夏休みのおすすめ旅行先

この記事は16分で読めます

おすすめの国内家族旅行先

夏休み、家族旅行を計画している人も多いと思います。
今注目、人気の家族旅行先をご紹介します。
夏休みの楽しい思い出を作るために、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

<国内で人気のおすすめスポット>
・「北陸」→今年大注目の人気スポット、2015年3月に金沢?東京間に北陸新幹線が開通したことによって、2時間ちょっとで行けるようになりました。
話題の新型車両、北陸新幹線に乗ってゆったりと北陸の旅を満喫する家族旅行、北陸には有名な温泉、途中には信州の有名な山々があります。
暑い時期だからこそ涼しい場所で家族そろって夏を楽しみましょう。

・「関西」→家族旅行の人気スポットと言えばやはり「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」。
話題のハリーポッターエリアに行きたくてもまだ行けていない人はたくさんいます。
家族揃って楽しめるテーマパークなので、夏休みの家族旅行におすすめです。
関西には、お好み焼き、たこ焼き、明石焼き、おいしいものもたくさんあります。
話題の「あべのハルカス」、新緑のきれいな夏の京都散策などおすすめスポット満載です。

・「沖縄」→暑い時期にはやはり海、プールに入りたいという人に人気の家族旅行先と言えば「沖縄」です。
最近では本島だけではなく、離島へ渡る人も多くなっていて、ゆったりと自然に親しむ旅行者も増えています。
様々な観光スポットもあり、レンタカーを使えばあちこち周ることができます。
小さいお子様連れの家族でも楽しめる場所だと思います。

・「北海道」→暑い時期には涼しい場所へ行きたい、夏休みには雄大な自然を満喫したいと言う人におすすめなのが「北海道」です。
雄大な景色、人気の旭山動物園、お花畑、牧場、遊園地、様々な楽しみ方ができるため、小さいお子様連れの家族でも楽しめる場所だと思います。
食材も豊富で、北海道ならではのおいしい食べ物もあるため、食を楽しみに行くこともできます。

・「九州」→九州周遊プラン、再建後様々なイベントが行われるようになり人気再沸騰中のハウステンボス、周辺の島への旅が人気です。

・「夏祭り」→夏と言えば「祭り」、様々な地域の伝統的な祭りを楽しむことができるツアーも人気です。
地域ならではの文化、伝統を体験できて、家族みんなで楽しめる素敵な旅行になると思います。

おすすめの海外家族旅行先

長い期間休みがとりやすい夏休み、海外へ家族旅行される人も多いと思います。
家族旅行におすすめの人気の海外旅行先を紹介します。

<人気の海外おすすめスポット>
・「ハワイ」→定番のハワイ、家族みんなが楽しめる旅行先、家族で安心して行ける場所としても人気が高いです。
ビーチ、プール、ショッピング、ビーチアクティビティ、ホエールウォッチング、ドルフィンタッチなど様々なことをして楽しむことができます。
フライト時間が7時間から8時間と子供連れでも行きやすいことも人気の理由だと思います。
人気の家族旅行先です。

・「カナダ」→有名なナイアガラの滝、コロンビア大氷原、カナディアンロッキーなど観光の見どころ満載。
夏?秋にかけてオーロラを見ることもできるため、夏休みにオーロラを見に旅行する人も多いです。

・「スイス、ドイツ」→世界遺産のユングフラウヨッホ、ヨーロッパ最大級の地底湖、ハイジの故郷と言われる高原、スイスのきれいな山々を眺めたり、ライン川クルーズしながらドイツへ行き、ノイシュバンシュタイン城など美しい古城を眺めたりすることができます。
ヨーロッパならではの美しい景観、街並みは一見の価値ありです。

・「サイパン」→日本から近くハワイよりもフライト時間が短い、時差も1時間、透明度の高い海で子供たちを遊ばせてあげられる人気の家族旅行先。
ビーチだけではなく、プール、ビーチアクティビティも楽しめるウォーターパークもあるため、小さい子供連れでも安心して行ける家族旅行先です。

・「シンガポール」→話題のマリーナベイサンズへ宿泊するツアーが人気、マーライオン公園を散歩したり、ナイトサファリを体験したり、セントーサ観光したり遊べる人気スポットがたくさんあります。

・「ベトナム」→人気のレジャー施設ビンパール・ランド、ベストシーズンの夏に家族旅行で訪れる人が多いスポットです。

北陸

2015年3月14日、長野?金沢間が開通した北陸新幹線。
最速列車で東京?金沢が2時間28分、東京?富山が2時間8分で行けるようになりました。
北陸新幹線は北陸、中部、上信越と広域的なエリアの観光地を盛り上げてくれることでしょう。
北陸へ早く行けるようになったことから、この夏休みは首都圏からも多くの人が家族旅行へ訪れると思います。
最新の新幹線に乗りたいという人でかなり人気があるため、希望する日時の乗車券を入手することも難しいかもしれません。
北陸新幹線エリアには、人気の観光地がたくさんあります。
毎年夏休みになると多くの人が避暑を求めておとずれる「上高地」「軽井沢」、人気の観光地「立山黒部アルペンルート」、北陸の海景色を堪能できる「和倉温泉」。
金沢には世界文化遺産の「五箇山の合掌造り集落」があります。

立山黒部アルペンルートは、3,000mk級の北アルプスの山々を眺め美しくて雄大な自然を満喫することができます。
夏休み子供と一緒に自然の神秘に触れるのにおすすめの場所です。
多くのツアーも各旅行者から出ていて、春から夏にかけて人気の家族旅行先となっています。
春には、有名な雪壁を見ることができますし、夏には黒部ダムの迫力ある放水を見ることができます。

新高岡には古い街並みが残っているので、新高岡から金沢にかけて風情ある街並みを楽しむことができます。

黒部峡谷鉄道がある有名な温泉地の「宇奈月温泉」では、夏休み期間中に50年前から続く伝統行事の花火大会があります。
宇奈月温泉の旅館、ホテルからも眺めることができるため、毎年多くの人が訪れています。
花火大会は宇奈月温泉街で、毎年8月に行われています。

関西

関西には今話題の新エリア「あべのハルカス」や、「ハリーポッター」エリアが人気の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」、「京都」、「大阪」、「神戸」など見どころ満載です。
家族みんなが楽しめる場所として、夏休みの家族旅行におすすめのエリアです。

「あべのハルカス」は、2014年4月大阪に誕生した日本一の超高層ビルです。
60階建て、300mの高さがあり、展望台からは天気が良ければ、京都、明石海峡大橋、淡路島、関西国際空港などを眺めることができます。
展望台は58階?60階まで三層構造になっています。
58階には、お酒や食事を楽しむことができるカフェダイニングバーも併設しています。
営業時間は9時?22時、入場料金は大人が1,500円、中高生が1,200円、小学生が700円、幼児が500円。
あべのハルカスの16階にある「あべのハルカス美術館」とセットになったチケットもあります。
入場券は近鉄駅やインターネット、コンビニなどで事前予約することができます。
当日券もありますが、夏休み期間は特に混雑すると思いますから事前予約していくことをおすすめします。
事前予約して日時が決まっていた方が、家族旅行の行程も立てやすいと思います。

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」は家族揃って楽しめるテーマパークとして人気があります。
新エリアのハリポタエリア、2014年にハリポタの物語の世界を壮大なスケールで再現して誕生しました。
物語の世界へ飛び込んだような異空間をお楽しみいただけると思います。
夏休み期間はかなり混雑すると思われます。
せっかく行ったのに入れなかったらとても残念です。
ハリーポッターエリアへの入場確約券を買っていくと便利だと思います。

京都

関西エリアの中でも特に京都では、夏休み期間、人気のイベントが開催されています。
日本の風情を感じることができる京都、家族みんなで昼も夜も楽しめるため夏休みの家族旅行におすすめです。

「京都」と言えば桜のきれいな春、紅葉のきれいな秋といったイメージですが、夏の京都散策も人気があります。
暑い時期なので、他の季節に比べて観光客は少なめですし、夏ならではのイベントが開催されています。

「京の七夕」として夏休み期間に10日間ほど開催されているイベントでは、堀川会場、鴨川会場をメインとして京都全体で七夕を祝っています。
一年に一度、お願い事をする日と昔から伝わる七夕の云われ、意義を改めて見つめ直して、伝統的行事を引き継いでいきたいという思いから、京都らしい現代版の七夕まつりを行っています。
夏の京都でこの期間しか体験できないイベントです。

堀川沿いに竹で光の遊歩道を作り七夕を表現しています。
鴨川沿いでは、竹と灯りで散策路を作り情緒ある京都の夜を演出しています。
竹かごに京都で作られた風鈴を入れて、LEDの灯りでともし風鈴灯を作って、鴨川右岸に設置しています。
鴨川右岸には、光の笹も設置されて、LEDで装飾された七夕ロードが出来上がります。
三条から四条の左岸には、人気のプロジェクションマッピングが投影されます。
京都の七夕物語のストーリーが展開します。

鴨川で京友禅流しの実演も行われます。
京都の寺院、神社も夜間の特別公開を行ったり、七夕飾り、ライトアップなどをしたりして協力しています。
夕涼みコンサートが行われるところもあります。
夏休みは京都で日本の夏を楽しんでみてはいかがでしょうか。
思い出に残る家族旅行になると思います。
2015年は8月2日?8月11日まで開催です。

沖縄

ビーチリゾートを満喫したい人に人気の家族旅行先は「沖縄」です。
夏休みならば普段よりもゆったりと日程を組んで長めに旅行することができるので、沖縄を満喫できます。
夏と言えば、「海」、「プール」、「自然」。
夏休みはきれいな景色を眺めながら、日常から離れてのんびりしたいという人におすすめです。
昔も今も人気の家族旅行先として、夏休み期間中には多くのツアーが催行されています。
飛行機+宿泊代+レンタカー代+食事代+オプショナルツアーなどがお得にセットになったツアー旅行が多くの旅行会社から出ているため、自分ですべて手配していくよりもお得に旅行できると思います。

沖縄での楽しみ方はいろいろあります。
海で泳いだり、ビーチでアクティビティを楽しんだり、家族でバーベキューを楽しんだり、ビーチを中心に楽しむ方法。
首里城、国際通りなど那覇市内の観光を楽しみ、万座毛、残波岬などの景色を楽しむ方法。
ナゴパイナップルパーク、ブセナ海中公園、ビオスの丘、様々な沖縄らしい施設を巡る方法。
沖縄の琉球ガラス作り、塩づくり体験、陶芸体験など沖縄体験をする方法。

沖縄は本州とは違い、言語も食べ物も独特です。
沖縄ならではの食べ物を味わうこともできます。
沖縄は大自然の絶景、歴史のある世界遺産、独自の伝統文化、様々な醍醐味を体験ができるところです。

夏休み期間中の7月、8月は、ビーチ、公園、広場などで様々なイベントが開催されています。
北谷公園ビーチ周辺では、「シーポートちゃたんカーニバル」、沖縄市野外ステージでは「ロックフェスティバル」。
エメラルドビーチ周辺では、「サマーフェスティバル」、恩納村の広場では「うんなまつり」。
沖縄こどもの国では、「サタZOOナイト」として、7月下旬?8月下旬に動物園をナイト営業します。
この時期だからこそ感じられる沖縄の特別な夏をぜひ楽しんでください。

沖縄の離島

最近は、沖縄の離島巡りも人気があります。
夏休みは特に多くの人が訪れます。
石垣島、宮古島、久米島、八重山諸島など大小様々な島々があります。
透明な海、サンゴ礁、砂浜、島全体が美しい自然の姿を見せています。
琉球独特の文化にも本島より触れあいやすいと思います。
本島よりも離島の方が、ゆったりとした時間が流れています。
夏休みの家族旅行は、沖縄の離島で自然、文化を体験してみてはいかがでしょうか。

大自然を満喫したい人におすすめの家族旅行先は「西表島」です。
森が原子のままの状態で覆われていて、今もなお希少な生物が生息している島です。

遺跡好きな人におすすめの家族旅行先は「与那国島」です。
世界的にも有名な謎めいた海底地形は「海底遺跡」と称されています。
自然にできたものなのか、人工的なものなのか、謎は深まります。
ダイビングスポットとしても、人気のエリアです。

「宮古島」を中心とした宮古地方は、周辺の島をつなぐ大橋が、サンゴ礁の海にかかる姿がとても美しいところです。
カラフルなサンゴ礁、熱帯魚、まるで竜宮城の中にいるような雰囲気が味わえるためダイビングスポットとしても、人気のエリアです。
自然の作りだした美しい景色があふれていて、島の歴史がわかる文化施設、旧跡などもあり多くの人が訪れています。

「久米島」は那覇から飛行機で30分でいける島です。
東洋一美しいと言われる砂洲の「八テの浜」、沖縄屈指の真っ白い砂浜「イーフビーチ」、亀の甲羅みたいな岩がたくさんある「畳石」など自然の造形美を楽しむことができます。

北海道

夏は北海道、暑い時期にはやはり涼しい場所が人気です。
大自然あふれる北海道で、夏休み家族でのんびり過ごして、家族旅行のとっておきの思い出作りをしてみてはいかがでしょうか。
北海道では、様々な体験をすることができます。
森の中を探検したり、サイクリングを楽しんだり、熱気球に乗ったり、ラフティングに挑戦したり、雲海を眺めたり、たくさんの自然に触れ合うことができます。
小さい子供がいる家族も、子供がある程度大きくなった家族も、家族の年齢、楽しみ方に合わせてみんなで楽しめるイベントも盛りだくさんです。
北海道には人気の観光地がたくさんあるため、リゾートホテル、温泉旅館など様々な宿泊施設があり、困ることはありません。

北海道は大きく分けて、札幌周辺、道央、道南、道東にエリアを分けることができます。
<札幌周辺>
北海道の観光の中心地であり、新千歳空港から列車で36分という利便性の良さもあり、多くの観光客が訪れます。
有名な時計台、テレビ塔などを見ることができて、飲食店も多いため、北海道グルメを味わうことができます。

<道央エリア>
花畑、ラベンダー畑など北海道らしい風景が見られる富良野、美瑛があります。
人気の旭山動物園にも近いエリアで、動物園と合わせてこの地を訪れる人が多いです。
雄大な大雪山の麓にある温泉地の層雲峡温泉もあります。

<道南エリア>
日本三大夜景として知られる函館があります。
登別温泉、洞爺湖温泉、湯の川温泉など人気温泉がたくさんあるエリアです。
登別にはクマ牧場、苫小牧にはノーザンホースパークなどもあります。

<道東エリア>
夏の北海道で一番人気のエリア。
夏休み、レンタカーで道東をめぐり雄大な自然、きれいな景色を眺めてゆったりとすごす家族旅行がおすすめです。
日本屈指の透明度があると言われる摩周湖、全域が国立公園になっている阿寒湖、世界自然遺産になっている知床、観光船に乗って海から眺めるのも格別です。
阿寒湖温泉、十勝温泉、知床温泉など温泉地もたくさんあります。

九州

九州は家族旅行先として人気があり、リピーターも多いところです。
昔から文化拠点として栄えていたため、見どころ満載で、風土、グルメ、すべてが個性的で魅力的な地です。
九州は、ある程度の日数かけて周遊するプランが人気です。
普段よりも休みがとりやすい夏休みだからこそ、予定を合わせて九州へ少し長めに家族旅行してみてはいかがでしょうか。
人気のモデルプランをいくつかご紹介します。
夏休みの家族旅行プランの参考にしてください。

<北九州めぐりコース>
観光、グルメ、温泉、バランスよくすべてを楽しみたい人におすすめのコース。
長崎県、佐賀県、福岡県をめぐります。
異国情緒を感じられる長崎の街を散策、市電にのり、グラバー園、大浦天主堂など見どころ満載の山手エリア、昼には名物の長崎ちゃんぽんがおすすめ。
午後からバス移動して、雲仙の温泉エリアへ。
ロープウェイに乗り眺める雲仙の絶景がおすすめです。
雲仙地獄を見た後は、雲仙の温泉宿に泊まってゆっくりしてください。

<温泉三昧コース>
温泉好きな家族に人気のコース。
大分県、熊本県で、黒川温泉、由布院温泉、別府温泉をめぐります。
熊本には、有名な熊本城があります。
市内には路面電車も走っています。
黒川温泉は山間の情緒ある温泉街として有名です。
温泉手形を買って温泉めぐりすると楽しいと思います。
由布院の宿には、立ち寄り湯がたくさんあるため、あちこちで良質な湯を堪能できます。
温泉街には、食事処、カフェなどが立ち並んでいます。
別府温泉では、地獄めぐりをして、別府ならではの、砂湯、蒸し湯、泥湯などを楽しんでください。
温泉街は食事もおいしいです。

<大自然コース>
熊本空港からレンタカーを利用して1時間ほどの平山温泉へ。
肌触りのいいお湯の虜になる人が多いと言われる人気の湯です。
立ち寄り湯もできます。
阿蘇へ行き、阿蘇山、高原、馬の放牧、大自然の中ドライブを楽しんでください。
「高森湧水トンネル公園」では、光と水の湧水アトラクションを楽しむことができます。
阿蘇で宿泊した後は、大分へ移動して、やまなみハイウェイで絶景ドライブを楽しみ、大吊橋へ。
迫力あるパノラマビューです。
翌日は大分県で人気のビュースポット「耶馬溪」へ。
四季折々の景色を見せてくれます。

この他にも九州では、歴史散策の旅、グルメの旅、火山をめぐる旅など様々な楽しみ方をすることができます。

ハウステンボス

家族旅行先として特に人気の高い「ハウステンボス」。
旅行会社のツアーでもハウステンボス特集が多く組まれ、どのツアーも人気となっています。
夏休みに九州地方と合わせて旅行を計画する人も多いです。
長崎県佐世保市に、単独のテーマパークとして最大規模、東京ディズニーランド、シーの2つを合わせた分の敷地面積を持っています。
オランダの街並みを作り上げその中に花畑、ホテル、ショップ、アトラクションなど様々なものがあります。

ハウステンボスでは、イベントが目白押しなのでいつ行っても、何度行っても、楽しむことができます。
特に2010年H.I.S.が手掛けるようになってからは、イベント、アトラクションが増えて魅力が増しました。
現在のハウステンボスでは、子供から大人までみんなが一日中楽しめるため、友人との旅行にも、家族旅行にも、人気となっているのです。

<ハウステンボスの魅力>
・美しい街並みが一年中きれいな花で埋め尽くされています。
・夜は光輝く夜景の街へ変身、街がまるごと光の王国となり、昼間とは違うパークの雰囲気を楽しむことができます。
・パーク内全体に様々なゲームの世界をつくり、子供も大人も一緒になって思いっきり楽しめるようになっています。
・街の広場では、様々なショー、音楽を聞くことができて、園内のホテルではクラシックコンサートも行われています。
ハウステンボス歌劇団のレビューショーも開催されています。

夏休み期間の土曜日には、花火が打ち上げられます。
世界トップレベルと言われる花火師たちが腕を競う競技会も行われるため、ここだけのすごい花火が見られると思います。

夏祭り

夏になると日本各地でお祭りが開催されます。
日本の伝統的行事の1つで、毎年盛大に行われているものがたくさんあります。
夏休みを利用して、夏祭りの熱気を肌で感じに行く家族旅行、一生心に残る思い出となることでしょう。
たくさんあるお祭りの中でどれを選べばいいのか、どの地方へ行けばいいのか悩む人は、まずは旅行会社のツアーを調べてみるといいと思います。
旅行会社では、人気の夏祭りをとりあげて、ツアーを組んでいます。
どんな祭りがあって、どういったツアーが人気で、お祭りと一緒に組み合わせて観光してくるといいおすすめ立ち寄り先を知ることができます。
家族旅行のプラン作りに役に立つと思います。

夏休み中開催されている人気の夏祭りをいくつか紹介します。

・「青森のねぶた祭り」→美しき火祭りで、光と熱の巨大なねぶたが「ラッセラー、ラッセラー」という威勢のいい声と共に街を練り歩きます。
囃子の笛、太鼓の音に合わせてカラフルな衣装をまとったハネトたちがエネルギッシュに踊ります。
起源は七夕祭りの灯篭流しと言われていますが、時代と共に大型化して今のような形になったそうです。
2015年の開催は8月2日?7日。

・「仙台の七夕祭り」→日本一のスケールと言われる仙台の七夕祭り。
JR仙台駅前アーケード、市内各地にある各商店街で、からくり仕掛けの人形、吹き流しなど工夫を凝らした飾りつけが街を彩ります。
10m以上もある巨大な竹につるされた飾り、その迫力に圧倒されます。
2015年の開催は8月6日?8日。

夏祭り その2

人気の夏祭りはまだまだあります。

・「京都の五山送り火」→「大文字焼き」と言われる有名な京都の夏の風物詩。
毎年8月16日に京都市内にある五山で「大文字」「左大文字」「妙・法」「船形」「鳥居形」が現れます。
宗教的な行事ですが、地元の人により受け継がれてきて今もなお続いています。

・「京都の祇園祭り」→祇園神を祀る祭礼行事で、日本三大祭りの1つとして人気があります。
7月1日から1ヶ月間かけて行う長い祭りで、7月17日に行われる山鉾巡行が有名です。
13日?16日の宵山では各山鉾の提灯に灯りがともって、夜の闇の中で幻想的にゆらめいています。

・「高知のよさこい祭り」→毎年8月9日に前夜祭が始まり、10日、11日が鳴子踊りの本番です。
12日にはよさこいの全国大会が行われます。
鳴子を鳴らしながら華麗な舞を披露してくれます。

ご紹介した以外にも多くのお祭りが日本各地で行われています。
多くの観光客でにぎわう盛大なお祭りだけではなく、地域で開催されているものもあると思います。
夏休みの思い出に、日常を忘れて、思いっきり踊ったり、歌ったり、祭りの迫力に感動したり、貴重な体験ができる家族旅行になると思います。
お祭りは夏休み期間だけではなく、一年中どこかで行われています。
「さっぽろ雪まつり」のように冬にも有名なお祭りがあります。
夏休みだけではなく、一年を通して家族旅行の候補先としておすすめします。
ただし、人気のお祭りは一年以上前からツアー、周辺宿が埋まってしまうようです。
早めに計画することが大切だと思います。

ハワイ

ハワイで家族旅行を楽しみましょう。
初めて海外に行く人でも、小さい子供がいる家族旅行の人でも、安心していける海外が「ハワイ」です。
日本からの飛行時間も比較的短めで、常夏、過ごしやすい気候、安定した治安、美しいビーチ、ショッピング、グルメ、様々な楽しみ方ができる人気の旅行先です。
夏休みだけではなく一年中多くの旅行客が訪れる人気スポットです。
ハワイはリピーターも多い場所です。
それだけハワイに魅力があるということです。
行ったことない人はぜひ、行ったことある人も今度は違う島へ、何度でも違った楽しみ方ができる「ハワイ」。
夏休みの家族旅行で海外を検討している人は、ハワイがおすすめです。

ハワイでは、様々なアクティビティが子供向けにも用意されているため親子揃って楽しむことができます。
公用語は英語、ハワイ語ながら日本語が通じるお店も多いので気軽に旅行することができます。

ワイキキにはたくさんのホテルがあります。
ハワイのホテルにはプールがついているところが多いため、ホテルのプールで遊ぶこともビーチへ行くこともできます。
ホテルからビーチもすぐ近くなので、疲れたらホテルの部屋へ戻って休憩することもできます。
ワイキキビーチ以外にも、白砂が美しい人気スポットのカイルアビーチ、天国の海と称されるほど美しいラニカイビーチ、シュノーケルなどが楽しめるハナウマ湾のビーチなど多くのビーチがあります。

大きなショッピングセンターもあり、お買いものを楽しむことができます。
人気のアラモアナセンターには290以上もお店があります。
ロイヤルハワイアンセンターは、ショッピング、エンターテインメント、レストランなどが入った人気の複合施設です。

ハワイ その2

ハワイには人気の観光スポットも多数あります。
初めてハワイへ行く人は、旅行会社のツアーなどについている半日観光を利用すると主だった観光スポットへ連れて行ってもらえます。
有名な「カメハメハ大王像」の前にも行けると思います。

「モアナルア ガーデンパーク」→テレビのCMで有名となった「この木なんの木」の木を見ることができます。
家族旅行の記念に木をバッグにぜひ記念撮影をどうぞ。

「ダイヤモンドヘッド」→ハワイのシンボル、有名なダイヤモンドヘッド、眺めるだけではなく、最近はトレッキングで山頂へ登り、山頂からの景色を楽しむ人も増えています。
往復で2時間程度のコースになっていて、近くには人気のグルメスポットがあるため、朝早く出発して帰りに朝食を食べて帰ってくるという人もいるようです。

「ポリネシア文化センター」→ハワイの文化を知るのにおすすめです。
ハワイを感じられるポリネシアンショーを見ることができます。
生のライブを肌で感じられて貴重な体験となることでしょう。

ハワイではクルーズも人気があります。
夏休みの家族旅行の思い出に、普段日本ではあまりしない体験をするのもおすすめです。
みんなで雄大な海を眺めながら、サンセットを楽しみ、ディナーを楽しみながら旅の思い出を語り合う、貴重な時間になると思います。

ハワイにはトローリーバスも走っていますが、あちこち自由に巡りたい場合には、家族旅行ではレンタカーを借りると便利だと思います。
夏休みは特に日本人が多く集まるため、困ったことがあれば近くにいる日本人に聞けばすぐにわかるかもしれません。

カナダ

見どころ満載で、人気の旅行先の一つである「カナダ」。
夏と冬では違った楽しみ方できます。
冬にはオーロラ鑑賞のツアーが人気です。
ここでは夏休みの家族旅行におすすめのモデルプランを紹介します。

夏休み期間、人気の観光スポットはどこも多くの観光客でにぎわいます。
中でもカナダを代表する人気スポットが「ナイアガラ」、「バンクーバー」、「カナディアンロッキー」です。
日本からのフライトでは、カナダへ夜到着する場合が多いため、到着日はそのままホテルへ、という場合もありますし、ナイアガラの滝は夜、ライトアップされているのでイルミネーションを楽しむことができます。
夜のナイアガラを見に行くのもおすすめです。
翌日は朝からナイアガラの滝へ、滝のすぐ近くに展望台があるため、流れ落ちる滝の迫力を目の前で見ることができます。
ナイアガラを空から見るヘリコプター観光も人気があります。

翌日、カルガリーへ移動します。
カルガリーにはカナディアンロッキーがあります。
カナダの大自然を肌で感じられる様々なアクティビティがあります。
ラフティング、ハイキング、フィッシングなどを半日?1日かけて楽しんでください。
お店もあるのでショッピングを楽しむこともできます。
世界遺産の指定を受けている国立公園は、貴重な自然が残っていて自然の雄大さを肌で感じることができます。

翌日、バンクーバーへ移動します。
バンクーバーは、周囲が海と山の自然と街が見事に調和したきれいな街です。
街の中心地ダウンタウンからたった10分で原生林の生い茂る公園があり、対岸には標高1000m以上の山々があります。
ダウンタウンの南側の入江対岸にある小さい島のグランビルアイランドには、マーケット、レストラン、ギャラリーがあり、ショッピングやグルメを楽しむことができます。
北側の入江対岸にあるノーズバンクーバーには、有名なキャピラノ吊り橋があります。
70m下に流れる川を見ながら渡る吊り橋は迫力満点です。

他にもカナダにはたくさんの人気スポットがあります。
ここでは夏の家族旅行におすすめの代表的な1プランをご紹介しました。

スイス

スイスと言えば美しい山々。
ハイジの世界を現実に見ようと、多くの観光客でにぎわう人気の海外旅行先です。
特に日本では夏休み期間、「涼」をもとめて多くの人が訪れます。
スイスは、雄大な自然、鉄道から眺める美しい景色、素朴な街並みなど魅力いっぱいの国です。
ヨーロッパの中で、家族旅行が多い国は圧倒的にスイスです。

中でも世界的にも有名な山が「マッターホルン」と「ユングフラウヨッホ」です。
スイスへ旅行したからには、これらの山々を眺めたいということで、列車の旅が人気となっています。
夏休み期間は特に混雑すると思います。
せっかくの家族旅行ですから早めに予約して、列車からの大パノラマに浸りながら、雄大な風景を楽しんでください。

<おすすめの列車>
・「ユングフラウ鉄道」→ヨーロッパで最高地点にあると言われている駅「ユングフラウヨッホ」へ行くことができます。
クライネシャイデックから約52分の道のりです。
夏は草原の中を列車が走り、氷河エリアでは岩盤内部のトンネル内をよじのぼっていきます。
日本では決して見られないすばらしい景色が広がっています。

・「ゴルナーグラート鉄道」→マッターホルンを眺めることができる展望台のある駅までツェルマットから約45分の道のりです。
列車に乗車中、車窓にはほとんどマッターホルンが見えます。
雲の上にある展望台、おすすめです。

列車の旅以外にも、ハイキングも人気があります。
晴天の日には、逆さマッターホルンが見られる湖もあります。
ユングフラウエリアでは、迫力のある氷河、咲き乱れる野の花、登山列車などスイスらしい景色を楽しみハイキングをすることができます。

非日常を体験したい人に、スイスは大変おすすめの家族旅行先です。

ドイツ

ドイツは9ヶ国と隣接している国ので、近隣の国と合わせて旅行することができます。
特に夏休み期間中人気のツアーは、「スイス」と「ドイツ」の2ヶ国を巡るツアーです。
日本からも夏休みの家族旅行でヨーロッパへ向かう人の多くがこの2ヶ国を訪れています。
ドイツだけでも見どころも満載なので、観光プランをきちんと考えておかないと時間が足りないと思います。

ドイツでとても有名なスポットは「ロマンチック街道」、シンデレラ城がこの城をモデルにしていると言われる「ノイシュバンシュタイン城」、「ライン川」。
首都のベルリンの市内観光も人気があります。
またドイツと言えば「ビール」、「ソーセージ」。
ビールの街と言われるミュンヘンで、本場の地ビールをぜひ味わいたいものです。

これらの人気観光地は南ドイツにあります。
観光の拠点としておすすめなのがミュンヘンへ、このミュンヘンへは、成田から直行便が出ています。
ミュンヘン市内には、歴史ある教会、王宮、世界的に知られる博物館、美しい街並みがあり見どころ満載です。
ドイツは鉄道が発達しているため、近隣の国、都市への移動は新幹線、電車などを利用すると、便利です。
スイスへは特急電車で4時間10分、飛行機で1時間かかります。
空港への移動時間、待ち時間、フライト時間、ちょうどいい時間の便があるかどうかなどを考えてどちらを利用するのか判断するといいと思います。

ミュンヘンから、特急電車で1時間40分ほど南へ移動するとオーストリアのザルツブルクにも行くことができます。
人気の都市ウィーンへ行く場合は約4時間20分かかります。

中世の美しい街並みを眺めるだけで異空間を体験できて、ドイツへ来た意味があるというものです。
ヨーロッパは日本とは全く違う景色、普段見ることのできない景色を見られる魅力的なところで、家族旅行にも大変おすすめです。

サイパン

日本から直行便でわずか3時間でいける、時差も1時間しかない南国が「サイパン」です。
小さい子供がいるけれど夏休みに海外へ家族旅行したい人、長時間のフライトは無理なので近場で海外へ行きたい人、夏休みは海へ行きたい人に人気の旅行先が「サイパン」です。
日本とは違う美しいサンゴ礁の海があります。
ビーチでゆったりと過ごしたり、ビーチアクティビティを楽しんだり、様々な楽しみ方をすることができます。
スキューバーダイビングのメッカとしても知られるので、夏休みにダイビングをしにやってくるダイバーたちからも人気の場所です。
サイパンの年間平均気温は27℃、平均水温は25℃、海水浴に最適です。
ビーチに面しているホテルが多いので、ビーチへすぐに行くことができます。
リーフの内側にある島なので、ほとんど波もなく子供も遊びやすいビーチのため、家族旅行におすすめなのです。

サイパンの魅力は他にもあります。
透明度の高い美しい海の他に、豊かな自然にあふれています。
普段日本では体験できないような豪快なスポーツなどにも挑戦できます。
トレッキングをしながら島を巡り野鳥観察をしたり、ジャングルに入っていったり、オフロードアドベンチャーを楽しんだり、クルーズを楽しんだりすることができます。

ブランド品、南国らしい品、民芸品などショッピングも楽しむことができます。
大型ショッピングセンター、DFS、ABCストアなどいろいろあります。

ショーを楽しむこともできます。
南国らしいポリネシアンショー、バーベキューを食べながらダンスショーやライブを見られるディナーショー。
ラスベガススタイルで一流のマジシャンが行う華麗なイリュージョンを開催しているステージもあります。
様々な楽しみ方ができる国で、比較的気軽に行きやすい海外旅行先だと思います。

シンガポール

テレビやCMで屋上プールからの絶景が話題となったシンガポールの人気ホテル「マリーナベイサンズ」。
一度は泊まってみたいと思う豪華なホテルです。
今年の夏休みの家族旅行は、豪華にマリーナベイサンズに泊まってみてはいかがでしょうか。
宿泊者だけが利用できる屋上のプールからの景色は昼も夜も楽しみたいところです。
屋上にあるプールから眺める、シンガポールの夜景は大変きれいです。

夏休みの家族旅行におすすめのシンガポールの人気スポットを紹介します。
シンガポールと言えば「マーライオン」。
マーライオンがいるマーライオン公園へ行くと、マリーナベイサンズ、マーライオンを一緒に入れて写真撮影ができるため人気スポットとなっています。
初めてシンガポールへ行く人はここでの写真撮影がおすすめです。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」、マリーナ・ベイに誕生した広大な植物園です。
園内にはトラムが巡回しているため、利用すると20分ほどで効率よく見て回ることができます。
シンガポールはとても暑いので歩きまわるのは大変です。

「チャイナタウン」はシンガポールに暮らす中華系の人たちが暮らしているところです。
中華街の雰囲気を散策して、ランチには飲茶がおすすめです。

「セントーサ島」は様々なアクティビティを楽しめるリゾートアイランドです。
巨大水槽の中にある長いトンネルから魚を眺めたり、魚とふれあったり、イルカショーが楽しめたりする人気の水族館「アンダー・ウォーター・ワールド」があります。
展望台のスカイタワーへ上れば、セントーサを一望することができます。
人気のジップラインができるメガジップアドベンチャーパークもおすすめです。

「マーライオン」は本家のものよりも4倍大きく37メートルもあり、島の中央に立っています。
口の部分、頭の部分が展望台で、ここから島内全体が見渡せます。

「ユニバーサルスタジオ」は2010年にオープンしました。
ユニバーサルファンが多く来場し、リピーターも多い人気スポットです。

セントーサでは夜にもいろいろなエンターテインメントが行われています。
「クレーンダンス」は24メートルもある鶴のショーを光と水で表現するショー、花火も上がります。
「ウィング・オブ・タイム」は光、水、音楽を使った壮大なースケールの野外ショーです。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ