何かと話題の新電力の話

この記事は14分で読めます

九州電力のプラン

「電力自由化が始まったけど、一体どこの企業から供給すれば良いのかわからない」「そもそも電力自由化ってどういう制度なの?」などなど、このような疑問を抱いている人は少なくないかと思います。
電力自由化は、様々な企業が介入し、競争によってお得なプランやサービスが展開されるようになるため、それらから好きなところを選べる消費者側としては、とても嬉しい制度なのです。

スポンサードリンク

小売事業で全国展開を狙う新電力や、大手電力会社など、多くの企業から一つを選んで電力を購入しなければなりませんが、全て電気料金やサービスが異なるため、なかなか大変なことでしょう。
そこで今回は、九州にお住まいの方にぜひおすすめしたい「九州電力」のプランについて紹介していきます。

九州電力には、これまでと同じような従量電力のプランもありますが、それでは前と変わりありません。
九州電力は、時間ごとに分けたお得な電気料金プランを提供しているのです。

例えば「電化でナイト・セレクト21」というプラン。
これは、21時から7時にかけて、電気料金が安くなります。
そのぶん、ほかの時間帯は割高に設定されていますが、その時間帯にあまり電気を利用しない人にはピッタリのプランです。
夏だけ、冬だけ、と季節も選べ、このプランが適用される曜日も選択できます。
自分のライフスタイルに合わせられるため、効率よく電気料金を削減できるのです。

この他にも、特徴の異なった様々なプランが用意されています。
それぞれ比較して、自分の生活サイクルに合うサービスを受けましょう。

中部地方の電気料金比較

「できる限り安い電気料金の企業と契約したいけど、どこが一番良いのかわからない」電力自由化に向けて、このような悩みを抱いている人も多いのではないでしょうか。
いくら乗り換えができると言っても、いくつもある企業から一つに絞るなんてなかなか大変なことですよね。
ましてや、更にプランも選択するなんて気が遠くなりそうな話です。

そこで今回は、中部地方にお住まいの方におすすめの電力会社をいくつかご紹介しましょう。

まず一つ目が「Loop」です。
四人世帯の場合、10439円お得になります。
これほど大幅に電気料金を削減できるところは他にはないでしょう。

次に「エネワンでんき」です。
四人世帯で、8952円ほど削減することが出来ます。
ただ、一人世帯の場合は契約することが出来ないので注意しましょう。

次に「HTBエナジー」です。
四人世帯で7504円電気料金を節約することが出来ますよ。
一人世帯だとあまり大きな額にならないことがほとんどですが、HTBエナジーでは一人世帯で2520円削減と、群を抜いています。
一人世帯の方はHTBエナジーに契約すると良いでしょう。

中部地方では、多くて5%ほどの値下げが限界になります。
中部地方は、全国で見ても2番目に電気料金が安いため、電力自由化による大きなメリットはあまり見込めません。

しかし、月に数百円の割引でも、1年としてみると数千円お得ということになるので、きちんと比較することをおすすめします。

エネチェンジ

「できる限り電気料金安いところで購入したいけど、会社が多すぎてどこが良いのかわからない…」「1社の提供するプランを比較するだけで骨が折れる…」などなど、電力自由化による恩恵は大きいものですが、実際は困ることも多いですよね。
電力自由化によって、どの企業も電力を売ることができるようになりました。
それにより、企業間の競争が激しくなり、これまでになかったうなお得なプランやサービスが次々と提供されています。

それらからどれを選んでも良い権利を得ている消費者は、一番良いプランを選ぼうとしますから、やはり迷ってしまいます。

そこで、自分にぴったりの企業を探す際にぜひ活用して欲しいのが電力比較サイト「エネチェンジ」です。
エネチェンジは中立した立場でプランを紹介するため、特定の企業だけということはありません。
そのため、自分にとって最良の企業を探すことが出来るのです。
また、エネチェンジからそのまま企業へ申し込みすることが出来るのも魅力。
地域や季節の違いから、今の自分にぴったりのプランを紹介してくれるので、比較する手間を省いてすぐに見つけることができます。

エネチェンジでは、電力自由化を取り入れているイギリスの知識を得た電気のプロが運営しているサイトなので、分からないことや相談したいことがあれば、気軽に問い合わせすることが出来ます。
理解するまで、詳しく教えてくれますよ。

エネチェンジを利用して、電力自由化を最大限に活用しましょう。

エネチェンジの料金プランシミュレーション

2016年より本格的に実施された「電力自由化」。
電力自由化により、これまでは介入できなかった様々な企業が電力を売るようになり、消費者も自由に企業やプランを選択できるようになりました。
企業間の競争は激しさを増し、これまでに無かったような新たなお得プランやサービスが次々と提供されています。

それにより、約25社が提供する料金プランは100を超え、あまりの多さに自分はどのプランがぴったりなのかわからない人がほとんどなのでは無いでしょうか。
全てのプランを比較するのもあまりに大変な作業です。

しかし、そんな手間を一気に省くことが出来るサイトがあるのです。
それは、電力比較サイトの「エネチェンジ」が提供する「料金プランシミュレーション」というもの。
たった三つの質問に答えるだけで、自分にぴったりのプランを選別してくれるのです。

一つ目の質問は、「今の電力会社とプラン」。
ブレーカーも答えます。
二つ目の質問は、「今の電気代と使用量」。
今の電気代は、先月のもので構いません。
最後の質問は、「家庭の特徴」。
何人で住んでいるのか、ガスを利用しているのか、日中の在宅状況や夜間の過ごし方、週末や休日はどうか、など簡単なことしか聞かれません。

これら全てを入力するだけで、100もあるプランからピッタリのものを探し出してれるのです。
こんなに便利なサービスを利用しない手がないでしょう。
エネチェンジの料金プランシミュレーションで、電気料金を削減していきたいですね、

世帯別の年間節約電気料金

2016年、新たに導入される「電力自由化」。
多くの企業が電気を売ることができるようになり、企業間の競争が激しくなるため、消費者側は電力をこれまでよりも安く購入することが出来ます。
全国で約100ものプランが提供されるため、一体どのプランに加入するのが一番良いのかわからない方がほとんどなのではないでしょうか。
ここを疎かにしてしまっては、もっと電気料金を安く抑えられるはずなのに高く払ってしまう事になりかねません。

では、電力自由化により、大体年間でどのくらいの節約ができるのでしょうか。
世帯別に見ていきましょう。

新電力は、とにかくコスト削減を目指しているため、1?5%ほど値下げされると思われます。
これは平均であって、10%値下げの所もありますし、乗り換えたことによって値上げしてしまう場合もあります。
よく比較をするようにしましょう。

では、一律5%節約できるとして見ていきます。
まず、1人世帯の場合。
今の年間電気代が50388円だった時、2519円安くなります。

2人世帯で111300円だった時は、5565円節約出来ることになり、3人世帯で130188円だった場合は、6509円安くなる計算になるのです。
たった5%でも、こうして見るととても大きな額になることが分かります。

ただ、1人世帯とオール電化の家庭は値上げしてしまうケースが多いので、プランは慎重に選ぶようにしましょう。
うまく電力自由化を利用して、電気料金を削減していきたいですね。

北海道の電気料金

電力自由化により、様々な会社から電力を買うことができるようになりました。
競争も激しく、次々と独自のサービスが提供されています。

どうせ電力を買うのなら安い会社からが良いですが、北海道の電力事情はどのようになっているのでしょう。
都道府県の中で最も広い面積を誇り、546.5万人という全国で8番目の人口です。
有名な農業や畜産に加え、たくさんの大規模な工場を持っているため、総消費電力が全国で比較してみても多めなのが特徴。

北海道は寒さに厳しく、やはり冬場の暖房で電力を大幅に消費しがちです。
全国の家庭用電力料金を比較した場合、10社ある中で最も高いのは「北海道電力」になります。
北海道電力は震災後、2度にわたる電気料金の値上げがされました。
それにより、他社を抜いて最も料金が高くなってしまったわけなのですが、全国的に見ると26番目に安い料金ということで、あまり高くはないでしょう。

また、北海道の寒さは電気だけでは補えないため、ガスに頼る家庭がほとんどです。
都市ガスとプロパンガスを含んだガス料金は、全国で最も安い値段となっているので、こちらを中心に使用するようにすると電気料金を安く抑えられるでしょう。
更に灯油を利用すれば、更に安く収まります。

北海道は寒いということで他県よりも電力を消費しがちなように思えますが、実際はそんな事はありません。
むしろ、少ないほうでしょう。
多くある会社から電気料金を比較し、できる限り出費を抑えられるようにしたいものですね。

地域新電力とは?

多くの企業が電力を売れるようになり、競争が激しくなることによってこれまでにない様々なプランやサービスが提供されるようになります。
それらすべての中から自由に選ぶ権利のある消費者は、うまくやれば電気料金を大幅に削減できるとして、注目を集めているのが「電力自由化」です。
とにかく多くの企業が介入してくるため、全国で約100ものプランがあると言われています。

そんな電力自由化ですが、大手電力会社の他に小売事業を目的とした新電力と、地域新電力が加わってきます。
今回は、その「地域新電力」とは一体どのようなものなのか、詳しく説明していきましょう。

地域新電力とは、電気を地産地消することが大きな特徴です。
その土地で作られた電気を、その土地で消費するというものになります。

地域新電力のメリットは、主に二つ挙げられます。
一つ目は、環境に優しいこと。
太陽光発電などの再生可能エネルギーで発電しているので、二酸化炭素などを排出することがありません。

二つ目は、地域を振興できること。
例えば、バイオマス発電は林業の振興が期待できます。
そうすると、循環するお金が増えるため、より地域を活性化させることが出来るのです。

もちろん、デメリットもあります。
それは、料金が高めなこと。
できる限り電気料金を安くしようと電気料金を中心に比較する人がほとんどでしょうが、そのやり方だと確実に地域新電力を利用することはないでしょう。

料金は高くても、環境のため、地域のためを思うのなら、地域新電力をおすすめします。

青森県の電気料金

青森県といえば、あなたは何をイメージしますか?特産品であればりんごがありますし、大きな行事であればねぶた祭りが全国的に有名ですよね。

そんな青森県は、電気料金がかなり高めに設定されています。
なんと、47都道府県中6番目に高いのです。
しかし、それは前までの話。
今は電力自由化により、電気料金を安く抑えられるようになってきています。

電気料金をできる限り安くするためには、会社同士を比較して選別する必要があります。
独自のサービスなども数多く展開されているので、じっくり検討しなけれはならないでしょう。

電気料金の出費を安く抑えるには、これに加えて使用を少なくすることも大切です。
青森県は豪雪地帯なため、やはり暖房で大きく消費してしまいます。
すると、いくら電気料金を比較して安い会社から貰っていたとしても、どうしても高くなってしまいがちです。

そこで、ガスを利用することをおすすめします。
ガスは全国で2番目に安い料金になっているため、こちらを主体に暖を取るようにすると、大きく電気料金をカットすることが出来るのです。
灯油を使うのも一つの手でしょう。

青森県の管轄は東北電力ですが、全国で多く展開されている大手企業と激しい競争がなされています。
そのため、これまでにない一般家庭対象の様々なお得プランが提供されているので、東北電力はとてもオススメできます。

電力自由化の今、最大限にその恩恵を受けたいですよね。
それぞれの会社をじっくりと検討し、電気料金を安く抑えましょう。

乗り換えできない地域

2016年より本格的に実施される「電力自由化」。
様々な企業が電力を売れるようになり、消費者も自由に電力会社を乗り換えできるようになります。
企業間の激しい競争により、これまでになかったお得なプランや新サービスが提供されると、多くの期待が寄せられているのです。

乗り換えする企業によって、電気料金を大幅に削減することができますが、実は「乗り換えできない」地域も中にはあるのをご存知でしたか?乗り換えできない地域は、以下の二つの条件に当てはまる所になります。

一つは、発電設備が乏しいこと。

二つは、送電網の関係により、外から電力を持ってくることが不可能であること。

この条件に当てはまる地域は、主に「沖縄県」「離島」「北海道」になります。
このように、本州から離れている地域の場合、送電線が繋がっていないことが多いため、乗り換えできる電力会社がないのです。
このような地域は、自分たちで電気を発電しているので、電力自由化が実施された後も変わりないでしょう。
「完全自由化」は間違いではありませんが、電気を運ぶための送電線が無ければ全く意味がないのです。

しかし、北海道では一部地域が乗り換えできないだけであって、全てではありません。
送電線が繋がっている所も数多くあるので、北海道にお住まいの方は必ずチェックしておきましょう。

電力自由化の影響が無いのは、電気料金は変わらないという訳ですから、悪いことではありません。
これまで通り、地域の発電を利用しましょう。

岩手県の電気料金

電力自由化が本格的に実施されるようになってから、企業間の競争は激しくなり、独自のお得なプランやサービスが次々と展開されています。
電力会社を自由に選べるようになったため、最もお得に電気を購入することが出来ます。
とても嬉しい制度ですが、それだけに選択肢も広がり、比較をしてみても結局どこが良いのかわからない方も多いことでしょう。
そこで、今回は岩手県の電気料金について詳しく見ていきます。

岩手県は、北海道の次に広い面積を誇っており、全国で2番目に大きいのです。
岩手県は東北に位置しているため、暖をとる必要があります。
そうなると電力をたくさん消費してしまうように思いますが、実際はガスや灯油を頼っているので、暖房で電気料金が高くつくことはあまり無さそうです。

岩手県では、大手の新電力として注目を集めている「PPS」や県内に本社を置いている一般家庭をターゲットとした電力会社も数多くあります。
それらが激しい競争を織り成すため、これまでにないお得なプランやサービスが提供されているのです。
じっくりと比較していくことにより、電気料金をとても安く抑えることが出来るでしょう。

また、電気料金よりも環境のことを考えるのなら再生可能エネルギーを扱っている会社がお勧めです。
岩手県は他県よりも再生可能エネルギーに力を入れているため、比較的手に入りやすいのが特徴。
メリットやデメリットを理解した上で、電力の購入を検討するようにしましょう。

電気料金が安い電力会社

「どうせ電力会社を乗り換えるのなら、できる限り電気料金が安いところがいい」ほとんどの方がこのように思っているのではないでしょうか。
電力自由化により、多数の企業から電力を購入できるようになるため、どこから電気を供給するかは最も重要なポイントになります。
上手くやれば大幅に電気料金を削減できますし、失敗すれば逆に値上げしてしまうケースだってあるのです。

しかし、数多くある電力会社の中から、どこが安いのかを比較していくなんて、簡単なことではありませんよね。
そこで今回は、特に電気料金が安い電力会社をいくつかご紹介しましょう。

まず、「ENEOSでんき」。
一人世帯の場合、約206円ほど節約できます。
ENEOSでんきに加入すると、ガソリン、軽油、灯油がリッター1円引きされるサービスもありますよ。
しばらくは東電エリア内のみでの展開です。

次に、「イーレックス」。
一人世帯の場合、約1202円の節約が可能です。
ちなみに四人世帯になると、約8068円ほど安くなりますよ。
これはとても大きな差ですね。

最後に「HTBエナジー」。
これら三つの中で、最も電気料金が安い電力会社になります。
一人世帯あたり、約2520円の削減が可能です。

これらはプランに加入した額ではなく、シンプルに契約して利用した電気料金での節約代になります。
ここから更にプランに加入すれば、より電気料金を削減できるかもしれません。
ぜひ、電力会社を選ぶ際の参考にしてみてください。

宮城県の電力について

2016年より本格的に実施された「電力自由化」。
これまで電気を売れなかった企業も売れるようになり、消費者は電気の購入先を自由に選択できるようになりました。
企業間の競争は激しさを増し、これまでに無かったような新しいサービスやお得なプランが数多く展開されています。

選択肢が増えれば、それだけ安い電力会社を選んで電気料金を安く抑えられるということです。
では、一体どのような会社があるのか、今回は宮城県に注目して説明しましょう。

宮城県は東北地方で最も人口の多い都道府県です。
元々電気代は比較的安く、ガス代もやや安い程度の料金となっています。
宮城県は中でも再生可能エネルギーである太陽光発電に力を入れている県です。

宮城県の主な電力会社は、「東北電力」「イーレックス・スパーク・マーケティング」「J:COM電力」「F-Power」「エネット」「ミツウロコクリーンエネルギー」「サイサン」「KDDI」「みらい電力」「HTBエナジー」があります。

これだけの企業が顧客を1人でも多くしようと、一般家庭をターゲットとして様々なサービスを提供するわけですから、それぞれを比較してじっくり検討していかなければなりません。

また、電力の供給先もそれぞれ変わってきます。
中でも特徴的なのは宮城県で発電したものを宮城県で消費する、地産地消型の企業でしょう。

電気料金を中心に比較し、この企業から供給することのメリットやデメリットをしっかりと確認することが大切です。

キャッシュバックによる比較

あなたは「電力自由化」について正しく理解していますか?この制度をしっかりと理解して行動しないと、安くなるはずの電気料金も高く支払うことになってしまいます。
電力自由化は、これまで介入できなかった多くの企業が電気を売れるようになるため、そのぶん競争も激しくなります。
そうなると、新たなサービスやお得なプランが提供されることは簡単に想定できますが、「キャッシュバック」について考えたことはあるでしょうか。
競争が激しくなれば、キャッシュバックの額もどんどん上昇していくことが考えられます。

そこで今回は、キャッシュバックに重点を置いた新電力会社をご紹介しましょう。

まず、「ENEOSでんき」。
2000円のキャッシュバックを貰うことができます。
また、2016年3月末までに申し込みをすることで、4月からの料金が割引になるサービスもありますよ。

次に、「イーレックス」。
こちらはENEOSでんきの額に1000円プラスした、3000円のキャッシュバックを貰うことができます。
更に、「価格.com」というサイトから申し込むことにやり、JCBギフト券も付いてきます。
イーレックスに申し込む場合は、価格.comを利用するようにしましょう。

この他にも、キャッシュバックや特典を利用して顧客を増やそうとする会社は多くあります。
ある程度候補を絞っておいて数年ごとに会社を乗り換えし、キャッシュバックや特典を貰うというのも良いでしょう。

茨城県の電力について

関東地方で、太平洋に面している「茨城県」。
茨城県と聞いて、あなたはどのようなイメージを思い浮かべますか?茨城県の首都は水戸市で、水戸納豆が全国的に有名ですよね。

今回は、そんな茨城県の電力について見ていきましょう。
2016年より本格的に実施された電力自由化により、茨城県民にはどのようなメリットがあるのか、説明します。

茨城県は、実は電気料金が全国で比較してみると高めの設定になっています。
47都道府県中37番目の安さと、お世辞にも安いとは言い難い料金なのです。
再生可能エネルギーを利用した発電は全国トップクラスですが、あまり需要はないでしょう。

茨城県が供給できる企業は、「ミツウロコグリーンエネルギー」や「イーレックス・スパーク・マーケティング」など数多くありますが、中でもオススメするのが「東京電力」です。

東京電力の提供するサービスでは、自分の生活サイクルに合わせて電気料金の安いプランを選択できるため、効率よく電気料金を削減することができます。

例えば、「朝得プラン」。
主に昼から夜中、仕事などで留守にする方におすすめのプランです。
午前1時から午前9時まで電気料金が安くなるため、この時間帯に電気を使用すると安く収まります。

この他、「夜得プラン」や「半日お得プラン」も用意されているので、必ず自分に合うサービスを利用することができますよ。

これらはどれも加入条件がないため、どなたでも利用可能です。
どの企業と比較しても、東京電力はオススメします。

ポイント還元のある電力会社

近年、様々なポイントカードが出てきていますよね。
PONTAカードや楽天スーパーポイントなど、お得に貯められるサービスが増えてきています。

実は、今話題を呼んでいる「電力自由化」で、これらを利用した電力会社があるのです。

それはどういうことかと言うと、電力会社と契約することにより、ポイント還元されるという仕組みになっています。
では、ポイント還元される電力会社をそれぞれ比較してみましょう。

まず、「Tポイント」を貯められる会社です。
これはソフトバンクが提供しており、東京電力と提携して様々なサービスを展開しています。
「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」とも手を組み、Tポイントを電気代に付与されるのです。

次に、「PONTA」です。
これは、ドコモが名乗りを上げています。
NTTドコモの利用者のみ可能で、PONTAがドコモと東京電力の仲介するような形で実現されるサービスです。
ちなみに、「PONTA」と「Tポイント」どちらかを選ぶことができますよ。

最後に「楽天スーパーポイント」です。
これを貯められるところは、もちろん「楽天」のみになります。
楽天は電気だけでなく、都市ガスについても様々なサービスを展開しようとしているため、電気とガスの両方とも、楽天スーパーポイントが付与されるサービスが付いていますよ。

このように、電力会社によって付与されるポイントも条件も異なります。
電気料金だけでなく、ポイント還元に関してもきちんと比較すると良いでしょう。

群馬県の電気事情

2016年より本格的に実施された「電力自由化」。
中小企業も電力を売れるようになったり、消費者側も自由に契約する企業を選ぶことが出来たりと、これまでの電力供給の形が大きく変化しました。
また、自由にサービスを提供することが可能となったため、少しでも顧客を増やそうと企業間の競争が激化しています。

それぞれ独自のお得なプランやサービスが展開されているわけですが、やはり地方によって電気料金や提供されるサービスは変わります。
そこで今回は、「群馬県」に注目して説明していきましょう。

草津温泉で全国的に有名な群馬県ですが、太陽光発電にとても力を入れています。
日照時間がとても長く、高知市や甲府市に次いで、全国で5番目の長さを誇っているのです。
固定買取価格制度が新たにスタートされてから、太陽光発電による電力が一般家庭でも利用されるようになりましたが、電力自由化による影響により影が薄くなりつつあります。
しかし、「地域新電力」として、地元に根付いた新たなサービスを次々と提供しているのです。

群馬県を管轄しているのは「東京電力」ですが、その他に全国での小売事業を狙う新電力や、先ほど紹介した地元の新電力などが加わるため、これまでにない独自のお得なプランが提供されています。
それだけ自分にぴったりの企業を選ぶことが出来るわけですから、電気料金を大幅に削減することが出来るでしょう。

電気料金やサービスを中心にそれぞれ比較し、電力自由化による恩恵を受けてくださいね。

夜間割引のプランについて

朝から昼はがっつり働きに出て、帰るのは夜中…という生活を送っている人は多いのではないでしょうか。
帰ってきてからもすぐに寝ることは出来ず、夕食だったりお風呂だったり、必要最低限のことはしなくてはなりません。

2016年に「電力自由化」が導入されますが、このような夜型の生活を送っている人は、夜間割引のプランに加入すると、大幅に電気料金を削減することが出来るでしょう。

昼間は家におらず、基本的に夜帰宅するといったライフスタイルの方は、主に夜間に電気を使用することになります。
夜間割引のプランとは、夜の時間帯の電気料金を安くして、昼間の電気料金を高くするプランのことです。
「従量電力プラン」に加入する人も多いのですが、このように家での活動が極端な場合は、従量電力プランだと確実に損をしてしまいます。
そのため、電気を使用する時間帯が集中しているという場合は、時間により電気料金が異なるプランに加入するようにしましょう。

また、大手電力会社では1時間単位で割引となる時間帯がずらされています。
21時から7時、22時から8時、23時から9時…といった形です。
これなら、自分の活動時間ぴったりに合わせることができますね。

このようなプランも、電力会社によって電気料金が異なります。
1社1社、しっかりと比較するようにしましょう。
もちろんいつでも乗り換えできますから、複数気になるところがあれば、まずはお試し感覚で契約してみるのも良いかもしれません。

比較するなら価格.com

あなたは新たに始まった制度「電力自由化」について正しく理解していますか?電力自由化について無関心のまま放置していると、払わなくてもいいようなお金も払ってしまうことになりかねません。

電力自由化とは、どんな企業も電気を売ることができるようになり、消費者も供給する企業を自由に選択する権利が得られることをさします。
たくさんの企業が介入することで競争も激しさを増しますから、それだけお得なプランや新しいサービスが提供されるようになるのです。

消費者側としてはできる限り電気料金を安く抑えたいものですが、あまりに企業が多すぎたり、プランが豊富であると、どこが一番良いのかなんて分かりませんよね。
地道に比較していっても骨が折れます。

そんな時にぜひ活用してほしいのが「価格.com」というサイトです。
ここでは、お住まいの郵便番号を入力するだけで、様々な視点から企業を比較することが出来ます。
数多くある料金プランから自分にぴったりのものを探すための「料金プランシミュレーション」というサービスもあります。

都道府県ごとに電力事情や電力を供給できる企業を見ることも可能なので、とても詳しく知ることが出来るのです。
電力自由化に関連したニュースも随時更新されているため、これも合わせて読んでおくと良いでしょう。

電力自由化についてよく知らない人や、どの企業から電力を供給すべきかわからず困っている人は、ぜひ「価格.com」を利用してみてください。

電気とセットでお得にする

2016年より本格的に実施される「電力自由化」。
多くの企業が介入し、競争が激しくなることにより、これまでになかったような様々なサービスやお得なプランが提供されます。

約100以上ものプランが用意されている中、できる限り電気料金の安いところを選ぼうとするでしょうが、一つに絞るのは簡単なことではありませんよね。
いくら何回でも乗り換え出来るとはいえ、数が多すぎます。
電気料金を安く抑えるためには、それぞれの企業を比較することが必要不可欠ですが、「セット割引」も見逃してはいけません。

セット割引は、既に利用しているサービスと電気を契約することで、割引になります。
今契約している企業から選択しなければならないため、大幅に選択肢を絞ることが可能です。
さらには請求書も一つにまとまって届くので、便利ですよ。

セット割引には、以下のようなものがあります。

一番のおすすめは「都市ガス、プロパンガス」です。
日常的に利用するものですから、必ず検討するようにしましょう。

「携帯電話、スマホ」もおすすめです。
ただ、解約するタイミングが電力と異なるため、注意してください。
「いつの間にか割引されていない」なんてことにならないようにしましょう。

「スーパーマーケット」や「コンビニ」とのセット割引もありますが、頻繁に利用しないのであれば特に必要はないと思います。
近くに提携しているスーパーマーケットがあったり、毎日コンビニを利用しているという人に
おすすめです。

関西エリアの電気料金

伏見稲荷大社に道頓堀に奈良の大仏に…と観光名所が勢揃いな関西エリア。
住みたい都道府県でも人気を集めています。

そんな関西ですが、電力自由化によって電気料金に大きな影響がもたらされます。
これまでは関西電力から購入していましたが、そこから乗り換えるとどのくらいお得になるのでしょう。
今回は、中でも特にお得な企業を3社ほどご紹介します。
関西エリアにお住まいの方は是非参考にしてみてくださいね。

まず、最もお得になるのは「ソフトバンクでんき」です。
なんと、四人世帯の場合だと18749円もお得になります。
5%ほど割引されていれば良い方ですが、これは12.4%も値引きされています。

次に「はりま電力」です。
こちらもソフトバンクでんきと負けていません。
11.9%引きされており、17969円もお得になります。
ただ、一人世帯の場合だとプラスマイナス0なので、契約しても意味は無いでしょう。

次に、「和歌山電力」です。
はりま電気とあまり変わりありません。
11.8%割引され、一人世帯の場合は0となります。

一人暮らしをしている方は、断然「HTBエナジー」がオススメです。
一人世帯だと数百円ほどと大きく割引されないことがほとんどなのですが、HTBエナジーでは千円単位で値引きされます。
また、HISの旅行が安くなるという特典もついてきますよ。

10%以上割引してくれる企業はそうそうありません。
電力自由化を最大限に活用して電気料金を削減していきましょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ