夏休みにおすすめの海外旅行

  • 夏休みにおすすめの海外旅行 はコメントを受け付けていません。

この記事は15分で読めます

女性におすすめの海外旅行

連休中に海外旅行へ行きたいという方も多いと思います。
お金と時間があれば、ゆっくり海外で過ごしたいですよね。
連休と言えば、ゴールデンウィークがありますが、大型連休になる人もいれば、合間に出社しなければならなかった方もいらっしゃるでしょう。
飛び石ですと、海外旅行はやっぱり難しいですよね。
せっかく高い旅費をかけて、海外旅行に行くのなら、できるだけ長く滞在したいですから、そうすると夏休みなどがベストでしょう。
夏は場所によっては、持っていく洋服も少なくて住みますし、リゾート地ではプールや海水浴も楽しめますので、家族旅行ではお子さん達も楽しむことができるでしょう。
また、日本とは反対の季節の場所へ出かけることも、刺激的で良いと思います。
夏休みは、やや料金が高くなる時期ではありますが、大型連休が取りにくい方には、お盆休み、夏休みを利用して、憧れの海外へいけると良いですね。
夏休み中は、特に多くの方が海外旅行へ出かける時期なので、海外ツアーなどのパックも普段よりたくさんラインナップされています。
料金は、繁忙期によりやや高めであっても、おすすめのパック旅行がたくさん出てくる時期なので、旅行プランについては選び甲斐もあることでしょう。
例えば、女性同士のプランや、カップルのプラン、家族旅行や、お母様と娘、2人の旅行プランなどがあります。
海外旅行に行く相手によって、様々なおすすめのプランが各旅行会社に用意されていますので、比べてみても楽しいです。

スポンサードリンク

女性におすすめの海外旅行続きその1

まずは、誰と海外旅行に行こうか、それを決めてから、プランを探しても良いでしょうし。
プランを見てから、興味の沸くパッケージがあれば、それによって、彼でも、女友達でも、母親でも、相手を誘っても良いと思います。
大手の旅行会社などでは、夏休みのおすすめパッケージツアーを色々と用意していますが、例えば、日本旅行の「たびーら」では、女性たちにおすすめのプランが、コンセプト別に用意されています。
働く女性たちの楽しみのひとつとして、ボーナスでの海外旅行がありますよね。
やはり、日々、働くだけではつまらないので、自分にご褒美をあげたいという女性が多いです。
「たびーら」では、テーマごとにプランを作ってありますので、自分が海外旅行に何を求めるかでプランを選べるようになっています。
旅行中に食べることを楽しみたい方、何かを学びたい方、リラクゼーションを求める方、とにかく楽しみたい方など、それぞれにおすすめのプランがあります。
女性たちが求める旅行先として、少し前までは、近くて安いところ、例えば、グアムや韓国などが人気でした。
ですが、現在はやや遠くの海外でゆっくり滞在を楽しみたいという傾向にあり、人気の行き先も変わってきています。
海外旅行の行き先ですが、ヨーロッパ地方に人気が集まっており、特にイタリア、スペインあたりが女性たちには人気があります。
ヨーロッパは、とにかく食事が美味しいですし、芸術に触れられる場所でもありますから、おすすめの名所がたくさんありますよね。
韓国などアジアの近場には、もう飽きてきたという方、夏休みなど、長期のお休みが取れるときには、是非、イタリア、スペインなど、ちょっと遠い海外旅行へお出かけになってみてはいかがでしょうか。

女性におすすめの海外旅行続きその2

韓国などアジアの近場にはもう飽きてきたという方、夏休みなど、長期のお休みが取れるときには、是非、イタリア、スペインなどにお出かけになってみてはいかがでしょうか。
働く女性におすすめの海外旅行をアレンジしている「たびーら」は一人旅のパックも充実しています。
女性が一人で海外旅行に行くことは、不安に感じる方もいらっしゃると思いますが、現地の数あるホテルのなかでも、安全で清潔なホテルを選びパッケージプランに組み込まれています。
このような点で安心して一人旅ができますので「たびーら」の一人旅プランはおすすめです。
女性の中には、グループでワイワイするよりも、一人でゆっくりしたいという方もいらっしゃいますからね。
何より相手のペースに合わせることなく、自由に行動できますし、夏休み中の海外旅行の日程も予算も自分だけで決定できるところも魅力でしょう。
気ままな海外旅行を楽しみたい方にも、一人旅が初めてという方でも「たびーら」のプランでしたらおすすめです。
いくつか、「たびーら」での人気の旅行先をあげますと、女性たちに人気のパワースポットでしたら、台湾がおすすめです。
海外旅行で癒されながら、同時に運気上昇も期待できそうですね。
B級グルメ屋台など、食べ歩きが自慢な台湾は、夏休みの長期休暇以外でも、数日あれば十分に楽しめる場所です。
また、ハワイは海外旅行先として根強い人気です。
リゾートと言えばハワイでしょう。
青い空、エメラルドの海、ハワイでリフレッシュできたらオシゴトもまたがんばれそうですね。

夏休みは海外でクルーズ

夏休みの海外旅行の計画は、早い方ですと、もうゴールデンウィーク中に立てているそうです。
そして、夏休みのパッケージツアーなどの予約もスタートしていることから、早めに申し込みをしている方も多いです。
格安で魅力的なパックツアーなどは、応募が殺到しそうですから、動くなら早めが良いですね。
夏休み中に海外へ出かけるなら、今、どの国がおすすめなのでしょうか。
海外旅行で根強い人気を誇る、イタリアやスペインですが、ヨーロッパでしたら7月前半に夏休みが取れる方におすすめです。
ちょっと早めに夏休みを取ることができれば、最も混みあうお盆の時期などを外すことができます。
価格的にも魅力ですし、夏休み真っ最中の混雑に比べたら7月はじめはまだまだ序の口ですからね。
例えば、イタリアで有名な青の洞窟は、夏のほうが入れることが多いで入ってみたい方にはおすすめです。
イタリアやスペインでは、クルージングするには気持ちの良い季節です。
クルーズと言えば、高価なイメージがありますが、最近では一般人の方も手が出るようなコスパのよいクルーズもあります。
外国客船を使ったリーズナブルなパッケージも登場していますので、以前からクルーズツアーに興味があった方はチェックしてみましょう。
だいたいの予算ですが、10日間ほどのツアーで40万を切るパッケージもあります。
これには、船内での食事やショーなども含まれているので、リッチなクルージングツアーが楽しめることでしょう。

海外旅行は定番の東南アジア

海外旅行の行き先として、やはり、近場の国は移動距離も少ないですし、渡航費用も安いため、定番として人気があるようです。
夏休みなど、長い休暇を利用して、遠くの国へ行く方もいますが、ちょっとした連休でしたら、すぐ行ける韓国あたりがおすすめです。
気軽な気持ちで行って、ちょっと楽しんで、すぐに帰って来られるという距離感が嬉しいですよね
特にアジアのなかでも、タイや、インドネシアなどはリゾート地としても楽しめますし、ベトナムは自然を満喫できますよね。
東南アジア方面は、いろいろな楽しみ方ができるため、特に女性たちに人気がある国です。
日本人は疲れている人が多いのでしょうか、リゾート地に癒されに行く人たちが増えていて、現地でマッサージやエステなどを楽しむことを目的としています。
もちろん、日本でもエステやマッサージは受けられますが、東南アジアですと、料金も格安ですから、普段よりたっぷりエステを楽しむことができるでしょう。
ビーチやプールサイドで、マッサージを受けることは、心身ともに癒されますからね。
また、観光地としても見所がたくさんありますので、寺院や遺跡を訪れて、パワーを吸収することもおすすめです。
パワースポットを巡る海外旅行も、女性たちには人気がありますからね。
東南アジアへの海外旅行は、予算によっていくらでも旅行の内容をカスタマイズすることが可能です。
例えば、夏休み中など、格安で長期の旅行にしたい、安いホテルを自分で探して、バックパックの旅をしても良いでしょう。

海外旅行は定番の東南アジア続き

予算をあまりかけたくない方でも、方法によっては楽しい旅をすることができることは、東南アジアの魅力のひとつだと思います。
現地で安いホテルを出したり、屋台で食事を楽しんだり、現地の方と仲良くなったり、ちょっと冒険してみることも楽しそうですよね。
夏休みなどには、長く滞在しても面白いでしょう。
また、お金をかけて、リゾートホテルに宿泊するなら、東南アジアでプチ贅沢なマダム気分を味わうこともできます。
レストランでの食事、エステやマッサージ、クラブでのお酒など、これも非日常を味わうことができるでしょう。
東南アジアには、リピーターとして訪れる方も多く、一度、行って気に入った街などは、何度でも行きたくなるようです。
カップルで行ったり、女性同士で賑やかな旅行をしたり、夏休みなら学生のグループで行ったり、慣れたら一人で旅行してみることもおすすめです。
また、東南アジアですと、シンガポールや台湾などは、飛行機で行ったとしても、時差が1時間しかないため、時差ぼけがないので、海外旅行先として人気があります。
それに、羽田空港からも国際線が出るため、乗換え不要の直行便でいけることから、最近では、台湾やシンガポールも楽しいツアーパッケージが多く登場しているのでおすすめです。
日本人が安心して旅行を楽しめるという点では、海外旅行の行き先のなかでは、特に台湾がおすすめです。
親日家が多いので、日本人旅行客には何かと優しくしてくれるでしょう。

海外旅行ならビーチリゾート

夏休みの海外旅行には、ビーチリゾートは定番中の定番です。
海外の青い海、白い砂浜は、日本の海外とはまったく違った美しさを持っています。
シーフードをはじめとした美味しいお料理を楽しんだり、ショッピングしたり、エステを受けたりなど、ビーチリゾートはいろいろな楽しみ方ができるという点でもおすすめです。
海外旅行に行ったことがないという方は、ハワイやグアムに憧れていると思いますが、ハワイ、グアムあたりでしたら、初心者にもおすすめです。
最近の流行として、お母様と娘さんが2人で行く海外旅行のプランがあります。
ハワイやグアムとなると、新婚旅行で行くなど、カップルで楽しむイメージが強かったのですが、最近は、ハワイ、グアムのパッケージツアーも様々なプランが用意されています。
もちろん、カップル用のプランも多いですが、中には、女性同士で楽しめるプランも増えてきました。
娘さんとしては、親孝行として、お母さんを海外旅行に連れて行ってあげるのでしょう。
結婚してからは、育児や家事などに忙しくなりますので、独身時代に、こうした親子の2人旅ができると理想的ですよね。
リゾートビーチで癒されながら、美味しいものを食べながら、ゆっくりと2人の会話を楽しむことができるでしょう。
おすすめは、日本でも話題になっているパンケーキショップ、これを楽しみに行く方も多いです。
こうした楽しみは女性ならではですからね。
グアムでしたら、三時間半くらいで到着できますから、日本国内で旅行する移動時間とそう変わりません。
移動時間が少ない分、2泊3日でも十分に楽しめますから、夏休みなど長期のお休み以外でも、ちょっとした連休があれば行くことができますね。

海外旅行ならイタリア

夏休みに海外旅行の行き先として、ヨーロッパ旅行を候補に計画している方もいらっしゃると思いますが、見所が多いイタリアは、お料理も歴史も楽しめるおすすめの国です。
海外旅行として、欧州では一番人気がある国とも言われています。
芸術に触れることもできますし、歴史を感じる建物の数々、そして、本場のイタリア料理、どれをとっても魅力的ですよね。
ファッションに興味がある方ですと、フランスも人気がありますが、イタリアでしたらミラノでしょう。
また、水の都と言えば、ベニス、芸術はフィレンツェで楽しむことができます。
歴史に興味がある方でしたら、古代ローマ帝国の遺跡の数々があるローマがおすすめです。
そもそもイタリアは、多くの世界遺産がある国なので、イタリアの全土に見所があります。
世界遺産として、文化遺産が40箇所もあるのですから、全部を見て回るにはそうとう時間がかかることでしょう。
夏休みをかけて長期滞在すれば、すべての文化遺産を見ることも夢ではありません。
せっかくイタリアに行くのなら、ゆっくりと文化遺産を見て回るくらいの余裕を持ったスケジュールで旅行できると良いですね。
文化遺産として有名なものでは、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた「最後の晩餐」が飾られている、サンタマリア教会も広く知られていますよね。
イタリアに行ったら、最後の晩餐や、その教会も一度は見ておきたいですよね。
他にも、ドメニコ会修道院や、ヴェネツィア、ピサのドゥオモ広場など、イタリアに旅行したら見ておきたい場所がたくさんあることでしょう。

海外旅行ならイタリア続きその1

歴史や文化遺産、お料理、芸術など、いろいろな目的を持って楽しめるイタリアは、夏休みの海外旅行にぴったりですね。
もちろん、イタリアはビーチリゾートとしても楽しむことができますので、リゾートでゆっくりしたい方にもおすすめです。
ヴェネツィア映画祭が開催されるイタリアは、映画好きの方には特におすすめです。
映画ファンだったら、一度は訪れたい国でしょう。
近隣の国と比べてもイタリアはわりと物価が安いため、ドイツやスイスなどからも、観光客が大勢、訪れます。
夏休みなどには、「ここはドイツ?」と思うくらい、ドイツ人ばかりを見かける場所もあり、まるで国境がないような印象です。
いろいろな国の言葉、文化が入ってくるイタリアは、それだけ近隣の国の方にも人気がある旅行先なのです。
日本人が行きたい海外旅行先として、人気があることも納得ですよね。
そして、海外旅行の楽しみと言えば、その土地で独特のお料理です。
イタリア料理は現在、日本でもとてもポピュラーな料理になっていて、家庭でも作っているおうちが多いと思います。
ですが、現地で本場のイタリアンを食べてみたいですよね。
イタリアでは、石釜で焼かれた熱々のピザが定番です。
日本で食べるピザとは一味も二味も違うことでしょう。
また、リゾットやパスタなど、日本でお馴染みの料理は、現地ではどのような味になっているのでしょうか。
イタリアに行ったら、食べてみたい料理はたくさんありすぎますから、夏休み中など、長い期間、イタリアに滞在したら、体重が増えること間違いなしです。

海外旅行ならイタリア続きその2

イタリア料理ではに、女性たちに嬉しいデザート類も充実しています。
本場のイタリアンジェラートも食べてみたいですし、日本でもスイーツの定番となっているパンナコッタ、ティラミスも、現地で味わってみたいですよね。
そして、お料理のほかにも、イタリアへ海外旅行に出かける方の目的として多いのは、ショッピングです。
イタリアブランドは、世界的に有名ですので、買い物するにもイタリアがおすすめです。
例えば、プラダ、グッチ、フェラガモなど、一流のブランドが揃っていますから、ブランド好きの女性たちは、現地でのお買い物が大きな楽しみになることでしょう。
ブランドもの以外であっても、伝統工芸品、レザー製品など、品質が良いものが手に入りますので、ブランドがあまり好きじゃないという方であっても、買い物を楽しむことができるでしょう。
海外旅行に行った記念、自分のお土産として、ちょっと高価なものを買っても良いですね。
では、夏休み中にイタリアへ出かけるとしたら、いったい、どれくらいの予算で行けるのでしょうか。
現在は格安ツアーも増えてきて、海外旅行はどこも安く行けるようになってきました。
添乗員が付ている初心者でも安心していけるツアーや、バスなどで観光スポットを巡ることができるツアーなどもあります。
これらのオプションが付いたツアーですと、15万円くらいからコースがあります。
フリープランで格安な海外旅行を扱っているところでは、オプションなしで10万前後という安いところもあります。
夏休み中などは料金が高くなってしまいますが、安い予算で出かけるのでしたらシーズンを外していくことをおすすめします。

夏休みのフランス旅行

夏休みの海外旅行で、フランスに行きたいという方も多いのではないでしょうか。
美食の国として知られているフランスは、やはり、三ツ星レストランを巡るようなグルメツアーのパッケージも人気がありますから、グルメな方にはおすすめです。
そして、芸術の国でもありますので、アーティストを目指している方などは特に、フランスに一度は行ってみたいと思っているでしょう。
フランスと言えば、エッフェル塔、それに、修道院モンサンミッシェルや、南プロヴァンスなど、魅力的な場所が沢山ありますよね。
また、ワイン好きの方が訪れてみたい都と言えば、海外旅行先の中でも、やはり、ボルドーではないでしょうか。
ヴィンテージワインを楽しめるパックツアーもありますので、極上のワインを試してみたい方は本場、フランスで味わってみるべきでしょう。
特にシャトー・コス・デストゥルネルは有名ですので、ボルドーに行ったら是非、味わってみてください。
また、フランスの北西部にあるノルマンディー地方は、とても魅力的な場所ですので、夏休みなど長期休暇には、日程をゆっくりとってフランスの地方を楽しんでみてはいかがでしょうか。
9世紀ごろ、北方民族のノルマン人たちがここへ移住してきたので、ノルマンディーと呼ばれています。
印象派の画家たちゆかりの地ですから、芸術に興味がある方にはおすすめです。
フランスの芸術を満喫するパッケージツアーもありますので、自分が行ってみたい場所が含まれているコースを探してみてもよいですね。
例えば、画家モネの作品で有名な「睡蓮」に描かれた世界を、実際に見てみたいという方もいらっしゃるでしょう。

夏休みのフランス旅行続きその1

フランスのノルマンディー地方の見所のひとつとして、セーヌ川流域のレザンドリーは絶景の街として知られています。
それから、古都ルーアンや、美しき廃墟となったジュミエージュ修道院もおすすめです。
また、音楽好きの方でしたら、作曲家のエリック・サティが生まれた町、セーヌ川河口の古い漁港、オンフルールも訪れてみるとよいでしょう。
ノルマンディーの名産物である、シードルを実際に作って販売している農家もありますので、本場で本物のシードルを味わうという旅も乙ですよね。
夏休みの旅行でしたら、冷えたシードルを現地で楽しんでみたいものです。
ちなみに、フランス人にとって、夏休みの8月は、働かない月だそうです。
パリもそうですが、フランスは、1年のなかで8月が快適に過ごしやすい月でもあるので、海外旅行などバケーションに行く方が多いです。
学生さんたちは、7月早々から夏休みに入ります。
そして、都会で働く社会人の方たちは8月に夏休みに入ります。
子供の夏休みに合わせて会社を休む親も多いフランスは、8月に有給を取る人が多いのです。
そして、海外旅行や、国内旅行など、とにかくバカンスに出て、一週間以上は旅行を楽しむということですから、日本人の場合、お盆休みが三日間だけしか取れないという人とは、だいぶ違いますね。
海外旅行でも日本人は三日間で帰ってくることもありますが、フランス人にしてみたら、ありえないことなのでしょうね。
パリは、5月や6月に長雨が降りやすく、冷え込むこともありますから、7月8月は待ちに待ったバカンスの時期です。
フランス人が旅行に出るにも、フランスを訪れる観光客にとっても、過ごしやすいおすすめの季節でしょう。

夏休みのフランス旅行続きその2

8月にパリに行くと、多くのパリジャンたちは、バカンスに出かけて留守ですので、街はいつもより静かになっているそうです。
ですが、都心は関係なく、夏休み中でも、ショッピングも楽しむことができます。
7月は特に、街中では夏休みのセールが行なわれる時期でもありますから、ショッピング目当ての海外旅行をしたい方にはおすすめです。
現地で、お買い得品にめぐり合える確率も高いでしょう。
セール品は見つけたらすぐに買っておくことが大切です。
「後で買おう」と思っているとすぐに売り切れてしまうのは、フランスも日本も同じですね。
また、7月はパリ祭もありますから、シャンゼリゼ通りや凱旋門のあたりはとても賑わいます。
この時期に合わせて夏休みの旅行を計画することもおすすめです。
フランスが誇る大規模な軍事パレードもありますし、騎馬隊の行進も迫力満点です。
記念式典が行なわれ、毎年、パリ祭のイベントには大統領も参加しています。
パリの街が、朝から大勢の人でにぎわいますし、早くからパレードを見る方で通りもいっぱいになります。
海外旅行でフランスに行くのなら、この時期に合わせて是非、パリ祭をご覧になるとよいでしょう。
また、ツールドフランスも有名なレースですから、6月から7月にかけて、早めの夏休みをとって見に行ってもよいですね。
自転車競技においては、ご存知の通り世界最高峰のレースですから、自転車好きの方でしたら、一度は見ておきたい大会でしょう。

タイの魅力

夏休みの海外旅行でしたら、近場のタイでゆっくりすることもおすすめです。
忙しい毎日を過ごしている方、リゾートで癒されたいという方にはタイがぴったりでしょう。
観光スポットも沢山ありますが、まず、外せないものが世界遺産のアユタヤです。
現地ならではの、象に乗に乗ることも貴重な体験でしょう。
また、夏休みに女性のグループで海外旅行へ行く方たちでしたら、バンコクの夜のスポットもおすすめです。
女子会が楽しめるナイトスポットもたくさんあります。
「微笑みの国、タイ」として、観光誘致をしている国だけに、現地の方たちはとても気さくで優しく、親しみやすいですからね。
タイで観光するなら、代表的な観光地スポットであるエメラルド寺院は外せません。
エメラルドの仏像があることで有名な寺院ですよね。
敷地内には王宮もありまして、ラーマ8世まで歴代の国王がそこへ住んでいました。
エメラルド寺院は、王室の専用寺院なので、僧侶のいない寺院はタイでここだけです。
壁に施されている美しいラーマキエン物語の絵画は必見です。
都心であるバンコクは、お食事やショッピングも楽しめますが、素朴な町中を楽しみたいという方にはチェンマイもおすすめです。
街並みも楽しめますし、緑も多いので、とてもリラックスできる場所でしょう。
チェンマイは、タイの観光地でもありますが、バンコクほど都会ではないので、それほど観光客向けのお店も多くありません。
その分、地元の人たちの中に溶け込んで観光を楽しむことができるでしょう。

タイの魅力続きその1

海外旅行先で人気のタイランド。
特に緑が多いタイのチェンマイは、暑い時期であっても、日陰に入ると涼しく、過ごしやすいと言えます。
ですから、クーラーがなく扇風機だけのゲストハウスもあります。
ただ、チェンマイは場所によってトイレが整備されていないところが多いので、桶などで水を汲んで自分で流す仕組みのトイレがまだまだあります。
トイレットペーパーを使わない、水でおしりを洗うなど、海外旅行へ行って、ちょっと日本とは違うトイレ事情に戸惑う方も多いです。
チェンマイの新しい建物などでは、水洗トイレが整備されているので、旧式のトイレが苦手と言う方は、水洗トイレが整備されているスポットをあらかじめ調べておくことをおすすめします。
さて、夏休みにタイへの旅行を計画している方もいらっしゃるでしょうが、夏以外でもタイは暑いです。
タイはそもそも熱帯性気候ですから、気温は常に高いと思ってよいでしょう。
そのなかでも、11月から3月は乾期で、4月5月は暑期、6月から10月は雨が多くなっています。
タイの南部は雨期がずれているところもあります。
特にソンクラーやサムイ島などは、10月から12月が雨の季節となっており、タイの中では6月から雨期になる場所が多いなか、これらの場所は過ごしやすくなっています。
夏休みですと、ちょうどタイの多くは雨期になっているので、お出かけになるなら南部のほうが雨は少ないといえるでしょう。
雨と言っても、日本の梅雨とは違い、スコールが降ることが多いです。
過ごしやすい気候でタイを体験したいなら、11月から3月がおすすめです。
乾期ですと、バンコクでも30度までは上がらず、暑くても過ごしやすい時期でしょう。

タイの魅力続きその2

暑い時期のタイを体験したいなら、4月5月の暑期がおすすめです。
平均気温が30度以上になる日がほとんどですし、暑い場所では40度に上がることもあります。
海外旅行でタイへ出かけるのでしたら、夏休みは雨期になってしまいますが、数時間のスコールを覚悟しているのならそのほかの時間に観光する分には問題ないでしょう。
夏休み中は、特にタイではマンゴー、ドリアン、ランブータン、マンゴスチンなど、果物が美味しい時期ですから、それを味わいたいなら、6月から10月がおすすめです。
タイのマーケットには、いろいろなフルーツが並べられていて南国フルーツの宝庫です。
雨期を、タイでは「グリーンシーズン」と言っていますが、この雨のおかげで美味しい野菜やフルーツが沢山、収穫できるのです。
日本のスーパーでは買うことができない南国のフルーツを思う存分、味わってみることも海外旅行の醍醐味でしょう。
あまり食べ慣れないフルーツなど、何を買ってどうやって食べたら良いのか迷ってしまいますよね。
マーケットで果物を買ってホテルの部屋で食べようと思っても、初めて見るフルーツには戸惑います。
「皮はむくのかしら?」「どこまで食べられるのかしら?」と悩むことばかりでしょう。
また、ホテルでは、その臭いから持ち込み禁止となっているところが多い、ドリアンは、間違って買ってしまったら大変です。
そんなときは、マーケットに出ているフルーツ屋台がおすすめです。
ここではカットしたフルーツを食べることができます。
ガラス張りの移動車などで営業している果物屋さんで、好きな果物をカットしてその場で食べることができますし、こういう食べ方も海外旅行ならではですよね。
初めて食べる南国のフルーツも夏休みの忘れられない思い出になることでしょう。

のんびりしたいならサイパン旅行

夏休みの海外旅行と言えば、比較的、長い日程で旅行ができますから、ヨーロッパもいいですし、近くのアジアでゆっくりすることもよいですね。
また、普段の忙しさから解放されて、ゆっくり癒されたいという方でしたら、ビーチリゾートがおすすめです。
サイパンでしたら、アメリカやヨーロッパなどの海外旅行をするよりも、移動時間が少ないので、それほど時間がない方にもおすすめです。
およそ3時間半ですから、移動のために丸1日を費やすこともありません。
フライトも格安ツアーなど、夏休み向けのパックとして、多くの旅行会社から発売されていますので、迷ってしまうくらいです。
日本人にとって、サイパンは、近場のリゾートということで、とても人気がありますから、旅行会社が企画するツアーも、競争が激しく価格がどんどん下がっています。
夏休みではなくても、サイパンほどの距離でしたら、3泊4日もあれば、十分にリフレッシュできるのではないでしょうか。
なか三日、ゆっくりホテルで過ごすこともよいですし、観光するのにも日程は十分でしょう。
ショッピング、観光地を巡るなど、目的はいろいろあるでしょうが、最近では何もせず、サイパンでゆっくり過ごすという方も多いです。
エステやマッサージ、美味しい食事など、何もせず、ただ癒されて、のんびりする、これがまたサイパン旅行のよいところです。
パッケージツアーで観光も入っていると、スケジュールもタイトですし、決まった時間に動かなければなりませんよね。
その点、フリーのパックでしたら、飛行機とホテルだけ予約して、あとは自由ですから、好きなだけホテルやビーチでのんびり過ごすことができます。

のんびりしたいならサイパン旅行続きその1

サイパンでの滞在中は、とにかくホテルでゆっくりしてみてはいかがでしょうか。
それに飽きたら街中に繰り出してもオッケーですし、自由気ままな旅行は普段の疲れを癒すためには、とてもおすすめです。
ただ、格安ツアーですと、直前に手配できるところは少ないので、早めに計画して、予約して置きましょう。
夏休みなどは、当然ながら混みあう時期ですから、お休みが取れる日程が決まったら、すぐに申し込んでおきたいですね。
また、マイレージポイントが溜まっている方でしたら、サイパンくらいまでの近場なら、ひょっとしてポイントで行けるかもしれませんね。
是非、お手持ちのマイレージを確認してみましょう。

海外旅行先では、スパ施設などが併設されているホテルですと、宿泊者は無料で使えるというところが多いです。
ホテルでのんびりしながら、たまには、スパやプールで遊んで、疲れたら、また部屋でゴロゴロするなんて贅沢ですよね。
もちろん、ホテルのレストランも充実していますので、夕食はホテル内で楽しめることでしょう。
サイパンでも、大型のホテルですと、何種類かのレストランがテナントで入っていますので、外出しなくても、毎日、様々なお料理を楽しむことができます。
夏休みの海外旅行は、外へ出ずにのんびりホテルで過ごしたいという方は、プールがあったり、レストランが複数あったりで、飽きが来ない大型ホテルがおすすめです。
特に、サイパンは海の幸が豊富なので、シーフード料理は是非、試してくださいね。

のんびりしたいならサイパン旅行続きその2

サイパンはご存知の通り島国なので、車があれば、島を一周するドライブもできるでしょう。
アウトドアが好きな方でしたら、レンタカーを借りて島を探検してみることもおすすめです。
夏休み中の旅行の目的はそれぞれでしょうが、のんびりしたい方にはサイパンはちょうどいい島だと思います。
海外旅行先としては、それほど、観光スポットも多くないので、サイパンは観光地でありながらも、リゾートののんびりとした雰囲気が漂っています。
とても癒されますから、リフレッシュしたい方にはおすすめの場所です。
サイパンは、海洋性亜熱帯気候ですので、年間を通して平均が27度くらいはあります。
ですから、日本が冬であっても、サイパンはとても過ごしやすいでしょう。
一年中、気候が安定していますのでマリンスポーツを楽しみたい方にもおすすめです。
夏休み以外のお休みでも、泳ぐことができますので、日本では寒い時期に行くと楽しいかもしれませんね。
サイパンの季節は、雨季、乾季で分かれています。
4月から10月が雨季、10月から4月が乾季と交互に季節が移り変わります。
乾季ですと、スコールがたまに降りますが、短い時間だけであとは晴れますのでお出かけも問題ないでしょう。
雨季ですと、毎日、降るわけではありませんが、雨の日が多いです。
夏休みの海外旅行先としてサイパンを検討されている方は、雨期だということを知っておいたほうが良いですね。
雨期は湿度がいつも高いため、むしむしして過ごしにくく感じる方も多いでしょう。
それから、台風も多くなる時期ですからそのことも知っておきたいですね。
サイパンは日本との時差が1時間というところも魅力です。
移動しても、時差ぼけがないため、日程を無駄にすることがなくおすすめのリゾート地です。

夏休みにおすすめのハワイ旅行

夏休みに家族や、カップル、また、お友達とハワイ旅行を計画されている方もいらっしゃると思います。
ハワイはカップルでも楽しめるので、新婚旅行でハワイに行くという方もまだまだ多いのではないでしょうか。
家族旅行でしたら、子供たちはハワイのビーチで遊んだり、奥様はショッピングを楽しんだりと、家族みんなが楽しく過ごせますよね。
女性同士であってもハワイのビーチでのんびりできますし、エステを受けてリラックスすることもおすすめです。
ハワイへの直行便がありますので、海外旅行先としても便は良いです。
ハワイ行きの便は、夜出発の朝到着ですから、到着したとたんにお子さん達は遊びに行きたがることでしょう。
家族旅行でしたら、お子さんがいらっしゃるので、特に治安上、安心して過ごせる場所がよいと思いますし、ショッピングも楽しみたいなら、ハワイの中でもオアフ島がおすすめです。
また、ゆっくりリゾートで癒されたい方でしたらマウイ島がおすすめです。
ハワイ島でしたらアウトドアなどワイルドな遊びができるでしょう。
一緒に行く方や、旅行の目的によって、どの島に行くのか決めるとよいですね。
そして、やはり、ハワイで宿泊するなら、オーシャンビューのホテルが良いでしょう。
朝、目覚めて、海を見たとき、本当に気持ちが良いものです。
海外旅行の格安ツアーの中でも、オーシャンビュー確約のホテルが含まれたパッケージもありますし、レンタカー付きのお得なツアーもありますので、夏休み中でしたら早めに申し込みましょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ