女性の国内一人旅

この記事は18分で読めます

一人旅の経験がありますか

あなたは旅行がお好きでしょうか。
国内、海外問わず一人旅の経験はありますか。
一昔前まで、女性の一人旅と申しますと、傷心旅行と思われることが多かったのですが、最近は女性も普通に一人で旅をするかたが増えてまいりました。
航空機や新幹線が網羅する範囲もずいぶんと広がりを見せ、短時間で行きたい所へ行けるようになりましたし、上手に利用すればかなり価格を抑えることも可能となりました。
また、深夜バスを利用することにより非常に安価に、そして短い日数であっても時間を有効に使えるようにもなりました。
その分、ホテルや旅館、食事、お土産等のほうにお金を掛けられるようにもなり、女性にとってとても嬉しい旅行が出来るようになったのです。
このように、個人で好きな乗り物を使い、好きなところへ好きなように出かけていくことも可能ですし、最近は旅行会社主催のツアー旅行でも、お一人様OKのツアーが増えましたので、初心者のかたには、そちらもおすすめです。
中には、お一人様限定ツアーなどを主催する会社も出てきました。
参加者全員が一人というのは、安心感も増してとても気がラクですね。
一人旅には憧れるけれども、いざ一人で出かけるとなるとちょっと尻込みしてしまうというかたには、非常におすすめです。
移動は他のかたがたと一緒ではあるものの、皆さまが一人旅ですのでそこで色々なかたと親しく交流するのも良いでしょうし、ずっと一人で気ままに過ごしても、不安や心配な部分はありません。
まして、国内旅行の場合は一人で行動していても言葉の心配が一切ありませんから、一人旅デビューのチャンスだと思います。
このようなツアーを1?2回ほど経験すれば、完全な一人旅も難なく出来るようになるのではないでしょうか。
一人旅の経験がある女性のかたは、最初の一人旅はどのようなもので、どのあたりへお出かけしましたか。
一人旅をしたいと思う女性にそのようなことをシェアしてあげると喜ばれます。
これから、女性の一人旅に役立つような情報を提供しようと思いますので、興味があるかたは最後までご覧になってくださいね。

スポンサードリンク

女性が旅に期待すること(1)

一人旅に出かける理由は、主にメンタルな部分にあると思います。
リフレッシュしたい、日頃の疲れを癒したい、非日常を味わいたい、好奇心を満足させたい、現実逃避がしたい等々、さまざまな理由があることでしょう。
このためには、気心知れた友人との旅行も良いのですが、友人といえども朝から晩まで一緒にいたのでは、気も遣わなくてはなりません。
そのため、意外と気を遣ってしまう女性のかたのほうが、一人旅を望んでいたりするのですね。
そして、具体的に旅の中身についての期待も、人それぞれに色々とあるでしょう。
多くの女性は、旅行に期待するもののひとつとして、ホテルや旅館などの宿泊施設を挙げています。
短い時間とはいえ、旅行先で思いっきりくつろげる場所でもありますし、自分の部屋とは似ても似つかないような空間で非日常を味わうためにも宿泊施設は重要ということでしょう。
さらに、素敵なホテルや旅館は強く印象に残るものですから、将来、ご自身の一人旅を思い出すときにも、とても重要なものとなるのではないでしょうか。
ですので、女性の一人旅では、少し奮発してお洒落な宿泊施設を選ぶことをおすすめします。
もちろん、宿泊施設は気持ちよく寝られればそれで良いというかたは平均レベルのところで良いと思いますし、予算が少な目のかたでしたら、旅行中毎日というわけではなく、予算に合わせて一泊だけ素敵なホテルに泊まってみるなどでも良いと思います。
最近は、国内のホテルや旅館でも女性の一人旅のかたを歓迎していますし、お得でお洒落な一人旅用のプランまで用意してくれているところも増えてきました。
このような女性思いのきめ細やかなプランは国内の宿泊施設ならではのサービスだと思います。
このようなプランは是非とも利用することをおすすめしますし、そこから得られる一人旅の優雅さも充分に楽しんでいただきたいと思います。

女性が旅に期待すること(2)

女性は、なににつけても男性よりも物事を楽しむのが上手です。
旅もそのひとつで、男性の多くは宿泊施設も寝られれば良いという考えのかたが多いですし、食事に関しましてもあまりこだわりが無く、コンビニやファーストフードなどでもまったく構わないというかたは多いです。
ですが、女性の場合はちゃんとくつろげる素敵な宿をとって、食事も土地の名物を食すことが多いですよね。
一人旅でもやはり食事は旅の楽しみのひとつです。
お友達と一緒ですと、いつも自分の食べたいものばかりを主張するわけにもいきませんので、お友達に合わせて食べたかったものを逃すというケースも多々あります。
一泊二日程度では食事の回数も限られますので、そのようなことも多いのです。
一人旅は、自分が好きなものや食べてみたいと思っていたものを、誰に気兼ねすることもなく全食事回数分、食べることができます。
一人旅ならではの贅沢であり自由さではないでしょうか。
もし、街の中の食事処に一人で入ることに勇気が必要だったとしても、たった一度でいいので、勇気を出して入ってみてください。
意外とあっけなくて、次回からはラクに入れるようになるかたも多いですよ。
それでもどうしても無理なかたは、最初から食事付きの宿を予約するか、もしくはルームサービスで出来るだけ土地の物を選んで注文することをおすすめします。
また、大きな市場などがある街では、大概、土地の名物を食べることができますから、行ってみるのもおすすめです。
しかしやはり、この先も一人旅をしたいと思うのであれば、一人で食事することに慣れた方が良いです。
海外では注文すらできなくて困ることも多いですが、国内の場合はそのような心配はありませんからハードルは低いです。
もう国内でも女性の一人旅が珍しくなくなった現在、どなたもあなたに注目していませんから、安心して一人の食事を楽しんでください。

女性が旅に期待すること(3)

女性の一人旅に限ったことでもありませんが、旅先での出会いを期待しているかたは多いです。
出会いと申しましても、運命の人との出会いや恋人にしたい人との出会いというわけではありません。
もちろん、そのような出会いがあればなお良いのかもしれませんが、旅先ではそのような出会いよりも、土地のかたとの触れ合いがとても大切に思えます。
国内の旅行ですからどなたにも言葉が通じますし、たとえわかりにくい方言があったとしても、それもまた旅の魅力の一つでもありますから遠慮なく聞き返してみたら良いと思います。
ほとんどのかたは、旅行者にはとても優しいですし親切です。
寂しさを感じたときには、土地のかたに何かを尋ねてみることをおすすめいたします。
大概はとても親身になった答えが返ってきますし、お話好きのかたは色々なお話もしてくれるでしょう。
また、同じように一人旅で来ている女性や男性のかたとの出会いもあります。
多くの場合、観光地巡りをしていて、何度か同じ場所で出会ったりすると声を掛け合うようになることが多いようですね。
知らないかたにでも気軽に声を掛けられるタイプのかたは、相手も一人旅かなと思った時に声をかけてくれるかもしれませんし、もちろん、あなたのほうからかけてみても良いと思います。
お互いに一人旅同士ではあっても、旅の途中だけは一緒に行動したり、一緒に移動したりということはよくあるものです。
とくに女性同士であれば、知らない男性よりはだいぶ安心感がありますから、気が合いそうでしたら一緒に行動してみることをおすすめいたします。
そのようなことを煩わしいと思うかたでも、困ったときにはどなたかの助けが必要ですから、知らないかたとの触れ合いにも慣れておきましょう。
国内の一人旅に慣れてきますと海外の一人旅にも挑戦したくなるかと思いますが、基本的には同じです。
言葉が通じるか通じないかだけの違いですが、言葉が苦手なかたでもなんとかして「人に尋ねる」ということを繰り返して、旅を進めてゆくことになります。
特別な出会いでなくとも、旅では人とのふれあいは必須です。

一人旅が出来ない理由

女性の多くが一度は一人旅をしてみたいと思っています。
ですが、いざとなると出来ないのは何故なのでしょうか。
その理由はいくつかありますが、最も多いのは、「一人は寂しいから」というものです。
確かに、何を見て感動してもそれをシェアする相手がいませんし、移動時や食事時の話し相手もいませんから、おしゃべり好きな女性にとっては寂しいという気持ちもよくわかります。
しかし、何かに感動してそれをすぐさまシェアする相手がいると感動も分散されてしまうのではないかと思います。
何故なら、シェアする相手がいない時、その感動はそのままダイレクトに自分自身の中だけに留まり、言葉として発することもできませんから、さらにどんどん大きく膨れ上がります。
つまり、一人で観るほうが感動は何倍も大きいということを知ることになります。
いつもどなたかと一緒では、一生、このような体験をすることはないでしょう。
一人だからこそ、目の前のものが良く見えますし、周りの音がよく聴こえるのです。
おしゃべりしながらでは、その半分も感覚として捉えることは不可能です。
本当に行ってみたかった場所こそ、一人旅で訪れることをおすすめしたいですね。
国内の一人旅でしたら、自分から危険そうな場所に近づかないかぎり、ほとんど危険はないでしょうし、地図がわかりにくくても、どなたかに尋ねればよいので道に迷うこともありません。
移動時間などは次に訪れる場所を詳しく知るためにガイドブックなどを読んで過ごしたり、この際ですから普段あまりできない読書などをしても良いと思います。
どうしても寂しい思いが出てくるようであれば、スマホで友人に連絡をしてみたり、訪れた場所の写真を送ってみたりしてはいかがですか。
国内ですので、電話をしてもそれほど高くなりませんし、いくらでも寂しさを紛らわす方法はあります。
しかし、出来ることならば、せっかくの一人の時間を寂しさごと全て楽しみ、できるだけスマホや携帯電話は使わないことをおすすめします。

旅の目的を作る

女性の一人旅が以前よりもグンと増えたとは申しましても、やはりまだ男性の一人旅ほど多くはないですし、一人旅してみたいけれども、あともう少しの勇気がないなどとおっしゃるかたは多いです。
そしてその理由として、一人の時間をどうやって過ごしたら良いのかわからないということと、何故、女性が一人旅をしているのかという他人の視線が気になるということが多くのかたがたから挙げられています。
そのようなかたにおすすめしたいのは、「旅の目的を作る」ということです。
一人旅のイメージといたしましては、とくにこれといった目的もなく、好きな時に行きたいところへ行き、観たいものを観て、食べたいものを食べるというようなものではないですか。
ですが、普段から一人で気ままな行動をするのが苦手なかたは、旅先であってもなかなかそのようなことはできないものです。
それで何をしたら良いのかがわからず、自由な一人旅がつまらないだけのものになってしまうのです。
そのようなあなたは、旅の目的を是非とも設定してください。
たとえば、たくさんの写真を撮ることでも良いでしょうし、旅行内容をブログにアップするということでも良いでしょう。
名物をできるだけたくさん食すというのも楽しそうですし、見所を全て見尽くすというのでも良いですね。
地域の温泉めぐりもおすすめです。
当然のことですが、ご自分ができるだけ興味を持てる目的でなければなりません。
目的を作れば、それを果たすために時間を使うことになりますから、何をしてよいかわからないということもありませんし、時間を持て余すこともありません。
国内の旅行でしたら、さまざまな目的を作ることが可能だと思いますし、その目的を達成するのも難しいことではありません。
また、何のための一人旅かと聞かれた場合であっても、ちゃんと答えることができます。
国内旅行で目的を設定した一人旅を何度かしているうちに、やがて目的もなにもなく思い立ったらすぐに出かけられるような自由気ままな一人旅が出来るようになってゆくことでしょう。

遠方の友人・知人に会う旅

一人旅をしてみたいけども、なかなか勇気がない。
でも、やはり一生に一度はしてみたい。
出発から帰宅までの間、完全に一人旅と思うからハードルが高いのではないでしょうか。
たとえば、遠方に住んでいるご友人やご親戚を訪ねることをメインとした旅というのはいかがでしょうか。
これは明確な旅の目的にもなりますし、会っている時間は一人ではありませんから寂しさもほとんどない筈です。
さらには、ガイドブックには載っていないような現地情報が聴けるチャンスでもありますから、大変おすすめですね。
たとえそれがほんの数時間であっても、旅先でよく知った顔に出逢えるのは本当に安心するものですし、おしゃべりをするとホッとすることでしょう。
女性は、ひとりでの食事がどうしても苦手というかたが多いですから、一回分の食事を共にするのも良いですね。
そのような目的があれば、一人旅という感覚はだいぶ薄れてくるのではないでしょうか。
それでも、れっきとした一人旅であることには違いありません。
往復の乗り物も一人ですし、宿泊やほとんどの食事も一人、会っている時間以外の観光も一人きりです。
このような旅が出来るのでしたら、もうすぐにでも完全な一人旅も出来るはずです。
やはり、家族や友達、恋人としか旅をしたことがないかたが、いきなり一人旅というのは、かなりの勇気が必要となりますので、少しずつ一人に近づくよう、段階を踏んで行くのがおすすめです。
そして、やがて知っている顔に出会う旅を卒業したのでしたら、あとはそのまま回数をこなして慣れてゆくだけですからもう怖いことはありません。
国内の隅から隅まで難なく一人で旅ができるでしょうし、国内がもの足りなくなってきたら、海外に挑戦する女性も出てくることでしょう。
ただし、一人旅は自由で気ままですが女性の場合、見知らぬ土地ではできるだけ夜は出歩かないことや、人気のない場所に行かないよう、くれぐれも注意をしてください。

宿泊先で楽しむ

女性の一人旅でしたら、たぶん宿泊先は比較的豪華なところを選ぶと思いますが、実際、一人旅の初心者のかたには豪華なところをおすすめします。
山奥のひなびた温泉宿に宿泊してみたい気持ちもわかりますが、女性の一人旅、しかも初心者の場合はそれは避けた方が無難です。
まず、山奥という場所があまりにもひっそりとしていて寂しさが倍増しますし、ひなびた温泉宿は夜ともなればなんとなく怖い感じがするのではないでしょうか。
女性の一人旅にはおすすめできません。
思い切って、少し豪華なホテルや温泉旅館を選びましょう。
チェックインの時間になりましたら、一度、お部屋に荷物を置いて一息ついて、またお出かけするなり、そのままホテルで過ごすことも出来ます。
外をぶらぶらする時間が短くて済みますから、あまり長時間一人でうろうろしたくない一人旅初心者のかたには良いのではないですか。
もっとも国内の旅行では、外をぶらぶらしていても特に危険なことはありませんので、ホテルの周囲をのんびり散策してみるのもおすすめです。
大浴場が温泉などでしたら、夕食までの間にお風呂タイムも良いですね。
海外では大浴場というとプールのような感覚になっていますので水着が必須ですから、温泉にゆったり浸かれるのは国内旅行ならではの楽しみでもあります。
エステやあかすりなども利用すれば、いよいよ優雅な女性の一人旅らしくなってきます。
と同時に、旅の疲れも取れてきますから、就寝までの時間は明日の予定を立てたり、お酒が好きなかたは、バーで少し時間を潰すのも素敵です。
そのような場所から出会いが生まれる可能性もありますからね。
優雅なホテルタイムを過ごしたら、夜は早めに休みましょう。

パワースポット巡り

近頃話題のパワースポット。
特に女性の旅行先としては人気を誇っていますが、あなたは訪れたことがありますか。
国内で言うところのパワースポットとは、多くの場合、有名な神社仏閣、もしくは神聖な山々などを指してそのように呼ばれています。
例えば、伊勢神宮、明治神宮、日光東照宮、富士山、高野山等々のようにです。
海外の場合ですと、古代遺跡や自然の景観などがパワースポットになっている場合も多いです。
たしかに、そのような神聖な場所へ行きますと、自然と身が引きしまる思いがします。
そして、神様やその土地の何かしらのパワーももらえて、願い事も叶いそうな気がしてくるものです。
パワースポットと呼ばれるところは、国内にも非常に数多くあります。
一度の旅行で、それらを何カ所も見て周る余裕はないと思いますが、一か所か二か所決めて、そこへ行ってみることをおすすめします。
ただ、注意をしていただきたいのは、パワースポットと呼ばれている場所は、本来は非常に神聖でなければならないような場所のはずです。
だからこそパワースポットとも呼ばれるのではないですか。
そのような場所に観光客がドドっと押し寄せてゆくのは、果たして良いことなのかどうか大いに疑問ですが、やはり行ってみたい気持ちはどなたにもあるでしょうから、パワースポットこそ一人旅で静かに訪問することをおすすめいたします。
国内に数多くあります凛とした佇まいの神社仏閣を、女性たちが大勢でキャーキャーと騒ぎながら歩いて回るのは、客観的に見ても見苦しいものではないですか。
しかし、人は自分のこととなるとなかなかそのようには見えないものです。
一人旅で静かにパワースポットに佇む方が、よりパワーを全身に感じられてパワースポットの恩恵をたくさん受け取ることができるように思います。

夏の一人旅なら避暑地へ

一人旅に慣れていないあなたは、旅先でもカップルやグループ旅行者が少ないところがおすすめです。
何故なら、カップルやグループ旅行者が周りにたくさんいればいるほど寂しさを感じやすくなるからです。
一人旅に充分慣れて、そのような環境にいてもなんとも思わなくなれば、どこに出かけても周りを気にせず楽しめるのですが。
夏はとりわけ、女性の一人旅が寂しく感じることも多いですから、旅の行き先として国内の避暑地をおすすめします。
避暑地でもいろいろありますが、自然がお好きなかたはハイキングコースやトレッキングコースを歩くというのもおすすめです。
そうすれば、それがそのまま旅の目的にもなりますし、自然の中を一人でのんびり歩くことによって、いつの間にか精神的にも癒されていることに気付くことでしょう。
また、ハイキングコースやトレッキングコースとして有名なところは、騒がしいカップルやグループ旅行者が少ないですが、やはり自然が好きな旅行者のかたがのんびりとしたウォーキングを楽しんでいますので、まったく人影のないところを歩くのとは違い、安心感もあります。
すれ違う時に挨拶を交わすのも自然に行われることですし、同じように一人旅のかたと時間を共にすることもありますので、一人旅の醍醐味でもある人との触れ合いを楽しむことも容易にできるのです。
ハイキングコースは、女性の一人旅のかたも、意外といらっしゃるのですよ。
国内の旅行ですから、どなたとでも気軽に言葉を交わすことができますね。
普段の生活では、知らない相手には挨拶すらしたことがないというかたであっても、旅先ではあなたからも声をかけてみましょう。
お友達や恋人と一緒の旅行では、なかなか出来ないことですから、そのような細やかな触れ合いを大切にしていただきたいと思います。

一人旅におすすめの旅行先(北海道)

女性の一人旅におすすめの旅行先を具体的に挙げてみたいと思いますので、ぜひ参考にしてくださいね。
一人旅初心者のかたにおすすめなのは、やはり大きな都市部よりも自然が多い旅行先です。
国内の旅行でしたら、航空機を使えばほとんどが一泊二日という短い日数でも可能です。
離島など、船を使用しなければならないようなところですと、もう少し日数が必要となりますので、最低限、三泊四日程度は確保してください。
一人旅初心者のかたには、とりあえず日帰りか一泊二日をおすすめしますので、航空機で移動できる範囲が良いでしょう。
旅行先としてどのようなかたにも大人気の北海道ですが、女性の一人旅で北海道を選ぶかたが最近、非常に増えていることをご存じでしたか。
北海道の場合、札幌は人口が200万にもなる都会ですが不思議と東京や大阪のような猥雑さがありませんので、女性の一人旅でも臆することなく街歩きを楽しむことが出来ます。
ほんの少し電車に乗って移動すれば街からすぐに北海道の大自然に囲まれますので、ホテルを札幌に確保して、そこを中心に小樽方面や旭川、美瑛、富良野方面などまで足を延ばしますと、北の都会と北海道らしい自然と両方を一度に体験できますので、大変おすすめです。
また、もうすぐ北海道新幹線が開通されて北海道の玄関口である函館まで陸路で行けることになりますので、函館で一泊二日過ごすのもおすすめです。
鎖国から解放された我が国が最初に港を開いたひとつが函館ですから、いち早く西洋文化を取りいれた街には、古き善き時代の見所がたくさん詰まっていて、一人でも決して飽きることがありません。
面白いことに、タクシー会社などではGLAYファンのための観光コースも用意されていますよ。
食事もバラエティに富んでいて非常に美味しいので、一泊二日でも短いと感じるかもしれません。
さらに、とにかく北海道らしさを満喫したいというあなたは、世界遺産に登録された手つかずの自然の宝庫であります「知床」まで足を伸ばしてみてもよいでしょうね。
見所はたくさんあり、食事も美味しく、一人旅だからといって時間を持て余すことがほとんどないと言っても過言ではない北海道。
女性の国内一人旅に、これほど最適な場所は無いと思います。

一人旅におすすめの旅行先(冬の北海道)

冬が特別苦手でなければ、冬の北海道もおすすめですよ。
北海道は、夏と冬ではまったく見せる顔が異なります。
みなさまご存じのとおり、雪が降りますと一面の銀世界になりますので、何もかもが真っ白に染まってしまいます。
雪も本州の雪と異なり、サラサラで傘も必要ないほどです。
あの幻想的な白い世界をまだ体験したことがないのでしたら、一度は一人旅で冬の北海道へ行ってみることをおすすめします。
ただし、外は本当に寒いですから長い時間の観光は出来ないでしょう。
スキーやスノボなどのウインタースポーツをするのでしたら別ですが、女性の一人旅でウインタースポーツをしたいというかたも稀だと思いますので、もしあなたが雪道でも運転できるのでしたら、レンタカーを借りてドライブするのも良いですね。
バスや列車に乗り、車窓から雪景色を眺めるのも一人旅らしくておすすめです。
国内で流氷が見られる唯一の北海道でもありますし、道北や道央では氷点下20度以下の気温を体験することも可能です。
そのような気温の中では空気中の水分までもが凍りつき、目の前でキラキラと輝くダイヤモンドダストを観ることが出来るかも知れません。
また、外が非常に寒い分、北海道の建物の内部はとても暖かいです。
暖かいお部屋で、外の雪景色に目をやりながら物思いに耽るのも一人旅ならではの体験でしょう。
また、外が寒ければ寒いほど、温泉が極楽です。
一度は冬の北海道で露天風呂につかる体験をしてみてください。
国内旅行ならではの贅沢さとは、まさにこのようなことだと実感できるでしょう。
さらに、星空の美しさも天下一品です。
凛とした冷たい空気を通して空に輝く星々が異常なほど美しく輝いて見えます。
もしかすると、女性が一人旅で冬の北海道を訪れたなら、極上の温泉宿に引き籠って過ごすだけでも充分に充実した旅になるかもしれません。
あとはあなた次第です。

一人旅におすすめの旅行先(京都)

どなたでもおっしゃるかもしれませんが、京都ほど一人旅が似合うところはありません。
日本人の心のふるさとでもある京都は、多くのかたが一度は訪れたことがある場所だと思います。
国内の旅行においては、一番、訪問者数が多いのではないでしょうか。
京都が好きになれば、何度も足を運ぶかたもいらっしゃいます。
一度や二度では見尽くせないさまざまな美しい見所が京都にはあります。
男性であっても、女性であっても、一人旅をしているかたが多いのも京都の特徴ですから、女性の一人旅でもまったく不自然ではないですよね。
むしろ、風景に溶け込むかのように極めて自然です。
しかし、一人旅以上に、団体客も多いです。
時期を間違いますと、修学旅行の団体さんが次から次へとやってくることもあります。
外国人の団体客も多いです。
しかし、他の都道府県に比べますと、自分が一人旅をしているということが、ほとんど気にならないのも京都の良さであると思います。
そのため、京都を一人で旅するのに、必要以上の勇気は必要ありませんし、緊張感もすぐになくなると思います。
ただ、ご存じのとおり京都の見所の多くは神社仏閣となりますので、そのような所が嫌いというかたにはおすすめできません。
もちろん、神社仏閣以外の見所もありますので、そちらで楽しむ分には問題ないのですが、年を重ねれば重ねるほど京都の和の魅力が理解できるようになりますので、そのようになってからでも遅くはないと思います。
さらには、京都の場合、旅する季節を選ぶことをおすすめします。
桜の時期、紅葉の時期、それ以外の時期、それぞれに趣きがあり、いつ訪れても素晴らしいのですが、より好みに合った時期というのがありますからね。
そして、京都を旅するのでしたら、やはり宿泊も日本風のところに泊まりたいですね。
旅行者が多いぶん、宿泊施設もピンからキリまで、さまざまに揃っています。
あなたの一人旅を盛り上げてくれる宿がきっと見つかるはずです。

一人旅におすすめの旅行先(奈良)

国内で、もっとも日本を感じられる場所と申しますと、京都と奈良が真っ先に挙げられると思いますが、あなたはどう思いますか。
両者共にもっとも日本的であるのはその通りですが、そうであればこそ京都と奈良を同一視してしまうかたは多いです。
ですが、両者は非常に似ているようなイメージはあっても、それぞれに確固たる個性があります。
それこそ、実際に旅してみないと実感としてわからないようなことですので、すでに京都へ何度も足を運んでしまったかたには、奈良県をおすすめいたします。
旅の日数を多く取れるのでしたら、京都と奈良の両方を周っていただきたいですが、1?2泊程度でしたら奈良をじっくり周って観ることをおすすめしますね。
奈良もまた、女性の一人旅がとてもよく似合う場所です。
そして、京都に比べますと団体客が若干少な目ですから、より過ごしやすいのではないかと思います。
時期によっては、京都と同じように修学旅行生が次々にやってくる場合もありますので、そのようなことが気がかりであるとすれば、事前の下調べは念入りにしておいてください。
奈良もやはり神社仏閣が多いですが、とりたてておすすめなのは仏像の美しさでしょう。
仏像のお顔までよく見て歩いてください。
また、鹿がたくさん歩いていることで有名な「奈良公園」もちゃんと健在で、鹿と直に触れ合うことが出来ます。
神社仏閣でも知名度の高い「春日大社」も、ぜひ訪れていただきたいですし、古代のロマンがいっぱいの明日香村などは特に女性の一人旅にはおすすめです。
謎の遺跡が点在していて、ミステリアスな雰囲気が漂います。
また、飛鳥大仏など、歴史の教科書などで一度は学んださまざまな日本の宝を見ることができますよ。
まだ一度も奈良を訪問していないかたはもちろんのこと、修学旅行で一度だけ訪問したかたも、大人になってから訪れる奈良は別物だと思うくらい素敵です。
まだまだ国内旅行も捨てたものではありません。

一人旅におすすめの旅行先(鎌倉)

一人旅に慣れるまで、多くの女性は段階的に少しずつレベルを上げてゆく方が無難でしょう。
もちろん、行動力のある女性でしたら、いきなり夏休みの一週間を一人旅で過ごすなどということも貴重な体験となりますので大変良いのですが、通常は最初の一歩が踏み出せないものですので、入門編としては日帰り旅行が良いかもしれません。
あなたが首都圏にお住まいであれば、おすすめは鎌倉(神奈川県)です。
遠方にお住まいのかたは日帰り旅行は難しいので、一泊二日は必要です。
鎌倉は大きな大仏で有名なところですが、昔、鎌倉幕府が置かれていた場所ですから、京都や奈良のような雰囲気を、首都圏で味わうことができるのですね。
国内旅行でなければ味わえない、和の雰囲気がお好きなかたにおすすめです。
神社仏閣が多数あり、中には、縁結びの神様や商売繁盛の神様もいらっしゃいますよ。
また、厄除けのパワースポットとして有名な「鎌倉宮」があり、鎌倉のシンボルでもある大仏は「高徳院」というところに坐しています。
大仏様の体内にも入ることが出来ますので、せっかく訪問した記念にいかがですか。
みなさまが縁結びと同じくらいお好きなのが、金運の神様だと思いますが、銭洗弁天様もいらっしゃいます。
洞窟内部に祀られているのですが、内部にあります清水でざるに入れたお金を洗うことでお金が増えると言われていますので、ぜひあなたにもおすすめいたします。
たぶん、ここを訪れたかたの99%はお金を洗うことでしょうね。
歴史がお好きなかたや、神社仏閣に興味がある女性にはおすすめなのですが、そのようなものに関心がないかたは、鎌倉では退屈してしまうかもしれません。
もっとご自身の興味を引く場所が良いと思います。
首都圏には日帰りできる観光地がいくつもありますし、格安なLCCも飛ぶようになった現在、国内の日帰り範囲は格段に広くなりました。

一人旅におすすめの旅行先(離島)

日常の煩わしさから離れて、さまざまなことをゆっくりと考えたり、ただただボーっとして過ごしたり、そのような目的の一人旅でしたら、国内のあちらこちらにあります離島はいかがでしょうか。
とくに有名な観光名所もないとなれば、フェリーなどで島に渡るひと手間をかけるかたは少ないです。
そのため、オンシーズンであってもそれほど賑やかではありませんし、同じように一人旅のかたを見かけることも多いことと思います。
なにか考え事をするときには、日常から離れた場所がおすすめですよ。
目に入るものや耳に入るものがいつもと違っていますと、頭の中にもいつもと違うインスピレーションが降りてきたりするものです。
悩み事などの考え事のほかに、なにかの計画を立てる時や、仕事での企画書を書かなくてはならない時などにも、ちょっと日常を離れてみることをおすすめします。
離島は離島でも、沖縄のよく名前が知られている離島の場合は賑やかなこともあります。
カップルや家族連れ、グループ旅行者などを避けたいのであれば、できるだけ名前が知られていないようなところがおすすめです。
よほど小さな島でないかぎり、宿泊施設くらいはありますが、お出かけする前に予約をしていったほうが安心です。
女性ですから、万が一、満室ですと野宿するわけにもいかず途方に暮れてしまいますので。
先頃、世界遺産登録されました小笠原諸島などは穴場ではないでしょうか。
世界遺産登録されたことで、以前よりは旅行者が増えましたが、船で一日かけないと到着しない上に、週に一便しかないという不便さから、大勢が一気に押し掛けるということはありません。
そのような旅でなければ、長時間の船旅などする機会もないでしょうし、一人旅の女性が甲板で海を眺めている光景はとても絵になりますよ。
島根県の隠岐諸島なども秘境的で良いですし、夏でしたら、最北の離島である礼文島や利尻島もおすすめです。
国内には、まだまだたくさんの離島が点在しています。
あなたの秘密の隠れ家ならぬ、隠れ島を見付けてみませんか。

一人旅におすすめの旅行先(沖縄)

精神的にも旅行的にも楽しい一人旅を望むのであれば、はやり国内でもっとも暖かい沖縄県がおすすめです。
沖縄の冬はとても短いですが意外と寒いですから、冬の1?2カ月を避けて旅した方が良いでしょう。
人は少し暑いくらいの気温のなかにいると、ちょっとした悩み事ならどうでもよく思えてきますから不思議です。
熱い太陽が心のわだかまりを溶かしてくれるのかもしれません。
ただし、深刻な悩みがある時には沖縄はやめた方が良いです。
周りはカップルやグループ旅行の若者でいっぱいですから、女性の一人旅ではかなり寂しさを感じてしまうでしょう。
しかし、考え事や悩み事があるわけでもなく、純粋に一人で旅を楽しみたい場合には沖縄は楽しいです。
南国特有の解放感に、日本国内とは思えないような美しい海、ハイビスカスをはじめとした熱帯性の植物、テレビなどで聴いた覚えのある沖縄民謡、あまり馴染みのない食べ物の数々、そのような中に身を置いていますと、本当にここは国内なのかと不思議な気分になってきます。
米軍の基地がありますから街の中では外国人も多く見かけます。
街歩きは一人でも充分楽しいですし、ビーチで一人でも平気なかたでしたらあの美しい海に入るのもおすすめです。
沖縄といえば、やはりあのビーチを楽しまなくては訪れた甲斐がありません。
海に入るのはちょっと、と思うのでしたら砂浜で寝転がったり、人間観察も楽しいと思います。
ボートの底から海中を見ることが出来る、グラスボートも人気がありますよ。
また、沖縄と申しますと海ばかりが強調されますが、首里城やひめゆりの塔、水族館、琉球村、琉球ガラス村、アメリカンビレッジ等々、観光する場所も数多くありますので、海好きなかたでなくても楽しむことができるのです。
国内でありながら、ちょっと外国を旅した気分にもなれるのではないでしょうか。
沖縄のかたは、やはりあの温暖な気候のせいなのか、一人旅のかたには特に親切だという話もよく耳にします。
暑いのが苦手な女性にはあまりおすすめいたしませんが、そうでもなければ一人旅の行き先に沖縄というのもアリでしょう。

一人旅におすすめの旅行先(温泉)

国内を旅行するときに、多くの女性が条件に取り入れたいと思うのが「温泉」です。
一昔前でしたら、温泉は少なくとも二人以上で出かけるものという認識があったように思います。
と、申しますのも、温泉宿は基本的に和室であり、宿側にも宿泊者側にも、一人で宿泊するものではないという感覚があったように思います。
もちろん一人のお客さまを受け入れていなかったわけではありませんが、一人では非常に割高でもありますし、基本的には複数で利用するのが温泉宿という認識ではなかったでしょうか。
ところが現在では、女性の一人旅でも大歓迎でお迎えしてくれる宿が非常に増えました。
一人旅の女性向けプランがあるほどですから、これを利用しない手はありません。
温泉に行きたいと思い立ったなら、断然、女性向けプランがおすすめです。
たとえば、女性にピッタリなサイズで、とてもお洒落な浴衣を用意してくれていたり、食事も特に女性が好みそうなものを用意してくれたり、チェックインやチェックアウトの時間をずらしてくれたりというようにです。
一人で誰に気兼ねすることもなく、好きなだけ温泉につかり、あかすりやエステで疲れた身体を癒しながら美を磨き、美味しい食事を楽しみ、テレビや読書で自然に眠くなるまでごろごろする。
こんな極楽な一人旅ができるのが温泉であり、温泉宿なのです。
最近では、温泉ホテルの屋上に露天風呂を設置する宿も増えてまいりました。
美しい夜景を見下ろしながらの入浴は、本当に幸せを感じてしまいます。
想像してみてください。
温かいお湯に浸かりながら眼下には美しい街の夜景、頭の上には満天の星。
もう小さなことなどどうでもよくなってしまいそうですね。
旅行はお友達と一緒でも楽しいでしょうが、その幸せを独り占めできてしまうのが一人旅の良さでもあります。
幸い、国内には素晴らしい温泉が数限りなくあり、名前が知れているところはどこをおすすめしても良いくらいです。
あなたはどちらを選びますか。

一人旅におすすめの旅行先(クルーズ船)

旅行がお好きなかたでも、まだ比較的経験者が少ないと言われるクルーズ。
まして、一人旅でクルーズをしようという発想はなかなか出てこないのではありませんか。
ところが、徐々に女性の一人旅でもクルーズが人気を集め始めました。
やはり、世間が女性の一人旅に対して偏見を持たなくなったことは大きいですね。
海外での船の事故を時々ニュースなどで目にしますが、日本の船はとてもよく作られていますし、乗せる人や物の重量もきっちりと守られていますので安心して乗ることができます。
もちろん日本のクルーズ船も、当然ながら日々あちらこちらの海を航海しているのですが、事故などほとんど聞いたことがありませんよね。
国内だけの移動をするコースがいくつもあり、日数に合わせて選ぶことができます。
クルーズ船に乗ってしまえば、もう移動は船任せですし、旅の終わりのその日まで重い荷物を抱えての移動もないのです。
一人旅では、荷物の移動がけっこうネックだったりしますよね。
ちょっとお手洗いに行きたいときにも、荷物をどうしようということになってしまいます。
一日目と二日目の宿が違えば、全ての荷物を持っての移動ですから、意外とこれがキツいのですよね。
しかし、クルーズ船では荷物の煩わしさが一切ありませんので、荷物で苦労をしたことがあるかたにもおすすめです。
クルーズ船での宿泊は、等級こそあれ、ホテル並みのお部屋となりますので快適ですよ。
基本的に船は夜の間に移動し、昼間は各地に停泊して陸にあがって観光などをします。
とくに国内クルーズでは、何日も海の上ばかりということはありません。
食事も、クルーズ代金に含まれている場合がほとんどですから、いつもお財布を片手にうろうろということもありません。。
船のなかでも、映画上映や、コンサート等々、さまざまなイベントが開催されて、お客様を飽きさせないのも良いですね。
クルーズ旅行に申し込んでしまえば、あとは港までの行き帰りだけで、宿泊の心配もありませんし、移動の手間もなく、優雅に船上の旅を楽しむだけです。
一人旅でクルーズ船に乗ってきたとお話したら、きっとみなさん羨ましがりますよ。
ぜひ、一人旅の選択肢に入れることをおすすめします。

さぁ、勇気を出して出かけましょう

多くのかたにとって一人旅は、行くまでは大変に悩むのですが、一度行ってしまいますと、あんなに悩んだのがウソのように簡単なことだったと言います。
もちろん、一人での食事や宿泊に勇気が必要だったけれども、やるしかないのでなんとか頑張ったと言うかたもいらっしゃいます。
いずれにしましても、一人旅というものを経験して良かったというかたがほとんどです。
大半のかたが、もうどこにでも一人で行けそうだとおっしゃっています。
必要なのは、ほんの少しの勇気だけだったのです。
たったそれだけのことで自分自身に大きな自信が付きますし、一人でどこにでも行けるようになった分、あなたの世界が大きく広がり、同時に視野も格段に広がります。
ほとんど家と会社の往復でしか生活していなかったあなたが、いきなり大きな視野と行動力を持ち、広い世界へ目を向けるようになるのですから、魅力的な女性にならないわけがありません。
一人旅は自由だから良いとか、気を使わなくてすむから良いとか、色々な利点がありますが、最終的にはあなたという人間を大きく魅力的にしてくれるものでもあるのです。
旅するだけで、そのようになれる可能性を秘めているのですから、本当に一人旅はおすすめです。
国内での一人旅を極めるのも良し、行ってみたいところを全て制覇したのであれば次は海外を目指すのも良いでしょう。
日本語しかできない女性たちでも、海外一人旅をしています。
あなたも、やがてはそのようになれるのです。
そのためには、最初の一人旅にまず出てみることです。
そして、そのために必要なのは、ほんの少しの勇気だけなのです。
ほとんど移動だけが一人で、どなたかに会う旅でも良いですし、なんでも揃っている宿に引きこもりでもかまいません。
まずは、一人で行動することをおすすめします。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2016 11.22

    VRガジェット

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ