圏央道あれこれ

この記事は14分で読めます

圏央道とは

圏央道とは正式名称を首都圏中央連絡自動車道と言う自動車専用道路です。
総延長300kmとなる計画です。
東京都心から60km圏を環状に囲む道路となっています。
東京都、神奈川県、埼玉県、茨城減、千葉県を結ぶ高速道路です。
2014年の時点では約200kmが使用可能となりました。
2015年には270kmまで完成する予定です。
事業費は3.5兆円が見込まれており、国と高速道路会社が負担することになっています。
圏央道が作られた背景を考えてみましょう。
都市圏にはたくさんの交通網が整備されています。
しかし、人口が増加するにつれて、生活圏が広がってきました。
都心までの距離が長くなれば、その分移動時間も無視できなくなるのです。
中央に向かうための道路はかなり整備されています。
それらを囲むように圏央道が作られているのです。
東京都だけではなく、周辺の県を結ぶことで広域的な生活圏を構成することができます。
道路状況がスムーズになれば、そこでの生活のしやすさが変わってきます。
都心に行かなくても観光地などが圏央道の沿線に作られるのです。
全体として都市圏が広がっていくことになります。
一極集中を避けるための計画が圏央道なのです。
もちろん、これらの道路が一時的な思い付きだけで作られているわけではありません。
10年20年単位で計画されています。
これからの都市圏がどのようにあるべきかを検討しているのです。
その上で道路を作るための財源を確保しています。
都市部に住んでいない人にとっては、この計画の効果はよく理解できません。

スポンサードリンク

圏央道のルート

東京都市圏を囲む環状線高速道路が圏央道です。
そのルートができたことで、観光のためのドライブコースにも変化が出てきているようです。
放射状に延びていた高速道路が環状につながるのですから、複数のルートができることになります。
全体として渋滞の緩和が期待できます。
東京縦断ドライブのための新しいルートとなります。
観光レジャーの視点から新しいルートを考えてみましょう。
圏央道は神奈川、東京、埼玉、群馬を結ぶルートを構成します。
富士山と富岡製紙工場が世界遺産として登録されています。
この二つをダイレクトに結ぶルートとなるのです。
南北の移動がスムーズになることで、新しい地域の活性化が期待できます。
東京の都心に住んでいなくても、いろいろな観光を楽しむことができるのです。
ドライブで渋滞に巻き込まれることは誰でもが嫌な思いでしょう。
スムーズに移動することができれば、観光客も増加するはずです。
NEXCO中日本では夫人差だけではなく秩父近辺の温泉や箱根、鎌倉など観光名所へのお客の増加を期待しています。
移動時間が短縮されることは予想以上に人々に喜ばれるはずです。
日帰りができなかった地域で日帰りが可能となれば、そこからさらに足を延ばそうと考える人も出てくるでしょう。
道路が新しくできることは単に渋滞を緩和するだけの効果ではありません。
そこから広がる波及効果が経済界の活性化につながるのです。
圏央道に期待しましょう。
地方から東京に出る時にはあまり意識していませんが、自分たちの地域でも同じことが言えるのではないでしょうか。

圏央道の計画

圏央道は東京都市圏の交通を変えると期待されています。
首都圏への移動がスムーズになれば、遠くの人でも東京に来ることができます。
住むところを考えなくて済むようになるのです。
圏央道だけで、それが実現できるわけではありません。
3環状と呼ばれている3本の環状線がその役割を果たします。
東京の中心から同心円状に3環状が計画されています。
それぞれの工事は同時進行しており、圏央道が一番外側ですから、総延長距離も長くなります。
開通目標は2014年となっていますが、いろいろな事情も絡んできます。
国土交通省加藤地方整備局が中心となって、道路計画を作成します。
それぞれの地域のICが開通する毎に大きく報道されています。
早く全線が開通してほしいと誰もが思っているのです。
東京内の移動がスムーズになることで、東京に住んでいない人も便利になります。
観光やレジャーのための移動時間が短くなれば、広い地域が観光地となるでしょう。
日帰りできる範囲が広がるからです。
これまでの東京では慢性的な渋滞が当たり前となってきました。
これからは圏央道を利用する人が増えてくるでしょう。
一泊旅行なら、たいていのところに行けるからです。
圏央道の計画が公表されたのは平成17年です。
その工事の状況は日々、インターネットに掲載されています。
進捗を公表することで、多くの人の関心を集めることができます。
もちろん工事業者にとってはプレッシャーとなるかもしれませんが、それだけ期待されていると言うことです。

圏央道の目的

首都圏中央連絡自動車道は首都圏を活性化し、円滑な交通を確保するために作られています。
通称、圏央道です。
首都から同心円状に広がる環状線と放射状に広がる道路全体で交通混雑を緩和することが期待されています。
都心から60km程度のところに作られています。
総延長は300kmになります。
もちろん、すぐに完成するわけではありません。
用地買収が済んで、工事が進められるところから開通していきます。
最終的には平成24年度に全線が開通する予定です。
圏央道の目的は明確です。
これまでの道路事業は自治体だけの計画で進んできたため、最終的にどのような形になるのかが不透明でした。
しかし、圏央道はプロジェクトとして目標が明確に公表されています。
その進捗も逐次ホームページなどで公開されています。
東京都市圏の将来像を多くの市民に理解してもらおうと言う自治体の考えなのでしょう。
これは決して悪いことではありません。
これらの事業のためには多くの人がかかわりを持っています。
その一部を自分たちが担っていると考えれば、それだけで仕事のやりがいがあるはずです。
自分の親が道路を作っていると知れば、子どもたちも自慢できるでしょう。
道路事情が良くなれば、移動にかかる時間が少なくなりますから、遠くまで足を延ばすことができます。
観光地が広がっていくことになります。
東京だけではなく、その周辺の県にも大きな影響を与えることになるでしょう。
あなたが東京に住んでいないなら、その恩恵にあずかれないのが残念です。

圏央道の情報

道路情報はNEXCO東日本のホームページを見るとよくわかります。
最近は圏央道の開通情報も掲載されています。
圏央道は首都圏の周囲を囲む総延長300kmの環状線です。
開通状況がインターネットに詳しく掲載されることはいいことです。
ドライブなどに出かける時に情報があれば、その日の予定が違ってくるでしょう。
もちろん、渋滞を避けたいと誰もが思っていますが、圏央道が開通すれば、渋滞緩和が期待されています。
渋滞を気にしなくて済むかもしれません。
地方と都市圏との交通事情はまったく違います。
地方の渋滞と都市圏の渋滞が同じなわけではありませんが、道路情報は必要です。
NEXCOのホームページでは道路工事の写真も掲載されています。
どれくらいの進捗かがわかりやすいでしょう。
ホームページを見ながら、開通を楽しみにしている人も少なくないでしょう。
これからの時代は快適な移動が一番です。
圏央道の役割は重要です。
あなたは休みの日にどこに行きますか。
観光地へのドライブはしっかりと計画を立てましょう。
近場で済ますこともできますが、時には1泊旅行でも計画しませんか。
渋滞状況を気にしなくて済むなら、それだけで快適な旅行となるでしょう。
地方に住んでいると東京の渋滞は理解できません。
しかし、圏央道の役割は誰でもわかるのです。
計画がオープンになることでいつでも情報を取り出すことができるのです。
時代が変わったと言えます。
自治体の考え方も変わったのでしょう。
高速道路が日本を変えます。

圏央道の口コミ

圏央道の口コミを見てみましょう。
パーキングでのメニューの口コミです。
圏央道でおすすめは狭山の肉汁うどんでしょう。
肉汁とうどんがセットになっています。
チャンスがあったらいつか食べてみてください。
おいしいかどうかは自分で食べてみなければわかりません。
口コミ情報はあくまでも情報にすぎません。
食べ物の味は変わりませんが、おいしいかどうかは自分が決めるのです。
昔も今も、高速道路でのドライブの楽しみはドライブインでの食事でしょう。
それは圏央道になっても変わりません。
圏央道は最近開通しているところが多いですから、パーキングも新しいですね。
新しいところで初めて食べる食事は新鮮ですね。
どんな味かわくわくします。
ただ、現実的にはパーキングでの食事は期待外れです。
口コミサイトでおいしいと書かれていても、多くを期待しないようにしましょう。
東京都市圏には圏央道だけではなく、たくさんの高速道路が走っています。
その中でどこがおいしいのでしょうか。
口コミサイトだけでは判断できません。
家族旅行などをする時にはパーキングで食事をする機会が多いでしょう。
何度もドライブをすれば、おいしいところがわかってきます。
関東のうどんと関西のうどんは違います。
もちろん、九州も違っているはずです。
あなたが求めているうどんを探してみませんか。
きっと日本のどこかにあるはずです。
ただ、それを探し当てるのは容易なことではありません。
少しずつ範囲を広げていくといいでしょう。

圏央道の場所

圏央道がどこにあるか知っていますか。
東京都市圏中央連絡自動車道が圏央道の正式な名前です。
つまり、東京都市圏を囲む環状線なのです。
神奈川県から始まり、東京都、埼玉県、茨城県、千葉県にまたがる環状線です。
それぞれの県ではICが配置されていますから、自分が住んでいる地域がどのようになっているかをチェックしておきましょう。
もちろん、ずっと前から計画が進んできましたから、すでに最終段階になっている圏央道は誰もが知っていることでしょう。
東京周辺の渋滞緩和を考えるためには東京都だけではなく、周辺の状況も考慮した計画が必要です。
そのために広域的な視点から計画が立てられています。
圏央道も単独で効果を上げるわけではありません。
他の道路との連携によって、渋滞を緩和することが可能になるのです。
環状線と中央から延びる放射状の道路が網の目のように広がっていきます。
東京からの移動時間が短縮されることで、人の流れがスムーズになります。
観光だけではなく、工業や商業などへもよい影響を与えるはずです。
郊外に住んでいても、希望する時間に都市圏に移動することができるようになるのです。
もちろん、すべてが計画通りになるわけではありません。
渋滞が緩和されると言っても、地方の渋滞と同じレベルになるだけかもしれません。
地方にいれば、東京都の渋滞はよく理解できません。
それが都市圏の交通事情なのです。
多くの人が圏央道によって渋滞が減少すると期待しています。

圏央道のプロジェクト

圏央道の工事はプロジェクトとして進められています。
プロジェクトの考え方の基本は道路利用者に対して、道路工事の進捗などを知ってもらうことにあります。
また、道路の利用法についての公正な意見を集めることもプロジェクトの役割でしょう。
圏央道だけではなく、多くの道路建設がプロジェクトとして行われています。
もちろん、プロジェクト方式にしたからと言って、工事の進捗が早くなるわけではありません。
しかし、情報を公開することで、無駄な建設を省くことや計画の見直しが可能となります。
多くの人の意見は方向性を決めるために必要となるのです。
プロジェクトでは定期的に委員会が開かれます。
そして一般から意見を聞くためのパブリックコメントが公開されます。
実際に道路を利用する人の意見は貴重でしょう。
これまでの道路行政のあり方が改善されているのです。
圏央道は自動車専用道路ですが国道です。
国の管理の元で道路建設が進められています。
東京オリンピックを見据えた道路行政が求められていますから、それに対応した道路となることでしょう。
ただ、東日本大震災の教訓を生かして、災害に強い安全な道路を作らなければなりません。
便利なことは大事ですが、安全はもっと大事です。
高齢化が進み、車の運転者の年齢層が上がることが予想されます。
事故が増加しないような対策を取る必要があります。
そのためは広くて見通しの良い道路が一番でしょう。
あなたは何歳ぐらいまで運転するつもりでしょうか。

圏央道と国土交通省

圏央道の各区間で開通が進んでいます。
詳しいことは国土交通省の関東地方整備局のホームページに掲載されています。
さらに詳しいことは各工事現場の国道事務所が情報を提供しています。
圏央道の区間が開通すると開通式が行われています。
高速道路が伸びていくのですから、少しずつ便利になります。
もちろん、最終的に全線が開通すればいいのですが、できた部分から随時利用可能となります。
場所によっては土地の収用が必要になる場合もあり、すべてが計画通りに進むわけではありません。
国土交通省のホームページには圏央道全体の進捗が掲載されています。
そして、それぞれの地図をクリックすることで、さらに詳しい情報へと分岐できるのです。
あなたは圏央道を利用する立場でしょうか。
それならば待ち遠しいことでしょう。
圏央道が全線開通したら、ぜひドライブをしたいと考えている人が多いようです。
もちろん、観光目的などでの移動です。
快適なドライブは気持ちの良いものです。
国土交通省のホームページで時々チェックしましょう。
圏央道の進捗状況は全体の約8割程度が完了しています。
全線開通まで時間の問題でしょう。
国道事務所では最新の情報を元に情報公開をしています。
だんだんと予定通りの道路ができていくところを見るのは楽しいものです。
旅行の計画を今から立てておくのはどうでしょうか。
移動時間が短くなりますから、多くの場所を見学することも可能でしょう。
その前に誰とドライブするか決めるべきですね。

イベントと圏央道

高速道路ができる時に行われるイベントとしてウォーキングが一般的でしょう。
できたばかりの高速道路は誰も通りません。
歩いて行くことは開通前の一時期だけです。
貴重な体験となりますから、子ども連れや家族でウォーキングに参加する人も少なくありません。
時にはマラソン大会が行われることもあります。
平成26年6月28日に開通した圏央道の相模原愛川ICから高尾山IC間のウォーキングイベントが行われました。
このイベントでは区間の6kmを歩くことだけではなく、土木工事の見学会も行われました。
宮ケ瀬ダムの放流の見学と小倉橋見学が行われました。
バスツアーですから、有料でした。
子どもでも歩かなければなりませんから、小学4年生以上の参加となっていたようです。
このようなイベントに参加したいと考えている人は早めに情報を収集することをおすすめします。
全国のウォーキングイベントに参加している常連もいるようです。
めったに歩くことができない道路ですから、それが楽しみなのでしょう。
もちろん、共用開始とともに歩行者が入ることはできなくなります。
圏央道はかなりの区間が開通していますが、全国にはまだたくさんの工事中の道路があります。
インターネットで検索してみると面白いですね。
あなたは高速道路を歩いたことがありますか。
一度も経験したことがなければ、ぜひ参加してみましょう。
遠くの高速道路まで行かなくても、近場の道路を探してみてください。
春の陽気の中で歩いてみたいですね。

季節と圏央道

季節によって観光客は変動します。
東京都市圏では圏央道が開通することで、観光地へのアクセスが簡単になります。
観光客の増加が見込めるのです。
千葉県内の観光地でも、それを期待しています。
圏央道を利用して、気軽に訪れることができる千葉県の観光地を紹介しましょう。
茂原から木更津周辺のエリアです。
もちろん、自然に親しむ地域ですから、季節によって見どころは変わります。
袖ケ浦市にある袖ケ浦公園では季節の花々が咲き乱れます。
水辺の広場、万葉植物園、郷土博物館などを観覧することができますし、梅や桜、菜の花、花菖蒲など、その時の季節に合った花を楽しみませんか。
それから、養老渓谷は秋の紅葉シーズンです。
天然温泉も人気です。
もっと足を延ばすと、房総フラワーラインがあります。
海岸線に花畑が続きます。
カップルのドライブコースに最適ですね。
御宿海岸は房総半島の中でも美しい海岸です。
月の砂漠の舞台として知られている海岸です。
夜に訪れるのがベストでしょう。
圏央道が開通することで、遠方からの観光客が増加することが期待されます。
木更津と川崎を結ぶ自動車専用道路は東京湾アクアラインと呼ばれています。
道路が整備されることで、単に渋滞が緩和されるだけではなく、人と物の移動が容易になり、都市圏の広がりが期待できます。
広範囲で活性化につながるのです。
あなたが住んでいる地域の状況はどうでしょうか。
都市圏に住んでいない人には、ちょっとわかりにくいかもしれませんが、短時間で移動できるなら、いろいろなところを見て周りたいですね。

圏央道とレジャー

圏央道の沿線にはレジャー施設がたくさんできました。
遠くからレジャーのために訪れる人が期待されるからです。
言うまでもなく圏央道の開通によって人の移動が活発化することは当然です。
観光地はそれを期待しているはずでしょう。
神奈川県は「みずのさと」をキャッチフレーズにレジャー施設を整備しています。
その中からいくつか紹介しましょう。
相模湖の近くの大自然に囲まれた施設はさがみ湖リゾートプレジャーフォレストです。
遊園地、広大なバーベキュー場、キャンプ場があります。
家族連れで一年中賑わっています。
考えるアスレチックピカソのタマゴは子どもたちに人気です。
27種類のアスレチックで楽しむことができます。
キャンプのオフシーズンとなる冬場には関東最大規模のイルミネーションが注目です。
相模湖イルミリオンです。
幻想的で夢のようなイルミネーションは感動的です。
東京近郊から圏央道を利用すれば、短時間で到着します。
近くの関連施設として、湯河原海岸での海水浴はどうでしょうか。
海と山を楽しむことができますね。
温泉がいいと言う人にはたや洞窟塩ミストサウナでしょうか。
たや温泉の独特なお風呂を楽しんでみましょう。
そして、夏の料理は「湯快爽快くりひら温泉」でしょう。
食事処で夏の季節メニューを堪能してください。
この他にもいろいろなレジャー施設があります。
東京の人口は多いのですが、圏央道を始めとする高速道路を利用することで、遠くまで気軽に出かけることができるようになりました。

首都圏の道路事情と圏央道

首都圏を車で移動する場合には、渋滞状況などを確認することが重要です。
もちろん、近場での移動であれば気にする必要はありませんが、高速道路が渋滞することによって観光などの予定が大幅にくるってしまう可能性もあるからです。
首都圏の交通渋滞は慢性的です。
その渋滞を加味して観光計画を立てなければなりません。
そのため、渋滞が観光を阻害していることは否定できません。
そこで、都市圏の高速道路を管轄する国土交通省は圏央道などの幹線道路整備を進めてきたのです。
圏央道は東京都心を中心とした円の最外殻を周る環状線です。
圏央道と中心を結ぶ放射状に伸びた道路と直結することによって、どの方向でも移動がスムーズになると考えられました。
すべての圏央道が完成しているわけではありませんが、大半が開通しており、その恩恵にあずかっている人も少なくないでしょう。
相模原愛川と高尾山の工事が進められており、その進捗状況はインターネットで公開されています。
完成を待っている人にとっては貴重な情報となるでしょう。
高速道路整備はそこで生活している人にとって大きな関心事です。
観光地であれば、お客の動向に直結しますから、なおのこと期待しているでしょう。
公共交通機関を利用すると言う人もいるでしょうが、休日に気軽に遊びに行こうとすればやはり自家用車となります。
高速道路が整備されることは人々の暮らしを変えて行くことになるのです。
道路事情が改善されることが期待されます。

圏央道の利用料

圏央道の大半が開通して、これから渋滞緩和が期待されます。
もちろん、そのために圏央道は作られていますから、渋滞が減らなければ意味がありません。
しかし、多くの人が期待している圏央道ですが、一つだけ問題があります。
それは利用料金です。
通常の高速道路と比較すると、かなり割高です。
周辺の自治体は国に対して、料金見直しを働きかけています。
具体的な圏央道の料金は利用する区間によって少しずつ違います。
距離によって料金が決められています。
一回の利用時に定額が課金される料金システムではないところが、割高感となっていることは否めません。
しかし、一般の高速道路は遠くまで利用するとその分だけ料金は高くなりますから、料金体系としては一般的と言えるでしょう。
ただ、東京都市圏の幹線道路の料金体系とは異なっているのです。
今後の料金の見直しは、開通後に利用実態を調べることによって行われます。
建設費を何年で償還することができるかを計算することができるからです。
道路建設は国の借金で賄われています。
それを利用者が少しずつ返していくことになります。
両者が支払うことが原則だからです。
料金を下げることは、借金の償還期間を伸ばすことになります。
国全体として、それはできるだけ避けたいと考えるでしょう。
圏央道の利用料金は1キロ当たり40円程度となっています。
東名高速道路などは1キロ当たり25円です。
その差は歴然です。
今後の見直しが期待されています。

圏央道の注意

圏央道は自動車専用道路ですが、特殊車両の通行は制限されています。
したがって、そのような車を運転している人は注意が必要です。
もちろん、仕事で運転している特殊車両ですから、どのような申請をしなければならないかはわかっていることでしょう。
ただ、利用する道路によって許可証が異なりますから、圏央道の場合に適応できる許可証の申請が必要です。
申請が許可されると通行証が交付されます。
対象となる車両を運転する時は書類を携帯しておかなければなりません。
許可証では重量や寸法が規定されています。
これは車両が本来持っている重量や寸法ではありません。
その点を注意しなければなりません。
また、車両によっては通行時間が制限されることもあります。
工事車両などの特殊な車は、重量によって橋が壊れたりする危険性があるのです。
制限される車両は幅、長さ、高さ、総重量、最小回転半径などの数値が規定値を越えている場合です。
圏央道だけではなく、他の道路でも同じですが、規定値が道路によって異なります。
牽引車などの場合は、牽引している車を含めた数値となりますから注意が必要です。
道路事務所だけではなく、警察署への届け出が必要となる車両もあります。
一般の人にとってはほとんど関係ないことですが、道路にはこのような注意があることを知っておくことはいつか役に立つかもしれません。
自分が大型のトラックなどの運転をすることになったら、思い出してください。

圏央道のIC

圏央道は神奈川県から千葉県に至る東京を中心とした環状線です。
ICはたくさんありますが、それぞれの区間が開通する度にイベントが開催されています。
それだけ地元の人は圏央道の開通を待ち望んでいるからでしょう。
開通イベントではウォーキングや見学会などが開かれます。
それぞれの県がバックアップしています。
地元の人だけではなく、周辺に住んでいる人も参加していることでしょう。
圏央道のICは全部で60を越えています。
まだ未開通部分では工事が行われています。
総延長300kmですから、5kmに一つのICとなる計算です。
もちろん、地形などによってIC間の距離は違います。
しかし、多くの人が便利に使用するためにはICの数を増やすことが重要です。
地方の都市では高速道路の区間はかなりの長さになります。
その中間に位置している地域の人にとっては、高速道路の恩恵が半減してしまうのです。
東京都市圏では、生活道路としての圏央道の役割が大きいため、ICの区間は短く設定されているのです。
ドライブや観光のために圏央道を利用する人が増えているようです。
時間が短縮できることは人の移動にとって非常に重要なのです。
まだ、すべてのICが完成しているわけではありませんが、それらの計画は公表されています。
どのような地域にICがあるのかをチェックしておくといいでしょう。
東京の人は、それが頭に入っているかもしれません。
地方から車で移動する場合には、圏央道だけではなく周辺の道路事情もチェックしておきましょう。

圏央道の口コミ

圏央道が開通することが口コミサイトなどに掲載されています。
どれくらいの人が圏央道に期待しているのでしょうか。
東京に住んでいる人にとって道路の渋滞は慢性的です。
渋滞を考慮して行動しなければなりません。
それが緩和されるのですから、多くの人が期待しているでしょう。
もちろん、地方にいれば直接的な恩恵はありません。
しかし、東京に出かける時にどこを宿泊場所にするかの選択肢が広がることが期待されます。
ホテルからの移動時間が短くなるからです。
圏央道ができることによって、これまでよりも遠くの観光地に行こうと考える人が増えるかもしれません。
これまで行ったことがないところなら口コミ情報をチェックしておくことをおすすめします。
どこのICを利用するのがいいかを知っておけば、それだけで渋滞を避けることができるでしょう。
圏央道のICはたくさんありますから、どこでも変わりないと思っているかもしれません。
しかし、ICを降りてから渋滞となることも少なくないですから、予備知識を持っておく方がスムーズに行動できることは間違いないでしょう。
ただ、口コミサイトにはあまり正確な情報はありません。
個人的な主観で書かれているからです。
もちろん、それが口コミですから、そのことに文句を言っても意味がありません。
自分の目で確かめることができない情報を提供してくれる人がいることだけでも感謝しましょう。
情報の真偽は自分の目で確かめることが大切です。
ドライブに行きたくなりますね。

圏央道の工事

圏央道は東京都市圏を結ぶ重要な道路です。
期待が大きいため、その工事の進捗は多くの人が関心を持っています。
国のホームページや各県の工事事務所のサイトを見ると、圏央道の工事の状況が掲載されています。
総延長300kmのうち、280kmまでが作られていますから、工事が残っている区間はごくわずかです。
それでも全線が開通するまでは工事状況が掲載されることでしょう。
環状線ですから、すべてが完成して、大きな効果を発揮するのです。
東京から渋滞がなくなるわけではありませんが、緩和されることで大きな影響を与えることでしょう。
あなたは都市圏に住んでいますか。
東京に住んでいるなら、渋滞状況は十分わかっているでしょう。
それが緩和されたら、ちょっと遠くまでドライブを使用と考えるのではないでしょうか。
遠くの観光地ではお客の増加を期待しています。
これまでは1泊となった日程でも、日帰りできる地域が広がります。
東京オリンピックが開かれますから、これに向けての工事であったのかもしれません。
渋滞緩和は沿線都市間の人と物の流通を促進します。
都心に行かなくても、用事を済ますことが可能となるでしょう。
道路だけができるのではなく、道路を通じて地域の活性化につながるのです。
あなたも積極的に圏央道を利用しましょう。
そのためにも工事の進捗をチェックしてください。
渋滞が緩和されることで、CO2の排出量削減も期待できます。
地球環境にやさしい圏央道なのです。
道路整備が生活に与える効果はいろいろなところにあるのです。

圏央道のニュース

圏央道の新しい区間が開通する度にニュースに取り上げられています。
都市圏に住む人にとっては圏央道に期待することが多いからでしょう。
新たなビジネスチャンスと考えている人も少なくありません。
東名高速、中央道、関越道がつながるのです。
野菜などの食良品を短時間で運ぶことができますから、農業や漁業では消費地拡大となります。
また、観光客の増加もあるはずです。
富士山と富岡製紙工場が一度に見学することが可能となりました。
新たなツアーを計画することができます。
移動時間が短くなることで、ツアーの行き先の選択肢が増えます。
観光客の希望にきめ細かく応えることが可能となるのです。
あなたは東京観光で、どこに行きたいでしょうか。
時間が制限された状況では、希望の場所に行けないことの方が多かったはずです。
埼玉県ではゴルフ場のプレー料金を割引するキャンペーンを実施しました。
神奈川県からのお客に限定しています。
圏央道を利用すれば、神奈川県から埼玉県まで短時間で移動できますから、このようなキャンペーンができるのです。
この他にも圏央道のニュースはたくさんあります。
インターネットで検索してみるといいでしょう。
道路状況が改善されることによって、ドライブに出かける人が増加します。
残念ながら事故も増えますから、安全運転に注意しましょう。
圏央道は自動車専用道路ですが、高速道路ではありません。
スピードの出し過ぎに注意してください。
適度な休憩を挟むことが大切です。

圏央道のメリット

圏央道の開通によるメリットに期待する人が多いようです。
新聞やニュースなどでは圏央道を利用することで新たなビジネスチャンスが生まれると考えています。
圏央道のメリットは移動の時間が短縮されることです。
単に時間がかからないと言うことですが、その波及はどう考えればいいのでしょうか。
例えばゴルフ場では遠くから来たお客に対して割引を行っています。
これは圏央道を利用すると考えられるためにできるキャンペーンです。
圏央道がなければ、お客が来ないからです。
物流の拠点建設も進められています。
圏央道を利用して迅速な流通経路を確保することができるのです。
大手企業では茨城県などの流通センターを作っているところが出てきました。
時間がかからないのであれば、距離が遠くてもデメリットとなりません。
地価が安い分だけメリットとなります。
食料品の輸送も大きなメリットです。
大消費地から遠くても、新鮮な食品を届けることが可能となるのです。
企業だけがメリットを享受しているわけではありません。
地方に住む人たちにとっても地元の活性化による、人の交流が活発になるでしょう。
そして、産業が活発になれば、仕事の場も増えるのです。
東京まで出なくても地元で用が済んでしまう可能性もあります。
これからは東京都心に出かけるのではなく、圏央道に沿って移動することで、様々なことができるでしょう。
東京の隣にありながら、そのメリットを生かすことができなかった茨城県は大きな期待をしています。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ