冬の乾燥肌対策

この記事は14分で読めます

特に女性に多い乾燥肌の対策とは!?

やっと暑い夏が終わって秋がやってきたかと思いきや、急にまた気温がグッと上がる日があったり・・
かたや、どこかの幼稚園などではインフルエンザが流行って、学級閉鎖などになってみたり・・
急に暑くなってみたり、涼しくなってみたり、寒くなってみたり・・
最近の気候はちょっと異常ではないかと思ってしまいますよね。
昔はもっと四季がはっきりしていたような気もします。
昔は今よりも、もっともっと寒かったような気もします。
とは言いつつも、日本というのはしっかりと四季があり、必ず寒い冬も必ず暑い夏もやってきます。
さて、夏が終わり随分と秋めいている季節を過ごしているかと思いますが、秋冬というと寒い時期。
寒い時期というのは、女性にとっては悩みの季節でもありますよね。
夏は夏で、紫外線という大敵がいましたが、冬は冬で乾燥に悩まされる時期です。
男性で乾燥肌だという人は女性ほど聞かないので、あまり男性で乾燥で悩んでいる人は
女性ほどではないのかもしれませんが、皆さんは乾燥肌の対策はどうしていますか!?
やっぱり乾燥肌の一番の対策といったら「保湿」に限るかと思います。
毎日の洗顔ももちろん大事ですが、重要なのはそのあとの保湿ですよね。
洗顔をして汚れを落としてからは、必ず化粧水などで保湿をしなければ乾燥は防げません。
これでもかというくらいに化粧水をつけることをオススメします。
夏は一回だけつけていた化粧水を、冬の時期になったら夏の倍くらいつけても全く問題ありません。

スポンサードリンク

冬の乾燥肌の対策は保湿に限る!!

それぞれ人の肌には、乾燥肌の人もいれば脂質肌の人もいます。
特に乾燥肌の人は、これからの季節は十分注意しないといけない季節でもありますよね。
寒い季節に部屋の中にいても、空気が乾燥しています。
特に暖房をかけているときなどは、もっともっと空気が乾燥します。
空気が乾燥するとお肌にもよくなくて、お肌がパリパリとしてきます。
そこでその乾燥を防ぐためには、保湿をすることが一番だと思います。
やっぱり朝晩の洗顔の後には、たっぷりの化粧水をもったいないというくらいにつけてみます。
そのあとの乳液やクリーム保湿液などももちろん重要ですが、一番にはやっぱりたっぷりの化粧水だと思います。
これでもかというくらいに化粧水をつけて、化粧水が十分お肌にしみ込んだのを確認したら
保湿液などをつけるようにしましょう。
化粧水がしみ込まないまま保湿液などをつけてしまうと、とてももったいないです。
化粧水といっても値段が高いものから安いものまでさまざまです。
高い化粧水をたくさんつければそれだけ、保湿の効果も高いのかもしれませんが、
値段というよりも、どちらかというと使い方が重要な気もします。
いくら高い化粧水を使っていても、ほんの少ししか使わなかったりしたのでは意味がありません。
そういった意味でも、経済的に考えるとすると、冬はたっぷりの化粧水を使いたいので、
あまり高い化粧水はオススメできないのかもしれません。
自分のお財布と相談して自分の許せる範囲の化粧水を購入し、たっぷりと使って乾燥を防いでいきましょう。

冬の乾燥肌対策はお風呂のマッサージ

これからやってくるさむーい冬。
特に今年の冬は極寒だということをご存じですか!?
例年よりももっともっと寒いという予報だということです。
もっと寒くなるということは、いつもよりもお肌も乾燥しやすくなるということです。
乾燥肌の皆さんはもう涼しくなってきているこの秋からどんな対策をしていますか!?
夏に比べると化粧水のつける量を増やしていく!というのもイイかもしれません。
寒くなるにつれて、少しずつ化粧水を贅沢に使っていきたいものです。
さて、化粧水をつけて保湿をし乾燥を防ぐのは基本中の基本の乾燥対策になるかと思いますが、
そのほかのスペシャル対策としては、どんな対策があるのでしょうか。
寒い冬に温かいお風呂に入ることはとても至福の時ですよね。
そんな至福の時間を、お肌にとっても至福の時間にするには、浴槽に入っているときに
お肌をマッサージすることです。
湯船につかりながら全身を温め、さらにお顔のマッサージもすることで、お肌を若々しく
乾燥肌も防げてしまうというスペシャルな時間を過ごしましょう!
マッサージクリームは市販のもので構いませんので、安すぎず高すぎずというくらいのお値段のものがイイでしょう♪
マッサージクリームを手にとったら、お肌全体につけ指の腹でマッサージしながら
お顔全体にこすっていきます。
お顔をマッサージしながら、こめかみやえらの部分などの、お顔にあるツボを刺激しながら
マッサージすることで、さらに美肌作りにもつながります。

乾燥肌の人の対策はお顔のパック

これからやってくる寒い季節。
冬に乾燥するのはもはや当たり前だといえますが、乾燥というのは実は暑い夏でもするんですよね。
ということは、特に冬は寒いので空気も乾燥することで、お肌もパリパリと乾燥しやすくなりますが、
夏でも春でも秋でも、一年中乾燥はするものです。
特に寒い冬の乾燥対策には何がオススメでしょうか。
人それぞれ冬の乾燥対策はあるかと思いますが、一年中特にスキンケアは変えずにいるという人もいるでしょう。
そういった方は、特に目立ったお肌のトラブルもなく過ごせているかと思いますので、とってもうらやましく思います。
さて、乾燥肌の人は人ごとではありません。
どんな対策があるのでしょうか。
一日の疲れをとるという意味でも、自分へのご褒美としてお風呂上りや寝る前のパックはどうですか!?
化粧水をたくさんつけることで乾燥対策になるかと思いますが、5分10分もずっと化粧水をつけ続けているのも、
時間ももったいないし、結構大変なことです。
そんな時に役立つのがお顔のパックですよね♪
パックは特に明日は人前に立つので、きれいな自分を見てもらいたい!なんて時にやる人も多いのかもしれません。
そんな使い方ももちろんOKですが、冬の乾燥肌対策にも用いてもらいたいものです。
人によって乾燥の仕方も違いますのでパックの頻度は何とも言えないところもありますが、
最低でも週に一度はパックをして乾燥肌の対策をしていきたいものです。
パックをして10分程度放っておくだけですから、とっても簡単な対策になりますね(^^♪

空気の乾燥を防ぐ対策とは!?

乾燥というのは、空気の乾燥とお肌の乾燥とあります。
お肌の乾燥を防ぐには、日常のスキンケアをいかに大切にするかです。
乾燥肌の対策としては、やはり化粧水や保湿液などで保湿を十分にすることでしょう。
お肌の対策としては、そういったスキンケアで対策ができますが、お部屋の乾燥を防ぐ対策には
どんな対策があるでしょうか。
一番に思いつくのが加湿器ですね。
しかし、加湿器が自宅にないといううちもあります。
そういった方たちは、加湿器の代わりになることを対策として実行すればよいのです。
加湿の方法は何通りかありますが、簡単なところですと、湿ったタオルを室内にかけたり、室内に洗濯物を
干したりすることです。
あとは、意外に知られていないのが、お風呂に入ったあと、入浴後にお風呂場のドアを開けっぱなしにすること。
お風呂場にあった湿った空気が流れ込むことで、お部屋が加湿されます。
しかし、あまり湿った空気を流すことでカビも生えやすくなりますので、空気の流れをよくすることが必要です。
また、エアコンではなく石油ストーブやファンヒーターなどを使うことでも加湿が期待されます。
石油やガスは燃焼するときに水蒸気も一緒に出るため、加湿が期待できるというのです。
自宅にストーブやファンヒーターがないというおうちは、エアコンの風が出てくるあたりに、湿ったタオルを
かけておくということでも、空気の乾燥を防ぐことができます。
かけたタオルが乾かないように注意しながら乾燥を防ぎましょう。

お肌の乾燥を防ぐには食事にも気を付けるべき

お肌の乾燥を防ぐ対策としては、一般的にスキンケアがあげられるかと思います。
しかし、スキンケアだけではなかなか思うように乾燥を防げないこともあるかと思います。
日々のスキンケアを念入りにしても、やっぱり冬の乾燥は乾燥肌にとっては大敵です。
ということで、お肌の乾燥を防ぐためにはスキンケアが第一ですが、スキンケアだけではまかなえない
乾燥対策は、食事法にあるのです。
やはりダイエットの目的などで、偏った食事をしたり、日々とらなければいけない食事の量に対して
あまりにも極端に量を減らしすぎたりすることによって、お肌にも影響がでて、
結果乾燥肌になってしまうことがあります。
そういった意味でも乾燥対策はもちろん、健康のためにもぜひ栄養のある食事を
バランスよくとりたいものです。
さて、乾燥対策を目的としたときに積極的に撮りたい栄養素は何があるのでしょうか。
乾燥をしないためには、お肌の潤いを保たなければならないので、乾燥を防ぐ役割をする栄養素は
ビタミンEになります。
ビタミンEには何があるかというと、たらこや大豆、ナッツ類や、アボガドなどになります。
大豆はイソフラボンになりますので、美肌をつくるためにも欠かせない食品になります。
そして、お肌の潤いを保つ働きをする栄養素は、必須脂肪酸になり、こちらの代表的な食品は、
肉、サバやイワシなどの青魚、ごまやくるみ、といった食品になります。
こういった食品類を日々の食事に取り入れて、乾燥肌対策をしていきましょう。

お肌の乾燥をよくするためには

秋ももうすぐ終わりを迎え、何かとお肌のトラブルの多い冬を迎えます。
冬のお肌のトラブルといったら、一番に思い浮かぶのが「乾燥」。
乾燥は本当にお肌の大敵であり、乾燥することによってさまざまなお肌のトラブルを引き起こします。
まだ冬を迎えていないから大丈夫だと思っている人も、寒くなる前に、乾燥を引き起こしてしまう前に
今できる対策をしておきたいものです。
乾燥対策というと、化粧水や保湿液などでお肌を十分に潤わせるスキンケアが一般的です。
こちらの乾燥対策は、基本的な対策ですので、誰でもやっている対策だといえます。
そしてもう一つ生活の中に取り入れたい対策といったら、「十分な睡眠をとる」ということです。
これが案外できているようで、できていない人も多かったりします。
睡眠時間ももちろん大切なことですが、ただ寝ればいいというわけでもなく、質のよい睡眠をとることが
重要だといえます。
よく、夜更かしはお肌の大敵だということを聞いたことがある方も多いかもしれませんが、
実はこれ、寝てからの3時間に成長ホルモンが分泌されやすいといわれていますので、眠りについてからの
3時間をいかに質の良い睡眠にするかが大事だということです。
また、寝る前にも対策があり、眠りにつく直前まで部屋の明かりが明るいと寝付きを悪くすると
いわれているので、眠りにつく少し前には間接照明など、部屋の明かりを暗くするということも
質の良い眠りにつくための、対策だといえます。

乾燥肌の改善方法とは!?

乾燥肌を防ぐ対策はいくつかあります。
ただ、対策というとお金がかかるのではないかとか、大変なのではないかとか思いがちですが、
そんなことはないのです。
今の日常生活の中で少し乾燥をしないために、気を付けるだけで乾燥を防ぐことができるのです。
まずは、洗顔と洗顔後のスキンケアです。
洗顔はきれいに汚れを落とすための洗顔ですが、洗いすぎないように気を付けることが大事です。
さっぱりとしたい気持ちもわかりますが、あまりごしごしとこすったり皮脂を落としすぎないことも必要です。
そして、洗顔をただすればいいわけではなく、洗顔をしたら早めに化粧水などで保湿をすることが大事です。
忙しくて洗顔をしたあとは、すぐに保湿できないこともあるかもしれませんが、最低でも
洗顔後5分以内には保湿を心がけてください。
特に洗顔後やお風呂上りは、必要以上にお肌の水分がなくなっていくので気を付けたいものです。
洗顔についてもう一つですが、洗顔を朝晩二回やっている方も多くいらっしゃるかもしれませんが、
特に乾燥肌の方は、洗顔をするのは基本的には化粧を落とす夜のみにするのがいいでしょう。
これは、夜寝ている間に細胞間脂質などの皮脂が出来上がっているのに、朝泡で洗顔をすることによって、
その大事な皮脂が洗い流されてしまい、お肌を守ってくれる皮脂を取り除くことによって一日
無防備なお肌で過ごすことになってしまうのです。
ですので、夜は泡での洗顔は必須ですが、朝は水かぬるま湯でお顔をすすぐ程度にしておくことがが、
乾燥肌対策につながります。

乾燥を防ぐためのスキンケア方法

これからやってくる寒い冬。
冬の大敵である乾燥は、誰にも尽きない悩みといえるでしょう。
乾燥肌知らずの人もいるのかもしれませんが、ほとんどの女性が乾燥肌といってもいいかもしれません。
そんな冬のお肌の大敵である乾燥をどうやって撃退していこうか、考えている方はたくさんいるでしょう。
まずは普段のスキンケアが正しいのかどうか、もう一度見直してみましょう。
夜、お化粧をクレンジングで落として泡で洗顔をする方が多いかと思いますが、その洗顔の仕方に
まずは注目をしたいと思います。
洗顔というと、どうしてもお顔の汚れをきれいに落とすという目的でもありますので、
どうしても力が入ってしまいがちです。
しかし、力を入れてごしごし洗えば汚れが落ちるわけではありません。
実は摩擦は乾燥肌の最大の原因なんです。
まず、洗顔をするときは、もう泡立たないというくらい懸命に泡を立ててください。
そして、指がお肌に触れないくらいの泡で洗顔をします。
指で洗顔をするというよりかは、泡でお顔を洗うというのが正しいやり方です。
洗顔の順番はTゾーンから洗い始めて、特に乾燥しがちであるほほや目元というのは、洗顔というよりかは
泡をその場所に乗せる程度にすることが望ましいでしょう。
そして、泡をいつまでもお顔に付着させていると、それもまた乾燥の原因になりますので、
洗顔自体はなるべく短時間で済ますということも、乾燥肌対策につながります。
洗顔はこすりすぎない、洗いすぎない、泡で洗うということを念頭に実行してみましょう。

乾燥肌にならないために入浴剤を使ってみよう

お肌の乾燥というと、どうしてもお顔の乾燥が一番に思い浮かびますが、乾燥というのはお顔だけではなく、
体全体の乾燥ももちろんあります。
お顔の乾燥は、日々のスキンケアに気を使っていくべきですが、体の乾燥はどうやって防いでいったら
よいのでしょうか。
お顔の乾燥は化粧水や保湿クリームなどでケアすればとりあえずは防げますが、体の乾燥は
体用のローションやクリームを塗って対策をするべきでしょう。
特に冬はお肌がカサカサして、かゆくなり掻くことによってさらにお肌がカサついて乾燥します。
冬に乾燥してかゆくなると、どうしてもかきむしりたくなりますよね。
そんなかゆみを抑えてくれるクリームを塗ったりすることで乾燥とかゆみを防ぎましょう。
そして、ボディローションももちろんですが、特に乾燥肌の方は入浴剤にも気を使ってみるべきです。
乾燥肌の人は特に、入浴をすることで血行をよくし乾燥を防ぐこともできます。
めんどくさいといってシャワーだけで済まさずに、きちんと入浴をしましょう。
ということで、乾燥肌に適している保湿成分が入っている入浴剤を使うようにしましょう。
保湿成分が入っている入浴剤とは、よく聞く「セラミド」「ヒアルロン酸」「プラセンタエキス」
「コエンザイムQ10」などの記載がある入浴剤が乾燥肌を防ぐために役立つ入浴剤でしょう。
そして、女性は特に冷え性の人もたくさんいますので、入浴することで体を温め、さらに
入浴剤を使うことで湯冷めもしにくい体を手に入れましょう。

お肌の乾燥対策は保湿液を使いましょう!

最近は高校生や中学生、下手したら小学生なんかでも化粧水をつけたりして保湿をしている人がいると聞きます。
そういった若い世代の人たちは化粧水だけをつけるだけでも、十分保湿ができているのかもしれませんが、
20代や30代になると、化粧水だけではとてもお肌をきれいに保つことはできません。
基本中の基本である化粧水をつけたあとは、必ず乳液や保湿液、保湿クリームなどを使って
お肌を保護することをオススメします。
乳液の役割というのは、化粧水をつけたあとに、お肌に蓋をするという役割があります。
ですので、化粧水をつけっぱなしにするのは、とってももったいないことです。
必ず化粧水のあとには、乳液などで保湿をしお肌に蓋をしましょう。
乳液や歩隲クリームなども本当に様々な商品があります。
ネーミングの違いや用途の違い、効果の違いももちろんあるかと思いますが、テスターなどで
ご自身にあったタイプの保湿剤を選ぶようにしましょう。
お肌が弱くない方は特に問題ないのかもしれませんが、お肌の弱い方ですと、あまり安いものを使ってしまうと
お肌がかぶれてしまったりというトラブルもあるかもしれません。
新しいものを使うときには、必ず手などに付けてみて、かぶれないかを確認してから使うことも大事です。
筆者は、少々安めの保湿剤を買い、トラブルなど気にもせずにつけてしまったため、お顔全体がかぶれたことがあります。
顔というのは、本当に一番目立つところでもあり、お顔にトラブルがあると自分にも自信がもてません。
トラブルなく乾燥肌対策をしたいものです。

乾燥を防ぐための正しいスキンケアとは!?

女性の皆さんなら、必ずといっていいほど毎日スキンケアをしていることでしょう。
でも、意外とみなさん独自のやり方でスキンケアしていたりして、知らないうちに
その今のスキンケアだと落とし穴があるかもしれません。
ということで、これからやってくる冬にありがちな乾燥を防ぐためにも、正しいスキンケア方法を
見ていきたいと思います。
まずは、毎朝洗顔をしますよね。
この洗顔、泡をつけて丁寧に洗うひとと、さっとぬるま湯か水ですすぐ程度の人がいるかと思います。
色々な説はありますが、夜のうちに洗顔しますので朝起きた時はさっとぬるま湯ですすぐ程度が
適しているのではないかと思います。
よく朝泡で洗顔をすると、必要な油分までも洗い流してしまう・・と言いますよね。
さて、洗顔後の化粧水ですが、これもコットンがいいのか素手がいいのか諸説あります。
こちらも、使う化粧水によって違ってくるのかと思います。
拭き取り化粧水なんてのは、コットンを使った方がいいのではないでしょうか。
その化粧水のつけかたですが、たっぷりつけるに超したことはありません。
しかしパタパタとあまりたたくようにつけるのはオススメしません。
たたくというよりは、なじませるようにそーっとつけることをオススメします。
そして次につける保湿液などですが、これも保湿液によるかと思いますが、特に保湿液というのは
乾燥などを防ぐ目的が主かと思いますので、まず全体的につけたら、特に乾燥が気になる目元や口元には
重ねてつけるようにすると良いでしょう!

保湿は生まれたばかりの赤ちゃんにも大事

乾燥を防ぐためにとっても大切な保湿。
保湿って、実は生まれたばかりの赤ちゃんにとってもかなり重要だということをご存じですか!?
最近の小学生や中学生なんかでも、化粧水をつけたりと保湿をしている人もいると聞きますが、
まさか生まれたばかりの赤ちゃんも保湿をしているなんて驚きではないですか??
そうなんです。
赤ちゃんは、特に保湿が大事だといえるんです。
お母さんのおなかから出てきてからは、もう赤ちゃんの体を守ってくれる用水がないので、
空気中のバイキンや、乾燥からお肌を守らなければならないのです。
生まれてすぐは案外乾燥しなかったりもするのですが、1,2か月たったころに、お顔を中心に赤い発疹のような
ものができてくる赤ちゃんもたくさんいるのです。
なんだかブツブツとしたできものなので、かゆそうでかゆみ止めをつけたらいいのかと思いがちですが、
これは実は乾燥からきているものですので、かゆみ止めではなく、保湿が一番なんです。
赤ちゃんですので、使う保湿剤にも注意が必要です。
必ず無添加のものを選ぶようにしましょう。
赤ちゃんの頃から保湿を欠かさずしていれば、数年後にはお肌のトラブルがない子供になるともいわれています。
小さいころから大変だと思わずに、小さい頃だからこそお肌のトラブルがないように気を付けたいものです。
保湿剤も色々ありますが、お手頃価格だと「ワセリン」。
ワセリンのベタベタとしたのが苦手な方には、少々高いですが「ナチュラルサイエンス」の「ママアンドキッズ」がオススメです。

乾燥肌にならないための正しい保湿の仕方

これからさむーい冬がやってきます。
冬というと、女性の皆さんは特に乾燥や冷え性が気になりますよね。
冷え性は本当に様々なトラブルを引き起こしますので、今から気をつけていきたいものです。
そして、乾燥ですがこれもまた女性にとっては尽きない悩みです。
乾燥を防ぐためには十分な保湿が必要となります。
保湿保湿といいいますが、保湿っていったい何なんでしょうか。
保湿というのは、お肌の中にある程度の水分が保たれている状態のことを言います。
ただ肌がぬれていたら保湿というわけではなく、お肌から水分が蒸発せずにお肌の中にとどめておくことが
保湿といえるかと思います。
さて、保湿といっても正しい保湿と正しくない保湿があります。
めんどくさいからということで、いつも化粧水しかつけていないというのは保湿にはなりません。
化粧水だけだと水分が蒸発してしまうので保湿の効果がなくなってしまうのです。
また、同様に乳液やクリームのみを使うというのもまったく保湿の効果はありません。
ですので、化粧水を使い、そのあと乳液や保湿クリームを使う必要があります。
乳液は化粧水にふたをするという効果があるので、めんどくさがらずに必ず化粧水のあとに
ふたをする役割をする乳液、保湿クリームをつけるようにしましょう。
さらに乾燥を防ぎたい場合は、マッサージクリームをつかってお顔をマッサージしたり、
パックを使ってお顔を十分保湿することもオススメします。
こういったスペシャルケアは是非週に一度はやってみたいものです。

敏感肌・乾燥肌にオススメのクリーム

これからやってくる寒い季節は、お肌がとっても敏感になりやすく、乾燥しやすい季節でもありますね。
お肌の乾燥にはやっぱり保湿が一番!ということで、特に乾燥で悩む方にオススメしたい保湿剤があります。
妊婦の方や小さなお子さんがいらっしゃるお母さまは知っている人も多いかと思いますが、
ナチュラルサイエンスの「ママアンドキッズ」ってご存知ですか!?
筆者は、妊娠をしてから、なにか無料でもらえるサンプルがないかネットで探してみたところ、
「妊婦 無料 プレゼント」などで検索すると、必ずもらえるカタログなどについている無料サンプル。
一度使ってみたら使い心地も満点で、毎日使えるタイプがほしくなってしまうほど。
特に赤ちゃんのブツブツで悩んでいたため、どうにか赤ちゃんのお肌をきれいに保ちたくて、少々高いけれど
頼んで使ってみることにしました。
こちらは、敏感肌用の、低刺激のスキンケア用品。
赤ちゃんだけでなく、もちろんママも、そして家族全員で使えるといううれしい保湿クリームです。
筆者が使っているのは「ベビーミルキーローション」。
こちらは150mlと380mlと選べますが、380mlは最初は買うときに高くて悩みますが、
一本あれば赤ちゃんに毎日つけたとしても半年は持ちます。
毎日のお風呂上りにお顔を中心に塗ってあげることで乾燥肌対策になっています。
2か月から発疹ができて、毎日塗っていましたが、3か月ほど使うとお肌のトラブルは全くなくなりました。

乾燥肌のためのスキンケアとは!?

女性の皆さんなら毎日必ずお化粧をする人がほとんどだと思います。
お化粧をしたら毎晩必ず綺麗に洗い落さなくてはなりませんよね。
一日の汚れはきちんと落としてから眠りにつきたいものです。
これからの季節は乾燥肌に悩まされる季節が到来します。
そこで乾燥を防ぐための正しいスキンケアはどんなスキンケアなんでしょうか。
まずは基本のクレンジングです。
クレンジングは、乾燥肌の人は特に刺激の少ないクレンジング剤を選びましょう。
しかし、刺激の少ないタイプですと、アイメイクなどが落としきれないことがありますので、
そういったしっかりとメイクをしてある箇所に関しては、目元用のクレンジング剤などを使用しましょう。
クレンジングの時間ですが、あまりクレンジングに時間をかけるとお肌の負担となりますので、
目安としては30秒から1分程度が大体クレンジングにかけても無難な時間といえます。
そして、クレンジング後の洗顔ですが、これもあまり時間をかけず手短に、さらに十分な泡で
やさしくお肌をなでるような感覚で洗うことが大切です。
洗顔後のタオルで顔を拭くときですが、これもごしごしとお顔をこすってはいけません。
タオルの繊維でお顔を傷つけてしまうことにもなりますので、優しくこすらないでタオルをお顔に
置くように感じで拭き取るようにしましょう。
ただし注意することは、お顔を拭かずにそのままいることはだめです。
洗顔後は皮脂の膜が取り去られることで無防備な状態になっていますので、しっかりとお顔表面の水分を
拭き取るようにしましょう。

お肌のトラブルは保湿が一番!

人それぞれお肌のトラブルって色々あるかと思います。
ニキビ肌で悩んでいる人、乾燥肌で悩んでいる人、しわやしみなどで悩んでいる人。
それぞれ悩みは違いますが、どの悩みにも共通して行える対策といったらやっぱり「保湿」です。
ニキビ肌なんてのは、特に保湿をしたらベタベタになって余計にニキビができてしまいそうな気がしますが、
違うんですね。
お肌のトラブルというのは、乾燥からなるものが多いので、ニキビ肌や乾燥肌になる前に保湿をして
対策をすることが一番いいのです。
しわなどでも悩んでいる方は、なかなかできてしまったしわってとれないですよね。
今あるしわをなくすというのは、なかなか難しいのかもしれませんが、これからしわをできにくくする
肌を作るということはこれからできる対策といえます。
しわというのも、実は乾燥が原因でできてしまうんです。
ですので、しわができないお肌を作っていくということが最も重要だったりするんです。
なんにしても、お肌のトラブルに欠かせないのが保湿になるわけです。
保湿をしていて悪いことは何一つありません。
保湿剤によっては、多少ベタベタして使い心地の悪いものもあるかもしれませんが、
つけてもベタベタとしないで、サラッとした使い心地の保湿剤があったらとってもいいですよね。
保湿剤も人それぞれ好みがありますので、自分にあった使いやすい使い心地のいいものを選ぶといいでしょう。
これからの季節は保湿をして乾燥を防いでいきましょう。

乾燥肌の人のための正しい化粧水の選び方

乾燥肌だという人は特に女性に最も多いかと思います。
せっかく綺麗なお顔立ちをしていても、よーくお顔を見たときに乾燥していたら
結構がっかりしてしまいますよね。
乾燥はしわやシミ、ニキビをつくる原因にもなりますので、きちんと対策をしたいものです。
さて、乾燥肌の方に限らないのですが、毎日のスキンケアで洗顔後にはすぐに化粧水で保湿をしないと
冬場は特にお顔がパリパリと乾燥してきてしまいます。
近年では、とろみのある化粧水なんてのもはやっていますが、とろみがあるから乾燥しないわけではありません。
とろみ感というよりも、化粧水に入っている成分に注目をしてみてください。
お肌の水分を保つためには、セラミドやヒアルロン酸や、ビタミンC誘導体などの成分が入っている
タイプの化粧水を選ぶと良いでしょう。
毎日のスキンケアが間違っているとお肌のトラブルをおこしてしまう恐れがあります。
正しいスキンケアで乾燥肌対策をしていきましょう。
毎日のスキンケアにプラスして時間のあるときなどは、お肌にもご褒美をあげましょう。
そんなスペシャルケアとして特に乾燥肌の方にオススメしたいのが、余分な角質をとることでも知られている
ピーリングです。
ピーリングをすることで、お肌の乾燥がよくなることもありますので、市販のピーリングを試してみるのも
いいでしょうし、使い方が気になる方などは、クリニックで相談してみるのもいいでしょう。
正しい化粧水をつけて正しいスキンケア方法でこの冬を乗り切れるとイイですね♪

室内の乾燥対策には加湿器を!

冬の大敵である乾燥。
乾燥というのは本当に厄介で、冬は寒いので暖房をかけますが暖房によってさらに
室内は乾燥をします。
オフィス作業をしている方は特に、冬は暖房がかかりっぱなしだと思いますので、
暖房による乾燥を防ぐ対策としては、やっぱり加湿器が一番でしょう。
空気が乾燥することによって、部屋の湿度も下がり菌が発生しやすくなります。
風などのウイルスは60%以下だと発生しやすくなり、湿度が60%以上あれば菌が死ぬのです。
ですので、冬にお部屋を温めるのもよしですが、温めることによって乾燥して菌が増えることは防ぎましょう。
お肌も乾燥し、しわやカサカサ肌の原因に。
空気も乾燥し、風邪やインフルエンザのウイルスが発生しますので、悪いことだらけです。
寒さ対策はもちろんのこと、乾燥対策も忘れずにしてお肌や体のトラブルを防がないといけません。
加湿器がない場合の部屋の加湿の仕方をご存じですか!?
濡れたタオルを近くに置いたり、風邪やインフルエンザ対策のためにしているマスクの中に
湿ったガーゼを入れたりすることでも、加湿器の代わりになります。
あとは、お肌の乾燥対策にはハンディミストがとってもいいです。
自宅にいるときは化粧水や保湿液をつけて乾燥対策ができますが、ましてや出先や
オフィスなんかでは、化粧水をつけるわけにもいきません。
そういうことで、この冬にはバッグに一つハンディミストを入れておくことで、
乾燥肌対策になりますので、ぜひ実行してみてください。

乾燥肌のための正しいメイク方法

乾燥肌の人は本当に何をしても乾燥してしまう・・というのが日々尽きない悩みでしょう。
乾燥肌をどうしたら直るのでしょうか。
まずは日々使っている化粧水の成分を見直す必要があります。
保湿性の高い、ビタミンC誘導体やセラミドなどが入っている化粧水を選ぶとよいでしょう。
そして、次に乾燥肌の方が気をつけたいのがファンデーションです。
ファンデーションはそれでなくても、粉をつけるので乾燥肌の上に粉をつけたら余計乾燥が
ひどくなってしまうような気がします。
ファンデーションの中でも皮脂や水分を吸収しやすいパウダータイプのファンデーションは、
乾燥肌の方は特に避けた方が無難だと言えます。
また近年では、クリームタイプのファンデーションや、リキッドタイプのファンデーションが出回っていますが、
こういったファンデーションはお肌への密着度が高いため、毛穴をふさいでしまい皮膚呼吸がしにくく
なってしまうという難点があります。
皮膚呼吸ができなくなることにより、余計にお肌のトラブルを引き起こす原因にもなりかねます。
いずれにせよ、メイクは厚塗りにせずに薄いメイクをするにこしたことはありません。
つぎにアイメイクですが、乾燥肌の方は目元にアイクリームなどを塗ってお肌を一度保湿してから
アイメークをするようにしましょう。
口紅も同様え、乾燥した唇に口紅を塗るのではなく、口紅を塗る前に一度口紅下地などを塗ってから
口紅を塗るようにしましょう。
また、香料が入っていると乾燥の原因になりますので、無香料のタイプを選ぶとよいでしょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2015 08.14

    台風の対策

  2. 2017 02.14

    タイヤの保管

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ