中学生レベルの夏休みの工作

この記事は14分で読めます

中学生の夏休みの工作について

中学生の夏休みにはいろいろな宿題が出ることでしょう。
どのようなテーマを宿題とするかは自分で決めるとしても、似たようなテーマになることは避けられません。
中学生の場合は小学生と違う工作をしたいと考えていますから、そこが一番のポイントです。
具体的には、例えば泥団子を作るとしても、小学生と同じようにツルツルにするだけでは意味がありません。
どうすればツルツルになりやすいのか、泥の材質、水との配分などを調べてみるのはどうでしょうか。
中学生になるといろいろなことがわかってきます。
自分を取り巻く社会や地球、宇宙と言ったより高い視点に立つことができるはずです。
その視点を夏休みの工作にも取り入れてほしいものです。
ただ、中学生の夏休みは部活動に忙しいですから、ゆっくりと工作のテーマを考えている余裕はありません。
数人で共同研究をする中学生もいるでしょう。
工作と言っても、自分の手先が器用だと思っているなら、いろいろなことにチャレンジできるでしょうが、小学校の時からうまくできないと思っている人は、宿題と聞いただけでも憂鬱な気分になってしまうのです。
学校の先生も無理して宿題にしたいわけではありませんが、テーマとして出さなければ何もしない生徒がほとんどですから、その後押しのつもりなのです。
日本の夏休みは子どもたちにとって特別な期間です。
楽しく過ごすことができるかどうかを自分で決めることができます。
小学生の宿題なら親が手伝うこともできるでしょうが、中学生は自分で考えることが重要です。

スポンサードリンク

夏休みの工作のアイデア

中学生の夏休みと小学生の夏休みはどのように違うのでしょうか。
もちろん、宿題の量や質が違いますし、中学生は遊ぶことよりも部活動を一生懸命にやっていることでしょう。
最近の宿題では工作を出しても、インターネットの通販で購入した商品を作り上げるだけのパターンが増えています。
つまり、自分のアイデアはどこにもないのです。
もちろん、工作を通して、その仕組みを理解することは重要です。
ただ、それで終わってしまえば、そこから先に進むことはできません。
自分のアイデアを出す機会がそがれてしまうことになります。
では夏休みの宿題はどうあるべきなのでしょうか。
一つには完成を求めるのではなく、その課程と独創性を尊重することです。
期限までに完成しなくても、いろいろなアイデアを出した結果が見えるのであれば、それで十分でしょう。
大人になって仕事に就く時にその時の気持ちを忘れないようにしてほしいものです。
残念ながら、ほとんどの中学生と教師たちは結果を求めています。
完成していない宿題に価値を見出せていないのです。
実社会では数学のように答えが明確に出ることはほとんどありません。
わからないことばかりなのですが、それでも人は生きていかなければなりませんから、自分なりの価値基準を設けることになります。
それが自分と他人を分けることにつながります。
中学生のうちは夏休みの宿題を難しく考えるのではなく、楽しむことが重要です。
どうすればいいのかを考えることが大切です。

中学生の夏休みの宿題

現代における中学生向けの夏休みの宿題はどのような内容でしょうか。
もちろん、少し前と極端に変わっているわけではありませんから、あなたの頃とほとんど変わらないでしょう。
ただ、工作の宿題は得意不得意の差が大きいため、楽しんでいる生徒と苦しんでいる生徒がいるはずです。
このような状況は中学生に限ったことではなく大人になっても続きます。
与えられた仕事を楽しく遂行できるかどうかは、自分が得意かどうかと密接に関係しているのです。
さて、夏休みの宿題は1日で終わらなくてもいいものですから、工作をテーマにする場合もあるでしょう。
手芸やパズルなど手先が器用で細かい作業が得意なら、工作は楽しくて仕方ありません。
ただ、中学生のレベルですから、小学生と同じことをしても評価されません。
ポイントは小学生と同じような内容でも、視点を変えてみることです。
つまり、工作をするだけではなく、その背景を調べてレベルアップを志向することが重要です。
もちろん、結果として上手くできなかったとしても、学校の先生ならわかってくれるはずです。
展覧会に出品するわけではありませんから、自分の気持ちを込めた工作を提出できるようにしたいものです。
中学生でも提出した宿題が褒められると嬉しいはずです。
一生懸命にやった宿題が低評価であれば、がっかりしてしまいますが、その気持ちを引きずらないようにしなければなりません。
気持ちを切り替えて2学期に頑張るのです。
それらを経験するのが中学生の夏休みと考えられます。

夏休みと工作の宿題

夏休みの宿題なら貯金箱でしょう。
工作のテーマとして、インターネットを調べてみるといろいろな貯金箱が掲載されています。
ただ、人よりもすごい工作をしようと背伸びをする必要はありません。
重要なのは自分が中学生としてしっかりと夏休みの宿題をとらえていることを示せばいいのです。
具体的にはどういうことでしょうか。
単なるアイデアだけではなく、夏休みの長い期間でじっくりと考えたことがわかる作品にすることが重要ではないでしょうか。
もちろん、宿題に対する考え方は一人一人違います。
それは生徒も先生も違うのです。
どのような貯金箱が評価されるかは予想できません。
小学生が作る作品ではなく、作り方を工夫してレベルの違いを際立たせることができれば、それだけで高い評価を受けることでしょう。
動く貯金箱なら工作として注目されますが、その完成度が中学生のレベルに達しているかが問われます。
小学生のおもちゃとは違うことを示さなければならないのでしょう。
このようにいろいろなことを考えていると、中学生の宿題とは何なのだろうと思います。
つまり、宿題を完成させることが重要ではなく、工作を通していろいろなことを考えることが重要なのです。
小学生の時には考えられなかったとしても、中学生なら自分と社会の関りを考えることができます。
その橋渡しをしてくれるのが夏休みであり、宿題なのです。
残念ながら、そのことに気づくことができる生徒はほとんどいません。
教師も気づいていないのかもしれません。

夏休みの宿題講座

夏休みの後半になると、いろいろなところで宿題をサポートしてくれる講座が開かれています。
もちろん、宿題が終わっていないため、みんな焦ってしまうのです。
その気持ちは自分が子どもの時を思い起こせばよくわかりますが、夏休みの終わりに講座で宿題をするのは避けたいものです。
中学生の工作では短時間で終わるレベルなら、ほとんど低評価の作品になってしまうでしょう。
余裕を持ってじっくりと工作の時間を確保したいものです。
日常生活と違う時間が流れる夏休みですから、そこで新しいアイデアが出てくるのです。
宿題講座の内容は小学生、中学生に合わせた内容となっていますが、1日で終わることができるテーマがほとんどでしょう。
満足できる工作ではなく、宿題を間に合わせることを優先させてしまうため止むを得ません。
講座の主催者側が悪いわけではなく、そこに頼らなければならない状況を作った本人の責任です。
中学生になれば、宿題に対する考え方は小学生と違わなければなりません。
同じであれば自分が成長していないことになるからです。
中学生になるだけで工作がうまくなるわけではありませんが、少なくとも取り組む姿勢は変わらなければなりません。
夏休みの宿題の目的はそこにあるのではないでしょうか。
楽しいばかりの長期休みではなく、自分が成長していることを感じられる方が、それからの気持ちが変わってきます。
宿題講座を探すのであれば、インターネットで去年やその前のテーマもヒットします。
いつでも閲覧できるのです。

夏休みの工作を考える

中学生の頃どのような夏休みを過ごしていたでしょうか。
溜まってしまった宿題をこなすのに必死だったでしょうか。
もちろん、夏休みの宿題は始めからわかっていたことですから、溜めたことがわるいのです。
中学生になると、工作でも小学生と同じレベルでは恥ずかしいと思って、少し手の込んだ作品を考えるかもしれませんが、時間がなくなってしまうのです。
余裕を持って宿題をするにはスケジュールを立てることが重要ですが、それができる人なら宿題を溜めることもないでしょう。
夏休みに工作をするとして、それをいつから考えるか重要です。
その考える力を試されていると思ってはどうでしょうか。
小学生と同じように行き当たりばったりの生活をするのではなく、計画を立てるところから始めてください。
学校では先生がいつも、夏休みの計画を立てましょうと指導しているはずです。
その意味を理解するだけでも十分進歩していると思ってください。
ただ、実行することは簡単ではありません。
ほとんどの中学生の場合、部活動など外部から決められたスケジュールを埋めるだけで計画を立てた気分になってしまうのです。
学校によって夏休みの期間や宿題の内容は違っていますから、すべて中学生が同じ気持ちになるわけではないでしょうが、計画を立てることの重要性を認識することができればその後の人生に大きな影響を与えることでしょう。
もちろん、高校生になっても同じことです。
あなたは夏休みの工作を通して何を考えるでしょうか。

夏休みの工作図鑑

インターネットで夏休みの宿題を検索するとたくさんのアドバイスが図鑑となっていることがわかります。
みんな同じことを考えているのです。
夏休み終盤になって、手を付けていなかった工作の宿題のテーマを探すことになります。
インターネットで図鑑形式の情報を検索する人が多いため、それを提供してくれるサイトがたくさんあるのです。
毎年、同じような工作でも宿題としては十分ですから、過去のデータが有効活用できます。
工作と言っても中学生の手作りですから、レベルは高くありませんし、費用を掛けることもできません。
同じような作品になることでしょう。
貯金箱、編み物、電子工作など自分が少しでも興味を持った分野で探してみることをおすすめします。
親がアドバイスする場合でも、親の得意分野を押し付けるのではなく、子どものやる気を優先してください。
自ら考えて実行することに意義があるからです。
そのように考えれば、夏休みの宿題は単に作業をするだけで終わってしまってはもったいないでしょう。
宿題を通じて自分がレベルアップしなければなりません。
手先の技術でも、計画の立て方でもいいのです。
絵を描くことは幼稚園の時からやっているかもしれませんが、そのレベルはどうでしょうか。
中学生になるとかなり大人びた作品を作ることができるようになります。
思春期の気持ちの揺れが結果としていい作品になることもあるのでしょう。
毎日、何もせずに過ごす夏休みよりも宿題に悩む夏休みの方が有意義な時間と言えます。

夏休みの宿題情報

楽しい夏休みが終わりに近づくと宿題を始める中学生は少なくありません。
小学生の時から同じパターンなのでしょう。
もちろん、早めに宿題を終わらせて、後はゆっくりとした時間を過ごすことがいいのですが、それは簡単にできることではありません。
夏休みの宿題でどのような工作をすればいいかわからないなら、情報サイトを検索してみましょう。
小学生や中学生向けのサイトがたくさんヒットします。
それらの情報を見ると、何年も前からのデータが蓄積されていることがわかります。
つまり、上級生たちも同じようなことを考えてきたのです。
勘違いしてはいけませんが、インターネットで情報を得ることが悪いわけではありません。
その情報を得ることで自分にどのようなメリットがあるかを考えることが重要です。
宿題である工作の材料や手順を暗記しなければならないのではなく、短時間で情報を得る手段を知っておき、その情報に基づいて適切な作業を進めることができれば、立派な中学生と言えるでしょう。
もちろん、手順通りに作っても手本には遠く及ばないことが少なくありません。
それならば、自分の選択が間違っていたのかを考えるのです。
宿題に適した工作を選んだつもりでも意外と難易度が高かった可能性もあります。
夏休みはそのようなことを学ぶ機会であるとみなすことができます。
そこまで中学生が考えているとは思えませんが、自分がやろうとしていることを自分なりに理解することができるはずです。

中学生向けの夏休みの宿題

夏休みが楽しいイベントではなくなったのはいつからでしょうか。
宿題が増えて、不得意な工作をしなければならなくなった中学生でしょうか。
もちろん、夏休みをしっかり楽しんで、宿題もしっかりとやってもらいたいものですが、簡単にできるなら子どもたちも悩みません。
その状況は小学生だけではなく中学生も同じでしょう。
さて、中学生に求められる夏休みの宿題のレベルはどの程度でしょうか。
学校の授業がないため時間はたっぷりありますが、部活動などで忙しいはずです。
結果的には余裕がありません。
そのような中学生に、手をかけた工作を求めても無理でしょう。
優れた作品ではなく、自分の気持ちを込めた作品であれば十分です。
仮にそれが途中で終わっていたとしても、止むを得なかったと評価すべきです。
何事も完璧はありません。
途中で終わることで、それからのことを考える機会が与えられるのです。
インターネットでいろいろなテーマを調べることができますし、その中から適当に簡単な作品を選ぶこともできるでしょう。
しかし、その選択が正しいとは限りません。
自分に何ができるかを考えることが中学生には求められます。
それが小学生との違いです。
夏休みは特別な時間ですが、それを本当の意味で理解することは簡単ではありません。
材料として身近なペットボトルやアルミ缶を利用して何かを作ることは非常に有益です。
目的を自分で決めるからです。
言われたことをやるだけでは人は成長できません。

夏休みの工作情報サイト

夏休みの宿題で一番大変なのは工作でしょう。
その理由は自分でテーマを決めなければならないからです。
もちろん、毎年同じ工作をしている中学生もいるかもしれませんが、少しでも自分の成長を感じられる作品にしたいものです。
そこで今年の宿題はインターネットの情報サイトで探してみてはどうでしょうか。
テーマを決めたら、材料を通販サイトで購入することもできます。
身近な素材を使うと言いながら、購入している矛盾は無視しておきましょう。
ただ、中学生になると小学生の時よりもレベルアップを図らなければなりませんから、どこをポイントにするかを考えることが重要です。
例えば、動くおもちゃを例にとりましょう。
ゼンマイやゴムを動力にして動くおもちゃもいいですが、電池とモーターはどうでしょうか。
太陽電池を使った工作も面白くなりますね。
学校の先生たちも中学生に多くのことを求めているわけではありません。
夏休みの宿題で作った工作が完ぺきに動くことを期待するはずもないでしょう。
その工作を通して電気のことを理解したり、作り方を工夫したりする経験をしてほしいと思っているはずです。
そう考えれば、通販サイトでキットを購入して、説明書通りに作ることはあまり意味がありません。
この作品を作る過程でどのようなことを学んだのかがわかるような作品にしたいものです。
何人かで共同作業もいいでしょう。
情報サイトを調べてみると、何が求められているかを知ることができます。

夏休みに工作を楽しむ

夏休みの宿題が嫌だと思っている中学生は少なくないでしょうが、宿題を楽しむことができれば素晴らしいのではないでしょうか。
夏休みに対する考え方が変わるはずです。
もちろん、それは小学生でも同じことですが、勉強することの意味を理解し始めた中学生でなければわからないことかもしれません。
もちろん、どのような楽しみ方をするかは人によって違いますから、親や教師が口で説明しても理解できないでしょうし、強く言うことは逆効果となります。
さて、それではどのような工作なら楽しむことができるでしょうか。
例えば、自分にとって役に立つものを作るとか、弟や妹が喜んでくれる工作でしょう。
ただ、一口に役に立つと言っても、その意味は非常に幅広くとらえられます。
実際には役に立たなくてもいいのです。
役に立つかもしれないと言う気持ちを持つことが楽しみにつながるのです。
先生から無理に言われた宿題だと考えているうちは決して自分から積極的に行動することはありませんが、役に立つものを考えることで自分の問題としてとらえることができるようになります。
その気持ちの変化に気づくことも重要です。
一般的に勉強ができる中学生とは頭がいいわけではなく、勉強に対する視点が違うのです。
勉強することが面白いのです。
あなたがすでに大人になっているなら、中学生の時を思い出してみましょう。
今ならわかることがたくさんあります。
夏休みは学生の時の特権ですから、それを楽しまなければ損でしょう。

夏休みの宿題

8月の後半になると溜まったままの夏休みの宿題を何とかして終わらせようと考える中学生が少なくありません。
それは毎年のことであり、ある程度は避けられないのかもしれません。
しかし、自分はそうなりたくないと思うなら、しっかりと宿題の計画を立てておきましょう。
工作の宿題は範囲が幅広くなっているため、自分なりにテーマを決めることができます。
一番やりやすいと思う工作を考えればいいのです。
もちろん、単なるキットを組み立てるだけのことであれば作業以上のことではありませんから、自分のスキルアップにはつながりません。
さて、中学生に適した工作の宿題を紹介しましょう。
一つは動くおもちゃです。
電池とモーターを利用して、プラスとマイナスを切り替えると逆回転するところを利用したおもちゃがいいでしょう。
具体的にどうすればプラスとマイナスが切り替わるかがアイデアでしょう。
スイッチを使ってもいいですね。
何かに当たるとスイッチが切り替わるのです。
キットを購入するのではなく、自分で必要な部品をピックアップして通販サイトで購入しましょう。
夏休みの宿題として販売しているわけではないサイトなら、もっといろいろなアイデアが見つかるかもしれません。
このような工作の経験が自分の将来を決めるヒントになる場合もあるでしょう。
途中で挫折しても問題ありません。
それまでの計画を絵にしておくのです。
そうすれば中学校の先生も納得してくれるのではないでしょうか。

おすすめの夏休み工作

夏休みの工作の宿題は何がいいでしょうか。
インターネットで検索するとたくさんの作品が出てきます。
どれもきれいに出来上がっていますが、意外と難しいものもあります。
自分でやってみなければわからないのです。
もちろん、中にはキットになっていて説明書通りに作れば誰でも作れる商品もあります。
しかし、それでは夏休みの宿題としてはおすすめできません。
おすすめなのは材料のセットです。
木切れやゴム、バネ、モーター、歯車などのいろいろな材料がセットになっています。
それを使って自分のアイデアを練るのです。
何を作るかを決めるところから始めなければならない点がポイントでしょう。
中学生ですから与えられた課題をこなすのではなく、自分で課題を作らなければなりません。
学校での授業は机に座って、話を聞いているだけのことが少なくありませんが、それはほとんど頭に入ってこないはずです。
夏休みの宿題こそ、中学生として自分から積極的にトライするチャンスではないでしょうか。
学校の先生もその方向の宿題の意義を強調してもらいたいものです。
さて、材料で何を作るのでしょうか。
動かない工作もあるでしょう。
倒れそうで倒れないヤジロベエなどはどうでしょうか。
モーターを使って動くおもちゃもできます。
ちょっと考えただけでいくつも思い浮かぶはずです。
その中から自分にできそうなテーマを選べばいいだけです。
もちろん、何人かで共同制作もいいですが、自分のアイデアを積極的に出すことが重要です。

中学生ならできる夏休み工作

中学生は小学生よりもなんでもうまくできると思っている人が少なくありませんが、必ずしもそうとは限りません。
誰にでも得意不得意があるからです。
ただ、夏休みの宿題で無理して不得意な工作をする必要はありません。
自分でできる工作を選べばいいのです。
女子中学生なら工作と言っても手芸などを選べばいいでしょう。
もちろん、宿題として適したものでなければなりません。
ティッシュボックスカバーなどはアイデアだけを出せば、後はミシンで縫えばいいでしょう。
それは工作にならないと考えているかもしれませんが、夏休みの宿題ですから広い視点で見ればいいのです。
ただ、先生によっては範囲を限定する人もいますから、事前に確認しておくことをおすすめします。
小学生には難しいけれども中学生ならできる工作と言えばどんなテーマでしょうか。
理科で習った慣性の法則や自然落下運動など理科と図工をミックスしたようなテーマがいいですね。
ペットボトルを使ったおもちゃも材料が手軽に入手できますから、多くの小学生や中学生がチャレンジしているはずです。
現代はインターネットでたくさんの情報を得ることができますから、まったく一から考えることはほとんどありませんが、初めから答えを見るのではなく、インターネットの情報はヒントに留めておきましょう。
中学生なら学校で習ったことを応用してみてください。
教科書にもたくさんのヒントがあります。
台所の調味料を薬品に見立てて、染め物などをしてもいいですね。

夏休みの宿題のヒント

インターネットにたくさんの情報があふれており、その取捨選択が重要となっている現代です。
夏休みの宿題のヒントを検索しても、たくさんのサイトが出てきますから、その中から目的である中学生向けの工作を探すのも楽ではありません。
ただ、これらのヒントがあるサイトを見ると、なぜか保護者向けの文章として書かれているケースが少なくありません。
つまり、子どもたちにはインターネットを使わせずに親がテーマを与えることを想定しているのでしょうか。
それともヒントだけではなく工作キットなども販売されており、お金を出さなければならないため保護者向けに宣伝しているのかもしれません。
いずれにしてもたくさんのヒントがあり過ぎて、テーマを絞り込むことが難しいのです。
それならば、中学生として自分ができる工作を考えて、そのテーマでヒントを絞り込んでみてはどうでしょうか。
意外とヒントがない場合もあるでしょう。
それならば夏休みや宿題にこだわらずに検索してください。
夏休みの宿題がインターネットの検索だけで簡単に終わってしまうのであれば、それは自分の脳を働かせる機会を失うことになります。
そのために工作と言う手を動かさなければできない宿題が出されているのかもしれません。
ヒントはインターネットで拾ってきて、そこから手を使って作品を仕上げるのです。
中学生ですから、いろいろなことができるはずです。
カッターなどの刃物や大工道具も十分使いこなせるでしょう。

夏休みの工作

小学生の時から夏休みの宿題と聞くだけで嫌な気分になる人は少なくありません。
しかし、自分の子どもにも同じ気持ちになってもらいたいとは思っていませんから、宿題を早く終わらせるように強く言ってしまうのでしょう。
中学生になると余計に親の言うことに反発したくなります。
それが結果的に夏休みの宿題が嫌いな原因となるのです。
それを避けるためにどうすればいいのでしょうか。
お母さんがインターネットで工作の情報を収集して子どもに提供したとしても、それを本人が素直に受け入れるかどうかは別問題です。
それよりもじっと見守るのはどうでしょうか。
できることは工作の材料を買うためのお金を出すことぐらいでしょう。
小さい時から夏休みの宿題のイメージはあまりよくないはずです。
終わり間際になってから焦っている子どものイメージです。
夏休みを楽しく終わらせるためのキーポイントが宿題であることは誰もが認めるのですから、早めに終わらせておけば安心できます。
インターネットで情報を収集するとしても夏休みの初めでなければ意味がありません。
絵画や切り絵、貼り絵などもおもしろいですね。
特別な才能があるわけではないですから、すぐれた作品を提出することなど考えてはいけません。
自分の夏休みの充実感がにじみ出てくるような作品が教師に認めてもらえることでしょう。
中学生は小学生よりもレベルアップすることが期待されるかもしれませんが、誰もが手先が器用なわけではありませんし、芸術的な才能もないのです。

夏休みの宿題と教材

夏休みの宿題は誰にとっても負担となっていることは間違いありません。
それでも毎年夏休みはやってくるのですから、早めに対策を考えておくことは大切なことです。
芸術的な才能があれば、工作の宿題など苦にならないかもしれませんが、それはごく一部の中学生に過ぎません。
大多数の生徒は悩んでいるのです。
さて、工作の宿題として活用できる教材を紹介しましょう。
インターネットで検索するまでもなく、たくさんの情報が提供されています。
購入すれば1日で完成させられるキットも販売されているでしょう。
小学生の時よりもちょっといいものと考えたくなるのが中学生です。
教材の選び方も悩ましいですね。
例えば動くおもちゃを考えてみましょう。
小学生ならゼンマイやゴムを使うことでしょう。
中学生になれば、電池や太陽電池を使ってみてはどうでしょうか。
ソーラーカーです。
また、何かにぶつかってもそこから逆行して進み続けるソーラーカーなどいいですね。
ただ、そのような教材が販売されているかどうかはわかりませんから、自分でいろいろな教材を集めるところから始めましょう。
何が必要なのかがわかるだけでも中学生として優秀と言えます。
もちろん、わからなければインターネットで調べればいいのです。
現代はインターネットを使わない生活には無理があり、うまく利用することが優秀な中学生と評価されるのです。
それでも宿題の形は変わりません。
その意図を理解することができれば、すでに多くのことを学んでいる証拠です。

夏休みの口コミ

夏休みの宿題は小学生も中学生も気になってしまうでしょう。
もちろん、やらないと言う選択肢はありませんから、遅くなっても頑張るのです。
ただ、ポイントを押さえておけば意外とスムーズに宿題が終わるかもしれません。
そのために口コミサイトをチェックしてみましょう。
小学生ならお父さんの手を借りるかもしれませんが、中学生になれば自分ですべてできるはずです。
具体的にどのようなことをチェックするのでしょうか。
例えば、自分が得意としている工作は何なのか、何を作ることが楽しいのかをイメージして下さい。
それが現実ではなくてもいいのです。
宿題はやらなければなりませんが、完ぺきな工作が求められているわけではない点がポイントです。
つまり、途中で終わってしまっても構わないと言うことです。
多くの先生や生徒たちは完成した工作だけを評価する傾向があるのかもしれません。
毎日をだらだらと過ごしていると夏休みはすぐに終わってしまいますから、それを有意義な時間にするための宿題や工作と考えた方がいいでしょう。
口コミサイトでは宿題や工作の手本の情報を得ることができますが、それはどうやったら楽に終わらせるかと言う視点ばかりでしょう。
宿題と言う言葉が夏休みには聞きたくない中学生が多いことは事実ですが、楽しい時間に変える方法を得るにはどうすればいいかを考えた方がいいはずです。
工作が得意な中学生なら、色々なアイデアが浮かんできますから、それを認めてもらうチャンスと思ってもいいでしょう。

現代の夏休み

現代は少し前までと違っています。
それはインターネットが身近になったことで、中学生も毎日利用していることです。
色々な情報をインターネットで得ることができますから、夏休みの宿題も例外ではありません。
ただ、宿題が工作となると少し話は別でしょう。
つまり、自分の手と頭を使って何かを作り出さなければならないからです。
工作が好きな中学生は少なくなりました。
その原因がインターネットにあるとしても、マイナス面ばかりを強調することは避けたいものです。
インターネットを使ってより良い工作を仕上げることもできるのです。
多くの情報を知れば、それを活用して新しいことができます。
情報の活用の仕方を学ぶことができれば中学生として大きな飛躍になるはずでしょう。
あなたの子どもはどうでしょうか。
インターネットでゲームだけをしているなら、その方向を修正してやることが大切です。
難しいのはデリケートな年頃だと言う点です。
頭ごなしに強く言えば反発するだけで何の解決にもなりません。
長期的な視点でアドバイスをすることが大切です。
親と子が夏休みの間一緒にいる時間が長くなりますから、どうしてもお互いが反発してしまいます。
それを避けるために宿題があると考えてはどうでしょうか。
工作のアイデアを考えている子どもの邪魔をしてはいけませんが、チャンスを見てヒントを提供するのです。
露骨な指摘をするのではなく、何気なく独り言をつぶやくのです。
そこまで子どもに気を遣わなければならないのが現代と言えます。

中学生向け夏休み工作のポイント

中学生になったらかなり手先が器用になりますから、夏休みの宿題としての工作も期待していいでしょう。
ただ、みんなが器用なわけではないですから、多くを期待しないようにしてください。
さて、夏休みの宿題となっている工作のサンプルをいくつか紹介しましょう。
自分の子どもがまだ宿題をしていないなら、ヒントとして提供してください。
オリジナルバスボムはお風呂に入れたらたくさんの泡が出るバスボムです。
材料は重曹とクエン酸ですから入手は100均で十分です。
色や香りは食用色素でいろいろと試すことができますから、自分の好みで作ってみましょう。
そして、お風呂に入れて泡が立つところをビデオに録画しておきます。
バスボムだけを学校で提出してもインパクトがありませんから、ビデオを再生してもらうのです。
きっと他の人も自宅で試したくなるでしょう。
それから、ちょっと知識があるところを見せたいならガリレオ温度計です。
液体の密度の違いと温度の関係を利用した温度計です。
キットでも販売していますが、ペットボトルなどを利用して作ることもできます。
オリジナルの温度計として注目を集めるでしょう。
もちろん、詳しい作り方はインターネットで作り方を調べてください。
手作りスノードームも女子中学生に人気の工作です。
簡単ですが、自分のセンスがポイントになりますから、いくつも作ってお気に入りを提出してもいいでしょう。
この他にもいろいろなアイデアがありますが、一番重要なことは自分が楽しむことです。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ