夏バテに注意

この記事は14分で読めます

「夏バテ」について

夏本番になって暑さにも磨きがかかってくる時期になると、何となく「身体がだるいな」「ご飯を食べる気がしないな」「何もやる気が起きないな」と言う様な感じになる方も多いと思います。
夏になってこうした症状が出てくると「夏バテ」と総称して呼んでいると思いますが、実は夏バテの定義と言う物はハッキリしていないと言われています。
特に「だるい」「食欲不振」「無気力」と言った代表的な症状をまとめて「夏バテ」と呼んでいるとも言われています。
またこうした症状は日常生活において特に重大な損失を伴わない為、夏バテ対策をする事もなく暑さが過ぎるのを何となく待っている場合が多い様にも見受けられます。
しかしきちんと夏バテ対策を行う事で、こうした症状を軽減させる事も出来るし、予防をする事も出来るのです。
代表的な夏バテ対策としては「食事」でしょうか。
夏バテ対策としての「食事」としては、「うなぎ」が有名かもしれませんね。
その他にも色々有りますが、適切な食事をする事によって夏バテを解消する事が出来ます。
そもそも夏バテとは、暑さと身体の体温調節機能のバランスが崩れる事で、自律神経のバランスが崩れてしまい、だるさや食欲不振と言った症状が身体に引き起こしてしまう事を指しています。
つまり夏バテ対策とは自律神経のバランスを正しい状態に戻す為の行為と言う事にもなるのです。
夏バテの原因を知り、正しい対策を行い、暑い夏を乗り切っていきましょう。

スポンサードリンク

夏バテ対策【ツボ】

「ツボ押し」も夏バテ対策として効果的だと言われています。
一番良いのは食事から必要な栄養素を摂取するのが良いのですが、食事以外でも夏バテ対策を行う事でより効果的に解消する事が出来る様になります。
ここでは自宅で自分で簡単に出来るツボ押しマッサージについて挙げてみたいと思います。

【胃腸の働きを正常にしてくれるツボ】
「神闕(しんけつ)」と「関元(かんげん)」と言うツボが胃腸の働きを正常化してくれるツボになります。
おへそには「神闕(しんけつ)」と言うツボ、そこから指4本下の所にある「関元(かんげん)」と言うツボ、ここに両手を置き、息を吐いたタイミングで押しながらマッサージをします。

【疲労回復のツボ1】
足の裏の中央部分の少し凹んでいる部分に、「湧泉(ゆうせん)」と言うツボが有ります。
ここは疲労回復のツボになります。
両手の親指を使て強めに押して揉む様にすると良いです。
面倒な場合は、床にゴルフボールを置いて足で踏みながら回してみると同様の効果が得られます。

【疲労回復のツボ2】
手のひらの親指の付け根の下、手首の少し上に少し膨らんでいる所が有ります。
ここが「注夏(ちゅうか)」と言う疲労回復のツボです。
人差し指と親指を使って、手を挟み込む様にして押さえつけてマッサージしましょう。

注意点としては強く押しすぎない事、長くやり過ぎない事です。
痛気持ち良い位の状態で行う様にすると良い様です。
ツボ押しは簡単に出来ますので、是非夏バテ対策として行ってみてはいかがでしょうか。

夏バテに必要不可欠の水分補給

よく夏バテ対策として「水分補給」が挙げられていると思います。
夏バテ対策として「食事」はとても大切ですが、「水分補給」もとても大切です。
しかし間違った水分補給をしてしまうと、逆に夏バテを悪化させてしまう事にもなりかねません。
食事と一緒に効果的な水分補給を行って夏バテ対策を行う必要が有るのです。
では、何故夏バテと水分補給が深く関係するのか、その理由を挙げてみたいと思います。
私達の身体は主に2/3が水分だと言われています。
そのバランスで健康管理が出来ているのです。
ですからその水分が無くなってバランスが崩れてしまうと、夏バテだけでなく、重大な症状を引き起こしかねないのです。
私達は1日の内に排泄や汗等、およそ2600mlもの水分が1日に失われていると言われています。
黙っていてもそれだけ無くなってしまうのですから、その分補給をしてあげる必要が有ります。
その水分補給を行っているのが、食事や飲料水です。
しかし飲み物に関しては何でも良いと言う訳では有りません。
水やスポーツ飲料などの飲料水なら良いとは思うのですが、甘いジュースやアルコールでは効果的な水分補給にはなりません。
過剰な糖分をたくさん摂取する事で空腹がまぎれてしまい、食事をしなくなるので逆に栄養不足になってしまう事が懸念されます。
また冷たすぎる飲み物も胃腸に負担をかける事になり、食欲不振の原因になり、夏バテを引き起こしてしまう事になりますので、オススメできません。
この様に適切な食事、適切な飲料水を摂取する事、そうする事で水分補給がきちんとでき、夏バテも解消に向かう様になると思うのです。

汗をかきやすい体質にしましょう

汗をかきやすい体質にする事で、夏バテ対策が出来る様になります。
但し単に汗をかけば良いと言う物では有りません。
上手に汗をかく様にしていく事が大切なのです。
夏バテ対策には食事がとても大切ですが、食事以外でも対策をする事で効果的に夏バテ対策が出来る様になります。
先ずは暑さを徐々に身体に慣れさせて行く事が大切です。
急に暑い中に外に出ていくと、身体が急激に暑さに対応しなくてはならず、汗を急にかいて体温調節しなくてはならず、自律神経が疲れてしまう事になります。
出来れば暑さがきつい日中(AM11?PM2位)避けて外に出る様にし、徐々に身体を暑さに慣らしていって、汗を少しずつかいて体温調節を徐々に行う様にする事が自律神経を正常に保つ事になります。
そうする事で身体が上手に汗をかける様になり、夏バテもしにくくなります。
また、上手に汗絵をかける様になる事で体温の上昇を防ぐ事が出来る様になります。
外で体温が上昇し過ぎない事で、室内の冷房が効いた所にいても急激に体温を下げる必要が無くなり、自律神経が疲れない様になります。
汗を上手にかくと言う事は、自律神経を正常に保ちやすくすると言う事なのです。
その為には上手に汗をかくポイントを身体に覚えさせる事が大切になります。
こうした汗をかきやすい体質づくりが夏バテ対策として重要なのですが、それだけでなく体力づくりにも、健康にも大いに役立ちますので、是非心に留めておいてもらえればいいと思います。

夏バテ対策【食事(タンパク質)】

「タンパク質」が多く含まれる食事をする事は夏バテ対策としてとても大切だと言われています。
夏は体内のタンパク質の減少率が高まる傾向に有ります。
しかし食事を普段の食生活のままにしてしまっては、たんぱく質が不足したままになってしまいます。
その状態のまま放っておくと体調不良を引き起こし、夏バテする事になってしまうのです。
そこでここでは夏バテ対策としてオススメのタンパク質が含まれている食材について挙げてみたいと思います。
先ずは「鶏肉・豚肉・牛肉」の肉類です。
肉類にはタンパク質がたくさん含まれています。
夏バテにはお肉を食べましょうと言われている通り、とてもオススメの食材です。
また、枝豆やレバー、卵にもたくさんのタンパク質が含まれています。
しかし、こうした食事は今現在夏バテで食欲不振に陥っている方にはヘビーですよね。
そこで一番のオススメの食材として、「お豆腐」が挙げられます。
お豆腐は大豆から出来ていますので、タンパク質が豊富に含まれているのです。
冷奴なんて、夏の定番メニューとして定着していますよね。
お豆腐であれば、口当たりも滑らかですし、スルッと入っていきますので良いですよね。
夏バテしていて食欲が無いと言う人の食材としてはオススメです。
この様に、知らずに食べていた夏の定番メニューにはタンパク質が多く含まれている食材が多いと言う事が分かります。
知らず知らずの内に夏バテ対策をしていたと言う事なのですね。

夏バテ対策【食事(ビタミン)】

「ビタミン」が多く含まれる食事をする事は、夏バテ対策としてとても大切だと言われています。
そこで夏バテ対策としてビタミンが含まれているオススメ食材にはどの様な物が有るのか挙げてみたいと思いますので、毎日の食事の参考にしてみてくださいね。
先ずは「豚肉・枝豆・豆腐・うなぎ・レバー」等が有ります。
豚肉や枝豆、豆腐等の豆類に関しては、夏バテ対策としてオススメのタンパク質が多く含まれている食材でも有ります。
夏バテ対策としてオススメの2大栄養素、タンパク質、ビタミンと両方含まれているので、効率的に夏バテ対策が出来ると言う事になります。
夏バテ対策としてのオススメのビタミンは特にB1、B2を摂取するのが効果的だと言われています。
そこでオススメの食材が「うなぎ」になります。
よくうなぎは夏バテ対策のオススメの食材として取り上げられますよね。
その理由はビタミンが豊富に含まれている事から来ているのです。
そのビタミンB1、B2を効果的に体内に摂取させる為には、クエン酸を同時に摂取する事が良いと言われています。
梅干し、レモン、酢、ポン酢等が有ります。
上手にこれらの食材を取り入れて行く事で、体内に吸収される様になるのです。
例えば、冷奴にポン酢をかけた物、卵と豚肉、ビタミンが含まれているゴーヤを使ったゴーヤチャンプルー等は夏バテ対策としてオススメの料理だと思います。
夏の暑い時期は、しっかりとスタミナを付け、暑さに負けずに乗り切っていきましょう。

夏バテ対策【水分補給】

「水分補給」は夏バテ対策としてとても有効的です。
水分補給には食事からと飲料水からと2つの補給方法が有りますが、ここでは食事ではなく「飲料水」についての夏バテ対策のポイントを挙げてみたいと思います。
先ずは「喉が乾いたら我慢しないで飲む」事です。
喉が渇くと言う事は、体内の水分が不足していると言うサインでも有ります。
特に朝起きた時、夜寝る時、お風呂から上がった時は水分が不足しやすいタイミングでお有ります。
こうしたタイミングでは必ず水分補給をし、更に喉が渇いたと思ったら我慢せずに水分補給をしっかり行う様にしましょう。
次に「温かい飲み物を飲む」事です。
暑い夏はどうしても冷たい飲み物を欲してしまいます。
しかし冷たい飲み物は身体を冷やしたり、胃腸に負担をかけたりしてしまう為、結果的に食欲不振の原因になってしまう事が有るのです。
ですから夏バテ対策としては冷房が効いた室内にいる時は、温かい飲み物を飲む様にすると良いと思いますよ。
次に「糖分を摂り過ぎない」事です。
糖分を摂り過ぎてしまうと、お腹が糖分で満たされてしまい、ご飯を食べなくてもよくなり、栄養不足になってしまい、夏バテを招いてしまう事にもなりかねません。
糖分が有る飲み物はジュースやビール等のアルコール類が挙げられます。
夏バテ対策としてはこうした糖分が含まれた飲み物を飲み過ぎない事も大切なのです。

大切なのは、脱水症状を引き起こさない事です。
たとえ食欲不振だったとしても、上記の様な事を守って水分補給をする様に心掛けましょう。

夏バテ対策【冷房】

夏は屋外と屋内の温度差が激しい時期になります。
外は日差しと湿度で灼熱、中は冷房で極寒と言う事も状況も少なくありません。
この寒暖の差が夏バテを引き起こしてしまうってご存知でしたでしょうか。
夏バテ対策として多くは食事で行いましょうと言う案も有ります。
もちろん食事も大切ですが、食事以外にも出来る対策はした方が良いと思うのです。
その1つが冷房対策です。
人間の身体は体温を一定に保とうと自律神経を使って調節しています。
外の暑い所では、汗をかいて熱を発散して体温を下げようとする、中の涼しい所では体温を上げようとします。
これを1日何度も繰り返していると自律神経が疲れてしまい、夏バテを引き起こしてしまうのです。
こうした事から、自律神経が疲れない為に、中と外の温度差を5度くらいにした方が良いと言われています。
夏の快適温度は25度位だと言われています。
これくらいにしておくと、快適に夏を乗り切れる様になります。
冷房の温度を自分で調節出来ない場所の場合は、カーディガンを羽織ったり、膝掛けを使ったりして、身体を冷やし過ぎない様にする事で外との寒暖差を少なくする事も出来ます。
また、日本の夏は湿度が高いです。
その為、気温はそんなに高く無くても暑いと感じやすいのです。
ですから家の中で冷房を使う場合は、冷房温度を下げると言うのではなく、ドライにして湿度を下げる様にすると快適に過ごせると思います。
また、家の中でたまに風通しをしたり、扇風機を使ったり、すだれを使ったりして、冷房以外でも部屋の温度が下がる様な工夫をする事も大切です。
こうした冷房対策も夏バテ対策としてとても有効的なのです。

夏バテ対策【睡眠】

体力が奪われていると夏バテを起こしやすくなります。
つまり夏バテ対策としては体力を付ける事が大切になるのです。
食事で体力を付けるのも良いですが、食欲が無い状態では難しいですよね。
食事以外で体力を付ける方法としては、「睡眠」がオススメです。
質が良い睡眠をする事で体力を回復する事が出来るのです。
しかし、夏の暑い時期、寝苦しくてなかなか寝付けない、寝ても暑くて起きてしまうと言う経験をしている方は大勢いるでしょう。
真夏は睡眠環境を快適にし、質が良い睡眠が得られる状態にする事が夏バテ対策として有効的だと言えると思います。
先ずは「寝室の温度を快適にする」と言う事です。
これはクーラーをつけっぱなしにすると言う事では有りません。
つけっぱなしにしてしまうと、逆に身体が冷えすぎて体力を奪われてしまう事になります。
夜寝る前に寝室を冷やしておいたり、クーラーのタイマーをかけて寝る様にしたりする事で快適な室温を作る事が出来ます。
この時扇風機を使って冷風を部屋全体に行き渡らせる様にすると効率よく冷やす事が出来ます。
但し直接身体に風を当てない様に気を付けてくださいね。
更に、最近では冷感マットの様な身体が触れると冷たく感じるマット等が販売されています。
こうした寝具を併せて使う事で、より寝やすくなると思います。
この他にも、夜ぐっすり眠れる様にお風呂に入って身体を温めたり、軽い運動をして身体を温めたりしておくと寝やすくなります。

夏バテ対策【サプリメント】

「サプリメント」を上手に活用する事も夏バテ対策の1つとして挙げられます。
本来は食事から夏バテ解消に必要な栄養素を摂取するのが一番良いとは思うのですが、実際に夏バテで食欲が無い時に食事をすると言うのはきついですよね。
そこで是非活用していただきたいのが「サプリメント」なのです。
夏バテ対策として有効的な栄養素はタンパク質とビタミンだと言われています。
これらの栄養素のサプリメントを上手に摂取する様にすると良いと思います。
特に夏バテ解消に有効的なビタミンはビタミンB1、B2と言われています。
サプリメントには「マルチビタミン」と言うのが有りますので、これを摂取する様にすると良いでしょう。
また、ビタミンを体内に効率的に摂取するにはクエン酸を一緒に摂取すると良いと言われています。
クエン酸はサプリメントと言うよりは、飲むお酢で一緒に摂ると美味しく摂取出来ると思います。
もろみ酢、くろ酢、フルーツ酢等が割って飲む事で美味しく摂取出来ると思いますよ。
但しサプリメントだけに頼っていては夏バテ対策にはなりません。
サプリメントはあくまでも栄養補助食品です。
基本的な食事の上に補助してあげると言うスタンスの物ですので、食事と併せて摂取する事が大切になります。
現在、サプリメントは山ほどあります。
同じビタミンでも色んなメーカーから出されていてどのサプリメントを購入したら良いのか分からなくなると思います。
口コミ等を見て、自分に合いそうな物を探して行く事が大切になります。

夏バテ対策【生活習慣】

食事だけでなく、生活習慣を少し見直してみる事で夏バテ対策が出来ると言われています。
また生活習慣を見直すだけでなく食事にも気を使わなくてはいけません。
つまり、両方見直す様にする事で夏バテ対策の相乗効果が得られるのです。
ここでは生活習慣の見直しから夏バテ対策を見てみたいと思います。

【冷房の設定温度】
冷房を使う際には、設定温度を高めに設定し、外との温度差を少なくした方が自律神経のバランスを崩さないポイントとなります。
但し、電車の中やお店の中、オフィス等、自分で温度設定を調節出来ない場所にいる場合は、1枚上に羽織る等して、身体を冷やさない様にする事が大切です。

【湯船に浸かる】
夏はシャワーだけで済ます人も結構多いのではないかと思います。
夏だからこそ、冷房で冷えた身体を温める意味も込めて湯船に入る様にすると良いと思うのです。
それとお風呂から上がった後は水分補給を忘れずにする様にしましょう。

【汗を出す】
夏は冷房の効いている部屋にいて、意外と汗をかかないと言う人も多いと思います。
しかしこれでは汗をかく機能自体が衰えてしまって、いざと言う時に上手に汗をかく事が出来ません。
こうなってしまっては、熱い場所に出た時に熱中症になってしまう可能性が高くなります。
普段から汗をかく練習をする様にすると、体温調節機能が正常に働き、夏バテ対策になります。
涼しい時間帯にウォーキングをして少し汗をかく等しても良いと思いますよ。

ゴーヤの効果

「ごーあ」は沖縄の代表的な野菜で、近年は沖縄以外の方でも夏の定番的な野菜として食事を彩る様になってきました。
そんなゴーヤですが、夏バテ対策としても有効的な成分が含まれていると言われていますが、実は夏バテ対策だけではなく健康効果も期待出来ると言われているのです。
食事にゴーヤを加えるだけで夏バテ対策として健康効果の両方が得られるのであれば、是非食べておきたいですよね。
ゴーヤの健康効果が有るのはあの苦味です。
苦味にはモモルデシチン、チャランチンと言う成分が含まれており、この成分が健康効果を出していると言われています。
先ず血液をキレイにしたり、血圧を安定させる効果が有ると言われています。
その他にh亜血糖値を正常にしていく効果も有ります。
その為、糖尿病に有効的であると言う臨床結果もある様です。
その他にはコレステロールの減少、中性脂肪の低下等も有ります。
ゴーヤには食物繊維が多く含まれている事から、こうした効果も期待できる様です。
更にゴーヤの実と種にはガン細胞の増殖を抑える成分が含まれており、ガン抑制効果も期待出来ます。
そんなゴーヤは苦味が有るので、苦手と言う人も多いですよね。
完全に苦味を取る事は出来ませんが、水に晒したり、下茹でしたり、塩もみしたりする事で、苦味を緩和させる事が出来ますので、是非行ってみてはいかがでしょうか。
また敢えてゴーヤジュースにして苦味を楽しむと言う方法でも良いと思いますよ。
暑い夏をゴーヤで乗り切って、夏バテ対策、健康効果を得る様にしてみましょう。

夏バテ対策【食事の方法】

つい夏バテを起こしていると食事も簡単に済ませてしまいがちになりますよね。
しかしそれでは夏バテを更に悪化させてしまう事になりかねません。
そこでここでは夏バテ対策として、食事の方法から考えてみたいと思います。

【温かい食事】
夏は外の気温が高いですが、部屋の中は冷房が効いていて寒いくらいだと思います。
そうなると意外と身体は冷えていたりする物です。
そんな所に素麺など、冷たい食事をすると内臓を冷やしてしまう事になります。
その為、煮物、味噌汁の様な温かい食事をする様に心掛けると夏バテ対策になると言われています。

【温かい飲み物】
食事と一緒で、夏はジュースやビール等、冷たい飲み物をたくさん飲んでしまいますよね。
それでは身体が冷えてしまいますし、内臓が冷えたり胃腸が弱ったりしてしまって食欲不振を却って引き起こしてしまう事になります。
またビール等のアルコール類は利尿作用が有りますので、逆に脱水症状を引き起こしてしまう事になりかねません。
夏バテ対策としては、温かい飲み物を飲む様にする等、身体の中を冷やさない様にする事が大切なのです。

【バランスが良い食事】
夏は食欲が無いと言う人は意外と多く、食事も素麺で良いや等、単品で済ませる人が多い様に思えます。
しかしそれでは十分な栄養が摂れず、疲れやだるさが増してしまうなんて事も有り得るのです。
夏だからこそ栄養バランスが良い食生活を心掛ける様にする事が夏バテ対策として大切なのです。

夏バテ対策【枝豆】

ビールのおつまみと言ったら「枝豆」が定番ですよね。
キリッと冷えたビールに枝豆と冷奴で晩酌したら幸せですよね。
そんな枝豆は夏バテ対策にピッタリの食材だってご存知でしょうか。
夏バテ解消の為に有効的な栄養素には、タンパク質、ビタミンB1、B2、C等が挙げられます。
その全てが枝豆には含まれているのです。
更にカルシウムや食物繊維が含まれていて、疲労回復にはもってこいの食材なのです。
そんな枝豆の働きとしては、代謝を促して疲労物質を作りにくくする働きが有ります。
これを担っているのがビタミンB1です。
栄養ドリンクを見てみると、ビタミンB1が含まれている物が多いのですが、それと同じ効果が期待できると言う訳です。
更にアルコールによる肝機能の負担を軽減させてくれると共に、アルコールの分解を早めてくれる効果も期待出来ます。
つまりビールを飲んで枝豆を食べると言うのは、とてもバランスがとれている事だと言う事が分かると思うのです。
更に体内に有るナトリウムを排出させてくれる働きも有り、これによってむくみが怒りにくくなると言われています
この様に枝豆は夏バテ対策には欠かせない食材と言う事がお分かりいただけるのではないでしょうか。
食事の1品として出しても良いですし、食事以外でもおつまみとして出しても良いと思います。
夏になると枝付きの枝豆が売られている事が多いです。
豆が大きい物、濃い緑色をしている物、さやが膨らんでいる物が美味しい枝豆だと言われていますので、是非そういった物を選んでみてはいかがでしょうか。

夏バテ対策【スイカ】

「スイカ」は昔から夏の定番スイーツですよね。
食事の後にスイカを食べる。
これが夏の風物詩の様に感じます。
夏バテ対策は食事だけではなく、こうした果物でも行う事が出来るのです。
果物の中でもオススメなのが「スイカ」です。
スイカは利尿作用、解毒作用が有ると言われています。
疲れた肝機能を解毒して高めてくれる効果が期待出来たり、利尿作用にてむくみを解消したり、熱を帯びた身体を冷やしてくれる効果が期待出来ます。
これにより夏バテが解消しやすくなると昔から言われています。
また夏バテ解消として有効的な成分である、ビタミンB1、B2、Cはスイカの皮に多く含まれている事が分かっています。
スイカの皮と言うと、あの緑の部分を思い浮かべると思いますが、実は緑の皮と赤い実の間に有る白い皮の部分に含まれているのです。
赤い実の部分はデザートとして食べる事が出来ますが、白い皮の部分は昔からお漬物として食べられてきました。
更に炒めたり煮物にしたりする事も出来る為、結構使い勝手が良い食材と言う事になるのです。
ですからスイカは食事では白い皮の部分で夏バテ対策、食後は赤い実の部分で夏バテ対策が出来ると言う優れものなのです。
更に種にはタンパク質も多く含まれています。
タンパク質も夏バテ解消には欠かせない栄養素です。
ひまわりやカボチャの種の様にスイカの皮も炒めて少し塩を振って食べるとお酒の良いおつまみになると思いますよ。
この様に余すことなく食べる事が出来るスイカは、夏バテ対策として万能なのです。

夏バテ対策【ゴーヤ】

近年、夏野菜としてポピュラーになってきたのが「ゴーヤ」です。
元々ゴーヤは沖縄で生産されている野菜ですが、最近は本州でもゴーヤを栽培している所が増えてきていて、更に身近な野菜として定着してきています。
そんなゴーヤは夏バテ対策に最適の野菜なのです。
ですから夏の食事には是非ゴーヤを使って夏バテ対策を行って頂きたいと思うのです。
ゴーヤはとても栄養価が高く、健康効果もたくさん有る優れもの野菜です。
苦味が有るので苦手だと言う方も多いですが、その健康効果の高さからか、沖縄の長寿の秘訣ともなっているそうです。
では何故ゴーヤが夏バテ対策としてオススメの野菜なのかその秘密を探ってみたいと思います。
ゴーヤにはビタミンCが豊富に含まれています。
その数はレモンの約2倍、ほうれん草の約2倍も有ると言われています。
そんなビタミンCは疲労回復効果、ストレス解消効果が有る事から、夏バテ対策としてオススメとなっています。
また、通常ビタミンは加熱すると壊れやすいと言う特徴が有りますが、ゴーヤに含まれているビタミンは加熱しても壊れにくいと言う特徴が有る為、料理にはとてもオススメだと言う事になるのです。
更に抗酸化作用も有りますので、ガン予防、アンチエイジングにも効果が期待出来ます。
代表的な食事としてはゴーヤチャンプルーが有りますよね。
豚肉と豆腐と卵とゴーヤの炒め物ですが、これらの食材はビタミンがたくさん含まれている為、夏バテ対策にはとてもオススメの料理だと思います。

夏バテ対策【うなぎ】

「土用丑の日」の文字が目に付く様になると、「夏だなー」と言う気持ちになる人も多いと思います。
うなぎを食べて栄養と体力を付けて夏を乗り切りましょうと言う様に、昔からうなぎは夏バテ対策としてとてもオススメの食材なのです。
ですから、この時期はうなぎを食事に出すご家庭も多いのではないでしょうか。
うなぎは夏バテ対策としてだけでなく、美肌効果も持っている食材だそうで、食べて元気とプルプルのお肌を手に入れてみてはいかがでしょうか。
夏バテ対策として有効的な栄養素としてビタミンB1、B2が挙げられますが、うなぎにはこのビタミンB1が多く含まれています。
ビタミンB1は疲労回復として有効駅な栄養素で、疲れやすい夏の暑さから身体を回復してくれます。
たった100gのうなぎを食べるだけで1日分のビタミンが摂取できるので、1回の食事をうなぎにすると結構な量のビタミンが摂取出来ると思います。
更にビタミンAはお肌や粘膜を保護してくれる働きが有り、夏の冷房で乾燥しがちな肌を乾燥から守ってくれる働きが有ります。
更にうなぎにはビタミンEも含まれています。
ビタミンEは抗酸化作用が有ると言われていて、アンチエイジングにとても効果的な栄養素となっています。
その他にもカリウムやカルシウム、DHA、EPAと言った疲労回復、美容効果に効果が有る栄養素がたくさん含まれていますので、この夏は是非意識してうなぎを食べてみてはいかがでしょうか。

夏バテ対策【麦茶】

夏の飲み物の代表的な存在と言えば「麦茶」ですよね。
暑い時に飲む麦茶は何となくホッとする感じがします。
食事と一緒に飲んでも良いですよね。
暑い時はお味噌汁もなかなか飲めないと思います。
そんな時のお味噌汁代わりとして麦茶を飲むのも良いと思います。
そんな麦茶が夏バテ対策として良いってご存知でしたでしょうか。
麦茶の香ばしい香りが有りますよね。
これは麦茶の原料である大麦を焙煎した時に発せられる香りなのですが、この香りの成分を「アルキルピラジン類」と言います。
この成分が実は血流を良くしてくれる働きが有ると言うのです。
夏に暑くて汗をかきすぎると身体に必要な栄養素も一緒に流れ出てしまう為、血流が悪くなります。
そうすると疲労物質が溜まり、疲れやすくなります。
これを解消するには水分補給が欠かせませんが、水分なら何でも良いと言う訳では有りません。
ジュースやアルコール類は糖分が含まれていたり、利尿作用が有ったりしてオススメ出来ません。
オススメは麦茶の様な血流を良くするタイプの飲み物です。
これによって水分補給だけでなく、血流も良くなる為、身体の疲れが解消されてくる様になると思います。
更に麦茶には身体を冷やしてくれる作用も有る為、上がり過ぎた体温を正常な状態に近付けてくれる働きも有ります。
また、麦茶はカフェインが含まれていない為、赤ちゃんやご高齢の方、妊婦さんにも安心して飲んで頂けると言うのも大きい魅力です。
日本人は昔から知らない間に夏バテ対策に良い飲み物を飲んでいたと言う事になるのですね。
夏の水分補給に、食事の際のお味噌汁代わりに是非麦茶を飲んでみてはいかがでしょうか。

夏バテ対策【食欲増進】

食欲が無い場合でも、しっかりと食事をしないと更に夏バテは進んでしまいます。
食欲増進させる方法を少し考えるだけで夏バテ対策になりますので、是非実践してみてはいかがでしょうか。
夏バテ対策として効果的な栄養素は、タンパク質、ビタミン、ミネラルだと言われています。
これらの食材をバランスよく摂取する事で夏バテが解消されやすくなります。
しかし食欲が無くなっている場合はあまり無理に食べてしまうと逆に体調を悪化させてしまいますので、量自体は少しでも構わないので、食事では良質な栄養素を摂取する様にすると良いでしょう。
特に大切な事としてはビタミンBを摂取する事です。
これは体内の糖質の代謝を促してくれる働きが有ります。
ビタミンBが含まれている食材としては、豚肉、豆腐や枝豆等の豆類が挙げられます。
次に「刺激物を上手に摂取する」事も食欲増進の為の方法として効果的です。
香辛料、香味野菜等は食べる事で胃腸を刺激してくれる働きが有ります。
こうすると食欲が増進され、体力も付きやすくなります。
更に辛い物は発汗作用が有る為、夏バテ防止効果も期待出来ます。
また刺激物では有りませんが、レモンや酢と言った酸っぱい物も食欲増進効果が有ります。
これらにはクエン酸が含まれていて、ビタミンB1、B2と言った夏バテ対策に効果的な栄養素の吸収を手助けしてくれる効果が有ります。
こうした物を併せて食事する事で、疲労回復効果が促進される様になります。
この様に、食事の仕方を少し工夫するだけで食欲が増進され、夏バテ解消効果が高まりますので、是非実践してみてはいかがでしょうか。

夏バテの原因

「夏バテ対策」をするには「食事」や「生活習慣の見直し」等、様々有ります。
夏バテ対策をしても、きちんとした夏バテの原因が分かっていないと、また同じ事の繰り返しになってしまいます。
そこでここでは夏バテになってしまう主な原因を挙げてみたいと思います。

【栄養不足・消化機能の低下】
代表的な夏バテの症状として、「食欲不振」が挙げられます。
気温が高くなると消化機能が低下してしまいます。
そうする事で、食事をしても栄養が吸収されにくくなり、食欲減退に繋がります。
また栄養が吸収されにくくなると、身体に必要な栄養素が少なくなってしまう為、栄養不足になってしまいます。
こうした負のスパイラルの結果、夏バテを起こしてしまうのです。

【冷房の使い過ぎ】
真夏になると、外は猛暑、建物の中は冷房で寒いと言う様に寒暖の差が激しくなります。
この様に暑い、寒いを繰り返してしまうと、身体が気温の変化に対応出来にくくなり、自律神経失調症を引き起こしてしまう様になり、夏バテが起きてしまうと言う事になります。
理想は、外と中の気温の差が5度くらいがベストだと言われていますが、難しい場合は適度な水分補給や、上着を1枚羽織る等、正しい夏バテ対策が必要になります。

【水分・ミネラル不足】
夏になると気温と共に体温も上昇します。
そうなると汗をかきますが、その汗の中にはミネラルが多く含まれています。
つまり、汗を大量に書くと言う事は身体の水分不足、ミネラル不足を招く事になり、脱水症状を引き起こす事になるのです。

夏バテの原因をきちんと覚えておく事で正しい夏バテ対策が出来る様になります。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 04.12

    毛穴とパック

  2. 2017 05.13

    膝の黒ずみ

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ