健康のために自転車通勤

この記事は15分で読めます

通勤には自転車がおすすめ

昨今は通勤に自転車を使用しておられる人が急増していますが、距離によってはこれは大いにおすすめといえることでしょう。
地域開発が全国的に広くて多くなってきていますので、まったくの自然なニーズによるものとみられます。
これからも自転車のそのようなことはさらに増えていくことと思われます。
自宅から勤務先への直接のケースもあれば、いったん鉄道の駅前に一時預かりとして夕方の帰宅まで有料で保管してもらう例も多くみられています。
勤務先が比較的近距離であれば、企業内にある自転車などの専用の駐輪場に無料で置くことになって便利でしょう。
さらに鉄道に乗るという駅前などでしたら、個人経営の駐輪場あるいは公的機関による有料の駐輪場となりますが、自転車通勤もひとつの良い運動にもなりますので、時間の節約もあって大いににおすすめとなるものです。
なお公的機関による自転車専用のラックタイプで時間性の有料のものが駅などに最近は急増されており好評のようです。
ただ風雨の激しいケースには困るのはやむを得ないでしょう。
昨今は傘をさしての自転車は違法性が厳しくなってきていますし、道路交通安全法からも自転車は大きい対象になっていますので、朝夕の通勤においても大いに気をつける必要があります。
最近は車道の左サイドをとくに自転車専用のレーンとして舗装面でのペイントによって区分されているところが増えてきているようです。
さらに歩道での自転車の乗り方とか、ベルの鳴らし方も歩行者との関連でよく話題になっています。
”自転車も乗ればあなたもドライバー”という標語が昨今はよく聞かれています。

スポンサードリンク

通勤には自転車がおすすめ<2>

通勤には自転車がおすすめの対象になってきており、所要の時間と距離および駐輪場のことや自転車の種類などにこだわりのようなものがあるでしょう。
勤務先の位置とか距離によって、自宅から直接勤務先内にある無料の駐輪場に保管できるケースがもっとも好まれるものです。
しかし、勤務先にいたる途中に鉄道などがあれば、自宅からその最寄の駅までが自転車の対象になりますので、駅前などの公共駐輪場または個人の駐輪屋などへ有料で預けることになります。
駅前でも無料のところは、天井などが無くて風雨にさらされたままのところがありますし、とりわけ帰宅時には自分の自転車を探すのに手間取って大変な目に遭うことになってしまうのです。
暗くなってくると、とくに女性では大変なことでしょう。
昨今はこれほど自転車の通勤用としてのニーズが増えてきているのですから、行政機関などでも早急な前向きな対応が強く望まれるところです。
また自転車にはライト(前照灯)が必須となっていますが、無灯火のものに出会うことがよくあるものです。
通勤ともなれば時間がとても重要ですから、大きい気配りがすべての人に必要なのです。
自転車の事故は全国的に絶えることがなく、むしろ増加しているようですから、歩行者ともによく注意したいもので、とりわけ歩行中の高齢者や乳幼児を抱いたママさんドライバーはよく意識するようにしましょう。
通勤というものは、いわゆるラッシュアワーに含まれるものですから、とくに朝の時間帯は急ぐことが多いものです。
自転車の前カゴには書類とともに愛妻弁当などの重さが加わります。
ハンドルによる重心の取り方にも注意が必要でしょう。

通勤用の自転車のおすすめ<選択1>

通勤時間は、自宅から勤務先までの距離とか乗り物によって決まってくるでしょう。
その距離などが徒歩で大体30分以内でしたら徒歩あるいは自転車となって、企業内にある無料の自転車保管場所に置くことができて、もっとも便利なスタイルといえるでしょう。
人や条件などで異なることですが、30分ほどまたはそれ以上ともなれば、やはり手軽な自転車ということになるものです。
そこで先ずは適当な自転車を探すことになりますが、ここで身体の運動のためとか家族もショッピングなどで使用するのであれば、サイズとしてはタイヤの直径でいうと26インチのものが対象になります。
そして値段によっては、たとえば安価な中古自転車とするか新車とするかということです。
中古自転車でしたら安価で済むネットサイトのオークションによって選ぶことも可能でしょう。
しかし通勤用が主ですから、やはり現物を見ることがとても大切ですので、近所にあるサイクルショップなどへ出かけて相談しましょう。
プロの店員などに使用目的を言って、点検個所をよく訊いて試乗などさせてもらい、タイヤの磨耗とかブレーキの効き具合そして乗り心地などなどを実感してみましょう。
使用年数と耐久性などについても納得できるまで訊ねてください。
さらにメーカーにもこだわるようでしたら、ブリヂストンとかパナソニックさらにはアルプスなどなど無数といえるほどが国産では出揃っていますし、スタイルがとてもユニークな外車もたくさんあるでしょう。
あとは好みと予算次第でしょうが、とにかく通勤という大切なことがメインであることをよく意識して選びましょう。

通勤用の自転車のおすすめ<選択2>

通勤のための自転車としておすすめとなるのは、家族ともどもか休日などにはショッピングや遊びなどにも使用できるものであることでしょう。
先ずはタイヤのサイズが26インチが標準ですが、子どもも使用することが多いのでしたら16インチから20インチでも差し支えはないものです。
ユニークなスタイルでは、タイヤが12インチほどでの大人用も市販されていますので、ネットショッピングでのカタログなどをご覧になって検討してください。
なお冒頭においても述べましたが、通勤の道のりによっては、駅の周囲にある駐輪場であったりして、時間によって有料になることもありますし、雨ざらしのところは大半が無料ですが、夕方などの帰宅時には自分の自転車を見つけるのが大変なようです。
したがってなんらかのスタイルとか色彩での特長のある自転車を選ぶことが、通勤用の自転車としてのおすすめの事項になるでしょう。
盗難予防のためのキーロッカーには扱いやすさなどを重要視して選びましょう。
なおタイヤにはチューブが内蔵されていますので、万一の場合にパンクということもありますし、タイヤの空気圧が減少してしまっていることもあります。
したがって自転車の選択や購入は、なるだけ自宅の近くで有資格者が常駐している販売店がベストなのです。
さらに駅前などの無料駐輪場では、じつに悪質なイタズラとか盗難もあるとのことですから、通勤に際しては必要品などを自転車バッグ内に放置したりしないように、またとうぜんのことですが、自転車のキーロックは確実に施錠しておきましょう。

通勤用自転車のおすすめ<電動>

通勤に自転車を使用し始めて、家族も共用することももちろんあるでしょうが、距離そして時間さらには坂道などがあって買い物も増えたりすることがあります。
さらに足腰が弱ってきたりすることもあるでしょう。
そのようなときにおすすめなのが電動アシスト自転車なのです。
ヤマハとかパナソニックさらにホンダなどなどからニュータイプのものが市販されていますし、ユニークなスタイルの輸入品もあります。
電動自転車は、普通に脚のみでも走行できますが、ハンドル近くなどにあるレバー操作などによって、サドルの下部辺りに装備されている電動モーターおよびバッテリーによって、普通ならペダルで駆動する部分を電動モーターによって駆動することで後部車輪を回転させる仕組みになっています。
バッテリーは充電できるように充電装置が別途付属されています。
やや高級なスタイルのものでは、坂道を下るときには走行中に自動的に充電するタイプもあります。
とにかくペダルをこぐことなく走行できますので、楽なことこの上なしですが、もちろん足腰を強化するような運動にはなりません。
ただ値段的には高額になり、5万円から8万円またはそれ以上になるでしょう。
万一この電気系統の故障あるいはバッテリー容量の不足などが生じても、普通のように脚こきのペダルで走行はできます。
サイクルショップなどで実物を見せてもらいましょう。
タイヤサイズも14インチから26インチほどまでがあります。
昨今では一般の女性においても、ショッピングなどでの使用が増えてきていますので、通勤用としても大いに勧められるようになりつつあります。

通勤用自転車のおすすめ<運転の基礎>

通勤に自転車を使用する時間帯を考えると、もちろん大半がいわゆるラッシュアワーに相当するでしょう。
そこでなによりも交通事故に注意することを最優先しましょう。
昨今は自転車による事故とかトラブルが全国的に急増しているのですから、まして出勤途中ともなれば勤め先は遅刻などが許されないことで、ついつい焦りが生じるものです。
せっかくの自転車というメリットがあっておすすめのもので、事故ったりしたら最悪でしょう。
風雨があって帰宅時には薄暗いこともあると、まして大変なことになります。
なお自転車のことを、若い人たちはチャリンコと言うそうで、ママさん用はママチャリ、原動機付きはゲンチャリとのことです。
自転車は家族でも使用することがあるでしょうから、日ごろからよく習慣的に点検しておきましょう。
とくにブレーキの効き具合そしてタイヤの空気圧、さらにはタイヤ表面に画鋲などが刺さっていないかなど、そしてライト(前照灯)
などにも注意しておいてください。
なお駅前などの無料駐輪場では、雨ざらしのことが多いので、濡れた自転車はしっかりと水分や湿気を除去しておきましょう。
とりわけブレーキは、濡れていると利きが悪くなって非常に危険ですから。
なお走行中のブレーキは、決して前輪を先に掛け無いようにしてください。
先ずは後輪を少し掛けてから前輪ともに掛けることで安全につながるのです。
もし自転車が古いケースには、週間単位での定期的点検を、場合によっては販売店で行いましょう。

通勤用自転車のおすすめ<事故の予防>

通勤には大きいメリットのある自転車は、大いにおすすめの対象になるものです。
が、前記のように昨今の交通事故のことを思うと、決してスピードは出さないことを最優先すべきでしょう。
とりわけ雨の日もそうですが、交差点での子どもの飛び出しに対しては、もっとも自転車での事故が多いとのことです。
そして日ごろから決して急ブレーキなどは掛けないようにしたいものです。
大切なことの一つに自転車のサドルの高さがあり、基本的には両足ともに地面に接する程度が最適とされています。
最優先の通勤ということで急ぐことがあって、家族などが使用したあとは、かならず高さを確認してください。
なお小学生以下の幼児を載せるケースには、法的に規定されているチャイルドシートをかならず確実に装備しておいてから載せてあげてください。
ママさんが幼児を載せて走行しつつ携帯電話で話しているのをよく見かけたりしますが、見ているこちらが不安になってきたりします。
なお自転車での走行スピードにもよりますが、カーブではハンドルのみの操作ではなくて、カーブする方向に全身を傾けるようにすることが優先されるべきことで、その際のハンドル操作はあくまで補助的なものであることを知っておくと、より安全な運転ができるものです。
タイヤの設置部分の直径が小さくなることで、自然にカーブしていくことになるという物理的な原理によることです。
ラッシュアワーでの左右のカーブ操作には、くれぐれも注意して時間的な余裕をもって出勤しましょう。

通勤用自転車のおすすめ<手入れ1>

通勤に自転車を使用することは、足腰の強化にもなって大いにおすすめといえることでしょう。
先に電動アシスト自転車を一部ご紹介いたしましたが、それなりの特長はあるものの、自転車の重さとか電池の耐用性と充電さらには特殊なメンテナンスが必要とか面倒なことが増えてくるものです。
出勤途中に坂道などがあっても、やはり自分の足腰での運動こそが健康の維持と増進には役立つでしょう。
なお先にも一部述べておりますが、古い自転車ともなると先ずはタイヤの磨耗状態がもっとも気になることであって、非常に細かい亀裂の発生とか、ゴム自体の磨耗そして見えないチューブの損傷などがあるのです。
サイクルショップなどでの定期的な点検を、決して欠かさないようにしてください。
なお自転車を購入したら、かならず法的な「自転車防犯登録カード」によって正式に届け出ておいてください。
これは販売店とかいわゆる購入したサイクルショップなどで手配してくれます。
自転車の製造番号とか利用者の住所と氏名などが、本体のフレームに記入されるようになっています。
なお昨今は、道路上での駐輪禁止区域も狭められて限られてきており、ある時間そこへ放置しると強制撤去されてしまいますので、よく注意しましょう。
なお自転車のスタンドは日本のものは左右両サイドスタイルですが、ヨーロッパには左サイドのものも多く、駐輪スペースが少なくて済むようなデザインになっています。
日本のメーカーも狭い地域での駐輪の方法について一考してほしいものです。
ハンドルの左右の幅とかペダルも同様のことです。

通勤自転車のおすすめ<手入れ2>

自転車の通勤での使用は、時間的なことや荷物などのことがあってじつに便利であり大いにおすすめとなるものです。
が、自転車というものは機械的に組み立てられたものですから、安全第一としてつねに点検とかメンテナンスが必要になってきます。
つまり機械的そして機能的に安全であってこそ、初めて天下の公道を走行できるということです。
そのチェックの方法の一つとして、自転車をそのまま20cmほど持ち上げてから、ストンと地面に下ろしてください。
そのときに金属音のような音が聞かれたら、どこかのネジなどが弛んでいることですし、古い自転車でしたら金属部分での欠損が考えられますのでよく調べてください。
すべてが正常でしたら、タイヤが地面に当たる音のみで、ほかにはなにも聞こえないものです。
なおタイヤの空気圧は高すぎるとパンクの怖れがありますし、走行中にバウンドしたりします。
低すぎると重くなってしまいますし、またパンクなどして低いままでの走行は避けて、かならず降りて押して行ってください。
適正な圧力は3キロ(kgf/cm2)であって、乗車したときのタイヤの地面への接地長さがおおよそ10cmでしたら正常です。
なお走行中にタイヤの空気圧が急に減って重く感じたときは、パンクの可能性あるいは虫ゴム部分での不良が考えられますので、やはり最寄の販売店などへ持参してください。
なお自分で空気を入れる際には、入れ過ぎないようにしましょう。
駅前などによるある無料の広い駐輪場などは屋根が無くて雨露で濡れていることがありますので、全体を乾いたタオルなどでよく拭いてから乗車してください。
とくにブレーキシュー部分は濡れていると、利きにくくなっていることがよくあるからです。

通勤自転車のおすすめ<点検>

通勤に自転車を使うことは、色んな面で大いにおすすめできることですが、出勤前でのお出かけに際しては忙しいとはいえ、以下のことをかならず確認してください。
先ずはタイヤの空気圧をよく調べてください。前夜に確認しておいても、たとえばタイヤの空気が朝になって抜けていたりすることがあったりするからです。
もし少ないようでしたら、自宅に空気入れがあればかならず適正圧力まで補充しましょう。
そしてブレーキの効き具合とサドルの高さ、加えてハンドルの動きさらにはベルの鳴り具合などを確認してください。
このようなことは、自転車が古くなっていたり、夜間に風雨にさらされたりしたとき、また中古車のケースに起こりがちなことです。
なおベルについては、歩行者と出合ったりしての鳴らすタイミングに注意してください。
上記のひとつでも不調でしたら、ラッシュアワーにおける通勤時間にまで影響しかねないでしょう。
なお新車を購入したら、かならず有資格者による定期的な点検を受けてください。
普通は初回点検として使用し始めてから2ヶ月以内、または走行100kmごとになったときです。
そして定期点検としては、6ヶ月以内または12ヶ月以内その後は1年ごとさらには異常を感じたときと規定されています。
購入した販売店へ持参することになりますが、有償がほとんどです。
日ごろにおいて何らかの異常とか違和感などがあれば、すぐに持参してください。
ちょっとしたネジの弛みなどが、大事故につながることがあるからです。

通勤自転車のおすすめ<走行>

通勤でも大いに役立つ自転車ですが、ハンドルの前そして後部のシートには便利で大きい目の荷物入れのカゴを付けることが大半のようになっています。
子供用のチャイルドシートを取り付けるケースも同様ですから、これらはかならず有資格者のいる販売店などで付けてもらってください。
盗難予防用のカバーは前後ともに付けてもらいましょう。
少しでもガタツキなどがあれば、やはり事故にもつながりかねないからです。
なお若い女性が超ロングのマフラーをしていて、走行中に後輪付近に巻き付いて大事故になった実例が過去にありました。
そしてベルについては、前記のように鳴らすタイミングがとても大切になってきます。
まして急いでいる通勤の途中において、狭い路地を数人で歩いている人たちに、後ろから鳴らすのはとうぜんとはいえ、なんとなく気が引けるものでしょう。
すぐに避けてくれる人もおれば、無視したり睨みつけたりする人も世の中にはいるものです。
そこでもし身体が触れたりしたら、悪いのは自転車サイドといわれたり、また因縁をつけられたりした経験のある人がおられることでしょう。
通勤で急ぐときとか雨降りのケースには、とくに起こりがちですからよく意識しておきたいものです。
また道路の曲がり角とか住宅などが建て込んでいる通路などは、もっとも注意が必要であって、通勤途上といえども十分に徐行せなばなりません。
なお前記のように、サドルの位置は自転車を停止していて両足ともに地面に達するようにかならずお出かけ前に確認しておいてください。

通勤でのおすすめ自転車<事故防止1>

”自転車に乗ればあなたもドライバー”という標語がありますが、まさにそのとおりであって、自転車に関係した事故は年々増え続けているとのことです。
法定による事項をここでご紹介しておきますが、まさにモーターバイクとか単車なみのようです。
飲酒運転(酒酔い運転)は、5年以下の懲役または100万円以下の罰金。
信号あるいは一時停止の無視さらに右側通行(=車道での逆行)は、3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金。
夜間の無灯火運転は、5万円以下の罰金。
二人乗りまたは並行運転は、2万円以下の罰金または科料。
などが挙げられます。
そして傘をさしての走行とか、ハンドルの中央の支柱サポートによる傘を立てての運転、さらには片手運転なども絶対的な禁止事項になっています。
とくに通勤などで急ぐときには、やや早い目に家を出るとかしましょう。
なお巡査以外に昨今は町内会などで選出された人が旗をもって警備などをしておらる例が増えてきていますが、かならずその人の指示に従うようにしてください。
とりわけ小学生などの急な飛び出しとか、乳幼児を乗せたママさんたちの自転車にはとくに注意しましょう。
また昨今は高齢者に限らず身体障害者によるクルマ椅子も増えてきていますので、自転車は徐行によって安全第一を心得てください。
帰宅時はシーズンによっては暗くなっていますので、駅前などの無料駐輪場などでは、先ずは自分の自転車を見つけるのに大変な苦労をします。
数台が倒れていたりしていることもあるでしょうし、雨降りなどでは自転車のランプも日ごろから確実にしておきましょう。
朝の天候によっては雨カッパも必要でしょう。

通勤でのおすすめの自転車<事故防止2>

通勤で大いにおすすめとなる自転車は、自動車と異なって身体こそが全身ともに外界にさらけ出されているのです。
そのためたとえ歩道上であっても、転倒などすると少しのことで擦りむいたり、場合によっては骨折という例があります。
したがって決して自転車自体のサイズが大き過ぎたり小さ過ぎたりすることの無いようにしましょう。
なおわたし自身の経験を少しだけ述べさせて頂きます。
スウェーデン(人の身長が世界的に高い国)で仕事の合間に自転車を借りて白樺の間を走ったときのことです。
それはタイヤサイズが30インチであり(日本でもっとも多いのは26インチ、小さいのは14インチ)、おまけにハンドルの両手にはブレーキが無いのです!
なんども転倒に近い状態になりましたが、さいわいケガをすることはありませんでした。
ブレーキはなんとペダルを後方に反対にゆっくりこぐと後輪のバンドブレーキが作用する仕組みなのです。
したがって、自転車はかならず自分の身長などに合わせて選びつつサドルの高さも調整してください。
日本の細い通路の走行に秘められている事故の恐ろしさをよく認識しておきましょう。
ましてラッシュアワーでの通勤ともなればなおさらということです。
なお後部車輪が小さくて荷物を積める3輪車があり、転倒しない自転車の部類に入っておりよく高齢者が利用しております。
自動車と同じで”スピードは控え目に、ブレーキは早い目に”であって、まして通勤ということで決して慌てないようにしてください。
スピードにこだわる人は、変速機付きの自転車を検討してみましょう。

通勤でのおすすめの自転車<事故防止3>

自転車はたしかに通勤には大いにおすすめとなるものです。
しかし実際に事故とか危険性を思いつつ、街を歩いていると予想以上に安全性について感じることがあるものです。
自転車の本体にコウモリ傘を突っ込んだようにしたままの人、ハンドルに大きな買い物などをぶら下げているいる人、乳幼児を背負ったり前または後ろのカゴに入れたまま携帯電話で話し込んでいる人、歩道を二列に並んで触れ合うに走行している人、さらには暗いにもかかわらず無灯火の人、ベルを鳴らしても避けてくれない人、などなどがわたしたちの周辺には居られるということなのです。
なお通勤で急いでいる場合においても、駐輪については決して傾斜した地面には置かないようにし、さらには歩行者の邪魔にならないところを選んでください。
もちろん法的に正しい強制撤去になるような場所には、たとえ短時間といえども駐輪しないでください。
昨今の自転車のチェンはカバーで覆われているものが大半ですから、カバー無しでのトラブルは殆んどありませんが、場合によっては新しいタイプにおいてもカバー無しがありますので、それなりの注意が必要です。
チェンの弛み具合が適正であるか、異常な音が走行中に聞こえないかなどに注意し、なんらかの異常を感じたらかならず有資格者の居る自転車販売店などへそのまま持参してください。
もし自転車がレンタルあるいは中古車でしたら、車体全体の歪みなどが生じていることが無いかをチェックしてもらいましょう。
なお前照灯には、タイヤとの摩擦によるダイナモタイプでは、決して脚先での操作は行なわないでください。
LEDタイプでしたら薄暗くなると自動的に点灯することを確認しておきましょう。

通勤自転車でのおすすめ<メンテナンス>

自転車による通勤にはおすすめに挙げられることがいくつもありますが、安全第一を最優先することはいうまでもないことです。
日ごろからの異常の有無などの点検を決して怠らないようにしましょう。
なおあなたのご自宅の”駐輪場”は風雨に対して大丈夫でしょうか?
そしてもうひとつは点検と同時に、清掃をこまめに行なうことも必要です。
まして駅前などの無料駐車場などでは、風雨そして砂塵などにもさらされているのですから、ヨゴレとかホコリ・砂塵などに十分に注意してください。
自転車の種類とか年代などにもよりますが、とりわけチェンのカバーが無くて露出しているタイプは、チェンでのヨゴレとか砂塵を落とすようにして、注油もしておきましょう。
そしてサドルをも含めつつ、フレームなど車体全体をウエスかぼろ布によってキレイに拭くようにしましょう。
メッキとかステンレスの部分は、機械オイルまたはサビ止めオイルを少し含ませた布を使ってください。
タイヤについては、表面の細い溝模様での砂塵の詰まりなどを取り除いてください。
小さいクギまた画鋲などが刺さったままになっていませんか?
これはわりとよくあることですから、雑な道路とか工事現場に近いところを走行したケースには注意しましょう。
なお競輪用の自転車のように、不要なパーツなどはいっさい付けられていない自転車でしたら点検そして清掃も簡単に済ませられるでしょうが、とはいえ日ごろの点検と手入れは安全第一を心がけてわが愛車には毎日でもスキンシップとして触れるようにしましょう。

通勤自転車のおすすめ<購入>

通勤におすすめの自転車とかグッズについて知っておきましょう。
冒頭においても述べましたが、自転車を使用する区間においては、自宅から直接勤務先までか、あるいは鉄道の駅までかなどがあります。
駐輪場のことがとても気になるでしょうが、勤務先でしたら大いに安心できそうです。
そして自転車そのものですが、すでに使用してきたものか、このチャンスに新車または中古車を購入するのか、あるいはレンタルとするかなどの検討があります。
求めた自転車を使用するのは、旦那さんのみなのか、あるいは奥さんとかお譲さんたちの家族も休日などに使用するのかなど・・・。
先にも述べましたように、安全第一がモットーですから、とくに自転車のサイズつまりタイヤでいうと26インチが最適のようです。
同時に自転車用としてのグッズも場合によっては購入せねばなりません。
とりわけ風雨に対するものとして、カッパとかキャップそしてバッグなどがあるでしょう。
いずれにしても、購入ともなれば近所の販売店など数軒を廻ってみましょう。
有資格者が居るところでよく相談するほうがベターであって、中古車センターでも特質などによることです。
休日に登山などを思う人は、マウンテンサイクルあるいはクロスサイクルなども対象になるでしょう。
女性用としても使用されるのならば、スカートとかブーツさらにはサンダルなどに対してベストを選ぶことが必要です。
一般的な新車の価格については、もっとも無難でポピュラーな26インチタイプでしたら、3?6万円ほどでいくつものメーカー品が出揃っていますし、ネットでのオークションにも掘り出し物があるでしょう。

通勤自転車のおすすめ<女性用1>

通勤に自転車を使用するママさんあるいはお嬢さんには、やはり女性用としてのものが対象になるでしょう。
初めての出勤として鉄道の駅までの徒歩30分ほどの距離でしたら、自転車が大いにおすすめといえます。
しかし徒歩とはまったく異なり脚の強制的な連続運動となって、脚が太くなってしまい折角のダイエットに反するなどと懸念される女性も多いといわれています。
しかしこれはあまりにもな偏見であるというのが一般的な結論なのです。
すなわち自転車自体のスタイル・種類そしてべダルのこぎ方および体重の掛け方さらには走行中の姿勢によることが大きいのです。
これらによって、脚そして全身のスタイルへの影響がとても大きくあるということなのです。
これらのことをよく意識しつつ、おすすめのことを十分に考えて自転車および姿勢などを選びましょう。
つまり自転車自体においては、サドルが低いと同時に腰によって体重を支えることになるいわゆるシティーサイクルすなわち”ママチャリ”によると、太ももに大きい負荷をかけることになり脚が太くなる遠因になってしまいます。
これはこぎ始めとか大きい坂道を登るときに、太ももに大きい力を要するからなのです。
たとえばスポーツタイプの自転車でしたら、力が全身に分散されるスタイルになって理想的といえるでしょう。
急な加速あるいはスピードアップは、全身への負担がかかりますし、安全面からも避けるようにしましょう。
毎日の自転車による走行時間および距離をも含めて自転車を選ぶ対象にしてください。

通勤自転車のおすすめ<女性用2>

通勤のための自転車の使用時間は、もちろん自宅からの距離によることですが、通勤というととかく急ぐようになるものですから、なるだけ安全なルートを使うようにしましょう。
前記のように自転車の種類およびスタイルなどによて、全身の力の使い方が大いに異なってくることをよく認識しておいてください。
これはダイエットなどを懸念している女性に限ったことではなく、普通のサラリーマンなどの男性においても、職場での姿勢などにまで影響することがあるものなのです。
とりわけ肩こりとか腰痛さらにはパソコンを操作し続けるという勤務中の男女にも大いに関係してくることです。
つまり朝の出勤時における自転車での走行による全身への力の負担が、その日における仕事の姿勢とか動静にまでかかわってくるというわけです。
ここで自転車においてもっとも身体の動きに関してとても大きいことの一つは、いうまでもなくペダルのこぎ方でしょう。
つまり一般的にペダルは、この”こぐ”ということ、すなわちべダルを押し込むようなことを思うものですが、そればかりでは決してないのです。
すなわち一方には”引く”ことに相当する”上げる”ということがあるのであって、べダルは回転運動ですがその中には上げる力が作用しているということです。
急な坂道を登るときには、全身の体重を押すほうのペダルに載せるようにしてこぐことがありますが、その反対の動作が対象になるということです。
したがってプロの選手のように足首の先にバインディングテープを巻きつけると、上げるときの力が効果的になるということです。
これによってこそ、通勤自転車によって全身の力のバランスが正しくなるのですから、まさにおすすめの対象になるでしょう。

通勤用自転車のおすすめ<グッズ>

全身の運動ともなる通勤の自転車は、いうまでもなく安全第一であるべきですし、通勤以外においても家族ともどもその自転車によって楽しくまた便利に走行したいものです。
そのためには、自転車の本体そして運転者自身においてもなんらかのグッズというかパーツ類を常用する必要があるでしょう。
もっとも基本的なものとしては、仕事の書類あるいは買い物などを入れるものとして、ハンドルの前部および後部座席上でのカゴがありますが、これらはかならず販売店のプロによって取り付けてもらいましょう。
とりわけ後部は大きいサイズが便利ですが、乗降の際には気をつける必要があり、同時に風雨に対することや防犯のためのカバーもぜひ付けておいてください。
さらには女性のスカートなどの車輪への絡み防止用のガード、ハンドル取っ手の風雨防止用カバー、そしてサドルカバーなどがあります。
とくに身体用としては、とりわけ風雨に対してのものがあり、レインウエア(いわゆる雨ガッパ)・メッセンジャーバッグ・頭部用キャップ・泥よけ・防水スプレー(=防水性の回復用)、そして夏などの速乾性のシャツ・制汗スプレーなどがあります。
いずれも自転車の販売店などで入手できまますので、とくに通勤用が多い自転車では常備しておきましょう。
なおとくに女性でしたら、色んな意味において伊達メガネが必要になることもありそうです。
これらのグッズ類は、とかく風雨そして砂塵などによって汚れが溜まってきたりしますので、自転車の手入れや点検と同時にキレイに清掃しておくことを習慣にしてください。

通勤自転車のおすすめ<要約>

通勤自転車は大いにおすすめとなる対象でしょうが、その重要なポイントとなることは以下のようです(順不同)。
1.自転車走行する距離と時間をよく検討して使用の要否を決めること。
2.現用自転車あるいは新規購入または中古(オークションも含めて)かを、予算に応じて選定すること。
3.信頼できる有資格者が常駐する販売店をもっておくこと。
4.自転車を所有したら義務付けされている防犯登録カードを提出しておくこと。
5.確実な点検と手入れを習慣化すること。
とくに出勤前そして帰宅後さらには休日などに怠ることの無いよう。
とりわけタイヤそしてブレーキの利き具合は、つねに点検の対象にすること。
6.新規購入に際しては通勤をメインとしての検討が必要ですが、女性の使用も考えるならば自転車の種類とかスタイルに注意のこと。
7.風雨に対して必要なグッズ類をかならず揃えておくこと。
8.駅前などの駐輪場が無料であれば、とくに帰社時での風雨が酷いケースには見つけることが困難なことを認識しておくこと。
9.とりわけ女性は、べダルおよびサドルとの位置関係に注意して、ダイエットに反しない姿勢を維持すること。
10.自転車全体はつねに清潔に保もてるよう保管にも注意すること。

自転車によってもっとも重要ともいうべきことは安全第一ですから、昨今のように全国的な自転車の台数そして事故数が急増しているわが国においては、とくに歩道での歩行者および自動車との関連があることをつねに念頭に置いておきましょう。
なおわが愛車としての自転車には、いつも直接触れる”スキンシップ”を意識しておいてください。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ