井伊直政って誰?

この記事は14分で読めます

井伊直政とは

井伊直政と聞いてすぐにわかる人は歴史に強い人でしょう。
大河ドラマなどをいつも見ているのです。
もちろん、インターネットで調べてみればたくさんのことがわかります。
井伊直政は安土桃山時代から江戸時代にかけて生きた武将です。
井伊家の当主でした。
徳川家の家臣として活躍しています。
もちろん、その当時の歴史はいろいろな武将が活躍しており、井伊直政だけが飛びぬけていたわけではないでしょう。
それでも徳川氏きっての政治家、外交官として知られています。
年齢的には若手の武将でしたが、他の家臣と並んで当時の書物に名前が記載されています。
江戸時代になると譜代大名の筆頭として江戸幕府を支えています。
現在の群馬県高崎市や滋賀県彦根市を発展させた人物としても知られています。
徳川四天王、徳川三傑に数えられており、政治家でありながら武術にも優れている人物像がイメージされることでしょう。
井伊直政は徳川幕府誕生の歴史物語には必ず登場する重要人物と言えます。
豊臣秀吉が家臣にしようとしましたが、徳川家康への固い忠誠心によって阻まれたという逸話は有名です。
もちろん、歴史に興味を持っていない人は井伊直政など知りません。
学校の歴史の教科書にはほとんど出てこないからです。
テレビの歴史ドラマや歴史書を見てください。
そこにはいろいろな人物が登場します。
そのことが歴史を面白くしていることは確かでしょう。
これまで知らなかった人物がいたことに感動しましょう。

スポンサードリンク

井伊直政の伝記

歴史の表舞台で活躍した人物は多くの人が知っていますが、井伊直政のことを知っている人は歴史に詳しい人でしょう。
大河ドラマなどを欠かさず見ているのかもしれません。
さて、井伊直政に関する書物は井伊家伝記にあります。
もちろん、その他の徳川幕府の書物にも井伊直政の名前は登場します。
ただ、井伊家の当主として一代を築いた井伊直政のことを知りたいなら、井伊家伝記を読むべきです。
井伊家伝記は前後64話からなる伝記です。
戦国時代の井伊直平から始まり、その子孫の活躍が描かれています。
井伊直政の幼少期で前半が終わり、後半は井伊直政が徳川家康につかえるようになってからの活躍が書かれています。
原本は存在していませんが、写本として残されています。
現代語訳を活字化した書籍も作られています。
その井伊家伝記の内容ですが、地元の言い伝えを基にして叙述されています。
したがって、史実とは言えない部分が少なくありません。
信ぴょう性はかなり薄いと評価されています。
ただ、井伊直政が徳川家康に仕えていたことは間違いありませんから、その時期に物語として作られたのではないかと言われています。
徳川家の三傑と言われるほどの大物でしたから、伝記があってもおかしくないと当時の家臣たちが考えたのかもしれません。
大物にはいろいろな物語が後から作られています。
読み物としてとらえれば面白いのではないでしょうか。
現代語訳された書籍であれば、現代人も読むことができます。
興味があるなら、図書館で探してみませんか。
大河ドラマを見る視点が変わるかもしれません。

井伊直政の異名

井伊直政は1561年に井伊直親の嫡男として生まれています。
当時は安土桃山時代から江戸時代へと移る時期です。
井伊直政は徳川幕府の家臣として、かなり重要な地位にいたと考えられています。
その異名は井伊の赤鬼です。
徳川四天王の一人ですから、武芸に秀でていたことは間違いありません。
また、武芸だけではなく政治家としても、当時の徳川家の重鎮となっています。
これらのことは徳川家の書物に名前が出てくることから容易にわかるのです。
もちろん、井伊家そのものが徳川家の家臣として、大きな役割を担っていたのですから、その嫡男も当然重要視されていたはずです。
その期待にしっかりと報いることができる人物であったのでしょう。
父に当たる井伊直親は徳川家の家臣として仕えていましたが、他家の策略によって横死させられました。
当時、井伊直政はわずか2歳だったため、家督を継ぐことが難しくなり、井伊家は一時的に衰退しています。
その後、様々な苦難を乗り越えて、徳川家康の目に止まる機会を得ています。
そこで井伊家復活を許されてから、大いに活躍することとなったのです。
豊臣秀吉が井伊直政を懐柔して家臣にしようとしましたが、主である徳川家康への忠義を守り抜いたことから赤鬼の異名が付いたと言われています。
それだけ、徳川家康から厚い信頼を受けていたと言うことでしょう。
この時代は徳川家と豊臣家が争っていましたから、どちらに付くかは大きな試練となったことでしょう。

井伊直政と大河ドラマ

豊臣秀吉が天下を取ってから、徳川家康に変わるまでの間にはたくさんの武将たちが活躍しています。
2016年の大河ドラマである真田丸もその時代です。
ただ、徳川家の四天王と呼ばれた井伊直政は真田丸には登場しません。
このことが少し話題となったことがあります。
もちろん、徳川家康が主人公の大河ドラマであれば、当然井伊直政は登場します。
しかし、真田幸村が主人公ですから、徳川家の登場人物は省略されているのです。
ドラマのストーリーを面白くするとともに、わかりやすい歴史でなければなりませんから、井伊直政が登場しないことは仕方ないのかもしれません。
ただ、歴史書を読めば井伊直政は間違いなく登場しますから、歴史的に見るとその存在感は大きかったでしょう。
インターネットで調べてみるとたくさんの情報があります。
徳川家に忠義を尽くした家臣として、重要な武将だったのです。
戦いの場面でも重要でしたが、政治の場面でも家臣として大いに才能を発揮したと言われています。
井伊の赤鬼と異名を取ったことはよく知られており、兜や鎧を赤に染めて、赤備えが特徴的だったはずです。
当時の武将たちは自分の旗を目印にしていましたが、井伊直政は赤色が目印になっていたのです。
井伊直政の死後、嫡男が同じように赤備えをしている場面が大河ドラマに登場します。
ただ、そのことがわかる人は本当に歴史に詳しい人だけでしょう。
ほとんどの人はインターネットに掲載されている回想シーンの解説を読んで初めて知るのです。

井伊直政の時代

井伊直政が生きた時代はいつ頃でしょうか。
豊臣秀吉が天下を取り、その後の徳川家康の時代になるちょうど変革の時代です。
井伊家の当主として徳川家康に仕えて、徳川四天王として徳川家康をしっかりと支えていました。
残念ながら井伊直政は徳川家康が豊臣家を滅ぼした時には亡くなっていました。
ただ、徳川家康にとって重要な家臣であったことは間違いないでしょう。
歴史の流れを読み解く時に、一番有名な大将のことばかりを学校で習いますから、一人で歴史を変えたようなイメージを持っている人が少なくありません。
しかし、井伊直弼が徳川幕府に貢献していることは間違いありませんし、もし、いなかった場合には時代が変わっている可能性もあります。
日本の歴史だけではなく、世界の歴史について関心を持っている人は少なくありません。
しかし、多くの人は深く狭く学んでいきます。
それが楽しいからでしょう。
決して悪いことではありません。
自分が関心を持っている時代や人物を深く知ることで、新しい発見もあるはずです。
井伊直政を知る人は限られていますが、一度知ってしまうとさらに深く知りたくなることでしょう。
逆に表面的なことだけを知ればいいと思う人もいます。
江戸時代の歴史に関心を持っている人はきっと井伊直政にたどり着いています。
大河ドラマの真田丸を見て、井伊直政が登場しないことに不満を持っているかもしれません。
いずれにしてもあなたが知らない歴史上の人物はたくさんいるのです。

井伊直政を調べる

歴史に興味があるなら、いろいろな書物を読んでいることでしょう。
もちろん、インターネットを利用して調べられることもたくさんあります。
今注目したいのは井伊直政です。
井伊直政は江戸時代の始めまで生きた人です。
豊臣秀吉と徳川家康が争っていたころに徳川四天王の一人として書物に名前が残っています。
生まれた時は父である井伊直親の早死によって、苦難の幼少時代を過ごしたと言われていますが、その後徳川家康に認められて、井伊家復活を成し遂げているのです。
その後は徳川家の家臣として重要な役割を担っていきました。
大阪城が滅んだ時にはすでに亡くなっており、テレビドラマの真田丸では息子が出陣しています。
このような井伊直政ですが、インターネットで検索してみればいろいろなことが簡単にわかります。
ただ、表面的な事実だけを調べても意味がありません。
日本史のテストに出題されるわけではないからです。
過去の人物の生涯を調べることで何がわかってくるのでしょうか。
また、それを知ることで自分が何をしようとしているのでしょうか。
テレビドラマでは歴史上の人物が登場したとしても、それは部分的なことに過ぎません。
その背景を知り、今の自分の考え方の参考にすることを考えてみましょう。
人生は楽しいことばかりではありません。
また、苦難の道ばかりでもありません。
過去から学ぶべきことがたくさんあることを理解しておかなければなりません。
それが歴史を調べる意義でしょう。

井伊直政の人物像

歴史の中で登場する人物はたくさんいます。
ただ、すべての人を知ることは現実的ではありません。
それぞれの立場や境遇によって、不幸な生涯を終えた人物もいれば、運を味方にして重要な役割を果たした人物もいることを知らなければなりません。
井伊直政を知っているでしょうか。
徳川四天王の一人と言われています。
井伊の赤鬼と異名を取ったのは、兜と鎧を赤備えにしていたからですが、武将としての実力もかなりのものであったと言われています。
徳川時代を築く重要な人物でした。
また、武将としてだけではなく、政治家としての実力もありました。
そのため、徳川家の政策においてはいろいろな具申をしているのでしょう。
もちろん、歴史の教科書に登場するほどのことはありませんが、実在した人物であることは間違いないでしょう。
私たちは歴史上の人物から何を学ぶのでしょうか。
当然ながら、生活習慣や環境、考え方は大きく異なっています。
ただ、一人の人間としてできることはあまり変わりません。
親を敬い、子を育て、子孫に何かを残していく生涯です。
誰にでも何らかの才能があると思っている人は多いのですが、自分に何があるかを考えてみましょう。
それが歴史に学ぶと言うことです。
同じことをすることは不可能ですが、物事に対する考え方を学びましょう。
井伊直政の生涯は詳細な歴史書に書かれています。
インターネットで知ることができるのはごく一部に過ぎないのです。
人物像を知れば、自分と重ね合わせてみることもできるでしょう。

井伊直政と武田家

井伊直政のことを聞いたことがあれば赤鬼と異名を取ったことも知っているでしょう。
その理由について紹介しましょう。
赤鬼と言われていたのは兜や鎧などの道具すべてを赤色に染めていたからです。
赤備えと言われる装備です。
この装備は武田信玄に仕えていた山県昌景の軍団が行っていたものです。
この軍団が勇猛であり戦上手の精鋭部隊であったことは、多くの書物からわかります。
その後徳川家康が武田信玄に負けた時も赤備えの恐ろしさを体感したのだと言います。
武田家は織田信長に滅ぼされましたが、徳川家康がその家臣たちを井伊直政の家来として召し抱えました。
他家だけの遺臣たちのためにお寺を建てるとともに、赤備えを井伊直政が受け継ぐこととなったのです。
もちろん、井伊直政と武田信玄が直接会っているわけではありませんが、井伊直政は武田家の優れたところを受け継いでいるのでしょう。
赤鬼として多くの戦で戦い抜きました。
徳川家康の家来として四天王に数えられています。
井伊の赤備えの誕生です。
歴史上の人物として井伊直政は有名ですが、歴史の教科書にはあまり登場しないため、興味を持っている人以外は知らないのかもしれません。
槍による戦いは飛びぬけて強かったのですが、それだけではなく外交能力も非常に高かったと言われています。
つまり、外交官としての役割を果たしていたのです。
武田家が滅んだ後では、井伊直政と武田家の間には直接的な関係はありません。
ただ、赤備えが大きな武器となったのでしょう。

井伊直政の情報

江戸幕府誕生の歴史の中には井伊直政の名前が出てきます。
ただ、学校で習う教科書ではほとんど出てきませんから、井伊直政を知らない人も多いでしょう。
井伊直政の情報を知りたければ、インターネットで検索するといいでしょう。
意外とたくさんの情報が出てきます。
これは興味を持っている人が多いからです。
その理由の一つはNHKの大河ドラマで放映されている真田丸です。
そこには井伊直政は登場しませんが、その嫡男が真田丸を攻めるために登場しています。
そこで語られることはマニアだけにわかる言葉なのでしょう。
歴史の中で短期間に登場して、すぐに消えていく人物はたくさんいます。
井伊直政は比較的長い間、徳川家康の家臣として厚い信頼を受けていきました。
歴史に登場する人はそれなりの理由があります。
武勇伝がある人物、忠義を尽くした人などです。
井伊直政は幼少の頃から苦難の道を進んできました。
徳川家康に仕えるようになってから、数々の武勇伝だけではなく外交官としての有能な面も持っていました。
つまり、徳川時代は井伊直政のような武将たちがいたからこそ誕生したと言えるでしょう。
歴史の表舞台だけではなく、裏方として重要や仕事を遂げている人物がいるのです。
多くの情報を得ることによって、歴史ドラマの見方が変わるはずです。
広い見方ができるようになるのです。
人は新しい情報を得ることで成長できるのです。
それはいくつになっても同じです。
真田丸の感じ方が変わるでしょう。

井伊直政と徳川幕府

徳川幕府は豊臣家の滅亡から始まります。
その間、たくさんの武将たちが活躍して消えていきました。
もちろん、活躍する間もなく戦で亡くなった人物もいますし、徳川幕府誕生まで徳川家に仕えた家臣たちもいます。
その一人が井伊直政です。
正確には井伊直政は豊臣家の最後を見ていません。
しかし、その目印である赤備えは嫡男によって、舞台に登場しています。
歴史を学ぶ時に単に年表や人物の名前だけを覚えるのでは、本当に学んでいるとは言えません。
一つの教材として井伊直政がどのような武将であり、どのような働きをしているかを知ることで、徳川幕府の誕生の秘密がわかるでしょう。
もちろん、秘密ではありませんが、知らない人の方が多いのです。
歴史書の表舞台で大活躍をしている人だけが歴史を作っているわけではありません。
それよりも、家臣として重要な活躍をした人物を調べてみる方が歴史の面白さを知ることができます。
徳川家康と井伊直政の関係は大将と家臣でしたが、井伊直政はかなり有能な家臣でした。
歴史の中では何が真実かを知ることが重要あり、視点を変えることによってかなり違ったものになります。
何が正義かは誰にも判断できないのです。
テレビで放映されている歴史物も別の見方をすることができるでしょう。
何事も深く知ることによって、もっと知りたいと思うようになります。
それが趣味なのでしょう。
マニアックな話題が楽しくなるのです。
これからでも歴史を楽しみませんか。

井伊直政と井伊家

井伊直政は井伊直親の嫡男として生まれました。
ただ、当時の井伊直親は井伊直政が幼児の時に横死しています。
その後、井伊直政は徳川家康に召し抱えられることで井伊家復活を果たしています。
彦根藩主となった井伊直政は近江国東部一帯を治めています。
江戸初期から30万石となり、譜代大名筆頭格を誇っています。
井伊家がどのように栄えてきたのかを知りたければ彦根城博物館に行くことをおすすめします。
そこには井伊家系図があります。
井伊直政は彦根藩での初代藩主ですが、井伊家そのものは今の静岡県浜松市を治めてきました。
当時のことは歴史書として記されていますが、それはあまりにも作り話に近いため、あまり信ぴょう性がありません。
ただ、井伊直政が井伊家藩主となってからの歴史はほぼ間違いないと考えられています。
ところで、位が高くても、人物として尊敬されている人とそうではない人がいます。
これは当時の歴史が関係していることは間違いありませんが、優れた人物と言うのは時代を越えて多くの人が敬いたいと思うのでしょう。
若い人なら、憧れの人物なのかもしれません。
学校で習う教科書だけではなく、いろいろな歴史書を読むことによって、そのような人物に出会うことができるでしょう。
それが読書の楽しみ方かもしれません。
何気なく見ているテレビドラマでも、そのような気持ちになることがあります。
井伊直政のことをもっと知りたくなったら、いろいろなところで情報を収集してください。

井伊直政の才覚

戦国時代の武将の中には現代でも通用するような考えを持っていた人が少なくありません。
もちろん、環境が違いますから、同じことはできなかったとしても、しっかりとした信念と考え方は現代を生きる私たちにも大いに参考になるのです。
さて、そのような一人として井伊直政がいます。
井伊直政は井伊家の嫡男として誕生しましたが、その後様々な苦難に遭います
当時の大名であった徳川家康の目に止まったことから、徳川家の重臣となり大いに手腕を振るった人物です。
武将としていの才覚は槍の名手として知られています。
ただ、武術だけではないところが井伊直政の才覚です。
外交官の役割としての面もありました。
徳川家康の家臣として、黒田長政と連絡を取りながら、天下統一へと貢献しているのです。
井伊直政を知らない人が少なくありませんが、彦根藩初代藩主として地域で走らない人がいません。
それだけ地域の発展に貢献したと言えるでしょう。
また、徳川家の歴史書には四天王、三傑として井伊直政の名前が登場します。
いろいろなところで活躍していたのです。
もちろん、時代は豊臣家が滅びようとしている時代であり、徳川家がまだ安定していない頃です。
井伊直政のような武将がいたことによって、江戸時代の流れができたと言えるでしょう。
多くの武将たちの働きによって、徳川家康は天下を取ることができたのです。
学校で学ぶ歴史では徳川家康が一人で活躍したようなイメージがありますが、それは大きな間違いなのです。

井伊直政と彦根藩

初代彦根藩主として譜代大名の位にあった井伊直政ですが、生まれは現代の静岡県浜松市付近です。
幼少のころから苦難を乗り越えて、徳川家康の四天王として活躍するまでになりました。
若い時から武芸に優れており、当時としては外交的な手腕も買われていたようです。
その後彦根藩主として井伊家復活を許されています。
彦根藩は琵琶湖のほとりにある彦根城を根城とした藩でした。
江戸時代初期から始まり、江戸幕府の崩壊まで続いた重要な藩となっています。
その礎を築いたのが井伊直政と言えるのです。
もちろん、井伊直政の死後も多くの逸材を輩出しています。
歴史書に残る井伊直政の人物像から、多くの人から信頼を集めていたことがわかります。
どのような時代にあっても、その時の状況をしっかりと見極め、自分がやるべきことを的確に判断する才能があれば、いずれは大物になれると言うことでしょうか。
彦根藩を統治した井伊直政ですが、その後の彦根市の発展に大いに寄与しています。
歴史の中からいろいろなことを学ぶことができますが、年表に出てくるような大物ばかりを見るのではなく、その陰で大物を支えてきた人物たちを知ることで、新しい視点で歴史を見ることができます。
現代にも通用する考え方がわかるのです。
このことはあなたにもわかるでしょう。
学校では日本史が嫌いだった人も今度彦根城を訪れることがあれば、博物館で井伊直政の人物像に触れてみましょう。
何か得るところがあるはずです。

井伊直政と関ケ原

井伊直政の活躍の一つである関ケ原の戦いについて紹介しましょう。
もちろん、関ケ原の戦いは天下分け目の戦いと言われているほど、重要でした。
この結果によって徳川家康が力を付けることとなったからです。
この関ヶ原の戦いで、井伊直政はどのような役割だったのでしょうか。
実は事前の話し合いとは違って、先駆けを取っています。
つまり、家康軍つまり東軍の先頭に立って、西軍に攻撃を仕掛けているのです。
ただ、先駆けは武将にとっては名誉ある行為であり、本来福島正則が務めると決まっていた先駆けを井伊直政に取られたのですから、福島正則としては激怒したことでしょう。
しかし、関ケ原の戦いが終わって、井伊直政の先駆けはほとんど話題になっていません。
つまり、最初から徳川家康は話をしていたのではないかと考えられるのです。
関ケ原の戦いは勝敗の結果だけが重要視されており、井伊直政の先駆けはちょっとしたエピソード程度の話として取り上げられる程度です。
徳川家の四天王として活躍していたにもかかわらず、井伊直政は歴史書の表舞台では活躍していないのです。
井伊直政自身が槍の名手であり、率いる赤備えの軍隊は敵にとっては大いに脅威だったと考えられます。
そのため、先駆けによって手柄を立てることができたのです。
また、それだけ徳川家康の信頼を得ていたのでしょう。
大きな視点で見れば、江戸時代を作ったのは井伊直政であるとも言えるでしょう。
徳川家康が家臣のそれぞれの特徴を見極めて、適材適所を主眼に各地を治めさせたのです。

井伊直政と歴史

日本の歴史を知るために一人の人物に視点を当てて、その生涯をたどってみるとわかりやすことが少なくありません。
豊臣秀吉がなくなり、関ケ原の戦いで徳川家康が天下を取った時期の歴史にはたくさんの武将たちが登場します。
その一人である井伊直政について紹介しましょう。
もちろん、井伊直政の生涯も歴史の中の一コマに過ぎません。
学校で学ぶ教科書にはその名前は出てこないかもしれませんが、徳川家康の四天王として重要な役割を果たしていることだけは間違いありません。
琵琶湖のほとりにある彦根城を守る彦根初代藩主として徳川家を守ってきました。
豊臣秀吉から家臣になることを提案されていますが、徳川家康に仕えることを明言した話はいろいろなところに掲載されています。
ただ、当時の書物はそれほど多くないため、どこまでが本当の歴史かわかりません。
現代のインターネット上での情報は元をたどれば数件の文献になってしまうのです。
このような人物の行動を読み解く場合、単に歴史の一コマと考えるのではなく、現代にも通じる一面があることを知らなければなりません。
それが歴史を知ることの意味でしょう。
井伊直政がいなければ徳川家康が天下を取ることもなかったと言えるかもしれません。
それだけ重要な人物たちを家臣にすることができた人物が徳川家康なのです。
私たちが生きている現代に武将がいるわけではありませんが、それを想像することで今の悩みが解消されるかもしれません。

井伊直政を知る

歴史物語に登場する人物のことを知るためにインターネットで検索している人は少なくありません。
メインキャストではなく、ごくわずかだけ出てくる人物が、そこに描かれているのはかなりマニアックな人物が少なくありません。
例えば真田丸に出てくる井伊直政の嫡男でしょうか。
井伊直政は豊臣秀吉が生きていたころから徳川家康に仕えていた家臣です。
その赤備えは武田家ゆかりとなっています。
ただ、真田丸には井伊直政本人は登場しません。
さりげなく、ちょい役として嫡男が登場するのです。
わかる人にだけわかる状況を、知らない人は悔しく思ってしまうでしょう。
井伊直政について調べてみてください。
すると意外と有名な武将であることがわかります。
彦根藩の藩主として彦根城博物館に多くの資料が残されています。
インターネットで検索して見るのもいいのですが、現地に出かけるチャンスがあれば、ぜひ訪れてみましょう。
インターネットの情報は偏った視点になっているケースが少なくありません。
特に個人的に書かれている記事にはその傾向が強いのです。
徳川家、豊臣家、どちらに肩入れしてもいいのですが、歴史を知るためにはあまり意味はないでしょう。
井伊直政は徳川家四天王、三傑として知られています。
武芸、特に槍の名手となっているのです。
多くの武将たちが登場しては消えて行った戦国時代ですが、その中で名前が残っていることから、それだけの才覚があったことは間違いないでしょう。
自分でいろいろと調べてみてください。

井伊直政と赤鬼

井伊の赤鬼と異名を取ったことがエピソードとして残されている井伊直政ですが、本人が本当に鬼のようだったというわけではありません。
赤い兜をかぶると鬼の面に似ているため、赤鬼と恐れられたのでしょう。
もちろん、槍の名手ですから、赤鬼を見ただけで敵は戦いを放棄して逃げて行ったのかもしれません。
井伊直政は徳川家康の家臣として生涯忠誠を尽くしています。
その代わりに徳川家康からもかなり信頼されていたと言われています。
それはいろいろな書物に書かれています。
年齢的にも他の家臣を退けて四天王と呼ばれるまでになった人物です。
武術だけではなく、家臣同士の連携など大局的な視点を持っている武将だったようです。
いずれにしても、戦国武将で赤鬼と言えば井伊直政と考えていいでしょう。
具体的にどのような活躍をしたのかを知ることで、その時代の人たちの生き様が見えてきます。
徳川家康よりも好印象を受けるのは私だけでしょうか。
主人の補佐として自分の役割を確実に果たすことができた武将はそれほど多くありません。
井伊直政はその中の一人と言っていいでしょう。
歴史の表舞台を支えることで名を遺すことができたのです。
当時の彦根藩の人々からも慕われていたのではないでしょうか。
決して赤鬼などと恐れられていたはずはありません。
ただ、戦となった時には先陣を切って、槍の名手となったのです。
口数も少なく、ただ相手の話をしっかりと聞く姿は現代の会社における上司のお手本と言えるかもしれません。

井伊直政の兜

井伊直政の兜は高く天に突き出ています。
それは井伊直政が赤鬼と異名を取ったことも関係しているでしょう。
若くして徳川家の四天王と言われており武芸に秀でているだけではなく外交官としても重要な役割を果たしています。
つまり、徳川家康に単に仕えるだけではなく、他の家臣と連絡を取り合って、戦を勝利に導くための策を考えていたのです。
兜は武将にとって大きな意味を持ちます。
まさに、その兜が井伊直政の人物を表していると言えるでしょう。
彦根城の博物館には井伊直政の銅像が飾られています。
等身大ですからかなりの大きさです。
馬にまたがり槍を持ち、立派な兜を締めています。
滋賀県に行くことがあれば、ぜひ見学してもらいたいと思います。
もちろん、歴史に名を残している人物ですから、単に槍が強かったというだけではありません。
藩主として地域を治めるために、いろいろな施策を取っています。
細かい記録が残っているわけではありませんが、江戸時代の終わりまで井伊家が続いていることからも徳川家から厚い信頼を受けていたことが想像されます。
それも初代藩主の井伊直政の優れた人格が大きく貢献していることでしょう。
歴史の中から一人の人物像を見る時には、その時代背景をよく考えておかなければなりません。
時代に翻弄されたのか、時代を作ったのか、時代の波に乗ったのかと言うことです。
時代とその人物がマッチしていれば大きな業績を残すことができます。
逆であれば不幸な生涯となることでしょう。

井伊直政と真田丸

あなたはNHKの大河ドラマ真田丸を見ていますか。
豊臣秀吉から徳川家康の時代の変遷に翻弄された真田幸村の生涯が描かれています。
もちろん、豊臣秀吉や徳川家康の周辺人物がたくさん登場します。
しかし、数が多すぎるため歴史的には重要人物であっても、ドラマの中では名前だけが出てくる場合もあります。
井伊直政はその典型でしょう。
本人は登場しませんし、名前も出てきません。
わずかに嫡男が登場するだけです。
ただ、真田幸村が討ち死にした戦の時には井伊直政はすでに亡くなっていました。
現実的には登場できなかったのでしょう。
別の場面で登場させるストーリーもあったでしょうが、登場人物が多すぎると、ドラマの本筋がわからなくなってしまいます。
真田家と直接関係のない人物は省略されているのです。
井伊直政は武田家と関係があります。
豊臣秀吉に滅ぼされた武田家の家臣たちを徳川家康が召し抱えて、井伊直政の家来としたのです。
そこから井伊直政の赤備えができあがりました。
井伊の赤鬼と恐れられるようになったのは武田家があったからでしょう。
真田丸だけではなく、徳川家康に関するドラマは何度も作られています。
いずれは井伊直政が主人公の大河ドラマも登場するのではないでしょうか。
その時にすぐにわかるように、今から情報を収集しておきましょう。
歴史を知ると、その背景をさらに知りたくなります。
そして、どんどん歴史に詳しくなっていくのです。
そこに生きた人の知恵を身に着けることができるようになります。

井伊直政と江戸時代

江戸時代がいつから始まったかと言うと関ケ原の戦い以降が一般的でしょう。
もちろん、徳川家康が征夷大将軍になったのです。
徳川家康の四天王の一人に上げられている井伊直政はその時代をどのように生き抜いたのでしょうか。
彦根藩の初代藩主として立派に勤め上げていますから、現在の彦根博物館には井伊直政に関する情報がたくさん展示されています。
歴史を知る格好の材料でしょう。
ただ、江戸時代と言うと徳川家康や豊臣秀吉だけがクローズアップされるため、その脇役があまり知られない傾向にあります。
井伊直政の名前を初めて聞いた人もいるかもしれません。
江戸時代を築いたのは徳川家康かもしれませんが、そのバックには多くの家臣がいたことを忘れてはいけません。
つまり、彼らがいなければ江戸時代はやってこなかったのです。
井伊直政は若い時に徳川家康に認められて、生涯忠誠を誓いました。
その逸話はいろいろなところに残っています。
現代においても、その考え方と態度は通用するものがあります。
時代が違っても優れた人は変わらないのです。
私たちが歴史を学ぶのはなぜでしょうか。
単に歴史年表を覚えることではありません。
過去に生きた人の生き様を見て、それを自分の人生のヒントとして活かすことが重要なのです。
もちろん、それは多くの人がわかっています。
自分が知りたいと思った人物をピックアップして、その人に関する情報を集めてみましょう。
インターネットを使えば簡単に調べることができるでしょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ