住宅ポイントってご存知?

この記事は15分で読めます

省エネと住宅用ポイント

省エネと住宅用ポイントについて、先ずは概略を知っておきましょう。
日本は周囲が大海に囲まれており、生活に必要な色んなエネルギー源となる石化燃料などを非常に高額な金額でいくつもの海外の国々から購入しているのです。
したがってわれわれとしては、大いにそのエネルギーを浪費することなく節約せねばなりません。
そこで一般の住宅に住んでいる人たちが、リフォームあるいは新築などなどでその節約に大いに役立つケースには、政府の国土省が中心になって、省エネさらには住宅産業のよりいっそうの発展に大きくつながる場合に、そのような関係省庁からポイントが与えられるというシステムになっているのです。
もちろんエコつまり経済的であり環境に優しいということですから、一般の人たちの意識の高揚に大いにつながっていくものなのです。
省エネルギーと同時に創エネルギーをもとうぜん含まれてることです。
なお上述のエネルギー源としては、中近東の諸国からの石油や天然ガスそして石炭、さらには中国などからの石炭そしてロシアからの天然ガスなどなど、非常に高い買い物に頼っているのが日本の実情なのです。
日本は太陽光に恵まれていますし、地方によっては風力にも恵まれているでしょう。
そこで創エネルギーにも大いに関心を寄せるようにしていくべきなのです。
あなたも、ご家族みんなで日ごろからそのような意識を強くもっておいて、省エネにつながるリフォームなどを大いに工夫しつつ、たくさんのポイントを溜め込んでいってください。

スポンサードリンク

省エネと住宅用ポイント?新築・リフォーム(1)

ここでいうポイントというのは、前記の国土省の関係する行政機関から発行されるもので、それが得られるといわゆる地域産品あるいは、商品券などに交換ができるものです。
既存の住宅内において、夏は涼しくそして冬は暖かくなるような”断熱効果”があること、そして新築においてはそのような効果があること、そして ”エコ住宅”と称されるようなケースにも、ポイントを得ることができる対象になるのです。
いずれの場合にも、ぜひとも行政機関などに問あわせてみましょう。
平日にも自宅に居ると電話あるいは訪問によってリフォーム業者のコマーシャルあるいは提案などを聞くことがあるものですから大いに質問などでして、自宅のバリアフリーのリフォームのことも含めつつ、大きい関心をもっておくことが強く勧められることです。
なお、ポイントが得られる対象になるかどうかは、行政機関への届け出などによって認定されることが必要になってきます。
ここで、最近は太陽光発電システムとして創エネルギーの大きい対象にはなりますが、あくまで電気を作るものということで、ポイントの対象には、現在の時点では対象外となっています。
いっぽうの太陽熱利用システムについては、屋根の上に水をはった平らな容器による太陽熱温水器で暖められた温水を作り出すシシテムです。
つまり住居内における給湯を目的としているものとして、ここでいうポイントの対象になっています。
つまりトータル的にみて、住居内において外界との断熱化につながることが、もっとも大きい対象になるということなのです。

省エネと住宅用ポイント?新築・リフォーム(2)

われわれとしては、たとえばキッチンやバスルームそして居間や応接室さらには2階への階段そして窓などにおいて、まして高齢者などが同居して子供も大きくなってくると、どうしてもリフォームを思うことになるでしょうから、ポイントシステムに関係していることを大いに知っておきたいものです。
先述の給湯器システムとしては、キッチンおよびバスルームなどが中心的な対象になるでしょう。
そして普通は住居における省エネというと、消費電力の多いエアコンディショナーいわゆる冷暖房装置あるいは電気冷蔵庫などをエコタイプの高性能なものへの交換とか、室内の電球の低消費タイプなどを思ったりするものです。
しかし、たんにそのような短絡的なことではなくて、ここでいうのは住宅そのももの構造的なことに関係してくることなのです。
すなわち屋根とか壁そして窓さらには床などにおいて、外部からの熱の出入りを最小限にしようというものです。
関係省庁がかって調査した結果としては、夏には90%以上そして冬にはおおよそ80%もの熱が部屋の内外で出入りしているといわれています。
すわわちエアコンディショナーなどをフルに稼働して、住宅自身の構造的なシチュエーションによって、それぞれの部分における外部との”断熱化”こそがもっとも重要ということであり、それほで住宅自体の構造的な影響が大きいことを、われわれはよく知っておかねばならないのです。
なお熱には直接関係ないようですが、公害の防止という意味によってそれらに使用される材料としては、断熱効果と同時に防音効果をも効果的に維持されているものなのです。
そのような使用資材でしたら、まさに一石二鳥といったところでしょう。

省エネと住宅用ポイントの制度(1)

省エネと住宅用ポイントの制度をより具体的に知っておいて、家族としての関心を大きく寄せるようになっていきましょう。
前記のように国土省による関係省庁によって発行されるポイント数については、新築の家屋でしたら1軒について30ポイントであり、リフォームにおいては、1軒あたりの上限があって30ポイントと規定されています。
とうぜんその住居の構造的な内容そして条件などによって、そのポイント数はその範囲で異なってくるものです。
そして、そのリフォーム自体に耐震のための改修などが含まれるケースにおいてのみ、1軒に付き上限は45ポイントになっています。
また関係する行政機関に対しての申請は、原則的には住居自体の人によってなされるものですが、リフォームなどの業者との協同になることもあるでしょう。
行政機関への手続きとして必要なのは、やはり明確な工事および条件が記入された「ポイント発行申請書」および「ポイント交換申請書」そして「工事完了報告書」などになっています。
ただし地方あるいは行政機関などによって部分的に異なるケースが多々あるようですから、あらかじめ問い合わせておきましょう。
なお、この省エネ住宅ポイント制度は、先にも述べましたように、省エネのための住宅の新築およびエコリフォームの日本というエネルギー源の不足を補充するこを目的としたのので、さらにわれわれのようなエネルギーの一般的な消費者の需要を呼びおこしつつ、加えては住宅への投資の拡大を図ることこそが最大の目的の中心のなっているのです。
家族揃っての意識の高揚が強く望まれることです。

省エネと住宅用ポイントの制度(2)

省エネと住宅用ポイントの制度に関係することの基本的なことを知っておきましょう。
よく疑問になっていることとして、住宅自体はいわゆる戸建てにのみに限られているかということですが、たとえば集合住宅であったりアパートのたぐい、さらにはマンション的なケースも含まれているものです。
これらは省エネの対策として十分に効果的であれば、もちろん対象になってきますので、住んでおられる人たちは、大いに関心を寄せていってください。
たとえばマンションなどでしたら、大きい窓やバリアフリーなどにおける改装などなどが検討の対象になりますので、そのような見地からの考察をしてみてください。
なお集合住宅でも同様ですが、とうぜんながら建屋自体の部分的な改装になりますので、ポイントを得るシステムについてはいわゆる大家さんとかそのオーナーさらには関係する不動屋さんとの協議が必要になってくることがあります。
なお借家はまったくの対象外であることも知っておくと同時に、エコ住宅を新築するケースにおいての法的な条件の主要なことには以下のことが挙げられています(順不同)。
原則としては、もちろん持ち家としてご自身が住むための下記のような住宅であることは先述のとおりです(一部重複)。
1.あくまで木造による住宅であって、断熱性などの性能が公的規制のレベル4に相当すること。
2.やはり木造であって、電気などような1次エネルギーの消費量が同様にレベル4に相当すること。
3.省エネルギー対策のレベル4であること。
4.その他
これらのいずれかに該当することが必要なのですが、それぞれの規定を確実に満たしているという住宅性能評価のための機関などによる第三者の公的な評価が必要になってきます。

省エネと住宅用ポイントの制度(3)

昨今になって、とりわけ木造の戸建て住宅の省エネのためのエコ思想を強く含んだリフォームが増えてきています。
ネットサイトにおいても、自宅のいくつもの条件を具体的にインプットすれば、複数のリフォーム業者および諸条件などが得られるようにもなっていますので、いちどぜひともトライしてみましょう。
一般的にはエコリフォームについては、大半の住宅そのものが対象になっています。
なおみなさんのお住まいの市町村にある行政機関などにも問い合わせしてください。
いくつもの効果的でポイントにつながるヒントなどが得られることでしょう。
ここではより具体的な一般住宅におけるリフォームの公的な対象の一部をご説明しておきます。
つまりその内容としては、以下のように規定されています。
1.外壁および屋根そして天井さらには床の断熱改修。
2.とくに日光がよく当たる窓の断熱改修。
3.いわゆる設備エコ改修であってエコ住宅設備としてレベル3以上を伴うもので、さらにはバリアフリー=手すりの新設や段差の解消そ  して廊下などの幅の拡張なども含まれます。
4.太陽熱利用の温水システムおよおよびび高断熱浴槽そして高効率給湯機など。
さらには、既存の住宅の購入によるエコリフォームも対象になりますが、いくつかの条件などがありますので、適時行政機関などに訊いてみましょう。
色んなアドバイスがきっと得られることでしょうから。
住宅内にある機器類ではなくて、家屋そのものでの断熱ということをよく意識しておいてください。

省エネと住宅用ポイントの制度(4)

省エネと住宅用ポイントの制度に関して、知人の例においていくつかの疑問点があったとのことで、訊いてみた中からその一部を述べておきましょう。
先ずは日程についてですが、まったく新しく建てる注文住宅または分譲住宅があり、さらには平成26年末までに完成している新築の住宅となっています。
そこには、工事完了の日から1年未満であってまったく人が住むために提供されていないことという条件もあります。
また省エネのための改修が完全に終了してからの写真の提出が必要ですが、工事前のものは必要にはなっていません。
ただ外壁や屋根また天井そして外壁さらには床の断熱改修、加えて耐震リフォームにおいてはとくに工事中の写真を求められます。
太陽熱システムにおける補充システムで経験した例を聞かれたことがあるでしょうが、予定していた期間が過ぎるとポイントが得られないことがあるようなことが無いとも限らないとのことです。
あらかじめ、関係する行政機関あるいは確実なリフォーム業者などに確認しておきましょう。
なおサラリーマンなどにおけるような所得制限はとくにはありませんので、大いに住居自体の断熱の改善に取り組んでください。
なお、工事が終了する前に工事条件などを途中で変更して、もし省エネの効果や性能が不足していまっていたら、ポイントの交換も取り消しになってしまいます。
したがって返却せねばならないケースもあることを知っておきましょう。
さらには、リフォーム業者の失敗しない選び方をも同時によく学んでおくべきことです。

省エネと住宅用ポイントの制度(5)

省エネと住宅用ポイントの制度に関し、木造の自宅において表先にオフィスおよび店舗を構えて自営業を営んでいるケースには、オフィスなどでエコ対策の断熱改善などをしても、ポイント獲得の対象にはならないのです。
あくまで住宅部分のみであることを知っておきましょう。
数年以前にエコポイントを得ているものの、時期的にみてさらに省エネ改善をおこなったケースは、年度数などによって変わってきますので、関係する行政機関あるいは定評があって今回リフォームの依頼を予定しているリフォーム業者に確認してください。
なお住まい給付金においても、省エネに関しての諸条件を満足しておれば、両方をもらうことができます。
もっとも具体的で詳細なことは、やはり東京にある国土交通省住宅局住宅生産課への問い合わせが確実です。
なお長年住んできた木造のマイホームですが、応接間を増築したときの窓をエコリフォームするケースも、窓の断熱改修としての条件を満たしておれば、エコポイントの対象になりますので、申請するようにしてください。
また自宅の建築年数についてはとくに関係は無く、省エネ改修の条件に合っていればポイントの対象になります。
先にも述べたことですが、改修する人自身あるいは親族そしてリフォーム業者によって申請することができますが、ぜひともポイント獲得を実現するには、すべてを早期にそして計画的に始めていくことがとても大切になってきます。
なお今年つまり平成27年においては、3月からすでに受付が始まっていて、国土省としての予算が無くなると受付はできません。
現時点の予想としては、同年の11月末日に締め切られるようですから、タイミングを逸しないようにしてください。

省エネと住宅用ポイントの制度?電力

省エネと住宅用ポイントの獲得にとくに大きく関係しているのが、省エネそして創エネとのつながりとしての家庭における電気の消費量(=電気代)があります。
すなわち住宅内に設置されている電化製品のみのことではなくて、家屋そのものにおける断熱改修によっては、その消費量も低減されることにつながるのです。
そして事業用もまったく同様ですが、家庭用の電力は発電所から送電されてきていますので、ここで少しそのことに触れておきましょう。
日本における発電所には原子力発電によるもののほか、大半は火力発電によっています。
そしてその稼働に必要な燃料こそが、中近東などの海外からの石化燃料すなわち石油とか石炭そして天然ガスなどがあるのです。
われわれが毎月支払っている電気代がそれらに結びついているといくことですから、省エネおよび創エネさらにはエコそのもがいかに日本では大きい課題であるかということなのです。
なおよく聞かれるエコ対策に関して、いわゆる”再生可能ネネルギー”というのは、太陽光発電あるいは水力や風力によっての発電のことを意味しており、まったく自然の力に頼っているもののことです。
ここにおける省エネと住宅用ポイントの制度の背景として、このような非常に大きいことがあることを知っておくだけでも、省エネと住宅用ポイントの制度を知って進めていくことの重要な意味合いがあるのです。
先述のようにリフォーム業者の選択においては、これらのことにもよく精通している業者そして住宅関連企業などへのコンタクトも大切であるということでしょう。

省エネと住宅用ポイント?リフォーム業者(1)

省エネと住宅用ポイントにおいては、一部先述のようにリフォーム業者の選択には十分に意識しつつ慎重に対応していきたいものです。
とうぜんかのように、作業者は自宅の奥の間まで入ってこられるのですから、そのようなスタッフのマナーまでが大いに気になるでしょうし、自分の市町村に近いところの業者を選びたいものです。
賃貸の住宅あるいは集合住宅さらにはアパートとかマンションでしたら、先ずは大家さんとかオーナーそして親しい不動産屋などにも相談しつつ訊いてみましょう。
行政機関などとのつながりが強いことも、とくにいうまでもなく大いに重要視すべきことです。
インターネットシステムには、リフォーム業者の選択のためのネットサイトがいくつもあります。
自宅の住所とか筑年数さらには自宅の改修したい場所つまり窓や壁、さらには屋根や通路などなどを具体的にインプットしつつ、おおまかな予算についても記入できれば、よりよい提案事項そして大体の改装によ要する費用などなどをメールまたは電話で通知してくれます。
とりわけ改修を始める時期がもっとも重要になってくるでしょう。。
なおわたし自身の住居の玄関先にある郵便受けポストにも、コマーシャルのチラシなどがよく入っていますが、近郊以外にかなり遠方からのリフォーム業者のものまでいろいろあるようです。
もし皆さんがそのような人と会うことがあれば、その来宅したスタッフなどのマナーそしてその業者の近郊での実績などによく関心をよせておきましょう。
そして家族ともども大いに気にいれば、たとえ複数の業者が来宅しても忌憚のないところを述べてください。

省エネと住宅用ポイント?リフォーム業者(2)

省エネと住宅用ポイントに関しては、前記のように住居などの改修工事はとうぜんながらリフォーム業者に依頼することになります。
しかしなかにはいわゆる”ボッタクリ屋”とも称されるような業者が多くいるのが実状であることをよく意識しておきましょう。
最近は新聞などでも「リフォーム業者の選び方」という小冊子を無料で提供しているコマーシャルを見ることが多々あります。
ネットサイトでも見られますように、住居の改修で壁そして屋根などなどをすべて含むと、そのトータル費用はなんと数十万円前後という実例もあるようです。
ネットサイトなどによって初めて下調べに来てくれた見積もり営業スタッフとは、十分に改修内容そして時期などを説明してください。
大体の予算をいうのもよいでしょうが、時期的なことは十分に明確にしておくことがもっとも大切なのです。
そしてそのスタッフとの協議内容は、かならず明文化しておいてください。
相互の理解の仕方が相違したり誤解さらには曖昧のままにしておかないことが必要であり、すべてのことはかならず明文化しておきましょう。
先方はその道のプロですから、いくつものアドヴァイスをしてくれますので、大いに参考にしていってください。
なお作業の具体的な日程表もかならず提出してもらいましょう。
さらにとうぜんのことですが、改装に来るのは工事の作業者ですから、営業スタッフとは異なっています。
先方のそこでのコミュニケーションが完全でなければなりません。

省エネと住宅用ポイント?申請準備(1)

省エネのためのエコリフォームの改修時において、、行政機関からポイントをもらうためにあらかじめ準備しておくことを知っておきましょう。
なおそのタイミングを逸することのないよう早い目に進めておいてください。
また先述のようなリフォーム業者つまり工事の請負契約を伴ったエコリフォームが対象です。
同時にその業者との契約書の提出も必要になってきます。
そして以下のいずれもが必要であって、
1. ポイント発行・交換申請書。
2.一括申請(工事完了前ポイント発行申請)。
3.一括申請(ポイント発行申請)。
4.戸別申請(工事完了前ポイント発行申請)。
5.戸別申請(ポイント発行申請)。
さらには、国土省とか該当する行政機関でも確認できることもありますが、下記の書類までもが必要です。
つまりエコリフォーム対象別添付書類として、改修作業をする人そして関係するすべての人にも必要な書類などがあります。
A.工事証明書(リフォーム・戸別用)
B. 申請者の本人確認ができる一般の書類としては、健康保険被保険者証(健康保険証)・ 後期高齢者医療被保険者証・運転免許証・住民 票の写し・日本国パスポート・在留カードあるいは 特別永住者証明書。
のいずれか一つでよいことになっています。
なお改修するのが自営業のような法人であれば、その法人の実在が確認ができる書類および法人印の印鑑証明も必要です。
以上のようにいくつもの証明書などが必要になってきますので、準備をできるだけ簡単に済まされるよう、リフォーム業者ともよく相談しておきましょう。

省エネと住宅用ポイント?申請準備(2)

省エネと住宅用ポイントを獲得するための申請準備には、前記のようにとても面倒なことが伴うものですから、リフォーム業者への一括依頼ができる部分もあるものの、どうしても自分自身で行政機関へ出向く必要もでてきますのであらかじめ心得ておきましょう。
なお、ここでは家屋自体におけるいくつかの構造的な実例について一部を述べておきます。
1.窓の断熱改修を申請する場合:
・ 窓枠およびガラスの強度に関する性能証明書。
  ・工事写真=工事後でのすべての窓ごとに撮影したもの)。
2.外壁および屋根・天井さらに床の断熱改修を申請する場合での納品書あるいは施工証明書および納品書(ボード系・マット系)、さら  に施工証明書。
  なお工事写真については、改修個所つまり外壁・屋根・天井・床のそれぞれの工事中のもの。
3.太陽熱利用システム(温水器用など)を申請する場合には、 太陽熱利用システムの性能証明書そして工事写真(工事後のもの)。
4.節水型トイレについて申請する場合は、該当する製品の証明書そして納品書のコピーおよび対象製品証明書そして工事後での写真 。
5.高断熱浴槽を申請する場合は、その高断熱浴槽の性能証明書および工事後に撮影した写真。
6.高効率給湯機をについては、その製品証明書および納品書のコピーそして対象製品証明書と工事後での写真。
7.節湯水栓に場合には、その製品証明書および納品書のコピーそして対象製品証明書および工事終了後の写真。
8.バリアフリー改修を申請する場合は、工事後のすべての部分ごとに撮影した写真。

省エネと住宅用ポイント?申請準備(3)

リフォーム業者には、なんと数十万円にもおよぶ工事費用を支払うこともあるようですし、ポイントを得るためも色んな提出書類があるものです。
改修にあたっては、シーズンに適応した効果的になるよう、リフォーム業者とは十分に協議しておきましょう。
なお前記のほかには、さらに次に述べるような事項もあることを知っておきましょう。
1.耐震のための改修加算を申請するケースには、その改修申告書および省エネ住宅ポイント制度用耐震改修証明書の原本、あるいは住宅  耐震改修証明書(所得税用)の写し、そして工事中の状況を撮影した写真 。
2.既存の住宅購入加算を申請する場合においては、不動産売買契約書。
3.その他
  エコ改修の部分そして年度末などのタイミングによって多少の差異があるます。
4.振込口座が確認できる通帳など。
次いでは、自分ではなくポイントの申請を代理者に依頼するケースについては以下のとおりです。
代理申請者つまり改修する住居の本人確認が確実に可能な公的な書類で、運転免許証・日本国パスポート・在留カードまたは特別永住者証明書・健康保険被保険者証(健康保険証)または後期高齢者医療被保険者証・住民票の写し、そして即時交換を行うケースには即時交換申請書などのいずれかの一つです。
なお、即時交換における委任解除合意書についてはその申請書からの入手が可能ですから、即時交換を解除する時に作成すればよいことになっています。
もし申請後に即時交換を解除したいケース生じたら、かならず前以て関係する行政機関に通知してください。
この場合においても、即時交換工事の写真が必要になってきます。

省エネと住宅用ポイント?交換商品(1)

省エネと住宅用ポイントに関して、どのような 交換商品を選べるかについて知っておきましょう。
なおインターネットサイトによって、以下のそれぞれを調べることができますので、あらかじめ楽しみに知っておいてください。
すなわち関係する事業者あるいはサービスなどのリストからも選ぶことができますし、商品およびプリペイドカードさらに寄付団体などのような中からも調べることができます。
1.あなたの地域振興に資するもの:
  お住まいの近くで使える商品券あるいはユニークな特産品とポイントを交換できます。
なるだけあなたの地元の活性化につながるものを選びたいものです。
2.あなたの周辺も含めた商店街および商工会議所などの商品券。
3.全国的な色んな地域の特産物。
4.まったく見知らぬ土地とか震災などの被災地でのものなど、あなたが興味をもつものもきっと見つかるでしょう。
5.とくに省エネあるいは環境への対策にかかわるようなエコ商品。
6.全国において使用が可能な商品券またはプリペイドカード。
7.色んな種類の商品券あるいは食事券さらには旅行券そして公共交通機関の乗車券。
8.その他。
なお、全国でユニークな環境問題に取り組む団体に1ポイントから寄付することもできることを知っておきましょう(後述参照)。
さらにネットサイトいにょっては、ポイント数などの条件を指定しつつ調べることができます。
そして商品券等については、使用が可能な範囲および有効期限の定めが規定されていることがありますので、あらかじめ調べておきましょう。
省エネ住宅ポイント交換商品カタログについては、パソコンによってダウンロードすることも可能です。

省エネと住宅用ポイント?商品交換(2)

省エネと住宅用ポイントの商品などへの対象となる注意事項とか具体的な事などでの主なものをさらに述べておきましょう。
1.ポイント交換には期限があって、現時点においては平成28年1月15日と法的に定められていです。
2.商品との交換においての選択はまったく自由ですが、とくに前記のように省エネまたは環境配慮に優れたエコ商品あるいはエコ商品券 などが大いに勧められるでしょう。
3. 地域の産業の発展につながるような地域での商品券とか地域の生産商品さらには復興支援商品など。
4. ポイントのゲットとはまったく異なりますが、環境および復興への寄付にも活用できます。
  たとえば環境への寄付に関する対象としては、地球温暖化防止・廃棄物対策・リサイクル、そして自然界の保護および生物の多様性   保全と森林の緑化。
5.公害においてもとくに大きい環境汚染などに関しては、大気および河川などの水そして土壌環境の保全に加えて化学物質対策、さらに は環境教育そして人材育成。
6. とくに復興寄付に関しては、東日本大震災の復興が対象になっています。
”即時交換”として、平成28年2月15日までに完了報告が可能なケースに限って、エコ住宅の新築およびエコリフォームにより得 られたポイントを、該当する工事施工業者が追加で実施する工事の費用に充当することがあります。
7. 即時交換(一部前述参照)を利用するケースには、ポイントの発行申請と同時に即時交換申請しておかねばなりません。
8.追加工事の費用に充てるポイントの発行対象となった工事費用への充当はできませんし、また工事の分離発注に際しては、即時交換の 利用はできません。
どうしても即時交換の申請が生じてきたら、かならず該当する行政機関へ申しでてください。

省エネと住宅用ポイントの活用

省エネと住宅用ポイントの活用については、だれしもが工事とくに追加が生じたケースなどの費用の充当にすることを思うものです。
しかしその対象となるのは、あくまでポイント発行の対象となって改修業者が施工した追加またはグレードアップのもののみが対象になることを知っておいてください。
さらにエコ住宅としての新築およびエコリフォームに関しては、工事施工者そしてエコ住宅の購入は販売事業者となります。
そしてポイント発行申請と同時に即時交換申請書の提出が必要になってきます。
即時交換を行う場合、郵送は許されておりませんので、かならず事業者が代理の申請を行うことになります。
さらに工事完了前においての即時交換を利用するケースになれば、平成28年2月15日までに即時交換工事を含めて完了しており、かならず了報告をしておかねばなりません。
なお即時交換の代金振込みは、完了報告後に行うことになります。
ここで再度、即時交換について改めて述べておきますと、これはエコ住宅の新築あるいはエコリフォームにより得られたポイントを、当該工事を行う施工業者のみが実施する追加工事あるいはグレードアップ工事のみの費用に充当することを意味します。
なおここでの即時交換のルールとして、利用するポイントの金額への換算は1ポイント=1円とされています。
そして換算できるののは1,000ポイント単位としての充当が可能です。
ここで実際問題としてこの充当に際しては、よくトラブルの発生につながっていることがありますので、あらかじめ十分に調べておきましょう。

省エネと住宅用ポイント?交換での留意点

省エネと住宅用のポイント交換にあたっての申請およびゲットの方法などについての留意点を少し知っておきましょう。
申し込みにあたって、その送料そして多数料などは、いちおうは交換に必要なポイント数に含まれています。
しかし交換する商品によっては、交換に必要なポイント数以外に送料および設置取付料などが別途必要になることがります。
具体的な詳細については、関係する行政機関あるいは実績の多いリフォーム業者などに訊いてみてください。
商品によっては、地域そして受け渡し方法さらには期間そして数量などが限られているものもあります。
とりわけポイント発行申請書において希望する交換商品を記入するときには、一度に可能な種類はそれぞれ五つまでになっていますし、申込み後でのの取り消しおよび返品はできないことになっています。
間違った商品とか数量のケースになると、交換などはなされることなくポイントの発行になることもあります。
さらに便利である商品券については、商品ごとに手数料が設定されています。
したがって、商品の組み合わせあるいは同額の商品券などにおいても、交換に必要なポイント数が異なる場合があります。
たとえば5,000円分以下での手数料は100点相当がありますが、5,000円分を超える場合は手数料なしのことがあります。
希望された商品が届けられる日程とか時間などは、商品の交換事業者によってかりの相違があります。
行政機関からの獲得ポイントの通知ハガキおよび商品発送先の住所を変更するケースがあれば、早期に関係先に連絡してください。
なお即時交換については、一般の商品の交換とは申請の方法が異なっています。

省エネと住宅用ポイント?エコ住宅

省エネは英語では Saving-Energy であってエネルギー消費の低減あるいは節約さらには蓄えることを意味しています。
いっぽうのエコというのは、Economy および Ecology つまり経済性および優しい環境などへの対応の意味があります。
したがってエコ住宅ともなれば、これれの両方においてとても重要なことになってきます。
本題に関しての新築のケースに対象となるのは、平成26年12月27日以降に工事の請負契約が完了したものが対象になっています。
したがって契約の締結日としては平成28年3月31日までが含まれることになります。
住宅に限らず、昨今はエコという言葉が盛んに使用されるようになって、一般の人たちにも大いに浸透してきているのは、高額な海外からのエネルギーに頼っている日本という国においては、非常に喜ばしいことなのです。
先進諸国の欧米でのエコということは、なんと小学校においても強く教育されております。
とくにヨーロッパの人たちが来日して先ず驚くことが、夜間の街灯やネオンサインなどのあまりにも強い明るさだそうです。
われわれが考えている省エネルギーを取り入れた住宅そして産業設備などの大きい展開が、これからの日本経済を大きく左右されることになるでしょう。
エコ住宅の新築そして上述のような意味においても、住宅ポイントシステムこそは、一般の人たちにとってもじつに親しみやすいテーマといえるでしょう。
これらのことに大いに関心をもっておいて、あなたもぜひとも”ポイント稼ぎ”(?)になってみませんか?

省エネと住宅用ポイント?要約

省エネと住宅用ポイントに関しては、日本におけるエネルギー問題を大きく取り上げることによって、エネルギーコストの低減そして住宅産業のこれからの大きい発展に寄与しつつ、効果的な貢献が実現されることに大展開する糸口の発端ともなっているものです。
われわれみんながこのことに大いに関心を寄せつつ、とりわけ小学校?中学校での基礎教育をもっともっと充実させるべきでしょう。
今回ここで述べてきたことを、以下のように要約してみました。
1.省エネルギーそして住宅ポイントシステムは、非常に有効なエネルギー問題の解決につながるものです。
2.得られたポイントにより、地域の発展および災害地の復興に役立たせる商品券やプリペイドカードなどに大きい魅力があること。
3.ポイントの申請のタイミングを決して逸しないこと。
4.対象となるのは、屋内になる機器類ではなくて、家屋そのものの構造的な改装=リフォームであること。
5.一般の人がもっとも注意すべきことは、実績が多くてスタッフのマナーの良いリフォーム業者を選ぶこと。
  このことがもっとも大切であって、あとあとでのクレーム処理にもつながることがあるからです。
6. 国土交通省などの行政機関への申請においても、リフォーム業者との密接な連携がとても大切であること。
7. 昨今とくに日本では増加が望まれる太陽光発電システムは対象外であって、太陽熱システムは対象に含まれること。
8.国産の自動車のエコカーとまったく同様に、これからの日本においては決して欠かせないものになっていくでしょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ