夏の電気代を節約する。

この記事は14分で読めます

電気代の節約について

今年こそは電気代を節約したいと思っている人はたくさんいますが、具体的にどうすればいいのかわからないことと、どれだけ節約できているかが見えにくいため途中で挫折してしまうことになります。
夏場の電気代はエアコンなどの空調機が大半を占めていると思っているかもしれませんが、実はそれだけでありません。
つまり、エアコンを消すことで節約にはなりますが、それでは単に我慢しているだけのことであり、夏を乗り切ることは難しいでしょう。
そこで本当に必要な電気は確保して無駄な部分を削ると言う視点が重要となります。
つまり、何が必要で何が無駄なのかを整理することから始めてみましょう。
もちろん、その作業自体も楽ではありません。
まず、家の電気代がエアコンでどれくらい消費しているかをどうやって調べるのでしょうか。
そのためには夜中に動いている冷蔵庫の電気代から調べていきます。
そして、テレビをつけた時、パソコンをつけた時、エアコンをつけた時と順番にその差を記録するのです。
厳密の数字が必要ではありません。
おおよその目安で冷蔵庫に対して何倍なのかと言ったレベルで十分です。
曜日や天候によっても違いますがそれは無視しておきましょう。
そして、一番電気代がかかっていると思われる機器を特定できたら、その電気代節約を検討するのです。
重要なことはそれ以外の機器は無視することです。
いろいろなものを節約することで、電気代は下がるかもしれませんが、多くのことをやろうとすると途中で挫折してしまうからです。

スポンサードリンク

夏の電気代の節約

夏の電気代節約のポイントはエアコンの使い方でしょう。
暑い夏を乗り切るためにはエアコンは必需品ですから、それをまったく使用しないと言う選択肢を考えるべきではありません。
ポイントは冷やし過ぎることが無駄となっていると言うことです。
寝る前にエアコンをつけても、部屋の温度はしばらく下がりません。
そのため、風量を強にしてしまうのですが、それだと夜中に寒くなってしまうのです。
明らかにエアコンの電気代の無駄です。
節約するためにはどうすればいいのでしょうか。
寝室のエアコンは弱めにして、早い時間から冷やしておくことです。
熱帯夜は30度を超える温度ですから、エアコンの温度は29度くらいでも涼しく感じます。
ただ、そのためには部屋全体が冷えていなければなりません。
弱いエアコンで時間をかけておけば電気代を節約して効果的な冷房となるのです。
夏と冬ではエアコンの使い方は違いますから、同じことを冬にやると無駄になる場合もあります。
寝苦しい状態を続けていると、十分な睡眠を確保できずに翌日まで疲れが残ります。それが続くと夏バテ状態となってしまうでしょう。
仕事を休む余裕があればいいのですが、ない人の方が多いですから、秋口に体調を壊してしまうのです。
夏の食事はスタミナ食と言いますが、それは日々の疲れを取っていなければ効果がありません。
無理やり元気を作るのではなく、自然な形で体調を整えたいものです。
インターネットなどの情報を見ると、いろいろと利用できる方法があります。

夏の電気代

現代の夏の暑さは我慢できるレベルではありません。
高校生や大学生などの元気いっぱいの年齢であれば別ですが、社会人となり昼間は冷房が効いた事務所で作業をしている人にとっては我慢することは体調不良の原因となるでしょう。
そこで夏の電気代を節約するためにエアコンを使わないと考えることは無理があると結論付けられます。
それならばどうやって電気代を節約するでしょうか。
エアコン以外の電気を減らすことを考えてみましょう。
外気温が高ければどうしてもエアコンをつけてしまいますが、家の中にも発熱体はありませんか。
テレビやパソコンなどはすぐに熱くなるでしょう。
テレビを冷やすためにエアコンを稼働させているようなものです。
もちろん、すべての電気を消して、早めに寝てしまうのが一番だと思うでしょうが、それでは生活ができません。
ただ、テレビをできるだけ見ないと言う選択肢は節約につながることを理解しておいてください。
目の疲れを抑制するだけではないのです。
多くの人がエアコンの電気代は気にしていても、テレビの電気代には無頓着です。
パソコンも同じです。
仕事であれば仕方ありませんが、何となくネットサーフィンをしているだけなら早めに止めて、読書をしましょう。
夏でもエアコンが効いていれば、読書環境としては十分です。
家電品のほとんどは釣っているうちに熱くなってきます。
それだけ電気が無駄な熱に変わっているのです。
そして、エアコンのパワーを上げなければならなくなります。

電気代の節約のポイント

誰でも無駄な電気代を払いたいはずはありません。
しかし、現実としては夏場の電気代はかなり無駄な部分があります。
そこで電気代を節約するポイントを紹介しましょう。
節約しても夏を乗り切ることができます。
まず、エアコンの冷房を弱くすることです。
また、暑い時には冷たい飲み物をごくごくとたくさん飲むことが多いのですが、それを一口か二口で止めておくのです。
体が感じる冷たさはそれで十分なのです。
エアコンの適切な温度が明確にあるわけではありませんが、強めにしておくとほとんどの場合で冷やし過ぎとなります。
弱めに設定しても、夜はぐっすり眠ることができるのです。
夜中に熱くて目覚めてしまうのであれば、冷房を少し強めにすべきですが、起きている時の感じ方と就寝時では違うことを意識しておかなければなりません。
冷やし過ぎて体調が悪くなってしまいます。
それから、エアコン以外の電気代節約では本体に触って温かいと感じるならかなり電気代がかかっていると思ってください。
スマホは熱くないでしょうか。
ゲームが面白いとしても電気代節約を優先すべきでしょう。
テレビやパソコンも同じことです。
ただ、冷蔵庫は夏場こそフル稼働しなければなりませんから、電気代がかかっても止むを得ません。
もちろん、可能であれば最新型に買い替えると節電効果は高まります。
家電品は古い商品よりも最新機種が確実に節電になりますから、長く使い続けるよりも定期的な買い替えがおすすめです。

電気代を節約するには

電気代を節約するにはどうすればいいでしょうか。
簡単なことです。
電気を使わないようにすることです。
もちろん、どうしても必要な電気はありますから、その電気代は無駄ではありません。
夏場の電気代の節約が話題になるのは、どれが無駄な電気なのかわかりにくいことでしょう。
冷房は無駄でしょうか。
暑い夏を乗り切るために冷房なしでやっていけますか。
病気になってもいいと思うなら可能でしょうが、それでは何のための節約かわかりません。
つまり、適度な冷房を使いながら電気代を節約することを考えなければなりません。
具体的にはエアコンの温度を少し高めに設定することやテレビ、パソコンなどの使っていない電気を切ることです。
テレビやパソコンの発熱は意外と大きいです。
どれくらいかは本体を触ってみるとわかるでしょう。
熱くなっているはずです。
その熱の分だけ電気を使っていると思って間違いありません。
照明は蛍光灯からLEDに変わってきましたが、すべてが変わっているわけではないでしょう。
まだ蛍光灯を使っているなら、早めにLEDに変えることをおすすめします。
ただ、LEDでも少しは熱くなります。
使っていない部屋の電気はこまめに消すようにしてください。
エアコンを使う時は冷やし過ぎないことがポイントですが、その見極めが難しいため強めにしてしまうケースがほとんどです。
寝苦しくて夜中に目を覚ますよりも、寒い部屋で布団をかぶった方が熟睡できると思っているからです。

夏の生活と電気代の節約

子どもたちは夏休みがありますが、大人は毎日仕事です。
そこで、体調を壊さないように自己管理をしておくことが重要となります。
夏の暑さに弱いと自覚しているのであれば、それなりの対策をしてください。
ただ、電気代節約の観点からは不要な冷房は避けたいところです。
夏の電気代は冷房ばかりだと思っている人も少なくありませんが、実はテレビやパソコンなどの家電品から出る熱も決して無視できません。
熱の逃げ場がありませんから、部屋の温度を上げてしまうのです。
エアコンで部屋の温度を1度下げるためにどれくらいの電気代がかかるでしょうか。
テレビをつけるだけで、数度上昇していることは間違いありません。
特別に見たい番組もなく、ただ何となくつけている状態であればすぐにテレビを消しましょう。
また、パソコンでゲームばかりをするのではなく、パソコンを消してたまには読書をしてどうでしょうか。
電気を節約する生活とはエアコンを切るだけのことではなく、無駄な熱を出さないと言うことにもつながります。
もちろん、まったく冷房しないと言う生活は現代の日本では無理ですから、どの時間帯を快適に過ごすかを考えてください。
やはり就寝時が快適でなければ、翌日の仕事を頑張るパワーは出てきません。
夕食は汗をいっぱいかきながら食べて、お風呂で汗を流した後にちょっと涼しい布団に横たわるのが夏の生活としておすすめです。
必要な電気代と無駄な電気代の切り分けが重要となります。

電気代の節約と気象

夏場はその日の天候によって、エアコンをつけるかつけないかが決まりますから、電気代もそれに連動していることでしょう。
つまり、今年の夏の電気代を節約したいと考えているなら、気象情報をチェックしておくことをおすすめします。
長期気象で今年の夏が例年通りなら、電気代の節約はいくつか工夫すればいいでしょうが、暑くなると予想されているとエアコンをつける割合が高くなり、電気代の節約は難しくなるのです。
したがって、去年に対してどの程度節約するかと言った表現ではなく、今使っている電気代で節約できるところはないかと言う視点を持つべきでしょう。
夏の暑さを乗り切るための工夫などもインターネットを探せばたくさん出てきますが、それで体調を壊してしまっては意味がありませんし、仕事はきっちりとやらなければならないのです。
暑さを我慢するのではなく、暑く感じない工夫がポイントでしょう。
涼しそうな映像を見ると、それだけで涼しさを感じるようなことです。
夏で問題なのは就寝時の冷房です。
寝汗をびっしりとかいて目覚めてしまうと非常に疲労感があります。
仕事に行く元気もなくなってしまうでしょう。
そうならないためにはエアコンによる適切な温度管理が必要となるのです。
必要以上に冷やさないための工夫は、寝室の温度を早めに下げておくことです。
冷房の効いたリビングから何もしていない寝室に移動するだけで暑さを感じますから、早めに冷やしておけばそれだけでも気持ちよくなります。

電気代の節約の情報

これまでも電気代を節約したいと考えてインターネットで情報を検索してみたことがありますか。
みんな同じことを考えているようで、たくさんのサイトがヒットします。
ただ、電気代の節約でも季節によってポイントが変わってきますから、ただ漠然と無駄な電気はこまめに消しましょうと言うだけでは節約のレベルはごくわずかでしょう。
自分から積極的に動かなければなりません。
そこで夏の電気代節約についての情報を調べてみました。
まずは、エアコンの使用方法です。
夏場はエアコンをつけずに過ごすことは難しくなっていますが、使用法を工夫することによって電気代を節約できるのです。
例えば、こまめに温度設定を変えることがあります。
仕事から帰ってきたばかりであれば、部屋の中は蒸し風呂状態でしょう。
こんな時はエアコンを最強にします。
そして、しばらくして落ち着いてきたと思ったら、中ぐらいに落とすのです。
そのまま強にしていると無駄な冷房となるのです。
部屋の温度が下がって安定したら、弱ぐらいにしても体感的には変わりません。
就寝時にはエアコンを消す家庭もありますが、夜中に寝汗で目覚めてしまうことになりますから、温度を高め、風量は弱でエアコンをつけておいてもいいでしょう。
快適な朝を迎えることができます。
家電品は新しい技術によって電気代を節約することができます。
古い家電を大事に使うことも見習いたいところですが、電気代の観点からはおすすめできません。
最新機種への買い替えで電気代の節約になるのです。

電気代の節約の記録

電気代を節約したいと考えてエアコンを控えめにしている家庭は少なくありませんが、記録を取っていないとどれだけ節約できているか目に見えません。
節約できていることが見えれば家族のモチベーションも高まります。
積極的に電気代節約に協力してくれるでしょう。
エアコンを停止するとどのくらい電気代が減少するかをグラフにしてみるのです。
去年の電気代と今年の電気代を比較してもいいでしょう。
年によって夏の暑さは変わりますから、厳密な比較とはなりませんが、感覚的には理解できるはずです。
夏場の電気代節約イコール暑さの我慢と思っている人も少なくありません。
それでは体がもちません。
仕事に悪影響を与えることもあるでしょう。
それは節約でなく、単なるケチではないでしょうか。
必要な電気は使って、無駄な電気を削ることが重要となります。
ただ、エアコンが効いた部屋に居続けると、その温度に体が慣れてしまって、暑さに弱くなると言われています。
食事中やテレビを見ている時は汗をかくようにしましょう。
その汗をお風呂で流して、気持ちよく眠るのです。
寝室には弱めに設定したエアコンを動作させておきます。
最近は夏場でも汗をかきたくないと思っている人が増えているようです。
夏は暑いのが当たり前ですから、翌日も頑張れるようにすることを考えてください。
仕事が屋外で暑いところにいる人なら、夏場を乗り切ることは簡単なのでしょう。
エアコンばかりに頼らずに自分なりの涼しくなる方法を考えてください。

夏の暑さと電気代

夏の暑さを凌ぐためにはエアコンは欠かせません。
しかし、エアコンの効き過ぎで体調を壊す人もいますから、使い方には注意が必要でしょう。
職場では大勢の人が働いていますから、自分だけの都合で温度を変えることは難しいでしょう。
そこで自宅で電気代の節約を兼ねて、エアコンの温度を高めに設定しておきましょう。
もちろん、仕事から帰ったばかりの部屋の中は暑くてたまらないはずです。
しかし、エアコンをつけてしばらくすれば十分に涼しくなります。
そこで設定温度を上げることが電気代節約になるのです。
また、一人暮らしをしていてもいくつもの部屋の電気をつけている人がいますが、これは電気代の節約のためにこまめに消すことが肝心です。
エアコンがどれくらい電気代を使っているかは、平日と休日の電気使用量をチェックしてみればわかります。
休日は昼間もエアコンをつけていますから、電気使用量は倍以上になっていることでしょう。
もちろん、エアコンをつけずに我慢すると言うのではなく、エアコン以外に部屋を涼しくする方法を考えるのです。
すだれを付けたり、日除けの観葉植物を置いたりしてはどうでしょうか。
風鈴も気持ちだけ涼しくなる昔からの工夫です。
年々、夏の暑さは厳しくなっています。
都会で暮らしていれば、それを肌で実感していることでしょう。
ただ、何の工夫もせずに電気代を使い続けることは現代人としておすすめできません。
自分ができる暑さ対策を考えてみてください。

電気代の節約の効果

電気代を節約したら、その効果を確かめることが重要です。
こまめに電気を消したり、夏のエアコンの温度を上げたりしたことの効果が見えないと、家族もやる気が出てこないでしょう。
それではどうやって効果を確認するのでしょうか。
一番簡単な方法はあまり節約していなかった去年と比べてみることです。
電気代を見れば、減ったのかどうかを確認できるでしょう。
一生懸命節約しているつもりでも電気代にするとごくわずかと言うパターンもあります。
本当に電気代を節約するつもりなら、一番たくさん使っている機器を止めることを考えなければなりません。
ただ、夏場ですから、止めていい機器と止めてはいけない機器があります。
エアコンがどちらに入るかは個人差がありますから、自分で判断すべきでしょう。
熱帯夜の時でもエアコンなしで何ともない人もいれば、寝苦しくて体調を壊してしまう人もいるのです。
いずれにしても無理をしてはいけません。
できる範囲で節約するのです。
ただ、現代において電気がない生活は考えられませんから、必要な部分を削ることは最終手段となるでしょう。
それよりもエアコンを上手に使って、少ない電気代で快適に過ごす方法を見つけてください。
弱い風の方が夜は過ごしやすいのです。
外気温との差が大きすぎる場合も体調を壊してしまいます。
女性は冷え性で悩んでいる人もいますから、温度管理をこまめに行うことが節電につながるのでしょう。
ただ、自宅で過ごす休日は鋭気を養うことが大切ですから、我慢するだけではなく元気になるように心がけましょう。

電気代の節約の目標

今年の夏は電気代を節約しようと目標を立てる人も少なくありません。
ただ、漠然と節約を考えても、目標がなければ達成できたかどうかわからないからです。
重要なことは目標に対して、どのような具体策を考えるかと言うことです。
つまり、エアコンの温度設定は何度にするか、寝る時にエアコンはどうするかなどを決めておきましょう。
電気代の数値を目標としてもいいですが、それには明確な根拠があるわけではないでしょう。
夏の暑さはその年によって変わりますから、去年と比較できない部分があります。
電気代を節約するだけであれば、去年の金額はわかっていますし、現在の使用量もわかるでしょう。
そこから数値目標を立ててください。
家族の人数が変わったら、電気代も大きく変わるはずです。
その分も考慮しておきましょう。
日本だけではなく地球全体で温暖化が進んでおり、夏の電気代もじわじわと上がっています。
使用量を減らしても節約にならないケースもあるのです。
確実にできる対策として、家電品を最新型に変えることで大きな効果が得られます。
もちろん、そのための費用がかかりますから簡単ではありません。
蛍光灯をLED電球に変えると言った地道な努力で少しずつ電気代を減らしましょう。
エアコンを止めると暑さを直接肌で感じますから、節約効果も高いですが気分的な影響も無視できません。
それでも自分の家族は電気代節約を頑張るのです。
家族で協力すれば、一定の効果を出すことは可能です。

電気代節約と家族

家族がたくさんいると、どうしても電気代がかかってしまいます。
特に夏場はそれぞれの部屋でエアコンをつけますから、節約をすることは容易ではないでしょう。
しかし、たくさん電気代が必要な分、節約効果も高いと考えるべきです。
具体的にどのような方法があるでしょうか。
まず、夏は家族がリビングなどの一か所に集まる時間を増やすことです。
単純にエアコンの動作台数と照明の数を減らすことができます。
もちろん、寝る前にはエアコンをつけておくことがポイントです。
窓を開けすることで涼しさを呼び込むことができる場合もありますが、都会では難しいでしょう。
夏の暑さは半端ではないと認識しておくべきです。
節約効果が高いのはエアコンだけかもしれませんが、その代わりとなるものがなければ電気代を節約することはできません。
氷枕や、冷却シートなどいろいろ試してみていることでしょう。
日中は仕事で家にいない人は昼間の暑さがわかりません。
お母さんは暑い部屋で我慢しているのです。
注意しなければならないのは夏の暑さを無理に我慢してはいけないことです。
つまり、体調を壊してしまう原因にもなります。
高齢者はもちろんですが、最近は若い女性も体調不良の人が増えているようです。
食事と睡眠をしっかりと取ることで夏バテにならない体を作りましょう。
夜はエアコンをつけて熟睡することも悪いことではありません。
電気代の面からはマイナスですが、家族の健康が第一です。
その上で節約を考えてください。

無駄な電気を消す

家中の電気をつけている人がいますが、何のためにつけているのでしょうか。
電気代を節約する基本は無駄な電気を消すことですから、それに反していることになります。
もちろん、自分が必要な電気を消すと視力が衰えてきたり、けがをしたりしますから、それは止めておかなければなりません。
トイレの電気や風呂場の電気など消せるところはたくさんあるはずです。
夏の電気代を節約する話題ではエアコンばかりが注目されているのですが、その他の電気を無視していいわけではありません。
トータルの電気代に影響しないとしても節約する気持ちを持つことが重要です。
自分で簡単にできる節約だからです。
簡単なことができない人に限って難しいことにチャレンジします。
そして、結局は何もできないで終わってしまうのです。
今年の夏は何とかして電気代の節約を実践しましょう。
その手始めとして無駄な電気を消すことです。
エアコンの節約は体ですぐにわかりますから、なかなか難しい面があります。
ただ、トイレの電気はついているだけ無駄ですから、すぐに消せばいいのです。
それができない人には人感センサー付きのスイッチに交換する方法もあります。
人がいなければ自動的に消える仕組みです。
高価なものではありませんが、意識して節電する気持ちを育てることはできません。
電気代の節約は家計に直結していますが、子どもたちへの教育的観点からも推進すべきです。
親が率先垂範しなければなりません。

一人暮らしの電気代節約

一人暮らしの場合、電気代は少なくて済むと思っているかもしれませんが、夏場の暑さが我慢できずにエアコンをつけっぱなしにする人が少なくありません。
結果として独り暮らしの電気代は半端ではなくなるのです。
もちろん、それはあなたの心がけ次第です。
夏を快適に過ごしながら電気代を節約することを考えてください。
まず、日中は仕事をしているでしょうから、部屋の温度が上がっても気にする必要はありません。
仕事から帰ってきてからに注目しましょう。
ムッとする部屋に入って、始めにやることはエアコンをつけることでしょうか。
それとも窓を開けることでしょうか。
窓を開けられない環境であればどうしようもありませんが、できることなら窓を開けて空気を入れ替えたいものです。
毎日仕事から帰ってくる時間が決まっているのであれば、タイマー設定をして部屋の温度を快適レベルにしておくのもいいでしょう。
当然電気代はかかるのですが、快適に過ごすことも重要です。
夜の間は弱めの設定にすることも可能です。
トータルの電気代を考慮しなければなりません。
また、使っていない照明を消したり、テレビを消したりすることも重要です。
大家族と違い電気代の総額が違いますから、小さな電気も金額に影響するのです。
小さい時から電気代の節約が生活の一部になっている人は、一人暮らしをしても無意識のうちに節電をしているのでしょう。
現代において電気を使わない生活はありません。
それは一人暮らしでも同じですから、節約を考えることが重要です。

電気代の節約の口コミ

インターネットの口コミサイトにはいろいろと有益な情報が掲載されています。
夏場の電気代節約についても多くの人が考えているようです。
ただ、できることはほとんど決まっています。
エアコンの温度を上げたり、不要な電気を消したりすることでしょう。
最近は電力自由化に伴って、電力会社の契約を変更することで電気代が節約できると評判です。
もちろん、契約上のことですから、電気を節約しているわけではありません。
ただ、支払う電気代は安い方がいいに決まっていますから、自分が住んでいる地域で契約可能な会社を調べておくことをおすすめします。
さて、夏の暑さを我慢してエアコンを弱めに設定することが節電だと思っている人が少なくありませんが、そのために夜が眠れなくなったり食欲が減退したりしては本末転倒でしょう。
電気代は必要な部分と無駄な部分に分けることが重要です。
口コミサイトにもそのヒントが掲載されています。
それぞれの生活パターンによって無駄な部分は異なります。
もちろん、誰もいない部屋のエアコンや電気をつけることは明らかな無駄ですが、中にはどちらか判断できないケースもあります。
エアコンを扇風機にすると電気代は減少しますが、それで問題ないのであればエアコンが必要ないことになるでしょう。
生活に支障がないかわからない時は試してみることです。
夏でもエアコンをつけない家庭もあるのです。
それは扇風機だけで十分だと体でわかっているからでしょう。

電気代と家電

家の中にはたくさんの家電があります。
使用する時だけ電気を使う家電もあれば、一日中動作している家電もあります。
それぞれは必要だから購入しているのであり、無駄なものがあるわけではないでしょう。
ただ、電気代の面から見て大きな影響を与える家電とほとんど電気を使わない家電があります。
冷蔵庫などは食品を入れていますから、電気が切れてしまうとただの邪魔な箱になります。
照明器具や扇風機などは必要な時だけでスイッチを入れます。
つまり、使わない時にスイッチが入っていれば、それは無駄と判断していいでしょう。
毎日の生活では電気代の節約を考えていないとしても、夏を快適に過ごすための節約術を考えてみてください。
具体的な方法はそれぞれで考えなければなりませんが、たくさんの電気を使っている機器をターゲットとして節約すべきです。
その方が効果は出やすいからです。
夏場は冷房器具がポイントです。
エアコンの使い方、扇風機の使い方を考えるのです。
まずは、今どのような使い方をしているのかを思い出し、そこに無駄がないかをチェックしましょう。
自分では無駄だと思っていなくても、一般的な視点からは無駄になるケースもありますから、インターネットなどで情報を集めてください。
日中は仕事で家にいなければ、日中の暑さは関係ありません。
熱帯夜の過ごし方が焦点になるでしょう。
どれだけ頑張っても極端な節電ができるわけではありませんから、地道な努力が必要です。

電気代の節約の裏技

電気代節約と聞けば無駄な電気をこまめに消したり、エアコンの温度を1度上げたりすることだと思っているでしょう。
確かに夏場はエアコンの電気代が無視できません。
しかし、そのような努力とは別に裏技に近い電気代節約方法があります。
それは契約プランの見直しです。
電力自由化を受けて、個人でも電力会社を選ぶことができるようになりました。
つまり、これまでは自分が住んでいる地域の電力会社との契約に限定されていましたが、これからは自由に選べるのです。
携帯会社や石油会社などの大手が名乗りを上げています。
もちろん、電力会社もただ見ているだけではお客を取られてしまいますから、契約プランメニューを作って、自分の生活に合わせて電気代を節約してもらおうと考えているのです。
例えば、日中は仕事でほとんどいない人といつも家にいる人では電気の使い方が大きく異なります。
それぞれに合わせたプランを提供しているのです。
その差は数千円になりますから、節約の割合はかなり高いでしょう。
携帯会社などと契約するとスマートフォンとのトータルでの費用を考えなければなりません。
すべてを一つの会社にした方が割安になります。
いずれにしても、この方法は電気代が安くなりますが、夏場の電気の節約をしているわけではありません。
そこが裏ワザと表現している理由です。
2年目からは使えませんから、来年は別の方法で電気代の節約を考えてください。
毎年電気代を節約することができれば、それは実質的な収入増となるでしょう。

電気代の節約と体調

夏の暑さは誰でも我慢できないほどでしょう。
ただ、その対処方法をどうするかが重要となります。
女性など寒さに弱い人は会社の冷房で体調を壊してしまうことも少なくありません。
自己防衛のため、夏でも長袖を羽織っているのです。
職場ではいろいろな人がいて、一人だけの希望で空調を変えることは難しいでしょう。
ただ、家に帰れば自分の体調に合わせてエアコンを細かく調整しましょう。
それが電気代節約になります。
もちろん、企業でも電気代節約を積極的に行うようになりましたから、冷房は弱めに設定しているはずです。
冷房で体調を壊す人の多くは就寝時のエアコンの使い方に問題があると言われています。
つまり、寝る時は暑いため、冷房を強めにしていて、その後も同じ温度のままつけたままにしてしまうのです。
明け方には熱帯夜も和らいできますが、冷房はそのままです。
結果的に冷え過ぎになってしまうのです。
これを防ぐためには、初めから弱めにしておくことですが、就寝直後にすぐ冷えるわけではないですから、早めに冷房をかけておきましょう。
注意しておきたいのは冷房がすべて悪いわけではありません。
夏の暑い日に我慢するのも体調不良となってしまいますから、適度な温度を保つことが重要となります。
自宅では自分に合わせてエアコンを調節し、仕事場では冷房に合わせて衣服で調節することがポイントでしょう。
結果的には電気代の節約につながるはずです。
ただ、子どもたちが暑がりだと困ってしまいますね。

電気代とテレビ

電気代節約のためには夏場の冷房を抑えることが一番だと思われています。
それは確かかもしれませんが、それ以外にできることがあります。
それはテレビをこまめに消すことです。
テレビはLEDになってから、かなり低消費電力となりました。
しかし、家電の中では電気代がかかる方に入っています。
つまり、面白くない番組をただ見ているよりも、テレビを消して他のことをしてもらいたいのです。
そうすれば電気代の節約につながります。
LEDになってもかなりの発熱がありますから、それがエアコンの冷房にも影響していくのです。
多くの人がテレビの電気代よりもエアコンの電気代節約を重要視していますが、テレビの発熱も無視できないことを認識しておかなければなりません。
見なくてもいい番組であれば、時間と電気代の無駄でしょう。
夏場は早起きして、涼しいうちにテレビを見てはどうでしょうか。
自分と家族の健康のためにもおすすめします。
テレビ番組が面白くないと言うことではなく、思った以上に電気を使っていることを知らなければなりません。
大型テレビであればなおのことです。
テレビの消費電力を調べてみましょう。
調べなくても、触ってみればわかるかもしれません。
温かいのではなく熱いのです。
その熱の分が電気ですし、それを消すための冷房の電気代にもなります。
家の中で動いている家電すべてが節約の対象となっていることがわかれば、どの部分から手を付ければいいかわかります。
簡単なところから始めましょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2015 08.14

    台風の対策

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ