夏休み旅行の穴場

この記事は17分で読めます

夏休みの旅行

夏休みと言えば、普段よりも休みが長くとれるため旅行をしたいと考える人が多い時期です。
夏は、海、高原、山、行楽地などあちこちで様々な楽しみ方ができます。
しかし夏休みは人気行楽地、有名避暑地などがどこも人だらけで、せっかくの夏休みを人混みの中で過ごして逆に疲れてしまうということになりかねません。
そうならないためにも、夏休み今から行ける国内旅行先で穴場として知られる場所をいくつかご紹介していきます。
本当に穴場であまり知られていないような場所から、人気の場所だけど行く時期を少しずらすだけで穴場になるような場所までいろいろと紹介していきたいと思います。
夏休み、国内旅行へ出かけたいと計画している人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

おすすめの国内旅行先をおおまかに紹介します。

・関西地方→世界人気観光都市第1位に二年連続選ばれた「京都」を始め、USJなど観光スポットが多数ある「大阪」、おしゃれな街「神戸」など見どころ満載です。
特に京都は、桜の季節、紅葉の季節を外した夏の京都が穴場で、きれいな新緑の中、春、秋ほど混雑していないため京都の風情を堪能することができます。

・北陸地方→北陸新幹線が2015年春に全線開通したことで、関東地方から金沢方面へのお出かけが早く、楽になりました。
新しい新幹線に乗って、途中長野県に立ち寄り、夏の山、高原などで遊んだ後は、北陸で海、温泉などを満喫することができます。

・東海地方→観光スポットが目白押しのエリア。
名古屋、岐阜、三重、静岡などどの県にも多くの人気観光スポットがあります。

・九州地方→温泉地がたくさんあり、ハウステンボスなどの人気レジャー施設もあります。
九州の何県かを周遊して旅行する人が多いです。

・沖縄→せっかくの夏休み、海外旅行へ行きたいけれど、日程的に難しい人、夏休みは料金が高いから無理だと言う人に、海外の雰囲気を味わえる国内旅行先として人気なのが沖縄です。
本島だけではなく、離島人気も高まっています。

京都

京都は、世界からも注目される人気の観光地です。
毎年多くの人が訪れる地で、国内旅行先の人気ランキングにおいても常に上位にランクインしています。
京都の観光客が最も多くなる時期は、秋の紅葉の季節です。
夏休み期間は、紅葉の季節でも、桜の季節でもないため通常よりも観光客が少なくなり穴場となります。
また京都には修学旅行生も多く訪れます。
しかし夏休み期間には、この団体もいないためさらに穴場となります。

夏の京都にも魅力はたくさんあります。
京都の夏と言えば、有名な「川床」。
鴨川沿いにあるお店の多くに川床が設置されます。
京の奥座敷として知られる貴船の川床も有名です。
貴船の川床の場合、手を伸ばすと水に触れることができそうなくらい水面が近く、川のせせらぎを聞き、いただく京料理がとてもおいしいです。

貴船周辺の京都の西の方にあるエリアで、京都の中心地よりも少し離れているため、観光客も少なめでゆったりと散策することができます。
縁結びのパワースポットとしても知られる貴船神社がおすすめです。
夏も緑豊かで涼しい大原もおすすめの地域、大原三千院は、神聖な雰囲気で境内を歩くだけで癒されてマイナスイオンをたくさん感じることができます。

京都では夏に様々な場所でライトアップが行われます。
特に注目なのが2010年から始まった「京の七夕」。
堀川沿い、鴨川沿いなどにLEDでつくられた天の川をイメージしたライトを置いたり、ウォータースクリーンへ幻想的な七夕のストーリーを音楽と共に映し出したり、笹飾りを設置したり、光のトンネルを作ったりしています。
様々なイベントが催されているおすすめの国内旅行先です。

大阪

人気テーマパーク、笑いの聖地、グルメなど盛りだくさんの大阪エリア。
夏休みに家族で、デートで、友達と、国内旅行先として大阪を考えている人も多いと思います。
大阪方面へ来る多くの人は人気テーマパークの「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」へ訪れると思います。
2日間、3日間と国内旅行を企画している人は、ユニバーサルと合わせて大阪の人気スポット、穴場スポットを訪れてみてください。
新しい大阪の魅力を発見できると思います。
夏休み期間は、大阪の中心地は混雑すると思いますが、比較的すいている穴場スポットと、今話題の注目スポットを紹介していきます。

大阪には有名な水族館「海遊館」があります。
しかしこちらで紹介するのは、少し変わった穴場の水族館、阪急梅田三番街にある「かわいい水族館」です。
こちらは日本全国で唯一大阪にだけある、「進路型の水族館」です。
しかも入館料無料です。
梅田の阪急三番街の一階通路にある壁を利用した不思議な水族館です。
ショーウインドウを見るように、横並びの水槽で泳いでいる魚を歩きながら見ることができます。
観光目的地として行くよりは、どこかへ出かける途中、梅田の近くを通ったときにでも立ち寄ってほしいスポットです。
壁の中を2000匹以上もの魚が泳いでいます。

大阪には日本一高いビルの「あべのハルカス」があります。
展望台、美術館、ホテル、レストランなど様々なお店が入っています。
5月末から9月末にかけて、展望台にビアガーデンもオープンしています。
夏休み期間中は多くの人でにぎわう場所なので、旅行の予定が決まったら、展望台の事前予約をとっておくことをおすすめします。

デートで大阪を訪れる人におすすめなのが、夜景スポットです。
大阪市北区を横断する川「堂島川」からの景色が絶景です。
川自体にライトアップもされていますし、周辺建物の光とのコントラストがすばらしいです。
堂島川は人も少なく穴場的夜景スポットなのです。

北陸

今話題の場所と言えば北陸地方。
国内旅行を考えている人に北陸の観光スポット、穴場スポットを紹介します。
北陸地方は、日本海に面しているため特産物が豊富で、おいしい魚介類が食べられることも魅力の1つです。
ズワイガニ、越前ガニ、甘エビ、岩ガキ、寒ブリ、ホタルイカ、塩辛、若狭牛、若狭ガレイ、米、地酒など様々な特産品があります。
海の幸を満喫したい人、おいしいものを食べたい人におすすめの国内旅行先です。

おいしいものを食べるのにおすすめの穴場スポットが「漁港のせり」です。
富山県の氷見漁港で行われる朝せり、氷見漁港では2階からせり風景を無料で見学することができます。
食堂も併設されていて、新鮮な刺身、漁師料理、郷土料理などを味わうことができます。
夏休み期間の7月?8月は、氷見の夏の代表「岩ガキ」、「キジハタ」などが水揚げされます。
9月に入ると「カマス」が水揚げされます。

朝せりに行けない人におすすめなのが昼せりです。
新湊漁港では、朝だけではなく、昼にもせりを行っています。
夏休み期間には、ブリの幼魚である「こづくら」、あじ、いかなどが水揚げされます。
午後1時から行われるせりは無料で見学できますが、事前予約が必要となります。

海からの景色も最高です。
氷見で朝せりを見た後は、「氷見沖クルージング」はいかがでしょうか。
富山湾をクルージングします。
海から立山連峰、唐島、阿尾城跡を眺めることができて、定置網も見ることができます。
遊覧船の乗船料は、中学生以上が700円、小学生以下が400円、幼児は無料です。

北陸その2

続いて石川県のおすすめスポットを紹介していきます。
石川県には、有名な温泉がいくつもあって、温泉目的で訪れる国内旅行客がたくさんいます。
山代温泉、和倉温泉、白峰温泉、湯桶温泉などが有名です。
夏休み、温泉に入ってのんびりしたいという人におすすめです。
兼六園など有名な文化財、国定公園などもあり、見どころもたくさんあります。
九谷焼、輪島塗り、加賀友禅など伝統工芸の街としても知られています。
夏休み、ゴールデンウィーク、紅葉シーズンなども多くの観光客でにぎわいます。
新しい北陸新幹線に乗って、国内旅行をしたいと思っている人におすすめの場所です。

石川の伝統工芸に興味のある人におすすめの穴場スポットがこの2箇所。
「九谷陶芸村」…歴史ある九谷焼の情報が集結している村で、資料館、陶芸館、九谷焼を販売しているところなど様々なお店が集まっています。
毎年11月には陶芸村まつりが行われます。

「伝統工芸村ゆのくにの森」…加賀の伝統工芸品を見て、ふれて、創作体験できる場所。
11の館があり、50種類以上もの伝統工芸があります。
村内にある美術館、ギャラリーを見てまわるのもいいですし、村内を散歩して自然を満喫することもできます。
伝統工芸の創作体験は、手軽にできるものから本格的にできるものまであります。
6月中旬から夏休み期間にかけては、夏の風物詩である創作七夕飾りが村内に飾られています。
夏休みには体験ラリーが行われるなど様々なイベントも企画されています。

日本海に沈む夕日を眺めたい人には「サンセットヒルイン増穂浦」がおすすめです。
能登一の絶景が見られる穴場スポットです。
人気が少ない丘の上に、世界一長いベンチが置かれていて、そこから眺める夕日がすばらしいです。

北陸その3

最後に福井と新潟のおすすめ観光スポット、穴場スポットを紹介していきます。
夏は海を求めて、この地を訪れる国内旅行者もたくさんいます。
福井県は、日本海、若狭湾に面していて、東尋坊などの有名景観地、海水浴が楽しめるビーチが多数あり、夏休み期間は多くの家族連れでにぎわうエリアです。
様々なスライダー、プール、アクティビティがある人気のレジャー施設「芝政ワールド」も有名で、夏休み中は大変混雑します。

福井のおすすめ穴場スポットは、「かつやま恐竜の森」。
恐竜化石の発掘体験、恐竜の遊具、バーベキューガーデンなどがあります。
ウォーキング、マラソン、クロスカントリー、スノーシューなど様々なスポーツも楽しむことができます。

「越前がにミュージアム」は、越前ガニを見るだけではなく、触ることもできます。
水着のまま入ることができる温泉も隣接していて、越前の旬の魚が手に入るマーケットなどもあります。

新潟県にもおすすめの穴場スポットがあります。
「新潟ふるさと村」は、新潟のすべてがここにあるといわれるほどの総合レジャー施設です。
新潟の四季、歴史、文化などについて知ることができるアピール館、新潟の自慢の特産品を買ったり食べたりできるバザール館。
室内でこどもたちが遊べるグリーンハウス、新潟の観光全般、土産販売、交流広場などの観光情報館など様々な楽しみ方ができます。

「寺泊水族博物館」は、海の上に浮かぶ水族館です。
八角形をしていて、日本海を一望できます。
10000匹もの魚を見ることができます。
夏休み期間中には、「水生生物探索会」も行われています。

こどもと遊べる穴場スポットがたくさんあります。
夏休みの自由研究にもおすすめです。
家族連れの国内旅行先を探している人におすすめのエリアです。

沖縄

夏休みの人気国内旅行先と言えば「沖縄」です。
夏休みはプール、海などに入りたいという人の多くが沖縄にやってきます。
夏休み期間、多くの旅行会社が様々な国内旅行プランを企画するなか、沖縄についてはかなりたくさんのツアーが催行されています。
そんな中、夏休みでも行くことができる穴場スポットを紹介したいと思います。
沖縄の定番スポットだけではなく、穴場スポットにもぜひ立ち寄ってみてください。

「ビオスの丘」…沖縄の観光の定番スポットでもあり、穴場スポットでもあるビオスの丘。
沖縄の壮大さを肌で感じられる場所です。
水牛のひく車に乗れたり、湖水鑑賞船に乗れたりします。
沖縄の自然を感じ、鳥の鳴き声に耳を傾け、水音に癒されます。

「ザ・ビーチタワー沖縄」…沖縄で海だけではなく温泉が楽しめるホテル。
ビーチがすぐ目の前なので、朝はビーチを散歩、その後は海で泳ぎ、夕方は温泉に入ってさっぱりできるおすすめのホテルです。
「テルメヴィラちゅらーゆ」が隣接していて、沖縄初と言われる屋外温泉プールを始め様々なリラクゼーションを体験することができます。
沖縄で異国情緒を感じられる「アメリカンビレッジ」も徒歩で行ける便利な立地にあります。
アメリカンビレッジには、多くのショップが入っていて、地元の食事を楽しめたり、土産物を買えたり、ゲーム、ボーリングなどを楽しめたり様々な楽しみ方をすることができます。

「古宇利島」…沖縄本島の北部にあり、透明度が高くとても美しい海がある穴場スポット。
車窓からでも海の色の違いがわかるほど美しいです。

沖縄その2

「牧志公設市場」…沖縄庶民の市場で、沖縄の味を食べられる穴場スポットです。
夏休みには、地元の人もたくさんやってくる市場で、沖縄の魚、豚の顔、ミミガーなど沖縄の食材を使って料理しているお店もたくさんありますし、食べ方を教えてもらえるところもあります。
国内旅行では、地元料理を満喫したいという人におすすめの穴場スポットです。

「ネオパークオキナワ」…本土とは違う沖縄らしい珍しい動物、植物を見ることができる穴場スポット。
園内には様々な動物が飼育されていて、エサやり体験のできるコーナーもあります。
犬、カメとふれあえる広場もあります。
週末には釣り堀もオープンします。
夏休み期間中には、昆虫フェスティバルなど特別イベントが行われているので、こども連れでぜひ楽しみたいスポットです。

「残波岬公園」…残波岬にはビーチがあり、海で泳いで遊ぶことができます。
その近くにある残波岬公園には、巨大シーサーがあります。
沖縄と言えばシーサー、ここにはシーサーの足の指1本が人間の大きさと同じというくらい大きなシーサーがいます。
那覇空港から車で1時間程度で行けます。

「ナゴパイナップルパーク」…人気の観光スポットですが、お子さんを連れて行ったら喜んでくれる場所だと思います。
沖縄の名産であるパイナップル畑、亜熱帯の森があります。
森を電動カートで散策して、パイン畑でパイナップルを観察、工場見学もできます。
しかもパイナップルが無料で食べ放題。
こどもたちも大喜びの国内旅行になると思います。

沖縄その3

沖縄には数々のビーチがあります。
夏休み期間はどこも人でにぎわうと思います。
そんな中、那覇空港から車で40分ほどで行ける場所に、おすすめの穴場ビーチがあります。
「新原ビーチ」(みーばるびーち)…沖縄の素朴な景色を残したビーチで未開発の自然のビーチ。
隠れ家的なビーチで、自然の素晴らしさを感じることができて、人も少なく穴場です。
波が穏やかで遠浅になっているため、こども連れにもおすすめです。
きれいな砂浜で、特徴のある大きな岩があります。
国内旅行ツアーでは案内されない、地元のタクシー運転手さんがおすすめするビーチです。
人の喧騒から離れてプライベートタイムを楽しむことができます。

新原ビーチでは、グラスボートに乗ることもできます。
ビーチアクティビティを楽しみたいと、国内旅行先を選ぶ人も多いです。
ここには、人気のグラスボートがあって、ボートの底のガラス部分から泳ぐ魚の姿を見ることができます。

沖縄の歴史を垣間見ることができる「大石林山」。
琉球王朝時代を記す古い書物にも聖地と記された地、奇岩、巨石、亜熱帯の森があり、大自然の景色の中散策することができます。
奇岩には人が1人通れるサイズの穴があります。
この穴を3回通ると、生まれ変わることができると言われているそうです。
沖縄の国定公園で、こどもから高齢者までトレッキングコースを利用しています。
コースは4種類用意されています。
展望台からの景色は絶景です。
バリアフリーコースもあるため、小さい子供、車いすの人でも利用できます。
夏休み、沖縄の大自然のパワーを肌で感じることができる穴場スポットです。

愛知県

東海地方にもたくさんの人気観光スポットがあります。
夏休みの国内旅行におすすめの穴場も紹介します。

愛知県には、観光、旅行、グルメスポットなどたくさんの穴場があります。
夏休みにこどもも一緒に楽しめるおすすめスポットを紹介していきます。
東海地方は日本のほぼ中央に位置するため、どこからでも行きやすい国内旅行先です。

「ラグーナテンボス」…名古屋から1時間ほどでいけるマリンリゾート施設。
最近では、日本で初めての360°3Dマッピングショーを開催したことで話題となりました。
愛知県の蒲郡市にある一大複合施設で、このエリアだけで遊ぶ、買う、食べる、見る、憩う、体験するなど一日満喫することができます。
夏休み期間中には、花火も毎夜打ち上げられ、昼間はプール、遊園地、ショッピングで楽しみ、夜は花火を見ることができます。
夏休みの土日祝は大変混雑すると思いますが、夏休み期間でも平日ならば意外にすいている穴場です。

「日本モンキーパーク」…愛知県犬山市にある動物園、遊園地、夏にはプールも営業しています。
名前の通りたくさんの猿がいる動物園です。
夏休み期間など、子供向けに様々なイベントが開催されています。
こどもが遊べるアスレチックエリアなどもあります。
広い敷地なので、夏休み期間でも他のレジャー施設に比べて比較的すいている穴場スポットだと思います。

「トヨタ博物館」…世界の自動車メーカー、トヨタの博物館で、最先端の自動車から世界の自動車まで常時140台ほどの自動車が展示されています。
施設内には、ショップ、レストランなどもあります。
夏休み期間は、特別展示やこども向けに工作イベントなどが行われます。

「トヨタ産業技術記念館」…名古屋駅から近くいける穴場スポット。
自動車の仕組み、生産技術などについて映像、実験装置、展示などでわかりやすく説明しています。
テクノランドには、こどもが喜ぶ体験遊具がたくさんあります。
トヨタの繊維機械、自動車などに使っている仕組みを応用して作られたオリジナル遊具です。
遊びを通じてこどもたちにものづくりの楽しさをわかってもらえるようになっています。
パートナーロボットの演奏をきくこともできます。

三重県

国内旅行で東海地方を旅するなら、数日間かけて2県をめぐるのもいいと思います。
三重県と言えば、有名な伊勢神宮があります。
遠くから伊勢神宮へ参拝にきて、周辺を旅行する人も多いと思います。
三重県には、多くのレジャー施設、観光地、見どころがあるため、国内旅行先としてもおすすめです。

レジャー施設「ナガシマスパーランド」、「鈴鹿サーキット」、「志摩スペイン村」、「二見シーパラダイス」、「伊勢戦国時代村」。
体験型施設「伊賀の里モクモクファーム」。
自然にあふれた場所「熊野古道」、「御在所」、「伊勢二見浦」。
ライトアップで有名な「なばなの里」。

夏休みの穴場スポットとして紹介するのは「二見シーパラダイス」。
伊勢神宮への参拝と合わせて立ち寄れるおすすめの場所です。
伊勢にある「ふれあい水族館」で、様々な海の生き物たちとふれあうことができます。
アザラシタッチ、アシカショー、セイウチのお散歩。
水族館の入り口では大きなトドが水槽から出てきて迫力あるショーを見せてくれます。
夏休み期間には、イルカと泳ぐことができる特別イベントも開催されます。
名店街が隣接していて、土産物を買うこともできますし、食事をすることもできます。

「志摩スペイン村」も暑い夏場には人手が少なくなる穴場スポットです。
広い園内を暑い中歩き回るのは大変そうですが、涼しくなるアトラクション、イベントも開催されているため一日中楽しめると思います。
夏休み期間はナイター営業を行っているので、少し涼しくなった夕方くらいから遊びに行くのもいいかもしれません。
ナイトパレードと花火も見どころです。
隣接するホテル志摩スペイン村に宿泊すれば、温泉、プールも楽しむことができます。

岐阜県

岐阜は、世界遺産、多くの温泉地、歴史ある建物、飛騨牛など魅力たっぷりの地で国内旅行先として夏場だけではなく年間を通じて人気があります。
夏休みは家族連れで特ににぎわいます。
こどもも大人も楽しめる穴場スポットが食品サンプル工場です。
精巧な技術でつくられた食品サンプル、自分で作ったらもっと楽しい、実際に体験できる穴場スポットです。
夏休みの国内旅行の記念にぜひ立ち寄りたいスポットです。

郡上踊りで有名な、郡上八幡にあるお店「さんぷる工房」。
郡上八幡は食品サンプルのふるさとで、日本全国に流通している食品サンプルのほとんどが郡上八幡で作られているそうです。
さんぷる工房では、スイーツなどかわいい食品サンプルをキーホルダーなど様々なアクセサリーにして販売しています。
体験コーナーでは、天ぷら作りを体験することができます。
事前予約が必要です。
小学生以上対象、1人3品制作、料金は1,200円(税抜)、所要時間は30分?50分。
土日祝と夏休み期間は特別に当日館内での予約ができる日もあります。
その他、カップアイス、スイーツタルト、ケーキなどのサンプル作りも体験できます。

旅行の移動中に気軽に立ち寄れるスポット、今流行りのハイウェイオアシスです。
一般道路からも高速道路からも入ることができます。
東海北陸自動車道の「川島PA」にある「河川環境楽園オアシスパーク」です。
大観覧車、迷路、遊具、水族館など様々なものがあります。
こどもたちに大人気の浅瀬の水遊びエリアもあります。
世界最大級の川の水族館で淡水魚を集めた珍しい水族館です。
食事をするお店もたくさんあります。

温泉地の多い岐阜には、大きなホテル、旅館がたくさんあります。
プール付きの宿に宿泊すれば、昼間はプール、その後は温泉に入ってのんびり、夕食にはおいしい飛騨牛をいただくという最高の一日を過ごせると思います。

静岡

富士山、海、お茶、マグロ、うなぎパイ、いちご、静岡と聞いて思い浮かぶもの。
関東からも東海からも比較的近く、人気の国内旅行先である静岡。
静岡はとても広いので、見どころも穴場スポットもたくさんあります。
どこのエリアを紹介しようか悩むところです。

熱海、伊豆など人気の国内旅行先もありますが、夏休み期間ということで、親子で一日楽しめるエリア「浜名湖」の見どころ、穴場スポットを紹介します。
浜名湖周辺には、宿、温泉、遊園地、食事処など一通り揃っているので、小さい子供連れでも安心して訪れることができる場所です。

「浜名湖パルパル」…家族で楽しめる穴場の遊園地。
こどもが大好きなキャラクターショーが常時行われているので、好きなキャラクターの日にいけるとベスト。
園内は広すぎずほどよい広さなので、こども連れでも周りやすいと思います。
夏休み期間はプールも営業しているので、一日かけて楽しむことができます。
8月の金土日とお盆期間には花火大会も行われます。
夏を満喫できるスポットです。
ロープウェイに乗って山頂へ行けば、展望台とオルゴールミュージアムへ行くことができます。
きれいなオルゴールの音色を生で聞くことができます。

「はままつフルーツパーク」…フルーツ狩り、遊具、食事、ワインなどを楽しむことができるパーク。
夏休み期間には、もも、ブルーベリー、なし、すももなどの収穫を楽しむことができます。
フルーツの形をした遊具はこどもたちに大人気。
新鮮なフルーツを使ったスイーツを食べる楽しみもあります。
ワイナリーでは、おすすめのワインをテイスティングしたり、購入したりすることができます。
大人気の噴水ショーも開催されています。
噴水の動きに光と音楽が一体化されて繰り広げられるエンターテイメントショー。
世界各地で活躍中のクリエイターが手掛けた自信作。
会場のどこからでも立体的に見られる360°パノラマビュー、夏休みの思い出に感動的なショーをご覧ください。

パルパルもフルーツパークも近いので、1日目、2日目と分けて楽しむことができると思います。
浜名湖には多くの温泉旅館があるため、温泉につかっておいしい料理を堪能することができます。

東京

夏休み期間でもお盆は意外に東京が穴場となります。
東京都内、近郊に住んでいる人が帰郷するため、都内に人が少なくなるのです。
東京には観光地、テーマパーク、人気施設などが多数ありますから、国内旅行先としてかなり人気の土地となっています。

国内旅行者だけではなく、海外旅行者からも人気の「はとバスツアー」もお盆が穴場です。
夏休みは混雑しますがお盆の時期を狙えば比較的予約がとりやすいと思います。
オンライン予約の場合、前日の17時まで受付可能、空いていれば当日乗車も可能です。

人気のツアーをいくつか紹介します。
<TOKYOおもしろアドベンチャー>…東京スカイツリーの展望デッキへ入場できるツアー。
東京駅前から朝出発して、「葛西臨海水族館」へ行き、ホテルで和食のランチバイキング、話題沸騰たくさんのレゴブロックで遊べる「レゴランド・ディスカバリー」へ。
人気の観光スポット「お台場」を自由散策した後は、「東京スカイツリー」へ行き展望台からの景色を堪能できるというコースです。
料金は大人11,800円、中高生11,360円、4才?こども6,640円。

<よくばりTOKYO>…浅草、国会、東京タワーなど人気スポットへ行けるツアー。
東京駅前を朝出発して、「浅草観音」と「仲見世」を自由散策して、人気料理店でランチブッフェ、「国会議事堂」の中を見学して、「東京タワー」へ。
東京タワーでは大展望台へ上がります。
レインボーブリッジを通り「お台場」へ、80分自由散策をするコースです。
料金は大人7,600円、4才?こども4,300円。

<エプソンアクアパーク品川、浅草ビューホテルの人気のランチ>。
生まれ変わった品川のエプソンアクアパークへ遊びに行くツアー。
新宿駅前を朝出発して、「国会議事堂」を車窓見学、「NHKスタジオパーク」を見学、六本木ヒルズの「東京シティビュー」へ。
浅草ビューホテルの人気ランチバイキング、「隅田川下り」、「エプソンアクアパーク品川」へ行くコースです。
料金は大人10,980円、4才?こども8,980円。

茨城県

隠れた人気のある国内旅行先として茨城県が注目されています。
意外に知られていませんが、茨城には温泉がたくさんあります。
都内からも近く、夏休み、日帰りあるいは1泊で国内旅行を計画している人に人気となっています。
大正ロマンを感じるレトロな温泉、美肌効果の高い温泉など魅力的な穴場の温泉がたくさんあります。

「袋田温泉」…平安時代から湧き出ていたという歴史ある温泉、泉温39.6℃少しぬるめの湯で体の芯から温まります。
効能は神経痛、筋肉痛、疲労効果、美肌効果など。

「三太の湯」…アルカリ性単純温泉、美肌の湯として有名。
県内随一と言われるゆったりしている内風呂、露天風呂、気泡湯があります。
効能は神経痛、関節痛、慢性消化器症、五十肩など。

「湯の澤鉱泉」…時間を気にせずゆったりと過ごせる里山の温泉。
肌触りがぬるりとした湯、お風呂上りには肌がツルツルになります。

「鵜の岬温泉」…海鵜が飛来する土地として有名な鵜の岬、雄大な太平洋を眺めながら入る温泉は好評です。

北茨城市にある湯量豊富な温泉「中郷温泉」、「磯原温泉」、「五浦温泉」、「平潟港温泉」、「友の湯温泉」。

磯原温泉にある「二ツ島観光ホテル」の展望露天風呂、夕方から夜、海に浮かぶ二ツ島はライトアップされるため、おとぎ話の世界に入り込んだような幻想的な景色を眺めながら温泉に入ることができるおすすめの穴場です。

茨城には観光地もあります。
水戸の初代藩主であった徳川頼房が徳川家康を祀るために造られた神社「水戸東照宮」。
有名な水戸黄門の徳川光圀が造らせたと言われる「常葉山時鐘」。
歴史好きにおすすめの穴場スポットです。

「鹿島神宮」は、歴史ある神社で、国宝、重要文化財など貴重な品が多く収蔵展示しています。
様々な行事も行われていて、夏休み期間は特別な行事はありませんが、毎月1日に開催されている月次祭が斉行されています。

夏休み、温泉でのんびりと体を休めて、おいしいものを食べて英気を養い、歴史ある寺社を巡り過ごすのもいいと思います。

宮崎県

九州地方へ国内旅行する人も多い夏休み、特に九州の場合、1箇所だけではなく何箇所かを巡ったり、九州を周遊したりして国内旅行を長期間楽しむ人が多いため、長く休みのとれる夏休みは人気の旅行先となっています。
九州には様々な見どころがあります。
まずは宮崎県の見どころ、穴場スポットを紹介します。

「志布志湾大黒イルカランド」…体験型のテーマパーク、イルカとふれあえて、一緒に泳ぐことができます。
ペンギンのお散歩、魚の餌やり、釣り堀体験、イルカショーなど様々な体験ができます。
普段は1日3回のイルカショーも夏休み期間は1日4回行われています。
イルカにタッチしたり、両手で握手をしたり、ほっぺにキスをしたり、様々なふれあいをすることができる大変珍しい穴場施設です。
入場料は、高校生以上1,300円、小中学生850円、3歳以上650円、3歳未満無料です。

「グリーンパークえびの」…夏休み、こどもの自由研究にもおすすめ、遊びながら学ぶこともできる工場。
環境に配慮した最新設備工場では、コカコーラ製品を製造しています。
工場見学ができるだけではなく、東京ドーム1個分という広さを誇るフラワーガーデンには季節ごとの花が咲いているのできれいな花を見ながら散策することもできます。
こどもがおもいっきり遊べる芝生広場もあります。

えびの市周辺には、「えびの高原」、「めがね橋」、「すすきヶ原」、「毘沙門の滝」など観光スポットも多数あり、温泉地もあるため、グリーンパークと合わせて国内旅行の企画を立てるといいと思います。

「鵜戸神宮」…神武天皇の父が祀られているところで、剣法発祥の地として有名。
安産、育児、夫婦円満などにご利益があるそうです。

「青島神社」…縁結びの神様として有名な神社。
海のすぐ隣にあるので南国の雰囲気が漂い、異国情緒のある神社です。

北九州

北九州にも様々な魅力的施設、観光地、穴場スポットがあります。
国内旅行で北九州エリアへ行かれる人は参考にしてみてください。

「到津の森公園」…北九州の小倉にある公園。
昭和初期に開園して一度閉園したものの、市民活動によって再整備された公園です。
園内は多くの自然、世界の花々であふれていて、訪れた人を癒してくれる心にやさしい公園です。
たくさんの動物がいて、小動物たちとふれあえるエリアもあります。
遊具エリアには、アスレチック、観覧車、メリーゴーランド、汽車、モノレール、トランポリンなどがあります。
夏休み期間には、「カブトムシ教室」、「動物研究プロジェクト」、「動物に氷をプレゼント」など様々なイベントが行われます。
遊びながら夏休みの自由研究の役にもたつので参加するといいと思います。

「小倉城」…小倉と言えば小倉城。
お城に興味がある人、国内旅行でお城巡りはいかがでしょうか。
毛利氏が築いた小倉城、小倉城と周辺の城下町の散策がおすすめです。

「九州鉄道記念館」…鉄道好きにおすすめの施設。
鉄道が好きなお子さんは、夏休みのいい思い出ができると思います。
もともと九州鉄道が本社屋としていた建物を使った記念館で、九州の鉄道に関する様々なことがわかります。
門司港に近いので、国内旅行プランに組み込むといいと思います。
門司港では、夏休み期間に様々な展示、イベントが開催されています。
8月には毎年関門海峡花火大会が開催されますから混雑しますが、普段は穴場スポットだと思います。

「皿倉山」…標高622m、眺望が見事で夜景もきれいなスポット。
北九州の街を一望できて、玄界灘、若戸大橋も見ることができます。
頂上へはケーブルカーで行くことができます。

国内旅行の思い出に、美しい夜景を眺めて心静かなひとときを過ごすのもおすすめです。

長崎県

2015年世界遺産に多くのものが認定されたことで、長崎県内には8箇所も世界遺産があります。
歴史ある街並み、建造物などが魅力の長崎がさらに魅力的な国内旅行先として注目されています。
特に「軍艦島」は映画などの撮影現場としても使われていて、多くの国内旅行客が訪れる人気スポットとなっています。
今年の夏休みは大変混雑すると思います。
夏休みが過ぎて少し落ち着いてからいくのがいいと思います。

長崎には魅力的な場所がたくさんあります。
「ちゃんぽん」、「皿うどん」などのグルメも人気があります。
長崎のおすすめの穴場スポットを紹介します。

「伊王島海水浴場」…青い海、白いビーチ、夏休みに思いっきり夏を満喫できるビーチリゾートです。
波が穏やかで、砂浜はきめ細かく気持ちがいいため、小さいこども連れにもおすすめです。
桟敷席、シャワー、トイレなどの設備も整っています。
夏休み期間中、直行バスが伊王島ターミナルから出ています。

「水辺の森公園」…長崎港すぐ横のエリアに2003年誕生した公園。
園内には運河があり、水と緑があふれた憩いの場です。
こどもたちに人気の水遊び場、散歩道、森の劇場などがあります。
美しい景色を楽しみながら食事ができるレストランもあります。

「出島ワーフ」…長崎港のすぐ横のエリアにある複合商業施設。
地元の新鮮な海鮮物を食べられるお店や、和食、洋食、中華など様々なお店が入っています。
海を見ながら、食事を楽しむことができます。

この他、長崎の市街地には、坂本竜馬たちの時代を偲ぶことができる坂、記念館、戦争や原爆の悲惨さを知ることができる建物、歴史博物館など多くの見どころ、穴場スポットがあります。
世界遺産だけではなく、ゆっくりと時間をかけていろいろな長崎の姿を見てみてください。

福岡県

福岡にも多くの人気観光地があります。
人気ランキングにランクインされない穴場のおすすめスポットもたくさんあります。

「門司港」…レトロな港町として明治から大正時代に栄えて、今も当時の建物などが残っているエリア。
旧大阪商船、旧門司税関など異国情緒のある美しい洋館も見どころです。
旧門司税関は雰囲気のあるエントランスで、中には喫茶店があり、レトロ感が味わえる穴場です。
国際貿易を行ってきた地なので、様々な食文化があるのもこのエリアの特徴です。
特におすすめは「焼きカレー」。
焼きカレーだけで、30店舗以上もお店があります。
行列ができるくらい人気のお店もあります。
門司港の夜景を眺めながら焼きカレーが食べられる穴場レストランもあります。

「太宰府天満宮」…学問の神様として知られる菅原道真を祀った有名なスポット。
本殿は国の重要文化財です。
最寄駅から天満宮までの参道にはたくさんのお店があり、土産物、買い食いなどの楽しみもあります。
建築家が設計した独創的な建物のスターバックスもあります。

「糸島」…福岡市からドライブしながら行ける自然豊かな穴場スポット。
落差24mある白糸の滝は見ごたえがあります。
やまめ釣り、そうめん流しなども楽しめます。
夏休みの国内旅行、こどもを連れて訪れるのにおすすめの場所です。
きれいな夕陽が眺められると有名なサンセットロードをドライブして立ち寄るのがおすすめです。

これら以外にも、九州一の都市として知られる福岡には、多くの魅力があります。
博多ラーメン、屋台などもその1つです。
夏休み期間は多くの人で混みあうと思いますが、時間を少しずらしてでも食べてみてください。
国内旅行で九州地方へ行かれる場合は、ぜひ福岡にも立ち寄ってみてください。

ハイウェイオアシス

車で夏休み国内旅行する場合、移動距離が長くなると途中のサービスエリアで休憩をとると思います。
最近のサービスエリアは、ただトイレ休憩して、食事するだけではありません。
今大人気の「ハイウェイオアシス」。
サービスエリアと、公園、動物園などが合体した施設。
夏休み、国内旅行の途中に休憩がてら寄るのもいいですし、ここを目的として1日遊びに来るのもいいと思います。
車で気軽に立ち寄れて、安い、穴場スポットです。
普段は穴場ですが、夏休み期間にいたってはかなり混雑すると思います。
人気のところは、早め早めに行くようにしましょう。

「刈谷ハイウェイオアシス」…人気テーマパークのディズニーやUSJに続いて人気の来場者数を誇るハイウェイオアシス。
伊勢湾岸自動車道の刈谷PAに併設されています。
天然温泉に入れたり、食事ができたり、お土産物を買えたり、アスレチックができたり、観覧車に乗れたり、ゴーカート、メリーゴーランド、電動自動車などもあります。
夏場にはジャブジャブミスト、噴水でこどもたちはおおはしゃぎしています。
さらに話題なのは、豪華なドラックストイレです。
サービスエリアとは思えないほどきれいなレディーストイレがあります。

「鞍ヶ池公園ハイウェイオアシス」…東海環状自動車道の鞍ヶ池PAに併設されています。
鞍ヶ池公園が隣接していて、動物園、植物園、庭園、芝生広場、屋内プレイハウスなど広大な敷地内にいろいろなものがあります。
広い園内には周遊バスも走っています。

「徳光ハイウェイオアシス」…北陸自動車道の徳光PAに併設されています。
広大な敷地に、まっとう車遊館があり、ショッピング、グルメを楽しむことができます。
温泉もあります。
海浜公園に出られるため、ビーチ、バーベキューなどもできます。

「ららん藤岡」…上信越道藤岡PAに併設されています。
アトリウムガーデン、噴水広場、小さいこどもに人気のミニ遊園地などがあります。
野菜の直売所、カフェなどもあります。

「佐久平ハイウェイオアシス」…上越自動車道の佐久平PAに併設しています。
高速道路に直結しているスキー場として有名。
アスレチック、ドッグラン、レストランなどがあり夏にも楽しめます。
夏休み期間には昆虫体験学習、アトラクションがありこどもも楽しむ場所があります。

ハイウェイオアシスは、高速道路からも一般道路からも行ける便利なところです。
高速道路を下りなくても、その地域に立ち寄ることができて様々な楽しみ方ができるおすすめ、穴場スポットです。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ