子供の脱毛について

この記事は15分で読めます

子供の脱毛について

暑くなって肌の露出が増えるころ、多くの女性がむだ毛を気にするようになります。
最近では小学生のような小さな子供でもむだ毛を気にするようで、脱毛する子供も増えているそうです。

スポンサードリンク

子供のうちから脱毛したいという理由は主に次のようなものです。
「異性にからかわれた」。
「周囲の目が気になる」。
「友達と比べて自分の毛深さが気になる」。
「毛深いと友達に言われた」。

最初はからかい程度だったものが、いじめに発展しないかと親も心配して脱毛することを決意する親子も多いようです。
さらに今の親世代は脱毛サロンなどを利用することにあまり抵抗がないことも、子供が脱毛サロンを利用する大きな理由として挙げられます。
子供の体も一昔前よりも成長が早く、テレビ、雑誌、インターネットなどで子供のうちから様々な情報が入ること、アニメなどでもおしゃれをテーマにしたものなどがあるため、小学生からおしゃれに関してかなり興味を持っていることが挙げられます。

小学生の高学年くらいから自分の毛深さに悩み始める子供が見られる昨今、悩みの深刻さから親が心配してプロに頼るようになっているようです。
しかしながら、子供の脱毛といっても大人と同じ料金がかかるため、何十万と高額なお金が必要となります。
また子供の皮膚は薄くて傷つきやすく弱いので、脱毛することで皮膚トラブルを起こす可能性があります。
脱毛中は日焼けもできないので、外にでる機会の多い子供のうちは脱毛することが難しいです。
こうした様々な事情を踏まえて、子供に脱毛をするべきなのかどうかしっかりと考えていく必要があります。

脱毛をすすめない理由

最近では小学生から脱毛サロンへ行く子がいます。
しかしそれが子供の体にとっていいわけではありません。
特に小学生、中学生は、男女共に体が変化する時期で、毛の周期も安定していません。
女の子は月経が始まると女性ホルモンが活性化して体毛が薄くなることもあります。
男の子は声変わりが始まったり、陰毛が生えたりしてくるころが第二次成長期で毛の量が安定しません。
毛の量、毛の周期が安定していないと、正しい脱毛効果が得られないので、余計に施術回数が増えてしまうことも考えられます。
皮膚も弱くて傷つきやすいです。
そのため小学生、中学生の子供が脱毛することはあまりおすすめできません。
脱毛は、大人の身体へなったとき行うのがベストです。
以上のような理由を踏まえた上でも、子供の脱毛を望む大きな理由がある場合、どうしても脱毛したい場合には、早くて3歳から脱毛できるサロンもあります。
信頼できるサロンを選ぶようにしましょう。

子供のむだ毛処理は、脱毛サロンへ行くことだけではありません。
むだ毛が原因でいじめられて、不登校になってしまっては困ります。
むだ毛の処理方法としておすすめなのが「除毛クリーム」を使う方法です。
気になる箇所にクリームを塗って、毛を溶かします。
カミソリなどを使わないため、間違って切る危険性もありません。
ただし除毛クリームによっては成分が強く肌荒れを起こすものもあります。
使用前に必ずパッチテストしてから使うようにしましょう。

肌が弱くて除毛クリームは使えない子供の場合には、電気シェーバーを使ってむだ毛を剃ってあげるといいでしょう。
ただ比較的すぐ毛が生えてきてしまうので、頻繁にチェックしてあげることが大切です。

子供の脱毛効果について

小学生、中学生くらいの子供でも脱毛ができるのかどうか。
できるかどうかと聞かれたら脱毛することはできます。
ただ正しい効果を得られるかと言われるとはっきりイエスとは答えられません。
なぜならば成長段階にある子供はホルモン状態が安定していないため、大人のように脱毛効果を正しく得ることができないのです。
特に女の子は、初潮を迎えることで女性ホルモンが活動し始めることで体も大きく変化します。
初潮後5年以上経過していなければ、ホルモン状態も安定していないので脱毛効果があまり得られないと言われています。
さらに毛の周期も安定していないので、余計に脱毛効果が得にくく、脱毛回数が増えてしまいます。
男の子の場合、毛の濃さは男性ホルモンに大きく影響を受けます。
そのため声変わり、陰毛が生えてくるなど著しく毛の量が変化している時期に脱毛してもあまり効果がありません。
男の子は早くても17歳以上にならなければ安定した脱毛効果は得られないと思います。

以上のことから、成長過程にある子供に永久脱毛などを施してもあまり意味がないかもしれません。
脱毛サロンへ行ってプロに施術を任せるほどではなく、まずは家庭で手軽にできる家庭用の脱毛器を使って脱毛してみるのがおすすめです。
通う手間や時間、高いお金がかかりません。
子供の脱毛の緊急度合いによっても違ってくると思いますが、まずは家庭用脱毛器で様子を見てみましょう。
成長期の子供が脱毛をしても、薄くはなるかもしれませんが多分また生えてくることを覚悟して行うようにしましょう。

ケノン

家庭用脱毛器で人気商品の「ケノン」。
人気ランキングにおいてダントツ1位の人気商品です。
日本製ということも人気の理由の1つです。
肌が繊細な日本人用に開発された脱毛器なので肌にやさしいです。
家庭用なのにかなり本格的で、驚くほど脱毛効果が高い、スピーディーなのも人気の理由です。

ケノンは独自の光システムを使っていて、従来の脱毛器より3倍も高出力となっています。
1回あたりの照射範囲もエステサロンなどより広いので効果を早く得られます。
業界最速の早さで、片ワキがたった10秒、片ひじ下が1分。
出力レベルを10段階調整することができるため、肌が繊細な人、子供でも安心して使うことができます。

ケノンの魅力は、肌にやさしくて痛みが少ないこと。
エステサロンなどと同じフラッシュ式なので、ツルツルでスベスベな肌を持続できること。
ジェルなどが不要で光を当てるだけなのでとても簡単にできること。

使用者の口コミ評価もかなり高く、すべすべ肌になって、ほとんどお手入れが必要なくなったなど喜びのコメントが多く寄せられています。
価格は73,800円と家庭用脱毛器としては高めですが、脱毛サロンへ行くことを考えればかなり安いです。
全身どの部位にでも使えるため、脱毛サロンで行ったことを考えればかなりお得です。

ただし子供の脱毛に関しては、必ず保護者が付き添って使うようにしましょう。
正しく使えば家庭用脱毛器を子供が使っても問題はないと思います。
脱毛後のアフターケアはするようにしましょう。
脱毛器を使用した後は、紫外線から肌を守る役割を果たすメラニンが不安定なので、使用後1週間は極力日焼けするのを避けるようにしましょう。
日焼け止めクリームをつけるとか、海など長時間炎天下にいることを避けるなど注意しましょう。

子供の脱毛年齢

現代は、脱毛サロンへ通って全身脱毛する女性が多くなっています。
それに伴い、脱毛したいと思う年齢層も一昔前よりも下がってきました。
小学生くらいの子供でも脱毛を考える時代、こうしたニーズから大手脱毛サロンなどでも7歳からできる脱毛プランを作るようになりました。
そんな中、3歳から脱毛できる「ディオーネ」が注目を集めています。

しかし小学生、中学生ではまだまだ成長過程。
小学生のうちに脱毛をしたとしても成長に伴い新しく毛根も作られます。
そのため子供のうちに脱毛をしても、大人になってまた新しい毛根から毛が生えてきて再度脱毛をしなければいけない可能性もあります。
こうしたことを理解した上で脱毛するかどうかを考えなければいけません。

中学生になると、ワキ毛や陰部の毛が生えてきてさらにむだ毛が気になりだします。
思春期になり周囲の目も気になりだします。
自分でカミソリで処理する子も出てくると思います。
しかしカミソリでは剃ったところが黒いポツポツになったり、肌を傷つけたりしてしまうため、むだ毛を完全にきれいにすることはできません。
きれいに脱毛するにはやはり脱毛サロンを利用する方法が一番です。
子供用の脱毛プランがないところでも、初潮から3年くらい経っていれば脱毛をしてくれるサロンもあるので問い合わせしてみるといいでしょう。

高校生になると、大人と同じように一般的な脱毛サロンを利用できます。
学生向けの回数券、月額払いなど一回あたりの支払いが少額で済むようなお得プランも用意されています。
さらにキャンペーンをうまく利用すれば、お得に脱毛することができます。
脱毛サロンではなく、自宅で脱毛をする場合には、脱毛クリームを使う方法もおすすめです。
美容成分の入った脱毛クリーム、抑毛効果のある脱毛クリームなどいろいろありますから手軽にきれいになることができます。

自己処理のメリットとデメリット

子供のむだ毛を処理する方法の一つが「脱毛」です。
子供が脱毛するメリットは、ムダ毛をきれいにできて、毛深いなどとからかわれることもなくなることです。

脱毛方法はいろいろあり、一つではありません。
仕上げがきれいで、安全、確実な効果が得られるなどメリットが多いのは、脱毛サロンなどプロに頼る方法です。
しかし費用もかかり、他人に施術されるという不安感があります。
一般的な脱毛方法として、カミソリを使ってむだ毛を剃る方法。
脱毛クリームなどの脱毛剤を使いむだ毛を溶かしてしまう方法。

このように自己処理する大きなメリットは、安くできること。
自分の都合のいいとき、思い立ったときにできること。
他人に見られず自分だけでできるため、恥ずかしさがないことなどがあります。
大人でも他人に体を見られるのは恥ずかしいと感じますが、子供の場合は特に他人にむだ毛を見られたり、処理されたりすることに抵抗を感じるものです。

自己処理するデメリットは、繊細な子供の肌はカミソリ負けしやすく、肌トラブルを起こす可能性があることです。
小学生など小さい子供がこの方法を行う場合には、大人が注意してカミソリで剃ってあげるといいと思います。
脱毛クリームに関しても、刺激が強すぎたり、肌に合わなかったりして肌トラブルを起こす可能性があります。
子供の肌は繊細なので、必ずパッチテストをしてから使わなければいけません。

自己処理する場合には、決して子供任せにしないで、親がサポートしてデメリットに挙げられたようなことが起きないようにしてあげましょう。

脱毛サロンのメリットとデメリット

大人だけではなく、子供にもむだ毛が濃いということは大きな悩みとなります。
深刻に悩みすぎたり、周囲からからかわれていじめに発展したりしないように、周囲の大人が子供の様子を見ながら対応を考えてあげる必要があります。
安全で確実に脱毛効果を得られる方法としては、脱毛サロンを利用する方法があります。

脱毛サロンを利用するメリットは、自分で脱毛するよりもきれいに脱毛できることが大きなメリットです。
自己処理のように肌を傷つけるとか肌トラブルを起こすといった心配も少ないです。
自分ではやりにくいような部位も処理できること。
脱毛しておくと、今後毛が生えにくくなることなどが挙げられます。

脱毛サロンを利用するデメリットは、費用が高額なことです。
子供といっても大人と同額くらいかかるところもあり、かなり高額になります。
また思春期の子供は、自分の体、デリケートな部位などを他人に見られること、むだ毛を見られることをとても恥ずかしいと感じるため、これもサロンの大きなデメリットとなります。
むだ毛がきれいになったとしても、サロンへ行くことが子供にとって精神的負担になってはいけません。

自分で行うよりも安全できれいになれる脱毛サロン。
しかし高い、恥ずかしい、といった子供にとって大きな問題があるため、くれぐれも大人が独断で決めるのではなく、子供の悩み具合、サロンへ行きたいという思いがあるかどうかなど慎重に話し合って決めてほしいと思います。

ディオーネ

3歳の子供が利用できる脱毛サロンとして有名な「ディオーネ」。
テレビ、新聞を始めたくさんのメディアに登場した人気サロンです。
子供のために考えて作られた脱毛方法を実践しています。
敏感な子供の肌でも大丈夫な「ハイパースキン法」という方法です。
毛根部分に特殊な光をあてて、毛の元になる部分を消滅させて発毛しないように予防する効果があります。
レーザー脱毛などのように施術時に高熱を使わないため、火傷、痛みなどの心配もなく子供でも安心してできます。
脱毛の施術は3週間から4週間に1度のペースで行っていきます。

ハイパースキン法の優れた点は、脱毛効果と共に美肌効果もあることです。
光をあてるたびに、肌の内側でコラーゲンが生成されるのを助けて美肌ケアをしていきます。
子供のころから美肌ケアすることで、大人になったときにも毛穴が広がりにくく、きめの細かい肌になることができます。

光をあてられているときも痛みは感じません。
ホットジェルの温かさを感じる程度で、痛みも肌へのダメージもありません。
そのため小さい子供でも脱毛することができるのです。

ディオーネでは、無料体験ができます。
子供の体験脱毛は必ず親が同行しなければいけません。
体験では、好きな部位を30分お手入れしてもらうことができます。
体験脱毛は、7,560円です。

全身脱毛の料金を紹介します。
3歳が180,000円、4才が200,000円、5歳が220,000円、6歳が240,000円、7歳が260,000円と年齢があがるにつれて料金も上がっていきます。
部位別の脱毛料金については、カウンセリングのときに質問してください。

3歳から脱毛ができるといっても、今後成長していくワキ、デリケート部位などへのアプローチは3歳ではできないため、このような部位への発毛予防効果はありません。
現時点で活動中の毛穴にだけ効果があることを理解しておいてください。

エピレ

子供脱毛の人気サロンNO.2は大手エステサロンTBCグループの「エピレ」です。
エピレでは、7歳の子供から脱毛ができるむだ毛脱毛コースを用意しています。
成長途中の子供を受け入れるサロンが少ない中、エピレではTBCの脱毛実績を参考にして安全で肌にやさしい脱毛マシンを開発しました。
子供でもむだ毛を気にして脱毛したいというニーズに応えました。
スイミング、バレエなどの習い事で、水着、レオタードなどを着る機会がありむだ毛が気になるお子さん、むだ毛が濃くて周囲からからかわれて悩んでいるお子さん。
かわいい服を着ておしゃれしたいというお子さんなどにおすすめです。

エピレでは、初めて脱毛する子供のファーストプランとして好きな部位を2箇所選んで脱毛できるプランを用意しています。
両ひじ、両ひざ、鼻下、首、背中、ヒップ、胸、お腹、ビキニンラインを始め19部位の中から2箇所選択できます。
エピレ、TBCを初めて利用する人限定の1回限り特別体験価格500円となっています。

その他の料金は、ひじ、ひざ、ビキニライン、背中、お腹など広い範囲の部位は12回49,800円。
鼻下、あご、ワキなど狭い範囲の部位は12回26,400円というように、部位、回数によって料金が変わってきます。
10箇所選ぶお得なセレクト10プラン、全身脱毛プラン、回数フリープランなど様々なプランがあります。
詳しい料金については、カウンセリングの際に確認してください。

エピレを安心して利用できるポイントは、強引な勧誘がないこと、入会金不要なこと、肌にやさしいこと。
万が一のためのドクターサポートが付いていること、料金が明確なこと、安全な脱毛マシンを使っていることです。

カレン

日本国内で子供脱毛を初めて採り入れたのがエステサロンの「カレン」です。
小学生、中学生、高校生を対象として子供脱毛を行っています。
九州地方を中心として直営サロンが全国に18店舗あります。
カレンでは、ハイパースキンカレンという機器を使っていて、皮膚科などでも行われる火傷の心配がない安全で安心、痛くない脱毛機です。
子供の脱毛はファッションのためというよりも、悩みを解決するための方法の1つとしてとらえ、子供の脱毛を行っています。

カレンでは子供が脱毛をするのに保護者へ対して約束事があります。
脱毛の際には必ず保護者が送り迎えして同伴すること。
子供に体験させる前にまずは保護者が体験をして、痛くないことと脱毛効果を実感すること。
親子の脱毛したいという意思が一致していること。

カレンには、「親子割」、「姉妹割」といったお得な特典があります。
親子で脱毛を同時に始める場合には親子共に脱毛が10%OFF、既にカレンに通っている親が子供を紹介した場合は子供の脱毛料金が10%OFF。
姉妹で一緒に始める場合には姉妹共に脱毛が10%OFFとなります。

カレンの子供脱毛の魅力はなんといっても安心で安全なこと。
そして痛くないことです。
体感温度は36度、子供でも痛くありません。
子供にも大人にもやさしい脱毛です。

子供脱毛には、ショートコースと12回コースがあります。
12回コースを契約すれば、20歳までメンテナンス無料の特典が付いています。
カレンでは良質なサービスを提供しています。
表示価格以外に追加料金も必要ないので安心して利用することができます。

脱毛ラボ

「脱毛ラボ」でも子供脱毛に対応しています。
ディオーネ、エピレのように3歳、7歳といった小さい子供には対応していませんが、12歳からできるようになっています。
16歳以上からの脱毛しか対応していないサロンが多い中、12歳からできる脱毛ラボは、子供脱毛に対応していると言えるでしょう。

脱毛ラボは、脱毛サロンとして月額定額制の全身脱毛プランを初めて採り入れたサロンです。
月額定額制、通い放題プランが人気となっています。
さらに脱毛した分だけ毎回都度払いするシステムも業界で初めて採り入れました。
辞めたいときにはすぐに辞められるというのも安心して通える理由です。

脱毛ラボでは中学生から全身脱毛ができます。
通常は50万円以上するような全身脱毛が、月額9,980円という破格の安さでできます。
月額9,980円、月に2回脱毛できるため1年で24回。
1年で約12万円、これで全身脱毛できる脱毛ラボ、金銭的にもかなり魅力です。
月額払いなので、金銭的なリスクが少ないことも大きな魅力です。
高校生でバイトが可能ならば、自分で支払って通うこともできるくらいの金額です。
全店舗が駅から近いのも通いやすいという大きなメリットです。

脱毛ラボは、S.S.C.脱毛で完全無痛脱毛を行っています。
もしも肌トラブルが起きてしまったとしても、治療費を全額保証してくれます。
脱毛効果がないと感じたら、全額返金してくれる制度もあるため安心です。

脱毛ラボでは、12歳から脱毛可能ですが、親権者のサイン、印鑑が契約の際に必要となります。
サロンへ行くときには、親子で行くようにしましょう。

ハイパースキン脱毛法

子供に人気の脱毛サロン「ディオーネ」も採り入れている脱毛方法が「ハイパースキン脱毛」です。
一般的に脱毛サロンで大人の施術に行われる光脱毛、レーザー脱毛とハイパースキン脱毛との違いについて説明します。
光脱毛、レーザー脱毛などでは、70℃?80℃もの高熱の光を毛の毛根部分にあてて、毛根を破壊して毛が再生してこないように鈍化させます。
そのため熱による熱さ、痛さを感じますし、皮膚トラブルも起こりやすいといったデメリットがあります。
ですからアトピー、敏感肌など肌の弱い大人、子供は施術を受けることができませんでした。
それに対してハイパースキン脱毛は、生まれ変わる毛の種をなくす方法で、最高でも38℃程度の熱をもつ特殊な光をあてていきます。
発毛因子を消滅して毛が再生しないようにするのです。
この方法だと成長期の子供の毛に対してもしっかり反応しますし、熱くもなく痛くもなく、施術前に肌を冷やす必要もないので、時間もとらず、うとうとしている間に終わってしまうくらい施術がスピーディーになります。
ハイパースキン脱毛は産毛に対しても効果があるため、顔、背中など産毛が多くて従来の脱毛方法ではなかなか効果が現れにくかった部分でも脱毛効果が得られるとして人気があります。
顔に対しては美肌効果も期待できて、Vライン、Iラインなどのデリケートな部分でも痛みがなく、色素沈着もきれいに仕上がります。

このようにハイパースキン脱毛法は、安全で確かな脱毛効果があり、痛みもなく、低料金、さらに脱毛しながら肌もきれいになるといういいことらだけの脱毛方法なのです。
光をあてることで肌内部でコラーゲンが作られるのを助けるため、カミソリなどで自己処理をして傷んでしまった肌なども肌を再生してきれいにしてくれます。

施術はハイパースキン脱毛機で脱毛したい部位に光をあてるだけです。
温かいと感じる程度で痛みはありません。
光をあてたあとは、美白保湿ローションなどでたっぷりと肌を潤してケアします。

ワックス脱毛

日本初上陸、話題の「ワックス脱毛」。
福岡にある「ブラジリアンワックス脱毛」を行うサロン「アンリィ」では子供脱毛も行っています。
こちらでは7歳以上の子供から脱毛することができます。
子供も、敏感肌の人も、従来行われていたワックス脱毛とは違って、天然成分を使った肌にもやさしい「トリプルエックス」というワックスを使い安全に脱毛することができます。

トリプルエックスは、高級なマツヤニ、お米のビタミンを組み合わせ作られたワックスです。
使用する材料は天然成分なので、肌にも安全です。
ワックスは35℃以下の低温で溶けます。

<トリプルエックスを使ってワックス脱毛を行うメリット>
・毛根から毛を抜き去るため、効果が長持ちする。
・すぐに脱毛効果が実感できて、無毛状態になる。
・毛が生えてきたとしてもチクチクしない。
・毛が再び生えてくるとき、毛周期によりまばらに生えるため、すぐに濃くならないこと。
・低温なワックスなので肌への負担が少ない。
・仕上がりがすべすべとした肌になる。
・安全な脱毛方法であること。

18歳未満の子供は、保護者の承諾がなければ脱毛することはできません。
ワックスを塗ってはがし、ローションで保湿するだけの簡単な方法です。
料金が安価なことも魅力です。
施術料金は両脇2,400円、背中4,000円、おなか3,200円、ひじ上3,200円、ひじ下3,200円、両腕セット5,200円。
ひざ上4,800円、ひざ下4,000円、両脚セット7,200円、頬2,000円、おでこ1,600円、鼻穴1,600円、フェイスセット4,000円などとなっています。
料金はすべて税抜きなので別途税金がかかります。

脱毛クリーム

子供のむだ毛が気になってはいても、脱毛サロンなどへ行くことに抵抗のあるお母さんも多いと思います。
自宅で子供のむだ毛が処理したいと考える人におすすめなのが「脱毛クリーム」です。
大人が使うような一般的な脱毛クリームは、成分が強く子供の肌には使えなかったり、ツンと鼻につく臭いを子供が嫌がったり、塗る時間待つ時間などがかかるので子供が待てなかったりしてなかなか使うことができません。

しかし最近では子供でも大丈夫な脱毛クリームが登場しています。
「パイナップル豆乳除毛クリーム」…天然素材を使っているため子供でも安心して使えるクリーム。
塗って5分待って洗い流すだけの簡単な除毛方法です。
カミソリより安全に除毛できます。
除毛成分、肌荒れ防止成分の両方を配合していて肌への負担を軽くしています。
産毛から太い毛までしっかりときれいに取り去ってくれます。
毛先を丸く処理しているので、再び生えるときのチクチくも気にならないので安心です。
除毛後は肌がつるつるでなめらかになります。
お手入れを続けるごとに、処理の手間も少なくなって、ツルツル肌が長期間持続できるようになります。
除毛クリーム特有の嫌な臭いを最新技術で最大限カットしたため、使用者の8割以上の人が臭いは気にならないと答えました。
内容量100g、税込価格2,808円です。

「コントロールジェルME」…小さい子供でも使えるむだ毛対策ジェル。
天然植物成分が入っているため肌にやさしく、敏感肌の人でも大丈夫、口コミでも評判の抑毛ローションです。
除毛クリームではないため即効効果はありませんが、時間をかけてつるつるの肌へと導いてくれます。
刺激なし、痛みなし、臭いなし、毎日塗るだけで赤ちゃんみたいな肌に近づけていきます。
顔、体、Vラインなど全身に使うことができるローションです。
子供のむだ毛が気になる部位につけたり、お母さんが顔につけたりして親子で使うことができます。
毎日お風呂上りにジェルを塗るだけの簡単お手入れです。
内容量は約1ヶ月分の150ml、税込価格6,980円です。

エステdeマイン

東京の池袋東口駅から徒歩1分のところにあるエステサロン「エステdeマイン」。
小さな子供でも脱毛ができるハイパースキン脱毛を取り入れているサロンの1つです。
ハイパースキン脱毛が登場してから、いろいろなサロンで子供脱毛ができるようになりました。
このエステdeマインでは、「小学生女子限定プラン」として小学生を対象とした脱毛プランを用意しています。
施術自体は3歳から可能です。
安全な脱毛方法だからこそ子供でも安心して脱毛することができます。

エステサロンとして20年以上の実績を誇るエステdeマイン。
痛くない子供脱毛を行うためにハイパースキン脱毛を採り入れて2年。
2周年の特別企画として行われたのが「小学生女子限定プラン」です。
無料でカウンセリングが受けられて、親子で10ショット無料でお試しできるプランです。
初回限定体験として4部位9,800円で体験することもできます。
小学生脱毛プランは、日曜日も予約することができます。
時間は12時?17時限定となっています。
プラン料金は1箇所を10回で40,000円、2箇所を10回で70,000円。
3箇所を10回で90,000円、4箇所を10回で100,000円、5箇所以上では1箇所につき25,000円?となっています。

子供脱毛を行っているサロンはいくつかあります。
しかし小学生向けにしっかりとプランを打ち出しているサロンは珍しいです。
子供の場合、成長期にさしかかるとホルモンの働きが活性化して再び毛も生えてきます。
しかし毛を抑制できること、精神的ストレスを軽減できること、自己処理する危険性を回避できることがメリットとしてあると思います。

家庭用脱毛器人気ランキング

自宅で手軽に使える脱毛器、家庭用の脱毛器の人気トップは先ほど紹介しました「ケノン」です。
その他にも人気の家庭用脱毛器があります。
人気上位商品をランキングで紹介したいと思います。

1位「ケノン」…エステ並みに高い効果を発揮する家庭用脱毛器、子供にも安心して使えます。
2位「トリア」…永久脱毛ができる1台、価格重視の人にはケノンよりもトリアがおすすめ、子供脱毛にも適しています。
3位「LAVIE」…低刺激なIPL照射、丁寧に施術できてきれいに脱毛できて美肌になります。
4位「ソイエ」…電動式のむだ毛除毛器、除毛器なので脱毛効果はありません。
5位「ノーノーヘアー」…むだ毛を簡単に自己処理できる、除毛器なので脱毛効果はありません。

子供が脱毛するのは肌への影響が心配されます。
しかしケノンならば、子供の肌質に合わせ出力レベルが細かく調整できるので安心して使うことができます。
人気3位のLAVIEとケノンを比較してみると、脱毛効果はほとんど同じです。
性能はケノンの方が上です。
細かい調整、最大出力、照射スピード、使いやすさなどすべてケノンの方が上です。
しかし微調整ができて、最大出力も大きいためケノンの方が若干脱毛効果は高いようですが、体感なのではっきりと断定することはできません。
実際には、ケノンもLAVIEも効果の具合は僅差のようです。
価格を比較するとLAVIEの方が2万円くらい安いので、価格を重視すればLAVIEでも十分だと思います。
長期的に考えて性能の優れたケノンにするか、初期投資費が安いLAVIEにするかは人によると思います。

ミュゼプラチナム

大人にも人気のサロン「ミュゼプラチナム」。
ミュゼプラチナムでは、子供脱毛ができます。
何歳からという具体的な年齢設定があるわけではなく、生理が来ている子ならば子供でもOKとなっています。
定期的に生理が来ることで、ホルモンバランスも安定していると判断して、正しい脱毛効果が得られると考えています。

ミュゼプラチナムで最もお得で人気なのがワキ脱毛です。
脱毛サロンでワキを脱毛する場合、一昔前ならば6回で数万円かかりました。
それがミュゼプラチナムでは、ワキの脱毛完了コースが用意されていて、3,000円ほどで納得いくまで何回でも脱毛してもらえるお得なコースがあります。
追加料金は一切かかりません。
未成年者が脱毛を申込む場合、保護者の同意書が必要です。
日本全国に189店舗もあるため、通いやすく便利です。
都合に合わせて店舗を移動することもできます。
このとき手続き、手数料などがいらないのも大きな魅力です。

ミュゼプラチナムは、強引な勧誘も一切なく、安心して通えると口コミでも評判の高い人気サロンです。
納得することができるまで、無料カウンセリングを受け続けることができます。
女性専用サロンなので、スタッフも全員女性です。
急にいけなくなったときにもキャンセル料が発生しないので続けやすいです。
途中で通えなくなってしまった場合は、残りの回数分を返金してくれて、解約手数料もかからないので安心してやめることができます。
全身脱毛など本格的な脱毛は、高校生以上から可能となっています。
お得な料金設定になっているため、初めての人でもお得に脱毛することができます。
若い世代に特に人気が高いサロンです。

キレイモ

人気脱毛サロンの「キレイモ」でも子供脱毛をすることができます。
子供に関して基本的に年齢制限はありません。
キレイモでは未成年も脱毛が可能です。
しかし親の同意書がなければ、脱毛することはできません。
リーズナブルな料金で脱毛できて、脱毛効果もしっかりと得られるキレイモは多くの人に支持されています。

キレイモが支持される理由としていくつか挙げられます。
・脱毛効果だけではなくスリム効果があること。
・学割などお得なプランがあること。
・イメージキャラクターへ有名人を起用しているので安心感があること。
・勧誘が一切ないこと。
・予約がとりやすいこと。
・1ヶ月に1回通うことで2回分施術してもらえるため、通う回数が少なくてすむこと。
特に学生の場合は、平日は学校があり、どうしても土日に予約が殺到します。
しかし1回で2回分の施術ができるため、忙しい人でも時間が作りやすくなり、予約もとりやすくなるのです。

キレイモでは、初めての無料カウンセリングのときに保護者に同席してもらい、契約することを推奨しています。
親にだまって契約してしまい、のちのちトラブルにならないように気を付けています。
親がどうしても同席できない場合には、事前に同意書に直筆で記名してもらい、子供が同意書を持ってカウンセリングに行くことになります。

キレイモでは、光脱毛を行っています。
使用される可視光線は、体に害のないものなので、光を子供にあてても安全です。

子供の口髭

小さい子供のうちから産毛のような口髭がたくさん生えている子供がいます。
子供の口髭を処理してあげたいと思っているお母さんも多と思います。
小学生、中学生の子供のむだ毛処理は、正しい方法で親が行ってあげる必要があります。
間違ってもカミソリなどで剃って処理しないでください。
薄くて敏感な子供の肌を傷つけることになりますし、剃ることで髭が濃くなって、大人になってから後悔することになります。

子供の口髭を脱毛する方法は、次の3つです。
・「除毛クリーム」…最もおすすめな方法、子供の肌にも安心なやさしい除毛クリームで脱毛してあげてください。
・「家庭用脱毛器」…ケノンなど、自宅で大人が操作してあげてください。
家庭に1台あれば家族みんなが使えるため便利です。
・「脱毛サロン」…親子割りのあるサロンを利用して、子供は口髭、お母さんはひざ下、ワキなど親子で一緒に脱毛することができます。
脱毛するならプロに任せるのが一番きれいに仕上がると思います。

口髭が濃いとかなり目立ちます。
友達に指摘されて小さいうちから悩み、コンプレックスになってしまう子供もいます。
コンプレックスとなる前に、子供の悩みを聞き、子供の将来のため親が早めに適切な処理をしてあげましょう。

口髭など子供の産毛に対してカミソリで処理するのは厳禁です。
思春期になるころには毛が濃くなってしまい、毛深い自分がどんどん嫌いになってしまいます。
正しい方法でしっかりと対策をしてあげるようにしましょう。

子供脱毛のまとめ

子供が悩むむだ毛の部位トップ3は、腕、脚、ワキです。
むだ毛の悩みは、大人も子供も同じです。
思春期に差し掛かる時期、毛にコンプレックスがあると人格形成、性格形成に影響してしまうこともあります。
周囲の目を気にして、おしゃれができなくなったり、内気な性格になったり、運動、勉強に集中できなかったり様々な影響が考えられます。
楽しく過ごせるはずの思春期がむだ毛のために楽しくなくなってしまうなんてもったいないです。
無理のない範囲で、脱毛処理をして楽しい青春時代を過ごしてください。

小中学生のような子供でも脱毛ができます。
しかし医療レーザーのような出力の強い脱毛はNG、そのため光脱毛を行っている脱毛サロンを利用することになります。
さらに子供の肌用に出力を調整した光脱毛ならば安心して肌へあてることができます。
成長期の場合、新しい毛がどんどん生えてきます。
しかしトリートメントをするなど定期的にメンテナンスをしていけば、きれいな肌を維持することができます。
子供専用の光脱毛をすれば、肌荒れ、火傷の心配もほとんどありません。

脱毛サロンを選ぶときには、子供向けの脱毛マシンがあるかどうか、子供向けの脱毛プランがあるかどうかをチェックして選ぶといいです。
大人の肌の2分の1程度の厚さしかない子供の肌、子供向けのマシンならば、痛くもなく火傷の心配もないので安心して通うことができます。
有名サロンでも、16歳以上しかダメとか、子供脱毛は行っていないところがたくさんあります。
事前にしっかりと確認してから選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 05.12

    激安自転車

  2. 2016 01.29

    沖縄に行こう

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ