集まっているようです。
スポーツ自転車にはクロスバイク、ロードバイク、マウンテンバイクがあります。普通の自転車と違ってスピードが出しやすく、作りがしっかりとしているため、長距離でも軽快に走ることができます。サイクリングなどのスポーツを楽しむには最適な自転車です。
デザインもスマートで、大人だけではなく、子どもや若者もファッションを楽しむようにスポーツ自転車を選んでいます。
スポーツ自転車の安全制度にSBAAマーク制度があります。これはスポーツ自転車の安全基準を設定し、この基準に合った自転車にSBAAマークを貼りつけることができる制度です。スポーツ用自転車の普及とともに、粗悪なスポーツ自転車が出回ることを防ぐことが期待できます。
SBAAマークの認定基準はフレーム、ハンドル、ペダル、フロントフォークの強度やブレーキの性能、また環境に配慮しているかどうかなどがあります。
またより高い技量を持った販売者が貼りつけるSBAAプラスマーク付きの自転車は、無料で自転車保険に加入できます。
スポーツ自転車はスピードが出しやすいため、事故に合えば被害が大きくなります。歩行者と衝突すれば大きな怪我を負わせてしまいますし、車と衝突すれば自分も大きな怪我をする可能性があります。
自転車保険には傷害保険と賠償責任保険がついており、子どもも保険の対象になるようです。これだけで十分と言える補償内容ではありませんが、スポーツ自転車を選ぶ時の参考になるでしょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ