伊勢神宮の基礎知識と旅行や宿情報

この記事は14分で読めます

伊勢神宮への旅行

伊勢神宮を知らない人はいないかもしれませんが、実際に旅行で訪れたことがない人もいるでしょう。
これから伊勢神宮に行くなら、しっかりと計画を立てましょう。
もちろん、インターネットを利用すれば、たくさんの情報が集まります。
旅行会社を経由して計画を立てなくても、インターネットで宿泊施設を予約すればいいのです。
近くには志摩温泉があります。
伊勢神宮に参拝した後は温泉でゆっくりとくつろぎましょう。
移動手段はしっかりと押さえておいてください。
伊勢神宮から志摩温泉への移動は約40分です。
レンタカーを利用することもできますし、公共交通機関でもいいでしょう。
ゆっくりとしてください。
伊勢神宮のパワースポットを体で感じましょう。
伊勢神宮の魅力を存分に味わってもらうために、地元の伊勢商工会議所ではお伊勢さん観光案内人を養成しています。
お伊勢参りの歴史や参拝方法など、伊勢神宮をよく知ってもらうための活動をしているのです。
もちろん、観光案内ですから、伊勢神宮の周辺の宿の情報なども詳しく教えてくれるでしょう。
楽しく、思い出に残るお伊勢参りにしたいものです。
日中は多くの人が訪れる伊勢神宮ですが、早朝なら比較的すいています。
早朝のすがすがしい気持ちで伊勢神宮に訪れてみてはどうでしょうか。
宿泊施設を近くにしておけば、楽に行けるでしょう。
旅行プランをしっかりと計画しておくことが大切です。
初めて伊勢神宮に行くなら、魅力を満喫してください。

スポンサードリンク

伊勢神宮の魅力

伊勢神宮の魅力はどこにあるのでしょうか。
もちろん、パワースポットとしての魅力もあるのですが、観光旅行であれば伊勢神宮だけではなく、その周辺の魅力も感じたいものです。
宿泊施設をどこにするか迷っている人もいるでしょうが、伊勢志摩と言われるように、この広いは共同で観光を盛り上げようとしています。
例えば、伊勢市駅前の荷物預かり所では伊勢神宮参拝の前に荷物を預けておけば、宿泊施設まで配送してくれるのです。
もちろん、お金は必要ですが、伊勢志摩地域が対象となっています。
伊勢神宮には内宮と外宮の2つがあります。
その間はちょっと離れていますから、散策コースには持ってこいです。
外宮から内宮の順番が昔から習わしとなっています。
内宮に至るまでの間は「おはらい町」と呼ばれている地域があります。
伊勢神宮の鳥居前町として昔から栄えてきました。
実際に歩いていこうとすると、ちょっと時間がかかります。
距離にして4.5kmもあるからです。
ただ、その間にはいろいろと見どころがあります。
事前に情報を仕入れておきましょう。
すべてを見るのではなく、自分が行ってみたいところをピックアップしておくのです。
それ以外のところはバスなどを利用するといいでしょう。
途中には地下道もあります。
現代と伊勢をつなぐタイムトンネルだそうです。
地域を上げて、旅行客に楽しんでもらおうとしているのです。
宿泊をどこにするかも重要ですね。
伊勢神宮を1日かけてゆっくりと回れば、後はゆっくりと宿でくつろぎましょう。
旅行会社のツアーを利用してもいいですが、自分で好きなように旅行計画を立てた方がいいですね。

伊勢神宮の宿

伊勢神宮の近くの宿泊施設を紹介しましょう。
旅行の計画を自分で立てるつもりなら、宿の場所もしっかりと押さえておきましょう。
「いにしえの宿 伊久」に泊まれば、内宮まで歩いて10分です。
ゆっくり泊まってから、早朝の散歩で内宮に参拝するのはどうでしょうか。
宿泊施設内にはいくつかのお湯があります。
ちょっとした湯めぐりを楽しんでください。
伊勢市駅のすぐ近くにある伊勢神泉は歩いて2分です。
伊勢市街地では初の天然温泉の宿として注目を集めています。
おいしい地元の食材を使った食事を堪能してください。
旅の疲れを癒してくれることでしょう。
宿泊費を抑えたいなら、伊勢パールピアホテルでしょう。
ビジネス・観光の拠点として利用客も多いようです。
幻想的な雰囲気の「斎王の宮」は平成の世から続いているような見事な建物です。
歴史とロマンを再現した宿として、伊勢神宮参拝の雰囲気を盛り上げてくれることでしょう。
雄大な自然に囲まれた宿泊を楽しみたいなら、千の杜でしょうか。
敷地内にはいろいろな施設があります。
豊富な食材をたっぷり食べて、リフレッシュしましょう。
伊勢神宮からはちょっと離れていますから、タクシーを利用した方がいいですね。
ビジネス利用なら伊勢シティホテルです。
もちろん、設備やサービスは問題ありません。
旅行の計画を立てる時には宿泊施設は重要です。
ホテルでくつろげるかどうかで旅行が楽しいかどうかが決まるからです。
あなたの旅行が楽しいものになることを願っています。

伊勢神宮ガイド

旅行に行くなら事前にしっかりと予備知識を入れておくことが大切です。
伊勢神宮もしかりです。
これから伊勢神宮参拝をする場合、インターネットで調べておきましょう。
ガイドブックやスマホであちらこちらを見ながら廻るのもいいですが、無料のガイドを依頼してはどうでしょうか。
お伊勢さん観光ガイドの会は伊勢旅行を楽しんでもらおうとボランティアのガイドをしてくれるところです。
歴史にも詳しい人たちですから、より詳しく伊勢神宮を知ることができるでしょう。
インターネットで無料ガイドを申し込めばいいだけです。
ガイド料は無料ですが、移動のための交通費、昼食代などが必要です。
観光案内所でも申し込むことができます。
伊勢神宮旅行ならぜひ検討してみてください。
ただ、ガイドさんによる説明は外宮で1時間、内宮は1時間半もかかります。
時間に余裕を持って計画を立てた方がいいですね。
基本的には伊勢神宮参拝は1日かかります。
宿泊は近くに取った方がいいでしょう。
もちろん、翌日は志摩の方に行くつもりなら、宿泊はしま地域でもいいでしょう。
インターネットで情報を収集しておくと、旅行計画が立てやすいですね。
ただ、事前に伊勢神宮の歴史やしきたりなどを知っておくと、その魅力が高まることは間違いありません。
一人で伊勢神宮を廻る旅行もいいですが、夫婦ではどうでしょうか。
何度も伊勢神宮に来たことがあれば、もう慣れているのかもしれませんね。
旅行はいつも楽しいものです。

伊勢神宮ツアー

伊勢神宮旅行ツアーは旅行会社各社が企画しています。
料金によって内容は異なりますが、伊勢神宮をしっかりと参拝できるツアーを選択しましょう。
日本の心と言われている伊勢神宮です。
あわただしく廻るのはもったいないのです。
基本的に1日かけて伊勢神宮参拝をしてください。
ツアーでも自由行動がベストです。
早朝から参拝してください。
外宮を廻って昼食です。
そして午後から内宮廻りでしょう。
近くの観光スポットも楽しみの一つです。
ずっと歩くのは大変ですが、見所満載ですから事前に散歩で鍛えておきましょう。
旅行会社によって料金は異なります。
料金の差は宿泊施設の差になっていることが多いでしょう。
あまり安いツアーはちょっと考えた方がいいかもしれません。
東京からのツアーではJR代とホテル代を含めて2万円台です。
極端に安いわけではありませんが、高くもありません。
手ごろな価格と言えるでしょう。
JRと宿泊だけが決まっているツアーも少なくありません。
伊勢神宮参拝は全くの自由です。
2泊3日のツアーなら志摩地方まで足を延ばすことができます。
ゆっくりとしたツアーを楽しんでください。
伊勢神宮のパワーを体中にもらってください。
ただ、伊勢神宮だけで旅行が終わってしまうのはちょっともったいないですね。
旅行慣れした人ならいろいろなパターンを考えるでしょう。
旅行会社にすべてを任せるよりも計画を立てるところからが旅行の始まりです。
自分だけの計画を立てましょう。

伊勢神宮のパワースポット

神社などはパワースポットと呼ばれることが多いのですが、歴史的な建造物のすべてにパワーがあるわけではありません。
ただ、伊勢神宮は二千年の歴史を持つ神社ですから、間違いなくパワースポットでしょう。
若い女性などはそれを期待して、旅行でお参りをするようです。
自分の願いことをしっかりと伝えているのです。
もちろん、それほど都合よく願いが叶うわけではありません。
近くの宿を予約して伊勢神宮旅行に出かける人は多いのですが、パワーをもらうためには自分勝手な参拝をするよりも、古からのしきたりに則って参拝することをおすすめします。
服装は普段着ではなくフォーマルです。
もちろん、あまりにも形式にこだわる必要はありません。
Tシャツにジーパンではなく、スラックスとジャケットですね。
ハイヒールはフォーマルですが、砂利道では歩きにくいため、かかとの低い靴を履いておきましょう。
神様がいると思うなら、神聖な気持ちで参拝しましょう。
自分が信じている宗教との関係はありません。
伊勢神宮は日本の歴史なのです。
宗派など小さなことです。
インターネットでパワースポットと呼ばれる場所がたくさんありますが、実際にどれだけのパワーがあるのかはわかりません。
人によって考え方が違うからです。
信じる人にだけいい結果をもたらすのかもしれません。
ただ、とりあえず願いことをしてもいいでしょう。
神様は気まぐれですから、聞いてくれるかもしれません。
本当は、毎日を無事に過ごせていることに感謝すべきなのです。
旅行に行ったら宿泊施設でもお参りするといいですね。

伊勢神宮参拝

伊勢神宮旅行で参拝するのは難しいことではありません。
旅行会社のツアーもいいでしょうし、自分で旅館を予約して自由に散策するのもいいのです。
ただ、どうせ参拝するなら、しっかりと伊勢神宮のパワーをもらってきましょう。
宿泊のことよりも参拝の方法を知っておくことです。
もちろん、参拝の手順だけではなく、観光地としての伊勢神宮の予備知識を持っておくことです。
まずは渋滞や混雑に注意しましょう。
1年のうち、いつが混雑しているのか、1日のうち何時ごろがすいているのかと言うことを知っていれば、余裕を持って参拝できますね。
特に車で訪れる場合には渋滞は要注意ですね。
その日の予定がガタガタになってしまいます。
旅館に到着するのが夜遅くになる可能性もあるのです。
土日祝日は渋滞します。
特に初詣、お盆のころはピークとなります。
それから、手荷物を持ったまま参拝するのは大変ですから、荷物預かりサービスの利用をおすすめします。
宿泊のかばんを持ったまま参拝するのは無理と思ってください。伊勢市駅前の手荷物預かり所では、伊勢志摩地区の宿まで配送してくれるのです。
嬉しいサービスですね。
伊勢神宮の参拝順序は猿田彦神社、外宮、内宮と決められています。
この順番で参拝して、しっかりご利益を受け取りましょう。
参拝のマナーは特別にあるわけではありませんが、服装はあまりラフな格好ではなく、フォーマルな服装を心掛けてください。
ただ、女性のハイヒールは砂利道で歩きにくいですから、注意しましょう。

伊勢神宮の歴史

伊勢神宮の正式名称はただの神宮です。
ただ、それではわかりにくいので伊勢の神宮と呼ばれています。
通常の伊勢神宮参拝はお伊勢参りと呼ばれていますね。
日本には数社しかない神社の上に位置する人者と考えられています。
それだけ歴史のある神社と言えるのです。
伊勢神宮旅行に出かける人は少なくありません。
近くには宿泊施設がたくさんあります。
伊勢神宮の歴史を感じながら、ゆっくりと廻れば1日かかります。
早朝から、周辺の見所も廻りましょう。
参拝の順番は決められています。
もちろん、必ずしもその通りにする必要はありません。
ただ、ご利益をもらいたいと思うなら手順にしたがった方がいいですね。
単なる観光名所と言うだけではなく、パワースポットとしての魅力を感じるでしょう。
内部には国宝や重要文化財がいくつもあります。
旅行に行ってから知るよりも、事前に伊勢神宮の歴史を頭に入れておきましょう。
天照大神は内宮に祀られている神様です。
外宮には豊受大御神です。
古代から天皇のための神社とされてきました。
その歴史は鳥居や社屋の雰囲気にも見ることができます。
日頃は神様など信じていない人でも厳粛な気持ちになることでしょう。
そんな人に限って、しっかりと神頼みをしてしまいます。
神様はそこまで都合よくないでしょう。
伊勢神宮旅行に出かけるなら、あまり人混みがない時期を選びましょう。
初詣やお盆の時期は人が多すぎます。
宿泊施設も満杯でしょう。
インターネットで情報を収集し、ゆっくりと参拝してください。

伊勢神宮の交通情報

伊勢神宮に車で出かけるなら、交通情報はしっかりとチェックしておきましょう。
人気のスポットですから、渋滞するのです。
年末年始の時期や1月は、多くの人が参拝に訪れます。
渋滞を避けることはできないと考えるべきでしょう。
それがいやなら車はあきらめて、公共交通期間を利用してください。
宿泊を前提とした旅行計画を立てることも悪くありません。
周囲には宿泊施設はたくさんあります。
伊勢神宮は日本中の神社の上の位の神社です。
神様のご利益も高いと思ってしまうのかもしれません。
ただ、旅行として伊勢神宮参拝をする人は、人混みを避けた時期を狙いましょう。
インターネットでは詳しい交通情報が提供されています。
伊勢神宮には市営駐車場もあります。
どうしても車で行くつもりなら、駐車場の確保もチェックしておいてください。
もちろん、混雑する時期は交通規制が敷かれています。
思ったように進むことはできません。
伊勢地域の観光協会などでは楽に伊勢神宮参拝ができるようにたくさんの情報を提供しています。
交通情報や渋滞情報、駐車場の情報があります。
もちろん、公共交通機関を利用する方が確実です。
宿泊施設へ荷物を運んでくれるサービスもあります。
歩いて参拝するのがいいでしょう。
ゆっくりと1日をかけて、見所を廻りましょう。
神社以外にも魅力的なスポットがたくさんあります。
伊勢神宮の歴史を知ることで、きっともう一度訪れたくなることでしょう。
それが魅力的な観光地なのです。

伊勢神宮と温泉

1日かけて伊勢神宮参拝をした後は宿の温泉でゆっくりと汗を流しましょう。
旅行の計画をした時に宿泊施設のチェックをしたでしょうか。
温泉のある宿もたくさんあります。
伊勢神宮の近くの温泉を紹介しましょう。
まずは「いにしえの宿 伊久」です。
宿から内宮までは歩いて20分ですから、ちょうど散歩にいい感じでしょう。
貸切露天風呂、客室露天風呂、大浴場、そして入れ替わりの露天風呂といろいろな温泉を楽しめます。
この他に家族風呂やサウナもあります。
口コミを読むと、おおむね好評です。
もちろん、改善要望もありますが、それはどこの宿も同じでしょう。
それから伊勢神宮外宮近くには伊勢神泉があります。
天然温泉の宿です。
食事と温泉を満喫してください。
外宮に近いですから、参拝の前日に宿泊と言うパターンでしょうか。
温泉で伊勢神宮参りをイメージしておきましょう。
駅からすぐの位置にありますから、立地条件は申し分なしです。
リピーターも多いようです。
伊勢市にはこれまで温泉はありませんでした。
しかし、多くの観光客が訪れるようになり、宿泊施設でも設備の拡充を図っているようです。
これからももっと温泉を楽しむことができるでしょう。
もちろん、伊勢神宮の後は志摩地方で1泊すると素晴らしい旅行になるでしょう。
旅行の計画をしっかりと練っておきましょう。
予約はじゃらんなどを利用することが多いですが、何の問題もありません。
伊勢神宮で古代のロマンに癒されてください。

伊勢神宮の内宮

伊勢神宮には内宮と外宮があります。
距離は4キロほど離れていますから、歩いていくなんらそれなりの準備をしておきましょう。
旅行は楽しいものです。
宿泊施設をどこにするか迷っている時には伊勢神宮の参拝を考慮しましょう。
古くからのしきたりで外宮から内宮と言う順番になっています。
したがって、宿泊を外宮近くにすれば、朝起きて早目に歩いて参拝できるでしょう。
伊勢神宮の内宮について少し紹介しましょう。
そもそも伊勢神宮と言う神社はありません。
伊勢にある神宮です。
日本の神社の頂点に位置する神社なのです。
さて、内宮ですが、正式には皇大神宮と呼びます。
五十鈴川の川上にあります。
中には6つの宮がありますから、すべてを参拝するだけで1時間以上かかります。
もちろん、旅行のスケジュールによっては早足で参拝する人もいるでしょうが、できることならゆっくりと廻りたいものです。
古代からある神宮の厳かな雰囲気を満喫してください。
きっと、心安らかな気持ちになれることでしょう。
祀られている神様は天照大御神です。
名前は知っているでしょう。
山の岩戸の話です。
社屋の作りにも関心を持ってください。
いずれにしても旅行の計画を立てる時に、予備知識として伊勢神宮の歴史などを読んでおきましょう。
何となく見るのではなく、背景を知ることによって、その存在意義を理解できるのです。
これまでにどれだけ多くの人がお伊勢参りをしてきたのでしょうか。
そして、これからも続いていくのです。

伊勢神宮の秘密

伊勢神宮は日本の中でも大きなパワースポットだと言われています。
日本の多くの神様たちの頂点に立つ天照大御神を祀っているからです。
もちろん、現代の若者はそんな古い歴史のことなど、深く考えずにお参りをすることでしょう。
ただ、伊勢神宮への旅行を計画するなら、その歴史を知り、心の平安を得てみてはどうでしょうか。
宿泊場所も重要ですね。
伊勢神宮に祀られている天照大御神の親はイザナギとイザナミです。
日本の神話として名前を聞いたことがあるでしょう。
この二人は初期のころ伊勢神宮には祀られていませんでした。
しかし、大きな災害があり、それを契機に祀られるようになったそうです。
これは続日本記に書かれています。
昔の神様は人間と同じように感情豊かだったのでしょう。
それから伊勢神宮にも仏教寺院があります。
日本の多くのお寺には神社が同居しています。
神仏習合ですね。
伊勢神宮にもお寺があったようですが、歴史の中でタブーとされるようになりました。
現代の伊勢神宮にはお寺はないのです。
伊勢神宮の歴史を知ることで、日本のお寺や神社のこともわかってくるのです。
一般の神社にお参りすると賽銭箱が置かれています。
実は伊勢神宮にはお賽銭箱がありません。
これは参拝の基本としてよく知られており、秘密ではありません。
それではなぜお賽銭箱がないのでしょうか。
それは天皇以外が奉納することはできないとされていたからです。
庶民のための神社ではなく天皇のための神社だったのです。
それだけ格式が高いと言えます。
旅行先の宿で歴史に思いを馳せましょう。

伊勢神宮と観光

伊勢神宮は旅行の観光スポットとして考えている人は多いのですが、本格的に参拝しようとすると1日以上かかります。
旅行のスケジュールに余裕を持っておきましょう。
旅行会社のツアーに参加するのもいいですが、伊勢神宮での時間がどうなっているかをチェックしておきましょう。
伊勢神宮には外宮と内宮があることは知っているでしょう。
それをすべて歩いて廻ると時間がかかります。
宿泊施設をどこにするかは重要です。
参拝は外宮から参拝することになっています。
宿泊は外宮の近くがいいでしょう。
もちろん、伊勢神宮だけが観光名所ではありません。
伊勢志摩地方は全体でたくさんの見所があるからです。
インターネットで観光ガイドを調べてみてください。
伊勢神宮に行く人の多くは神様など信じていません。
しかし、日本人は神社に行くとお参りをするのです。
参拝をしたり、お賽銭を上げたりするのです。
旅行は楽しいですね。
伊勢神宮参拝を単なる観光と思うべきではありません。
それよりも、パワースポットへの旅なのです。
日常生活とは違う、厳かな気持ちで伊勢神宮に参拝しましょう。
実は伊勢神宮と言う神社はありません。
伊勢にある神宮なのです。
外宮と内宮の間にはいろいろな魅力があります。
その魅力を満喫する観光旅行を楽しみましょう。
日本の歴史を振り返ってみてください。
日本書紀には面白いことが書かれています。
それを伊勢神宮で確認しましょう。
年配者だけが伊勢神宮にお参りしているわけではありません。

伊勢神宮の口コミ

伊勢神宮旅行に行く人は少なくないですから、その口コミも豊富です。
事前に調べておくと、楽しい旅行となることでしょう。
まずは宿泊施設でしょう。
どの辺りに宿泊すれば、伊勢神宮参拝がしやすいかをチェックするのです。
伊勢神宮には外宮と内宮があり、その距離は4キロ以上です。
ただ、経験した人でなければ、その距離感がよくわかりません。
周りにはいろいろな観光スポットがありますから、散策しながら伊勢の魅力を満喫したいものです。
参拝は外宮から始まりますから、外宮の近くに宿泊するのが一番でしょう。
インターネットで旅行の予約サイトから検索して見ましょう。
伊勢ならではのホテルもたくさんあります。
ホテルと言うよりも旅館のイメージが合う宿泊施設が多いようです。
口コミを読むと、宿泊施設の良し悪しがある程度判断できます。
ただ、よかったと言う人と良くなかったと言う人がいますから、その時々で状況は変わるのでしょう。
あくまでも参考程度と考えてください。
伊勢神宮への参拝の方法は正式でなければならないわけではありません。
本当に霊による力をもらおうと思っているわけではないでしょう。
伊勢神宮は天皇のための神社ですから、本来なら一般の人が訪れることはできなかったのです。
ただ、歴史の中でその役割が変化しています。
それこそが日本の神社の歴史と言えるでしょう。
これまで深く考えたことがない神社について、考える機会を得ることだけでも旅行の価値があります。

伊勢神宮の旅行計画

旅行に出かける時にしっかりと計画を立てる人と、行き当たりばったりの人がいます。
どちらがいいと言うわけではありませんが、一度きりの旅行であれば見所は逃したくないものです。
そういうわけで、計画を立てることをおすすめします。
伊勢神宮への観光は多くの人が訪れますから、ゆっくりと参拝したいと思う人は計画が大事です。
もちろん、土日祝日よりも平日がいいでしょう。
ただ、それは仕事の関係で可能な人は限られてきます。
曜日に関係なく時間が重要です。
伊勢神宮は外宮から内宮へと参拝しますが、外宮は朝7時から参拝しましょう。
そのためには宿泊施設を吟味しておかなければなりません。
外宮の近くに宿泊すればベストです。
外宮をしっかり参拝するには1時間はかかります。
朝の早い時間帯なら、人混みもなく廻ることができるでしょう。
ほとんど、貸し切り状態です。
ただ、最近は同じことを考える人が増えていますから、必ずしも期待通りにならないかもしれません。
伊勢神宮は参拝目的の人と単なる観光の人がいます。
あなたは自分がどちらの目的で行くのかを明確にしておきましょう。
観光なら、伊勢神宮の歴史を学ぶことをおすすめします。
古代からの長い歴史があるのです。
伊勢神宮の歴史を知ることで、自宅の近くの神社を見る目が変わってくるでしょう。
神社にも位があり、その頂点が伊勢の神宮なのです。
天照大御神の名前は子どもの頃に聞いたことがあるかもしれませんが、それを実際に見ると感動です。

伊勢神宮の情報

神社の歴史に詳しくない人でも伊勢に行けば伊勢神宮は外せないでしょう。
ただ、しっかりと伊勢神宮を参拝するためには事前に情報を収集しておくことが大切です。
適当に行っても、伊勢は広いですから歩き疲れてしまうだけです。
実際、伊勢の神宮は二つに分かれています。
外宮と内宮です。
お互いの距離は4キロ以上ありますから、気軽に散歩と言うわけにはいかないでしょう。
間を端折って、タクシーを利用することも可能ですが、せっかくの魅力的なスポットを逃してしまうことにもなります。
伊勢神宮の本体を参拝せずに、楽しそうなところを廻ると言う旅行も悪くありません。
信心深い人でなければ、参拝は適当でいいのです。
旅行では宿泊場所が重要です。
外宮と内宮のどちらに近いところを宿泊場所にするかで、旅行のスケジュールが変わるからです。
車での旅行か、公共交通機関を利用しているかによっても変わるでしょう。
いずれにしても情報収集は欠かせません。
事前に伊勢神宮に関する歴史を読んでおけば、また違った目でいろいろなことが見えてきます。
古代から受け継がれてきた神社の歴史を思うと、信心深くなくても厳かな気持ちになるのです。
参拝については、いくつかのマナーもありますから、注意したいものですね。
せっかく参拝しても、ご利益がないかもしれません。
日本の神社はお寺と一緒になっているケースが多いのですが、伊勢は神社だけです。
この辺りの詳しいことも知っておきましょう。

伊勢神宮の知識

観光旅行に出かける時は事前に場所の情報を収集することでしょう。
もちろん、その場に立って初めてわかることもたくさんあるのですが、多くの知識を持っておいた方がスポットの魅力がよくわかるのです。
伊勢神宮の旅行も同じです。
古からある伊勢神宮ですから、歴史的な知識を持っておくといいでしょう。
もちろん、旅行に行くことを決めてから、インターネットなどで調べることで十分です。
専門家になるわけではありませんし、真剣に神頼みするわけでもないからです。
伊勢神宮は広いですから、宿泊場所が重要です。
しっかりと廻ると1日かかります。
遠方からならば、宿泊は必須でしょう。
外宮と内宮はそれぞれ1時間以上かけて、参拝することになります。
旅行のスケジュールによっては、簡略化して廻ることになるかもしれません。
ただ、伊勢神宮の魅力を本当に知りたいと思うなら、時間をかけることをおすすめします。
1度の観光だけでは十分にわからないこともあります。
何度も足を運んでいる人もいるのです。
多くの人が伊勢神宮にお参りをしています。
年始やお盆の頃はピークですから、観光旅行は時期を外すといいでしょう。
人混みの中を歩くのは疲れてしまいます。
早朝の伊勢神宮が一番いいでしょう。
人も少なく、貸し切りのような気分です。
時間が許すなら平日の総長がねらい目ですね。
昔からの歴史を知っておくと、神社の存在意義などがわかります。
それぞれに祀られている神様への見方が変わってくるでしょう。

伊勢神宮に行くなら

伊勢神宮に行くならぜひともお参りしていただきたいところがあります。
それは御垣内参拝です。
遷宮の寄付をしなければなりません。
一般の人が入れない奥に入って参拝することができるのです。
伊勢神宮を単なる観光地と考えている人はそこまでする必要はないのかもしれません。
ちょっとだけお参りして、歴史的建造物を眺めることだけでも一般の人は厳かな気持ちになります。
伊勢神宮は観光地よりも神社としての役割が強いところです。
そのつもりで旅行計画を立てましょう。
御垣内参拝では服装のチェックがあります。
フォーマルが基本です。
宿泊場所をどこにするか迷っているなら、外宮の近くがおすすめです。
ただ、伊勢神宮を訪れる人は増えてきましたから、土日祝日はかなりの人出です。
できることなら平日に訪れたいものです。
伊勢神宮ではタブーとされていることがたくさんあります。
それらはインターネットに詳しく書かれていることでしょう。
事前に読んでおくことは大切ですが、観光地の一つだと割り切ってしまうことも悪くありません。
信心深くないのに神様の前だけでは一生懸命お願い事をしてしまうのが庶民です。
それは仕方のないことです。
旅行は楽しい方がいいでしょう。
あまり形式ばかりにこだわっていると、本当の魅力を見失ってしまうかもしれません。
伊勢から遠くに住んでいる人にとっては一生に一度の伊勢神宮旅行かもしれません。
宿でゆっくり休んだ後、早朝から伊勢神宮を参りましょう。

伊勢神宮おすすめのホテル

伊勢神宮に旅行に行くなら宿泊はホテルよりも、旅館を選んだ方がいいでしょう。
近代的なホテルでは伊勢神宮のイメージに合わないからです。
もちろん、現代人はそんなことを気にするわけではないでしょう。
安いホテルを宿泊場所に決めて、参道もできるだけ歩くのです。
旅行費用を節約して、後は美味しいものを食べて終わりと言うことでしょうか。
確かに、それも伊勢神宮旅行と言えます。
神前で厳かな気持ちになる人ばかりではないのです。
宿泊はビジネスホテルにして、その他の部分にお金を使うと考えるとホテルの選択肢はかなり広くなります。
インターネットで調べればすぐにわかるでしょう。
おすすめのホテルは口コミ情報から収集しましょう。
気を付けなければならないのはすべての口コミがあなたにとっての真実とは限らないからです。
よかったと言う人と二度と利用しないと言う人が必ずいます。
どちらも本当の気持ちでしょう。
個人的な感想を平均するとちょうどいいのかもしれません。
伊勢神宮では外宮か内宮のどちらに近い宿泊場所を選ぶかが重要です。
参拝のスケジュールが変わるからです。
車で移動しているのであれば、距離は苦になりません。
しかし、渋滞になる可能性が高いため、情報を事前に見ておくことが大切です。
せっかくの伊勢神宮がずっと車の中だったとはしゃれになりません。
近くの人であれば何度も足を運ぶことができます。
伊勢神宮の魅力を知ってしまうと、他の神社に行きたくなくなるのでしょうか。

伊勢市と伊勢神宮

伊勢神宮は伊勢市にありますが、伊勢市の観光は伊勢神宮だけではありません。
しかし、多くの観光客に注目されているのは間違いなく伊勢神宮です。
そのため伊勢市では伊勢神宮への観光客が楽しい時間を過ごすことができるように様々な配慮をしています。
伊勢市観光協会もその一つです。
交通ルートの紹介、渋滞情報の提供などを始めとして、観光客への情報提供をしているのです。
伊勢市の海岸には二見海岸があります。
ここも観光地としておすすめです。
伊勢神宮は年配者が多くなりますが、二見海岸は若い人たちなのでしょう。
もちろん、ツアーなどでは両方を廻るコースが一般的です。
そして、志摩地方へも足を延ばすのです。
宿泊先を志摩にする計画も悪くありません。
伊勢神宮で1日を過ごした後、志摩まで移動して宿泊するのです。
遠方からの旅行であれば、セントレア空港が便利です。
二見からフェリーで空港まで移動できるのです。
細かい交通情報は伊勢市観光協会のホームページを見ればわかります。
旅行に行く前の計画段階から情報を収集しておきましょう。
伊勢神宮を中心として、伊勢に伝わる昔話などもたくさんあります。
それらは昔話ではありますが、現代の伊勢神宮に通じるものです。
歴史を知ることで、現代の自分を見つめなおす機会となります。
そのことが旅行の意義となるのではないでしょうか。
楽しい旅行の中に新しい自分を発見することでしょう。
それが伊勢神宮なのです。
他にはない魅力でしょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ