冠水対策 台風の季節に知っておきたい基礎知識

この記事は14分で読めます

冠水とは

集中豪雨のニュースなどを聞いていると冠水と言う言葉が出てきます。
家屋の場合は床下浸水などと表現されます。
冠水と浸水はイメージ的には同じようなことですが、冠水と言う言葉が使われる場合、普段は水がないところが水浸しになってしまう状態を言います。
わかりやすいのは道路が線路下をくぐっているような場所です。
地面が下がっていますから、大雨で深い水溜まりになってしまいます。
車が通れなくなり、通行止めになっていることが多いでしょう。
この状態を冠水と言います。
いずれにしても、集中豪雨などではかなり危険な状態と考えていいでしょう。
道路だけではなく畑などでも冠水と言います。
野菜が冠水によって収穫できなくなるケースもよくあります。
2014年の集中豪雨は極端でした。
日本各地で土砂災害などで尊い人命が失われてしまいました。
道路が冠水になってしまう状態は歩行者にとっても危険ですが、自動車で移動することも危険だと考えるべきです。
早めに非難することが重要です。
冠水しやすい道路には壁にメモリが刻まれています。
水深を表しています。
冠水していることに気づかず、通ろうとして動けなくなってしまった車を見たことがあるでしょう。
車のエンジンルームに水が入ってしまうと、修理することが難しくなります。
できるだけ早めに非難することが大切です。
大雨情報を的確に把握して、対策を取るようにしましょう。
もちろん、自治体などでも大雨対策を行っていますが、各人の自覚が重要です。

スポンサードリンク

自治体と冠水対策

冠水対策で重要なのは地下街の冠水です。
それぞれの自治体が地下街をどうやって守るかと言う計画を立てています。
東京都の対策ガイドラインを見てみましょう。
東京だけではなく、それぞれの地域に応用できるはずです。
また自治体の対策を待つだけではなく、各自が自分のできることをやらなければなりません。
地下空間の冠水は非常に危険であり、それを周知することが重要です。
地下何階にいるかと言うことは関係ありません。
ちょっとした地下街でも冠水してしまうと出口がわからなくなります。
一定の水量を越えると一気に流入し始めて、短時間で水位が上昇します。
地上で見る雨の状況とは全く違う危険性があります。
地下街の管理者や建築主はもちろんですが、利用者に対して冠水の危険性を周知しなければなりません。
雨水の流入を送らせるための仕組みを作ったり、大雨情報の収集の仕組みを作ることが大切です。
その地域に住む人たち、利用する人たちが日頃から災害に対する意識を高めておくことが被害を少なくすることにつながります。
地下空間を冠水から守ることは難しいかもしれませんが、人命を失うことは避けなければなりません。
そのためにできることを自治体、住民、管理者などが共同して対策を考えるのです。
避難訓練を毎年行っている地域もあります。
冠水は予想できない場合に非常に危険になります。
予想できていれば、対策を早めに打つことができるのです。
日常生活とは全く違う状況になることを忘れないようにしましょう。

冠水の危険性

冠水の危険性については県や市町村などが各地の冠水危険箇所を把握しています。
対策として冠水危険の看板などを立てているはずです。
普通は何でもない道路でも、集中豪雨によってあっという間に冠水してしまうところも少なくないのです。
冠水の危険性は誰でもわかっているはずです。
それでも毎年のように冠水による水害が発生します。
なぜ、事故を防ぐことができないのでしょうか。
冠水危険箇所を地図上に示した資料は各自治体が作成しています。
自分が住んでいる地域の危険箇所を知っておくことは対策の一つと言えるでしょう。
実際に雨が降ってきた時に警報が出されるかもしれませんが、それを待っていては水害につながります。
自分の判断で早めに非難することが大切です。
これは冠水だけのことではありません。
地震や津波、台風なども同じです。
情報を収集することは大切です。
テレビやラジオ、インターネットなどを利用してできるだけたくさんの情報を集めます。
それを基に危険性を判断するのです。
自治体の避難勧告は遅くなると考えるべきです。
特に深夜に勧告が出ることはほとんどありません。
集中豪雨の中で車を運転しなければならない場合もあるでしょう。
それが仕事だとしても、その場所を放棄する勇気を持たなければなりません。
それが水害を防ぐことにつながるのです。
あなたは冠水危険箇所を把握していますか。
見たこともないなら、今すぐ確認してください。
車通勤の人は自分が通っている道路をすべて確認しておきましょう。

野菜の冠水

野菜を作っている農家にとって厄介なのが冠水対策です。
集中豪雨を避ける手段はありませんから、冠水が起こらないように対策をしておくことが重要です。
まずは事前の排水対策です。
野菜を作っている畑の地形から冠水しやすいところを把握しておきます。
そして、できるだけ冠水しないように排水溝を整備しておくのです。
もちろん、完全に排水することは難しいでしょうが、高畦にしておくことだけでもかなりの効果が期待できます。
集中豪雨時は1メートル以上の冠水となるケースもあります。
この場合は野菜が全滅してしまう可能性もあります。
雨が止んでからの速やかな対策も重要です。
野菜を守るためにできるだけのことをしましょう。
短時間の冠水であれば、野菜は思った程傷みません。
しかし、長時間になると根傷みや根上がりとなりますし、光合成ができずに腐れてしまうこともあります。
ポンプなどで強制的に排水する仕組みを持っておくことも重要になるでしょう。
ただ、冠水する可能性が低い場合は、そのような設備を保持しておくことは費用的にも難しいでしょう。
その時になってできることをしなければなりません。
冠水が引くことによって、野菜そのものを押し流したり、畦を崩してしまうこともあるでしょう。
最悪はその年の収穫を諦めなければなりません。
丹精込めて作っていた野菜がダメになるのですから、金銭的な痛手と精神的な痛手が農家に降りかかることになります。
冠水自体を避けることはできませんが、被害を抑えるための工夫を日頃から考えておきましょう。

床下浸水と冠水

集中豪雨によって床下浸水した住宅も少なくないでしょう。
自治体ではハザードマップを作成しており、該当する地域では適切な対策を取るよう指導しています。
しかし、新しく住宅を建てた人などの場合、過去の経緯を知らないこともあるのです。
建売住宅を購入する時にハウスメーカーが浸水対策を実施することが一般的です。
道路の冠水から住宅側に水が流れ込んで床下浸水、ひどい時は床上浸水になる場合が多いようです。
自宅が心配なら、自分の土地と周囲の高さ関係を確認しておきましょう。
自分の家が高い位置にあるなら、ほとんど冠水の影響はないと考えていいでしょう。
また自治体作成のハザードマップの確認は基本です。
ただ、住宅を購入した人ではなく販売者側が対策を売っておくべき事項です。
重要事項の説明を怠ったと言うことになります。
このようなケースの場合、住居の購入者が裁判を起こせば法律違反で賠償金を受け取ることができるはずです。
しかしながら、水害の危険性を購入者に知らせなければならないこと自体を知らないメーカーもいるのです。
住宅の購入で価格や間取りのことばかりを議論することが多いのですが、水害などのことも考慮しておきましょう。
2014年は日本各地で大変な被害がありました。
よその地域のことで自分とは関係ないと思っているかもしれませんが、いつ自分が当事者になるかわかりません。
それが災害だからです。
日頃から非常時のことを考えておくようにしましょう。

冠水の経験

過去に冠水や床下浸水を経験した人は少なくないかもしれません。
しかし、その経験が逆にあだとなってしまう場合もあります。
つまり、経験したことのない規模で冠水が起こると、それに適切な対応ができずに被害を拡大させてしまうのです。
2014年の集中豪雨では多くの人がこれまで経験したことがない水害だと言っているニュースが多かった印象があります。
これまでの経験から冠水対策をしたとしても、それでは防ぐことができないのです。
そのために命を落とした人もたくさんいたことでしょう。
家屋が流されて、住む家がなくなったとしても命があれば生きていけます。
過去の経験に囚われてはいけないと言うことでしょうか。
ただ、経験したことがない水害を予想して対策を実施することは簡単なことではありません。
自分の知識だけでは限界があるのです。
水害の被害に遭わなかった人は、各地の被害を自分のこととして受け止めることが重要です。
自分は経験していなくても他の人が経験しており、その情報を受け取ることができるからです。
現代は正しい情報を簡単に得ることができます。
こんな時代だからこそ、情報を大切にしましょう。
どのような状況が発生していたのか、冠水した家屋はどうなってしまうのか。
ニュースや映像がたくさんあります。
これを自分の経験として理解することが大切でしょう。
これからも大水害が起こる可能性は高いですから、そのための対策を打っておくことが重要となります。
あなたはこれからどのような行動を取るのでしょうか。

集中豪雨と冠水

道路の冠水は局地的な集中豪雨によって発生することが普通ですが、時として事故によって冠水することがあります。
これは日常的な対策をすることは難しいでしょうし、しかるべきところに賠償請求することも可能です。
例を上げると水道管の破裂です。
排水能力以上の水道水があふれてしまうと、道路冠水から庭先まで水が浸入することになります。
もちろん、これは特別な場合であり、一般的な冠水対策は集中豪雨によってもたらされると考えていいでしょう。
集中豪雨を避けることはできませんが、その被害を防ぐことはできます。
ただ、対策を考える時に、どこに重点を置くかによってその内容が大きく変わってきます。
つまり、人命を第一に考えれば、避難経路や避難場所を確保することが一番です。
極端に言えば、それ以外は考えなくてもいいのです。
しかし、できることなら家屋の被害も抑えたいと思うでしょう。
冠水しやすいところに建てた家屋に対策をするよりも、そのような場所を選ばないことの方が簡単です。
狭い日本です。
裏山が迫ったところや地盤が低いところでも住宅地が建てられています。
新しく造成した住宅街もあります。
当然ながら、事前に調査をしているはずです。
しかし、近年にない集中豪雨となるケースが相次いでいることから、過去の経験に囚われることのないようにしましょう。
また天気予報を見ることで、ある程度までは予想できます。
予想が外れることはほとんどありませんから、事前に対策を講じておきましょう。

道路の冠水

国土交通省は全国の道路冠水注意箇所マップを作成しています。
各地方の整備局毎に作成しています。
集中豪雨が発生した時に道路冠水注意箇所を知っておくことは非常に重要です。
歩行中の場合もそうですが、自動車を運転している場合、迂回路などを的確に判断することができるでしょう。
もちろん、正確な冠水の状態は現場に行かなければわかりませんが、冠水してしまっている道路で立ち往生してしまう車をニュースで見ることが多いでしょう。
車は修理できるとしても、かなりのお金がかかります。
まず、無事では済まないでしょう。
冠水の危険性がある道路は車道部がアンダーパス構造になっているところです。
線路下をくぐる道路などがいい例です。
その他にも地形的に道路が周辺よりも下がっているところがあります。
ポンプなどで排水する仕組みとなっていますが、集中豪雨ではすぐに排水能力を上回ってしまいます。
先頭の一台が立ち往生してしまえば、後続の車は動けませんから、大渋滞となることでしょう。
その中に入ってしまうと、迂回することもできなくなります。
車の中でじっと待っていれば済む場合はいいのですが、自分自身も非難しなければ危険な状態となる可能性もあります。
日頃からマップを頭の中に入れておくことが冠水対策となります。
冠水を自分で防ぐことはできません。
対策はその場所に近寄らないことです。
もちろん、地図に記載されていない個所でも冠水の危険性がないと言うことではありません。

冠水を避ける

マンションで冠水した駐車場の賠償でもめることが多いようです。
これは行政の基準以上の雨が降った場合、排水能力をオーバーして駐車場が冠水してしまうからです。
もちろん、車は修理しなければなりません。
この費用を不動産会社やマンションの施工業者に請求しても、簡単に応じてくれるとは思えません。
仮に裁判となったとしても、まったく冠水対策をしてないわけではありませんから、住民が勝訴する可能性は低いでしょう。
このようなことを考えると家を選ぶ時に冠水対策をしておくことが重要です。
また、過去に起きた冠水を避けるための手段を考えておくことが必要となるのです。
冠水を避ける一番の方法は高台に家を建てることです。
これならば確実な冠水対策となります。
都合よく土地があればいいのですが、都会では見つけることが難しいでしょう。
ただ、マンションを購入したり、アパートを借りたりする時に冠水対策がされているかどうかをチェックすることも重要です。
もちろん、不動産会社側も購入者に対して重要事項として説明しなければなりません。
道路の冠水を避けるには迂回路を利用するしかありませんが、住宅の冠水はいろいろな手段で避けることができるでしょう。
これらの知識を持っているかどうかは非常に重要です。
大雨で冠水被害に遭った住民のニュースを見た時に、自分の家はどうなのかと振り返ってみる機微が欲しいものです。
それが現代を生き抜いていく知恵かもしれません。

自動車と冠水

自動車が水浸しの道路を走っているニュースを見ることがありますが、自動車どこまで冠水に耐えられるのでしょうか。
一般的にはドアの底面部分と言われています。
社内に水が入ってくるような状況ではエンジンが動かないと考えた方がいいでしょう。
冠水した道路に置いた自動車は徐々に内部に水が入ります。
エンジンの排気パイプに水が入りますから、エンジンをかけただけで故障してしまう可能性が高いでしょう。
また、バッテリーなどの電気系統も水でショートする可能性があります。
最悪の場合は火花が出て、火災が発生します。
冠水した道路に車毎突っ込んでしまった場合は落ち着いて行動することが大切です。
まずは、自動車を移動させることを考えてください。
それができないと判断したら、自分が逃げることです。
ドアが開く場合はいいのですが、水深が深くなってくるとドアを開けることができません。
社内に閉じ込められた場合は落ち着いて窓を開けましょう。
電気系統が異常になるとパワーウインドーが動作しません。
水圧で中からドアを開けられなくなりますが、首のあたりまで水が溜まると内外の水圧差がなくなりますから、足で蹴って開けることが可能です。
いずれにしても、事態は急を要していますが、どれだけ冷静に行動できるかで精子の分かれ目となります。
慌ててしまって、シートベルトが外せないまま死亡してしまう人もいます。
非常用のシートベルトカッターやガラス破砕ハンマーを常備することが有効な対策です。
自分でできる対策を考えてみましょう。

過去の冠水

自分が住んでいる地域の過去の冠水実績を知っていますか。
ずっと同じところに住んでいる人なら記憶にあるかもしれませんが、新しく建ったマンションに住んでいる場合などはまったく冠水のことを知らないかもしれません。
各自治体ではハザードマップを作成するとともに、過去の冠水実績を地図にしています。
自分が住んでいる地域、通勤している場所の実績を確認しておきましょう。
もちろん、過去の実績以上の集中豪雨であれば参考にならないかもしれません。
しかし、自分の中で防災意識を高めておくことが大切です。
いざと言う時は行政の判断を待っている余裕はないからです。
豪雨が去った後のニュースを見ていると、多くの住民が「ずっとここに住んでいるが、今まで経験したことがない大雨だった」と発言しているシーンを見ることがあります。
つまり、経験は役に立たないのでしょう。
ただ、町の中でどの地域が危険かを知っているだけでも違います。
自分が住んでいる家屋にどの程度冠水の危険があるかを知っていれば、対策の打ちようがあります。
何もせずに災害に遭うよりも、できる限りの対策をして最小限の被害としたいものです。
誰でも集中豪雨で命を落としたいと思っているわけはありません。
しかし、対策をしていなければ、命を落とす確率は高くなるのです。
備えあれば患いなしのことわざ通りです。
まずは過去の冠水を調べてみてください。
自分が知らなかった箇所が冠水しているかもしれません。

冠水と事故

道路冠水による事故はたくさんあります。
冠水した道路に自動車が入ると、始めの内は動いていますが、水深が深くなるにしたがって、ドアが開かなくなり車自体も停止してしまいます。
完全に水没してしまった自動車に閉じ込められた人は死亡してしまうのです。
もちろん、消防車や救急車が救援を行うでしょうが、集中豪雨時のことが多いですから、すぐに駆けつけてくれる保証はありません。
日頃から自分で対策を講じておくことが大切です。
冠水が起きないような対策はできませんが、自分がその道を通らないようにしておくことが大切です。
日本の道路にはアンダーパスがたくさんあると言われています。
つまり冠水しやすい道路ばかりなのです。
ただ、迂回することで冠水を避けることができます。
そのルートをいつも頭に入れておきましょう。
集中豪雨はいつ発生するかわかりません。
予想していない状況もあり得ます。
日頃は何も考えていないとしても、いざと言う時のことを考えてください。
道路冠水による自動車の事故で済めば幸いです。
命が助かったことを喜ぶべきでしょう。
毎日通る道路でも、危険箇所に指定されている場合もあります。
できることなら集中豪雨時は外出しないことが一番でしょう。
そのためにできることを考えてください。
行政に任せるのではなく自分で自分の命を守るのです。
冠水した道路は一般的に封鎖されています。
しかし、豪雨時はその対応が的確に行われる保証はありません。
行政を信用してはいけません。

自分でできる冠水対策

集中豪雨が発生した時には道路の冠水や住宅の浸水の危険が高まります。
自宅で待機しているだけでは生命の危険が迫ることもあるでしょう。
行政からの指示を待つのではなく自分でできる冠水対策を考えてみましょう。
難しいことではありませんし、高価な道具を必要としないことばかりです。
まずは雨に関する情報を注意深く聞くことです。
対策をすべきかどうか判断に迷う場合は、対策を講じておくことでしょう。
結果的に何も起きなければ、それが一番の幸せだと考えてください。
注意報、警報などの違いも注意してください。
また、自分が住んでいる地域や住宅の構造など配慮しなければならないことは自分なりに判断することです。
いつでも避難できる服装をしておきましょう。
また、避難をする時のために非常持ち出し袋を用意しておきます。
市販品などが販売されていますから、一つ購入しておけばいいでしょう。
懐中電灯、ろうそく、携帯ラジオは必需品です。
断水に備えて、飲料水、生活用水を確保しておきます。
お風呂の水は抜かずに貯めておきましょう。
冠水の危険が高まってきたら、家財道具を高いところに移しましょう。
お年寄りや乳幼児など避難に時間がかかる人はできるだけ安全な場所に移動させましょう。
家族が避難場所と避難コースを各自で頭に入れるようにします。
自治体が作成したハザードマップを確認しておくことも大切です。
十分な対策をしたとしても、避けられない被害が発生することもあります。
ただ、悔いが残ることだけは避けたいものです。

台風と冠水

台風の当たり年は何度も日本列島を襲っています。
過去の例を見るまでもなく、その恐ろしさは誰もが知っていることでしょう。
道路冠水も当然のように発生します。
自動車での走行は風による障害と冠水に注意しなければなりません。
基本は台風が通り過ぎるまで自宅から動かないと言うことでしょうか。
毎年、台風被害によって人命が失われています。
予想されているのに、どうして災害に遭ってしまうのでしょうか。
人は自分が経験したことから判断することが多いのですが、それ以上の状況に対応できません。
各地の被害状況を映像で見ることができるのですから、自分もその中にいるとイメージしましょう。
台風の恐ろしさは電気やネットが使用できなくなることでしょう。
もちろん、被害状況によって異なりますが、懐中電灯や非常用の水を確保しておくことが大切です。
集中豪雨と違って、数日前から準備することができます。
早めに対策をして、備えるようにしましょう。
必要なら非難することも考えてください。
日常とは違う状況ですから、のんびり構えておくべきではありません。
冠水によって自動車が水没してしまうことは当たり前と思ってください。
冠水被害を食い止めるためには何をすればいいのでしょうか。
台風が来るとわかってからできることはほとんどありません。
川沿いの家なら土嚢を組んだりすることができるかもしれません。
いずれにしても個人でできる対策には限界があります。
まずは命を危険にさらさないようにしましょう。

冠水と安全確保

集中豪雨屋台風時期になると道路冠水や家屋の浸水が各地で発生します。
その対策は個人レベルでできることではありません。
したがって、私たちが行う冠水対策は人命の安全確保です。
会社勤めの人、学生は毎日所定の場所に出かけているのですが、そこまで安全にたどり着けるのかどうかを見極めることが重要となります。
もちろん、台風が来るとわかっていれば学校は休校となるでしょう。
特に児童の安全確保は保護者の役割と考えましょう。
現在は携帯電話が普及しましたから学校や教育委員会から緊急メールが届くことでしょう。
休校とするかどうかはメールで連絡されます。
最終的な判断は親がすることになります。
局地的な状況は異なるからです。
一般論としては無理に登校させないと言うことです。
子どもたちは学校に行かなくていいと喜ぶかもしれません。
私が小さい時もそうでした。
登校後の台風接近では早めの時間に下校することになります。
子どもたちだけではなく大人も自分自身が安全確保を意識しなければなりません。
道路冠水状態の時に無理に車で移動することは避けるべきでしょう。
ただ、公共交通機関が機能していないことも多いですから、できれば移動せずに待機します。
集中豪雨で命を落とす人と助かる人の違いはどこにあるのかを考えてください。
ちょっとした違いと運かもしれません。
日頃からの災害に対する意識の違いがあるのではないでしょうか。
各地の被害を他人事として見るのではなく、自分もその中にいると思ってみましょう。

冠水と住宅

記録的豪雨が発生すると道路冠水や住宅浸水が発生します。
当事者にとっては大きな被害です。
もちろん、人命が最優先ですから、住宅を見捨てて避難所に異動する人もいるでしょう。
豪雨が襲ってきてから冠水対策をすることはできません。
対策は事前にしておかなければならないからです。
各地の冠水のニュースを見て、自分たちの状況を核にしている人がどれくらいいるのでしょうか。
気象庁などは繰り返し危険性について情報を流しています。
自治体でもハザードマップなどを作成して、冠水の危険性がある地域を把握しています。
住宅の1階が浸水して、2階に避難した人のニュースが流れていました。
この状態であれば、自動車は水没してしまっているでしょうし、道路も冠水と言うレベルを越えて川となっていることでしょう。
日常生活からかけ離れた状況にただ、命が助かったことを安堵することしかできません。
豪雨が発生したら車で移動しないこと、命を最優先にすることが大切です。
もちろん、そんなことは誰でもわかっています。
それでも毎年のように人命が失われています。
日頃から災害に備えておくことが大切です。
避難経路なども確保しておきましょう。
各地の情報を見て、自分なりに分析してみませんか。
なぜ人命が失われたのか、被害が拡大したのかを考えてください。
そこに自分がいたらどうすべきだったのかをイメージすることです。
それが経験となります。
自治体の対応を非難するだけでは、何の解決にもなりません。

冠水と防災計画

日本全国の県、市町村では防災計画を作成しています。
これは防災対策として自治体が行わなければならない業務の一つとなっています。
それぞれの地域の状況によって、避難場所、冠水危険箇所は異なります。
ただ、防災計画は大筋を決めているだけですから、細かいことは住民自身が把握していなければなりません。
自治体からの避難勧告が出るまで何もせずに待っているのでは生命の危険にさらされることになります。
自分の身は自分で守る意識が大切でしょう。
作成された防災計画の閲覧は住民であれば誰でもできます。
対策の一つであるハザードマップは各世帯に配布されていることでしょう。
自分が住んでいる地域の危険箇所を知っておくことは大切です。
集中豪雨が発生した時に自分がどこにいるかわかりません。
自宅ではないところから自動車で移動中かもしれません。
その場所の冠水危険箇所を知っておけば、適切に迂回することができるでしょう。
防災計画では雨量などが想定されています。
その雨量に基づいて堤防などが作られ、排水設備が整えられています。
この予想を超える事態になった時には非常事態と考えるべきです。
気象情報や自治体からの情報を適切に確認することが大切です。
そのためには日頃から情報収集の手段を確保しておきましょう。
携帯電話による緊急メールは有効な手段です。
非常時は回線確保が難しくなりますから、家族同士が通話することもできなくなるでしょう。
家族でも防災計画を立てておくことはどうでしょうか。

冠水と避難

大雨が襲ってきた時にどのような行動を取るかは非常に重要です。
時には命に係わるケースもあるからです。
ハザードマップは自治体が作成した危険地域を記載した地図です。
自分が住んでいる地域で大雨が降った時にどこが危険なのかを知っておくことで非難すべきかどうか判断しやすくなります。
避難経路も確認しておきましょう。
自動車で移動しようとしても道路が冠水していれば通ることができません。
橋が壊れてしまえば、橋を渡ることもできなくなるのです。
冠水対策は自治体などが行っていますが、非難するための対策は各自で行わなければなりません。
その準備ができているかどうかで命の分かれ目となっているのです。
アンダーパスや地下街は非常に危険だと言われています。
アンダーパスは道路が周囲よりも低くなっているため、すぐに冠水してしまうからです。
冠水したアンダーパスで自動車に閉じ込められたまま死亡してしまうケースは後を絶ちません。
誰でもわかっているのに、いざと言う時の行動に移せないのです。
避難するタイミングを誤ってしまうこともよくあります。
特に深夜の集中豪雨の場合、自治体が避難勧告を出せなかったケースもあります。
勧告が出てから非難するのではなく、自主的に非難することも考えましょう。
自分でできることを考えてください。
もちろん、家族に移動が難しい人がいれば、その対策もしておかなければなりません。
お父さんだけが頑張っても無理なのです。
危険箇所に近づかないことが一番です。

冠水情報と対策

家屋や道路の都市化によって、冠水の状況は変化していると言われています。
つまり、50年前と現代では雨による冠水の速度が違うのです。
大方の予想通り、集中豪雨による被害は現代の方が多くなっています。
コンクリートが水を溜めてしまいますからあっという間に冠水してしまう危険性があります。
昔の記憶だけで行動することはできません。
的確な冠水情報を収集することを心がけましょう。
地下街や地下施設の増加もあります。
地下ですから、冠水に対する弱さを持っています。
排水ポンプを設置していたとしても、その能力を超える水が入ってくるのです。
道路の冠水の比ではありません。
冠水被害に巻き込まれないように対策しておくことが重要ですが、どのような点に注意すればいいのでしょうか。
簡単な答えがあるわけではありません。
まずは、自動車で移動することを諦めることです。
もちろん、移動しないことも選択肢です。
豪雨となってからの避難はかなり危険ですから、早めの避難でなければ意味がありません。
冠水した時に消防署に助けてもらおうと考えることも危険です。
各所で冠水していると考えられますから、消防署への出動要請がたくさんでていると予想されるからです。
人に頼らず自分でできる対策を考えてください。
過去の被害を教訓にすることが大切です。
なぜ、被害を防げなかったのかを検証することでしょう。
テレビなどのニュースをしっかりと頭の中で消化してください。
他人事として聞いているうちは、何の役にも立ちません。

冠水制御システム

冠水が起きやすいのはアンダーパスです。
ここにセンサーを付けておき、冠水が発生した時に自動的に排水処理を行ったり、警報を発したりするシステムが防災対策として考案されています。
現代でもテレビカメラで監視したり、雨量や流量を監視するシステムはあります。
ただ、監視した結果に基づいて消防署や自治体職員が行動を起こすことを前提としています。
避難勧告を出すための確かな情報を集めることは基本ですが、それだけでは災害を防ぐことはできないでしょう。
また、冠水してしまった状態になっていると、それを簡単に解消することはできません。
有線のネットワークや無線のネットワークを使用して情報を伝達するシステムが各地で設置されています。
人が見回りをして、状況を確認することは昔のことです。
現代は情報網を利用しているのです。
冠水した場合、自動的に表示器が点灯する仕組みになっています。
ただ、これらの設備があっても人命が失われてしまうと言う現実があります。
システムを利用することは当然ですが、それに頼ることは避けなければなりません。
情報を的確に処理して、適切な勧告を出すことが求められているのです。
住民は勧告に対して、素早く従うことが必要です。
相でなければシステムの意味はありません。
勧告に対して、自分だけ自宅に止まることを決める住民もいますが、それは自分の判断ですから、結果に対して自分が責任を持たなければなりません。
一番身近な情報機器である携帯電話を利用した情報伝達が対策の一つとして、これから主流になっていくのではないでしょうか。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ